私が見てる真実

P6090007_R.jpg





あめを見ました




毎日の生活に追われる中
食料価格は日々上がり




いまだ
事業の場所も決まらず
予算も足りず


それどころか
夏にくる
住民税や健康保険
年金などの請求が来る現実におびえ 





P6090008_R.jpg





巷で 
アベノミクスで
儲かってるとおもわしき人達の
家を買った 
レクサスを買った 
その言葉や姿 
はぶりがよくなってる状況を見て




できることは
ただ
いのることだけ






P6090017_R.jpg





みんなたすけてと
毎日
発し続けて
寝ていると 


こんな
あめを見ました 





P6090024_R.jpg





大きく離れたところから
地球を見ると
この星の行く末が見える 」





P6090025_R.jpg



あめで
そう言われ


言葉通りに 
地球から遠く離れた場所で
月よりももっと離れた場所で 
地球を見てみることにしました






P6090030_R.jpg





離れて見ると
地球の意志と動きを感じました


地球の進む方向が見えました




地球の表面についた
大きな青いエネルギーがゆるやかに
じわじわ でもあっという間に地球を覆って

やがて
地球全体を 
呑みこんでいました




陸に作られた
人の囲いの世界


国や世界 
宗教やルール
あらゆる人間の概念すらも
地球の青いエネルギーに
すべて呑みこまれていきました





P6090033_R.jpg




結界とは
人の中心を変えることで作られた




自然とつながってる人にとってかわり
自然に生き残れない存在を 
人の中心にすげかえた


人の中心を自然で生きれない存在にすれば
人全体も自然と分断させるるような行動をとらせていく



中心を変えたことが
結界のはじまり

世界と言う概念のはじまり




P6090036_R.jpg





でも
どんなに人が概念を作っても


地球の動きに
世界は呑みこまれる


その動きに抗えない 

そう想いました




P6090041_R.jpg





事実に満足すると
真実は見えなくなる




人の多くは 
事実を見ているけれど



事実とは
その時点での事実でしかなく 



事実は真実に塗り替えられる



そして
事実を塗り替えた真実は 
新しい事実となる




P6090046_R.jpg





もしも事実を手にした者が
その事実を保とうとすれば
真実を最も強く見てる者達のパトロンになるしかない


オーディンが
吟遊詩人を抱え続けたのはそれがため


オーディンは臆病だった

 

最高神と言うけれど
事実の移ろいやすさを理解していただけ




P6090049_R.jpg





真実は信じているものがあれば誰でも見える



ただ
信じているものによって
真実の見え方は変わってしまう

 



土地をずらされると
真実の見え方は大きく曲がる


何故なら
ずらした土地では
ずらされたものが真実だから



作られた土地では
作られた物が真実だから



埋立地では
はじめからなかった存在が
真実となった 




P6090053_R.jpg





序列は
土地につけられたしるし



都に運ばせることで 
土地に優劣のしるしをつけ 
人の世界に序列が生まれた



序列を維持するためだけに
山を崩し 
森を切り倒し 
海と陸の間に壁を作り
原子力発電所も作った


自然に逆らったから序列
序列は自然に逆らってうまれたもの


最初から そこに真実はなかった




P6090063_R.jpg



真実なき序列に
多くの者達がだまされた



でも
今 
序列を作った者達に
やったことが
かえってきてる





おそらく今度の夏
今度こそ本当に
彼らは 
気づきはじめるのかもしれない


今 
見てる者達が偽りの真実であったことを

 
真実は信じるから生まれる

信じるをもっていない存在に真実は存在しない



真実をもってる者は
意外と数が少なくて 


多くの人は
信じるというよりは
巻き込まれてるだけ


序列や社会に巻き込まれてるだけ



真実は
現実にも
事実にも巻き込まれずに
信じているものをひたすら見続けれるということだから 




P6090064_R.jpg





事実は何て移ろいやすいのだろう

あっという間に消えてしまう

本当に儚いのは真実ではない

事実



街は数百年で形を変える
無くなる都市だって無数にある


建物は変わり
道は変わり
流行なんて一瞬の吹き抜ける風に過ぎない




世界を創造した者たちが
偽りの真実に気づき始める時
それに呼応して
たくさんの事実が打ち崩れ始める


おそらく夏過ぎ
大きな事実が
大きく傾き 崩れはじめる 


夏から秋にかけ
政治 経済 エンターティメント 金融
すべてが傾きはじめる 



それが今 私が見てる真実





P6090065_R.jpg




そういえば
誰かに
あめでこう言われた 





食べ物は すべてを解決する 」と




人口問題も
乱開発も
その解決策は食べ物



食べ物がふんだんにあれば
いつでも好きな時に好きなだけ食べれる環境にみながいれば 
飢えの想いは消える 
飢餓の想念は消える 


繁殖も
競争も自然に落ち着いていく 


人は飢えると 子孫を残そうとする

種は維持をしようとして 
子孫をより多く残そうとして 
競争しようとする


飢えにあえいでる地域を見ればそれはわかるはず


そこはいつも死を感じてるから 
生き延びたいと想って 子供をおびただしく作ろうとする





世界とは
食べ物に満ちているように見せかけてるだけ

自由に食べていい環境ではなく
自由にものを食べようとすると暴力で拘束され 虐げられる




もしも自然が蘇り
目の前にあるたくさんのごはんを
誰もが好きにとって食べれる環境になれば  
飢えることが無くなれば

人の数も
自然に落ち着いていく


飢えとは農業が作った

農業は食べ物に
人が食べる為に働かなければならないしるしを つけるものだから 」(あめで聞こえた言葉)





P6090066_R.jpg





私は感じた


ねこのごはんやりをすると
ねこが増えると 言うけれど


うちのアパートでは
ひにん虚勢していない子も多いけれど
ごはんをたくさんあげていると
スペース以上には
その数を増やそうとはしない




だから
外の動物達も
満腹になるまでごはんをあげたら
そういう環境に戻ったら 
逆に数はある程度になった後 落ち着くはず





だって
水気でいつも満たされてる土地の草は
あまり鬱蒼と茂らないから



草がボーボーに生えるのは
飢えて乾いた地面の方が多いから



でもね
飢えてる時はまだ生きているの


飢えもなくなったら
砂漠となり 死んでしまう




P6090070_R.jpg






食べ物がたくさんとれるところに人が集う 」



守屋さまが昔言ったことば



それは
古代の事実であり 
未来の事実



地球が
自然に戻る時にはそうなるってこと



生き残っていく人達も
自然にかえる人達


地球は自然にかえる






P6090078_R.jpg



人の事実は
石や木から見れば
儚きもの



石や木は
人の事実より もっと長く もっと古く
ずっと同じ真実を発し続けている




P6090082_R.jpg



極楽鳥花は咲きましたか

極楽鳥花は咲きましたか


あのアフリカの極楽鳥花


あの南極の極楽鳥花


きっと龍宮城に咲いてるの

きっと龍宮城に咲いてたの





P6090086_R.jpg










プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク