序章 神社の神社 神様の神様

大阪のとある街道に

人々の記憶から忘れ去られたかのように 

鳥居と墓石が佇んでる 

 



敷地は20坪程度で 神社としては かなり手狭なスペース

門には常に鍵がかけられている



傍を 女子高生が足早に通り過ぎた 

自転車に買い物かごを載せたおばさんは チャリチャリとベルをけたたましく鳴らす 

誰一人 気にとめていない様子だ 




隣地の酒屋の主人に

鳥居と墓石の由緒を尋ねてみた  

彼は昔からそこにあっただけで 詳しくはわからないと答えた

要領を得られない 



鳥居の前をバスが騒音と排ガスを撒き散らしながら その後ろを車が数珠つなぎに連なって進む



ここは

物部守屋神社 

知る人ぞ知る 

神社が崇敬する神社 

言わば神様の神様




神社の門が常に閉められているのは

一般の参拝者の立ち入りが固く拒まれているからだ 

敷地は神社本庁によって直接管理されている 




神社の石柱は通常 寄進した個人名会社名が刻まれる

しかしここを囲む 石柱には 個人名 会社名がほとんど見当たらず 

全国の神社関係団体で大部分を占められている  

入口右側中央に 神社本庁 各県神社会 北は青森から 南は九州まである



 

太宰府天満宮 春日神社 

伏見稲荷 生田神社 猿田彦神宮 木曽御嶽神社 

行った事はないが 名前は知ってるような 神社が錚々と軒を連ねている


 




私は この鍵の前で何度も参拝した 
それだけで力が 増してくる気がした
気が増したその夜 不思議な夢を見た  


古の呪術者が現れ 祭文を施されたのだ


彼は この世で秘伝とされ覆い隠されてる人間能力の存在を 

世に広く知らしめて欲しいと望まれていた 






鳥居の前に立つだけで 地の気が 肩に載せられてくる 

響く程に感じる  




何故?一般の参拝者に ここが開放されていないのだろう?

守屋公の力を 神社本庁だけで独占したいが為?



4度目に行った時 門が開かれた

中に守屋公のご末裔の方が居られた 

週に一度 神社本庁に許可をもらい 管理掃除に来ているとの事


気さくで やさしく 話し好きだった
土曜日か日曜日のいずれかに来る事が多く その時も2時間位いたとの事

おじいさんと 運良く出会えれば 鳥居をくぐる事も可能だ

 



力の独占が いびつな支配構造を産み 

塗炭の苦しみは 長年 人々が強いらされていた 

でも風の流れはもう変わった

 


夢で守屋公はこう言われた 

「秘伝は無い」と


一部の関係者だけが 強力な神を独占し 

大多数の人々から その存在を包み隠す 

そんな扱われ方を 神が望んであろうはずがない



「 神様は みんなの思いが 嬉しいの・・・」


          作 コハル



所在地
大阪府八尾市国道25号線 東太子交差点すぐ 






最後の写真は 若草山 中秋の満月






(・ω・)/~♪

行きたい方は是非♪ 


追伸 日曜日の午前11時30分から午後3時くらいまで 末裔の方が居られる事が多いそうです
プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク