貧しさを感じることは 欲があるということ








アフリカがなぜ 
これから富める地域になるか知ってるか?

それはこの100年 
アフリカの多くの地域が飢えていたからだ 」






(・・;)






飢えた人の想いが土地に積み重なると
飢えをなくそうと
土地が富を蓄えようとするんだ

日本だって
江戸時代 
幾たびの飢饉があったろ?

それで今 経済大国になれたんだ


そしてな
その流れが
これからアフリカの地域にやってくる

だから数十年先から
100年以内に
アフリカが富める地域になると言ってたんだ 」







(・・;)







そしてな
もう一つ理由があるんだ 

それはかつて富める地域だった
先進国だった地域の話なんだ

先進国に住んでる者たちの価値観も大きく変わるんだ 」





価値観・
(・・;)







先進国だった地帯は
これから経済優先の概念じゃなくなるんだ

だってもともと
経済優先一辺倒だったのは
飢えを逃れて生き続ける為だったんだからな

これから
生き続けるの想いが
もっと強く伸びていって
寿命と若さ優先になっていくんだ






(・・;)!






今の先進国の地帯の大半は
経済優先から
寿命や若返り優先にシフトしていくんだ

寿命や若返り優先は
経済優先とは大きく社会構造が変わっていくんだ

だって
寿命や若返る為には
自然の力が不可欠なんだからな 」(ガオガオちゃんのことば)





PB160197_R.jpg


 









さて
現在 
木更津のアパートから大部分の荷物を運び出し
千種新田の家で
猫達と暮らしているのですが 



くまちゃんのBARブログをご覧になられてる方はご存知かもしれませんが
BARは連日 閑古鳥状態で
くまちゃんの話では
11月になってお見えになったお客様も4組だったそうです
(来られていただいたお客様 遠路はるばる遠くからいつもありがとうございます
(*- -)(*_ _)ペコリ)






そして 
そんな中
最近
くまちゃんとふたりで家で
話すことが多いのですが
(・・;)




くまちゃんは 
今までずっとあれがしたい 
これがしたいと想っていたことが
(例えば 
グルメ三昧の旅行や
世界中の食べ歩き 
その他色々なしたい事がエトセトラ多数あるようです)


長年
ずっと叶わなかったことが
ずっとストレスで

しかもねこたちへのごはん代を稼ぐために作ったBARも
延期の延期で大きく予算がかかってしまった後
毎日閑古鳥が鳴いてる状況を見て


こんなことを想いはじめたそうです



受け売りじゃないけれど

ぼくも
これからもっと寿命と若さに執着したいと想った 

今まで
お金を儲けようと想って
儲けたお金でグルメ三昧や豪華な旅
その他多数の事をいっぱいいっぱいしたいと想っていた


でも20年以上
ずっといのっても
ずっと願ってもそれが叶ってなかった


東京で活躍してる有名人たちが
豪華な旅や
超高級レストランで
グルメ三昧をしているブログを見て


ものすごくうらやましいと想って
哀しくなって 

ぼくも食べたかったのに~~
ってずっとずっと想っていた 
 

でも最近
だから
せめて
寿命と若さだけはなにがなんでも手に入れてやる
と想いはじめてるんだ 


だって
これだけ暇なBARで
僻地で
お金も社会運もなくて
美味しいグルメ歩きもほとんどしてないんだもん


だったら
とことん寿命や若さに執着したい
そう想ったんだ



それにもし寿命をのばせたら
何があっても生き続けていけるでしょ?



今まで
叶ってなかったことだって 
寿命を延ばしていくうちに
叶っていくと想うし
望んでいた以上の現実も手に入るかもしれない



それにね
MAHAOちゃんは
「 なにもないことが可能性 」って言ってたけど

確かに想念的にはそうかもしれないけれど

ぼくは
現実に執着するタイプだから
若く生き続けられることが可能性だと感じるんだ


だから
なにがなんでも
寿命と若さにだけは手にし続けてやると想っているんだ 」(くまちゃんのことば)
フッフッフ(―  ―)ノシ))~♪







まあそんな感じで
くまちゃんは 
最近
少しづつ
長寿 と 若さを求める方向にシフトしているそうなのですが


その延長線上かどうかわからないのですが 


冬が近づいてきてから
ちくさあの海さんに
こう言われました
(>ω<)/






そろそろ水風呂をはじめてもいいと想う 」




水風呂!?
(・・;)?




シャワーより
熱い風呂より 
水風呂の方がさまざまな効果が生まれる 」




(・・;)・





若返るなら
湯より水


水は素肌を若返らせ 
湯は気を放出しやすい肌を作る 

」(ちくさあの海さんのことば)





そんな感じで
水風呂の事を聞いたのですが


実は
MAHAOは
10代を過ぎた頃から
冷え性にかかり
(・・;)


冷え性が一番激しかった時には
ホカロン10個ぐらいを服の中にたえず装備して
さらに厚着をしこたまして
暖房の中にたえずいて 
それで冬の寒さを乗り切っていたのですが


木更津に来て
ねこの森でねこちゃんたちのごはん配りをし続けてるうちに
ねこちゃんたちのおかげで
だいぶ冷え性は緩和しました
(>ω<)ノシ))パタパタパ


特に冷え性が改善したのが
記事にも書いたのですが
2014年末頃からやりはじめた 
水シャワー や 水バケツ

(その時の記事リンクです)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1719.html



水シャワーや
水バケツをしはじめてから 
ホカロンは買わなくなって
厚着もそれほどしなくなり 
冬でも秋くらいの装いで過ごせるようになりました



ただ
ここ最近
ノイローゼ状態になってから
水シャワーをすることが少し少なくなっていたのですが 


そんな時に
水風呂?
(・・;)?
と聞いて
少し迷ってしまいました




でも
とりあえず
若返りたいと想った時に
海さんが教えてくれたりしたのだから
きっと何かの効果があるのだろうと想い

とりあえず
くまちゃんに水風呂のことを伝え
はじめてもらうことにしました



ちくさあで
まず最初に水風呂に入ったのは
くまちゃんでした


くまちゃんは
今まで
水シャワーは続けていたのですが
水風呂はさすがに
ものすごく勇気がいったみたいで


最初入った後も
こんなことを言っていました


全身いきなり漬かったら
ものすごい
身体がどぎどぎーーーってした

心臓がバクバクして
息が絶え絶えになって
呼吸が止まりそうになった


でも出たり入ったりを繰り返して

少し水の中で慣れてくると

だんだん
体に負担がかかってるわけじゃないことがわかった

体は真水に入れて
むしろウキウキしてる感じだった

ただ頭とか脳とか
気分の方が冷たさが伝わった時に
大パニックして
その頭のパニックで
心臓や呼吸がドギマギしてるような感じだった 」





(・・;)





だから
何度か出たり入ったりを繰り返して
いつでも出れることを脳に伝えて

気分を落ち着かせながら入ってきたら
だんだん頭も水に慣れ始めてきたんだ


なにより
頭ではなく
身体が喜んでるのを感じたよ 」





(・・;)





そういえばね

水風呂に入って見て想いだしたのだけど 

タイタニック号の生存者で2時間以上 
氷山の海に浸かっていて
生き延びた人がいてね

それはパン職人さんで
沈没間際にどうせ沈没するならって
大好きな
ウイスキーを飲みまくった人だったそうだよ


そしたら
アルコールで酩酊して
寒さを頭で感じなくなって
生き残れたんだって


それを考えて想ったんだけど
もしかすると人間の体自体は
冷たい氷の海でも耐えられるようにできてるのかもしれないね



だって凍結してないってことは
海水の温度は零度を下回ることはないし 

気温で零度なら 
大体の人はある程度の時間なら
耐えられるわけでしょ? 



ただ
体は大丈夫でも
水は冷たさがジンと頭に直に伝わるから

それで
気分が冷たさに耐えられなくて 
呼吸が苦しくなったりするのかもしれないね 」




(・・;)




もしかするとかなりのケースで

気分が人を殺してるのかもしれないね 



もし
頭や気分をどんな環境でも落ち着けれるように
保てることができたら

人は
真冬の北国の海でも
そのうち ふつーに泳げるときが来るのかもしれないね

」(くまちゃんのことば)




「 気分は人を殺す 」



くまちゃん曰く


水風呂は
体には負担がなく
むしろ頭とか気分の方に負担が来る

気分は人の身体を狂わせたり
時に殺したりもするけれど
気分をコントロールできれば
水風呂は体自体は大丈夫
と聞き 



MAHAOも
興味が湧いて 
続けて水風呂に浸かってみることにしました
チャポーン(・・;)ポチャン



ちなみに
はじめて
ちくさあでの家で水風呂に浸かってみた時
頭に浮かんだことばが下のことばでした
(>ω<)




寒すぎると 寒さがわからないというけれど

寒すぎて あたたかい 」(水風呂に入った時 脳内に響いてきたことば)



はじめて
漬かった時
それはそれは
水シャワーとか比較にならないくらい
冷たさが肌から脳に直にビゴ―――ンと響いてきたのですが
(|||▽||||)


でも
くまちゃんの言う通り
確かに気分や頭の中の問題で
体自体は 耐えれるというか
むしろ喜びを感じている気がしました
(・・;)




そして
水風呂から出た後
気温の寒さを前よりも感じなくなり
それどころか手足の先端までの神経や血管が以前よりも細かく動かせるようになった気がしました


さらに
水風呂に入ると
体内が水不足に陥ってるのも感じやすくなりました

なので水風呂から上がった後
以前よりも水を飲むことを多くする気がしました 


何よりびっくりしたのは肌感です 

温泉に浸かった後
肌が美麗になるのですが


この数年
経済的な事情もあって
あまり温泉に行けず 
美肌になりたいと悶々としていました


でも 
水風呂は温泉に行かなくても
温泉に近いぐらいの美肌感が得られる感じで
肌がきれいになったのを感じてきています


また
肉体的にも
たるんでいた部分が
引き締まっていくのも感じました



なので
結局その後 
毎日 水風呂を作っては
毎日 水風呂に入るようにしています
ポチャーン(・・;)チャポーン



まあ
ただ
毎日 水風呂にしてる理由のひとつは  
我が家の給湯システムが
石油やガスではなく 
太陽熱温水器だけしかないという事も要因のひとつかもしれません


ご存知のように
太陽熱温水器は晴れてる日にはお湯が沸くのですが 
曇り続きや雨の時には
夏でも十分なお湯が沸かせません




その点
水風呂は 
常時 水を風呂に入れておけば
沸かす手間も光熱費もいらず
常にお風呂に入れるという事で
とても 理にかなってる気がしました
(あくまでも気です) 
(―  ―)人(>ω<)/






また
最近では
お湯が使える日も
風呂は水だけにしといて



髪の毛や
体を念入りに洗う時だけ
暖かいシャワーを使うという行為にとどめています
\(゜□゜)/




風呂に入る時は
あくまでも水だけを実践し続けています



そして
暖かいお湯を使う場合なのですが

熱いシャワーを浴びてから
水風呂に入るより

最初に
水風呂に入ってから

その後
熱いシャワーを浴び体を洗って
さらに最後 水で引き絞めるというのが
肌や神経
体の不調を知るのに効果的な感じがしました
(あくまでも個人的な感想です)




水は写す性質


だから
最初に湯ではなく
水風呂から入ると
自分の身体の
今まで気づかなかった体の不具合なんかも映してくれるようで 



最初に
水風呂に入った直後
くまちゃんは
長年
痛んでなかった箇所が急に痛み出したそうです


その部分は
昔 くまちゃんが大病をして患っていた箇所で

病院には通っていないものの
今でも少し後遺症があるような部分らしく
くまちゃんはこう言ってました




今まであまり痛んでなかったから
その部分が悪かったことをちょっと忘れていた

でも
意識では気づかなくても
体では痛んでいたんだ

その事に水が気づかせてくれたような気がする 

」(くまちゃんのことば)





それ以来
くまちゃんは
数日
水風呂で痛んだ個所を
以前ご紹介した
自分つぼマッサージでもみほぐして

自分つぼマッサージの記事リンクのひとつ
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1843.html




さらに
痛んだ個所が復元するような食材も食べだして
水風呂で体の不調が出た個所を見つけるたびに
それを行って
少しづつ痛みをなくしていってるようです





そして 
水の中に入っていて想うのが 
水の中で意志を発すると
水がにゅわんにゅわんと流れを変え
気の動きを変えていくような感じもしました


お湯でもそれはある程度起こるのですが
急速に暖めるというしるしが入っていない水の方が
自分の意志を映し水質が変わっていく感じもしています 
(これもあくまでも個人的感想です)


なので
水風呂に入ってる間
おいのりをいっぱいしたり
超健康で超若く 超長生きをするということを
より唱えるようにもしています 
(―人―)



それに水風呂に
毎日入り続けていると

水は
その日の気温を敏感に映していて 
日によっては
水風呂なのに 生ぬるく感じる日もあったりしました 





まあそんな感じで水風呂を始めたのですが
意外と慣れると
水シャワー水バケツよりも気分的に楽ちんで
さらに光熱費もかからず
冬の寒さ対策に効果的な気もします



それと
水風呂に入って想った事がもう一つ


もしかすると
身体にとっては
水よりお湯の方が負担がかかってるのかもしれない


それについて
話してみたら
くまちゃんもこんな事を言っていました



以前
介護をやっていた時から聞いていたけど
お年寄りって
いきなり冷え込んだ日によく死ぬんだ


もちろんお年寄りのいる部屋は暖房がついていて 
室温がいつも一定にコントロールされているみたいだったんだけど

外気温が冷え込むと 一定にコントロールされた室温の中にいても
影響を受けるみたい

もしかすると
暖房とか人為的に温めたものって 
知らず知らずのうちに
体に負担をかけてるのかもしれない


それに以前調べてみたんだけど
お年寄りの死因って
交通事故よりも
熱いお風呂を冬に入浴してる時の方が多い

もしかすると
外の気温と全く違うお湯って
気分はよくしても
体に悪いのかもしれないね 」(くまちゃんのことば)





そういえば
以前
記事にも書いたのですが
ベランダに生えていた
植物さんも
こう言ってくれました



冬だからと言ってお湯ばかり飲まないで

お湯は水より老化しやすいから 」(木更津のアパートのベランダにあった植物さんのことば)


http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1841.html





想い返せば
冬の湿原で青々していて枯れてなかった草は
冷たい水が流れる小川の水辺の草でした
(・・;)



もし流れていたのが
お湯だったら
草は枯れてしまっていたでしょう


もしかすると
お湯は気分良くしてくれる分
知らず知らずのうちに
生命力や
エネルギーを放出させるのかもしれない 





そして
水風呂に入っていくうちに
次代の人類は お湯ではなく
真冬でも水風呂に浸かることが主流になっていくかもしれないと想いました




人為的に水の温度をコントロールするのではなく
外気温のままのお水に入って
そして体内のお水をたくさんとりいれて

そうして水との付き合い方を変えていくことで
人類が若返っていくのかもしれない

そんなことを想った今日この頃の事でした 




ちなみに
最近 こういう言葉も聞きました







貧しさを感じるという事は 欲があるという事 」



「 
すべてを奪われた人は
奪った者たちの生命線を握れる


奪われたことに気づき
なお
現実のすべてを奪われ続けているのなら 
奪わせてる人たち
座にいる人たち
それを操ってる人たちから
生命力を回収できる



それに気づいた者が本当の操縦権者なの 

現実の権力はなくても 
座の者たちの寿命を生命力をコントロールできる



だから
昔の支配層は
奪いすぎてはならないって言って

食うに困った人々は
たんと食べさせてやれとも
言ってた 


奪われ続けてる人たちって 
現実の権力はなくても
その意志の発し方で
奪わせてた人たちの寿命を決めれるの


そして
それに気づいたとき
反転ははじまる 」(ぼーーーーっとしていた時 聞こえてきたことば)






追伸




MAHAOの家では
寝る部屋はどこかしら窓は
開いているのですが
(・・;)



最近
寒くなってきてるせいか
毛布一枚で寝ていると
寒さで早起きてしまう現象があったりします
((((T0T))))



ただ
そういう風に寒さで
早起きした時は

普段の寝不足の時と違って
後になっても寝気は感じず
意外とだるくなったりもしません
(・・;)?


そして想いました


もしかすると
冬は
寒い状態で外気を取り入れながら寝る方が

気を放出しやすい暖かい締め切った部屋で寝てるより
はるかに気の補給ができてるのではないか


そういえば
冬眠をする動物さんは
冬眠中 ほとんど飲まず食わずですが
寝てるだけで生命活動を維持しています



もしかすると
睡眠は 
睡眠時間もあるかもしれないけれど


実は睡眠時間より

睡眠中
どれだけ気を補充できたか

寝ている間
とれた気の量が体内に蓄積されたのかの方が
だいじなのじゃないか?


そんな感じの事も想いはじめた今日この頃の事です










プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク