さがるさがるみんなかなしい















ブログ休載中
哀しい事もいくつかありました






銀座から来たねこで
息を引き取ったねこははじめてでした





とみーちゃんは 




2014年11月7日
昼頃

しいかの山の森の中で息を引き取りました





その2-3日前頃
とみーちゃんの様子に異常が起きました


やたらとせき込みと
吐瀉を繰り返し



動悸が激しくなり
口で呼吸をハアハアと激しくするようになり 



部屋の角っこにうずくまり
鏡の前でじっと動かず
ただひたすら自分の姿を見つめていました





以前から
他のねこ達に比べて
とみーちゃんの食は細かったのですが
好物の帆立とかフリーズドライササミ シーヴァなどは食べていました

でも
とみーちゃんの好物を上げても
まったく口をつける様子がありませんでした




病院からもらった食欲増進剤や
抗生物質などを水に溶かして飲ませました


とみーちゃんは激しく抵抗して
飲ませる時に口の中を切ったのですが

それでもとみーちゃんをケージの中に入れて
安静にさせると少しづつ動悸が収まってきて


落ち着いた様子でした




でも翌朝
近所の人が草刈する為に雇った
庭師が発する機械のけたたましい騒音に起こされた後



とみーちゃんの様子を見ると

とみーちゃんの具合は
前日よりも衰弱して
動悸息切れが激しくなっていました




私は
急いで
とみーちゃんを抱えて病院に向かいました



病院で点滴や抗生剤など
治療してもらったのですが



お医者さんの話では
この様子では 
「 今日明日が山 」と言われました





私はとみーちゃんを連れて
海や山にドライブに行こうとおもいました




何故ならば
今まで同じような症状になった時

ぐったりした状態になった息切れしてた子ねこ達を
お医者さんがもうだめかもしれないと言っていたねこ達を


ちくさあの海さんやしいかの山  
南房総の各地に連れて行った後に
急に具合がよくなって
改善したことが何回もあったからでした





とみーちゃんも
しいかの山や
ちくさあの海さんによくしてもらおう




そのつもりで
とみーちゃんを抱えてドライブに行きました




最初に訪れたのは
あーの山近くの駐車場です


眼前にそびえたつあーの山の姿を
とみーちゃんに見せながら
車の中に風を入れました




すると
今まで気づかなかったのですが
とみーちゃんの片耳の穴の
とても奥の方に 
黒い何かが詰まっているのが見えました



持っていた
ペーパーを細かく丸めて
耳の奥まで入れてごりごりしたら
奥から耳垢の塊がごろりと出てきました




その瞬間
何か想念が
とみーちゃんから抜けた気がしました

とみーちゃんの息切れが少し浅くなった気もしました


よかった
山に連れてきて
もしかするとこのままよくなるかも



でもしばらくしたら
とみーちゃんの息切れがまた深くなってきました





呪は呼吸を合わせて行われる

その言葉を想いだした私は 
とみーちゃんを抱っこしながら



あめちゃん(太陽)のあめで聞いたリズムを
とみーちゃんに伝えました


あめの中の
ぼーーーーーーーーーーーむっという太陽の中の音のリズム




それに合わせて呼吸をするんだよ


とみーちゃんに何度も言いました



はるちゃんの為にもとみーちゃんは生きるんだよ
生き続けてね


とみーちゃんに何度も何度も伝えました





あーの山の後に
しいかの山に行きました


しいかの山の99の谷の駐車場

そこでとみーちゃんを抱っこしたのですが
とみーちゃんの息切れは激しくなりました
家までもたないような状態でした


私はとみーちゃんの様子を見て
一旦アパートに帰ろうと
想ったのですが




でもしいかの山の山頂の木さん達に
こう言われました




以前行った森の奥に行って

とみーちゃんを抱っこしながら このまま

森の奥に連れて行って 」(山頂付近の木さん達の言葉)






私は言われた通り
しいかの山の山頂を下りて
以前数度行った
森の入り口の駐車場へ車を停めました



そこはうっそうとした緑に覆われていました


以前は
結構な広さの駐車場だったのでしょうが
今は藪だらけで
車が一台停めれるか停めれないかのスペースしかありません







そこに車を停め
とみーちゃんを抱っこして
しいかの山の森への山道を下っていきました





PB070018_R_201412301249515a6.jpg






その時です


一緒に付いてきてくれた
くまちゃんが
不意にこんな一言を漏らしました






ここって ヤマトタケルが攻めてきた場・・  」





その瞬間でした
抱っこしていたとみーちゃんがいきなりひきつけを起こし
全身痙攣しました






それは
まるでベビーふっつ―が息を引き取った時の状況のように
ビーンと体が硬直して
弓なりに体が痙攣したような感じでした



慌ててとみーちゃんを守るように
しゃがんで抱きかかえたのですが



その時
とみーちゃんに
指をおもいっきり噛まれました


ものすごく血が吹き出ました 





「 だいじょうぶだいじょうぶだいじょうぶ 」
と言いながら
しゃがみながら とみーちゃんを抱きかかえていました 




ぎゅうーっととみーちゃんを抱っこしました 
とみーちゃんの口や頭に
私の手から流れた血がしたたり落ちました



その後
とみーちゃんは
急に動かなくなりました



そのまま
とみーちゃんは
息をしなくなりました



とみーちゃんの目を見ながら想いました


ひょっとすると
今 くまちゃんが不意にしゃべった
「 ヤマトタケル 」と言うワードに
森の怨霊さんたちが反応したのかもしれない










とみーちゃんは
敏感体質だったから弱った体に
怨霊さんの怒りのエネルギーが入って
それでひきつけを起こしたのかもしれない 


私は
動かなくなったとみーちゃんを抱きしめながら
泣きました




でも
しいかの山の森の木さん達は



もっと奥に行って もっと奥に来て 」と言ってました






手の中で
動かなくなったとみーちゃん


私はとみーちゃんを
抱きしめながら
泣きながら森の奥へと歩きました



PB070019_R.jpg





しばらくすると
薄い霧に包まれてるような森が見えました


霧は出てないのですが
でもうすーく想念の霧がでていて

その想念の霧がもやのように
肉眼でもうっすらと見える森の白いオーラのように映っていました


それは私だけでなく
くまちゃんの目にも見えたようです



森を進むと
あるポイントを示されました


そこは以前
その森に始めてきた時 
写真を撮った場所



上に大きな樹があって
急傾斜の坂が張り出るようになって
森につき出ているポイントです


その上にはちょっとおおきめの木さんがあります


とみーちゃんの身体は
もうその時硬直をしはじめていました

ベビーふっつ―や 
るーちゃんの時は
息を引き取ってから
しばらくは体は柔らかいままだったのに



とみーちゃんの身体は
息を引き取ってから
ほんの数分で驚くほど硬直しはじめていました


私は泣きながら
しいかの山に問いました




私たちが木更津に来てから
たくさんの猫たちが息を引き取りました

一体なぜですか?
みんなたすけてください 」


そして
とみーちゃんの目を見ました

とみーちゃんの目に写った森の情景が見えて 

その瞬間
脳裏にこの言葉が響きわたりました


「 古代の呪 」



その瞬間わかりました


この地を基点とする古代の呪
怨霊たちの呪が何かの錯覚で飛んできてる



それは
私たちや ねこ達だけではなく
たくさんの養分の人達
たくさんの動物達 
たくさんの植物たちにも
しいかの山を基点とするヤマトタケル由来の古代の呪が飛んできてるイメージでした


私はそのイメージが見えてから
言いました



よく見てください

これはねこです 
ヤマトタケルじゃありません
人間でもありません

ねこです 

どうかたすけてください 」






森は静かにそれを聞いていました





永遠にみんなの想いが叶い 永遠にみんな生き続けますように 」

そう言った時 少し空気がゆらりと動きました




PB070025_R.jpg








とみーちゃんの魂が
はるちゃん達とともにずっと一緒にいれて
すぐに記憶を持ったまま生まれ変わりますように

とみーちゃんも永遠に生き続けますように 」 

そう祈ってから
森を後にした私たちは



その後
ちくさあの海さんに向かうように言われました





しいかの山から
ちくさあの海さんまで行くまでの間



私は 
この木更津に来てから
今まで起ったすべての哀しい出来事
すべての不調が 古代の呪が祓われてきたことも
起因してると感じました



そして
トミーちゃんの固くなった身体を抱っこしながら
こんな事を感じました


呪を向けられていたのは
とみーちゃんじゃない
はるちゃんなんだ


誰かが
はるちゃんを狙って
古代の呪を祓ってきた



でも
とみーちゃんは
はるちゃんに毎日すりすりしてごろごろして 
はるちゃんの気をこの数年浴びていた


毎日はるちゃんの気を吸っていたから
トミーちゃんに古代の呪が刺さってしまったんだ 

 

私個人の経済的な苦境も
体調のだるさなども ケガも
生霊だけでなく
古代の呪が祓われてることも関係してると感じました


そして先ほどの森で見たイメージで
この地の古代の呪は
ヤマトタケルがこの地を征服した時に 
発生した怨霊さん達が端を発してると想いました



ちくさあの海さんについてから
私はとみーちゃんの身体についた血を
海水で洗いました




そしてとミーちゃんがすぐに生まれ変わりますように
トミーちゃんがずっとはるちゃん達と一緒にい続けますように 」

とお祈りした後 

さまざまな質問を
ちくさあの海さんにぶつけました



海さんは ゆっくりと教えてくれました


教えてもらった内容を
まとめるとこんな感じのお話でした  


「 
震災以降
呪が強くなったのは
古代の想念が蘇ったから


その呪は座の中心に目がけていったが
破壊の時期
座の厄を祓う磁場が発動している 


おおいぬは破壊の時期後 
養分達に厄を引きおわせる為に
破壊の時期の期間中
ある程度厄や呪を受けるつもりであった


そうして厄を受けた後
破壊の緩衝後
座にいた系譜に
数万倍の厄をうけおわせるつもりだった 


だが東北の震災で蘇った古代の怨霊は
大犬達の想定外の量だった


そして
座にいる者たちの想いで
そうした怨霊は
大犬達ではなく 
怨霊たちの系譜である養分の系譜や 
怨霊たちの力の源泉である 
動物や木や自然にも多く祓われた


養分達 動物達植物たちが
この数年 特に苦しんだのはそのことが理由の一つ 」



そう言われました



そして 
私ととみーちゃんが
なぜあの森に 今日誘われたのか

を問うと
こんな事を言われました



あの地は
東日本における怨霊発生の基点のような土地



もしも
怨霊たちの呪が刺さってる存在が
ヤマトタケルの系譜ではなく 


養分の系譜や
中心のしーの系譜

動物たちや植物たち刺さってることをしれば
あの地の怨霊がそれを目にすれば
少しづつ冷静になる


誰かが早く気づいて欲しくて
あのような動きになった 」(ちくさあの海さんの言葉)




そして
ちくさあの海さんはこうも教えてくれました





時が来るまでの間


座にいる者を守る
自動防御想念が動き続けて
厄が祓われ続ける


気をつけて



でも
座を守る自動防御が切れるのはもうすぐ

アベノミクスが終わるのがそのはじまり


実質的に終わってるけど株が終わりはじめる
のがそのはじまり 」







私は
海でとみーちゃんの体を洗いました



すると不思議なことに
とみーちゃんの目は海についた時
ほとんど閉まっていたのですが


トミーちゃんの身体を海の水で洗い海を見せていると
体は硬直したままなのに
目だけ大きく見開いていきました 


そして
その後
とみーちゃんの声が聞こえてきました





はるちゃんとこに帰る 」










私は帰りの車中
とみーちゃんから最後に聞いたお話を想いだしました


とみーちゃんから最後に聞いた物語



それは
北海道の物語です



その物語はおひるねごろにゃんとうにも書いたのですが
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/blog-entry-4416.html





あの話は実は
ガオガオから

北海道には
うにー かにー ほたてーがたくさんあるよ
たくさん食べれるよ 」ことを聞いて



うにー
ほたてー
かにー 」
と北海道の大好物をイメージしたとみーちゃんが
北海道を
リーディングした時に見たイメージでした





トミーちゃんは病弱でした 

弱弱しくて繊細で



だからはるちゃんにすがって生きたかったのに
悪いこともしてなかったのに


誰かがはるちゃんに
厄を祓って
その気を吸った




もしかすると
無意識的にとみーちゃんは
はるちゃんを守りたかったのかもしれない



とみーちゃんはずっとはるちゃんの一部になりたいと言っていた





さがるさがるみんなかなしい 」は


とみーちゃんが息を引き取る数週間くらい前に言っていた謎の言葉でした


それまでとみーちゃんは
リーマンショックが起きても 
東北の大震災が起きても

数年以上
「 上がる上がるみんなハッピー 」と言い続けていました


そんなとみーちゃんが
ここ最近に
「 下がる下がるみんなかなしい 」と言いはじめました



ひょっとすると
これから数年単位で
「 さがるさがる みんなかなしい 」現象が
起こるのかもしれないと想いました




とみーちゃんが
何を見てそれを発したのかは 今となってはよくわかりません



株かもしれない
物価かもしれない
紙幣かもしれない



でもそれよりも


とみーちゃんのその言葉を想いだして
とみーちゃんの姿を目にすると
なんだかとても切なくて
さみしく感じました







さがるさがるみんなかなしい 」












その日の深夜 

11月8日零時すぎ
とみーちゃんの体を埋めました


大好物の帆立と
フリーズドライササミを
とみーちゃんのまわりに添えました


とみーちゃん姉妹の銀座ねこ
えんえんは
ぶるぶる震えながら はるちゃんに寄り添っていました




はるちゃんは 
とみーちゃんを哀しそうな目でずっとずっと見続けていました


私ははるちゃんと 
寄り添ってるえんちゃんの姿を見て想いました


とみーちゃんがはるちゃんを守ったのは
はるちゃんを助ければ生き返れることを知っていたからなのかも



えんちゃんの話では
えんちゃんの想念がこの500年間
記憶を忘れず生まれ変わり続けたのは
はるちゃんがおぼえていてくれてたから


だからとみーちゃんも 
えんちゃんのように
記憶を持ったまま生まれかわりたかったからかもしれない


とみーちゃんは生き続けたかったんだ
自分の記憶を残し続けたかったんだ


そう想いました







P9010080_R.jpg





みんなで
おいのりしました 




とみーちゃんが早く生き返りますように
記憶を持ったままとみーちゃんが
またすぐに蘇りますように 」



何度も何度も
ねこたちと一緒においのりをしました









とみーちゃんを埋めた後の深夜
私は再びしいかの山に向かいました


何故だかわからないけれど
なんとなく
しいかの山に無性に行きたくなったのです





PB080026_R.jpg





しいかの山の99の谷の駐車場で車を停めて
窓を開けながら 
私はその日の事を想いだしていました




あーの山 
しいかの山 
そしてちくさあの海で血を洗い流した


ひょっとすると
それはヤマトタケルが辿ったルートに似ているのかもしれない


そして
とみーちゃんが息を引き取った時 
しいかの森でこんな情景が見えたことも想いだしました



それは
古代の呪を祓う磁場を編んでいたゆ族達の姿

そしてそのゆ族達を裏で操る黒幕のような裏ボスのような種族も見えました

そのボスは
地獄の基点の系譜


地球に
世界と言う飢餓

地獄をもたらし
ねたみを地上に増殖させてた系譜


地獄を作りたい彼らが
ゆ族達に情報をもたらして
それで地獄ができた


森で見た一瞬のイメージの中に

ゆ族のボス達の発した

地獄を見たい 作りたい 」
のおもいから
地球に地獄が作られてきたことがわかりました 

 



PB080035_R.jpg




そして
しいかの森では
近未来のこんな情景も見えました


それはたくさんの人達が死ぬ姿

養分の人たちや
動物達 植物たち
自然に厄を祓いつづけた後
その反転が水の時代にはじまると
今まで祓った呪の刃が
月の緩衝で数万倍に増幅して 
祓いつづけていた集合体の人たちに襲いかかってくるイメージでした



呪には
突発的に矢を刺すような呪

じわじわと衰弱死させる呪があるのも見えました


矢を刺すような呪を祓い殺していた系譜には
じわじわと衰弱死するような呪が襲いかかってくるのが見えました


また
じわじわと生かさず殺さずをしながら衰弱させていた系譜には 
矢を刺すような突然死の呪が襲いかかってくるのも見えました


水の時代がはじまると
両方が得意分野としていない性質の呪が襲いかかってくる



そんなイメージが 
たくさんの人達が大量に死ぬイメージと共に見えました 




これがねこ達が言っていた
ウイルスの正体なのかもしれない






PB080044_R.jpg




でも
こうも想いました



猫たちや動植物たち 
養分にされていた人たちは
古代の想念を向けられて祓われて 
何年も何千年も傷ついた
そのことはとても悲しいけれど


でもその昔何かを奪われて
怒りを抱き
とりかえしたい
そう想ってるその想いをせめることはできない



それに呪が強いという事は
それだけ純粋さがあるから



純粋な想いを持つ存在だから
これだけの
チカラがある




だから私は
怨霊さん達にイメージしながら
こう言いました





あなた達の怒りの想いも
とりかえしたい想いも受けとめながら生きたいです


そして 
あなたたちの
想いを叶えながら
ともに永遠に生きつづけていきたいです 



想いを受けとめ
想いを叶えながら
ともに永遠に生きつづけたい

永遠に生きつづけたい

たすけて 」

そう想いを発しました




PB080037_R.jpg





そしたら
しいかの山で
こんなイメージが見えました



それはある怨霊さんがあらわれて
見せてくれたイメージでした 



そのイメージによると
怨霊さんの多くは
永いぼ――――っとさせられていた眠りから
起きたばかり
寝ぼけまなこのような状態でした


でも魂の奥には
昔奪われたという怒りを持っている



だから
怨霊さん達が 
たくさんの生者たちとつながりをもつことが

つながりの復活であり
怨霊さんの眼力を高めることでもあり
生者の眼力を高めることでもある
共に眼力を高めることになる

そう教えてくれました





その後
私はしいかの山の99の谷の駐車場で
うとうとまどろんで寝ていました


寝ている時に
誰かが
たくさんのイメージのあめを見せてくました


そのイメージを
ことばに置き換えるとこんな感じになります

 






東京は
この島の2012の日食を考えると
その時点では間違いない



だが2012の日本列島の金環日食より
大きな緩衝が起きることですべてが覆される



2014年4月29日の南極の金環日食
それにより2012の日食をベースに
長年作られたすべての風水は覆る




南極は極の立地
その緩衝は地球全土に波及する 


もしも
南極の金環日食の緩衝を考えるなら 
持ち上げるべきは東京ではなく
房総


だが
東京は先だしされてしまった


東京には南極の気が来ていない



そして
東京を持ち上げていた場所

北海道東北横浜埼玉も
すべて連鎖して
先だしされてしまった



房総を
持ち上げなければ
すべて回収される



そして
房総を持ち上げるタイムリミットは
11月8日



今夜
その夜が来た


そのことを伝える 」(しいかの山の山頂で聞いた言葉)






PB080038_R.jpg












プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク