時を止めるくちびる






えみしちゃんが
こないだ
ある事を教えてくれました
(>ω<)/ 




それは 
クラシック音楽について
\(-o-)  







知ってる?


クラシックって
おばば音楽なんだよ 」


おばば音楽?
(・・;)?



ほら 
クラシックのオーケストラって
色んな音するでしょ?

違う旋律の音組み立てて 
ガチャガチャしてるけど

それを無理矢理綺麗に聴こえるようにして
ハーモニーを編んである 」


((・・;)



あれは結界の中だから 
綺麗に聴こえたけど

風に吹かれると 
本当は 頭ガチャガチャするんだよ 


ほら 
演奏する場所も
お部屋が多いでしょ

囲われた空間の方が 
綺麗に聴こえるってこと


だから
クラシックはおばば音楽なの 
おばばが 作らせた音楽 」


φ(・・;)・・



もともと自然の存在は
一度に 一箇所から
あんなにいっぱいの音は 奏でない

もちろん色んな存在の音が 
響き合って曲にはなるけれど

一箇所から
色んな音がギャンギャンするのじゃなくて

多方向から 色んな音が解けあって
自然のハーモニーになる  」


φ(・・;)


クラシックって 
パッチワークみたいなの
自然の音のようなものも入ってるけど

あちこちから音を拾ってきて 
部屋の中で無理矢理調和させてる 

そんな感じ


それにえみし想う

クラシックって 
ゆらぎがない


本物の音楽は

旋律が 
その場その場に合わせて 
微妙に揺らいで変化する

だって自然の音が そうでしょ?

風の流れや 
木の歌 
周囲の空間に合わせて

音や演奏が どんどん変化してく 」 


φ(・・;) 



これからの音楽は 

一箇所から 
決まった旋律をいっぱいならす曲じゃなくて

一つの美しい旋律でも 
空間のゆらぎや
周囲の気の音に合わせて 
演奏してく感じになるよ  
 

記憶の中の曲 
イメージの曲を
口ずさむ時って 
音の旋律は ひとつの旋律になるでしょ?
 

いっぱいの旋律の交響曲でも  
人が歌う時は  
印象的な音の旋律ひとつで 歌うこと多いでしょ? 


古代の歌は
がちゃがちゃ色んな音を組み合わせるんじゃなくて

風の音とか 
海の音に合わせて 
一つの旋律で歌ってた 」


φ(・・;)・・



えみし知ってるよ

結界で人の心を動かしてたのは 遊女さんだけど 

遊女さんをさらに動かしてたのは 音楽 音

だからキリスト教は 
賛美歌をみんなで歌ってて 

寺では お経を唱える呪法をしてた 」(エミシちゃんの言葉)



CIMG7931_convert_20120102234723.jpg





如何でしょう?

えみしちゃんの言葉によると 
クラシックは 
結界内でのみ通用する不自然な音楽
おばば音楽とのこと
(>ω<)/ 


元々クラシックは
ゆらぎが無く 定形のメロディをずっと演奏させられる感じ

でもこれからの音楽は
その場の空間 その場の気や音に合わせて
奏でるメロディが主流になっていくと言ってました
~♪ (・・;) ♪~ 


そしてクラシックと言えば
こんな言葉も はるちゃんから聴きました





はるちゃんしってる

小説とか絵とかは 
自分の空間 
世界に引き込むものだから
まだよいけれど


音楽は空間と響きあい
奏でるもの


常に周りの音と響きあう 

だから音楽 
構成し過ぎると

クラシックみたいに
がっちり構成された曲は 
残らなくなる 」


(・・;)・・・



クラシック 
夢殿の音楽
仕組みの音楽



結界は自然の気抑えてたから
それある時は
クラシックみたいにがっちり構図の音楽が 
評価されてた


でも
結界無くなると 
視点が一方向だけの管理されなくなる

様々な方向
様々な角度から
物事が 見られるようになる 


だから 
揺らぎ無い
緻密な計算は   
陳腐になる 」


(・・;)


「 
はるちゃん 知ってる


今のクラシック POPより 

虫さんの音楽や
風さんの曲 木さんのせせらぎ 

自然の音楽に
想い 集まってく




虫さんの歌は 
木を動かすリズム 

猫は 虫さんが音を奏でて 木さんを動かしてるの見て 

こう言うリズムなんだ―って 無意識的に覚えた 」


(・・;)




ねこは 
虫さんの曲 聞くの好き

虫さん音楽  木さん動かすと 
木さんは 風をそよがせて 

雲を呼んだり 
雨を降らせたりしてくれる  


虫さん音楽で
木さん動くと 
風が変わって
人の心も 動く

だから人の顔色見るより
ねこが 
ごはん買ってきてもらうのは 

虫さんに頼む 手っとり早い 」


(・・;)・・・






人間の言葉が
鳥や 他の動物達の声を
まねたものからはじまったのは
それが木さんや風さん 
自然を動かす音って知っていたから




みんな 他の存在に力を借りていて 
多くの存在に 助けてもらうほど 
多くのこと できるようになる 



縁ちゃん こう言ってた 

クラシックは止める音

人を動かす力じゃなくて 
人の心を止める音

時 止める音
自然の音聞く能力を 無くす音って  」


(・・;)



クラシックは
旋律に自然の音のようなもの 入ってるけど

全体的に 聞く能力 奪ってく

だって揺らぎを許す音じゃないから 

毎回毎回 
紙に定型文を描いた楽譜を
ずっと同じ音を演奏させられて
聞かされる 

同じ音ずっと聞かせるの
自然の音違う  

洗脳みたいなもの

時 止める曲 」


(・・;)・・・



そしてクラシックや人工的音楽
聞いてると

いつのまにか虫さん 風さんの音楽
自然の音 雑音に感じる


自然の響きを感じさせなくする音 」
 

(・・;)



風さんの音 木さんの音 虫さんの音は
クラシックと違う

同じ音に聞こえるかもしれないけど
毎回毎回違う音 

音に
揺らぎがある 


これから自然に戻る

音楽
カチカチの構成にするのはよくない

風変わるとすぐダサくなる


その場その場の
自然のゆらぎに合わせて 

自分の旋律を生んでいく
それがこれからの音楽 」 


(・・;)


魚 鳥 虫 ねずみ

それが猫の力の源泉 

猫の力は
たくさんの存在に力借りてるから
ある 



一々犬みたいに顔色見るより
虫さんの音楽頼む 手っ取り早い 


猫が遊女さんの傍に行くのも

人間動かすのに
遊女さんに頼む 手っ取り早い 

猫はレーダーある
エネルギーの集まってる場所 本能的に分かる 


でも犬
レーダー無い

顔色は読むけど

気が読めない

強いか弱いかも
外見の特徴とか
大きさとかでしか計れない 」



(・・;)・・・・



そういえば
縁ちゃん こう言ってた

音楽家の中に
超神官の頂点の系譜がいるって 

音楽が全て作る
だから 
世界を作ってるのも音楽

大衆を遊女さんが動かすけど
遊女さんを動かすのも音


音が世界の基点で
その基点の仕事に超神官の系譜も混ざってるって言った



国の封印係の頂点は気象庁だけど
国や宗教
世界のシステムを作った頂点の神官は 
音楽家の中にもいる  」(はるちゃんのことば)






CIMG1027.jpg






クラシックの話 
おしまい





プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク