BINOJURYOKU(美の呪力) 予定変更編・・・<(_ _)>

タイトル未設定




<(_ _)>




レスキューシンドロームについて 人からご質問があったので 

予定を変更して(年の差カップル編の予定でした)ここで補足説明します



「恋愛感情が3年で醒めるのならば 

女性が長く男性から庇護を受ける為には

恋愛感情以上の何かを利用しなければならない 


男性にはそもそも 守護本能ともいうべき 自分より弱き存在を守ろうとする性質がある 

対象は子供であったり 女性であったりする 

人それぞれだけど 必ず共通するのは 何かにおいて自分よりか弱き存在とイメージできる対象 


そもそも男性にはリーダーになりたがる素養があるの 

仕事の場で 序列を過度に意識するのはその習性故 


でもリーダーになるには条件がいるの それは自分より か弱きものの存在

自分を必要とする 弱きものがいなくては 自分がリーダーになる事はできない

だから彼らはか弱きものを本能的に守ろうとする 

自分がリーダーであることのアイデンティティを示したいが故に 


その本能は おそらく古から 子孫や自分の共同体種族を守る為に 培われてきた 


例え時代が変わろうと 数万年がかりで培われた本能は そう易々と消えない 

それがレスキューシンドロームの正体のようなものだと思う


助けたい対象はあくまでも自分より弱い者 弱きものでなければ自分がリーダーである事を示せないから

自分より強いものは逆に攻撃される もしくは警戒され逃げられる傾向がある


男は 威圧感のあるものを見ると 無意識的に敵と見なすから 


あくまでか弱くふるまい か弱い視覚イメージを作る事 


自分が守りたいと感じるか弱さを認知した時に その存在のリーダーでありたいと思うから 

そういった時に 防護本能がわき出るの


だから守られる側は 彼らを幻滅させるような 

威圧感や 自分よりもずる賢い一面 狡猾さを見せてはいけないの 

そこに細心の注意を払わないといけない 」


(天才参謀美女Yちゃんの話)


インドには 紀元700年頃から 伝わる遊女達の物語があります 


クッタニー マタと呼ばれる 抒情詩 (インド文学)です 


そこには 遊女達が 裕福な殿方や実力者に飽きられないように  いつまでも経済的援助を引き出せる術がめんめんと書き記されています 


そこに書かれていた事をMAHAO流にだいぶはしょりながら要約してみました


意味の取り違え等がありましたらお許しください <(_ _)>


クッターニマタの術



第一に 自分の噂を スポンサーとなって欲しい男性の耳に入れる事からはじまります 

決して自分から直接アプローチするような事はしません 


周囲の人々に 自分の噂話をするように仕向けるのです


「 あの遊郭にはものすごく綺麗な女性がいる 」

「 性格が良く かなりの福相らしい」

「 どうやら貴方様の事が好きなようですよ 」


と ターゲットとなる男性への好意を 周囲の人々たちからの噂話として 耳に入るようにして 彼が遊郭に会いに来るように導くのです 


そうして会いに来た男性と  初めて同衾した夜 

遊女は  彼女たちの間で語り継がれている悲劇の昔話を そっとその男性の耳際に囁くのです


「 昔々 愛していた男と添い遂げられなかった遊女が居ました 


彼を失った遊女は 悲しみのあまり 取り乱して 木の下で首を吊ったそうです 


そして後になってそれを知った男はいつまでも彼女の死を悲しみ 悲嘆の人生を暮らしたそうです 」



遊女は その後やりすぎない程度に彼に奉仕します 

健気な印象を植え付けながら   どんどん彼を引きづりこんでいきます 


でも暫くすると 遊女と愛人関係になった事を 男性の親族など周囲が嗅ぎつけます 


そうすると彼らは遊女と手を切るように と男性に圧力をかけるのです


そして圧力に耐え切れなくなった男性から ある日別れを告げられると 

遊女は 待ち構えていたかのように しおらしくこう答えます 


「 そもそも卑しい身分の私と 立派な家柄である貴方様とが 最初から釣り合うはずもないのです 


でもそんな貴方が長い時間 私と過ごしてくださったという事は きっと私が前世で何か良い事をした褒美だったのでしょう


私のような女は 浮気の対象の価値しかないのです 

私はそういう女です・・・


なのでどうかこれからは奥様を大事になさってください 」 


と遜りながら いきなり愛人の足許に土下座をして 謝ります  


「 貴方を愛したことで あなたに不快な思いを与えてしまい 本当にごめんなさい・・・ 」 と・・・・


それから 別れ際こう付け加えます 


「心配なさらないで 決して取り乱すことはないですから  愛しい貴方様 どうかお気を付けください 」


と言い 彼に背を向けた後 涙を流しながら 倒れるように木にもたれかかります 


この時 遊女が愛人の男性に最初に寝物語に話した昔話が生きてきます 

彼女が木にもたれかかった瞬間 愛人の頭に浮かぶのは 恋人に捨てられ首を吊った遊女の悲恋の物語です


彼の頭の中で 目の前の恋人と 伝説で首をくくった遊女の姿がオーバラップして 

自分がいなければ哀れな彼女は死への道を選んでしまうかもしれない そうした危機感に囚われた彼は 遂には彼女と元の鞘に戻ると言う次第


この時 彼の心には 恋愛を超えた庇護衝動が生まれます 

でもこうして彼女を手放せなくなった愛人は その後あの手この手で財産の全てを遊女に吸い上げられます 

そして愛人にお金がなくなると 彼に嫌われるような行動をわざととります 

彼から自分を振るように仕向けるのです 

それからまた他のパトロンを見つける・・・ 


「お金がなくなったら マンゴの実を吸って 皮を捨てるように 肉を食べた後に骨や皮を捨てるのと同様に その男も捨てなさい」


参考文献 遊女の手引き―クッタニー・マタ遣手女の忠言 平川出版社


<(_ _)>  

こうして男性たちからお金を次々と引き出す技が 千年以上も口伝により伝承されてきたとか 


インドは厳しい階層社会でした 


低い階層の遊女は 男性から経済的援助が得られないと 一族郎党が餓死する事もあったので


きっとこのように生きる為の知恵が 発生されたのでしょう  


でもそこには 


「 恋愛ではお金は引っ張れない 情だからこそ長く金を引っ張れる!」


と以前 銀座のお姉さま達から聞いたような話が書いてあって

(φ (・・;) 


男性を魅了する術は古今東西から変わらないのだなあと感じ入りました 



まる 



<(_ _)>補足編続く・・・

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク