ちくさあ とらちゃん





















はるちゃんが息を引き取ってから
ちょうど7日目の
2015年8月15日
深夜零時過ぎ 






ちくさあのとらちゃんが
息を引き取りました




P5260003_R_20150817222407936.jpg







実は
はるちゃん
とらちゃんは
8月になって 同時に体調を悪くしました




ふたりとも
極度の脱水と食欲不振
息切れをするようになってきましたが




最初に
極度に具合が悪くなったのはとらちゃんの方でした






ある日

体重が軽くなり
その体重はいつもの半分以下で
倒れ込んで 
体がだるーんとして動かなくなりました





その時は慌てて
水をたくさん飲ませたところ
すぐに回復したのですが


その次は
はるちゃんの具合が悪くなっていってと
そんな感じでした




そして
はるちゃんが息を引き取って
とらちゃんの容態は本格的に悪化しました





病院に行き
点滴や抗生剤を打ってもらったりしたのですが



抗生剤を打った後
とらちゃんは 何故か体から力が抜け
脱力状態になり 息切れがすごくなり





その後
ちくさあの海さんに
連れて行きました


ちくさあの海さんは
とらちゃんの生まれ故郷



ちくさあの光景を見せたら
とらちゃんが元気になるかもしれない




そう想い
真昼の海辺に連れて行きました





とらちゃんは
昔いたちくさあの海さんで潮風を浴びながら
波打ち際で
ほんの少しだけ手足を海水につけました



そしたら
少しづつ元気を取り戻し
首も立ってきて



翌日の朝は
薬の効き目もあったのか
とらちゃんの食欲は以前の食欲に戻っていました





まるで
数日分の食べ遅れを取り戻そうとするのか
鶏肉をいっぱい食べ 
好物のミルクもごくごく飲みました


シーバも食べました




でもその翌日
また食欲がなくなりました




前日食べた鶏肉をあげても
口をつけようともせず


以前よりも呼吸は荒く
体を触ると  
体の気がどこかに抜けていくかのようで
触っていた私も
とても疲れて だるくなりました





再び動物病院に行き
お薬を処方してもらいました


でも処方してもらった
お薬を飲ませても
とらちゃんの食欲は一向に戻りません




水を飲ませても
元気にならず


ぐったりとするようになり
その日の晩のうちには もう息を引き取りそうな
そんな感じの様相でした





私はとらちゃんに聞きました





何かして欲しいことある? 」




すると
とらちゃんは言いました





もう一度ちくさあに 行きたい 」





とらちゃんがそれを言ったのは
もう夜で
ちょうど
ねこの森のごはん配りに行くやや前のことでした



考えました



こんなに弱ってるとらちゃんを連れて行って
大丈夫だろうか?
着くまでの間に 
息を引き取ってしまわないだろうか?





でも
このままとらちゃんを置いて
ねこの森に行っても 
行ってる間には
確実に息を引き取ってしまいそうな
そんな弱り方でした





なのでケージにタオルを敷き
とらちゃんを寝かせて
一緒に ねこの森のごはん配りに連れて行くことにしました





車の中で
とらちゃんは苦しそうに息をし続けました

伏せながら はあはあ息切れをしていました





このまま海までもって
そういのりました





ねこの森を通って 
ちくさあの海さんに着いた時に
とらちゃんはまだ何とか息をかろうじてしていました




ちくさあの浜辺にケージごと連れて行き
心地よい風を浴びながら
とらちゃんは
海辺でしばらくちくさあの海さんを見ていました




じーーーーっと海を見つめていました 




とらちゃんは
ちくさあの海さんと 
何かお話をしてるようでした



私は涙が流しながら
とらちゃんをちくさあの海さんに連れてこれて良かった




あまりなにもしてあげられなかったけれど 
最後に願いを叶えてあげれてよかった
そう想いました




しばらく海で過ごした後
ちくさあの海さんにこう言われました





急いでアパートに連れ帰りなさい 」



その時

とらちゃんの命は もって後ほんの少し
そのようなイメージが見えました





私は
急いでアパートに帰りました



帰った時のとらちゃんは虫の息でした



でもその目は 
先ほど見た
ちくさあの海さんをまだ見つめているかのような瞳で





ケージの中で荒く呼吸をしながら
手で触れながら
朝には 息を引き取ってしまうのかも



そう想いつつ
私はいつのまにか寝てしまいました




翌日
とらちゃんの姿が
ケージにはありませんでした





とらちゃんは前日より少し元気を取り戻して
自力で歩いたようで
よろよろしながら 
いつもいる
こたつの下あたりにうずくまっていました




そしてその日

食べられないだろうなあとは想いながら
パッキンされたウエット系の流動食をあげたところ
とらちゃんはにおいを嗅ぐや
がつがつと食べ始めました



とらちゃんの食欲が戻った!
(;▽;)ノシ




私はうれしくなりました



もしかすると 
ちくさあの海さんがとらちゃんを
直してくれたのかもしれない
そう想いました


でもそれが
とらちゃんの最後の食事でした




その後
とらちゃんは
昨日のように伏して 
体が力が抜けて 気が抜けて
呼吸もどんどん粗くなりました





お薬と何度かお水をあげたのですが
一行に動く気配はしません




その内
昨日の夜の衰弱した時のように
いつまた息を引き取ってもおかしくない
そんな息使いになってきました


夕方まで看病を続けました




夕方頃
とらちゃんは
「 お水が飲みたい 」と言ったので
冷たくしたミネラルウオーターを あげました




するといつもあげている常温のお水よりもよかったのか
飲んだ後 
急によろよろと歩きだしました


歩いたので
しばらくおいてから また冷たくした水をあげたところ
とらちゃんは 本棚の上にぴょんと登りました




でもそこでしばらくすると
伏してしまう 





手で気を少し入れると
少し動けるようになるのですが



でもすぐにぐったりと気が抜けていって
それを何度も何度も
その繰り返しでした





手を当てながら
こんなイメージも見えました

とらちゃんも
他のねこ達と同じ

人に間違えられてその気が吸われてる

猫たちの気が運ばれてる人の中には
それが人ではなく
ねこの気と気づきはじめてる人もいるけれど





でも周辺の磁場が
気を運ぶように編まれていて 


どんなに防御しても
このアパートの場自体から
自動的に
気が吸わるような状態 



ねこの気と気づいてない
序列の上の人達に
ねこたちの気が運ばれて
そこから多くの人にねこの気が還流されてる 



そんなイメージが見えました





私はとらちゃんに添い寝しました


とらちゃんは
ハアハアと息をしながら 伏しながら
私の目を見ながら こう言いました 





見ててほしい 」



その時想いました


とらちゃんは
さみしがりーさんなんだ

さみしくてさみしくて


ひとりで
息を引き取るのもとても怖くて 
誰かに見ててほしいんだ



そのとらちゃんの想いを察し
とらちゃんと仲の良かったしーちゃんが
とらちゃんの傍に来て しばらく傍にい続け
とらちゃんを見つめ続けました




その後みるくが
しーちゃんと入れ替わりに
とらちゃんの傍にきて 座りながらとらちゃんを見守っていました




私もとらちゃんと向かい合わせになるようにしながら
見つめながら 



でもそうしてるうちに
いつの間にか疲れもあって
ねてしまいました





起きた時
8月15日になっていました


深夜
起きた時に
とらちゃんは息をしていませんでした




私はショックを受けました


みててと言ってたのに
看取ることができなかった



ごめん
寝てしまった




でも
とらちゃんの
体に触れると

呼吸はしてないのに
心臓の音は 
とくんとくんと強い響きを発していました 






とらちゃんの心臓はトクントクン
音を発し続けていました


体をさすり
手を当てました 

呼吸はしてなかったけれど
まだ心臓が動いていて

私は
生きかえって生きかえってと
気を手に入れました  


とらちゃんは 待っててくれた


見ててほしい

その想いを持って
起きるのを待ってくれた



気を体にこめましたが

でも
とらちゃんは 
その後
もう息を吹き返すことはありませんでした


心音は徐々に小さくなり
体が冷たくなっていきました 




8月15日深夜
とらちゃんは息を引き取りました




はるちゃんよりも
早くからぐったりして



もしかすると
はるちゃんよりも先に
いつ息を引き取ってもおかしくない状況なのに




とらちゃんは戦い続けて
この日の午前零時を迎えるまで
生きぬきました





とらちゃんと最初に出会ったのは
2012年の夏のこと





その年の
7月9日の零時過ぎ
ねこの森にごはん配りに行った帰り 




深夜 
ちくさあの海さんから帰る道の途中で
地面に突っ伏して
虫の息状態だった子ねこを拾ったことが
とらちゃんとの出会いのはじまりでした


http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-1434.html




その時の子ねこは
すぐに息を引き取り
ちくさあの浜辺近くにそのなきがらを埋めたのですが


P7095342_R.jpg



それから
3か月後

アクアラインマラソンがあった日の深夜 

子猫を埋めた場所から
ほど近くの海辺で
一匹の子ねこに出会いました


def (252)_R




前回拾った子ねこちゃんと
同じくらいの大きさ 同じような力強い手と爪
同じ瞳




でも
違うのは
模様が前よりも
本物の虎模様に近づいた感じ


PA260002_R.jpg




その子ねこは
缶をあげても
目もくれず
一目散に私の足もとに駆け寄って
連れてって と言いました




私はすぐに
3か月前 息を引き取った
こねこちゃんの生まれ変わりだと気づきました



PA250001_R.jpg




そして
アパートに連れ帰った 
ちくさあのとらちゃんは
以前とは違い
すぐにすくすく大きくなり


PA220242_R_20150817222409ddf.jpg


PC090021_R.jpg


ぽんぽんちゃんや 
みるくとも仲良くなり
一緒に遊ぶようになりました


PA260007_R_2015081722244776d.jpg


PA260013_R_20150817222449468.jpg




とらちゃんは
うちのねこのみならず



ちくさあの海の想念
そしてしいかの山の想念に 
とても気にいられ かわいがられてるようでした



PB050015_R.jpg



ある時
くまくまが急に
「 しいかの山に行きたいのだー 」と言ったことがあって
それで
ケージに入れて連れて行くことになってるのですが




くまくまたちがはいってるにしては
なんだかやけに重いなあーと感じていて





その後
しいかの山に着いた時に
くまくま達を入れたケージの中に
いつのまにか
とらちゃんも入っていたのを発見しました
(・・;)!




なんでとらちゃんが!?



どうして入ってることに
気づかなかったんだろう?
?(・・;)?




でもその時感じました





しいかの山の想念が連れてきてほしかったのは
くまくまではなくて 
とらちゃんだったんだ



ちくさあのとらちゃんを
しいかの山の想念も呼んでいたんだ





その時から
事あるごとに
しいかの山の想念には
とらちゃんを連れてくるように度々言われました




そして私は そう言われるたびに
とらちゃんをしいかの山の99の谷や
山頂
あくるーおうの塚の奥の森にも連れて行きました




ちくさあの海から
しいかの山へ向かうルートを
とらちゃんは 何かを再現するようにその場に連れて行くこともありました


白鳥神社の真上の山頂では
何かの想念がのってきたのも見えました



PB050025_R.jpg




おそらく
うちのねこたちの中で
しいかの山に一番行ったのは
おそらく とらちゃんだと想います





そして
2015年4月4日
三度目の月食の夜は
みるく ぽんぽん あらちゃんと共に
とらちゃんをしいかの山に連れてきました


http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1759.html


http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-date-201504.html



その後
こう言われました





とらちゃんの大きな使命は
これで果たすことができた

この使命を果たすため
とらちゃんに 急いで生まれ変わってもらった


今日
無事に使命を果たすことができた 」(4月4日に聞こえてきた声)




なんで
とらちゃんを
しいかの山に連れてくことが
使命を果たすことなんだろう?
(・・;)? 


その時は
とても疑問だったのですが





後で
とらちゃんの骨型が
月のタイミングを掴むことが
とらちゃんと同じ骨型のねこ達だけでなく



人間に置けるとらちゃんに近い性質の想念がのった種族の系譜にも
とらちゃんがのった月のタイミングがつたわる
ということを教えてもらいました





そしてとらちゃんには
あくるーおうの虎の想念がのっていて

そのあくるーおうの虎の想念が
月のタイミングを得ることで
それとつながりのある多くのなかよしさん達にも月のタイミングが伝わることも教えてもらいました 


PA250002_R.jpg



でも
使命を果たしたからと言って 
とらちゃんにはこ
れからもずっと長生きして欲しいと想いました



とらちゃんを拾ってから
まだ狭いアパートでしか住む環境を用意してあげていませんでした




私は
もっと広い所でノビノビと走り回れる広い庭で

とらちゃんがおいしい物を食べながら
楽しくずっとずっと暮らして
健康に超長生きして欲しいと想ったのです





でも
それ以降 
とらちゃんは
少しづつ表情が変化しました




体は徐々に痩せこけていき
顔つきも整っていたのに
少しづつ崩れていきました




それでも
食欲は旺盛だったので
ちょっとばて気味なのかな?とも想ったのです



でも
8月になって
とらちゃんは急に体調を悪くしていきました

そして息を引き取りました



息を引き取る直前
私はとらちゃんに
目と目を合わせながら


とらちゃんの傍で添い寝しながら
とらちゃんにこう言いました






ごめんね
なにもしてあげられなくて

とらちゃんは使命を果たしたかもしれないけれど

でもわたしは
ともに暮らした猫たちには 
もっと長生きして欲しい



こんな狭いアパートじゃなく
広いお庭のあるおうちで
もっとおいしいごはんを食べながら
もっともっと楽しく 
長生きして欲しい



それをしてあげられないことに
無力さを感じます
 
とてもつらいです 

ごめんね ごめんね

だから生き続けて欲しい

もしそれがだめならば
またすぐにうまれかわって 
また一緒に暮らしてほしい 」


そう言いました



すると
とらちゃんは言いました 





またもどってくる 」




とらちゃんは
新月の日にではなく
新月の日が明けてから息を引き取りました





なんでかはわからないけれど 
私は新月の日を
ずっと戦い続け もちこたえた
とらちゃんに
意志の強さを感じました 




そういえば 
とらちゃんは
いつも片手に傷を負っていました


コココちゃんの親類が着た頃から
何度も何度も手に大きな傷をつけ


その度に
手に馬油などをつけ 
包帯もして 何度も治したのですが

治ってしばらくすると
またいつのまにか
手に大きな穴のような傷ができていて
それをまた治しての繰り返しでした



でも
私はある時から
手の傷をこう想ういました



もしかすると
とらちゃんは
他のねこ達を守っていたのかもしれない

他のねこ達が呪で攻撃されるのを
防ごうとして 片手に傷がついたのかもしれない




でも
はるちゃん 
とらちゃん
男女のねこ達が
相次いで息を引き取ったことで
こう感じました




もしかすると
はるちゃん とらちゃんは
ねこたちよりも
私たちを守ってくれていたのかも



とらちゃん
はるちゃんは
人と間違えられて 
攻撃されていた



狙われたのは ねこ達ではなく
私たち 





それを感じ取って
とらちゃん はるちゃんは 
守ってくれる行動をしたのかも

ベビーふっつ-のように 






とらちゃんはいつも物静かでした



いつも物静かで
うちで一番物静かなねこで
でも淡々と何かを達成しているような感じでした


静かに息を引き取りました
埋葬する時もとても静かでした



とらちゃんのお墓には 
とらちゃんがよく嗅いでいた
ミントの葉っぱを植えました


とらちゃんは
私が接したねこたちの中で
一番もの静かなねこだったかもしれません


でも
静かだからこそ
意志の強さを感じさせる


そんなねこちゃんでした



PB290025_R.jpg



とらちゃん


早く戻ってきてください

そして
今度は広いお庭で
きれいなおうちで 
楽しく長生きしてください


とらちゃんの大好きな
ミルクと 鶏肉をもっとたくさん食べさせたいです


とらちゃん ありがとう

まってる



PA260023_R.jpg






プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク