水とコラーゲンを ご一緒に

さて
去年11月ごろから
続けてきた水風呂


半年以上続けているのですが

くまちゃんのBARに来てくださったお客様も
何人か試されたようで

「 髪と肌に 効果があります 」
「 とても効きました 
「 美容師さんに 肌が見違えたと言われました 」
と数々の感想を頂いたようです
(・・;)




やはり
水風呂は
通常のお湯に比べて効果があるんだなーと想ったのですが




実は
少し暑くなってきはじめて
カウンターの木さんやにぎはやひ等から
水風呂の温度を変えるように言われました



具体的には
「 夏暑い時はぬる湯を混ぜなさい! 」
(>ω<)ノシ))パタパタパタパ





どういうことかと言うと
水風呂に入ってみて感じたのですが


冬の時
身体が馴れると水に20分ぐらい浸かれたのですが
初夏に入って水風呂に入る分数が
自然と短くなっているような気がしました 
(・・;)




水温は
それほど冷たくなくなったのに
一体なぜなんだろう?


そう想って聞いてみたら

カウンターの木さんや
にぎはやひみこと等に
夏になったら 
水風呂だけではなく
少し温度を上げたぬる湯に入るように勧められたのです




最初
ぬる湯は 水風呂と一日おきに 
交互に入るように言われました



ぬる湯の温度は約30度
どんなに暑い日でも
35度以上にはならないようにしなさい
と言われました 
(・・;)




そして
はじめたのは 
6月ごろからです



初夏の時期は
一日 水風呂
一日 ぬるゆみたいな感じで交互にするように言われました



そして
真夏に
本格的に
蒸し暑くなってきたら 
一日 水風呂に対し
二日~三日をぬるゆにするようにと言われました



そして
真冬
10月を過ぎた頃から
また完全水風呂状態に戻すようにとも言われました 



要は
夏暑い時はぬるく
冬寒い時は真水に 


外の気温に合わせ
お水も気温に近づけるのが 
体内に水を保持しやすい体質にするコツのようで 
(・・;)



そんな感じで
ぬるゆからはじめてみたのですが
確かにぬるゆにすると
長めに浸かれるようになり
冬の水風呂ぐらい 
お肌に効果ある感じがしました 



どれだけ効果があるのかを
お伝えしたいのですが


MAHAOは
3日坊主なので
たまに水風呂をさぼったりします
(///▽///)9



実は水風呂は意外に
くまちゃんの方が
しつこく入り続けてるので




真冬の水風呂
夏のぬるゆ&水風呂の効果を




この一年近くの
くまちゃんの顔写真を貼って
変化をお見せしたいと想います
(>ω<)/





まず
去年10月22日頃の写真


1022.jpg


画像は少し暗めなのですが
まだ水風呂に入る直前の写真です
(・・;) 





そして
写真での記録を取り始めたのは
今年2月5日から


205.jpg



少し暗いのですが
この時は水風呂をはじめて
3か月目でだいぶお肌がきれいにになりはじめてるような気もします
(・・;)




そして
寒さがまだ残る3月6日
写真はトレビという洋食喫茶店でとった写真です


306.jpg




明るいところで見ても
血色がよくなりはじめてるのがわかります




次は4月1日
寝てる写真ですが
少ししわが薄くなり始めています



401.jpg




そして
5月25日
無精ひげだらけなのですが
お肌に自然な艶も戻りはじめています 


525.jpg







いう感じで
くまちゃんの画像を貼ってみたのですが





念の為告げると
撮影時
くまちゃんは顔になにも塗っていません



クリーム類は一切塗っておらず
水だけでこの肌の艶変化が出た感じです




当然
お金も技術もないので
美容整形でやるような 
ヒアルロン酸注射なども
フォトショもしていません
(>ω<)ノシ))パタパタパ


動画リンク
https://www.youtube.com/watch?v=oOqEY2GGHrs




ただ
髪だけは 
冬に「 髪は水と油 」
とちくさあの海さんに言われたので
春ごろから 髪の頭頂部に馬油を塗ることははじめました



髪が伸びるのは時間がかかるため
その変化を計測するには 
もう少しお時間がかかるかもしれませんが

とりあえず
髪だけ
水と油は実行しています






また
くまちゃんの話では
水風呂に入る時
指の股を開いたり 
足を開いたり
背を伸ばしたりすると
より体の隅々まで水気が行きわたる感覚がして
手や足 身体の小さな血管や神経が生き返っていくような気がすると
言っていました
(あくまでも気です)



ただ 
くまちゃんは
水風呂を
続けてるうちに
欲が出てきたようで 



少し肌質は改善したものの 
まだまだ肌の状態はパ
若い時期に比べて 完ぺきとは言えない

できれば
10代の肉体に若返りたい 」と言ってました





そして
くまちゃんは
以前に比べ
水を
より摂取するようにもなりました




水は以前からくまちゃんは
毎日
2リットル以上は飲んでいたのですが
(―  ― )ゴクゴクゴク  (・・;)



水風呂をはじめた冬から
4リットルと

水量を増やしてから
肌質の改善がよりよくなってきたと言ってました





そして
こういう事も言ってきました
(>ω<)ノシ))パタパタパ








ぼくね


実は 
糖尿の気配があったと想う 」
(―  ―)ノ 





糖尿の気配?
(・・;)?





去年ね

しびれる感じがして 


尿も甘い香りだったんで
少し舐めてみたんだ


そしたら
尿がしょっぱくなく
甘かった


そしてそれにともなって
膀胱も痛くなってきはじめた 」





(・・;)・







おそらくね
その当時 
糖分入りの清涼飲料水をやたら飲んでたりしてたからね

夏の時
蜂蜜レモンを2リットル以上一気飲みすることもあったし 

炭酸飲料も飲んでたし
ジュースも毎日1リットル飲んでたし 


それで普段
脂っこくて 
甘いものをよく食べるでしょ?

小麦やお米とか炭水化物も大盛りで食べてたでしょ?


それらが原因だと想ったんだ 」




(・・;)・・






ただね


水風呂に入って 
水を前の倍ぐらい飲みはじめてから


食べる量は
以前の1.5倍ぐらいに増えたんだけど

尿の状態が改善したんだ

しびれもなくなってきて 

お医者様にも行かなかったけど
膀胱の腫れも痛みもなくなった 

それで想ったんだ

糖尿病って
糖質が原因じゃなくて
ただ単に水不足が原因じゃないかって 」
(―  ―)ノ




(・・;)!





ほら
ぼくやMAHAOちゃんより
はるかに少なくしか食べてないのに
糖尿病になってる親族の人がいたって言ってたでしょ?



おそらくね
少ない糖質でも
飲み水が足りないと

血管の糖分がうまく流れなくなって
それで血液の滞留とか
様々な気の滞留が起きると想うんだ


だから
意外と
糖尿病の場合

糖質制限するよりも
水の量をガブガブ飲んだ方が
治りが早くなると想ったんだ



」(くまちゃんのことば)






まあ
上はくまちゃんの体感による
勝手な想いこみと独断かもしれません
(・・;)



ですが 
くまちゃん曰く
糖尿病になったら
まず糖質制限よりも
毎日 水を大量に飲む方がよいと想ったそうで



今 現在
夏で汗をかくこともあって 
6リットルから7リットル近くの
お水を飲むようになったそうです





そして
糖質制限はまったくするどころか
水と一緒に 
以前よりも
ごはん
お菓子も食べるようになっています
ゴクゴク(―  ―)ボリボリ  (・・;)・




食欲は
25年ぐらい前の
レベルには戻ったと言ってました






ただ
だからと言って
くまちゃんが飲んでるくらい水の量を
他の方が飲まれるのは
おススメはしません



水風呂に入って少し引き締まったとはいえ
くまちゃんは
体重が110キロぐらいはあり



カウンターの木さんは 
くまちゃんの体重に合わせて
一日の水量を6リットルから7リットルぐらいまでとりなさいと
すすめていました



なので 
くまちゃんよりも体重が低い
方では少し水の量が多いと想います
(・・;)


おそらく
体重が80キロ以下の人は
一日4、5リットル以下



体重が
55キロ以下の人は
一日水は3リットルぐらいが適量だと想います



また
多量の水は身体に必要な栄養分も流してしまうので




水を大量に飲む際には
必ず何か食べたりすることはだいじだと想います


血中が栄養不足になると
気分が悪くなってしまったり 意識もうろうとしてしまうので
必ず 食べ物はよく食べてください
(>ω<)/


 

それと
水と食べ物と言えば

こういう発見もしました

それはコラーゲンと多量の水を一緒に入れると
肌に効果がある
(>ω<)ノシ))パタパタパタパ



実は
MAHAOは
昔からコラーゲン類は好きで
豚足 豚耳 ゼリー マシマロ等もよく食べていました



得に美肌を気にして
好きだったわけではなく
そのぷにぷにした食感が
好きで好きでよく食べていたのですが
プニプニ((・・;))プニプニ


コラーゲンを食べた翌日
肌が特によくなった気はせず 



またネットで
コラーゲンを食べても
肌にはあまり効果がない
と言うような記事を見たりして


あまり
コラーゲンと美肌は関係ないのかな?
とも想ったりしました 
(・・;)




でも
やっぱり
コラーゲン類のぷにぷに食感が好きなので
よく食べに食べてました 
(・・;)プニプニ




ところが 
ここ最近
くまちゃんと一緒になって
水をやたら飲むようになって



特に豚足や豚耳などの
コラーゲン類と多量の水を同時にとるようにしたところ
翌日 肌の具合がぷるぷるした感じが強くなった気がします



どうもコラーゲンは
それ単体でとるよりも
十分な水と一緒に取ると効果が上がるようで
(・・;)



摂取した多量の水が
体内から
肌のあちこちにコラーゲンを運んでくれるようで
それで肌に変化をもたらすようです



まあとはいっても
上のもMAHAOの独断と偏見による主観的な想いこみなので





まあ
あたるも八卦あたらぬも八卦的な
感じで 読み流しておいてください
(>ω<)ノシ))パタパタパ




ちなみに
水風呂やコラーゲン 水でもたらされた肌の艶々変化は
顔もうっすら変わるのですが
足の方がかさつきがなくなって
効果がより強まっているような気もしました




もしかすると
最初に足で 
これから徐々に
身体の上に向かって変化をもたらしてくれるのかもしれません
(・・;) 





とりあえず
夏の間は ぬるゆと水風呂
冬にまた水風呂オンリーに戻し

水を大量に飲みながら
以前よりごはんを多く食べるようにして

食べる時は
コラーゲン類と水もよく食べるようにして

髪には馬油をつけて
若返りにどれだけ効果があるか

その実験を
これからも
数か月以上続けようと想います





そして 
最後にえんえんの言葉で締めくくります



体調がいいと若返るはちがうんです
体調は身体の気分です


気分がいいは
酔ってる状態に近いのです
感覚がある種の麻痺をおこしてることに通じるのです


感覚の麻痺と本当に若くなるは違うんですよ 

体の気分をよくしてくれる人を
大半の人は生命力をくれているって錯覚してますけどね
ほとんどの場合 ただ痛覚を麻痺させられてるだけなんですよ


鈍ると
歩いても疲れませんし
大食いしても 胃腸の痛みに気づかないんで
モリモリ食べれるようになっちゃうです 


鈍ってると酔いが回るのも遅いので
一見 酒に強い人にも見えるんです 


それを求めてる人も多いので
その事を否定はしません

気分も大切ですからね


ですが
意外に寿命は 
体調が敏感な人
体調が悪いと感じやすいひとの方が
長くなったりする事も多いのです



だって 
体調の悪さを感じるってことh 
気分に酔わずに痛覚が機敏に動いてるってことですからね




いつも元気はつらつで動き回れる人よりも 
一見 体調が悪そうな人の方が
案外
生命力が強いことも多いのです 


」(えんえんのことば)




P5040060_R.jpg












コメントの投稿

非公開コメント

私も

十代のみずみずしい若い身体になりたい

私も

十代のみずみずしい若い身体になりたい

うるるるるるんとならなくては!+(人・∀・*)+。♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 肌や髪

コメントがありました
ただFC2からメール返信ができなく
この場を借りてご返信します
ケイ素が重要と言いましたが
確かに重要かもしれません
ですがケイ素は食べても 体内で摂取されづらい 
多量にとらないと人体に残らない 
ケイ素が不足すると 爪に縦線がでてきたり老化するとも書いてました

ケイ素は野菜のほぼすべてに含まれてると言いますが
じつはわたしは妻程 野菜を食べてるわけではありません
どちらかというと肉メインで 魚も炭水化物も食べますが 野菜は不足気味だと想います
おそらくケイ素の摂取量は少ないのでしょうが
水風呂をはじめて また水を多量に飲むようになって 
それで爪の縦線が薄くなって消えてきました
今の爪は薄ピンクです

妻が言っていたのですが
おそらくわずかなケイ素でも水を大量に一緒に飲むことで ケイ素の成分が人体全部に水と共に行きわたりやすくなったのじゃないか?
組み合わせで
と言うようなことを言ってました

まあケイ素については
まだ全然調べてないのですが
とりあえず食べ物を食べる時は 水をいっぱい飲みながら食べた方が
摂取されづらいと言われてる成分が 
摂取しやすくなるかなーという感じもしました

でも上のは私の勝手な妄想です

科学的データがあるわけではありません

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私も水風呂試してみます。
確かに熱いお風呂に入ると一時的に痛みや疲れが麻痺する感じはありますが、体に良くない気がします。
一見、体が丈夫そうな人は生命力が強いのではなくて体が無感覚になっているだけ。というのはその通りだと思います。忙殺されて本人が気がつかないうちに病が深刻化している場合も多いのでは。
私と一緒に同居している人は30代後半になるのですが、肌や見た目もすごく清浄で20代のように見えます。彼は化学物質過敏症で引きこもりですが、ある意味今の社会でネガティブに扱われている側の方が生命力あるような気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

幻の桜[旧 フィクサー]
記事名:RYST1944とコメント欄へお答え
コメント欄:36,52,53,54,57

この記事への返答です。

[発酵マニアの天然工房]という書物を薦めます。

伝聞です。

良い遺伝子の大半が○からのギフトです。
人間がカルマを解消させるために必要なツールとして与えられたものです。

その素晴らしい遺伝子を全く持たずして生まれてくる事はありません。
良い遺伝子が1つもなければ人間として生まれる事は出来ないのです。
僅かであれ必ず良い遺伝子は入っているのです!!
ですから誰もが○から与えられた何かしらの素晴らしい才能を持っているという事です。

良い遺伝子にも多くの種類がありますが、
良い遺伝子の全てが個人の成功を収める為にあるのではありません。
良い遺伝子とはカルマを解消させるために与えられているのですが、
それだけの為ではありません。
自分と同じように人間として生まれた仲間たちを助ける為に
生まれ持った良い遺伝子をフル活用して地球の為に役立たせる為です!!
良い遺伝子(才能)を使って、多くの人の心に希望を与える歌や絵や物語を作り上げたり、
多くの人の病を助ける為の発見をしたり、
また、それらの人々を助けたり、応援したり、笑わせたり、楽しませたり、
素敵な笑顔で人の心に灯りをともしたりしなくてはいけないのです!!

○から素晴らしいギフトを貰ったのは互いに助け合う為でもあるのです!!
人間は人間の役に立つ事をしなければいけないのです!!
この世に役に立たない人間はいません。
ですが、現実には人の役に立たない人人が多くいます。
人の役に立つ事をしたくないのです。
人を蹴落とし、馬鹿にして、人を見下すのです。
どうにかして自分が幸せになりたいのです。
自分さえよければ良いのだと思っているのです。
それだけならまだしも、他人が持っている〇からのギフトを妬み、
それを馬鹿にしたりイジメたりもするのです!!
○からのギフトを嫉妬という感情で踏みつぶすのです!!
そもそも全ての良い遺伝子とは個人の所有物ではありません。
地球上の全ての人間への贈り物なのです。
皆でその良い遺伝子(才能)を開花させようと努力するべきなのです!!

持って生まれた才能は〇から地球の人間全てに対して与えられたギフトです。
ですからその才能に翻弄されてはいけません。
謙虚に受け入れる事だと思います。
欲やエゴまみれになって自分だけの物にしてもいけません。

そして才能を無駄にしてもいけません。
絶対に無駄にしてはいけないのです。
ですが、残念な事に多くの人は自分の才能に気が付いていません。
自分の持って生まれた才能を今一度、しっかりと見直す必要があるように思えてなりません。

伝聞です

若き魂が舞い散っている。この世のために生まれ、この世のために散っている。
感動を与えて死後は名誉を受け、華々しく散ったと凱旋をしている。
けれど、その名誉を受けるだけの土俵を作ったのは過去の人間たち、過去の人間たちが好きなようにやり、わがままを貫いた結果がこれ。
まるで公害の起きた後の後始末のよう。毒で犯された川を残し、後は知らぬと若い者に始末を任せ、全ての責任を押し付け消えていく。
川を清めたものは名誉を受ける。とても簡単で乱暴な方法で名誉を受ける。
この事態を終わりにせねばならない。だから#ミーテューだ。
・・・米国とは異なる、日本の場合・・・
以上
プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク