沈香も焚かず








仏教がな
呪いから防御するために炊いてる香りがある 」






呪いから防御
(・・;)








呪いといっても
生霊の呪いじゃない

死者の祟りから防御する
香りがあるんだ 」









祟りから防御するかおり
(・・;)








それが沈香だ

沈香はな
祟りを発する意志からも守る協力の防御の香木だ

おそらく寺が使ってる香木では
最強の防御力をもっているはずだ 」









(・・;)







木はな
害虫や風や雨などで弱った時
ボロボロになった時


樹脂やねばねばの液体を出して
自分を守ろうとするんだ

そして木が自分を守ろうとしたエネルギーを
乾燥させて
防御の香りとして使ったのが 沈香なんだ 」









(・・;)








木さんが自分を守るために力を振り絞ってできあがった守りを

寺は死者からの祟りや取り返しを防ぐ為に
防御の香りとして 
用いてるんだ



ひどく
人工的だな 」








(・・;)・








沈香はな
水にも沈むという

つまり水を通した死者の呪からも
ある程度防御が働くんだ 


もちろん
意志ある死者から守るぐらいだから
生霊に対しては
ほぼパーフェクトな防御力を発揮する 」








(・・;)








ただそのままだと
ゆっくりしか香らない

それだと電気や人の生霊の方が
早く動いたりするんだ



だから
香木は熱するんだ

熱すれば 早く香る

早く香らせることで
防御速度も加速する

生霊に対しては
香木を守りにする場合は熱するんだ 」









(・・;)









でもな
死者からの祟りの防御をする場合
熱する必要はないぞ

何故なら 死者より木の方が動きが早いからな

そのまま置いとくだけで
防御にはなるんだ

正倉院が
1000年以上 
沈香を保管しているだろ?


そのままの香りで
古代の怨霊たちの祟りを封じているってことだ

その伝承を示す為に 
正倉院の蔵に置いといて 
効果も発揮してるんだ 」 








(・・;)










そしてな
こないだ線香にも
養分向けと 
お得意様向けの2種類あると言ったがな


お得意様
高貴な身分用のお香には
本物沈香が混ぜてあるんだ



少量
香るぐらい
混ぜるんだ

それがお得意様用だ

ただそれでも
本物混ぜると 
高いんだ 」






(・・;)







だがな
たいていは
沈香とか言っても
人工栽培や
合成物が多いんだ 


でもな
天然物でないと
意志への防御力が弱いんだ


特に本物天然の伽羅とかは
ハイパー高額だ



100均線香とは 
物が違う
においが違う 」








(・・;)








むしろ
安い線香はたくな

香りで
ポイポイされるしるしだ

服で言えば格安だからと言って
黄色い服や
オレンジの囚人服を着せられてるようなものだ


安物を使うなら
何もつけない方がいい


安い儀礼的な物は
養分にポイポイする為に
格安で提供されているんだ

格安じゃないと
使ってくれる人はいないからな 」







(・・;)・







最近何故か
香りの技法のあめを見るんだ

何故だろうな?

服のあめを見た後
急に香りのあめも見るようになった

何かの緩衝かな? 」(ガオガオちゃんのことば)








P5250011_R.jpg







プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク