FC2ブログ

猫猫おばあさんの伝説

昔 こんな話を聴きました 


某地域で 猫達にご飯をあげていた 


通称 猫猫おばあさんのA子さん(仮名)

(^◇^)


A子さんの  家の庭には 野良猫たちが よく遊びに来ていました 


親切な  A子おばあさんは 猫猫達の声を聴くや否や 


猫缶や カリカリを 与えます


すると猫達は喜びながら A子さんに ウニャーオウウウウウ ウニャゴオオオ と 

太ももに スリスリしていたそうです 

スリスリ(^◇^)ノシ


でもそんなA子さんの行動を快く想わない 一人のおばさんが居ました


隣に住む B子さんです


B子さんは 事あるごとに 近所にこう漏らしていたのだとか 


「 

もう やんなっちゃうのよ 


隣のA子おばあさんが 猫猫に餌をあげるものだから


うちの庭に いつも糞がいっぱい 」


そしてB子さんは A子おばあさんに 会うと 度々こう注意してたそうです


「A子おばあさん! 


あんた 野良猫にご飯をあげるのは 


自分は良いかもしれないけど


近所迷惑になると想わないの!


うちもそうだけど 糞とか みんな迷惑してるのよ 」

(*゚○゚)====(>_<)


A子さんは 注意されて ペコペコ謝りながらも

でも猫達に餌を上げることは続けました


そしてそんなことが 何年も続いた ある日のこと 


猫猫おばあさんのA子さんが 亡くなりました 


B子さんは A子おばあさんの通夜の席上 こう言っていたそうです 


「 寂しくなるわねえ


でも これでもう猫に 餌をあげる人が居なくなるから 


きっと 野良猫達も居なくなるわよね 」


そしてそれから数週間後のこと


ちょっと不思議な光景が 近所で見られるようになりました


なんと あれほど野良猫にご飯を上げることに目くじらを立てていたB子さんが 


自分の庭先で 野良猫たちに ご飯をあげ出しているのです

(・・;)


あれだけ猫達を嫌ってたのに 

糞が迷惑だと言ってたのに


何故?

φ(・・;)?


B子さんはこういう風に言っていたのだとか


A子おばあさんが亡くなってからというもの 


猫達が おばあさんの家でニャゴニャゴ泣くのよ 


うるさくてねー 


だから 餌をあげないと 


うるさくて仕方ないのよー 」


と 

でもそう言いながら 


猫達にご飯をあげるB子さんは 

心なしか 嬉しそうな表情だったとの事  


B子さんは それからずっと猫達にご飯をあげるようになりましたとさ


めでたしめでたし


(^◇^)ノシ))




ちなみに


Mちゃんが こんな事を申しておりました

(ノ゚ο゚)ノ


エネルギーが混ざったの


人が死ぬ時に


その人と強く エネルギーコードを繋いだ人に 


そのエネルギーが流れるシステムだから


でもね  エネルギーをもらう事は 


自分が そのエネルギーに染めあげられることでもあるの


食べることと 食べられることは一緒 


全ては緩衝しあい 変質を遂げていくから  」




ちなみに

Mちゃんの話では 


最近 


吸血鬼の木端クラスから


急に 顔がパンパンに 膨らんで 


腫れあがってきているのだとか
φ(・・;)

近日公開予定



エネルギーが 混ざりますぅのお話 


へと続く 


<(_ _)>

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク