猫と呪法と魔法の城 その3





高熱は その日の深夜も ずっと続きました 


ゴホゴホゴホ 呼吸を塞がれるよな息苦しさ・・・


胸から腰に突き刺さる 矢に射抜かれし如き痛み


(((((((†〇†)))))))う~~~ん うわ~~~~ん

呪われてるよおおおおおお 


怖いよおおおおおおおおお

死にたくないよおおおおおおおお


痛いよおおおおオオおおおおおおおお 


助けてえええええええええええええええええええええええ


そして翌日・・・・ 熱と痛みは引かなかった 


夕方まで 床に瀕していた 

O=(__;;;


う~~んう~~~ん唸りながらも・・・


なんとか呪いの対処法を 見つけるべく・・・


m(ToT)パチッ  パソコンをつけ  


呪術師のブログを読んだ


こう言う言葉が 目に踊った 


「 自業自得 」


その文字が 脳にこびりついた・・・・・・・・・


自業自得・・・・・? 


ハテ・・・・?(-“-)。・・・・・・



自業自得とは・・・・・・

もっもしかして わたくしぃに向けて・・・

発言してる・・・・・・・ ??


ああ~っm(~q~;)m 痛みが・・・・  

熱が・・・・・・ 吐き気がああああああああ


ちきしょおおおおおおおおお 


あの呪術師ぃめええええええ~~~~~


馬鹿にしやがってええええええええええええええええええええ


よくもよくもよくも~~~~~!!!!!!!


くそおオオおおおおお 負けるもんか 死ぬもんか~ ! 負けるもんか====!


呪い返してやる 呪い返してやるううううううううう


(o;Д;o)ノシ))===ジタバタパタパタパタパタパタパタパ



意識が遠くなりながら そう思い続けていた・・・・・・・・・


(×ω×、)ノシ))パタパタパタパタパタパタパ・・・・・

ヒ~ヒ~ 



そんな悪夢現の時だ


「 MAHAOちゃん・・・MAHAOちゃん・・・」 


頭に愛しい・・・・・声が響いてきた 



コハルちゃんの声がした・・・・・



「 MAHAOちゃん 許してあげて・・・  許してあげ・・・て・・・」


えっ? コハルちゃん? 

ゆっ・・・? 許すって…誰を・・・?

((((ToT))))?


「呪いかけた人・・・・・許してあげて 

MAHAOちゃん・・・」


(*T◇T*)えっ?呪術者を? 

やだよーーーーだってそんなの許したら 呪い殺されちゃうよ~  

やだやだ!

(-"-;;≡;-"-)


「 怒らないで MAHAOちゃん お願い許してあげて 

許してあげて 許してあげて 」


いっいやだよいやだよ コハルちゃん

。゚(゚´Д`゚)゚。 。

私呪い殺されたくないよ!



「 呪いは愛を求めてる証なの


憎悪も怒りも 愛を求めてる証拠なの


怒らないであげて 憎まないであげて 許してあげて・・・」


。゚(゚´Д`゚)゚。 。ええええええええええええええええええ 


なにをいってるんだかさっぱり わからないよおおおおおお 


コハルちゃああああああああん 


だって向こうが騙して 精気を吸ってきて 

呪符剥がしたら腹いせに 呪って来たんだよおおおおおお


今も痛いのよおオオおおおおおーーーーーーーー



「精気も愛から生じるの気も運も 思いも 愛から生じてる 


全ては 愛を種に発芽する


怒りは 愛が不足してる


憎悪も 愛が足りないの」



。+゚(゚⊃ω⊂゚)゚+。・・・・・・・・・・・・・・



「愛が足りない存在は 存在を認識して欲しいから 周辺を攻撃する


もっと 酷くなると 周囲を 破滅させるようになる 


でも本当は愛されたいだけ


愛を欲しているだけ


攻撃する者は 既に対価を払ってて


自分で自分の心を ナイフで抉っている 


とても可哀相・・・


攻撃する度 怒る度 そして呪う度に 自分が どれ程 か弱き存在であるかを知るの・・・


だから怒らないで MAHAOちゃん 怒った時点で彼らの意識に 取りこまれちゃう  」



((((*T◇T*)。)))・・・・・・・・・・・・



「 MAHAOちゃんはネコネコ聖母さま 地球の聖母さまになるんでしょ 

愛を与える存在だから 怒らないでいてあげて 



許してあげて 許して 許して 許して 許して・・・・・・  」


。(>ω<、);・。うっううううう・・・・・・


よくわかったようなわからないけど・・・・・ 




わかったよ・・・・・・ コハル・・・・ちゃん・・・・・・・


なるべく 怒らないように・・・・・・・



する・・・・・・・・・・・・・・・・・・


許すようにも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



する・・・・・


うっうう~ん。・;(ToT);・。私はコハルちゃんの言うように・・・ 


呪術者に振りあげてた 怒りのこぶしを 少しづつ 少しづつ 少しづつ・・・ 納めました 



「彼もMAHAOちゃんに愛を求めてる


崇めてほしいと思ってる 


MAHAOちゃんの思いを欲してる 


だからすすんでMAHAOちゃんに関わっている 


呪うって事は それだけ愛を欲しているの 


許してあげて・・・ 


体の中の傷む場所に 許しの言葉をかけて



自業自得なんてものは無い 手遅れなんて存在しない・・・・」





。・;(ToT);・。うえーーーーーーーん


許す許す許す許す許す許す! 私は心の中で 痛みの発する部分 胸やお尻や 頭に 


許すと言う言葉を ひたすらかけ続けました・・・・・・


すると・・・・・・・ 段々・・・・・・不思議な事に・・・・・・ 


痛みが少しづつ 引いていく・・・・・・・ (・・;)?



頭はまだぼんやりしてるけど・・・・・・ 少しづつ熱も下がっていってるよな・・・ 

(・・;)ホッ 


すると ∧∧ ∧∧ ∧∧ ミーミーミーミー 


猫達が寄り添ってきた 

(・・;)あらご飯?・・・ お腹すいたのね?・・・・・


ちょっと待っててね イテテ・・・・


∧∧ ∧∧ 違うの 違うの 音楽かけて~♪ 

何か良い曲 聞かせて~♪聞かせて~♪



(・・;)音楽・・・・・こんな時に・・・・・・・・・・・


∧∧ ∧∧ ∧∧~♪  お願い♪ お願い♪ 音楽聴かせて♪ 

何か良い曲 聞かせて お願い♪ お願い お願い お願いニャ~♪


(・・;)わかったわかった・・・ アテテ・・・・・


そういえば丁度 数日前届いたばかりのCDがあった


名ピアニスト 「 リヒテル演奏 ショパン前奏曲集 」


まだ開けてなかった包みを ベリベリと 剥がし 


(・・;) ふらふらする頭で CDをパソコンにセットするっと


じゅわ~ん♪

じゅわじゅわ~~~~ん♪

じゅわじゅわ~♪ じゃああああああああ~~~~~~~~~~ん♪


なっなんて艶やかな音色なの・・・・・

 。・;(ToT);・。

なっなんてよい曲・・・・・・


じゅわじゅわじゅわじゃじゃじゃじゃ~~ん♪


ああああああ 心に染みいるうううううううう ♪ 

細胞の粒が開花するうううううう


。。・;(ToT);・。あああああああ 

良い演奏だあああああああああ


弱った体が潤いの露で 満たされた

感涙は頬を伝い 色のついた鈴の音色が 

羽衣を着る天女が舞うが如く 染みわたった

。 ・゜・(P▽`q。)・゜・ 。 


弾かれる音は まるで木さんの集合意識にはいったときの


人間世界をプログラミングしてる音にも近いようだった


そして猫も耳が ピンと逆立てたまま気持ち良さそうにスヤスヤ寝ている・・・・


∧∧ ∧∧ ∧∧.。o○スースースミスミ・・・・


そうして いつの間にか 私はというと・・・・・・



(・・;)れ? 熱が引いている・・・・・・・


痛みも引き 熱が完全になくなっていた


(^◇^)ノシ)) わーーーーーーーいぃ 元気いっぱい~♪


気分爽快だぁあああああああ♪

元気になったあああああああああああああ~♪



翌日 Mちゃんから連絡があった


「 MAHAO どーーーーーうしてるぅ?♪」


(ToT)/~~~Mちゃあああああああああああああん 実はねえええええ 


MAHAOは Mちゃんに この数日起こった経緯 呪われたような事を話した


「 ほう・・・ やっぱり呪われましたか・・・・・ 」


やっぱりって・・・・・・ 何よ(ToT)!?


「 税理士も 顧客に切られた時は 顧客の脱税を密告する話をよく聞く


ましてや 職業柄 恨みがましい連中


猜疑心強い連中 自分への敵意を アンテナの様に気配で察知する者もいる 


また新興宗教の教祖のように 逃げる信者を 攻撃する連中もいる


自分の教えを守らなかったから こうなったと見せつけたい


崇められたい人は 執拗 」


(ToT)・・・・・・・



「 呪い返ししとく・・・?」


(ToT)いっいやいいよ許すようにしたから・・・それにもう気分良くなったし・・・・・  


「 許しちゃったんだ?それじゃあ呪い 跳ね返えちゃったね 」


えっ(・・;)・・・・・・・・・・・? 


「 相手に 呪い 跳ね返えした 一番キツい形で・・・ 」


(・・;)どっどうして・・・ MAHAO呪い返しなんてしらないよ


「 許したんでしょ・・・呪いが跳ね返った痛まなくなったのは きっとそのせい


許しのエナジーは・・・・攻撃を仕掛けるものが 最も嫌がり怖がる波動だから・・・最強の防御法 」


(・・;)・・・・・・??????? 


「許しは 攻撃と対極に位置するの 


相手を許せば 攻撃の念は 効果無くす


攻撃したものに憎悪で返せば剣と剣はぶつかり 互いに共鳴す  


でもこちらが剣を振るわなければ 相手は剣を振っても 空を切るだけ 


エネルギーの法則で 放たれた念は呪術師の元に返る


天に吐いた唾が戻ってくるように・・・  」


(T_T)?・・・何言ってるのか? MAHAO意味わからないよお? 


「言ったじゃない 呪いは相手の恐怖心を利用するものだって


呪いへの畏怖 罪悪感が 無くなればどんな呪いも 効果はなくなる


例え術師がそれを否定しようとも・・・ 


攻撃を 許した時点で 相手の攻撃への恐怖は無くなる


相手の攻撃を 受容しているから とっかかりを失えば 呪いは術者の元に跳ね返る 」


φ(・・;)・・・・・・


「まあ術者が多少熟練してたら 返ってきた呪いを跳ね返す事はできる 


でも自分が放った呪いを跳ね返すのは 相当な気力を必要とする


大抵の術者なら 2回跳ね返して 気力の限界じゃない? 


それにまた跳ね返されたって こちらに恐怖心がなければ いくらやっても効き目無いんだから 」


(・・;) でもあの呪術者の人 呪い大丈夫って言ってたよお それに鬼の力も借りてるからって・・・


「 自分から攻撃してない人なら 大丈夫だけれど


奴は自分から呪ってるじゃない  


理不尽な呪いをかけ 潜在意識の奥底に 恐怖が湧かない奴はない


使う分 呪いの怖さは 身にしみている


MAHAOよりかかりやすい筈


・・・・それと 鬼が守るって・・・・・・地獄の住人である事の証・・・・


恐怖の真っただ中で 自分が暮らしてる事を暗示しているようなもの・・・ 」


(・・;)・・・・・・・・・


・・・・・・・でもね・・・でも・・・MAHAO本当はね 許そうと思っても 最初なかなか許せなかったの・・・ 

(ToT)。むしゃくしゃして・・・ちょっと痛かった・・・  


でも音楽聴いてるうちに治っちゃった・・・ (///▽///)テヘヘ


「 音楽・・・? 」


私は Mちゃんに 音楽を聞いた時の事を話しました・・・


「 へーーー 呪いを逸らすには そういう方法もあったんだ・・・・・・・」


(・・;)えっ?逸らす?


「 音楽の事。


この世の構成要素は響き


呪いは基本 同調の仕掛け 恐怖の波動の響き合いを利用し派生さす


自分を 恐怖以外の何かと 同調させちゃえば かかる事は無い 


ユタ(沖縄の呪術師)の語源は 歌から来てる

自然の音から歌ができ 歌から呪文が派生した 


クラシック音楽や 古民謡 古来から残ってる 曲も 自然の音に類する響きをもつ


その中で 心底同調できる曲 感動できる曲あれば 心も身体も そちらに同調す  

自分が良いと感じてるものに同調させれれば 呪いは 響く事はない


MAHAOなかなかやるじゃない ・・・」



(・・;)9))ポリポリ・・・・・・・いや実は・・・ワタシガカンガエタワケジャ・・・ナイ・・・・・・ンダケドネ・・・


「 でもね私思ったんだ  MAHAOに呪符の事 気がつかせるのは 


もうちょっと後でも良かったかなっと?」


(・・;)えっ?・・・・・なして・・・? 


「運や精気を搾取したり 無理矢理 思いを集めると


気がつかれた瞬間 逆流が始まるから 」


逆流?(・・;)


「運や思いが 取り返される


気持ちが覚めると言えばわかりやすいかな?


国を良くすると思われていた 政治家が 


実は自分の出身階層だけに便宜を図っていたなんて事が知れたら


途端に思いが離れていく 


しかも食いつくしていた思いが多ければ多いほど 醒めた時の力の抜け方 反動も強い


当然 その政治家は 当初の頃より力を失う


食い尽くせば食いつくしてたほど 悪名も深くなる 


悪名がつけば 皆より一段下の段階に置かれる


歴史的に ずっと先まで 皆の養分になるの 」


・・・・・・φ(・・;)・・・・・・・・ 



「ストーンサークルも そう 


妙な仕掛けが施されて 運が吸われてた事に


気づかれたら


逆流がはじまる 


黒水晶も 確かに気を吸える


黒水晶をつける事の真の意味に周囲が気づけば 


集った思いは離れる ・・・昔の友人すらも無くすかもしれない・・・」


(・・;)・・・・・


「 奪っていたという事実は その人間を弱体化させる


もともとそういう風にして集めた運気は 一時的なカンフル剤のようなもの・・・ 


使ってるうちに 自然と思いは薄くなる


その呪術師も 守っていたとされる護符が実は 精気を奪う為ということがわかれば 


力を貸してた集合意識は一気に消え去る 


思い抜ければ 能力は失う


もともと能力は 個人の力で派生はしない 

他の思いや気が集まって 

その反響で生まれてる 


奪う存在だと 周囲に気がつかれる事は 力を失う事に等しいの・・・・


ましてMAHAOは馬鹿な分 パワー強いから・・・


MAHAOが気がついた事によって・・・どれだけ逆流してくるやら・・・

しかも呪いまでかけたしね


おそらく彼の能力の一部や縁が移る 


もう少し 後だったら 命すら来てたかも・・・・・・・ 」 


(・・;)・・・・・えええええっ!!!・・・命まではいらないよ・・



「 みんなを良くする為に もらったエネルギーで 


みんなを傷つけたら 集合意識はすぐ離れる 


王が民衆の力で居城を作り その居城の砲で 


街を攻撃した瞬間 民衆が別天地に離れるようなもの 


城には誰もいなくなり 守る物は誰ひとりいない 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・


「汝を滅ぼす物は恐怖なり 恐怖さえなくば 滅びの影現れず・・・  


もうひとつ MAHAOに良い事教えてあげる


相手が攻撃してくれるっていうのは 実はしめた事なの・・・」


(・・;)?


「だって器が大きければ どんなエネルギーも取り込めるじゃない


憎悪 怒り 妬み 一般人が嫌がる エネルギーも 


エネルギーという本質には変わりない 


気は情報 思いの捉え方一つで 情報を書き換えてしまえば 


いくらだって自分に有用なエネルギーに変えれる  


偉人は 苦境を苦境と感じていない


周囲が苦境と感じるエネルギーを 自分の成功の礎と感じ


その思いが 結局苦境を成功の礎に変える 」


φ(・・;)


「 何人かの吸血鬼は 逆手にとって 敢えて 人を怒らすような態度をメディアでとる 


人からエネルギーを集める為に 敢えて人々を怒らせる 


小癪な技だけどね 


思いが足りない奴らは 周囲を怒らせたエネルギーを自己のエネルギーに転換できる


特にネガティブな連中程 ネガティブなエネルギーを食らうのが大好きだから 」


φ(・・;)よくわかんなーい?けど・・・そうなんだ・・・・ 


「まあわかりやすく言うと 昔 テレ○たっくるという番組で


T嶋という ウーマンリブの運動家がでてたじゃない 


私 小学生の頃 初めて 彼女を見た時・・・ 嫌悪感が湧いた


ブラウン管で 男性を攻撃しながら 怒りのエネルギーを貯めてるのがわかった・・・ 」


(・・;)・・・・・・


「 執拗に男性を攻撃する事で 男性視聴者をはじめとする


「 おまえは何を言っているんだ?」的な怒りの思いを集める  


テレビは 批判されようが叩かれようが なんだって良いの


注目さえ得られれば それがエネルギーになる事を知っている 


だからあえて 人々を逆撫でして 思いを集めてくるような彼女のような キャラをスカウトする  


ある店のママが 言っていた 

怒る客ほどよく金を使ってくれる


良客に成りそうなタイプを あえて怒らせ 印象付け


後日フォローしながら 縁を 繋ぐと  」


φ((・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「 

T嶋は 執拗にグラビアアイドルも攻撃してた 


で私は その口ぶりから T嶋には アイドル願望があるんだなあ・・・と悟ったよ・・・ 


その事を家族に言ったら 「 お前何言ってんだよ 男女平等ってやつは・・・」って言われたから 


それ以来何も言わなかったけど 


今のT嶋の姿を見てると その時の直感が正しかったの・・・よくわかる」


(・・;)・・・・・・・ 


「 ただ彼女は 無駄な犠牲を巻き込み過ぎた


思いを実現させる為に・・・


夫婦は 女性を一方的に奴隷にしてる形態と扇動し 幾人かの夫婦が離婚した 


でもね 離婚した妻たちは その後 人生を満喫する状態になったのかしら?


T嶋は テレビで離婚した夫婦が居た事を さも嬉しそうに語っていたけど 


私は その時見せた 悪魔のような表情を忘れられない 」


(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「 私家族が テレビ番組を見るのが嫌だった


視聴者をネガティブにさせ エネルギーを集めてる連中ばかり・・・


頭がくらくらしちゃうもの  I原慎太郎 M添 I筒 W辺恒雄・・・


数年前 テレビ局買収問題で Hえもんもそういうタイプだった


奴も 怒りのエネルギーを集めるタイプ


わざと挑発的な物言いをした 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・


「 T原総一郎も・・・そう・・・煽り 怒らせ その感情を旨そうに食ってた


ブラウン管の中は 人の感情を食う 吸血鬼ばかり 


対象に対して向けられた怒りも エネルギーである事には変わりない


反感を買うのも 意識を向けられていることに変わりなく


奴らはそれを知っていて 利用する・・・


人々の注目を浴びれば 多くのメディアに取り上げられる


うわべだけ褒められるよりも より存在を強調づけれる   」


(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「 

恋愛でも 最初に不快な印象を抱かされた相手を 


よく知る内に 思わぬ優しい部分を見せられて


惹かれていき 惚れてしまったなんてことがあるでしょ 


最初から優等生タイプで接するよりも わざと怒らせる事が 相手の心に食い込める


わざと相手の感情を逆撫でするようにし 


怒りをぶつけさせる事によって 相手から意識の通路は 強く繋がれる


一度繋がれたら 後は少しづつ 取りこんでいけばよいの 」


φ(・・;)・・・そっそうなの・・・・・・・・・・ 


「 

昔ある女がやっていた エネルギー集めと称して 


色んなアイドルのファンサイトに行って わざと悪口を書き込んでた

当然ファンは 荒らしに非難罵倒を浴びせる

そうして

怒りのエネルギーをかき集めて 元気になる餓鬼のような女がいたの


それを見て 気がついた

怒った方が 負けだって 


怒れば その分 思いが相手に 注ぎ込まれるだけ 


得はしない


相手の怒りに対し 怒りで返す事は

 

自分が相手と同じ土俵に立っている 


対等だと 周囲に宣言してるようなもの  


怒らなければ 周囲は 自分を上だと思う 


幼稚園児に何を言われても 大人は喧嘩しない 


怒りをけしかけられても それに反応しなければ 


周囲は イメージとして上だと認識してくれる


その性質を利用する 


キリストは 抵抗しないで 受け入れたからこそ 伝説になった 」


φ(・・;)


「 怒りのエネルギーは 自分の利に転換しやすい  まあ怒りが転換しやすい


と言っても生きるか死ぬかの瀬戸際に追い込まれた時の怒りは 別物 


どんな弱者でも 生存本能がかかると 火事場の馬鹿力を引き寄せる 


窮鼠猫を噛むの例えもある位・・・ 


生死がかかった 集団の怒りは すさまじき力だから 

こちらにも狂気に近い信念が無い限り 取りこめない・・・・・」



(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・


「 まあMAHAOなら 人を生きる死ぬの瀬戸際に追い込むような事はしないだろうから  


誰かに怒られても  それをエネルギーと思っちゃえば取りこんじゃえば良いんじゃない


エネルギーには変わらない


怒る 妬まれる と言う事は 意識を向けてくれている


意識を向けたら もう思いのエネルギーの縁は繋がれている


そこからどんなエネルギーが来ようとも 後はそのエネルギーを書き換えちゃえば良い


思いが強ければ簡単 


自分に向けられた応援にしちゃえば良い 


所詮この世は 思いの世界


思い次第で どうにも変わる 


呪いも同じ 呪いに恐怖を持たねば 


エネルギーには変わりない 逆に自分を意識してくれてる 応援だと思う  」


!(^◇^)ノシ))そっそうかー♪ よくわからないけどなんか


運♪良さそうだから やってみる♪


 ワーイ 応援♪応援♪ワーイ♪ワーイ♪

(ノ^^)八(^^ )ノ~♪ 


「 最初に相手が攻撃してくれたなら・・・しめたもの 


私ね 小学校の授業の時に 黒板に回答を書きに行く時 


○○と言う女の子に わざと足をひっかけられた 


でね・・・ 咄嗟に 思いっきり転んでやった


周囲が 息をのむくらい はっとするくらい


痛く見せてやった・・・・・」


φ(・・;)・・・・・



「わかってやってるから 余り痛くは無い・・・・・


そして

別なクラスメートが 


「 先生 ○○さんが足をひっかけましたー」って言った時 こう言ってやった



「 私がつまずいたんです・・・ 私が悪かったの ○○ちゃん 足ぶつかってごめん 痛くなかった? 」


周囲は○○が 足を引っ掛けた事を知ってる 


○○の意識が 例えわたしを馬鹿にしても 


○○の潜在意識に わたしに対する罪悪感は 一生できる


小学校の教室を思い出すたび もしくは どこかで躓くたびに


○○の潜在意識は わたしへの罪悪感を思い出す 


わたしの格下と認知するの その時意識が繋がれるのを感じる 


わたしはその時 気を引くの


一生 ○○は わたしに吸いとられる  」



φ((・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Mちゃんはイジメられっ子を庇うのも好きと言っておりました


一生子分になってくれるから・・・ とか・・・・・  


<(_ _)>




さて・・・ 数日後  Mちゃんの言葉が正しかったのか


前より蟲の音色 風の響きが聞こえるようになり 


前は読めなかった人の心情 先行きもなんとなく掴めるようになりました


(・・;)キノセイ?


さらに予想だにしない縁で 能力者と言われる方達と出会うようになったり


Mちゃんの言葉通り 呪術師の能力や縁が移ってきたのかしらん?と思うような出来事がありました 



さて件の呪術師の次回の案内がメールで来ました


「次回 セミナーに参加された方は 浦島太郎の護符がついてきます  」


浦島太郎の護符・・・・・・ (・・;)?・・・・・?


・・・・・・ なっなんか新興宗教のよな御札だなぁ・・・・・・

(・・;)?

今度は どんな効果を狙ってるのかしらん?



そこへちょいちょい !(・・;)\“” 


見るとうちの大黒ニャンニャ 空ちゃんです






「 MAHAOちゃん浦島太郎には 凄く深い意味がある 」


(・・;)? 浦島太郎? 意味も何も・・・ 亀助けて 竜宮城で 乙姫様と遊んで 

玉手箱開けたら老人になったっていう話でしょ


「  ううん それと別に すごく深い深い意味がある 

空ちゃんそれを知っている 」


(・・;)・・・・・・・・・・・


「 犬神の呪いのような話」


(・・;)えっ?犬神・・・・?



次回 猫と呪法と魔法の家4空ちゃんの 昔話に籠められた真意編へと 続く


<(_ _)>

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク