馬鹿にすると負け

それはMAHAOが中学の頃 でした

\(-o-)/


別なクラスに あるいじめっ子の女の子が居て


Yちゃんと言いました 


そのクラスのボス的リーダー格的存在で


難癖をつけて様々な人達を虐めていました


あるおとなしい男子は 不細工と言う理由だけで パシリにされ


ある女性は マイペースが気にいらない 迷惑だ と言われ 難癖付けていつも吊るしあげられていました 


また別な明るい女の子は 特段理由もないと想うのに 八分状態にされていました


でもYちゃんには不思議な事も在りました 


自分が普段ある子をイジメていても 


別ないじめっ子(例えば男子)が Yちゃんが虐めてるいじめられっ子に手を出すと


これ見よがしに庇うのです


そしてそのいじめっ子がYちゃんより弱そうなイジメっ子なら


容赦なく 


そのいじめっ子(男)を上履きでボコボコにしてしまっていました

(・・;))))))))


口だけでなく かなり腕っぷしも強い 


MAHAOはそのYちゃんを見る度に 

いつもおっかないなぁ~という想いを抱いていました

(・・;)


そんなYちゃんが ある日 

手下っぽい同じクラスの女の子に たまたま こういう事を言っていたのを目撃しました


「 おまえ イジメはしても良いけど 馬鹿にするなよ 


どんな奴でも 心の中で馬鹿にした瞬間負けるから 」


(・・;)?あれ?Yちゃんって

普段イジメられっ子を馬鹿にしてた気がするけど・・・・・?


その時 MAHAOはその話題に興味があり 


Yちゃんに聴いてみる事にしました


あの~Yちゃーーーーん\(((・・;)))


「 ん?MAHAOどうした? 」


(・・;)  Yちゃんっていつもイジメられっ子を 馬鹿にしてるよね? 

Yちゃんって 馬鹿にしながら いつもイジメられっ子に負けてるの?


と言った途端

見開かせ 血走らせました


(・・;))))マッマズイ モシカシテオコラセチャッタ?


「 違う! イジメと馬鹿にするは違うんだ! 


多分MAHAOの頭じゃ一生理解できねえだろうけど 


俺(Y子ちゃんは俺と言う言葉をよく使っておりました<(_ _)>)は


馬鹿にしてる振りをしながら虐めてるだけ


心の奥で 本当に馬鹿にしたら 負けるに決まってんだろが! 


あっちいけ 」


~~~~~((((((・・;))))))・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<(_ _)>


とこんな感じでしたが


その時

私はY子ちゃんの言ってる意味が やはり全然分からなかったので (・・;)?


その時既に 必殺MY知恵袋と化していた


小学生時代のMちゃんに いじめっ子Yちゃんから聴いた話をして 感想を聞いてみました


「あのね MAHAOちゃん それはね 隙を見せた瞬間負けるって事だと想うよ 」


φ(・・;)?スキヲミセタシュンカンマケル?


「 イジメルって行為は  馬鹿にしてるようで 


実は潜在意識は 馬鹿にしてないの


表層意識で馬鹿にしてても


表層意識と潜在意識は違うから 」


φ(・・;)ヒョウソウイシキ?センザイイシキ?


「私 心の奥の声が聴こえるんだ 


イジメっ子は 心の奥で イジメられっ子に恐怖を感じてる


彼らに自分が のみ込まれてしまうんじゃないかって 


心の悲鳴が聞こえてくるの 


だから意識で腹が立って 虐めて いじめられっ子を弱らせようとするの 


人間は 心の奥底から馬鹿にしている人間に 罵声浴びせたり イジメタリしない 


そういうタイプは自分の優越感を満足させてくれるから 


不必要な攻撃は余りしないの 」


φ(・・;)???


「 

イジメは本当は 潜在意識が警戒心を持っているからいじめるの


Yちゃんは本能的にそれがわかってるんだと想うよ


それに


相手を馬鹿にした瞬間  心に隙ができる って事も


隙ができると言う事は  心がガードを解いた状態なの


潜在意識も警戒心を解いた状態


潜在意識が警戒心を解くと


何気ない一言でも 致命的な一撃を食らわされるの  」


???(・・;)・・・????


わかりにくかった?  ごめんね


じゃあ こういう例え話を作ってみる


二人の男が決闘をする事になりました 


決闘の道具は剣です


一人は剣の達人で もう一人は剣を碌に扱えない素人でした 


剣の達人は相手を舐め切っていた 


あんな奴は一撃の元に切り伏せれるって 


でその噂を聴きつけた素人は 金を渡して酒場の女にその達人を決闘前日誘惑してもらった


貴方はもう勝ったも同然と吹き込んで 大酒を飲ませた 


試合当日まで酩酊する位に 


そうして試合に臨ませたとする  剣の達人は 防御の姿勢をまともにとれない位 泥酔状態だった 


素人は それに対し前日 相手の急所を一撃で突く訓練を行っていた


そして決闘当日 どうなったと想う? 」


φ(・・;)たっ達人さんもしかして・・・負けちゃった?・・・・・・


「 恐らくそんな酩酊状態だったら 


女性子供相手でも 負けちゃうと想う 


伝説で 百戦錬磨の勇者が女性に寝首をかかれた例はいっぱいある 


隙を見せたら 終わりって事なの


歴史でも 戦史を調べると 


そういう例は枚挙にいとまなく


桶狭間の戦いや ミッドウェイ・・・・・・ 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・


その時は


Mちゃんが解説してくれた話 イマイチ 3割ぐらいしか意味が掴めませんでしたが

<(_ _)>


今になって 8割程は その意味が掴めるようになりました


まあ月日は人間の理解力を自然自然とあげてくれるものなのかなぁっと

(///▽///)9))テヘヘヘ



ちなみに五輪決勝戦で 優勝確実と目されながら 敗退した柔道選手はこう言っていました 


「 勝ったと想った瞬間 負けた 」


Mちゃんは  今もこう言っています


「 ガードが強い相手に立ち向かっても勝ち目はない


でも相手が馬鹿にしてくれるなら しめたもの 


馬鹿にしてくれた瞬間 相手は催眠にも 誘導にも 呪法にも 全て無防備な状態になるから 


だから相手を 完膚なきまでに叩きのめす時は まず徹底的に私の事を馬鹿にさせるの


相手が完全に無防備な状態になる位に 」


<(_ _)>


Mちゃんは特技として 相手の能力を吸う能力もあるのですが 


Mちゃんが能力を吸える時は  その相手がMちゃんをイジメ続け 


舐めきって 自分の事を完全に馬鹿にするようになった時なのだとか

(・・;)


男性がレスキューシンドロームを掻き立てる女性に 


運を食い尽されるのも 同じ仕組みだと言っておりました 


何でも 優越感を相手に抱かせて


女性を自分より劣った存在と想うと 


男性をいつでも引き落とせる状態に持っていけるのだとか


(・・;)・・・・・・・


ちなみに政治家や有名人にも 自分を馬鹿にさせながら 運を吸う人は多い様です


最近ではポッポちゃん  有名人好きの某経営者さんもその類だと言っていました


ちなみにその経営者さん・・・ 


仲良くしていた某力士さんが最近暴行事件で・・・・・・・・


(・・;)・・・・・・・・・アレモウンヲスワレタノカシラ?


「 

舐めてはならない 


馬鹿にしてもならない 


スターリンはそれを知っていた 


負けない為に 徹底的に猜疑心に苛まされた 


でも彼は あの政治闘争を生き伸びる事はできた


あれだけ人を殺せたのは  人間を恐れてたから


その生き方が良いかどうかはわからないが


舐めた方が負けるのは確か  」



MAHAOは


最近 ある知人トレーダーさんの事を想いだしました


そのトレーダーさん 絶好調の後に あり得ないような損失トレードをして


一気に 赤字転落になり 


人に馬鹿にされまくっているのですが


不思議な事に


彼が人々から馬鹿にされ 嘲笑されればされる程 


不思議と彼に想いが集まってきている感じがするのです

(・・;)


MAHAOは最初見た時から 彼の事を凄く財運があるなあと感じていたのですが


ひょっとすると 叩かせながらも

 

逆に


時間をかけて 相手の財運を飲み込んでいく性質なのかもしれない・・・


そう感じてしまった今日この頃でちた

φ(・・;)







プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク