葬儀場は お花いっぱい









その昔 
日本で高視聴率を記録した
こんなドラマが在りました
(>ω<)/ 



「 犬なき子 」
(ドラマタイトル 仮名です<(_ _)>)



ドラマは 
一大ブームを博し 
MAHAOの家の近所でも 
おばばタイプの子供達は
やけにあのドラマに感銘を受けていたような気がします
(・・;)


そしてそんな
「 犬なき子 」に大感銘を受けた一人の女の子が
ヘルクリのYちゃん
(>ω<)/



Yちゃんは 
「犬なき子」の有名な決めゼリフ

「 同情するなら 金をくれーーーー! 」
を何度も何度も 周辺の子供達に リピートするように連呼していました



ドウジョウスルナラカネヲクレ――!
ドウジョウスルナラカネヲクレ――!
ドウジョウスルナラカネヲクレ――!(▼∀▼)ノシ~   (・・;)・・・・・


そんなある日
たまたま
ちっちゃいMちゃんがYちゃんの傍を通りかかりました



Yちゃんは 
ちびんこMちゃんを見るやいなや
自分の方が はるかに年上であるにもかかわらず 


Mちゃんに 
例の決めゼリフを決めました


「 同情するなら 金をくれーーーーー! 」


その瞬間 ちびんこMちゃんが言った言葉
<(_ _)> 



いや・・・ 
哀れだとは想うけど・・・ 」



その言葉を聞いた瞬間 
Yちゃんは何故か
ががーーーんっと打ちひしがれてしまいました
ガーーー((((▼〇▼))))----ン    (・・;)・・・



後年
Mちゃんは 
こんなことを言っておりました



哀れみは 
犬の誇りをズタズタにする

自分が犬であることを自覚する者ほど
かけられた哀れみは 
心を保てなくする

そして逆恨む 」(Mちゃんの言葉)



さて
今日も
そんなちょっと
ニヒルなMちゃんの言葉 お伝えします
(>ω<)/



☆この世は二種類


家族なんて意味はない
だってこの世の人間はふた種類 

好きか嫌いかの
ふたつだけ 」(Mちゃんの言葉)


☆呪の端緒


呪が指の傷や痛みからはじまることが多いのは

別に指を狙ってるわけでなく  
現象として
指に呪の現象があらわれやすい 

指はコードを繋ぐヶ所 


だから呪とも
コードが懸け橋となる 」(Mちゃんの言葉)





☆地獄の構造


予定では
トヨの次に持ち上がりし者は 
日本に仏教を持ちこませた者達   
夢殿を作らせた者達の末裔  


次のお妃さまは 
そのチームから派遣されていて
彼らの後ろ盾はタイ インドにある

そしてもっと後ろ盾は
中東のアーリアが産まれし地域  」


(・・;)



MAHAO 

ぬしを抱えた
グレートおばばのこと話してたでしょ?


グレートおばばは 
くくり姫に類する存在
 
血の神官と結びつくパターンが多く
世界中の宗教を実質立ちあげさせたけど 


別に彼らが 
この世界のトップと言うわけではないの 


グレートおばばや
血の神官よりももっとさらに上がいて 
夢殿でも 見えない神官達  

彼らは大おばば達すら
ただの実働部隊としか想っていない 

見えない神官は 
血の神官の基点の系譜 

基点の血の神官と呼ぶ方が よいかしら? 」


(・・;)・・・



彼らは すぐに攻撃しない
まず罠をはり
網をはる事に 
時間の多くを費やす 


獲物達が

何してるのだろう?
ボヤボヤしやがって
ノロマが 」とせせら笑っている隙に


獲物達の想像も及ばぬ
遠大で緻密な罠を完成させる


罠をはられてた 
と気づいた時には
もう手遅れ 


腕の良い大工ほど
すぐに釘を打たずに
下準備に念いり時間をかけて
組み立てる時で 
朝からトンタカしてる他の大工の仕事を
一気に追い越すでしょ 

あれと同じ感じ 」



(・・;)



大おばばもグレートおばばも
ぬしと言う武器を渡されてる時点で
前線部隊


彼らはぬしのバックの力を恐れていて
ぬしを人質に取る術は教えたけど


後ろの守りに気づかれることが 怖くて 
自分でぬしを抱える危険を冒さない  


やった事はただ一つ
城や操縦権を餌に 
それとなく指令や暗示を与えてただけ

本当に参謀に徹するの 」


(・・;)・・・・




そして
その基点の神官の上に 

最後の大おばばと呼ぶべき
存在がいる 

ラストおばば

その想念は アフリカに宿る  

アフリカは人類の起源 

ラストおばばは 
世界中の夢殿の城を束ねてる 
地獄の城の奥深くに潜んでる 」(Mちゃんの構造)







☆神武の想念がのりし者





神武の想念がのりし者は
世界の終わりを見据えながら

数十年
いや もっと昔から
トヨ族の者を見切ってた  


彼は自分という存在を
生みだした母のような一族すら 
冷酷に切り捨てる

だからこそ数千年の長きにわたる支配を維持できた 」

(・・;)



神武の想念がのった者は 
トヨの息がかかった女性を選ばずに 

先住民と海外の血筋の系譜の混血を 
自分の嫁として迎え入れた

彼は海外の手の者と組み 
他の血筋を生贄にしても
自分だけ生き残って  
新たな王国を築こうとする目論見 」


(・・;)・・・



でも戦略が駄目 

もしも私が神武なら 

まあそんな趣味は無いけれど
世界が崩れた後 
新たな王国に類するものを築きたいのなら
別な手を選択する 



新しき王妃は 先住民の血も入っているけれど
どちらかといえば基点は 海外の夢殿を立ち上げた系譜が色濃くて
致命的なことに
精霊を使役していた血筋の末裔でもあるの  



私なら 
彼女に託すのでなく 
自分が過去世で 殺めた女性の純粋な末裔 
ニシキトベやナグサトベの想念が
純粋にのった女性を見つけだし


地べたに這いつくばり ひれ伏してでも
懇願し詫びてでも 娶る 

そして彼女と一緒に
怨霊達の封印を解いて回る道を選ぶ 」


(・・;)・・・



もちろん彼も
自分の娘に封印を解かせてはいるけれど

 
彼自身が中心から解かないと
余り意味はなく
 
まして嫁は精霊や怨霊達を使役させていた血筋 

もしも生き残りたいのなら
自由になりたい怨霊の想いを
自らが叶えるべきでしょう  


未だ封印を続けてる木端達と
イメージ的なギャップを見せつけながら
最初に 彼らの想いを叶えることに徹すれば
エネルギーの反動で 
新たな王国に類する物も作れたかもしれない  

 」 



(・・;)・・・



最近先住民を持ちあげようとする動きもある

でも先住民を呼称してる者の中に 
だいぶ裏切者が混ざってる

そうした者を持ちあげても 
怨霊の取り返しを膨らませるだけ


本当に生き残りたいのなら 
つけかえの犬でなく 
ぬしの想念を基点からのせてる存在 


ぬしに愛されて 宿ってる存在 
その存在を探し出し
その想いを叶えることに徹っせよ 


まず徹底的に先出しをする  

そうでなければ 
これから血筋に降りかかる
取り返しの血の豪雨
防ぐことはできまい 」(Mちゃんの言葉)


 








追伸



昨日
はるちゃんがこう言っていました



犬おばば 直接 いじめる
でも大おばばは やさしいふりして 使役する


取り返しは 直接いじめた人もされるけど

でもやさしいふりして 
使役してた方が もっとされる 

 」(はるちゃんの言葉)


(・・;)


使役した方が より取り返される 

はるちゃんにこう言われ
言わんとしてる意味は 
なんとなーくわかるのですが
(・・;)


でもまだなんとなーく
腑に落ちない部分も在りました


ご存知のように犬おばばや兵隊は
露骨にイジメをしたり 痛い目に合わせたり 
奪ったりします
(▼~▼)ノシ((+_+))ペシペシ


グレートおばばや大おばばは 
木端のように直接いじめたりはしません 
一応表面ですが
ぬしさんにはやさしくやさしーくふるまいます

でも
そっちの方が 
取り返しが酷くなるという
(・・;)・・・

それは一体なぜなのか


そこん所がまだちょっとわからなかったので
Mちゃんに詳しい解説を依頼したら
このような回答を頂きました
<(_ _)>





「 
使役にはふた種類ある

一つは 
兵隊を使い
とことんいじめさせ 
対象者の魂を 抜き取って使役する方法 


もう一つは
コードを持つ者に やさしくしつつ
わからぬようコードをほどきながら  
周囲のコードごと使役する方法  


前者は日本ではトヨ族の手の者がよく使う手法 
後者は海外の系譜のおばばがよく使う手法

 
両者とも使役の仕方は違うけど
共通点としては 
魂を抜く行為であること


コードをほどかれた者も 
やさしくされながら 
魂が抜けていく


縁を吸われるから

存在は響きあい
縁膨らめば 存在は強くなるけれど 
縁を吸われれば 緩慢に魂は死んでいく  

使役とは 魂を殺す行為に等しい 」


(・・;)!・・・




だから 
単純ないじめよりも 
使役した者の方が 
比べ物にならないくらい
多くを 取り返される



特に
動物や木 石 
自然の精霊を使役した者は 
間違いなくおわる 

だって自然の精霊は 
人間の守りよりも 
はるかに後ろの守りが大きくて



そこを使役すれば
その存在に繋がる全ての守りを
人質をとって使役すれば  

いくら後で人質に詫びて 許してもらったとしても
人質の後ろの守り全員の怒りの矛先を収めることは叶わないでしょう 



現実世界でも 
傷害犯と 誘拐犯
どっちが
周囲の者の怒りを買うか?  

どっちが許されづらいのか?

それを考えれば わかること 」


(・・;)・・・・



だから基点の神官は

グレートおばばに 
人質をとらせても
自分は それを行おうとしなかった 


彼らは
ぬしの後ろの守りの怖さを知っていた 

だから大おばばを駒にしたの 


彼らからすれば 
世界を影から動かす大おばば達も 
駒の一つ   


宗教は絶滅する
宗教は
自然の精霊を使役した 」(Mちゃんの言葉)





Mちゃん曰く
グレートおばばが
ぬしにやさしいふりができたのは
(・・;)



やさしくしながらコードを剥ぎ取ることが 
結果としてぬしの魂を殺す行為と知っていたからだそうです


存在は響きあい
多くのコードが魂を強くし 響かせて
逆にコードを失えば 存在はどんどん薄くなっていきます


そして膨大なコードを剥ぎ取れれば
直接いじめるよりも 被害者を増やせて
自分はお城の中で 良い人に見せることもでき 
想いのままの地獄絵図を作りながら 笑ってそれを見ていられることもできる


だからこそ犬おばばのように
ストレスもたまらず やさしくする事ができたそうな 

エゲツナイ・・・(・・;)





まあそんなこんなの
わかりやすく解説してくれた
Mちゃんの言葉記事でした
(>ω<)ノシパタパタパタパタパタパタパタパタパ







CIMG5794.jpg





CIMG5792.jpg





CIMG5790.jpg





CIMG5793.jpg






<(_ _)>






プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク