痴情のもつれ







PA200054_R.jpg








奥様 ご存知ですか?


あそこのおうちのぼっちゃんちゃんたら
角の花屋のゆりちゃんっていう
女の子にご執心なんですよ

たいした用事もないのに
あそこのぼっちゃんが花屋の前を行ったり来たりしてる様子
私何度も目撃しましたわ  」






(・・;)







それからご存知ですか? 奥様

あそこの豪邸の
き真面目そうな婿養子の社長さん

奥さんにラブラブで
とても忠実に見えるんですけどね


実はここだけの話
秘書の子とできてるんですよ 」





(・・;)・







でも
どうなんでしょうね?
あの若社長さん 婿養子じゃないですか?

奥さんに知られたらどうなっちゃうんでしょう?


でももしかすると
ちょっとちらつかせたら 
契約とかも
とれちゃいそうですね 


だって私なんか
若社長と秘書の子が仕事で歩いてた時
「 奥さん 大丈夫なんですか? 」
小声で耳元でささやいただけなのに

その後
若社長から 
プレゼントもらっちゃったんですよー

いい旦那さんですねー  」




(・・;)・







でもこれ以上
人の秘密をしゃべっちゃだめですね

私こう見えて口が堅いですからね 」


えんえんは知っています 
これこそがTHE ドールなのです 」





THE ドール
(・・;)・







ドールとは
もともと
富をたくさん持ってるリーダーさんや
しー様たちのまわりでお手伝いをして 
お駄賃をもらいながら マネっこしながら 

裕福な人達の内部動向をうわさ話にしてました 

まー
今でいえばマスメディアの原型のような人種でもあるんですね 」





(・・;)・






「 家政婦は見た 」ってドラマあるじゃないですか?


おばあさんが演じてますけどね


本来
家政婦さんは
おばあちゃんが演じるんじゃなくて
若い女の子が演じるんですよ


お金持ちの家に 
お手伝いしてる若い女の子が
情報通になって 事情通になっていくんです 」





(・・;)






そしてそのメイドさんたちに
お駄賃配って手なづけたのが 
ゆ族おばばや その息子達の神官たちだったんです


彼らはお駄賃を渡して
力を持ってる人達の弱みを握り
人事を掌握していったんです



ドールちゃんはただ悪意なく
うわさ話してただけなんですよ 」(えんえんの言葉)











さて
今日はまだまだ謎の多い
ドールちゃんや鳥族さん記事
(>ω<)/





今までねこねこ達から
ドールちゃんや
鳥族さんという種族についてさまざまなエピソードを聞いていたのですが

今日は今まで書き溜めていた
そうしたお話をご紹介したいと想います
(>ω<)ノシ))パタパタパタパ 




まずは
はるちゃんのことばから
(ノ゜ο゜)ノ












鳥さんは
移動しながら
渡り歩きながら
暮らすことがおおい 」





(・・;)







鳥さんは芯のエネルギーより 
表面のエネルギーが好き


土地自体よりも
土地の上にまとわれてる幻影が好き


華やかな幻影
表面の気を追い求め 渡り歩く性質 」





(・・;)





表面の気が好きって言うと
一見 うわべしか見ていないって
非難する人もいるかもしれない


でもね
表面の気って
地球の生物に例えると 空気だったり酸素だったり 水だったりする


ほら
どんな地球の生命も 酸素や水がないと生きれないでしょ? 

鳥族にとってはそれと同じなの 」




(・・;)! 





例えば
地球の表面の酸素や水や緑 植物を根こそぎ 
奪った星があったとするでしょ?

そうすると
根こそぎ表面のエネルギーを奪われた 
地球の基点さんの芯の性質自体は変わらないとしても

生きる為に酸素や水を
奪った星に移住しなきゃいけなかったりする

鳥族さん達の表面の気を追い求め
渡り歩く習性って
その行動に近いの


自分が生きる為に表面の気を追い求めてる  」






(・・;)






表面の気が無いと鳥族さんはハアハアができない

昔は犬よりも弱かった

それぐらい体調が弱かった

だから気に敏感になった



どこにエネルギーが注がれてるか
どの場所に表面の気が集まろうとしているのか


それを見ることは
鳥族さんにとっての
生きるのに欠かせない能力


これから
きそうな人を見抜いたり
これからきそうな場所を見つけたりもするのも

さまざまな分野で波に乗るような活躍をするのも
鳥族さん達の表面の気配を追い求めるという性質から来ている

 」(はるちゃんの言葉)




P6210058_R.jpg












鳥族性質の人間って
結構
自分の子供でも捨てるってことが多いんだ 」







子供を捨てる?
(・・;)?







ほら
鳥族って渡り歩く習性だろ?


数々の恋愛をして 
子供を作っても
その子が自分好みのスタイルじゃないと 

自分が生きる為に捨てたりもするんだ

自分の代わりに
育ててくれる人を見つけると

「 
この子を任せましたよ 
それじゃあ ごきげんよう
おたっしゃで 」 

って具合にパタパタ飛んでいったりするんだ 」







(・・;)・







昔の鳥族はな

放浪生活しながら 
あそびめさんとかしながら


地域のやさしい人や
リーダーさん達に
子供を託して 育ててもらってた人も多かったんだ



そして
育てるのが好きな人は
他人の子でも育てるのが好きだったんだ

たくさんの子を育てると
たくさんの人達の記憶に残る

それは
後々自分の力になるからな

今より自由奔放な社会だったけど

けっこー
それで世の中
今より上手く回っていたんだ 」






(・・;)







それからな
鳥族は異性と数多くの恋愛をするけれど

本当に好きなのは同性なんだ 

何故なら自分の美と
ハアハアを追い求めるからな


美の雰囲気を持って
ハアハアさせてくれる同性を憧れと想って

自分もそれになりたいと想って
男よりも深く深く
近づきになるんだ


それで同性の集合体ができると
そこに多くの異性も巻き込んでいき
混在した集合体を形成していったりする 」





(・・;)






それからな
鳥族について気をつけなければいけないこともある


物に狂うと鳥族は気が狂うんだ 」






物に狂うと 気が狂う?
(・・;)?






映画(ホビット)でも描かれていただろ?


鳥族は物集めもうまいし 
小物やコーディネートの組み合わせも知ってるんだけどな


だが
自分が求めてた以上の
たくさんの物を手にすると

とたんに
気が狂うんだ 」




(・・;)・






冷静な時はな

「 かわいそうな人からは盗っちゃいけませんよ 」 


あの人は足りない足りないを発してるから
あそこには 運ばなきゃいけませんよ 」
そういう感じのスタンスだけどな

物に狂うと
そうした制御が効かなくなるんだ


自分の所に物を運ばせられるなら
どんなルートでもいいと
どんどんのせようとするんだ

だって物に狂ってるんだからな


弱者からの搾取も
物に狂った鳥族が増幅させて起きたりする現象だ 」




(・・;)・





物に狂うとな

意志とか 
足りないところを見ずに
まず自分に物が集まってるその磁場や仕組みを守ろうとするんだ 


人々をいじめる搾取者がいたとしても 
その搾取者が 
自分に物をもたらしてくれてるルートになってるなら
搾取者を守ろうとするんだ


どんなにその搾取者が 
多くの人達をいたぶっても


物に狂うと
それすらも気にならなくなる

それどころか

足りないのに 
運ばせ方を知らないのが悪い
知識がないから悪い

そう想うんだ 」




(・・;)・






それが行きつくとな

弱者や貧困層は 
服が汚れてる悪い 
家がぼろいから悪い 
奪われてるから悪い という理論にまでなる



搾取される方が悪いという想いに変化するのが 
物に狂った者達の習性なんだ 」





(・・;)・





自分が求めてる以上の
過大な物にあふれさせると
狂う


その性質を知ってたから 
ゆ族達はドールを使った


ドールは序列には興味はないんだけどな
物には狂うんだ


物を与えて
旨みを与えれば 
言いなりになるし 
結界を守る


だからゆ族達はドール達を重用して
古代王族として とりたてていたんだ 」




(・・;)・ 





最近ドール達の中にな


月食の緩衝で
破壊の時期 尽くしていたのが実は養分ではなく 
人違いだったと気付きはじめてる者もいるんだ


だけどな
その中には
物に狂ってるドールもいて


養分にエネルギーが戻りつつあることを知ると


今現在 物や現実をもたらすルートになっている
搾取者の小犬達に 
養分達のエネルギーもひとまず全部のせようと企む者もいるんだ



何故ならそういうドール達の理論ではな


小犬達に戻りつつある養分のエネルギーもいっさいがっさいのせれば
小犬に先出ししたドール達が 
その後 全部回収ができる

そうおもってるんだ


物に狂うと
エネルギー緩衝とか
月の精査の取り返しとか
わからなくなるんだ 

冷静な判断ができなくなるんだ 」




(・・;)・・








もっとわかりやすく説明しよう  

例えばある会社に配達してる
配達員さんがいたとするだろ?

その配達員さんに
会社員全員のキャッシュカードを与えて
暗証番号を教える 


ご自由にお使いください
あなたが自由に使っても 
気づかれることはありません

もしも
気づいた社員がいたとしても
お金を使って その社員を追放できたりもできます 」

そうそそのかされたら
制御が効かなくなっちゃう人も多いだろ?


最初は少しづつ使ったとしても
よほどの意志がないと
社員さん達の資産をどんどん使っちゃうだろ?


そうして使って使って
使ってるうちに 
感覚が麻痺していき

奪ってることに
気づいた社員さんがいると 
その社員さんを他の社員に追いださせたりもする 



これが物に狂ったドール達とは
これに似た習性だ 」




(・・;)・






元々鳥族達には
物を運ばせる情報はそれほど集まってなかった



だが
ゆ族や神官たちは
物に狂うという習性を知って


運ばせる情報を
ドール達に集中してのせる磁場を作らせたんだ


集中してのせられると
よほどの意志がないと 
すべて破壊するくらい気が狂うからな 


車だって軽自動車に
ジェットエンジン積んだら車体が壊れるだろ?


それと同じだ 
その骨型が気が狂うと知って
そこに運ばせる情報を一極集中で全部のせた


それがそそのかしだ 

磁場自体が そそのかしなんだ  」




(・・;)




ドールが
物に狂うとな 
搾取を止められなくなるぞ 

すべて失うまで 
搾取を止めないんだ


すべて失えば
ハッと我に返って
立ち治るかもしれないけどな

物にあふれてる限り
ドール達は決して行動を改めないんだ

だってもともと
雰囲気だけを追い求める
感情的な性質だからな 


どんなに足りない人達から搾取しても
世界が地球をどんなに傷つけていようと

ドール達はその世界を守ろうとするんだ 

地球よりも 
世界を守ろうとする

これが気が狂ったドールの指標なんだ

 」




(・・;)・





だけどな
物に気が狂うと
ドールはハアハアできる気すらわからなくなるんだ


元は昔はドールはスタイルを見れていたんだ

だって
ハアハアさせてくれる健康なスタイルを見抜けないと 命に係わるからな


水族は想いを見ていたが 

昔のドールは健康なスタイルや骨型を見ていたんだ 


だが
物に気が狂うと 


ぴかぴかの服や 
顔の化粧すらハアハアできる気に感じてしまって
気やスタイルがわからなくなる

そのうち 
体調を崩してなくなってしまったドールも多いんだ 」





(・・;) 




何故ならな
搾取しまくると 
エネルギーの作用として
元いた場所に戻ろうとするからな


でもそれを邪魔しようとすると
エネルギーの消耗が激しくなるだろ?

そうするともともと体調が弱くて
ハアハアしていたドールちゃん達は
どんどん体調を弱くしていくんだ


コチョコチョ盗る分には
それほど回収の速度は早まらないんだけどな

今のように物価を上げたり
税金をあげたり
やみくもに強制的な取り立てをして搾取をすすめようとすると
回収の動きもそれだけ早くなるんだ

そしてそれを抑えようとすると
エネルギーの消耗がより激しくなり 


ハアハアできる人すらも見失って  
ドール達は
そのままパタパタ倒れたりするんだ 


ハアハアハアハア 」




(・・;)・





歴史を調べてみるとわかる

搾取をし続けた
古代王家の一族は短命な者が多かったんだ

巨万の富を持ちながら
搾取をすすめると
どんなに磁場で守られていても
健康を害してしまうんだ 
 

王国が滅ぶ理由の大半もそれだ 

生き続けたい想いよりも
ドール達の物に狂うが上回ると起こる現象なんだ 


火星もそれで燃やされたんだ 」





(・・;)・





「 
でももとはといえば
物に狂いやすいドールや鳥族達に
物を運ばせる情報を のせる磁場がいけないんだ 

だって本来欲してた物を
はるかに上回る物を手に入れられる情報を与え続けるんだからな


よほどの意志がない限り 
感情をコントロールできない 


だからな

意志が強い人じゃないと
物を運ばせる情報をのせてはいけないんだ


本当に意志が強い者は 
全員分のキャッシュカードや暗証番号を託されても
絶対に流用はしないからな

 」





(・・;)





それにな


本当の意味で
運ぶパワーが強いのは
意志が強い者なんだ

あめちゃんもそうだろ?
外周はチラチラ動いても 飛び回ってるだけ


でも地球や月や木星や
周囲の星を運びながら
ぐるぐる回ってるのは あめちゃんの中心点だろ?


本物の運ぶ族とは
実は中心点の種族だったんだ 」





(・・;)






外周でワーイワーイと
運ばれていた存在に
磁場で自由に内部エネルギーを運ばせる情報を与えたから
中心をはたくようになったんだ


でもそうすると自分を運んでくれている存在をはたいて
結局 すべてが燃え尽きてしまうんだ




だから本人の基点の意志が
求めてる以上に与えてはいけない

本人が求めてる以上に与えることは
その存在を狂わせるという現象につながる

それはどんな存在にも言えるんだ

存在の基点の意志が
求めてる以上には与えてはならない  」(ガオガオちゃんの言葉)






P3040232_R.jpg







プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク