みけはしっぽーで しっぽーはみけで





みけぇ と しっぽーは 孤独なのです


とてもとてもさみしかったのです

かなしかったのです 



ある日突然目覚めたら
見知らぬ小さなお山にいました 

みんなダンボール箱の中にいました 



ここはどこ?
どうしたの? 
どうしたの? 


なんかいつもと違う 寒いよ 

寒くない季節だったのですが とても寒く感じたのです 


呆然としてました

そしたらからすさんが言いました

「 
捨てられた子 
捨てられた子

かあかあかあ 

俺達の物 俺達の物 」



ぼくたち 
わたしたちは捨てられちゃったの?

元から何もなかったけど
もっとなにもなくなっちゃたね

ここはどこなんだろう?  

キョロキョロしてました 


そしたらからすさんは言いました

「 
墓場 墓場 墓場 
があ があ があ 」




みけぇとしっぽーは想いました


お墓いや――――!
みけぇとしっぽーはもうちょっと生きたーーーーい!

せっかく生まれてきたから

でも許されないのかな 」

色が同じだから 
二人で見つめ合いながら お話しました



でも生きたいよね 生きたいよね 


誰もごはんもくれないけれど
ここは見知らぬ場所だけど

でもそれだけど生きたいよね

でもこのままここにいたら 
ここはお墓だから 
お墓に埋まっちゃうのかな?


しっぽーとみけぇは呆然とし過ぎて
目がウルウルする気力もありませんでした 


そうこうしてるうちに
みんなどんどんいなくなってしまいました


臆病でどこかに行けず
一緒に潜んでいたしっぽーちゃんの仲間ねこは
からすさんにカアカア攻撃されて 
どんどん死んでいきました


「 
ママいない 

パパいない 

俺の物俺の物 」

食べられたり ビームされたりしました 



そうこうしてるうちに
みけぇとしっぽーの二人きりになってしまいました

しっぽーもみけぇも臆病で

でもそこから動く希望も無くて
でも生きたくて 
近くの木さんにゴリゴリして一緒に寝てました

お墓 
古墳と呼ばれる小さなお山にずっといたのです 


一月を過ぎた頃
痩せて お腹が空いてしまいました

時々ごはんが置いてあって
ふたりで
もちょもちょ食べてたけど

「 どうしようね? しっぽー 」
「 どうしようね? みけぇ 」

ずっとずっと言いあっていました 


しっぽーとみけぇは満月のある夜
木の高い所まで登りました



一生懸命登りました

みけぇとしっぽーは
聞いたことがあったのです

満月は
道しるべを教えてくれるって



きっと高いところに行って
ちょっとでもお月さまに近くにいけば
何かわかるかもしれない 


そう想ったのです 


ふたりでお月さまを
ぼおおおおおおおっと見ました

そしたら木の傍でぐりぐり遊んでた
ねこちゃんが言いました

「 ごはんくれる人がいるよ 
そんなにお部屋の中に住みたいのなら
もしかすると連れてってくれるかもしれないよ 」


みけぇとしっぽーは 


お外が怖いのです

狭くてもいいからお部屋の中に住みたかいのです

そして気がついたら
みけぇとしっぽーは
お部屋の中にいました 


その前に
海に一度行った気がします

音がいっぱいざぶんざぶんしてました

びっくりしました 


みけぇとしっぽーは
今お部屋の中にいます



満月ってパワーがあるんだね 」




みけぇとしっぽーは 
よくお空を眺めています



ぼくたちはどうしちゃったんだろうね?

でもずっとずっと一緒にいて
ずっとずっと長生きしようね 」 

そうお話してました  」
(過去記事の
みけぇ と しっぽーの言葉)





P8260008_R_201706182354233ea.jpg




6月15日
午前11時31分
しっぽーちゃんが入院していた動物病院から着信がありました



車の中に携帯を置きっぱなしにしていた私たちは
それに気づかず


午後1時30分過ぎ
動物病院にしっぽーちゃんの面会に行くと
院長先生からこう言われました


実は連絡していたんです

朝頃から容態が急に

そして連絡したんです 」


しっぽーちゃんは
6月15日の11時過ぎ頃に
息を引きとったと言われました



それ以前
数日以上前から
しっぽーちゃんは
急に咳き込むようになり
処方された御薬を飲ませていたのですが


食欲が衰え
少し体のやせが目立つようになったので
とある動物病院に連れて行き
点滴を打ってもらいながら 
抗生剤や食欲増進剤などを数日分処方してもらいました


その後
一時食欲が戻ったかと想ったのですが

薬を飲ませているうち 
次第に表情が変わっていくのを感じました


そして
6月13日 
しっぽーちゃんは吐きはじめ
その後 ものすごく激やせ状態になってしまったので 

くまちゃんは
今度は別な動物病院に
しっぽーちゃんを連れて行きました



その動物病院は
アパートのもっとも近くにある動物病院で


木更津に引っ越しはじめの時
よく利用していたのですが


院長先生から 
とある女医さんが担当になってから 
その後 様々なことが起こって
いつの間にか
そこを利用することは少なくなっていました



5年近くぶりに訪れた近くの病院は
以前 担当してくれた女医さんの姿はいなくなっていました



院長先生がしっぽーちゃんを担当してくれたのですが
院長先生はしっぽーちゃんを見るや
そして触るやいなや

「 
腎臓が腫れている
危険な状態だ

今日持つかどうかわからない 」と言われました


院長先生の話では
触診しただけで 
腎不全の疑いがある事



前の病院で血液検査をしてなかったことを聞くと 
すぐにしっぽーちゃんの血液検査をしてくれました


血液検査の結果
しっぽーちゃんは腎臓の機能が弱く
低血圧になっていて
点滴投薬治療をしながら
入院治療が必要のようでした



翌日
午後1時ぐらい
しっぽーちゃんの容態を見に行ったのですが


しっぽーちゃんの表情は変わらず
猫ちゃんたちが死の前に見せるような表情をしていました



入院したことで 
しっぽーちゃんが
なんだか捨てられてるような気がしているのを
感じたため


わたしとくまちゃんは
しっぽーちゃんを撫でながら
触りながら


だいじょうぶ
しっぽーちゃん

よくなったら
仲間の所に帰れるよ

すぐに健康になって
みんなのところに戻ろうね 」
と言いました



しっぽーちゃんは
ほんのちょっとだけ
安心した表情をして
手で触ると
気持ちよさそうにしていました



目の奥からは
昨日よりも 
「 生き続ける 」意志のようなものを感じました




2014031022024236d_2017061823541575d.jpg








みけの夏の想い出は さむいさむいねこの森です


しっぽーと一緒にずっといました 



夏はとても暖かいはずなのに

みけの記憶では 夏はとても冷たい想い出です 



夏に寒さを感じます

記憶の中の情景です 



夜になるとお空が真っ暗で

みけとしっぽーは怖かったです 


それというのも みけとしっぽーは

ねこの森に捨てられる前は あるおうちで飼われていたからです 


お部屋の中と お外

体感温度が変わります 


だからはじめて 森の夜風に吹かれて

お腹もすいて 落ち込んでいた時は 

こう想いました 



さみしいよー

ここどこだろーーー?

怖いよ――― 


水の音がする 

あれなんだろー? 

からすががあがあ 鳴いてる

心細いよー 



お布団もないよー

みけ と しっぽーのごはんもないよー 

怖いよ怖いよ 


後で水の音は 

海だということがわかりました 


最初はとても怖かったですが

夜空を見てると お月さまが出ていて

その音が お月さまと同じ動きをしてるので 

聴いてるうちに 海の音は だんだん心地よくなりました 


みけとしっぽの中では

今も 夏は寒いね 夏は寒いね

夏の想い出は さみしかったね

っていう想いでいっぱいです 


でもそんな冷たくて さみしい夏に

海の音は あたたかく響いてきました


海の水は冷たいけれど

あたたかい 


それが みけたちの夏の想い出です 」(おひるねごろにゃんとうのみけちゃんとしっぽーちゃんのことば)



20160219233542958_20170618235419fc2.jpg



しっぽーちゃんと初めて出会ったのは

2013年6月28日深夜の事でした


くまちゃんと一緒にごはん配りをしていた時

ふっつのしー様の古墳のすぐそばの丘の傍らに
ダンボール箱が3つくらい置かれているのを見つけました

くまちゃんが中をみると
ダンボール箱の中に20匹近い猫たちが捨てられていて

その中にしっぽーちゃんやみけちゃん 
生まれたばかりのベビー猫ちゃんや
しっぽーちゃんたちの親兄弟もいました

20160219233455b26_2017061823541583c.jpg



全員拾ってあげたかったのですが
その時の我が家はもうすでに狭いアパートに20匹以上の猫たちがいて

全員を保護することはできませんでした



からすがやってくる前の時間
生まれたばかりのベビー猫ちゃんだけを保護しました




でも保護したベビー猫ちゃんたちは
その後1週間もせずに
全員 息を引きとってしまいました



猫の森で
しっぽーちゃんや兄弟猫ちゃんたちには
ごはんをあげ続けました


それでも日を追うごとに
しっぽーちゃんの兄弟が跳ねられている姿を見つけたり
行方不明になったり
ある時は カラスについばまれた後 
無数の蟻にたかられた姿で 
道路の中央に横たえられている姿も目撃しました


しっぽーちゃんの
兄弟がひとり またひとりと行方不明になり
最後に古墳に残ったのは
しっぽ―ちゃんと 瓜二つの兄弟のみけぇという兄弟猫ちゃんでした



そして
秋になったある日の事
いつものようにごはんを食べに来たしっぽーちゃんとみけぇちゃん


みけちゃんの目に腫瘍のようなものができていて
後日
くまちゃんが目薬をさしたりしたのですが 
全然治る気配が見られなかったことで




その時
しっぽーちゃんとみけちゃんのふたりを保護する決意を決め
二人をケージに入れて
みけちゃんを病院に連れて行きました


幸い
みけちゃんの目は治療のかいあって
治りました


しっぽーちゃんとみけちゃんは
弱弱しい兄弟でした


ふたりとも来た時から
ウィルスに感染していたようで 
虚弱体質のようでした


でもふたりは
いつも寄り添い
なかよくアパートをぐるぐるして
一緒にご飯を食べて 
なかよく添い寝をしていました


いつもいつもふたりは一緒でした

8f968ea8.jpg



ある時
あめで
ベビーふっつーの声が聞きました


「 かわいい

ベビーに似てる 」(あめで聞いたベビーふっつーの声)


しっぽが長く 
毛が長いしっぽーちゃんを
ベビーふっつーは自分の子か
自分の親族と想ったようでした


その頃から
しっぽーちゃんの体に
ベビーふっつーの想念が宿るようになり
それと共にしっぽーちゃんの体格が見る見るうちにおおきくがっしりとなっていきました


かつてのベビーふっつーに近いぐらい
がっしりとして大きな体つきになったしっぽーちゃん


でもみけちゃんは
弱弱しいままでした


みけちゃんは少しづつ気落ちしていき
咳き込むようになり 
口内炎を併発するようになって 
やがて食欲不振になり
病院にも度々連れて行ったのですが



2015年の2月16日の12時12分
君津の動物病院での診察中
急に息を引きとりました


1cbe2259e11d8ca74a92b0a4a74ec8a6.jpg





みけえが息を引きとってから
しっぽーちゃんは
さみしそうになっていきました


以前はなかった
深い咳をするようになってきはじめました


くまちゃんは
兄弟すべて行方不明になったり息を引きとった
しっぽーちゃんになんとか生き続けて欲しいと想って
ワクチンを打ちに行ったり 
口内炎の薬をつけたりしてたのですが 


病状は
一進一退している状況でした


それでも
なくなる一月前には
毎日 
たくさんの牛乳や
鶏肉 カリカリを少量だけ
食べ続けていました



しっぽーちゃんが望んでいたので
たまにアパートのベランダに出していたりしていたのですが


ある時
アパートのベランダから
隣の部屋のベランダに入っているのを
くまちゃんが目撃して


もし隣の部屋の人が気づいたら
苦情を言われるかもしれないと想ったくまちゃんは


それからしっぽーちゃんを
ベランダに出す時は
かごに入れて出すようにしました


その時
しっぽーちゃんは
ベランダを好きに動けず
なんだかとても哀しそうでした



6月15日
院長先生に促されて
診察室の奥に入った私は哀しくなりました


しっぽーちゃんが入れられていたのはダンボール箱です



捨てられていた時と同じ
ダンボール


ちいさなちいさなダンボール箱でした 


もちろん院長先生は
しっぽーちゃんがダンボール箱に捨てられてた事は知りません

引き取りやすいように箱に入れていてくれたのでしょう


でも
しっぽーちゃんが捨てられたのはダンボール箱で 

死の直後に
入れられたのもダンボール箱



息を引きとった直後
箱に入れられたしっぽーちゃんのことを想うと
とてもせつなく哀しくなりました



P7260012_R_2017061823542116d.jpg





しっぽーちゃんは 雨を見ると哀しくなります


さみしくて 寒くて 雨に濡れていたあの夏を想いだすから 




はるちゃんは雨の音が一番好きって言ってた


せつないはるちゃんの顔を想いだしました 」




しっぽーちゃん 野良猫だった時 死霊さんの夢を見ました

ねこの森には死霊さんがいっぱい埋まっています

そしたらそれに生きた人が 簡単に巻き込まれちゃうのも見ました 」





しっぽーちゃんは まぐろをまるまる一匹 

がぶがぶしてるあめを見た 



みんなでがぶがぶがぶがぶがぶがぶがぶがぶ 食べるの

食べても食べても おおきいの 



おいしくておいしくておいしくて

食べたくて食べたくて食べたくて 



食べるたびにお腹がすく

もっともっと食べたいよー もっともっと食べたいよー 



起きたら

夢だった

ちょっと哀しくなった 


おいしいけど

哀しくなることってあるんだね」



しっぽちゃんはとてもとても切なくて さみしいのです 


そしたらね


お外を見ていたら 不思議なことがありました 

さみしそうなこの街は


何故か以前よりも さみしさがキラキラ光っていました 

街のオーラが


とてもきれいになっているんです 

さみしいが


きれいになっている 」





しっぽーちゃんは雨が好き

哀しい気分を想いださせてくれるから 」
(おひるねごろにゃんとうでのしっぽーちゃんのことば)



P9060036_R_20170619000546f90.jpg





くまちゃんは
ダンボールからしっぽーちゃんを
すぐに出し
タオルにくるみ
抱きかかえました




そして
わたしは
しっぽーちゃんの体を目にした瞬間


誰かがねこを使って人々に厄を祓っているイメージが見えました



イメージでは表の座の人達のようでした


ねこを飼ってる人をいじめさせ
つけかえた気で
ねこを飼い


ねこからねこの体を伝って
表の座の人達の厄を 
ねこを飼っている末端の人達に祓っていた



そのイメージが見えました


しっぽーちゃんやみけちゃんも
捨てられた時期としるしで
厄を祓われるしるしがつけられたイメージを見ました


ふたりは
厄を祓うために利用されたんだ

その為にあの土地に捨てられたんだ 


かわいそう

しっぽーちゃんとみけちゃん
とてもかわいそう

ふたりと
同じく捨てられたしっぽーちゃんたちの家族たちを
とても不憫にかわいそうに想いました



そして
しっぽーちゃんを連れて
すぐにアパートに戻ろうとも想いましたが


ただ厄の想念が
まだしっぽーちゃんの体に取り付いてると
想念に言われた気がしたので

しっぽーちゃんと
しばらくドライブをすることにしました

しっぽーちゃんと一緒にごはんを食べて
しっぽーちゃんと出会った海辺や
ねこの森を散策しました



みけちゃんと
ふたりでよく食べに来ていた古墳のところも歩きました



古墳のところで 
しっぽーちゃんの体から
想念が抜けた気がしました


しっぽーちゃんの魂も
出会ったしー様の古墳に吸い込まれて

そこに戻っていった気がしました 



P6150728_R.jpg





おはよう

しっぽーちゃんです 

本当にしっぽーちゃん?

しっぽーちゃんなの? 


不安になると 鏡を見ます 


あっ しっぽーちゃんだね!

おはよう 



しっぽーちゃんは

鏡が大好きです


たまに鏡を見ると

ドキドキします 

しっぽーちゃんが ずっと写ってる


しっぽーちゃんが ずっと写ってる 

しっぽーちゃんのまま

しっぽーちゃんが動いてる 

しっぽーちゃんだ

しっぽーちゃんだ

ちゃんとしっぽーちゃんだ 

変わらない 変わらない


ずっとしっぽーちゃんだ  」



はやくはやくはやく


はやくはやくはやく


急ぐとどうしても遅くなる 

そんな時 一呼吸
すー はー

すー はー 

落ち着いてみてね 

あら 不思議 

ゆっくりだとおもったら 

落ち着いてやると

とっても早かったわ 


何故?


時間って不思議ね 

それは 時間も想いだからよ

時間が無いとおもえば 時間が無くて 

時間がたっぷりと想えば 時間がたっぷり 

想いに呼応してエネルギーがそう動くのよ

すー はー 


すー はー 

これはしっぽーちゃんが ねこの森の木さんに聞いたお話 」




大多数の死者はただ聴いて欲しいんだよ  

ただただ話を聴いて欲しいんだよ

自分はこうだったこうだった こうしたいって 

お話を聞いてもらうとね

死者達はとってもうれしそうになるんだよ 



生きてる人も同じでしょ?

同意して欲しいより ただ聞いてくれればうれしい人が多いでしょ?


生きてる人も死んでる人も似てるの 

 

しっぽーはね

お話を聞いてるうちに 体が見る見る元気になったんだよ

だって死者達のお話を聞くって 


死者達からエネルギーが入ってくることだから 」(しっぽーちゃんの過去の言葉)


P9060046_R_2017061823585936a.jpg




しっぽーちゃんとドライブをしていた時
こんなイメージも見えました


今回見てくれた院長先生は
しっぽーちゃんが腎不全だったのを一発で見分けてくれて
腕もよかった



数年前から 
ちょっとした事があって行かなかったけれど

あの院長先生は やはり名医で
木更津では
良心的な値段で
いつも人で混んでいる

しっぽーちゃんも 
すぐに治ると想っていた


でも治らなかった


でも
想いかえすと


一回診察しただけで
5万円ぐらいかかる動物病院の方が直る率が高い気がする

もちろん治療の仕方を細かく見ていると
近くの院長先生とそれほど変わったことをしているわけじゃない


でもなぜか
確率的に
ものすごく料金を徴収する治療費が高い動物病院の方が
ねこたちが治っていた可能性が高かった気がする



なぜだろう?
どうしてだろう?


その時
声が聞こえました


それはね


この数年
治る力も
搾取的な磁場で
一極集中で集められていたからよ


世界に記された
搾取的な者に 一極集中で力がのせられるしるし


世界では
この数年 

富や名誉だけではなく 
様々な力や能力まで
そこに一極集中でのせられていたの

搾取的な人ほど治療もうまくなっていた 


だから
良心的なお医者さんを探して治療してもらっても
なかなかねこたちは治らなかったの 



診断もしないで
ただ説明をちょっとしただけでお金をとるようなお医者様が
治る確率が多かったの 」


そんな感じの事を言われました


でも
そんな世界とそれを許してる表の座の象徴に
とても憤りを感じました


でも怒れば怒るほど
怒りのエネルギーも 一極集中で集められて
利用され
別な弱者への攻撃に利用されるイメージも見えました


だから
わたしは 
なるべく怒らないようにしようとも想いました



帰り際
しっぽーちゃんの体を
後部座席にのせながら


しっぽーちゃんを埋葬するプランターを買いに行きました

最初
しっぽーちゃんとみけちゃんは
一緒に千種新田の家に埋めようかなとも想ったのですが


千種新田の土地に行ってみると


まだ時期は早い 」

と言われた気がしました


なので
しっぽーちゃんと
みけちゃん

ふたりが入るおおきなおおきなプランターを買ってきて 
そこにしっぽーちゃんが大好きだった鶏肉と 
うちねこたちが大好きないなだも一匹丸ごと
しっぽーちゃんとみけちゃんと一緒に埋めました






しっぽーは みけぇ依存症なのです 



みけぇは しっぽー依存症なのです 


ふたりとも色も同じ 大きさも同じ 


違うのはしっぽの長さだけ とってもなかよしなのです 


なかよしをちょっと超越しています 


みけぇは しっぽーで

しっぽーは みけぇで  


そんな感覚で毎日過ごしています 



そして

毎日 みけぇは しっぽーを頼り

しっぽーは みけぇを頼っています  


そう みけぇとしっぽーは 互いに依存症なのです



頼りあいながら 能力もパワーアップ エネルギーもパワーアップしていくのです 



しっぽーは みけぇがいたから ダンボールに捨てられた時も 生き残ることができました 



みけぇも しっぽーがいたから 生き残ることができました 



寒い時は二人でぴとぴとしあいました 


花火で不安だった時は ふたりで勇気を出して 遠くに逃避行しました 


ひとりだと怖くて 花火のおとにびくびくしてただけだと想います 



それとしっぽーが調子が悪いと そのみけぇが調子悪くなったりします 


でもそうすると しっぽーの調子が良くなります 



みけぇの調子が悪くなると しっぽーの調子が悪くなったりします 


でもそうすると みけぇの調子が良くなります 



ついこないだまで しっぽはぐしゅぐしゅ顔でした 

そしてみけは ぴかぴか顔でした 



今は しっぽーがぴかぴか顔です


みけぇは ぐしゅぐしゅ顔です 

多分お互い頼りあってるのだと想います 




そう みけぇと しっぽーは

依存症なのです 


人間の世界を見ていると

依存症はよくない 頼るのはよくない そう言ってる人が多いです 


もしもみけぇや しっぽーが 頼らなくなれば


お互い 生きのこることができなくなります 



パワーは どんどん減っちゃいます

みけぇも しっぽーも依存しあうことで 生きる力を高めあってきたんです



みんな 自立しましょう 自立しましょうを

過度に進めると 誰も生き残れなくなっちゃいます 


人間は 大地に依存し 空気に依存し あめちゃん(太陽)に依存し

水に依存し 動物や 植物に そして多くの人にも 依存しています 


たすけを求めてきたからこそ

人間も 今の姿になったの 




たすけを求める相手が 多ければ多いほど 人は強くなり 能力も増していくの 


みんなに依存してるから 中心 


一番

たすけが集まる




しっぽーもね

依存するの好き 



何かに依存していけばいくほど

その何かを好きになって その何かについてとても詳しくなっていくよ 



あめちゃんに依存すれば あめちゃんのことがよくわかるようになる

お月さまに依存すれば お月さまのことがよくわかるようになるよ 



海に依存すれば 海の事がよくわかるようになる

山に依存すれば 山のことがよくわかるようになるよ 



依存された方も

たくさんの想いが集まって 依存してくれた存在に 依存する



依存しあってる人の方が パワーアップしてる



本当に心を見る人なら


どんどん依存しなさいって 言うはずだよ 



だってそれがたすけを求めることであり


引力であるから 」(おひるねごろにゃんとうでのしっぽーちゃんのことば)



86e8692efe413208bce8e0161f4f7d0b.jpg




わたしは
また
ねこの森の古墳の近くで


みけえとしっぽーが生まれ変わって
ごはんを食べにきてくれると想いました


ふたりの魂と記憶がのった
うまれかわりのみけちゃんとしっぽーちゃんが
また来てくれたら またごはんをあげ


もし二人が望むのなら
新しい家で
一緒に楽しく暮らしたいと想いました


しっぽーちゃんとみけえちゃんが
いつまでもなかよく生き続けますように 


ずっとずっと生き続けますように







しっぽーはみけで
みけはしっぽーで 


いつも一緒にいたからね



昔から二人はなかよしだった



捨てられて
怖い体験をして
それから二人は 
同じあめを見るようになった



みけとしっぽーは
ずっとなかよし


みけは しっぽーで
しっぽーは みけで


 」(しっぽーちゃんの言葉)




P3070031_R_201706182354194aa.jpg





プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク