概念の違い










以前
こくちゃんが
種族の話をしたけどな


誠意のあらわれ方もな
種族によって概念が変わるんだ 」







(・・;)








例えば
男の人が 
ある女の人を好きになったとするだろ?

でもその男の人には
昔からつきあってる別な女性がいたとする


どうしてもその女の人を好きになって
仲良くなりたい場合


種族によって
アプローチの仕方が若干変わるんだ 」







(・・;)







例えば
土族の男たちはな

前からつきあってる人がいる場合
包み隠さず
自分には今つきあってる人がいる 

でもあなたのことが気になってる 好きだ

そう言うんだ

何故なら自分の中で包み隠さず
真摯に対応するのが 

土族にとっては誠意と想うからな 」






(・・;)







でも
鳥族の男は違うんだ

鳥族は
今つきあってる人のことを何も言わず
情熱的に その人を追いかけるんだ


だからといって
鳥族が不誠実というわけじゃないんだ

鳥族は鳥族で誠意をもって対応してるんだ 」







誠意?
(・・;)?









何故なら

鳥族にとって最も大切なのは
その時 その瞬間
気分よくして 楽しくすること



相手にもそれを与えることが
誠意だと想ってるんだ 」







(・・;)・








楽しい気分を求める種族はな
先々のことよりも 
今の楽しさをどれだけ高めてくれるのかが
誠意の基準なんだ


だから
他種族から見れば 
不誠実に見える男でも

その場の気分やムードを
楽しくさせてくれる人ならなびいたりする


鳥族にとっては
その場その場の気分を高めて 楽しくしてくれる男の人は
とても誠実で良い人なんだ 」





(・・;)








土族の男性が 鳥族の女性にアプローチすると
大変なんだぞ 

土族の男性は
今の現状を
誠意をもって包み隠さず自分見てもらおうとするけれど

鳥族の女性にとっては
何でこんな時に こんな気分を滅入らせることを言うんだろうって
想うからな 


逆に鳥族女性が浮気した場合
土族の男性は 隠さず真実を話してもらいたいと想ってるのに


鳥族の女性は言われない方がうれしいはず
だって気分を悪くさせないようにしてるんだから
と想うんだ

それが土族にとっては不誠実に見えて 怒ったりする

そうすると鳥族も誠意を尽くして
浮気した相手から気を運んでるのに
何で怒られてるのかわからない

そう想ったりするんだ 」






(・・;)・








互いが互いに誠意を持って
尽くしてるつもりなんだけどな


種族の概念の差がわからないと 
結構トラブルになったりする


というか世の人のトラブルの大半は
この種族同士の概念の差から来てるんだ 」







(・・;)








そしてな
水族も
誠意の尽くし方は違うんだ


水族は魂や想念を見る種族だからな


相手の表面的なニーズや 感情的な部分は
いっさい斟酌しないで
一見失礼にも見えるような
想いも叶えてないような

一見
不誠実にも見えるような行動をとったりするんだ 」







(・・;)







ただな
水族は 
不誠実と想って無いんだ

何故なら水族が叶えてるのは
表面的な言葉や想いではなく


魂の奥底の想いを叶えようとするからだ


相手の魂の想いを察知して
働かくなったり
時に他の異性と浮気したりすることもある


でもそれを怒られると
相手の魂の想いを叶えてるのに
何で怒られてるのか わけわかんないと想ったりするんだ 」








(・・;)・








そんな感じでな
火の種族は感情的な一番表層の想いを叶えようとする

土の種族はもう少し深い現実的な想いを叶えようとする


水の種族は
もっと深い 意識に上らない
魂の奥底の想いを叶えようとする


欲しいものが気分か現実か魂か
それにより種族によって誠意の見せ方も変わるんだ 」(ガオガオちゃんの言葉)



P9230133_R.jpg









あめを見ました




ある鳥族の姿が見えて
自分のテリトリーで
「 回収! 」のかけ声をかけていました




その鳥族の意識では
他の種族から
回収するつもりのようでしたが



何故か
「 回収! 」のかけ声と共に
呪いがかけ声をかけた鳥族と
同じ骨型の鳥族達に
ばらまかれていったのが見えました  



呪いがはじまった


かけ声と共に 
呪いがはじまった  


過不足なくばらまかれる 

今まで受けとった現実に対し
同量の呪いがエネルギー的にばらまかれる 」


そんな声がした後 


その鳥族達を使役して
現実を受けとった者達にも
受けとった現実に比例して
呪いがばらまかれていくのが見えました




そして
こんなあめも見ました



荒廃しきった情景 


ひとりの少女が
誰かと取引をしていました



そして取引が成立した途端
大きくてキラキラした寄生虫の姿が見えました


それはくまちゃんが
数日以上前に見た夢の情景のでした 



でもその情景をぼーーーーっと見ていたら


情景の意味を読みとった想念の
こんな言葉が聞こえてきました




これは日本の芸能界の情景よ

日本の芸能界がはじまった情景 



日本の芸能界はね

この島のエネルギーを
アメリカに注ぐ為に作られた業界なの 



人々から この島からエネルギーを吸いとって
アメリカに捧げるの



その見返りにアメリカの集合体から
キラキラしたエネルギーを送られたり
現実を還流されたりする


例え
本人が意識で
反米と想っていても 



芸能界に属してるだけで
自動的にこの島のエネルギーを
アメリカに運ぶ片棒を担わされちゃうの 




芸能界だけではなく

スポーツ業界もそうよ 

特に野球とか 」(その時聞こえてきた言葉)





そして
あめで
東京湾の情景が見え

海から
こんな言葉が聞こえてきました




海から土が抜けている

東京の真下から
土が抜けている


東京はあちこちから
上の土が運ばれた

でも上の土を吸った分
下の土は
かなりの量が抜けている

それは
現実を運ばせたことで
生命力が抜けていくものと同じ現象 

東京の足の下には
大きな空白ができはじめてる

多くの学者は
足下のその事実にまだ気づいていない 」(あめで聞いた言葉)






追伸















まことの犬は少ない 」







まことの犬は少ない?
(・・;)?







犬にとりこまれたり
犬の気が混ざってる人や 

犬になってない
小犬種族も多くいるが


本物の犬は少ないんだ 」





(・・;)・







本物の犬族はな

けっして
表に立とうとしないんだ 

チヤホヤされることも
必要とされることにも 喜びを感じない


かしづいて 
苦境に耐え
機嫌をとりながら
道を一歩一歩すすめることを無上の喜びとしてるんだ 」






(・・;)







今の小犬達のように
ちやほやされて喜んでるのは
犬のようで 犬になっていないんだ


何故なら
まことの犬はな
滅びたい 滅ぼしたい
と言う意志そのものだからだ


滅びたい 
滅ぼしたい 

存在が維持するのが困難な意志だろ?


その意志を持ちながら
存在してるのが本物の犬なんだ 」






(・・;)・







よく
犬ばばにある
必要とされたいと言う想いは


犬にとりこまれて 
犬に感化された人が持つ感情だ



世界の人事権を握っている
おおおばばだって
犬にとりこまれてる種族なんだぞ


犬から見れば
チヤホヤして 
甘い言葉をささやいて
女帝のような権限を与えれば
滅びの道へ向かってくれる駒にしかすぎないんだ 」





(・・;)・







まことの犬は徹底的に
滅びを望む


だからこそ
その数は少ない


犬の中でも少ないんだ


本物の犬は
序列すら関心がないからな 

滅ぼすために序列を作ったからな


序列争いをしてる時点で
犬にとりこまれてる駒なんだ  」





(・・;)







犬に誠意はない

誠意があったら 犬にはならない


犬が何より嫉妬するのは生命力だ

生命力は滅びと対極だからな

生命力に
へばりついて 苦労して  
手間暇かけて
生命力をなくそうとしたのが 犬だ 


生きたいものには
よくわからない概念だな 
 」(ガオガオちゃんの言葉)







P9230137_R.jpg









プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク