FC2ブログ

洗脳第三章 情動喚起と心の風景

「 スイカは 塩をかけると より甘く感じる 」


ある作家さんが インタビューで このような話をしてました 

<(_ _)>


「 批判や苦情の手紙をもらうと 嬉しくなる 

それだけ読んでくれている証だ 

内容について 批判的な手紙が 多く来るほど 

こいつは売れるって 確信するエネルギーが湧いてくる 」 


さて 前々回の洗脳記事「美の洗脳」で こういうコメントを頂きました


「怒らせることと恨みをかうことは似ているが全く違う。ほどほどにしておくべきだね。」

私は このコメントを聴いた時 凄くエネルギーの事が 良く分かってるなあああああああああ

(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパタパタパタパタパタパと感激しちゃいました 


ん?(・・;)?


何故良く分かってるのかって・・・?


それはですねー♪ (・ω・)/・・・・・


というわけで 今回はどういう事かという意味も含め 

洗脳とエネルギーの関係のお話をしようと想っています 

<(_ _)>


さてMちゃんはこう言っていました


「 大半の洗脳は 視点をどんどん狭くしていく 


何故狭くしていくかといえば 広く物事を見させてしまうと 


社会の矛盾 教義の矛盾点に気がついてしまうから


なるべく一カ所に視点を集中させ 


そこから意識を逸らさないように 様々な制限を加えていく


そうすると例え横で 


自分の物が盗られてようが 


自分の家に火をつけられようが


気がつかれる事は無い 」



私達は 小さな頃から先生や 大人達から 

このような教育を受けている事が多いと想われます


「 まず人から 好かれるように行動しましょう!

みんなに好かれるように 行動する そうした方が良い事!


みんなに 好かれれば それがひいては自分の得に繋がります! 」


<(_ _)>  


このような言葉 誰しも 聞き覚えがあるかと想います 


MAHAOも 小さい頃から 学校で 人から好かれるような教育を 受けていました

「 人に迷惑をかけない 」「 人にやさしく 」

「 協調性を大切に」「 空気を読もう 」


でも実は こうした事が洗脳なのです\(^o^)/☆


エネルギーの摂取に 制限を加えてしまう 


生きづらくする為の マインドコントロール法


(・ω・)/なので・・・・・・・・


(・・;)・・・・・あれ・・・・?

ハンノウガ・・・・・・




ばっかもーーーーん!!!

人から好かれるようにするのは 良い事に決まってるだろうがああー !!!

一体 どこが洗脳なんだーーーーーー!!!!

))))))))(>_<)((((((((



とお怒りに成られる方もいらっしゃるでしょうが

でっでも 実は あれこそ洗脳なんです~(ToT)/~~~ 


好かれると言う事に 人間の意識を集中させている


視点を変えさせられてるだけなのです


みんなから好かれる という行為は  一見 得になる教えのように見えますが 


実は 大きな落とし穴があるのです 


それは 奴隷にされやすい・・・


「 みんなから好かれる  」


ここに意識を一点集中させられると 

具体的に私達はどういう行動を取るようになるでしょうか?

(・・;)


まず人から嫌われないように  なるべく人の言う事を聞こうとします 


そして影響力のある人(教師や上司等)の意見に逆らわないようにするでしょう 

(>_<)\(-_-メ)ペシペシ 


さらには 人から嫌われないように 周囲の望む行動を自ら進んで行う為に 

周囲の考えを読もうとするでしょう

(((・・;=;・・)))キョロキョロキョロ


それを続けていると やがて他人の意のままに 自分が動くようになります


でも他人の意のままに動くと言う事は 自分の意を潰すと言う事でもあるのです


自分の人生を 人の意志に委ねてしまう行為


人から好かれるような行動を そうして進めていけば


貴方も見事な 奴隷さんにされてしまうのです 

m9(゜o゜)


なので 人に好かれようと行動する事は 必ずしも自分の得策となりません   

\(^o^) 

好かれる行為と 得という事を 無理矢理結びつけてるのは こじつけに近い洗脳方法なのです 


エネルギーの観点から 本当に得なのは  好かれる事ではなく 意識を多く向けさせる事


意識を向けさせる 実はこれこそ 最も一番大切なのです

(大切なことなので二度言いました<(_ _)>)



エネルギーを得る為にも 愛を得る為にも まず意識を向けさせる事からはじまります 


人から好感をもたれないと 愛なんて得られないという方も居るでしょうが


好かれると言う事と 愛されると言う事は 一見似てる様でもありますが 

実は異なものであります(・ω・)/ 


奴隷として 都合よくつかわれると 表面好まれるように見えますが 


実は奴隷としての 意識しか向けられていない 


人を惹きつけて愛を得る存在になる事と 同義ではない


なので皆さま 人から好かれるよりも 自分の得になる為の行動に  

主眼を置いた方が良いのです♪ \(^o^)/ 


というわけで今日の標語 

「 人から好かれるよりも まず意識されよう♪ 」

\(^o^)/♪


さてここでMちゃんのお話を

<(_ _)>


「エネルギーを手に入れる為に あえて好かれる必要はない


好かれようと 努力すればするほど エネルギーが受け取りづらくなる


何故なら 好きと言う形のエネルギー以外 受け取れなくなるから  


嫌いと好きは同じものからできている


愛と憎しみも同じものからできている


どちらも根本を突きつめると エネルギー


意識のエネルギーからできあがっている


嫌いであっても 好きであっても  意識のエネルギーが注がれてると言う事において変わりは無い 


という事は エネルギーを手に入れる為には 相手の意識を向けさせればよい  


自分に 何らかの関心を抱かせさえすればよい  


それはどんな形式の感情であっても構わない


反感 嫌悪 怒り 不安 興味


どんな感情であっても相手が こちらに意識を向けた瞬間  相手とこちらの エネルギーコードは繋がれる


自分に 強い感情を持てば持つほど 自分に注がれるエネルギーは大きくなっていく 」


(・・;)・・・・


「好きなエネルギー 嫌いなエネルギー


エネルギーの世界で言えば 大した差ではない 


振り子がどっちに触れるかの違い


支配層は そのエネルギーの性質をわかっている


意識を多く向けてくれればくれる程 

より多くのエネルギーが手に入る事を知っている 


自分の器が エネルギーを受け止められる限り 

そのエネルギーを 成功や富 名声に転換できることをわかっている 


だからあえてバッシングを受ける様な行動をとる者も居る


バッシングされれば それだけ意識が集まるから 


でも支配層の多くは  大衆には 

「 人から好かれるようにならなければならない 」と洗脳する


肝心なのは 意識を向けてもらう事なのに  わざと焦点を ずらす


それは 人から好かれる事だけに 意識を集中させてしまえば 


嫌われる事 恥ずかしがられる事 反感を持たれる事に 


人々の意識が 拒否反応を示すようになるから


こうする事で 大衆は エネルギーを受け取りにくくなる


社会構造も変えにくくなる


子供の頃から「 人から好かれるように 」と洗脳するのは その為  


でも洗脳してる連中は 嫌われようが 反感 羨み 妬みを買おうが 

自分の器の許す限り 自分の力にしてしまっている 」


φ(・・;)・・・・・・・


「相手の精神をコントロールするのも 好かれる必要はない 


エネルギーのコードを繋げる事が 最重要 


まず意識を向けさせる


怒り 反感 同情 歓び  どんな感情であっても 自分に強い意識を向けさせればしめたもの


相手が意識を向けた瞬間 それでエネルギーのコードは繋がれている事になる


敏感な人間は 自分に意識を向けられるのがよくわかる


エネルギーが注ぎ込まれるのを感じるから 


後は 相手の情動を揺り動かしてしまえばよい 


相手の感情を喚起すれば  


相手の中の 自分のイメージを自由自在に書き替える事ができる 


そして相手の精神の中の 自分の領域をどんどん大きくしていくの


例えば 最初嫌われた後で 相手に好感をもたれるように行動すれば 


最初からなにも想われてないよりも はるかに多くの好感が得られるようになる 


相手がどんどん好感を抱いてきたら 打って変って冷淡な対応を見せる 


相手は 困惑する でもその冷淡な対応の裏には 相手の情を掻き立てる様な理由を見せれば


相手は 以前以上に こちらに愛情を湧かせ  どんどん自分の事に想いを張り巡らしてくれる


相手の心の中の 自分のイメージを変えていく 


どんどん領域を増やしていく


これを「 心の風景を変える 」という言い方もする


「 心の風景を変える 」為には 情動を喚起する事が 効果的


何故なら 感情は 意識より深い 本能の奥から湧き出ずるものだから 


理性よりも はるかに強く 潜在意識に働きかけられるから  


感情を強く揺り動かせれば  理性で制御しようとも 制御しきれなくなる 


人間の精神構造がそういう風にできているから 


誰だって情動を強く揺り動かせれば 虜にする事ができる 」


φ(・・;)・・・・・・


「 嫌いも突きつめさせると 好きになる事もある


信頼関係が 不信に転じるように


意識さえ向けさせれば 何がきっかけでそう変わるかはわからない


それ位 移ろいやすいものなの


子供は好きな子を虐めたりする 


あれは本能的にやっている行為


上手い洗脳家は 心が移ろいやすい事をよく知っている 


だから飴と鞭の使い分けをよく行っている


飴と鞭 一見すると 反する様な性質のもの 


感情に置き替えると 喜びと 恐怖かしら?


相反する感情 でもこれを使いこなす事が重要 


相手の感情を この相反する様な感情のように 


交互に揺り動かす


ちょっとした怒りを湧かせた後に 同情を抱かせ 


悲しませた後に 大きな喜びを与え 


罪悪感を植え付けた後に 少しの自由を味わわせる


振り子のように 相手の感情をどんどん 揺り動かす


相手の感情を揺り動かせば動かすほど 


相手の中心部分は 空白になっていくから


そこに自分の意図したいイメージや キーワードを入れ込んでいく 」


φ(・・;)・・・・・・


「 相手に複数の感情を体験させると


その感情の交錯が 相手にかつてない興奮 ときめきを生みだす事になる


恋心は 単調な喜びを与え続ける事で 維持できない 


何故なら人は 喜びの連続に麻痺してしまうから


どんなに美味しい料理でも 毎日食べてしまえば 


当然のことと想い 飽きてしまう 


適度に飢餓感を与え 適度にまずい料理を食べて 


その料理の美味しさに喜びを抱き続ける 


人は 大嫌いな想いを 大好きにもできる 


大好きな想いを 大嫌いにもできる 


共感覚を持っていれば 相手の心が色のような状態で見える


情動を動かし 心の風景を塗り替えていくと 


相手の色が こちらの仕掛け如何で 面白い様に色が変わっていく様が手に取るようにわかる 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・


如何でしょうか?

」<(_ _)> 皆さま 


相手の情動を動かすMちゃんの言わんとしてる意味


なんとなく わかったような わからないような・・・感じかと想います

<(_ _)9))ボリボリボリボリボリ


まあ以下の様な事例をあげて 説明してみます


よく「 悪い人に魅力を感じる 」という言葉があります

(・ω・)/


これは 実は 人間の情動喚起の 性質が故に起こる現象を指すそうです


理性的に考えてみると 悪い人に 魅力を感じる人はまずいないかと想われます

<(_ _)>


でも悪い部分しか見えてなかった 悪印象しかもっていなかった人が 


ちょっとだけ 良い部分を見せたとすれば どう感じるでしょうか?



例えば 貴方が 女子中学生だったとします


そしてクラスに 乱暴者として知られてるとっても怖いDQNないじめっ子が居たとします 

((((((>ω<)/))))))


彼は いつもクラスで とくにおとなしい性格の男の子を ターゲットにしていじめていました


貴方は そんなDQNないじめっ子に いつも反感を抱いています


あんないじめっ子 クラスから居なくなっちゃえば良いのに 


そう感じるまでに 彼に悪印象を持っていました


ある雨の日の事です 


貴方の家の近所に 小さな箱が置いてありました 


箱から 何やら泣声らしきものが聞こえます


(・・;) なんだろう? 


そっと開けてみると  足を怪我した 一匹の 子犬 


痛そうに箱の中で泣いています

(ToT)。 


その子犬は 足を怪我したせいでしょうか 捨てられていたのです 


なんとか手当てしてあげたい  そう貴方は想ったのですが 


お父さんが大の犬嫌い 


おそらく連れて帰ると 凄くどやされます 

(ToT)/ 


どうしようか 逡巡していると 誰かがやって来る足音の気配がします


マズイ!御父さんかもしれない!


貴方は咄嗟に物陰に隠れました 

(・・;)


すると現れたのは 御父さんではなく  あのクラスで嫌われ者のDQNないじめっ子・・・


どうしよう あんな乱暴ないじめっ子に箱の子犬が見つかると 


犬も虐待されちゃうかもしれない

(>_<) 


貴方は 物陰で不安そうに見ています どうか気づかないで

(><;)


でも彼は 箱の中の声に気がつくと  その箱を開けました 


そして彼は 両手で 箱の中の子犬を抱えると こう語ったのです


「 なんだ お前 怪我してるじゃないか 誰かにいじめられたのか?  」


そのまま彼は その子犬を抱えていってしまいました


貴方は心配になり 彼と子犬の後をそっと付けていきます


なんと そのいじめっ子が向かった先は動物病院

(・・;)!


貴方は そのいじめっ子の行動と 普段の姿の落差に 物凄い驚きを感じるでしょう


そうして後日 その子犬を照れくさそうに連れながら 散歩してる姿を見たら 


胸がキュンとするかもしれません 


感情が 嫌いから 好きに振れる 


嫌いだったDQNが 想わぬ優しい姿を見せる時 


そこに驚きという要素が加わる事により


貴方の中に 強烈に そのDQNが優しいという姿が 焼き付けられるのです 


でももし その子犬を助けたのが おとなしい性格のいじめられっ子だったと仮定してみましょう

<(_ _)> 


おそらく 彼の事を 優しいなあ と想っても キュンと胸がときめくまでの 


情動を抱かないかもしれません 


でも理性的に考えてみると 


普段DQNでいじめっ子で 時々優しさを見せる男の子よりも 


いじめをしない おとなしいいじめられっ子の方が はるかに優しくて 良い人の筈です 

\(-o-)/ 


でもそうした理性を覆すのが 情動の振り子の動き 


このように 振り子の動きを触れさせる事により 


理性では考えようもしない選択を人間はしてしまうのです 


実感が掴めない男性の方の場合 こういうシチュエーションは如何でしょうか?

<(_ _)>


自分の会社に キャバ嬢ルックで  爪もキラキラ ケバケバシイ化粧をしてる受付嬢の人が居たとします 


しかも使う言葉はギャル語満載 


とても常識人とは想えない


どうしてこんなコギャル剥き出しの子が うちの会社に入ってきたのだろう?


貴方は日々 そのあけすけな態度に面食らっています

(・・;)


そして貴方はその姿を見て こうも感じる筈です


きっと遊び人なんだろうなあ  絶対 家庭的じゃないんだろうなあ っと


で桜の咲き乱れる季節のある日  会社でお花見会が企画されました 


食べ物 飲み物は皆持ち寄り 


まあ男性社員は もっぱらお酒の調達担当で


女性社員は 料理を弁当箱に詰めたり スーパーの総菜などを揃えてくれました


宴たけなわのその時 

そういえば 貴方は 社員が一人足りないのを気がつきました (・・;)!


そうあのコギャル受付嬢です 


こんな席には真っ先に来そうなキャラなんだけどなぁ


そう想っていた矢先例のコギャル受付嬢が 

遠くの方から 重そうな紙袋を抱えてやってきました


何をあんなに重そうに持っているんだろう?


彼女のキャラからして 一升瓶でも抱えてきたのかな? 

(・・;)?


そう想った貴方ですが 

「 遅れてゴメーン 」

とばつが悪そうに 


コギャル受付嬢が袋から出したのは なんと 7段重ねのお重 


「 口に合わないかもしれないけど 良かったら つまんでみてちょ・・・ 」


照れながら恥ずかしそうに言うギャル子・・・


なんとお重の中身は 見事な御惣菜の数々


しかもその惣菜 ギャル子が全て作ったと言うじゃありませんか?


そして貴方は 恐る恐るそのお総菜に口をつけてみました 


そうすると びっくりぃ! (・・;)!

不器用ながらも 美味しい 


それどころか自分が大好きだった田舎のおばあちゃんが作ってくれた味にそっくり 

(・・;)!


あの田舎臭いけれど 旨みと温かさに満ちた 郷愁を感じさせてくれる味


今は亡きおばあちゃんの暖かな姿が脳裏に鮮烈に写ってきます


その時 貴方は そのギャル子の想わぬ一面に驚きを感じるとともに 


家庭的を超えた 懐かしき家族に出会えたような ときめきすら 感じてしまうかもしれません  


食べ物の魔力は強力なのです ましてやおばあちゃんの味に近いのならば

(・ω・)/


こうして 貴方の中でギャル子の風景が変わり 


さらに以前よりも貴方の中で領域が大きくなるのです


情動を喚起すると言うのは このような事 

一見 難しいようにも見えますが

<(_ _)>

Mちゃん曰く 難しく考えずとも  人は潜在意識に目的をプログラミングすると 


自然と周囲の情動を喚起するように 無意識的に動いたりするそうです


「 情動操作は 感情を揺さぶり 相手の風景を書き替えていく作業  


世で性的魅力に溢れてるとされる異性は


何気にこの情動操作が得意


臨機応変に相手の感情を見て 情動喚起をしている


安らぎと ワクワク感のある楽しさを交互に与えたり


ムカつく と想った時に やさしさを見せたり 


強いなあと感じた時に 弱い部分をさりげなく見せたり


想い切り持ち上げ続け気分が良い状態にした後 叩き落としたり

 


まあ感情を引っかき回すのには 長けている 


人は ずっと落ち着いた感情を与え続けられるより


情動を刺激された方に 歓びを感じるから


変わらない安心より 不安と言うスパイスの効いた楽しい感情の方に 潜在意識を動かされやすいから  


ワクワク混じりの快楽という飴を与え  自分の都合の良い様に 調教していく


そうしたのを個人間で 職業的にしてるのが ホステス ホスト


アニメキャラは概して 情動を揺さぶるように 上手く設定されている


綾波レイという 包帯を巻いたヒロインが居る


彼女は 包帯を巻いた弱弱しそうな外見で 


命を顧みない強さを持つから 胸を打つ


でももしあれで外見が強そうだったら 


同じ性格でも 男の目から見ると ただのゴリラに見えてしまう


洗脳者が 人心をコントロールするのに長けているのは 


理論の構築よりも 感情を動かす事に主点を置いているから


タレント 著名人 政治家等は 大衆情動の上手い人間が多い


宗教団体や 洗脳プロパガンダを専門とする会社は  


もっぱら不安感という感情と その不安感から解放されるようなイメージを交互に交えて


人々を誘導していく 」



ちなみに蛇足かもしれませんが MAHAOはつい最近 こういう話を聞きました

<(_ _)> 小泉氏が首相で居た時代


マスコミがやたらめたらっと 銀行が危ない 


不良債権を抱えている


あれを処理しないと 日本経済はおかしくなるといった事を論調で書いていました


でつい最近知った話ですが 


実はあの不良債権 2003年になる以前の時点で 


銀行の不良債権処理は 殆ど完了していたのだとか 

(・・;)


実は バブル経済崩落後から 銀行は 不良債権処理は少しづつ進めていて


あの不良債権処理が大問題になった時点では 


もう8割位 不良債権はなされていたとの事・・・


ではここで疑問が生まれます 


何故 メディアは 不良債権処理が進まないと 銀行が危機だ と不安を煽ったのでしょうか?


結果として起きた現象は  銀行が危ないと言う事で 銀行株は売られ 


釣られるように日本企業の株が 夥しく暴落した事


そして銀行公的資金注入に前向きで無い閣僚は更迭され 


代わりに前向きな閣僚の竹中さんが任命されて 


銀行に公的資金注入され りそなが国有化された事でした


そして国有化されたのをきっかけとして 外資が買いに転じ 


株価は回復していった 


外資はその後 日本の株価が戻った時 数倍近くで売り抜け 大きな利益を得る事ができました 


りそな銀行は 実は国有化する必要なかったと言う識者も居ます 


無理矢理査定を厳しくし こじつけのように国有化したのだと 


国有化しなくても 良かった状態だと


なのにメディアが経済不安を煽り 政治がそれに呼応するかのように動かされた 


誰かが損をすれば 誰かが得をするのが市場の仕組 


銀行危機を煽り それまでの株の保有者が大損をし 


代わりに外資が安い株で日本株を手に入れる事ができ 利益を手にした

(・・;)


ちなみにMAHAOの知人でセレブなおばさまは 


あの不良債権騒ぎの時 株を買ったそうです


そのおばさまはメディアの言う事を余り信じてなかったそうです・・・


やはりメディア扇動には載せられない方が賢明なようです <(_ _)>



「ギャンブルは最高の麻薬という言葉がある


お金をより多くを手に入るかもしれない期待感と 


失うかもしれない不安感 


交互に交錯されるから 人はギャンブルにはまる 


もしかすると人が情動に動かされるのは 


人間が農耕をする以前の 生物として染み付いた習性に未だ動かされているからかもしれない 


農耕をする前は  何かを捕食する事で 生を繋いでいた 


狩り もしくは木の実など 自然任せの食料の調達 


食べ物がが手に入る事もあれば 何も口にできない日もあった


不安定な飢餓感 捕食していた時代の心理が 


情動を喚起される行為で 目覚めるのかもしれない 」





さてここからは話を 最初のコメント

「怒らせることと恨みをかうことは似ているが全く違う。ほどほどにしておくべきだね。」

の解説へと進めたいと想います<(_ _)>


怒らせる事も 恨みをかう事 一見どちらも似てるような感情で在ります


攻撃の感情 

トゥリャァ!!o(・ロ・)○()o×)/バキッ!!


でも両者の 感情には 実は大きな違いがあるのです


それは エネルギーの量\(-o-)/―☆


怒りはエネルギーとして一時的な勢いで収まる事もありますが 


憎悪は 怒りのエネルギーよりもはるかに強いエネルギーが断続的に襲ってきます 


相手が破滅するまで エネルギーを注ぎ込む 


それが憎悪 


Mちゃんは こう語っています

<(_ _)>


「どんな感情であっても  意識を向けられた瞬間  エネルギーのコードが繋がれる 


コードが強く繋がれると  相手のエネルギーも吸収できてしまうどころか 


相手の意識も書き換える事ができる


バッシングなどの 攻撃も肥やし 


向こうから 強烈に縁とエネルギーを注ぎ込んでくれる行為


自分にそれを受けとめきれる器があれば 


両方のエネルギーが手に入り


如何様にもそのエネルギーを転換できる 


ただしひとつ注意するなら 


エネルギーを受け止めれきれる量には 器の限界がある 



ある有名アイドルが テレビでこう言っていた


「 ネットの掲示板で 非難されるのが苦手なんです 


最初はファンの方達だけの集まりなのに 


バッシングをする人が 一人来て それが10倍に増えていって


時間が経って 中傷の書き込みがさらに10倍になると  落ち込んじゃうんです 」


アイドルのこの言葉を聞いた瞬間


私は 彼女が30代までもたないと 感じた 


最初はファンの同情を買う演技かと想って見てたけど 


本心から発してるような表情をしていたから  そう感じた 


攻撃も 好意もエネルギーには 変わりない 


受け止めれば 確実に自分のエネルギーになる


そればかりか 誹謗中傷を受ければ 周囲から同情というエネルギーも入る


両方が手に入るのに


でもこのアイドルは 最初の誹謗中傷ですら 辟易していた 


好意以外のエネルギーを受け止めれる事ができなかった 


器の許容量が低かった

 


φ(・・;)・・・・・・・・


エネルギーの吸収術に長けてる連中が 


気や運を吸っている内に 滅ぶ様も見かける


あれは自分の受容量をわかってないから起こる現象


どんなに美味しい牛肉だからと言って 牛一頭分食えるわけではない 


エネルギーの流入には 限界量を知らせてくれる胃痛などのわかりやすい感覚が無い


無制限に取り入れてしまう者が居る


受け止める量を見誤ると 自分の命取り


極端な話 家庭的に静かに生きたいという目的しか持ってない人に 


ファン10万人分の応援のエネルギーが入り込んでしまえば どうなると想う?


静かに暮らすどころか そのエネルギーに押し潰されてしまう 




恨みの念は半端なく エネルギーが強い


怒りのように一過性のものではなく 断続的に怒りを超えるエネルギーを流し込み続ける


特に多人数の恨みを買った場合 そんじょそこらの人間に受け切れるものではない 


その恨みを受け切れるには 相当な器のキャパシティ 


もしくは 狂信的なまでの信念が必要 



恨みを買いやすい 搾取家の大半は器が小さい 


はなから器が大きければ 気や運を 搾取なんてする事は無いしね


だから恨みに対して 恐怖心がある


恨みのエネルギーは強すぎて 彼らの受容力では 破裂してしまうから 


だからそういった連中の多くは 無意識的に 


恨みのエネルギーを引きうけてくれるような人間を周囲にはべらす 


それが恨みの楯だったり 身代わりと呼ばれるもの 」


(・・;)・・・・・・・・・・・・


「でも恨みの楯は 自分が楯として利用されただけに気づくと


より相乗効果の強い恨みのエネルギーを降らせてくる場合もある 


そうした場合も 搾取家はさらに新しい恨みの楯を用意して 


それに引き負わせようとする


でも堂々巡り 先延ばしする分 エネルギーは膨らむだけ 


結果として 最大限 楯にも引き負えきれない位のエネルギーが降ってきて 


最悪の形で潰されてしまう


まあ搾取家の大半は 自己破滅願望を内に秘めている事が多いから 


恨まれ存在が消える事が 彼らの潜在意識の望みかもしれないけれど 」



恨み以外でも  エネルギーの注ぎ過ぎには 

気をつけなければならないようで

こういう事例があったそうです

<(_ _)>




ある個人営業の洋服の仕立屋さんが都内に住んでいます  


Aさんという初老の女性


ブティックを構えず 自分の居住してるマンションの一室でオーダーメイドで洋服を作っています 


結婚がめんどくさいという理由から 独身を貫き


好きな時に旅行をして 美味しい物を食べて気ままに過ごしていました


服の調整の時に 針がつけっぱなしにしている事があり 


ある顧客から

「 針がつけっぱなしで 肌を刺したらどうするの?」

とクレームをつけられた時も


その場では はい ごめんなさい

<(_ _)>

と謝るのですが


次の調整の時にも さらに次の時も いつも針をつけっぱなしだったとか・・・


まあ限りなくマイペースな女性だったのですが 


そのAさん 古びたマンションの一室で営業しているにも関わらず


セレブな婦人達を顧客に多く抱えていたとの事


その中でも最も熱心な顧客の一人が CMでお馴染みの某大手製薬会社の社長夫人 


一流ブランド店で数百万円のスーツだって 買えるのに 


もっぱらAさんを気にいり そこで洋服を発注していました


そして事あるごとにAさんを誘い 旅行にでかけたり 


年末年始は都内のスイートルームにAさんを誘い 二人で年越しをしていたのだとか 


Aさんとしては 大事なお客様なので むげにも断る事ができず

(・・;)

社長夫人のお気に入りの男優 タイロンパワーの話で花咲かせながら 


年を過ごしていたのだとか


で・・・その社長夫人との旅行から 帰ってくるとAさんは めっきり気疲れしてしまっていたのだそうです

_| ̄|○


さて年月が経ち その社長夫人年老いてきて 段々身体が動けなくなっていきました


車椅子と介助者無しに 移動できない体になったのです


それでも何故かAさんと映画や年越しホテル旅には行きたがりました 


その社長夫人Aさんと会った後は 一時的に具合が良くなるのですが


逆にAさんは社長夫人と数日過ごす度気疲れを超えて 


ぐったりする位エネルギーが抜けた状態になったのだとか

(・・;)


でもそうしてAさんと会っている ある日 


社長夫人は急死してしまったのだそうです


社長夫人はAさんから気を吸う為に会っていた御様子


Aさんと会うと社長夫人は一時的とは言え 常に元気を取り戻していました


なのになんで?

(・・;)


Mちゃん曰く こういう事だそうな


「 エネルギーの取り込み過ぎ


その社長夫人 病気な時に Aさんと会ってると気が入ってくるのを感じたから 


まめに接触をとったんだろうけど


薬漬けで体力が弱ってる老人が 過剰な気を摂取すればエネルギーの臨界点はすぐ超えてしまう 


ましてAさんは初老とは言え 天真爛漫に生きてる分 


下手な若者より気が多いんだし  受けきれるわけがない 


過度なエネルギーは 結局は身を滅ぼす


自分の目的に沿った エネルギー量 


自分が受け止めれる エネルギー量


目的を果たした事により 湧いてくる恨みなどのエネルギー量


それらを常に 計算しながら 私は行動する 


なるべく長く生きたいから 下手な恨みも買わない 


運を頂く時でも 後でばれた時 恨みを買わないように 対価は常に引き合うよう心がける  」



相手を滅ぼすには 


二つの方法が有効だとの事 


相手のエネルギーを維持できない位 遮断してしまうか 


エネルギーを 相手の器以上に 送ってしまうかの方法だそうです



如何でしょう? <(_ _)>


まあこんな感じの流れの話でした


意識を向けさせれば エネルギーは流れ込みますが


何卒 取り込み過ぎには お気をつけください

 

 




ちなみに Mちゃんはこうも 言っていました 


「 いじめっ子は 情動を揺さぶるのが上手い 


でもイジメられっ子は 何にもしてないのに いじめられると言う事は 


実は いじめっ子以上に 情動を揺さぶる力がある


気が見える人なら それはよくわかる


いじめっ子ほど気が少なく いじめられっ子の方が気が多い事を 


いじめっこは 本能的に恐怖を感じてる 


いじめられっ子に


飲み込まれる恐怖 危険性を感じて その前に叩き 気を奪おうとする 


それが世のイジメの原因となっている事が多い 


いじめられっ子は 自分の力を知り 手法を学べば  


いじめっ子なんか簡単に飲み込めてしまうの 


実は情動をコントロールするのに長けた真の資質は 


いじめられっ子の方が大きい


彼らは群れのリーダーとなりうるの


元々 いじめという行為は 羨ましいが故に コンプレックスを刺激されるが故に 起こる行為 


情動を喚起できない人間をいじめる事は無い 


情動を喚起されないなら いじめたいと言う感情も湧き起こらないから 


いじめられっ子は 居るだけで 周囲の情動を動かしている 


だからこそいじめっ子は 彼らが自分のライバルになる前に 叩きつぶそうとする


彼らに恐怖を植え付けて 彼らの運や 想いを獲ろうとする


支配層が 大衆に様々な洗脳を施すのも 


同様の恐怖を感じてるから


虐げし者程 存在が薄い 


存在が薄きが故に 絶えず何かに飲み込まれる恐怖を抱える 


それが故 奪い取る能力のみ長ける  」



<(_ _)>



プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク