あめ(夢)の基本










あめ(夢)を見ました



あめ(夢)に
たくさんの人の姿が出てきました




そのあめの情景を見た時
驚いたことに
想っていた以上に
たくさんの人達が
別な人物に見えてることがわかりました




現実で搾取をしてる人達は
あめ(夢)で搾取されてる人の姿に見えて


現実で虐げらてる人達は
あめで虐げてられている人達の姿に見え


現実の警察官達は
あめで警察にいじめられてる人達の姿に見える


そして 
現実のやさしい人は
あめでDQN達の姿にも見えていました




一体なんで
あめ(夢)の領域で 
人はこんなに現実の姿と違う姿に見えるのだろう?





そう疑問に想っていたら






にぎはやひがでてきて
こんな事を教えてくれました









あめの浅い領域では

強い香りよりも 
薄くささやかな香りの方が 
姿として認識されている  」








(・・;)?








本物の強い香りよりも
薄い香りのエッセンスの方が
浅い領域のあめでは

その香りの主を特定する情報と認識されている









?(・・;)?








人を特定する場合

その者自身が発してる香りではなく

その者の薄い痕跡のような
ささやかな香りの方が
浅い領域のあめにおいては
本物の人と想われるのだ



だから
都会では

本物の存在ではなく
本物のエッセンスを振りかけた者達の方が
本物として認知され
そこに本物が受けるべきエネルギーが運ばれていた 」







(・・;)・








すべては
あめというものについての
想い違いからそれは派生した



あめあめあめ 」







(・・;)








実は
浅い領域のあめは
人が見ているあめではない



浅いあめ(夢)を見た人間は
自分がそのあめを見たと想っているが


実は浅い領域のあめは 
人よりも視野の狭い想念が見ているものだ  


それが浅い領域のあめなのだ 」







(・・;)!







深い領域のあめ(夢)も
人が見ているあめではない


深い領域のあめを見た人間も
自分がそのあめを見たと想っているが



実は深い領域のあめを見ているのは
人よりも視野の広い想念

人より視野の広い想念が見えてるものが
人にとっての深い領域のあめなのだ 」







(・・;)!・







考えても見よ


人が見えているものは目を通してではないか?


人の視点とは
人が肉眼で見ている物に
他ならないではないか


そして人は
眠りにつき
あめを見ている時は
常に瞼を閉じている


だから
あめを見ている時
人の視点であるはずはないのだ 」







(・・;)!






そしてあめの領域は
さまざまな想念が見た情報が混在している領域



さまざまな想念が見た情報を
人は 自分が見たと想いこんでいる




だが
表層のあめで見えているものは
実は人よりも視野の小さな想念が見えている物



自分のまわりのちいさな視野の存在であったり
自分の細胞のような存在が見えている物であったりもする 」







(・・;)・ 







そして
ちいさな視野の想念は
強い香りより
ささやかな香りに反応する


何故なら小さな虫が
大きすぎる音を認知できないのと同じ様に


強すぎる香りは
小さな想念の嗅覚に働きかけることができないからだ 」







(・・;)!







だから
浅い領域のあめでは

本物の香りよりも
本物の香りをエッセンスとして吹きかけた香りの方が
本物の姿のように見えたりするのだ 


いじめられっ子は
DQN達にささやかに香りをつけられることで
あめでDQN達の姿に見えて


DQN達は
いじめられっ子のささやかな香りをつけることで
あめでいじめられっ子の姿に見える


その現象が起こるのは
薄い香りによるものなのだ 」









(・・;)・







そして
人の世界は
小さな視野の想念から情報を得ている系譜に
人の現実を運ぶ力がのせられていた


本来小さな視野の想念から得ていた系譜は
運ぶ力はそれほど強くはなかった



しかし
月の緩衝で
そこにおびただしく
現実を運ぶ力がつけられた


そしてそのような系譜の者達が常日頃見ている
浅い領域のあめ


狭い視野で見えたあめの情報で
善人 悪人が決められて

ささやかな香りを元に
本物偽物が区別されていたのだ


いじめられてる者達は
ささやかな香りで いじめをした者のように想われ 現実を奪われていき
いじめをした者達は
ささやかな香りで 虐げられた者のように想われ 
そこに助けや 応援のエネルギーが運ばれていた 」








(・・;)・







吸血鬼達の多くは
現実を運んでいる系譜の者が
その視野が大きくないことを
体感的に知っていた



だから彼らの目をくらませるために
装いでやさしい者に見えるようなイメージを作ったり
ほんのちょっとだけ やさしく見えるふるまいをした



狭い視野で見てる者達をごまかせれば
そこにおびただしい現実が運ばれる


そして
広く大きくやさしてる者達は
そのやさしさが大きすぎるが故 
全然目に入らなかったのだ 」







(・・;)・






しかし
小さな想念が見ている物と
大きな想念が見ている物は違う

人体の細胞が見えている領域と
人の肉眼が見ている領域が違うように


視野の狭い想念をごまかせても
視野の大きな想念はごまかせない


自然の想念が
一見人当たりの良い 
大犬達を地球から排除しようとするのは

人よりも
視野が大きいからだ

小さな領域でやさしいふるまいをしても
それが長い時間で 引き落とすための行動だとすれば

広い視野の想念からすれば
それはやさしさではなく 醜悪な姿に見えるのだ


だから
大きな視野の想念は
大犬達を醜悪な存在と想い

その存在を地球から排除しようとした 」







(・・;)・








大犬達が結界を作ったのは
それが理由だ


人よりも広い視野の想念の情報が届かないように

人のあめで
見えづらいように分断したのだ


それにより
人の多くは ごく一部を除き
深い領域のあめを見づらくなった


そして
人よりも狭い視野の想念のあめばかりを見るようになった 」







(・・;)








すべてのあめ(夢)は
自分が見ているようで 
自分が見ている物ではない



何故なら
自分の眼は眠っている時休んでいるではないか?



他の想念が見てるものを
自分が見ている気になっているだけだ



たとえあめ(夢)で
自分の姿が見えていたとしても
それは自分が見ている自分ではなく
他の想念が見ている自分なのだ



自分自身が本当に見ているものは
自分の眼で
見えているものに他ならず  



あめ(夢)は
自分以外のさまざまな想念
自分よりも小さな想念や
大きな想念が見ているものが混在して 
さまざまな想念を介して見せられているものなのだ


それがあめの領域

あめの基本である 」







あめの基本・
(・・;)








最後に言おう

人が寝ている時
他の想念が見ている領域のあめを見てるように



他の想念も
寝てる時 
人が見ている領域のあめを見ている


すべての想念はつながり
すべてのあめはつながっている



自分が見たものを
他の想念が見て

他の想念が見た物を
自分が見てるように感じる


想念の領域は
自と他の区別が
人が想っている以上に曖昧だ 」






(・・;)








あめあめあめ 

あめで見えている物は 
自分以外の想念が見ている物
そのことを忘れてはならぬ


あめあめあめ 」(あめで聞いたにぎはやひの言葉)






X-1 (2454)_R








プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク