ふぉーちゃん










先週の
5月5日の
子供の日の夜







ねこの森で
ねこたちにごはんを配っていると
∧∧ ⊂(・・;)パララララ ∧∧






くまちゃんが
いきなり
こう言ってきました
(>ω<)/









MAHAOちゃん

子猫がいるよ! 」
(―  ―)ノシ))









子猫?
(・・;)?









あのダンボールの中に入ってる!


早く
タオル持ってきて! 」
(―  ―)ノシ))パタパタパ






そう言って
くまちゃんはダンボールの中から
子猫を拾ってきました






なんと!
その数 4人
(;―  ―)∋ (・・;)!





子猫はダンボールの中に
タオルも何も入れられず 
裸で置かれていたので
すごく寒がって固くなってる子もいて
弱っていました





しかもよくよく見ると
みんな へその緒がついてました!
(・・;)!






生まれたばかりの子ねこだったのです



かわいそうに
生まれたばかりなのに
お母さんねこから 
無理やり引き離したんだ


一体だれが

なんてひどい事を
(;; )(― ―;)





過去の経験では

生まれたばかりで
母ねこから引き離された子ねこは

生まれて数週間以上
母ねこと一緒に暮らしていた子ねこに比べ
生存率がとても厳しいです




しかも寒く固くなっていた子ねこちゃん達




傍でごはんを食べていた
ねこちゃん達に頼み
こねこ達に気を入れてもらい






そのままタオルでくるんで
手早くごはんを配ってから
アパートに連れ帰ることにしました







ところが
ちくさあの海さんから
アパート帰る前に こう言われました
))))))) (・・;)!







こねこ達を海に連れてきなさい

アパートに帰る前

ほんのちょっとでいいから

連れてきなさい 」(ちくさあの海さん)






ちくさあの海さんに
そう言われたので

言われた通り子猫を連れてきました
ザザーーーーン)))  (・・;)





いつもの
いのりの砂浜につれていき
言われた通り 
4人の子ねこの額と
手足部分にほんのちょっとだけ海水をつけました



アパートに戻ってから
ぬるま湯で温め
タオルで拭いて
さらに子ねこ達を暖めたところ

こねこ達は
見る見るうちに具合がよくなり
体も暖かくなりました
ヽ(゜◇゜ )ノ~♪









乾かした後 
お台所で 
買い置きしてある子ねこ用のミルクを飲ませたのですが
なんとか 
ミルクを少し飲んでくれました
(・・;)ホッ 







そして子ねこ達をよくよく見たのですが

うち一人に ぽんぽんちゃんの小さな頃に
とてもそっくりな子がいることに気づきました
(・・;)!



P5100016_R.jpg




もしかすると
これはぽんぽんちゃんの生まれ変わり?





そういえば
最近ねこの森では
生まれかわりとおぼしき
ねこちゃん達が多く生まれてきています





ねこの森のえんちゃんも
復活し

こえみちゃんや 
コココちゃん兄妹
最近ではまーちゃん

KAKAに似た子ねこも
ごはんを食べに来たりします







もしかすると
この子ねこちゃんに
ぽんぽんちゃんの想念がのるのかもしれない




そんな感じのことを 
期待しました 




P5100017_R.jpg







翌日
容態が安定したので
またミルクを飲ませたら
前日以上にごくごく飲むようになりました





ただ
ケージを台所に置きっぱなしにすると
寒い気がします





なので
ケージをうちねこゾーンに
そーーーーーっといれたのですが
⊂(・・;)ソーーーー





まずはるちゃんが
子猫ちゃんを守るような姿勢でケージの上に乗りました 




他のねこ達も
こねこ達が気になるのか
子猫の周囲を囲むように 
固めるように
見守るようにしていました





数週間前から具合が悪く
窓際に数日以上いたえみたんも
窓際から移動して
こねこ達の方を向いていました





子猫ちゃん達を中心に
うちねこ達の気の流れが変わった気がして




もしかすると
えみたんの具合もよくなるかもしれない

そんなことを感じました




それから3日ぐらい経ちました


最初
毎日のようにやってくるカラスは
子猫ちゃんが着たことにとても戸惑っていたのですが




翌日から
からすは数を増やして
いつも以上にガーガー
激しく 騒ぎ立てるようになりました 






それでも
子猫ちゃん達の具合はよかったのですが
子猫ちゃんを守るように見ていたえみたんの具合が急に悪化し



5月9日 
そのまま息を引き取ってしまいました
(; ;)。

http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1776.html






そしてえみたんが息を引き取った翌朝のこと

その日の朝
ミルクをごくごくいつものように4人の子ねこ達は飲んでいたのですが


その後
からすがやってきて
ガーガー鳴いた後に

お昼に
ふたたびミルクをあげようとすると
朝元気だった4人の内 
ふたりの子ねこが動かず
呼吸をしなくなっていました



うちひとりは
ぽんぽんちゃんに似た子ねこでした




P5100019_R.jpg







なんで!
さっきまで元気だったのに

どうして?







そう想っていた時
えみたんの体から
怒りの声が聞こえてきました






こねこ達を守っていたのに

からすから守ってたのに 」(えみたんのことば)




P9140418_R.jpg






えみたんのことばでは
こねこ達はからすに狙われて
飢餓想念をぶつけられ気を吸われ
あっという間に息を引き取ってしまったとのことでした


えみたんは
最後の瞬間まで子ねこ達を守ろうとしていたのに
守り切れなかったことをとても悔やんでいました





そしてもう一人も息はしていたのですが
弱っていました



P5110001_R.jpg




もうひとりの子も
前日の夜までごくごくみるくを飲んでいたのですが 


体が急に
くたっとして
息が苦しそうでした
 


あらちゃんが傍に駆け寄って
急いで
気を入れてくれた後

動いたり
かすかに口をパクパクして
よくなる兆候を見せたのですが


MAHAOもなるべく手で触り
気を入れていたのですが


でも入れた気は
えみたんと同じように
どこかにどんどん抜けていく感じがしました



そして
その後

またからすがやってきて
電線の上から
けたたましく鳴いた後


その子も
動かなくなってしまいました





P5110005_R_20150515232415224.jpg









翌朝
残った二人の内
もうひとりも動かなくなりました




起きた時 
息を引き取っていました




その子も早朝まで
ミルクを飲んでいたのですが


それから3時間後ぐらい
再びミルクをあげようとすると
前ぶれもなく固くなっていました 


その子ねこを
ピーちゃんと呼んでました



ピーちゃんは
こんなことを私に教えてくれました




P5110013_R.jpg





ミルクをあげる時にね

からすがガーと鳴くの


みるくに
音をのせてるの

電線の上にからすが乗って
ミルクを飲ませる間際に

音を発して
ミルクに想念を混ぜてるの


そのミルクを飲むと
お腹から 
吸われるの 」(ぴーちゃんの言葉)










そしてその言葉を聞いた後
ガオガオちゃんが傍にやって来て
こんなことを教えてくれました 






こねこは弱いから 
気が集まってるんだ 



でも夢で見ると
応援や気が
大きく集まってるように見えるんだ


そうするとな
座の中心の者達が
その気をつけかえようとするんだ


応援や気が集まってるのを見て 
吸い尽くす 

座の中心の者がそう想うと


からすは
そこに飢餓想念をぶつけて
その気を運ぼうとするんだ 

 」(ガオガオちゃんの言葉)





P5150011_R.jpg









ぴーちゃんは言いました





埋葬する時に

ちいさなお花を植えて欲しい 」と





私は
ぴーちゃんと
二人の子ねこに言いました 






また来てね

また記憶と意識を持ったまますぐに生まれ変わってきてね

またねこの森で会おうね





P5110016_R_201505152324171f8.jpg







4人の内 
残った子ねこは最後の1人になりました



最後にたった一人残った子ねこは
拾った時に 最も寒がっていて 
最も体が固くなっていて 
一番弱弱しい子でした



最も弱いと想っていた
子ねこちゃんが最後に生き残った



でも
子猫ちゃんはとてもさみしそうにしていました



それまで
ずっと傍にいて触れ合っていた
兄妹ねこちゃん達が
突然いなくなって
不安でさみしくなったのか
とてもとても泣いていました




その日の夜も
ずっと泣いていたので
両手でなでなでしたり 
おひざの上で長い時間抱っこして




そしたら
ようやく落ち着いてくれました




そして翌日の夕方
その日の朝
からすがやってきて
多少ミルクを飲みづらそうにはなっていたのですが


なんとか気をつけて
からすが鳴かなくなった頃にミルクをあげるようにして
とても警戒していました



すると 
夕方頃
突然大きく鳴き
活発に動きだすようになりました
(・・;)!




今まで一番弱弱しかったのに
夕方はとても元気で 
今まで一番活発に動いてて





その時私は


この様子なら 
大丈夫かも・

っと一瞬だけ安堵したのです

でもその1時間後のことでした 


ケージから出して
またミルクを飲ませようとした時


夕方まで元気に動き回っていた
その子ねこちゃんは
突然動かなくなっていました



P5120030_R.jpg




私は呆然自失しました


さっきまで元気だったのに 

この数日
なるべくつきっきりでお世話してたのに


何故
どうして?

一体なんでなの? 



P5120037_R.jpg






でもその後 
感じました





もしかすると
さっき元気そうな姿を見て
一瞬 安堵したからなのかもしれないと 




でも安堵と言っても
朝よりちょっと具合がよくなった位です 




ちょっと症状が改善して
よかった
と想っただけなのに





何故
この子の命まで奪われるの?




どうして
ここまで気を運ぶの


どうして?




 
P5150003_R.jpg






昔からの磁場にはな


序列としるしで
序列の上位には 
常に 表面にだけネガティブな気が付くようになってるんだ


それはな 

たとえ上位の奴らが
どんなに舞い上がったとしても



一番表面の薄い部分だけ
ネガティブな膜がつくようになってるんだ



からすや
飢餓想念のような眼力のない運ぶ想念は
その薄い膜の部分だけ見て 
そこに生命力を運ぶんだ 



養分の多くはな
どんなに辛い生活をしても
普段どんなネガティブな想いを持っていても
序列としるしで
表面にポジティブな気をつけられているんだ



本心では
どんなに絶望していても
そのポジティブな膜があると
ほんの一瞬の安堵や
わずかのごはんを食べただけでも


飢餓想念は満ち足りてると想って
養分のいる場から
気を抜いていくんだ 


その薄い膜はな
水をかけると 
一瞬消えるけれど

乾くと すぐに膜がつけられる 


世界の掟として 
ママが生贄のしるしをつけた子は
大体ポジティブな膜をつけられるんだ



そうすると
人生がどんなにネガティブでも
エネルギーを放出させられるんだ 


生贄のしるしは
ママが死なない限り
消えづらいんだ 」(ガオガオちゃんのことば)














P5120023_R.jpg





私は絶望感を感じました


数週間以上前から具合を悪くしていたえみたんだけでなく
拾った子ねこ達の誰ひとりも助けてあげることができなかったことを 









でもショックを受けているわたしに
ちくさあの海さんはこう言いました






この場では
守る数に限度がある



場自体が攻撃されやすく
場の守り自体も運ばれやすい



ちょっとした安堵で
生命力を運ばれてしまう


世話をしたねこ達が息を引き取る

その事に絶望を感じるかもしれない


だがそれは無ではない


ショックかもしれないが 
無にはならない


魂はやさしくされた行為を記憶する



わずかな間でも
やさしくされた行為は 
魂の深い記憶となり


その魂の意志次第では 
やさしくしてくれたものと
つながりを保とうとし
その傍でふたたび生まれ変わろうとする



これが
魂のつながり



やさしくすれば
それは魂のつながりが増すこと

それが存在を大きくしていく


エネルギーをこめて
こねこ達に気を注ぐ
こねこ達の世話をする


その行為をしたことで
こねこ達の魂が望みさえすれば


生まれ変わる時
こねこの意志で 
傍に生まれかわったりする



生まれかわりは
どんどん早くなっている



ねこの森のねこ達は
どんなにいじめられて
どんなに攻撃されても
その生まれ変わりはどんどん早くなっている


それは
草を刈られても刈られても
のびるのが早くなっていることと同じ



生まれたい
生きたい
その意志を止めることは何者にもできぬ 


生まれかわりはどんどん早くなってる 」(ちくさあの海さんの言葉)



PA060099_R[1]







ちくさあの海さんは
最初の子ねこが息を引き取った時

埋めるのは
もう数日待ちなさいと言いました




数日後
こねこ達
全員息を引き取ったのですが


その時
想いました


もしかするとちくさあの海さんは
最初から子ねこ達が息を引き取ることを知っていたのかもしれないと


だから
アパートに連れ帰る前に
海に連れてきてほしいと言ったのかもしれない



そう想いました



何故なら
海さんが記憶してくれた肉体は
すぐに生まれ変わることができるから


P5100020_R.jpg




まーちゃんも
ぽんぽんも 
生まれかわりが早くなってきました 




これからどんどん
生まれかわりが
早くなっていくのかもしれない





そう感じました





私は
拾った4人のねこちゃんたちに
ふぉーちゃんという名前をつけました



そして
ふぉーちゃんのお墓の上に
かすみ草のような
小さなお花を育てたいと想いました





ふぉーちゃん
早く生まれ変わってきてね



意識と記憶を持ったまま
生まれかわって
よかったらまたごはんを食べに来てね










P5120025_R.jpg











プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク