それは夢から始まった



こんな夢を見た


熊野の半島に

日本の発祥のヌシを産んだヌシ

そのさらに母体となった 

女性を想わせる 

不思議な地名の場所がある 」


その声を聴いた 私は 

その地を 探そうと想い 


上空から熊野の地図を見た  

地図の最南端付近に 

幻頭湖という謎の湖がある 


湖面に 霞がかかっていて 

巨大な魚の影が 泳いでるような雰囲気がした   


(・・;)

ここが 

何か 怪しい・・・・・ 


私は 一路 

熊野地方を南下していた 

鳥達の視点になって 

上空から  

車が 南下する様を 目で追っている 



幻頭湖を 訪れる当日のこと 

私は 宇宙に 問うてみた  


今日行くと 夕方になるかもしれません   

今日 行った方が良いのでしょうか?  


すると 宇宙から こんな答えが返ってきた  

「 その地に行くのなら 明日の方が良い 」と 


(・・;)・・・・・


そして旅先 

たまたま訪れた場所に 

澄んだ水色の池があった 


そこには美しい青い錦鯉が 

群れを為し

右回りに 踊るように 泳いでる 


私は青色の鯉達にも聴いた 


「 今日 幻頭湖に行かない方が良いのなら 左周りに回ってください 」 



すると鯉達が 一斉に 

左周りに回りだした   


今日は やっぱり 

行かない方が良いのかな・・・

(・・;)


私は 錦鯉達に 

お礼の言葉を述べて


さらに何故か 

いつの間にか 

手に持っていたドッグフードを

ドッグフード?m(・・;)・・・・?


パラパラと池に撒いた 

⊂(・・;)パララララ 



フードを撒いた瞬間

池は 白線を引いたグラウンドコートに変わって  

池の美しき鯉達も 

一斉に 犬の姿に変わって 

がぶがぶとドッグフードにかぶりついた  


あれ (・・;)?

何で鯉が 犬になったんだろう? 


犬達はものすごく飢えていた 

地面に散らばった 

ドッグフードをひたすら食い漁る 


すると目の前の店の人とおぼしき 

でっぷり肥った中年の女性が嫌そうな顔をしながら 

こんなことを言ってきた


「 ちょっとあんた! 

勝手に餌をあげないで頂戴! 」


(・・;)ショビビビーン

注意されたので 

撒いたドッグフードを 

拾い出した 



犬達は恨めしそうに 

それを見ていた 


目の前の店は 土産物店 


そういえば 昔 

この店に立ち寄った事がある気がする

(・・;)・・・


何か 物を買った記憶もあったような 


店に入ってみると

その店の若い女性従業員も

私が 過去に その店に来て

何かを買ったことを覚えていたらしく

そんな気配の表情を見せていた 

でもなんだかやる気が無いそぶりだ 


せっかく入ったから 

何か買おうかなぁー

(・・;) と想い 棚を見ても  

くだらないおもちゃや 

がらくたしかない 


欲しい物が 何一つなかった 


女性従業員は 

盛んに薦めてきたけど 

閉店間際だったのと

その店には 

いつの間にか私一人しか居なかったので 

すぐに帰った


帰り際 女性従業員 と

肥った女性店主の 

フン と鼻であしらう姿が響いた

(・・;)・・・・・ 

女性店主は 

とても嫌な気を発している  


それを見た猫ちゃんが 

その店について 

ブログ記事に してしまった 


「 意地悪な女性店主 不細工な女性達 」というタイトルで 

店の 実名入りで


(・・;)ねっ猫ちゃん!!!

いつのまに? 

こんな記事を書いたの?


するとその記事を読んだ 

顔見知りの某意地悪女性が 

こんな記事を書いた


「 意地悪MAHAO 不細工MAHAO 」


(・・;) どっどんどん 

泥沼状態化してる


私は猫ちゃん達にこう言った 


駄目だよ~~~ 

こんな馬鹿にするような書き方しちゃ

喧嘩になっちゃうでしょ 

(ToT) 


そんな時だった 


脳裏に

こんな声が響いた   


「 

幻頭湖は生贄の首が

いっぱい浮かんでいる湖


死刑囚は饅頭を手渡され   

桃や饅頭は 

生贄の首を現す 


寺や社の灯篭に 飾られてる桃 

全て生贄の象徴 」




その数週間後 

Mちゃんが こんなことを言った  



マクベスに出てくる三人の魔女達 

あれは王への呪いを現すの  


日本にも

大王に 忌まれた 

三人の女性の怨念がある 


ナグサ ニシキ ヨシノ

神武天皇は 

その地のリーダーとして慕われていた  

三人の女性達を惨殺し 


彼女らのエネルギーを奪って 

大和を支配した


そこが

基点の基点のエネルギー 



彼が天皇の祖となれたのは

ニギハヤヒよりも 

もっと先

三人の女性のエネルギーを

奪ったことから来ているの



そして魂は 

遺体を埋めた地にではなく

死んだその地の方に 

想いを残す事が多い 


その地の想いが 

取り返しの基点となる事が多く 


毎年手間暇をかけて  

ご大層な 封印を施すのは  


強い想いの持主の復活を恐れてのこと  


死んだ地には 

何らかの印が 置かれている    


その地に行って 解きなさい 

魂が 

自由になるように 祈りなさい 

そうすれば 封印は解けて  


封印を解いた者に

その力

のってくることがあるから   」(Mちゃんの言葉)  




居ない間の 

ニャアニャア達のてんこ盛りご飯 








東熊野には 

朝廷に反旗を翻し  

賊 鬼と称されて 

討たれた者の 岩場がある 


毎年

その地には 

日本有数の 

仕掛け花火大会が行われている 



花火も 封印


波は轟き 

岩場 声震わせる  





付近で行われていた工事のせいかもしれないけれど  

この地の結界も だいぶ綻んでいる


私は地の開けた所で  祈った




「 

この地に封印されてる魂のみなさん  

結界はただの心理的な詐術です 


花火は  魂に苦痛を与える事はできません 

魂を拘束できるものも 何もありません

全て 詐術です 


皆さまの魂が解き放たれますように 

想う存分取り返しがなされますように


そして

多娥丸さんとそのお友達さん 自然さん はじめ  

みんなが 永遠に 自由に 楽しく 豊かに 生き続けますように 」


(―人―)



その時だった 

鷲のくちばしを想わせる岩場の先端から 

大きな黒い鳥が舞い降りる  




カラスを はるかに超える大きさで 

優美な羽根姿をしていた  


その旅は

鬼ヶ城から始まった 







次に訪れたのが 

花○窟神社 

\(^o^)





アゲハ蝶が飛んでいて   

薄紫の花が咲き乱れる




この地の封印は ひときわ 念入りに張られていた 

頑丈な上に 頑丈過ぎる位の 結界

(・・;)・・・・・


でも・・・・・

気を集めて

抑えてる所と 

気が出ている所が

なんか違う・・・


ずれている・・・


言わば 

何もない所に気を集めて

そこを塞いでるような気がした




奥の岩の封印は凄まじかった 

敷きつめられた白い玉砂利

木の囲いで覆われた柵 

上空には 無数の縄が網のように はられていて 


置いてある石は・・・




えっ絵馬に されているぅぅぅ 

((((((ノ゚⊿゚)ノ




しかも岩場の穴の部分に

絵馬石が置かれていた   

(・・;)



ああして 集まった人々の祈りって 

封印にされていたんだなぁ 

(・・;)・・・・・



木がむじゃむじゃに生えた岩 

ここには 何か とても大きなものが 

封じられている気がした



そこで祈りの言葉を唱えた


岩さん 木さん 自然さん 

この地で封印されている

全ての魂が解き放たれますように 」

(―人―)


そして何故か口に出たのが

この言葉だった

 

「 ニシキトベさんの魂が

 自由になりますように  」


その瞬間 岩間から風が ぴゅーっとそよぐ 

===(・・;)――― ピュー 


そこでまた 名前を読んでみた

ニシキトベさんニシキトベさん  

より風がたなびいた

=====(・・;)====ピュピュー


ひょっとしてここって 

ニシキトベさんに

縁のある地かしら? (・・;)?


その時 カーーーーーーンという音と共に

「 きゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ 」と

けたたましい笑い声がこだました  


女性達の一団が 

願い事を書いた絵馬石を岩にぶつけている



カーーーーーーン

「 きゃはははははははははは 」


石さんに岩をぶつけ

石さん達の 悲痛な泣声が聴こえるようだ

(ToT)ヒッ酷すぎる 


これは石を崇めるというより

石イジメ神社だああああああああああ 

(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパタパタパタパ


石さんの痛々しい姿を 目前にした私は 

早速この地を立ち去ることにした




すると門の横に置かれているおっきな石さんに

オイデオイデ と呼ばれてる感じがする 



(・・;)なんだろう?

近寄ってみると





アマ蛙チャンよおおおおおおおおおおお 

*:.。..。.:*・゚(n'∀')η゚・*:.。..。.:*



蛙チャンはどんどん岩の上にのぼっていった 

ちょうど岩さんの横に水汲み場があったので 

蛙ちゃんの喜ぶお水を 

ちょぼちょぼとかけた 

(^◇^)ノシ



その時 風と共に

縁ちゃんの声が聴こえてきた

テレパシィによる交信だ 

(・・;)テテテテテレパシィ♪ 

ウチュウノコトバハテレパシィ♪ 


蛙は 返る を現すの

取り返される 祈り届いたよ

魂が蘇る 魂 取り返す 」


(・・;)!  


取り返すを

ヘルクリエイター達が用いたがらないの


 

取り返すを言うと 

自分達が 取り返されちゃうことが多いから

 


奪った人は  

取り返される方が多いの


やった事も返ってくる  


(・・;)・・・・・・・・・



そして車はどんどん南下し

宇久井の 

気になる地名の磯に向かった


その磯の名は 

地玉の浜 

(じごくのはま) と呼ばれてる



穏やかな潮騒の響き 

MAHAOは 

神武天皇が 

ここから上陸して

この地の人達の 

大量虐殺をしたと 感じています  







この磯の傍には 

かつて蛭子(えびす)神社というものが在りました 




蛭子(えびす)と 

同じ字で現される

蛭子(ひるこ)


空ちゃんの話では 

ヒルコは 地獄の閻魔大王を指すらしく



ここからほんの少し離れた先の 

狗子川の下流に 


この地のリーダーだった 

美しき女性  ニシキトベさんと  

多くの住人達が殺され

その血で

下流の浜辺が

紅く染まったという伝承が在ります 



そしてその海岸は 

今もこう呼ばれている 



赤色海岸と 






プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク