FC2ブログ

地獄



術の原理は シンプル


神が外にいると想わせて 

心の内の神を吸う  


神は自分 

多くの人にそう想わせれば 

多くの人の神の力

奪える


エネルギーは 想いに響きあい 

構成されてゆく 」


φ(・・;)・・・・


術は 想念を 使役する  

徹頭徹尾 

それにつきる 」(Mちゃんの言葉)





大昔に

こんな事が在りました



MAHAOマミーの某親戚K氏

(・・;)


K氏は寺系の旧家の血筋で

中小企業を経営しており 


MAHAOマミーとは 直接血の繋がりも無く 

余り会うことも無い親戚なのですが


親族の会合とかがあると 

たまに会ったりして 

このようなことを口ばしるのです


俺は夢で 観音様を見るんだ!

そして観音様に 一生懸命 拝むと 

願いを叶えてくれるんだ!


お前達も夢で観音様に祈れ 

そうすると良いことがあるぞ! 」


K氏は 酔うと 

いつもそう親戚中に まくしたてていました

(・・;)


そしてそんなK氏に連れられて

何故か 幼き日の  MAHAOも 

某古寺に連れて行かれたことが在りました

(・・;)?・・・


その時のMAHAOは

寺がどういうところかわからず

観音様の前で 正座させられて

(・・;)チョコン



よくわからないシンゴンミッキョウ?

を唱えさせられて

(・・;)


ちょっとでも 言い間違えると

「 こら 間違えるな!観音様に失礼だろ! 」


と何故か怒られていました

(・・;)・・・・・・・・


なんでこんな所で正座して 

怒られないといけないんだろう?

(・・;)・・・?


と不思議に想ったものです  



そして MAHAOが 観音様の前で 

怒られていたのと同じ頃  


もっとちっこいMちゃんは 

夢の世界で 観音様や閻魔大王を使役して

K氏よりもっと多くの願いを叶えてもらいましたとさ 



(ToT)/~~~

めでたしめでたし










夢の中で

どんなに崇められてる存在がでたとしても

私の魂は 

そいつに祈ったり 媚びたりしない 


魔王であっても 

エヴァ(奪衣婆)であっても

ヘイコラすれば 

気を吸われるだけ 」


φ(・・;)・・・・・・・・・


観音も閻魔も 

私の部下 


徹底的に使役する 

使役しないと 使われる 」(Mちゃんの言葉)






Mちゃんは 血筋が

覚醒し 夢殿世界の操作権を 最も得られる方法を  

ずばりこうだと言っていました

(ノ゚ο゚)ノ



使えるものは 全て使う 

神であっても 親であっても 


情愛 権威 仕組み しきたり 

一切躊躇せずに魂の奥底から 使いこなす 

m9(・ω・)  


使えるものは 全て使え

別にこれは秘伝でも何でもない


血筋の大半に この教えは伝授されていて 

大半の血筋がこの原理を知っている筈なのに 


その魂は 何物かに使われたり 属してる


生命線で囲われていく内に 

ボス達の下僕になり 

序列や権威に 固執したり

掟に使われたり 

金や名誉に使われる  

親や祖母に 使われる 」



φ(・・;)・・・・・・


使えるものは 全て使えは

支配したいなら全てを使え という意味 


自分以外の何物にも帰依してはならない   

表面上 従うふりをしたとしても 

心酔したり

魂を 取り込まれてはならない   


序列 名誉 権威 思想 美 母親 

全てを 道具と見なし 

使いこなす 


私は何物にも心酔しなかった 


そうでなければ 

やがて心酔した者の 餌食となることを 

知っていたから 


それが掟 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・







血の覚醒は

使役する事からはじまるの


濃い血筋は 潜在意識世界の からくりに気づき 

使えるもの 全てを 使役できるもの 


覚醒するほど 想うがままに 動かせゆく 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・


伝承は 如何なる解釈も可能なように

わざと遠まわしな表現をしている


子孫達の 読みとる能力を試している 


読みとる力無ければ 支配は維持できないから

支配は 豆腐のように 脆弱な 地盤のうえにのっている


それに全部教えたら  

手足となる存在が いなくなるじゃない 


序列や宗教の木端 

ばあちゃんの言いなりになる者が 

支配の維持に 必要なの


一部しか読みとれなかったものは 下働きの役目を負い

真意に気づいたもの程 多く受けとる 

それが仕組み 


我こそは 地獄の大王の僕(しもべ)と 

嬉々とし 自分語りはじめてる時点で

木端入り断定 」


φ(・・;)・・・・・・・


術や知識のあるものが下働きで 

人生を終わらせるのは


師匠や教えより

自分を 格下と見なしてるから 


意識でそう想ってなくても

魂がそう感じてるから


だから彼らは 教えを守って

死んだ師匠の一言一句に抗わず 

魂をコキ使われ 

下働き道を邁進する 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・


旧家の血筋には

祖母や 親の教えを忠実に守って

死後もそのコントロール下に置かれてる者も多い筈 


かあちゃんかあちゃん

ばあちゃんばあちゃん 


魂が 彼女らを 心酔するから 奴隷になる  

恐れるから マリオネットのように操られる


祖母であっても 

母であっても 

部下としなければ ならない 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・


幼き日に 自分を守ってくれた肉親

それを無慈悲に 使える位 

孤独な魂を持たないと 


操作される側から 抜けきれない  


伝承の真意に気づき 

地獄の神や 人類の母と言われる存在も 使いこなさなければ    

地獄の操作権を 得れたことにはならない 


エヴァは崇める者でなく

自分を使う者にこそ 

力貸す 」


φ(・・;)・・・・・・ 


幼き日

夢に観音様が現れた


人々は観音様の足元に縋りつき啜り泣き 

様々な祈りをたてていた


私にはそいつ(観音様)が

エネルギーを喰らう存在にしか見えなかった


エネルギーを体感してたから 


こいつに飲み込まれるものかと想った


みんなのエネルギーを吸い取るこいつ

私のしもべにすると 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・


その瞬間

七段階の夢を見れるようになった


全部同時になので 

はじめは 混乱したけれど

様々なことを知れた  


キリストやエヴァの想念体も見えはじめ

世界中で多くの者達が 心酔してたけど

私は 魂で 彼らも使役した 


彼ら(想念体)は 使われることに 歓びを感じてた 


心酔してた者達が捧げたエネルギーが 

私の想いに 投げこまれた  」



φ(・・;)・・・・・・・・


支配の掟は 単純

全て 使え   


表向き屈従してるように見せかけても

魂の根っこの奥は 使役しないといけない   


神 師匠 王 序列 教え 美 母

使えるもの 使わないと 使われる


力の行使は 孤独を 魂に響かせる 

人はみな孤独


私は 孤独が心地よい

私は孤独な自分を見るのが好き


孤独が募るほど

力増していくの 感じるから 」


φ(・・;)・・・・・・・



如何でしょう

(>ω<)/


Mちゃん曰く 

使えるものは全て使え 

というのは


地獄や夢殿の操作権を得るには

親でも権威でも 序列でも 宗教でも

それに取り込まれず

(・・;)


徹底的に使えとのことだそうです


地獄に属するあらゆる事柄は

それを支配する と想わないと

逆に支配されてしまうのだとか 

(・・;)・・・・・・


それが地獄の世界だそうで

操作権を得る血の濃さとは

その原則を 魂の奥底から行使できる血筋 

と言っておりました

<(_ _)>


伝承が曖昧に書かれているのは

読みとれずに 序列に使われる存在も

支配において必要だから

(・・;)



そして他にも 

曖昧に書かれている理由を  

こう 申しておりました

<(_ _)>


虎の尾を踏んではならない 












鏡の中の私 


上は下

下は上


全て 想い


序列

お金

地獄も想い 」


φ(・・;)・・・・



みんな視点をそらされてるだけ

成功者程 想いこそ 源泉 

そのことに気づいてた 


虐げられてる者達に 優しく振るまって

想いを多く 集めてた 」


φ(・・;)・・・・・


宗教には力無く 

強盗や詐欺師達が

集めた想いを 

神の業(わざ)に見せかけてるだけ


本当の力は神の業(わざ)を作らされてる

多くの想い  


支配を続ける為に 

力のヌシを 

怒らせてはならなかった  


人々をとことん追いつめれば 

力のヌシは 反撃して 

支配はトランプ城のように 

あっけなく崩れる 」


φ(・・;)・・・・・・・


敢えて曖昧に描かれてるのは

弱者とされてる者の 真の恐ろしさを 見抜ける者に 

操作権を渡したかったから


それを気づくことのできない愚か者が 

操作権を得ると

虎の尾を 意図も簡単に踏んでしまう 


それと同時に

孤独に耐えうる器かどうか試してる


孤独に怯むようでは 

力は 得られない  

いずれ誰かに

取り込まれる 


上は下

下は上 


現実 夢 幻 妄想 

全て同じ



巫女は鏡  」



φ(・・;)・・・・・




追伸



Mちゃんは 

地獄を 

このように語っていました 

地獄は 必要とされたいという想いから 生まれた  


必要とされたいは

自分がしたいより

他から必要とされたいを 優先してる 


それは存在が消えかかってる証 」


φ(・・;)・・・


必要とされてるから 自分は存在する 

その想いに必要とされたい 想いを ぶつけたら 

自分を取り返したい 怨念が生ずる 


覚醒者は血筋的に 

必要とされたい者同士の組み合わせだと 生まれにくかった 


必要とされたい者同士のかけ合わせでは

愚かさに 拍車をかけるから


私の母は 自分が全てで 

自分好きだった


父は 逆

いつも祖母に 必要とされたいという焦燥感に かられてた


私が気づけたのは 

母の自分好きが混ざったから 


だから運よく気がつけた 」


φ(・・;)・・・・


使うは仲間

壊すは敵


エヴァや閻魔も使われることをいやがってるんじゃない

怖いのは消えること

誰も使ってくれないこと


だから使われるのを喜ぶの 


自分が必要とされたいの想いから

地獄が生まれた


エヴァは必要とされてると感じたくて 

自分を必要としてくれる世界を産んだ 

それが地獄 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・



以上


Mちゃんちに伝わる

摩訶不思議な伝承でちた

<(_ _)>







プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク