永遠に生き続けたい



P5300073_R.jpg






永遠のようなもの

永遠のようなもの


かたちはなくても

永遠のようなもの

その姿が100年後200年後
はてしなく残るような

永遠のような存在

私はそういうものを求めています





P5300086_R.jpg




橋の向こうと
こっち側は 
はてしなく遠い

時も空気も風も違う


P5300083_R.jpg




アクアラインは
天国と地獄をつなぐ橋って言うけれど

どっちが天国で
どっちが地獄なんだろう


P5300089_R.jpg



ただひとつ言えることは
橋の向こう側と
こちら側で
確実に違う時間が流れてるということ



特に
震災以降
その時の感じ方は
まじわることはなくなった 



P5300085_R.jpg





スカート
お香
お酒



P4160049_R.jpg


P5300100_R.jpg


P5300099_R.jpg



メディチ家の製法で作られた
シャンプー 石けん クリーム



P5300078_R.jpg




そしてたくさんの下着を
木更津で買った


P5050066_R.jpg

P5050065_R.jpg

P4290013_R.jpg

P5050069_R.jpg

P4290011_R.jpg




プレゼントが意味するところは
何だろう?





P4290003_R_201506021809335ba.jpg

P4290007_R.jpg

P4290008_R.jpg



私はガオやねこ達に言われるまま
そして
後ろの守りに指示されるまま


今まで何度も
象徴の電脳巫女へ 
幾度もプレゼントをした

150425_174933_20150602180836b4e.jpg

150521_182335.jpg

150425_175532_20150602180904d87.jpg



この数年間の行為が
後に
どんなエネルギー緩衝をもたらすのか


それはまだわからない



P4160052_R.jpg





ただひとつ
あめで言われたのは

世界をスムーズになくす為には
世界が作られた原初と同じく



あそびめの力を得れば
それが
スムーズに行えるということ






P4290009_R.jpg







そして
月の緩衝の前に
現物を出すことは
その後の現実におおきな作用をさせる


その事を繰り返し 
何度もあめで教えられた














端境の空気を感じた

何度も
着たことがある会場だけど


その時
まるで異空間のように感じた




P5300108_R.jpg





私がその時着ていたのは


黄泉の国の衣装
上下 白と白



何故それを着ていったのかわからない



だけど
その服を着たことで


私の服のまわりの想念と
場の想念


想念と想念の間に
ガラスの膜のような層が生じ
舞っていた気がする


端境な空気


会場に来てる人達は
いつもと同じ顔ぶれの人が多いけど
何だかいつもの人と違う人が来てるようにも感じた


いつもと人が違う 


天才カメラマンは
その日居なかった



空気の違いを感じたのは
ひょっとすると服だけでなく
彼がその日 
会場に姿をあらわさなかったことも
あるのかもしれない





紫の
あやめのような
あざみのような


ぽー――っと見ていると
それは
よくあめで見る情景にも似ている


湖のまわりを
紫の蝶々が舞っていて 



月あかりの下で

あれは
きっと近めで見ると
花にも見えるけど



遠目に見ると
蝶が舞ってるようにも見えるはず


そんな衣装に身を包み



みづな女王様は
その日
黄泉の衣に身を包んだ
私にこう告げた




この仕事をしていると
美人さんはよく来てくれるけどね

別嬪さんはね
あまり見ないの

見かけたことが無い 」


別嬪さん別嬪さん

彼女は
その単語を私に3度連呼した



P5300106_R.jpg




その言葉は
3年前
はじめてお目にした時発された言葉



彼女にとっての
別嬪さんとは
何を意味してるのかはわからない



ただ
場の想念に向けて
何かを知らせている感じもした 



みづな女王様が
テーブルを回って
最後に私の座っているテーブルに着た時


いつもは来ない
くまちゃんが遅くなって入ってきた




その日は
何故だか
くまちゃんにも会場に着て欲しかった


はじめて
みづな女王様にお会いした時
私はくまちゃんにもついてきてもらったけれど


くまちゃんがイベントに来るのは
そのはじめての時
以来だった


遅くに来たので
席が無くて
くまちゃんは
ちょっと離れた席に座ったけれど




その直後
みづな女王様が
私物をオークションにかける時間がやってきた 

私の横に立って 

私の横の席に
その日 
オークションで売る予定の
服や下着の入った袋を置く

その
直前の事だった


地面が揺れた

大地が響いた 





オークションで売る予定の服が
横の席に置かれた後


会場の人達も
天井が揺れ
ビルが船のように
ゆらゆら揺れたのを感じた




P5300101_R.jpg





2年前のことだった

ある電脳巫女の地下のイベント会場に行った帰りに
トンネルが大崩落するような 
大きな地震が起こった


けれど 
その日の地震は
あの時の地震よりも
もっと大きな地震だったことを後で知った



47都道府県
すべてが揺れた地震だった





地震のあった瞬間のことだった



一瞬だけれど
骨が響いた感じがした


一瞬だけれど
鹿野山のイメージが見え


みづな女王様が地震直後

「 
地下みたい 
ここ 地下みたい 

暗いからかな? 」

と意味深なことばを発した


P5300109_R.jpg




その日の会場は
ビルの三階だった 





私はちょうどその時
99の谷の地に埋められた
しいかの山の骨達が
コツコツコツコツ響きあうのを感じ



おそらく
この地震は
かつてないぐらい 広範囲に
この島に埋められている人の骨 動物の骨に
大きな緩衝を与えるのだと 感じた




地震の直後
みづな女王様はこんな話をした 




今だから話すけれど
私は 生まれた時未熟児だったの

1000グラムちょっとしかなかった

今は医療が発達してるけど

30年前はね

生死の境をさまよっていたの 」(みづな女王様のことば)




みづな女王様がはじめて
自分の生い立ちについて
語った瞬間だった


私はそれを聞いて
彼女の今までの
人並はずれた吸引力が
とても謎だったけれど

その謎が
ようやく
ひも解けた気がした 





本当の
神話の女神の系譜なんだと想った

イザナミとイザナギの間に生まれた未熟児の名は

ヒルコ



P5300107_R.jpg




 

彼女は
世界の成り立ちの姫の系譜でもあり
現代社会で
電脳巫女という
あそびめの象徴であるということ



もちろん
電脳巫女の座に
ついている女性達は
他にも多くいる




でも
未熟児だったというその血と
骨型と誕生日



そのすべてが揃っている
電脳巫女は
おそらく彼女しかいないはず 




私には彼女の輝かしい近未来の姿も見えた


きっと
彼女は
将来
財物を手にするはず 





それをどんな形で
手にするのかはわからないけれど

それは
約束された報酬のようなもので



その近い未来の現実を
私以外の何人もの人達が
会場で肌で感じとっていたようだった 




会場の何人かの人達が
その日
みづな女王様に接していた時にしていた 
言葉使い 顔色は 

やはり以前のものと
微妙に色は異なっていた




P5300110_R.jpg








数年前
この同じ新宿で
私は
ひとつぶのガーネットと巡り会った






アフリカ産の
まったく加工していない
ガーネットの原石






何故かこの日
この会場で 
私は胸の所にそれをつけていた


ガーネットは 
地震の鼓動に
光を発して 
こたえていた






もちろん
胸の所につけていたから
その光を直には見てはいない


けれど

何故か

ガーネットが光を発っした音が
骨を伝って
微細に聞こえてきた






その時想いだした






たしか
この子(ガーネット)を買った場所も
今いる所と同じくらいの高さだった



たしかあれは
西口だったけれど





そのガーネットは
今 私がつけている蝶の指輪を何故かとても嫌がっていて 




それは
最初にその蝶の指輪をつけた時から
感じてたことだった




蝶の指輪のエネルギーが入ってくるのを
ガーネットは
どんどん弾き返す感じだった




何故なのかは
わからない



ただ磁石の極のように
ガーネットと 蝶の指輪がはじきあっていて





その両方をつけてたことで
私の体で 
両方のエネルギーが回った気がした








たぶん

おそらく・



このガーネットは南極で
蝶の指輪は
北極のエネルギー質に近いんだと想う





だって
蝶の指輪のプラチナは
おそらくロシアのプラチナで
ダイヤも寒い北から産出された物




おそらくそう




そして
房総は境目



その房総を境に
南極と北極
ふたつのタイミングが交わっていて



ガーネットは
二つのタイミングが強く違うことを
激しく私に言うけれど




私はその想いを聞きながら
でもその両方をつけることが 
この磁場で何か別なタイミングを得られる 

そんな気がしたの







あの地震の瞬間

北極のタイミングが聞こえた 


骨と
音と 
土地の声が聞こえてきた





でもそれと同時に
電気のコードが離れていったのも感じた



それが
ガーネットが
熱くなった
理由かもしれない



でも
その日

その誕生日に生まれたことで
空港の風水で
無理にのせられてた電気のコード
世界のコードが
スッと体から抜けた気がした 







みづな女王様は
蝶の指輪の方を 
見ていたようだった





なぜならば
会場で 何故か急に
私が指輪を外した時



帰り際
みづな女王様が 


「 
指輪は? 
どうしたの? 」
と声かけてくださったから




私は指輪を
外して
かばんに持っていることを告げると
途端に
みづな女王様は
安堵の表情を浮かべていた






私は 
みづな女王様が 
この会場で出会った
はめていた小さな指輪の事を 
おぼえてくれてたんだと想った





おそらく彼女が求めているものは 
南極のタイミングではなく 
北極のタイミング




そして指輪を外した理由は
地上と 
この3階とでは風が違うから




地面の上と
三階の空を舞う風は違うから




新宿の街の上には
絶えず
海の風が運ばれていて


その運ばれてる海風の高さに合わせると
あの高さが 
ちょうどジャスト




でも
地上だと
若干ゆらぐ



地面だと
今 
西那須野に
大きなタイミングが来てるけど



三階の空のあたりだと
この新宿の3階あたりに風がくる







夏至の前後のタイミング 」



そう告げられた





ちくさあの海か しいかの山

どちらかで
蝶の指輪をまたつけて欲しい 」



P5300105_R.jpg






会場を後にして想った 

教会と
お寺と
エヴァンゲリオンの想念が
戦いあって
お互いにボロボロになっていたことを 



そして密閉された空間だと
想念の動きが見やすくて 





それを見て感じたことは

想念体の大多数は
あまり細かくは見れなかったということ




だからこそ想念は
服の色とかで錯覚させたり
持ち物でうごかせるけれど




でもあまり
その術にのめりこむと
自分も動かされる想念と
同じ眼力になってしまう





想念体を服の色で使役した者に
対価として渡されるのは
想念体と同じ眼力




だから
世界を作った支配者の系譜は
想念体を使役する係りを
自分達と別な種族に任せていた






私は
動物の想念をはじめて感じた





私のまわりには人よりピュアな
動物の想念が群がるように
たくさん舞っていて
死んだ動物の想念もうようよ舞っているのが見えた











会場で
話しかけてきた男の人がいた





ねこの事を
何度も聞いてきたので




私は何故かその人に

ねこにごはんをあげてる
と警察にいじめられる 」
という話をした





でもその話をした翌日の深夜 





私がねこの森で
ねこたちにごはんを配っていると


日曜の深夜にもかかわらず
三人の警察官に職質された


左側に
前田敦子に似た婦警が立っていた 



後から来た
年配の警察官は
右側に立って
あまり顔が見えなかった




まん中で一番
「 ねこのごはんやりは迷惑だ! 
迷惑行為! 」と
怒鳴り散らしていた警察官は




どこかで見たような顔はするけれど
誰に似ていたのか
その時は よく想いだせなかった





ただ無機質的な目で
誰かに命じられるがまま
それを言わされてる気がした





そして 
その翌日想いだした




そう
あの警察官は 
その後の昼に 
死んだ大物政治家にとても似ていた 




迷惑だと
怒鳴り散らしていた
あの警察官は


突然死んだ 
まちむらという大物政治家に
顔や体つきがよく似ていた



鼻の形も
足の形も





そういえば
想いだしたのだけれど





みづな女王様に
3年前はじめて会った翌日に
浜田幸一がなくなった





私は
まちむらという
政治家の死を知った瞬間
こんな声を聞いた
 





動物の生霊はね

序列の概念が無いんだよ



だから人の概念の制御が聞かないよ



誰かがいじめると
その誰かに一番良く似た
表の座の象徴に呪がくるの


人間の概念では
制御ができないから


だから
昔から動物を恐れていたの 







そういえば
前田敦子に似た婦人警官は

餌やりが迷惑なのは 
警察の公式見解と 
言っていた 












そして
眼力が無いからと言って
人の生霊のみならず 
動物達の想念を使った人も数多くいるけれど



使うってことは
使役した想念に
同調してしまうこと




眼力が無い生霊を使役すれば
眼力のなさが感染し



動物の生霊を使役すれば
動物達のように素直になって
社会性も失うということ



染まっちゃうってこと




助けれくれる分には 染まらない

けれど
使役すれば 染まる

それには抗えない






私は
こんなことを言われた





もっているものを使わない方が悪い

馬鹿だから使えない

それなら
こっちが使って何が悪い? 」


呪は想い次第



生霊を見れる情報が運ばれると
人によっては
見た生霊を安易に使役し
生霊に現実を運ばせようとするけれど




時に
生霊や精霊の応援がのってる人達を見ると
力を使わない方が悪いと


いじめて
被せて
安易に使役した人達も多くいるけれど




でも
世の構築者達が
それをしなかったのには理由がある



動物や自然の精霊は
人間の制御が効かないの




だから
使役した存在が 
応援してた人と
まったくの別人とわかった時


精霊は
その骨に振動を与え
骨まで溶かす






P5300096_R.jpg









みづな祭りの翌日

私はあることを想いだしました







それは
以前動物病院の中で見た雑誌の中に描かれていた
多摩川の河川敷に住む
ホームレスさん達と野良猫達のふれあいの情景の写真





多摩川の河川敷のホームレスさん達は
生活に追いつめられ 
苦しんでいました




でも
野良猫たちに 
なけなしのお金をだし
ごはんをかってあげていました





その情景を撮影していたカメラマンは
やさしいホームレスさんのその行為を
美しい情景 
清らかな情景と賛美し 写していました






けれど
私は 
みづな祭りから帰ってきた翌日
こう想いました






あれは美しい情景なんかじゃなかった



いじめられてる情景だ


世界では
妙な磁場が働いていて 


虐げられ おいつめられてる人が
すべてを捧げさせられてる情景に
美しさや 輝きを感じさせる磁場になっている




でも
あの情景は
まぎれもなく いじめ





だって
社会と言う仕組みに
世界と言う構造に
やさしいホームレスさんと
ねこ達が追いつめられて
いじめられているんだもん






もしも
美しさを感じるのならば



やさしいホームレスさんが
裕福になって
たくさんの猫たちを養ってる姿に
美しさを感じるべき




だって
それを感じないと
美しいと想った現実が運ばれてしまうから





キリスト教とか
マザーテレサとかは

貧乏な人がやさしさを示し
捧げさせることを 
みんなに美しいと想わせていた 



そしてみんなに
貧乏な状況を運ばせていた


でもあれはただのいじめ


くるしい時に
ねこたちにごはんを分け与えてくれるホームレスさんは
やさしい人




でも
やさしいと美しいは違う




やさしい人が
かわいそうな状況においつめられている 


あの状況を美しいと呼べば 



いじめられてるその情景を
美しいと喧伝するようなもの




いじめ行為の結果を
美しいと呼んでるようなもの




美しいとやさしい


そのイメージのすり替えを
宗教は長年やっていたんだ






私は
自分が
富にあふれ
好きなことをしながら
多くの想いも叶えたい



もっともっと多くのねこ達に
もっとおいしいごはんをあげたい


もっともっと多くの人たちや
もっと多くの動植物 
生命が飢えないようにしたい





だって
ほとんどが砂漠で
わずかなオアシスだけある星を
美しいと感じるよりも





緑がたくさん
ワサワサしていて
たくさんの生命が息づいてる地球の方を
美しいと感じてるから

 



地球を自然に戻したい






やさしさは 自分をたすけてくれてる存在だけれど 
美しいは 自分がなりたい存在





私は
まだまだ醜い



もっともっと
美しくなりたい





たくさんの想いを叶えられる自分になって 
地球を救える自分にもなりたい 







P5300102_R.jpg






永遠でなければ意味は無い


永遠だから意味がある 





だって
永遠に生き続けなければ
最初からなかったことと同じだから





永遠に生き続けたい 
永遠に生き続けて欲しい






私は
その想いを 強くもった







P5300103_R.jpg











プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク