愛って♪ なあにぃ~♪










P1200457_R.jpg










称賛ってなんだ? 」








(・・;)?






絶賛
称賛
賛美
チヤホヤ

一体なんなんだ? 」







(・・;)・









ガオちゃんは知っている

絶賛も称賛も賛美も
チヤホヤも


人が
見下した時に
起こる感情だ 」







(・・;)!







「「
おお!
これはすばらしい! 」
「 あの人はすごい人! 」

人は優れてるものを
賛美する

そう一般的に想われているだろう



でもな

人が本気で
この才能が欲しい
俺の物にしたい

本気でそう想った時にはな


ライバル心や哀しみ
そして
怒りの念が湧く
誰の心にもそういうものが湧くんだ 」








(・・;)・







人はな

本気でライバルと見なしてる存在は
称賛も絶賛も賛美もしないんだ


どちらかと言えば
相手を見下してる時
相手を哀れだと感じてる時こそ

称賛や絶賛 賛美をはじめるんだ 」






(・・;)・







要するにあれだ

あいつは哀れだから恵んでやってる
やさしくしてやってる

喜んどけ


そういう状態なんだ


そして
そんな人の気持ちがわかればわかるほど


称賛と絶賛と賛美を浴びれば浴びるほど
ブルーになるんだ


だって賛美の裏は
誰も自分を本気で相手にしてくれないってことだからな 」





(・・;)・







心の内がわかるとな

バッシングされればされるほど

ああ
俺はライバルとして認識されてるんだな

と感じるんだ


誰かの憎悪の念を感じると

まだまだ生きてるんだ

俺が生きてる証だ

そう認識する存在は多いんだ 」






(・・;)・







心とは複雑怪奇にできている

好きだから称賛するわけじゃない

尊敬してるから敬うわけじゃない

そうなりたいから賛美するわけじゃない

むしろ逆だ

ああはなりたくないと想うから敬ったり 
絶賛称賛賛美をしたりする 」






(・・;)・







絶賛称賛賛美とはな

気が混ざらないようにする行為なんだ


人は
その気が混ざらないようにしたい時

本能的に
絶賛称賛賛美と言う行為を行い
身を守るんだ 」






(・・;)・






センスが悪い
貧乏など
気を混ぜたくない相手に
欲しい能力がある時はな


鳥族さんは
まずコーディネートをするんだ

コーディネートをしてオシャレにしたり
現実をのせるんだ 


何故かって?

気を混ぜた時
一番気が混ざるのは表面のセンスや現物だ


欲しい能力があるからと言って
そこに怒りをぶつけたら
気が混ざって
センスの悪い服や貧乏な状況まできて
同じ服装や貧乏暮らしをしなきゃいけなくなるだろ?


だから怒りをぶつける前に
ライバルとして戦いを挑む前に

欲しい能力がある者には
富や自分好みのセンスをのせるんだ


自分好みの現実をのせてから
相手に憎悪の念を向ければ 

自分のセンスが悪くなることも
貧乏になることもない


それでコーディネートをするんだ 」






(・・;)・







それでな

たまにいるんだ
どんなに薦めても 
コーディネートすらさせてくれない意志の強いオタクさんみたいなタイプが


能力があってセンスが悪い

センスの良い服を着せようとしても 
あまりに言う事を聞かないから


そういう人に
鳥族は
感情的になって叩きまくったりする



でもその結果起こるのが
センスの悪さとの融合なんだ


服に無頓着な状態で気が混ざると
能力は上がっても


融合次第では
奇抜な格好をする
大阪のおばちゃんみたいなセンスになったりする

要するに呑みこまれちゃうってことだ 」






(・・;)・







そしてな

お前のブログ見て 
小犬は昔からやたら叩いてるけどな

実はな 
叩いてる奴ほど
このボロアパートと貯金0の気
オシャレしない気が混ざって

それは時が経つにつれ
すさまじい現象化となってあらわれるんだ 」







(・・;)






本当に
お前に欲しい能力があると想った格上の連中はな
まずお前のことを称賛する

称賛すれば
とりあえず今の貧乏で
オシャレじゃないお前の気とは混ざらないからな


称賛と賛美をして
自分が欲しい現実が来てから
さまざまな形で
気を交えようとするはずだ 」






(・・;)・








大犬はな

いくら称賛しても絶賛しても賛美しても
快楽を感じさせるような現実をのせても

頑固なまでに
ボロボロの服で
ボロ家に住んでる者を苦手なんだ



手の施しようがないんだ

だからそういう連中には
ほめてほめてほめまくって
とりあえずバリアーをはって

あたらずさわらず
腫物に触るように


そして
何か欲しい能力がある時は
貢物をしながら
お伺いを立てる

そういう対応に自然になるんだ 」






(・・;)






大犬の下にも置かぬ姿勢を見て
小犬達は養分に嫉妬していたけどな 

あれはただの誤解だ

むしろ愛されていないからこそ

ああいう対応をされてたりする



人は鴨だと想うと
チヤホヤする性質なんだ

詐欺会社もそうだろ?
鴨の客ほど
下にも置かぬ対応をするだろ?


そしてな
その逆に
本当に愛してる存在には
冷たくあたったり
辛くあたったりするんだ

自分が悪者と認識されてもいいと想うぐらいの
愛があるんだ


人によって愛し方は
人それぞれだけどな 」






(・・;)







だからねこの森のねこ達は
DQNを怒らなかったんだ



人から見捨てられ森で寂しく暮らすねこ達

でもお前のフィルターを通して
たくさんのDQNがねこ達の気をつけかえようとした


ねこをねことも気づかず
夢でまばゆい人だと想って

その気を剥ごうとして 
横浜や横須賀 東京から
わざわざ気を剥ぎに来てた 


あれもな
ある種
ねこ達からすれば愛だったんだ


人間の生活を営んでる者達が
わざわざ野良猫と気をまじえに来てくれた


最近は行政までが
ねこ叩きをすることで
気をまじえようとしてるんだ


それはな
序列を欲するものがねこ達と気をまじえることで
自分が欲する社会的な地位を
猫に与える


猫からすれば
あれも愛の一つなんだ 」





(・・;)・






お前はな
猫に使われてたんだ


お前が来るから
DQN達も犬ばば達も
何かあると想い 
たくさん ねこの森から気をつけかえようとした


あんな地味な場所なのに
この数年 
ありえないくらい
芸能人のロケ隊もきたんだ 


お前が餌になることで
野良猫たちがスター達と気を混ぜて
ねこは次第に人間社会で座を得たり
人気者になってきてる 」





(・・;)








でもな
お前がしている
ねこちゃんにやさしくごはんをあげるという行為は

実はお前が
猫の生命力と霊感を欲してやってる行為なんだ


DQNは怒りを向けて 社会運をねこにのせてくる
お前はごはんを配りながら
ねこ達の生命力と霊感を得ようとする

DQNとお前 
どっちが本当に猫を愛してるんだろうな 」






(・・;)・





存在によって価値観は違う
愛の概念も違う



絶賛称賛賛美とは攻撃だ

むしろ目線が違えば
バッシングこそが応援だったりもする


ことばなんて
何の効力も持たない



愛を感じると愛は消えるんだ



愛されている
とあからさまに感じてるような行動や態度は
能力や愛を奪ってる行為かもしれないんだ



つまり愛とは想いこみだ

概念次第で 変わるんだ 」






(・・;)






それからな
太陽が愛を受けてばかりだとおもったら大間違いだ

光と影があるように
愛だけでは太陽は構成されていない


むしろ太陽のまわりには
激しい憎悪や 哀しみ 怒りの念が渦巻いてる


でも
太陽はそれらすべてを応援 
すべてを愛と感じ
淡々と呑みこむから
太陽でいられるんだ 」(ガオガオちゃんのことば)








追伸








能力はな
一人でいる者の方が宿りやすい 」








(・・;)






それは
単純に見た目の問題だ 



見た目とはエネルギーの構成により作られている

成長していく素粒子は
粒がはじきあって 
姿形を変えて大きくなっていく


そして素粒子が
はじきあってる状態が
人に置いては孤独な状態に近いんだ 」







(・・;)








同じ友達とずっと一緒になかよしだとな
それはエネルギー的には
安定した状態に他ならない


でも安定してるということは
進化も
進歩もない

新しい能力が宿る可能性も低いんだ 」







(・・;)・






アニメを見ろ
ドラマを見ろ
映画を見ろ

視聴者が
惹きつけられるキャラは 
ワイワイつるんでいつも楽しそうにしてるキャラではない

恋人もなく 友達もいなく
一人でぽつんとしてるキャラクターだ 


一人の状態
そこから常にドラマがはじまるんだ 


引力とはそういうものだ 」







(・・;)








そしてな

破壊の時期の緩衝時のように
月が地球の全存在の引力を増幅するタイミングに


一人でいた者
孤独でいた者は引力を増幅しやすく
能力 超能力も宿りやすいんだ


視覚的に
そのタイミングに孤独でいると

そこに集まりたい想念やエネルギーは多くなるんだ


これも見た目だ
見た目で能力は宿ったり変化したりする

 」








(・・;)








でもな
ひとりとは言っても 種類があるんだ


ひとりの種類 」






ひとりの種類?
(・・;)







孤独にも色々ある


人いるのに人はなく
人いないのに人はいる

両者は真逆のようで似ている
でも似ているようで真逆だ 」






(・・;)?







つまりな
孤独には種類があってな

想念的な孤独と
現実的な孤独

その中間の孤独
さまざまな孤独があるんだ



人はいるのに人はなく
の状態はな

一見多くの人が群がってるように見えて
誰もその人を本気で独占しようとはしていない

誰もその人を本気では
愛していない状態なんだ

現実的には群がっていても 
想念的に群がっていない状態なんだ 


そして
現実を持たらされる孤独には
このパターンが多いんだ 」






(・・;)







そしてな
人はいないのに人はいる


この状態はな
一見周囲に誰もいないように見えて
多くの存在が独占したがってる状態なんだ

誰もが独占したいとおもうと 
その緩衝で誰も近寄れなくなる

現実的には誰も群がっていないが
想念的に多数が群がってるような状態だ



そしてその孤独は
夢やあめに大きな緩衝を与えるタイプの孤独なんだ 」



 



(・・;)







ガオちゃんはな


場の想念を操る能力を宿すために
孤独にひたすら耐えている 


場の想念が見える能力が宿るとな

金持ちが群がり
現実もつく

だけどそれは
想念的には 愛されない


相手は
現世利益を得る為だけに群がってくるからな 」







(・・;)







能力にはな

人から愛されないがゆえに
身につく能力もあるんだ

愛されないがゆえに束縛をされなければ
想念を見る能力も 束縛されなくなるんだ


それは現実的能力者も 想念的能力者も同じだ


だが
愛され過ぎるとな
束縛があるが故
それが能力の開花を阻んだりもする 



愛されるということはな
能力をつぶされる危険性も孕んでいるんだ



お母さんお父さん おじいちゃんおばあちゃん
友達 知人 
みんなから愛されていればな 
能力は身につかなくなるんだ

だって生きる為に
能力を宿す必要はないからな


能力とは
愛情いっぱいの所には宿らないんだ


そして
愛がないところの方が 能力は宿ったりする 」






(・・;)







愛ってなんだろうな?

相手の才能を伸ばすことが愛というのなら 傍にいないことが愛とも言える
相手の傍にい続けることが愛というのなら 才能をつぶす行為が愛とも言える


冷たくする愛 暖かくする愛

愛には種類がある


ガオちゃんはな 冷たい愛が好きなんだ 」(ガオガオちゃんのことば)





P1200459_R.jpg







プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク