はじまりのおわり フォー


国道169号線を 大神神社を目指しひたすら南下する 


龍王山から 舞い降りてくる気が まことに心地良い


これほどまでに 芯が暖かくぬくもりが得られる道の気は 


はじめての経験なのかもしれない


龍王山が丁度 視界から切れた時 


田んぼの海に ぽっかりと浮かぶ島のような 小山が姿を現した


山のようだが 箸墓古墳・・・・・

<(_ _)>



卑弥呼の墓と騒がれし場所 


現在 宮内庁の所有地として 完全に立ち入り禁止らしい

(・・;)

この古墳だけでなく 天皇家にまつわる墓とされる天皇陵の大部分は立ち入り禁止だそうで


一般人どころか 研究者が調査する事も 許されないのだそうな


天皇陵は天皇家に起源があるものとされ、宮内庁は 文部省など他省庁の介入も一切拒絶しているのだとか。

\(◎o◎)/


研究者の多くは 墓を掘らないまでも せめて上を歩かせて 

検分させて欲しいと言っております

(・・;)


でも宮内庁は頑なに拒否し続けてます


なっなんでだろう?(・・;)?


ネット上では調べられると困る事が いっぱーーーーいでるからではないかと言われています


何でも重大な発見が出てくると 日本の国の起源を 根底から揺り動かしかねない事態が起きるらしく


それを恐れているのだと まことしやかな噂が囁かれております

(ノ゚ο゚)ノ

さてこの卑弥呼の墓を 横目に通り過ぎると  青白き山が姿を現した 




薄い青紫の衣を羽織り


内を向いた小さな子供の切なき叫びが聴こえて来た


かような潤いの哀しさに満ちた 


その山の名は 三輪山 


薄青紫の気が 目に飛び込んできた瞬間 


身ぶるいと 鳥肌を感じてしまった 

(((((・・;)))))

何か違う・・・ 

何かが違う・・・ 

今まで訪れた山と何かが違う・・・ 

何故だろう・・・




歌を 歌っている気がする 淋しげな山の歌を


そして何か 引き込んでいるような気がする・・・ 


サクはこう言った

「 あの山 行きたい 」


向かってみる事にした


三輪山は古の時代より 神が宿ると言われし山


古代の天皇家の祖先は この山を聖なる山と崇め 天皇陵の多くも この地に多く作られた 


山に入るには 山辺の里三社のひとつ 大神(おおみわ)神社から入らなければならない


そしてその方角に 進みし 我がMAHAO猫猫探検隊の眼前に現れしは


どでーーーーーーーーーんと鎮座する 超巨大鳥居の影 



一向一同 度肝をぬかした 


なっなんだぁ これはぁ\(◎o◎)/


車やバスどころか 下が水路なら ちょっとした輸送船すら航行できちゃうかもしれない


山に負けない位の 威容を目指したのだろうけど 


何だか 凄く威圧されるぞぉヽ(*'0'*)ツ


車を停める駐車場を探す


しっしかし・・・・・・・ (>ω<)ノシ))ピタピタピタピタ

御覧の通り 駐車スペースに車びったし

奥にも駐車場待ちの車で行列が湧いていた・・・

(・・;)・・・・・・


暫し車の中で 駐車場待ちをする


でも待っても全然車が進まない


どれ位の距離の山道なのか 

アイフォンで大神神社と三輪山について検索してみると

(・・;)パチィ


なんでも大神神社には本殿がなく 三輪山がまんま本殿だとの事

山が本殿・・・・ 

(・・;)

入山するには麓にある 

狭井(さい)神社 という所で入山の許可を得なければならない 


狭井神社・・・・・なんだか狭き門の様な風情・・・

(・・;)

さらに調べてみると その狭井神社の社務所で入山者は 

住所氏名 電話番号 住所は番地 部屋番号に至るまで事細かに記入させられるのだとか

(>ω<)ノシ))パタパタパタパ

そこで入山料300円を支払ったら

入山者は代わりに 白いたすきを渡される 

入山中 その白いたすきは勝手に外してはならないのだとか

φ(・・;)


熊が出るわけではないと想うのですが・・・

白いタスキには鈴が付いており 登っている最中ずっとちろり~~ん 

ちろり~~~んと鈴が鳴る仕組み

(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパタパ


山中では 一切の飲食 全ての写真撮影は厳禁

((((゚Д゚;))))))シャッシャシンガァ・・・


そして上り下り 全行程4キロを3時間以内に走破しなければならないと言う規則が定められている

こっこと細かな規則・・・・・・・・・ (>ω<)ノシ))パタパタパタパタパタパ


なんでもここは布留山と同じく 昔は禁足地で

一般の人々の入山は 固く硬く禁ぜられていたのだとか 

明治の時代になり下々の者が 規則を厳守しながら 

ありがたーい 気持ちで拝謁するならば許してやろうとの事で

ようやく許可がおりたとの事

(ノ___)ノヘヘー 


でっでもこの雁字搦めの規則なら とてもサクラちゃんは連れていけそうもない

(>_<)

ニャンニャ連れだと 幾らケージに入れても 許可は降りないでしょう・・・


そこで地図を見ると 三輪山と龍王山の間に道があり


そこから三輪山の裏側に近づけそうだった 


仕方ない そこでサクラちゃんに我慢してもらうかぁ~

(・・;)

車の大行列から抜け出て 引き返す事に 


そして鳥居の付近で 信号待ちをしている間 こんな声が聴こえた


「 あそこの神社は 山がご神体なんだ 」

φ(・・;)・・・・・・






国道50号線  そこが車では 一番三輪山に近づけた 


眺めの良い場所で 車を降りて 三輪山をパシャリ


真横の龍王山と見比べて見る 


龍王山は 明るく揚々とした風情 


でも見比べて見ると  一見 三輪山の気が濃厚に見える 


薄青紫の気の層が広がっていて 見ていると 


なんか すうっと 引き込まれそうな感じになるけれど・・・


あれ?でも この気の色 どこかで見たような気がするぞ・・・・・

(・・;)・・・・・・・


どこだっけ? えーと えーと<(_ _)9?どこだっけ?


ハッ(・・;)! えっ縁ちゃんの赤ん坊の頃の気の色だ




赤ちゃんの頃の縁ちゃんは いつも気を惹く感じでした 


可愛く 見ていて切なくて ずっと抱きしめていたい感じヾ(@°▽°@)ノ 


ちっちゃい時から 目覚まし時計の様に 朝一でMAHAOの顔をペロンペロンと 色っぽく舐めます


寝ぼけ眼の状態で 縁ちゃんを見ると 縁ちゃんが舐めるたびに MAHAOの気が 


ケーキの生クリームの様に 縁ちゃんにくっついてく様が見えました

(・・;)

ひととおり そうして舐め終わると 今度は空ちゃんの所に行き 


空ちゃんのお腹の部分を ペロンペロンと舐めていきます


そんな縁ちゃんと空ちゃんはいつも仲良し 



大きくなった今も こうして ぴったし 空ちゃんに寄り添っています


ちなみに空ちゃんは もっふりでっぷりしていて 誰が見ても気が満タンに見えるよう


お散歩に空ちゃんを連れていくと やたら痩せ細った通行人の方々が


空ちゃんに触れようと手を伸ばしてきます


でも縁ちゃんは 独特のセクシーな色気があるのですが 


お散歩に連れてくと そうした通行人の人を寄せ付けないのか 余り触れようとしません 


でもその気は儚げで 表面に薄紫の衣を纏っている感じがします 


空ちゃんやMAHAOと寄り添った後の縁ちゃんの気は 


孔雀の羽根の様に優雅にひらひらと 広がり 衣をたなびかせるようです


眼前の三輪山は そんな縁ちゃんと同じ気をしていた

(・・;)・・・・・・・・・・



その時 コハルちゃんの声が 聴こえた   


「 

薄青紫の気の色 綺麗


でも三輪山の気じゃない  


三輪山から発っしていない


あの山・・・気を貰ってる・・・


隣の山の気 引き込んでる・・・・・・ 」


気を引き込んでる?

(・・;)

でっでも山だよ


山ってみんな 気が満々なはずじゃ・・・・


気を集める人が存在するように 


気を集める山もある 


気を集める石が存在するように 気をあげる石もある


石も 木も 池も 気をあげる存在があるから  それを集める存在がある 


あげる存在と 集める存在は 隣合っている 


お互いが引き合うように存在してるから


あの山に 気をあげているのは 龍王山・・・ 」


(・・;)・・・・・・・・



山の道に入ると 龍王山側の斜面には 

橙に色づいた 見事な果樹園が広がっていて

\(^o^)/



猫二匹が店番している 無人野菜販売所があった・・・

(・・;)

みかんを手に取ってみる 

一袋100円・・・ 


やっ安い 10個以上 ぎっしり詰まっている

o(〃^▽^〃)o

袋をばりゅばりゅ開けて 食べて見たら汁が

口いっぱいに零れてきた

ウッウメー (≧▽≦)ノシ))


調子に乗って柚子の袋と合わせて 6袋買ってしまった


先の神社に向かうとおぼしき観光客が 列を連ねて 黙々と横の道に入っていく 


さらに車を進めた 


三輪山の 裏側 


この辺には観光客はもう居ない


窓を開けて見ると 風が 気が コハルの言ったように龍王山の方からたなびいて来る


上流から下流に水が流れるが如く


気の流れを 確かに感じる


龍王山からは 暖かい気が流れていて 三輪山からは 淋しげで冷んやりした気が響いてくる


MAHAOは確信した (・・;) 間違いない! 


コハルちゃんが言ったように 気が龍王山から流れてきている


その時 サクラちゃんはこう呟いた


「 

三輪山 


エネルギー必要ね 


可哀想ね 


だからサク行きたかった


あの山 エネルギー集めたがっている


サクラ 気ぃ満々ね 


エネルギーを欲しているから 


あげようとしただけね 」


φ(・・;)・・・・・・・


「でもしきたり うるさいね・・・ 


何も無いものほど 自分を 敬わせ


しきたりいっぱい作る


いっぱいいっぱいの人程 


自分を 凄いと想わせようとする 


そうして目下の人雁字搦めにするね


あの山 同じ 


優雅な衣纏って 偉そうに見せてるだけ 


とても可哀想ね・・・・・・」


(・・;)・・・・・・・・・




コハルは言った


神様は気さく



本当にすごい存在は 


みんなを自由にさせ みんなを好きなようにさせる


それが神の証


アマちゃん(太陽)は 分け隔てなく 


みんなにエネルギーをくれている


みんなの願いを叶える 


それが神様 」





プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク