もみじ湿原









ここ最近


旅行に行きたいなあ
温泉に行きたいなあ



毎日想ってるのですが





経済的に余裕があまりなく




また
ねこの森に連日ごはん配りに行ってる為
時間的な余裕もあまりない状況
(・・;)




そんな中
近場にもみじの名所があるというので



先日の12月4日 
旅行替わりと言っては何ですが
近場の日帰り旅行に行ってきました
(>ω<)/



PC040055_R.jpg

PC040056_R.jpg


そこはアパートから約数十分の
ふっつーの山中にある
通称 もみじロードと言う片田舎道なのですが
本州で最も紅葉が
遅い場所らしく 




12月のこの時期行っても
紅葉は真っ赤と言うより 
薄赤色に近い
まだ半分色ぐらいの状態で


PC040067_R.jpg



秋がまだ来ていない 


そんな感じがしました


PC040026_R_20151206164153452.jpg



まあとりあえず
写真をぱしゃぱしゃと撮っていたのですが

PC040079_R.jpg

PC040087_R.jpg

PC040089_R.jpg



写真を撮っていると
こんな想念の言葉が聞こえました



PC040104_R.jpg




赤は怖いの
怯えて不安なの 」


PC040072_R.jpg



黄色は怖さをとおりこして
怖さを忘れた色 」



PC040209_R.jpg




実の成る木
枝のニョキニョキ
枝のシュナプス

富が成る動き 」



PC040169_R.jpg




色は富を運ぶ 

山の色が変わると
虫や鳥 動物達の動きが変わる 
富の運び先が変わる


PC040222_R.jpg



でも
山の色の代わりは
季節の移り変わりじゃなく
もっと大きな色の変わり


PC040250_R.jpg


月の動きは
山の色づきを変える


まだ秋は来ていない

色はまだ秋じゃない 」




PC040138_R.jpg





木は20年から
40年のアルバムを見せてくれる


山は200年から
400年のアルバムを見せてくれる 」


PC040280_R.jpg




まあこんな感じの事を教えてもらったのですが




その言葉を聞いてるうちに
幼い時感じた 山のことばや 山の色の移り変わりや 木の言葉を想いだしはじめました
(・・;)



PC040327_R.jpg



PC040331_R.jpg




そして
もみじロードをぐるぐる見てから
終点の所に行くと


PC040361_R.jpg



PC040363_R.jpg


PC040373_R.jpg





上空をとんびさんが
ぐるぐると飛んできました



PC040416_R.jpg


https://www.youtube.com/watch?v=Cnysgl8C2m4







その後
くまちゃんと一緒に
通りがかりのお蕎麦屋さんに行ったのですが




30数年以上
この地で営業しているお蕎麦屋さんだそうで
とてもボリュームがあって
コストパフォーマンスがよいお蕎麦屋さんでした




PC040427_R.jpg


でもくまちゃんは
まだ食べ足りなかったようで
この後 漁港の方に行って
漁師さんがやっているというお店で
サバの刺身や地魚丼 なめろうなどを食べました




とてもボリュームがあって
特にサバの刺身はとてもとても美味しかったです





くまちゃんは
以前余裕があった頃は
ランチを2食食べて 
夜の分まで食べ貯めしていたそうで
以前のようなお昼に
2食食べるスタイルをしたいと言っていました






とても楽しかったので
また一週間後ぐらいに
もみじロードにまた行ければと想いました




PC040442_R.jpg










追伸






ひさびさのドライブが
とても楽しかったので
\(^o^)/



翌日
くまちゃんと
ひさしぶりに馬来田の湿原に行ってきました
(― ―;) \(^o^)


PC050019_R.jpg


PC050020_R.jpg





でも哀しいことに
馬来田の湿原に行く
大きな野原がメガソーラーの会社に買い占められてしまい




湿原まで
とても遠まわりをしないと
行けなくなりました
(― ―;)(;△;)。ガーーーン 





でもなんで
こんなに自然が残ってるところを
わざわざ開発するんだろう?



おそらく
電気で山や森
自然の気を都会につけかえる為だと想いました



ソーラパネルを
建物の上に置くならともかく
森や野原 野山の気をつけかえる為に
自然を踏みにじるように作るのは反対です
\(-o-)


PC050050_R.jpg






馬来田の湿原は
お花の季節からはシーズンオフだった為か
ほとんど人気はありませんでした






でも
冬の湿原は
水がとても澄んでいて
とても美味しかったです



PC050059_R.jpg






ちなみに
湿原を観察していて想ったこと





それは冬で
湿原の草むらの大半は色褪せて変色したり枯れてたのですが

水が湛えられてる小川の流れの傍に生える草は
とても青々しくて みずみずしい色をしていました


PC050112_R.jpg



それを見て感じました



お水がないところは枯れてるのに
水があるところの草は真冬でも青々している



やはり
植物ちゃんが教えてくれるように
水は老化を防ぐのかもしれない
(・・;)





冬場の乾燥してる時期に
お水を飲むことは
お肌の美容と若返りにより良いのかもしれない



そう感じて
なお一層よりお水を飲もうと想いました
(>ω<)/



PC050116_R.jpg



ちなみに
水を飲みすぎると水太りになるとよく言われますが
MAHAOの体感では水をたくさん飲んでも 
水太りになることはありません


トイレが近くなるだけ
(・・;)




太るのは油です 




油は貯える性質の液体の為
油を食べて
水をとると
蓄積されやすくなるのかもしれないと想いました



PC050092_R.jpg






ちなみに
下はこはるちゃんに言われて撮影した
くまちゃんの写真です
(― ―;)人(>ω<)



PC050065_R.jpg




そして
下の4枚は
くまちゃんが撮った写真です
(///▽///)





PC050117_R.jpg


PC050124_R.jpg


PC050121_R.jpg


PC050135_R.jpg












プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク