わたしのことを わすれないでね














私好きな人とは結婚したくない
今は好きな人と結婚する

そう言う時期じゃない




(・・;)




というか
幸せになりたいなら
結婚は好きな人とするものじゃない


好きな人は
どうなるかいつも気になるけれど
好きじゃない人なら気にならないでしょ? 」



(・・;)・





よくドラマでは
二番目に好きな人と結婚するのがいいと言っているけれど

どうせならなにも想ってない人と結婚する方が楽

だって一番も二番もたいしてかわらないから 」(Mちゃんのことば)





上はMちゃんが
その昔話してくれた言葉です


Mちゃんの
「 今はそう言う時期じゃない 」という言葉は 


ひょっとすると 
Mちゃんは破壊の時期の緩衝とか
何かを見てそう言う風に言ったのかもしれませんが
(・・;)


もしかすると上の言葉の大部分は
Mちゃんの想いというより
Mちゃんの傍にいた親族の血筋の女性の想いを写してそう言っただけ

最近そう言う気もします




ちなみに
ご報告遅れましたが
Mちゃん 
去年 夏前に結婚したそうです
<(_ _)ノ 




最近
その男性の写真も見せてもらいましたが

どうもMAHAOが見た限り 
Mちゃんのことを心底好きでないというか
周囲の男性に勝ち誇って見せびらかしたいから結婚・・
(・・;)・・




そんな雰囲気の
小犬顔の方と結婚なさった感じがしました 
(・・;)・・



写真を見ると 
参列者の男性の何人もが  
お葬式のように哀しそうなくらい
Mちゃんを好きな目をしていました



でも
Mちゃんの結婚した男性は
Mちゃんの方を悲しげに見てる男性よりも
Mちゃんの方を見ていなくて



むしろ
かなしそうな男性たちにどうだー と
ピースサインを向けながら
得意げになってる眼をしてたのが印象的でした
(MAHAOの独断と偏見)
(・・;)・・



まあそんな感じで
結婚式の写真も 
人の悲喜こもごも 
色々な人間ドラマ模様が見えるなあと想いました
(・・;)





ちなみに手前味噌ですが
MAHAOは結婚式はしてません
テヘ(///▽///)



結婚式自体がめんどくさかったのと 
Mちゃん以外に呼ぶ知人もいなかったので 
(・・;)



それで
こはるちゃんとさくらちゃんを連れて
大阪のにぎはやひ古墳や物部守屋神社に車でご報告に行ったり
車内泊しながら
龍王山に行ったり 



まあそんな感じの
ねこ連れ日帰り旅のような
新婚旅行をしまちた
(>ω<)/



 
そういえばMちゃんは
破壊の時期のピークの3年間+ゆらぎの時期は
なかなかMAHAOには会おうとはしてくれませんでした  



今想うと
それもやさしさだったのかもしれません







さて
Mちゃんの言葉からはじまりました
今日はえんちゃんが こんなことを教えてくれました
(>ω<)ノシ))パタパタパタパ













世界の始まりは
中心のまとを
ずらしたことからはじまったですよ 」




まとをずらした? 
(・・;)





中心にくるエネルギーのまとをずらしたことで
世界が作られたんですよ 」



(・・;)



ほら

あめちゃんのまわりには小さな女の子のような想念がたくさんいるって
以前お話ししたじゃないですか?


その 
太陽の磁場の緩衝で
土地に根付くタイプの地球の石や木
そして巣に根付くタイプの生物の集合体の中心点も 
あめちゃんのような女性タイプが中心点なんですよ 

そしてその周囲には
お世話するような イチャイチャするような お手伝いするような
女の子性質の存在がたくさんいるんですよ 」



(・・;)




そしてエネルギーは
中心点に集まっていたんですけどね

妬みがある石にとりついたことで
地球全体の磁場の緩衝が狂ったんですよ


その石の緩衝で
地球全体の磁場に微妙なひづみが生じて

中心点に集まるはずのエネルギーが
微妙に角度がそれて
中心点の周囲にいる特定の女の子に運ばれたんですよ 」



(・・;)




そしてエネルギーが運ばれ続けたことで

だんだん生物の中心点が 
中心の女性からそれて 
周囲にいる女性が中心と 想われていったんですよ 」



(・・;)



「 
中心の存在が
傍にいるひとりの女の子に想われた

最初はそんな小さなひづみだったんですよ


でも
そのひづみが時が経つにつれて 
その曲げが大きくされて 
地上の形をいびつに変えて 
それで世界が作られていったんですよ 


世界が作られたきっかけって
最初は
ほんのちょっとエネルギーの向かう先をそらしただけなんです


でもそらし続けたことで
結界というものが作られていったんです 」 



(・・;)・





それで
中心点からエネルギーの流れをそらす磁場を作ると
その緩衝で呪も見当違いのところに飛ばされやすくなるんですよ


例えば
怨霊さんが吸血鬼達に呪いをかけたとするじゃないですか?

でも地上の磁場全体が
中心点からエネルギーがそれる磁場になってると
その緩衝で呪も
吸血鬼の傍にいる別な人に呪が届いたりするんです


さらに磁場がもっといびつになって
中心点からまったくかい離した存在にエネルギーが運ばれる磁場になると
吸血鬼とまったく縁もゆかりも面識もない人に 
怨霊の呪が飛ばされたりするんです 」




(・・;)・





おばばは
その曲げられた磁場を知ってるから

だから
養分にはりついたり
養分の居住地域を指定したり 
格差を作り
貧民街を作ったりしたんですよ 
 
磁場のいびつさによって 
養分や養分の住んでる地域に
その後ろの守りにも厄を飛ばせるから

いびつな構造を進めていったんです 」



(・・;)



それで磁場の曲がり方って
地域によって微妙に違うんですよ


木更津は比較的曲げの差が小さくて
しー様の系譜とコードが直につながってる血筋を利する磁場なんです


でも
東京はエネルギーの曲げの角度が大きくて
だから小犬にもエネルギーが運ばれたんですよ


東京はただずらしただけじゃなく
本来自然にはなかった土地を作り出して 
そこを中心の場としたじゃないですか?

だから自然では生きれない小犬血筋でも座の中心になることができたんですよ 」


(・・;)




それとこんなことも聞いたんですよ

地上の磁場が中心点からわずかに曲がってると
そこに住む生物が他の星を見た場合でも

他の星の中心を
周辺にいるものと錯覚すると 」



錯覚? 
(・・;)



ほら
数年前
MAHAOちゃんが最初にあめちゃんに会った時


最初にあった
あめちゃんが
小さな女の子って言ってたじゃないですか?
(関連記事リンク)
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-438.html



実はあれ
あめちゃんの周囲にいる女の子の一人だったんですよ 


あの時
地球の表面の磁場が
中心から 
エネルギーをそらす流れになってたんで

そのエネルギーの緩衝で
あめちゃんの周囲にいる女の子をあめちゃんと錯覚しちゃったんですよ 」


(・・;)!





そしてこの話を教えてくれたのは
にぎはやひですよ


にぎはやひが
あめでこの話を教えてくれたです 」(えんちゃんの言葉)




P1050014_R.jpg





えんちゃんにその話を聞いた後のこと



午前零時過ぎの深夜に
あめに男の人がでてきました


その男の人が
MAHAOに
こんなことを教えてくれました








鳥族達はよくこう言う

間違えて
奪ってしまった時
物を返せばいい 



だが物を返すだけで すまそうとすることは
本当にかえしたことにはならない 」


(・・;) 





恨みを持つ者は
想いを知って欲しい
つながりを取り戻したい

想いを知って欲しいのだ 


くやしかった想い 
哀しかった想い
切なかった想い
さみしかった想い


その想いを知って欲しくて知って欲しくて 
興味を向けて欲しい

だからものを返して ハイ終わりでは
本当に終わったことにはならない 」



(・・;)





今の運ぶ族は
現実の現象だけを見ている


でも
その昔の
運ぶ族は想いも見ていた


昔は想いを受けとめる者が中心だったから
運ぶ族も 
その緩衝で 自然に想いを見ることができた 



再び運ぶ族が
想いを見るようになったら
結界は消滅する 」



(・・;)





自然が
今 人に望んでいるものは 

自然の回復もあるが
それよりももっと望んでいるのは
自然の想いを知って欲しいということ


自然の想いに響き
自然の気持ちを知って
わかろうと受けとめ


そして 
自然に興味をもっと向けてほしいということ 


自然に想いを向ける
それが人が自然にかえすということ  」



(・・;)・





そして磁場が曲げられたことで
ドール達に意図せず
多くのエネルギーがのせられた



ドールたちは そのエネルギーで錯覚し
多くの者を知らず知らずのうちに傷つけた



ドール達を恨むものも数多くいる


しかし恨む者の想いに響き 
その想いをわかろうとすれば 

恨んでる想いに共感し響き 
それを記憶すれば 

ドール達は 新たな進化を遂げる 」


(・・;)




進化とは 
ひびき 記憶することから生まれる


あやまりに気づき
傷つけた者たちの想いをわかろうとし
その想いを記憶すれば


その過程を経た時 
ドールは本当の意味で
今まで傷つけた者たちにとっても
より力強きパートナーとなるはず

それが 想いを持つということ 
  」



(・・;)





共感し
記憶することで
つながりが生まれる


共感し
記憶することで
想いが生まれる 

想いとは共感と記憶から生まれ


響き 記憶し
そこから
あらたな性質が生まれる 」(あめの中の男性の言葉)






その男性は 
にぎはやひとつながりのある
なかよしの男の人のようでした



あめの中で
男の人とにぎはやひは
一緒にいる姿が見えました

 









追伸






翌日
えみたんがこんなことを教えてくれました
(>ω<)ノシ))パタパタパ




「 
器以上のエネルギーをのせられると
馬鹿になっていくんです 」 



馬鹿?
(・・;)?



「 
別に鳥族さんや運ぶ族は
元から物覚えが悪かったわけじゃないんです


ただ望んでいる以上のエネルギーをのせられると 
おぼえきれなくなって 
情報に呑みこまれて どんどん記憶が消えていくんです 」 



(・・;)




ほら 
パソコンも容量以上のデータを無理に入れると
既存のデータがバグったり消去されちゃったりするでしょ?

あれと一緒

キャパが大きくない人に
望んでる以上のエネルギーをのせると 
一見華やかになってるように見えて 

でも内側から情報が消えていくんです 」 



(・・;)・・




鳥族やドールの多くも
もともとアイドルになりたいとは想ってなかったんです

ただ
お手伝いしたかっただけ 

そのお手伝いさんに
アイドル分のエネルギーをのせたら
内側の情報が狂って
ほんのちょっと気を被せただけで錯覚していくのも当然なんです 


吸血鬼ががらんどおなのも
本人が求めてる以上のエネルギーをのせ続けたから

だから魂が死んでいったんです  」



(・・;)・




求めてる以上をのせると引力が無くなって消失していくんです


そして
妬みはそれを知ってたから
望んでないところに
どんどんエネルギーをのせていったんです


でもねたみは
自分にはそのエネルギーをのせようとしなかったんです


だって 
自分が求めている以上のエネルギーをのせると
バグが起きて 
記憶が消えていくのを知っていたからです 」



(・・;)・・





鳥族さんやドールたちは
本当は悪いわけじゃないんです


エネルギーをのせられて喜んでるように見えても
実際は記憶力が悪くなったり 
自分の親しい人を敵と錯覚するようになったり
体が弱くなったりと 
多くの弊害が出てるんです 



でも鳥族の王たちから
奪われた人たちからすれば

搾取していた存在に見えるから 

だから恨まれてるんです


でも本当に一番悪いのは 
どうなるかをしって 
エネルギーの運び先を曲げさせたねたみ 

ゆ族なんです 」(えみたんの言葉)





PB150048_R.jpg





あめの男の人の話と 
えみたんの話を聞いてMAHAOは想いました
(・・;)



ドールや鳥族さんを恨んでる存在の本当の想いを
気持ちをわかって欲しい その想いを記憶して欲しいのだなあと 

 

悪人と錯覚されて 奪われて いじめられて
搾取されたり 追いこまれた存在は 
哀しかった想い 切なかった想い さみしくてつらかった想いを持っています

その想いをわかろうとしてくれて 
記憶してくれれば



それが鳥族達にとって 
記憶を復活させることになる


その響き愛が
鳥族達に
妬みを拒否できる進化ももたらす  




だからおぼえていてほしいんだと想いました 







プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク