あたらしい先生















くまくまは最近
あめ(夢)で質問を多くされるのだ 」







(・・;) 





「「
この模様はどうですか?

この柄はどんな意味がありますか? 」


そう言う事を多く質問されるのだ 」




(・・;) 






こんな質問もあった



「 
しるしやモチーフの意味は
どうすればわかるのだ 」と 」







(・・;)






だがな
それは感受性 
感覚以外の何物でもないのだ

モチーフのしるしの効用は
動物の想念 植物の想念

そのモチーフを見た時どう想うか 
どう反応するかなのだ








(・・;)






植物がモチーフを見ると聴くと


植物に目があるものか! 」と言われそうなのだがな

植物が反応するのは
ラインだ

エネルギーライン 」





(・・;)






エネルギーが動くラインには植物は反応する

図形 幾何学模様 
抽象画のような曲線

ああいうラインはな

その模様を見た想念のエネルギーが反応することで 
植物の想念を反応させることができるのだ 」






(・・;)







人間の大人から見て
一見 下手くそに見えるような絵が

実は想念に対してしるしを
効果的に発動してたりもするのだ



特に子供の絵だ

天性の素養がある子供の絵には
想念を反応させるライン
モチーフが描かれている 」






(・・;)







それはな

大人たちが見ている現実的な目線での情景とは
ぜんぜん違うのでな



おそらく
素養の無い者からすれば
モチーフや
ラインの意味も分からず

ただのぐちゃぐちゃと想ってしまうはず 」







(・・;)







ただのぐちゃぐちゃで想いだしたのだがな


100年以上前から
抽象画が流行っていたであろう?


それ以前相手にされなかった 
抽象画家がこの100年
天才画家とされ
随所で持ち上げられていたであろう? 



あれはな

あの流行の真の意味はな

想念を反応させるモチーフやラインを描く能力を
世界を作った血筋が集めたかったからだ 」







(・・;)・








破壊の時期直前
想念を反応させるラインやモチーフを描ける者たちを
持ち上げることで


想念を反応させるラインやモチーフの能力を手に入れる

これが世界の高位の血筋達の野望だったのだ 」





(・・;)







ただな
持ち上げた画家たちを間違えたのだ



大犬達の顔色を見て
想念を反応させるラインを描ける者たちから
つけかえたり それのマネをすることで
てきとーにふりして書いていた者たちばかりが
持ち上げられてしまっていたのだ 」





(・・;)・







くまくまはな


抽象画家の大家として崇められている者たちの絵を見たが

どれもあまり想念を反応させてる効用はない

もちろん大犬達を勘違いさせたことで
ブレイクするような気や
評価をもらえるような気は
表面にのせられていたのだがな


本当の意味で
植物 動物の想念
自然の想念を反応させるラインや
モチーフを描けてる者はほぼ皆無だったのだ 」






(・・;)・








パッと見でわかる

数多くの有名画家 

ピカソですらも
キャンバスと言う概念に収まって 
構図やラインを決めていたのだ




だがな
キャンバスと言う概念に収まって描いてる時点で
それは植物や動物を反応させるラインを描けてることにはならぬのだ


幼き素養ある子供の絵を見よ

本当に素養のある子供の絵は 
キャンバスや 枠の概念などまったく目に入らず描いている


全体のバランスなどは考慮せず

時にはキャンパスから
はみ出し絵を描く者もいる


構図の枠を超越する概念

それこそ
まずはじまりなのだ 」






(・・;)






そしてな 
本当に素養ある子供は少ないのだ



画用紙を見せられると
その中に
自分の描きたいものをバランスよく
おさめようとする


無意識的にそうしてしまう子供が多すぎるからだ 」






(・・;)






ところでな
想念を反応させる
モチーフやラインを描ける能力に
何故
世界が執着したかと言えば



古代の神殿や
原初の壁画を見よ

答えはおのずと見えてくるはず 」





(・・;)・







わからぬか?

答えはこうだ


新しい時代
新しい信仰を生むには
人を超越する想念を反応させれぬことには
何もはじまらぬのだ


動物の想念
植物の想念


それらを反応させ
人知を超えたパワーを誇示することで
人の想念は集まったのだ 」





(・・;)









小犬達は
人を反応させる
ステマやネガキャンに明け暮れているであろう?



だが期日が来るとな

それが
人の心をまったく反応させることができなくなることを
痛いほど知るのだ


というか
敏感な者なら
もう感じはじめてるはずだ

10年前より
ステマやキャンペーンに
人が反応しなくなっているのを 

だが期日が来るとな


あれはもっと大々的に進行するぞ

人の現実が広告手法や
キャンペーンでぜんぜん動かなくなるのだ 」






(・・;)・ 







しるしやモチーフ 
そして想念を反応させる音の響き

それを知る能力は
新時代を構築したい構築者達にとっては

構築をなすための
欠かせぬ基点の才能なのだ



新時代
神官になろうとする者は

そのような 
想念を反応させるモチーフやしるし
おとの響きを

喉から手が出るくらいに 欲しているのだ 」






(・・;)・







そしてな
肝心のその素養を湧かす方法だがな




これはな
動植物と触れ合って 
意志を通じ合わせるしか 
他に方法はない 


幼い子を見よ

純粋な子供ほど
動物や植物を見ると
自然に触れ合ったり 反応したりするであろう


いわば
コミュニケーション能力だ


コミュニケーション能力が 
植物や動物との伝達する手段を自然に会得させるのだ 」




(・・;)






ただな
ぴゅあでないと
ピュアな者同士でないと意を通じさせることができぬ


だから大犬は
コミュニケーション能力がある者に
破壊の時期 現実をのせこみ

その情報を運ばせようとしたのだ


最大の操縦力は 想念を反応させる 
しるし モチーフ 音を熟知すること

大犬達は
それを得る為に 先出しをして
快楽で有頂天にさせて
その情報を得ようとしてたのだ
 」





(・・;)・






そして
くまくまは見たぞ  

この島で動物の系譜 
植物の系譜が蘇って 
力をつけていく姿を


動物や植物と
本当に意を通じあってる者たちが
その想念を反応させることで 
人の想念も自然に動かせるようになるのを 



彼らの
何気ない一挙手一投足が
多くの人の想念を巻き込み 
多くの人の現実を動かしていく姿を  」 








(・・;)







最後にもうひとつ言おう

風水の能力も
しるしやモチーフを描く能力だ

あれは
人向けにやってるわけではない


大きさが違うだけで
その素養は
想念を反応させるラインやモチーフを描く能力と同じ


風水は人間よりもおおきな想念
人間よりも小さな想念に向けて描かれている絵なのだ



だからこそ
風水は効果が湧くのだ 
 」





(・・;)!






いいことを教えてやろう


とてもとても
ぴゅあな想念は
大きさの違いによる 意味の差がわからない

形やライン 色の差で
同じエネルギーの動きかどうかは
理解できても  


大きさで意味が違うとはおもわぬ


その視点を忘れぬことだ




つながりこそが力

もしも
しるしやモチーフの効用 
おとの響きを体感したければ

つながりこそが力を 決して忘れるなかれ 


」(くまくまの言葉)








追伸






P8290086_R.jpg









それからな 

69の意味を
理解していない者がいるから
教えてやろう


6と9は
姉妹に見える

双子のような
瓜二つ


くるくるくる 
回る回る 
オナジオナジ 

陰陽だ 


どうだ?

人と感覚が違うであろう


6と9は
人間の概念では
違う量のエネルギーだが


動物の概念では 
向きが違うだけ 


同じ物が
回りあっている 
陰陽の姿なのだ




666も
999も同じなのだ  」(くまくまの言葉)







プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク