闇に咲いた 紅い花(地獄のはじまり)

人類二番目の吸血鬼は 一人の女性から生まれたの 


その女性は幼いの頃 妬みの病を患った  


妬みは他を引き落としたい 滅ぼしたい想い 


妬みの想いは その女の子供に感染して 人類二番目の吸血鬼が産まれた


子供は想いが薄かった 

想いが薄い分 助けを呼ぶ力も強かった


母の望みを叶えようとして 

その男も 他を滅ぼす想いの権化と化した


その想いが 人が人の上に立つ印 

王を地上に創った  


母からの愛を得ようとする為に 


ヘルクリエイターは地獄を産む女 


彼女達の想いを受け 吸血鬼達は 地上に階層を作り続けた  


妬み 嫉みこそ 地獄


でも彼女らの想いから 妬みが 発したわけじゃない  


彼女らに妬みを 感染させた存在が居る


それは 犬


犬は ずっと 人間達に 妬み嫉みを抱いていた  


そんな犬の想念が 女達にのって ヘルクリエイターが産まれるの


ヘルクリエイターは 犬の呪いなの  


人間は気づいてない  


自分達が使役し 支配してると想っている 犬達に 

逆に支配されてきたことを 


犬は飼い主に エネルギーを送っているけれど 

エネルギーをもらうと同時に 犬達の想い その破壊願望も 受けとるの 


エネルギーは それを発信した者が 受信した者の想いを染めあげる仕組み  


そして犬達は 死後も 想念体として人に憑き 地獄を作る役割を果たさせようとする 


古来から 吸血鬼の大ボスに使われてる 序列の 最下位の存在 

犬が

人間界に地獄を拡散した きっかけなの


地獄の門番が 犬と称されたるのは 


犬達が地獄を作ることに 大きな役割を果たしたから


やってくるときには従順だけど 逃げようとする人間は 噛み殺す 


でも考えて見て 


犬は飼い主の為にエネルギーを送ってくれている 

エネルギーを付け替えてくれるのに 


尻尾を振って従順なんて 


そんな存在 犬以外に ありえない 


滅ぼすもの以外 ありえない 


(想い)エネルギーをもらえるから 存在は 想いを叶えようとする 


それがエネルギー  


想いの仕組みなの  


犬達は エネルギーを与え続けながら 感情を抑えられ続けてきた事で


屈従しながらも その奥に 妬み嫉みをどっぷりと溜めこんできたの 


犬は 人類を持ちあげているけど 


それは持ち上げた後 人類全部を 叩きおとす為


地獄を与える為 だけに支えるの   


エネルギーを発っする存在に エネルギーを受けし者が その想いに染まってゆく


犬の想念が 女達にとり憑き  生まれたのがヘルクリエイター 


犬は 地獄の病原菌


そして そんな犬のはじまりが  三匹の犬だった  


彼らは  奇形として生まれた 


地獄の番犬ケルベロスが3つの頭を持つ奇形の姿で 描かれてるのは 


犬が生物として不自然だから 


ずっと尽くしながら 気を与える 

エネルギーをくれるのに へりくだる 


自然界には存在しない 滅ぼす為の形態だから 


三匹いると序列が産まれる 


その犬の子孫が ヘルクリエイター達を動かしてきた


支配してると想っていた犬に 支配されてきた 


守ってもらってると想っていた犬に 地獄を守らされていた  


でもそんな犬を作らせたのは 

さらにもっと昔の 一人の吸血鬼の想念 


そしてその吸血鬼に犬を作らせたのが  


妬みを受けた主 


吸血鬼の主で 世界中で 地獄の大王と呼ばれ 恐れられてる


日本で閻魔大王とよばれて 西洋では魔王(サタン)と呼ばれた者  



人でありながら 最初に 人を裁いた


犬は 大王が子孫に作らせた    


妬み嫉みの想い 


その想いを 人と近くに接した暮らしていた 狼にとりつかせて
屈従を要求し続けて それ以外は殺して 
狼は生きるため 犬という存在に 産まれ変わった  



新しく作られた犬は 創造主たる 地獄の大王の想いを叶えるべく 


子を増やし 屈従しながら 妬み続けて 滅びの想いを感染させ続けた 



善悪の剣を創造したのも 地獄の王


彼が善悪の価値観と 罪を作り  

あれが悪い これが悪いと 人を裁かせた


魂を不自由な状態にする為 

縛り続ける為に 

神の概念と 良い悪いという掟を作った 



本当は 全ての存在は自由 


自然には好き嫌いの概念はあっても 良い悪いという概念は存在しなかった 


大王が最初に 罪を創造して 


善悪が産まれると 魂には 苦しみが産まれた


苦しみは 歴史という傷を産んた 


自然界に犬という 奇形を産ませた 地獄の大王は


その昔 奇形と呼ばれた


自分の母に いらない存在と呼ばれて 捨てられた  




母は こう言った 


いらない存在と   


大王の魂は いらない存在と言われた事で 


心に 悪という想いが棲みつくようになった 


愛されている他の人々を 深く 妬むようになり   


人々を 悪と呼び 刃で滅ぼすようになった


大王が善悪を産んで その子孫が宗教 法 序列いらないものを多く生んだ


大王に帰依した 多くの犬 多くのヘルクリエイター 多くの吸血鬼達は  

善悪を作った祖を 地獄の大王と呼び そこに想いを捧げていった 


大王は脆弱だったけど 集まった想念は どんどん肥大化して


どうする事もできなくない位 大きくなった 
この世に 地獄を現出させた


大王の想いが 犬を産ませ 

犬の想いが ヘルクリエイターを産ませ

ヘルクリエイターの想いが 吸血鬼を産んだ


でも大王が 地獄の創造主じゃない 


大王に地獄を作らせた主犯が居る


それが地獄の大王の生みの親 


人類の母を自称した女 


彼女こそ起点 


人類最初のヘルクリエイター 


エヴァでありガイアであり 
子供に地獄を作らせた 


その女性と夫とは 兄妹だった


兄妹同士結ばれ 子を為したけど


妹は兄を妬み続けた  


愛しあいながら 妬んだの  


その理由が神話に書かれていない もう一人の母の存在



母が兄を可愛がってる時  幼い妹は感じたの 
妬みが こうささやいた 


「 兄の方が 母に愛されていると 
兄の方が 必要とされている 」



そして妬みがとりついた



世界の神話は繋がっていて 


妬みから 必要とされたいが生まれた 

神話に出てくる神々も みんな必要とされたくて
地獄を生じさせた 



劣等感が棲みついた心は


周囲を引き落とそうとし続ける



イブは アダムを妬み 

自分も楽園から追放されてでも 

アダムを母の国(楽園)から追放されるように計った



地獄は妬み 


妬みは 子供達を染めあげる   


地獄の大王は 母の意を叶えようとして 地獄を作り続けた  


地獄が築かれて  


神話がうまれた



楽園を追放されてから歴史が刻まれた  


歴史を鑑みる事で いつか人類を地獄から天国に揺り戻す為に 


いつか気づかせる為に


そして善悪を作ったものは 最初の神と呼ばれ 

同時に悪魔とも呼ばれ続けた  


でも善悪ができる前にも 人は居た


もっと多くの神もいた 


神は人の一部であり 人は神の一部だった


全ては許容されていた 


妬み その想いが 許しを拒み 奇形を産む


これが はじまりのおわり  


最初は小さな妬みだったけど 


妬みがウィルスの様に感染し犬という奇形を産んで滅ぼすエネルギーを増殖させた   


自然は そんな滅びのエネルギーを ある程度まで許容していた


人間も 大事な 子供だったから


木と石の想いが 人間を産んだから


でも滅びのエネルギーが 大きくなり過ぎて

自分達を 滅ぼしはじめたから   


親達が 立ち上がったの 


その愛で 人を楽園に揺り戻す為に 」  


如何がでしょう

(ノ゚ο゚)ノ

以上が 空ちゃん 縁ちゃん達から聴いた 


猫猫界に伝わる 人間界の神話なのだそうです


犬は人間の妬みから生まれた奇形 


そして人は 長年 使役していると想っていた犬達に 

実は地獄を作り出す為に 

潜在意識を動かされて 使役されていた

ヽ(*'0'*)ツ

というのが 猫達から見た人間界の情景なのだそうです 


犬は匂いをつけたりして 犬の国に人間を誘い込み 

そこで潜在意識を操作するようです 


縁ちゃんはこう言っていました 


「 エネルギーをくれながら へりくだる あんな存在は自然界には 存在しない 」と 


(・・;) 確かに犬を見て見ると 


エネルギーを飼い主に与えながら 驚くほど人間にへりくだっています


ご飯をあげて懐く動物は居ても 


あれほど従順な存在は 犬以外に見ないかもしれません


でも従順や相手の意に沿うのは 


エネルギーを取り込む以外 


自然界のバランスとしては 存在しないのです  


陰陽の法則にも反している

(・ω・)

そして犬は チワワからセントバナードまで 


驚く程 体型も外見的特徴も違う 種を増やし続けています


幾ら人工的に掛けあわせたとは言っても こんな短期的なスパンに 

あれだけの品種を 生み出せるのは異常な事です


そういえばこないだの黄砂 やたら全国の犬達が 弱った現象の様な

φ(・・;)・・・・・・


まあそんなわけで 妬みこそが全ての元凶であり 

ヘルクリエイターの起点である事もわかりました

(・ω・)/


なのでMAHAO これからも この妬みの想いを無くする為に


どんどん想いを発信していきたいと想います♪

\(^o^)/―♪


ちなみに妬みを奥底に抱えてるワンちゃんは 


エネルギーをくれているのだから 


むしろひたすら 持ち上げて 


下に置かないような飼い方をした方がよいとの事です


我がままになり 暴れ回りますが 


奥に秘めた破滅願望 妬み嫉みの想いは 薄れていくとの事

(≧▽≦)ノシ))~♪




全ては愛から生まれるの


でも愛は 母親からはじまったわけじゃない 


自己愛から生まれたの 


妬みを持った母親から生まれると 自己愛を食べられる


母の愛がなくては 生きられないと想っちゃうの


でも本当の愛は 母の愛じゃない


自己愛から始まるの 」(こはるちゃんの言葉)








 



プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク