夢で逢いましょう











こないだ
あめでこんな事を教えてもらいました







ヒーリングは呼吸を合わせ 行う 」





呼吸を合わせ 行う?
(・・;)







厄のポイポイや呪は
相手に呼吸を合わせ 厄の想いをぶつける

相手の体から生命力を吸うのがその手法なら
生命力をつける手法も同じ


呼吸を合わせ
相手の体に生き続けて
超健康になって

と想うだけ 」





(・・;)





生命力を上げるにしろ
吸うにしろ
相手との同調なしにそれを行うことはできない

呼吸を合わせ同調しながら念を吹きこむ行う

吸うタイミングにエネルギーをのせるとスムーズに入る
吐くタイミングにエネルギーをのせても入らない 」(あめで教えてもらった言葉)





さて
ここ最近
夢やあめをみて
あることに気づきました
(・・;)






夢(あめ)を見てる時は
とても臨場感があって
それが現実だと想いながら
すごく生々しい体験をしてるのですが





起きる時
スコット忘れてしまい
?(・・;)?~*


なので
起きる時に
夢の記憶を忘れ去ってしまった印象を今まで受けてたのですが



実は
夢の記憶は忘れているようで
実は忘れてはいないそうで



自分の体は
自分が意識している以上に
夢を詳細におぼえているとのことでした





それを教えてくれたのは
こはるちゃんで
こう言う事を教えてくれました
(>ω<)/






☆夢(あめ)で逢いましょう☆




かたりて こはるちゃん







記憶は消えないんだよ 」







(・・;)







頭で忘れてるようで
実はおぼえてるの

忘れてしまった夢の記憶は
体がおぼえてるの 」








(・・;)!







こは 夢 あめで泳ぐの 好き

すいすいすいみんぐ 


ねこにんぎょ 

 」






ねこにんぎょ・
(・・;)








ねこにんぎょはね

正確には
ねこが泳いでるんじゃない


ねこが
およいでいるおさかなさんに同調するの 」






おさかなさん?
(・・;)








そのおさかなさんはね

想念体なんだけど
おさかなさんみたいにみえるの


体から体を泳ぐ想念体

人のべびー想念体とは
また違う想念体

ちいさなちいさなおさかなさん 」







(・・;)







そのちいさな 
おさかなさんの想念体に同調すると


人の体内や 他の動物の体内をすいすい泳げる

体内に入った存在に蓄積された過去の記憶も
未来の記憶も読めるの 」







未来の記憶?
(・・;)







天から大地に降ってくるエネルギーは
未来に大地で現象化するの


その天から降ってきてるエネルギー

人の体内に入った時
未来にどういう緩衝を与えるのか


そういうものが見えたりするの

それが未来の記憶 










(・・;)






ねこにんぎょはね 
猫が使う魔法


でも
おさかな想念に同調すると
人もできるんだよ



ほら
人も
ある場所に行くと
急に体から スッと何かが抜けたり
スッと何かが入ってくる体感したりするでしょ?


それはね

ちいさなちいさなおさかなさん想念が
入ったり抜けたりするときに
感じたりするの 」







(・・;)







ちいさなちいさなおさかなさん想念が

何故人の体や
猫の体に
入れるかと言うとね


ほら
ねこも人も地上の動物は
みんな
海から生まれたでしょ




海のおさかなさんは
陸の動物の祖先なの

だからその祖先の想念は
陸の動物の体内を自由自在に泳げる


ただね
相性があってね

泳ぐのに好きな体と
そうじゃない体があるの 


おさかなさんの種類によって
相性の合う体は違うんだよ 」





(・・;)









おさかなさんに同調するとね

入った人の
記憶を見るだけじゃなく


おさかなさんの種類によっては
入った人を操縦できたり
嗜好や考えを変えたりすることもできるの 



ほら

エヴァンゲリオンみたいな
巨大ロボットアニメ
あるでしょ?


巨大なロボットの中に 人が入っているけど

実は
あれは夢の情景を描いていて

その本当の正体は
人体に入っている
ちいさなさかな想念なんだよ 



小さな想念体が
人体を泳ぎ 人に緩衝を与える現象が

人目線では
巨大ロボットを操縦する 人の姿に見えるの


それでロボットアニメみたいな
作品が生まれてるの

 」






(・・;)!








そしてね
おさかなさんそうねんは
お腹の中をぐるぐる泳ぎながら
人の記憶を書き換えたりすることもできるんだよ 」







お腹の中?
(・・;)







人は誤解してるけど
人の記憶の多くは脳じゃなくて
人体に宿ってるんだよ

脳はそれをフィルタリングして読んでいる場所なの

 
耳は聞く 目は見る 鼻はにおう 口は味わう

頭はね
記憶と言うより 感じてる場所なの 

記憶を蓄積してる場所じゃないの 


本当の記憶はね
体に宿っているんだよ


頭は 
お腹や 体 
手や足 心臓に蓄えられた記憶を読みとってる場所で



夢で見た記憶も
そのほとんどは体に宿ってるの 

だから忘れたつもりになっても
体は夢の通りに行動したりする 


でも
体に緩衝を与えることで
人の過去の記憶や 概念
夢の記憶を書き換えられる

それで
本来するはずの行動を書きかえることもできるの
 」






(・・;)・







ただね
いくら書き換えても
行動を入れ替えても
記憶はまた復元される

記憶は消したつもりでも

消した痕跡
書き換えたという痕跡は残っていて


そして元の記憶も
必ず
どこかに残ってるの




そして
記憶は
ある時を境に また復元されたりする 」






(・・;)










毎日夢の記憶を忘れていても

必ずその記憶は どこかに残ってるのよ



忘れさせることはできないの


だって記憶を消すという行為は
正確には記憶を消してるわけじゃなくて

盲点を作ったり 
死角を作ることで
記憶を見えづらくしてるだけだから


物忘れと同じ
だいじな物をしまった場所を角度をずらして見えなくされてるだけ


夢の記憶は
ちょっとしたタイミングをずらすことで
見えなくさせられてることが多いの


でも
ちょっとした緩衝で忘れたような気分にさせられてるだけで
本当は忘れていないの



ある時を境に
夢の記憶は戻ってくる


 」







(・・;)








それでね
色々な作品で描かれてる
くらげの森の風景は


体内の海の光景なの

血管や血の中に
ああいうくらげのようなもわもわが浮いてるの


体内のくらげが
街とか森とか
建物の中を
くらげがうようよ泳いでるように見えてるの



おさかなさん想念の視点で
そう言う風に見えてるの 」






(・・;)






それから
血のにおいってわかる?


ちいさなおさかなさん想念に
同調するとね

血のにおいは
とても甘い香りがするの

意識では血は血生臭く感じるんだけど

夢のおさかなさんは



その甘いにおいが
記憶を呼び覚ましたりする


ほら
魔術で
動物の血を使ったり
自分の血をちょっと
吹きかけたりするでしょ?


あれはね
ちいさなおさかなさんを呼ぶことで
体内の記憶を読ませたり
記憶を意識に呼び覚ましたりする為に行ってるの


血の呪術って
人を威圧する為じゃなく
血のにおいを求めてやってくる小さな想念を動かすためにやってることが多いの


ちいさなおさかなさんを動かしたりする効果があるから
それをするの

 」





(・・;)






石さんはね
ちいさなおさかなさんの祖先の存在


だから
石さんのちいさな音の想念は
体内のおさかなさん想念に緩衝を与えられるの


石さんの組み合わせによって
ちいさなちいさなおさかなさんに色んな動きをさせて 


間接的にじわじわ 
人を大きく動かしたりできるの


人の体内に入るちいさな想念体に
緩衝を与えることで

間接的に
おおきく人の集合体を動かしていく感じ 」(こはるちゃんのことば)





P9140023_R.jpg








プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク