黒い太陽 黒い月 









P8080150_R.jpg






「 
知ってるか?

日食とは未来予知なのだ 」






未来予知?
(・・;)?





太陽はエネルギー

月は読解

両者が重なれば
そのしるしはすなわち
エネルギーの読解 

未来予知となる  」





(・・;)




太陽と月は
エネルギー的に地球にとって最大の生命線


そのエネルギーに染まれば 
地球上の未来もそのエネルギーに染まる 


だから日食のタイミングを手にした者は
そのエネルギーを読み解くことで 
地球上の未来予知ができるのだ  」





(・・;)



「 
鳥族達が
日食に執着したのもそれが理由だ



日食でタイミングを得て 
地球上のエネルギーを読む能力が得られれば

遠き未来も 
直前の未来も
人の心も 
現実の富も インスピレーションも 
クリエィティブ能力も得やすくなる 


だから
日食の情報を独占しようとしたのだ 」



(・・;)・





地上に住む者にとって

太陽 月 地球 それは生命線だからな

だから
日食のエネルギー緩衝は

未来が降ってくるということなのだ 」(くままんまのことば)








さて
ねこねこの言葉
今日ははるちゃんと
えんちゃんがこんな事を教えてくれました
(>ω<)/














☆皆既日食についてー☆


かたりて はるちゃん

P3180020_R.jpg












皆既日食は想念に作用する


現実の物質や状況じゃなく

想念
魂に作用する 」





(・・;)





「 
はるちゃん見た

たくさんのドール達が
2003年の南極の皆既日食の時

バイトしたり 
下働きしたり 
進んで辛い状況に身を置いていた


でも
ドール達は魂の奥でこう想っていた

「 やった! 我らの勝ちが決まった! 」
「 今 
私たちは恵まれない状況 
だから勝ったも同然!! 」


高らかに勝ちを確信しながら
勝ち誇っていた 」







(・・;)・






でもそれを見て想った

ドール達は誤解している

皆既日食で作用するのは
現実の状況じゃなくて

魂の想い


だから
どんな貧乏な状況でも
魂が勝ち誇っていたら

魂の充足感が増幅される 
想念の情報が抜けて 
どんどんアホになる

引力が抜けていく 」






(・・;)・







魂が渇望しているのか
それとも勝った想いで充足してるのか


皆既日食は
その
魂の響きを増幅する


想念の響き 感じ方を増幅させる 

だから2003年のあの状況で

どんなに不遇に見えるような状況にいても 
魂が充足感に包まれていた魂は

その後の11年 どんどん現実が充足していって  
充足感は 
現実に上るまでになっていったはず 
そのような現実になってきたはず 」






(・・;)







そして2003年
人から見て
どんなに恵まれてるように見えてたとしても


その時とても渇望したり 不満を持っていた魂は
その後の11年 どんどん現実も追いつめられて 
生活も苦しくなって

渇望感が意識に上るくらいまで
高まっていたはず
そのような現実になっていたはず 」





(・・;)・




 

そして
南極に金環日食が来る

金環日食は
皆既日食とは違い 
魂ではなく

現実の状況や 
現実的なつながり 
物質や表層の意識に作用する



だからこの3年
現実で充足感を得た人は
金環日食のしるしで 
その充足感が数万倍以上に増幅され

それは今後ものすごい勢いで 
現実を放出するしるしとなっていく


特に表の座についてる系譜ほど
おびただしく 
現実を剥ぎとられるはず  」(はるちゃんの言葉)








☆☆くじら石☆☆


かたりて えんちゃん 






「 
「北極の海に日食がくるそうですよ」


そうはるちゃんに言ったんですよ 」 






(・・;)




「 
そしたらはるちゃんが言ったんですよ

「 
くじらが石を鳴らしてた 

くじら石

渦の音 」って 」






(・・;)?






それでえんえんは聞いたです


「 流行はどうなるですか? 」って


えんえんは
未来の流行に興味ありますからね



だから北極の日食時
どんな流行になるのか 興味あったですよ 」







(・・;) 







そしたらはるちゃんが言いました 


くじら石

くじらの音

人気なる

くじらが石を鳴らしてた

くじら石くじら音 」 」






(・・;)・





はっきり言って
この会話を聞くと
えんえんとはるちゃんの会話って 
全然かみ合ってないと想われるかもしれないんですけどね


でもこれが集合意識を見る人の会話なんですよ


集合意識を見ていると
目の前の人とは
会話は絶対に噛み合わないんです  」





(・・;) 






そしてですよ

はるちゃんに
こんな時事ネタを聞いたですよ

日本で 
残業代が無くなるかもしれません
派遣自由化されるかもしれません
どうなるんでしょうか?って 」





(・・;) 







そしたらはるちゃんが言ったですよ



会社は大変ですね
正社員は大変ですね


大企業はいなくなります  

タイタニックと逆です  」」






タイタニックと逆?
(・・;)? 







タイタニックは
貴族階層が没落し
国際金融資本家達の隆盛のきっかけとなった 


でもこないだの事故は
タイタニックのしるしと逆しるし


だから
国際金融資本家がいなくなり
貴族階層が復活する

それは新しい新貴族階層 」」





(・・;)・





「「
本当は
あの事件は
日本で起こるはずだった


韓国が 
日本の気をつけかえたから
あの海で起きた
コードとなったのが日本の船だった 」」





(・・;)・





「「
社員たくさんの大企業はなくなり
少数の個人会社が
大多数の人々から富を徴収するようになる

ファミリーによる富の独占 


そして
その為に
彼らは土地所有に向けて動きだす


土地を大規模所有する為
まず地価や金融資産を徹底的に大暴落させる

これが近未来に起きる流れ 

それは
タイタニックの時よりも早く起こる 」

そんな感じの事をはるちゃんが教えてくれたです 」





(・・;)・






なんでもですよ
破壊の時期
日本では
派遣社員さんが
一流企業のエリートさんの養分にされていたじゃないですか?


でも金環日食のしるしで
たくさんの大企業のエリートさんや公務員さんも 
派遣社員さんのような負け組に陥るらしいんですよ


一部の超勝ち組を除いて
すべてが負け組となる社会


新貴族階層と呼ばれる存在と
たくさんの負け組に分かれるそうです 」




(・・;)・






でもそんな中
元派遣社員さんや
ホームレスさんだった人たち
生活がギリギリまで追い込まれてた人たちほど
ほんの少しづつ経済力アップするらしいんですよ


逆にそれまで勝ち組と呼ばれてた人たちが
派遣社員さんのような待遇に転落していき  
貧困化していくそうです







(・・;)





なんでも
新貴族階層は
徹底的に大土地を独占するために
今富裕資産を持ってる人達をことごとく破産させるつもりらしいんですよ

金融の暴落や
嗜好品市場の暴落
土地暴落で


比較的
余裕のある人たちの
経済力を徹底的にもぎ取って

超勝ち組に一極集中しようとする

そんな計画があるようなんです 」





(・・;)・ 





恐ろしいですねー

でも想い返せば
えんえん達は
今負け組ですからねー 

土地もありませんし
株もありませんし
 

だから
土地が暴落しても 
金融資産が暴落しても
あまり関係ないんですよねー 


要は今負け組は 
これ以上負けようがないってことです

どん底にいれば 
後は登っていくしかないじゃないですか?







(・・;)
 




 「
それとはるちゃんが言ってたですよ



皆既日食


あれって 
黒い太陽じゃなくて
本当は黒い月だよね 」って  」(えんえんの言葉)






P4140036_R.jpg






プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク