水の時代 はじまり











すべての現実は
哀れみより生まれる



水も
食料も 
空気も
生きるものすべて
哀れみにより生かされている


全存在が
哀れみを受けている 


哀れみを
拒絶したと想いこんだ
王も
神官も 
伝説の征服者や 
歴史の英雄も

女達から哀れまれ
そうなってるだけ 」(あめで聞こえてきた言葉)







昨日
結婚式のあめ(夢)を見ました



それは
さまざまな
結婚式の情景のようで






結婚式は お葬式 」


そう言うけれど
結婚式は戦場でした





結婚式では 
新郎新婦だけでなく




親族 知人 
出席者全員の
数年以上先の財運や
仕事運




時には2-30年先の
財運 仕事運まで
変化することがわかりました




さまざまな結婚式に
たくさんの人達がいました




新郎 新婦 親族
上司 同僚 
学校の友人 
幼馴染み



でも
その時 その場で
優越感を感じた人が 
劣等感を抱いた人に



財運や仕事運を
数年 数十年以上かけ
じわじわ吸われて 呑みこまれていくさまが 見えました




そのエネルギーの動きは
結構正確で 
感情の快楽の強弱で
シンプルに動きました


花嫁が出席者に
優越感を抱いてると


例えば
花嫁が幸せなセレブ婚をして

でも
出席した友人女性の
貧しい結婚生活を知っていて


花嫁がその女性を前にして
とても優越感に浸り 喜んだ場合
花嫁の財運が その貧しい女性に ものすごく吸われ 運ばれていくことがわかりました




花嫁がセレブ婚をしても 
新郎が
花嫁にとって意中の男性でない場合

お金が好きで結婚したけれど 

容姿 
男としての魅力において 
他の女性達へ 
引け目を感じる場合


その場合
憂いを持った花嫁は
財運が吸われるどころか
逆に新郎の容姿を笑い者にした出席者の女性達から 
財運を得たことも見えました



それは
女性だけにとどまらず 
男性についても同じ現象が起っていました


結婚式で
花婿に 
自分のお古をあてがうことで
ニタニタしてる男の人達がいました


彼らは花婿に優越感を感じながら
快楽と共に財運や 仕事運を 
ことごとく吸われていました



それを見て

そう言えば
以前

元カレを一人残らず 
結婚式に呼びたい 」という女の子がいた事を想いだしました


その時は
新郎に対して
ちょっと辛い行為じゃないかなーとも想ったのですが



この結婚式のあめ(夢)を見て

実は彼女の真意は
元カレたちの財運を新しい夫にのせたいため 
自分の家庭に元カレたちの財運を運ばせたいがためだということもわかりました



何故なら
結婚式に呼ばれた元カレたちの大半は
新婦につらい未練を持っている男の人でない限り

新婦と抱き合った過去の感触
新婦の裸の情景を想いだしながら 

そして新郎の顔を見ながら
ニヤニヤ優越感に浸っていたからです



そんな
元カレに結婚式に出席された夫たちの多くは
哀しんでいました


もちろん
その夫たちは 意識では 
元カレを出席させたとは気づいていませんでした



でも
本能や直感では 
出席してる男達が
新婦とかつて深い関係にあったこと 

彼らに
見下されてることへの
不快感を感じていました


でも新郎が結婚式という場で
劣等感を抱くほど
優越感を感じた男性達から 
エネルギーが運ばれていきました



私は
そのような情景を見て
結婚式って 
呪術の塊のような戦場のような場所なんだ



場の想念や財運がのるのは
自分に誰かが優越感を持った時


本能が優越感を抱くと
どんなに防御もできないんだ
と想いました



私は結婚式をしてません

結婚式に 
あまりよばれたこともないのですが

親族の大半から縁を切られ
友達もいないので 
おそらく式をしても
来る人は ほとんどいないと想います



結婚式をするよりも 
旅行がしたい

もしも旅行に行くことができたらなあ 



一緒に
たくさん旅行をして 
一緒に
美味しい物をたくさん食べて 
一緒に
身体を癒してくれる温泉に浸かりたいなあとおもいました







すべての現実は
哀れみより生まれる




しかし
いくら哀れんだからと言って
すべてを注ぐ行為は
存在としてありえない


自分のすべてを注ぐだけではなく
目にした物すべてを注ぐ行為は

注いだもの
注がれたもの
その両者の存在を消す行為と同じ 


哀れんで注ぐこととは
本来自分が生きる為にそれをする


自分の存在が
より強く
より大きくなると感じ
それをする


宇宙は
哀れまれて 
大きくなっている 」 (あめで聞こえた言葉)






追伸






(>ω<)ノシ))パタパタパタパ






昨日
4月4日 
しいかの山へ 
皆既月食を見に行きました
\(^o^)


P4040328_R.jpg




一緒に行ったのは
あらちゃん りゅうちゃん とらちゃん


P4040311_R.jpg


P4040318_R.jpg


そして ぽんぽんちゃんが生前 
月食を見たいと言っていたので
ぽんぽんちゃんと まぐろちゃんのお墓も一緒に連れて行きました


P4040326_R.jpg



しかし昨日
さまざまな作業がたてこみ
アパートを出たのは月食がはじまった
午後8時34分ごろ
(―  ―;))(・・;)。===


P4040324_R.jpg


P4040325_R.jpg



その後急いで
しいかの山についたのですが
しいかの山についたのは 
皆既月食が終わる直前の
9時5分ごろの事でした


P4040337_R.jpg


P4040330_R.jpg



空を見たのですが
やはり曇り空
あつい雲に覆われていて


P4040341_R.jpg


見えるのは空を飛ぶ飛行機のライトばかりなり
ショボボーン(・・;) (― ―;)


P4040344_R.jpg



でもかわるがわる
りゅうちゃんや あらちゃん 
とらちゃん ぽんぽんちゃんを抱っこして


P4040335_R.jpg


しいかの山の展望台を見ながら 
みんなにおねがいしていたら


P4040336_R.jpg






少しづつ 
雲が薄くなりはじめ
皆既月食が終わったばかりの
薄い月の光が ほんの一瞬
見えはじめました
(;▽;)ノシ))(―  ―)ノシ))


P4040347_R.jpg



そういえば
10月8日の月食も
皆既月食が終わった後 
こんな感じで薄ら見え始めてたなあ
(・・;)


(10月8日の月食記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1690.html




10月8日の月食は
とても長い月食だった

今回の月食はとても短い月食


一体どんな違いがあるんだろう?
(・・;)?


P4040350_R.jpg




そう想っていると
こんな声が聞こえてきました



10月8日は 物質 
富の相続

4月4日は 想念 はじまり 」 




声の話では
4月4日の月食は想念で


水の時代は
この月食の次の日から
本格的に動きはじめると言われました 
(・・;)!



P4040351_R.jpg



ちなみに
4月4日の皆既月食は
9時6分まで 


ここ最近
69や 
96という数字をやたら見たり
そういうニュースも耳にしたりしますが 



あれも
月の緩衝による作用だったんだなあと想いました




水の時代
4月4日と5日の狭間から
はじまりました 





P4040352_R.jpg





プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク