みけぇとしっぽーと ぽんぽんぽん

















ぽんのママを見ました

ぽんのママは
半分のらちゃんで

神社の傍にいました 」









神社の傍?
(・・;)







水道屋さんがあって
おうちがあって


ぽんのママは
その当たりをウロウロしてました


そして
こねこができました

4つ子です

ぽんと 
ことりちゃんと 
えとちゃんと 
こえみちゃんです







(・・;)







からすさんがワーワー泣いて
こねこを見つけました


からすさんは
たぶん ぽんのお誕生日と
4つ子というところに反応したんだと想います



おれの!おれの!おれの!おれの! 」

からすさんはそう言いました 」






(・・;)







そしたらからすさんの声を聞いて
こねこを見つけた人がいました


からすさんの声を聞いた人は
ぽん達をママから引き離しました


その後ぽんは箱に入れられて
道に捨てられました


からすさん達は
車に轢かせてから 
ぽんを食べようとしたのです 」






(・・;)・







からすさんの考えによると
選ばれし誕生日の者を食べれば 
自分にその誕生日の力が宿ると想っていたようでした


でもそれは普通に美味しく食べる行為とは違います

昔の食人族のような勘違いを
からすさんはしていたのです 」





(・・;)・







からすさんは
誕生日の事をわかっていたわけではありません


本当に
誕生日のエネルギー質がわかるのは
鷹さんやとんびさんです


鷹さんやとんびさんは
お誕生日のエネルギーを見分けられるんです


電線より上を飛んでる鳥さんには 下にいる動物たちのお誕生日エネルギーがわかります

でも
電線にいつも停まってる からすさんは お誕生日エネルギーがわからないのです 」






(・・;)






そして特別な誕生日に生まれた小動物を 
タカさんやとんびさんが発見し
反応すると


からすさんは
「 ハッケン!ハッケン! 」と言って
食べようとしたり 
操り人形のように人を動かして生贄しようとしたんです 」






(・・;)・







からすさんの考えではこうでした




食べることで
自分のお誕生日とコウカンコできる

コウカンコ!コウカンコ! 」


いつもそう言って
目をつけた動物達とエネルギーをコウカンコしようとしていました








(・・;)・







ぽんは
いつもからすさんに狙われてました



からすさんが鳴くと
ぽんはいつもイタイイタイと言って
下痢をよくしていました


ぽんは言ってました


からすが鳴くと痛いぽん

内臓からエネルギーが抜けるぽん 」」






(;;;)







ぽんのお誕生日がいつだったのか
しっぽーにはよくわかりません


でもそれは人間の暦と言うより
植物の暦にとても合っていたんだと想います

植物から見た特別な誕生日

ぽんぽんや こえみちゃん えとちゃん ことりちゃんは
その特別な誕生日に生まれたこねこ達だったんです 」 






(・・;)







しっぽーもぽんぽんも
からすさんが怖いです


でも本当は
からすさんが悪いんじゃないんです


からすさんはモノマネする習性だから 

人の中心のモノマネをしてるんです 」






人の中心のモノマネ?
(・・;)?







からすさんが電線に止まるようになってから


からすさんは
よく人のモノマネを行うようになりました


電気で写ってる
人間世界の中心のモノマネ


具体的に言えば
テレビによく映ってる人達のモノマネを
からすさんはしているんです 」





(・・;)・







からすさんが


「 エネルギーを食べれば 
誕生日エネルギーをコウカンコできる 」と想ってるのは

今の世界の中心の座の人たちも
同じ考えを持っているからです



からすさんは電線に止まってからというもの
よく人のモノマネをしているんです 」(しっぽーちゃんの言葉)


















☆みけぇとしっぽーは 孤独なのです☆


かたりて みけぇ&しっぽーちゃん





P8260015_R.jpg









みけぇ と しっぽーは 孤独なのです 」






孤独
(・・;)






とてもとてもさみしかったのです

かなしかったのです 」






(・・;)・







ある日突然目覚めたら
見知らぬ小さなお山にいました 

みんなダンボール箱の中にいました 」






(・・;)







みんな戸惑っていました

「 ここはどこ?
どうしたの? どうしたの? 」



なんかいつもと違う 寒いよ 」 

寒くない季節だったのですが とても寒く感じたのです 」






(・・;)






みんな呆然としてました

そしたらからすさんが言いました

「 捨てられた子 捨てられた子

かあかあかあ 

俺達の物 俺達の物 」 」






(・・;)・








もふもふもふってしてた
なかよし兄弟ねこちゃんが言いました

その子は白黒でした

「 
ぼくたち 
わたしたちは捨てられちゃったの?

元から何もなかったけど
もっとなにもなくなっちゃたね

ここはどこなんだろう?  」

キョロキョロしてました 」






(・・;)







そしたらからすさんは言いました

「 
墓場 墓場 墓場 
があ があ があ 」


この小さな山はお墓だったんだ

みけぇとしっぽーは 気づきました 」 





(・・;)






みけぇとしっぽーは想いました


お墓いや――――!
みけぇとしっぽーはもうちょっと生きたーーーーい!

せっかく生まれてきたから

でも許されないのかな 」

色が同じだから 
二人で見つめ合いながら お話しました


でも生きたいよね 生きたいよね 」」






(・・;)・






誰もごはんもくれないけれど
ここは見知らぬ場所だけど

でもそれだけど生きたいよね

でもこのままここにいたら 
ここはお墓だから 
お墓に埋まっちゃうのかな?

しっぽーは
ぼーーーーと木さんを見ながら
さみしそうに想っていました 」





(・・;)





そしたら
もふもふもふってした白黒の子が

やだーやだーやだー 」
って大きく叫びながら
目をウルウルさせました

しっぽーとみけぇは呆然とし過ぎて
目がウルウルする気力もありませんでした 」





(・・;)






一週間くらいしたら
白黒の子は急にどこかに行ってしまいました

「 ぼくは生きるんだ― 」
って言ってどこかに行ってしまいました



でもどこに行ったんだろう?

行く宛もないのに 
どこかに行っちゃいました 」






(・・;)・






ちょうど三日ぐらいした後
その子のあめを見ました

なんだか走って走って走って
よくわからないけれど 
たどり着いた先で
ごはんをくれる人がいたみたいです



ちょっとぼろっちいし
ごはんもイマイチだけど
とりあえずやさしくしてもらったみたいです 」






(・・;)







そのあめを見たしっぽーの兄弟達は


僕も行きたい 」


私も行きたい 」って言って
どこかに走っていきました

もちろん行くあてもないから
どこかへ向かって 
走って走って走っていったのです 」





(・・;)






そうこうするうちに
みんながどんどんいなくなってしまいました

臆病でどこかに行けず
一緒に潜んでいたしっぽーちゃんの仲間ねこは
からすさんにカアカア攻撃されて 
どんどん死んでいきました

「 ママいない パパいない 

俺の物俺の物 」

食べられたり ビームされたりしました 」






(・・;)・







そうこうしてるうちに
みけぇとしっぽーの二人きりになってしまいました

しっぽーもみけぇも臆病で

でもそこから動く希望も無くて
でも生きたくて 
近くの木さんにゴリゴリして一緒に寝てました

お墓 
古墳と呼ばれる小さなお山にずっといたのです 」







(・・;)








一月を過ぎた頃
痩せて お腹が空いてしまいました

時々ごはんが置いてあって
ふたりで
もちょもちょ食べてたけど

「 どうしようね? しっぽー 」
「 どうしようね? みけぇ 」

ずっとずっと言いあっていました 」






(・・;)







しっぽーとみけぇは満月のある夜
木の高い所まで登りました



一生懸命登りました

みけぇとしっぽーは
聞いたことがあったのです

満月は
道しるべを教えてくれるって



きっと高いところに行って
ちょっとでもお月さまに近くにいけば
何かわかるかもしれない 


そう想ったのです 」







(・・;)






ふたりでお月さまを
ぼおおおおおおおっと見ました

そしたら木の傍でぐりぐり遊んでた
ねこちゃんが言いました

「 ごはんくれる人がいるよ 
そんなにお部屋の中に住みたいのなら
もしかすると連れてってくれるかもしれないよ 」 」






(・・;)






みけぇとしっぽーは 


お外が怖いのです

狭くてもいいからお部屋の中に住みたかいのです

そして気がついたら
みけぇとしっぽーは
お部屋の中にいました 」






(・・;)・







その前に
海に一度行った気がします

音がいっぱいざぶんざぶんしてました

びっくりしました 」





(・・;)






みけぇとしっぽーは
今お部屋の中にいます



満月ってパワーがあるんだね 」


ふたりでそんな話をしていたら
ガオガオが言いました 


満月は眼力だ
遠く離れたところから地球を眺めるから
まんまるくなる 」 」






(・・;)









満月パワーはな
どうしたらいいかを知ることにつながるパワーだ

目的を達成する道しるべのパワーなんだ

新月は想いによってまわりを動かすパワー 信じるパワーだけどな 
満月は目的を達成する道しるべを見せてくれる 知るパワーなんだ 

信じるパワー 知るパワーだ 」









信じるパワー 知るパワー
(・・;)







ガオガオは言いました


日食と月食はな
新月と満月
それを強くしたような緩衝なんだ

日食は新月に似ている 
月食は満月に似ている

でも普段の新月 満月と
比較にならない強さなんだ  」」







(・・;)







もうすぐ海が来るんだぞ

北極近くの日食は 海のパワー
音のパワーを増幅する


だから 
おねがいごとするといいぞ 

日本にはな 
7を3回すると 
21日後から そのエネルギーが届きはじめる



月食もな
その後に来るんだぞ

ただ見ると
届くのは違うんだ


今度の月食はちょっと特別で
北極の日食が完成する前の月食だ



いわば
北極と南極の接続の月食ってことだ
」」





(・・;)・







だからその時におねがいするとよいぞ 」

って
ガオガオが教えてくれた

みけぇとしっぽーは 
よくお空を眺めています



ぼくたちはどうしちゃったんだろうね?

でもずっとずっと一緒にいて
ずっとずっと長生きしようね 」 

そうお話してました  」(みけぇ と しっぽーの言葉)







P8260008_R.jpg








追伸








昨年の12月4日

ぽんぽんちゃんが
息を引き取ってから
しばらくしてのことでした


ぽんぽんちゃんが
あめに出てきて
私はこう言われました







ぽんはちいさなお花が好きぽん

ちいさなお花は
よく高山に咲いてるぽん 」






北極の緩衝は
小さな高山の植物に
花に影響を与えるぽん


上空から気が変わるぽん

北極は
上空の気の緩衝を変えて
気候変動もそれで起こるぽん 」






もうすぐ人の中心は植物の系譜が中心になるぽん


そして
植物の系譜が中心になると
人の寿命も
とても延びるぽんよ 」







P8020020_R.jpg











プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク