あめは座ってみるもの
















ちょうど一月以上前
お部屋グランプリで
折り紙をしこしこお部屋の中に貼っていたころのこと
\(・・;)。



こくまちゃんが 
いきなりこんなことを言ってきました
(ノ゜ο゜)ノ









椅子が欲しいのです 」





椅子?
(・・;)?





お部屋に飾る椅子 

ソファが欲しいのです 」





ソッソファ?
(・・;)・・







アルマンリンガーネットのような色のソファー 」



(・・;)・・






お部屋に飾りたいのです 」




でっでも
このお部屋12畳だよ
(・・;)・


ソファなんか置いたら 
こたつでも狭いのに
どうするの
(・・;)ノシ))パタパタパ 





「 
今は
ぴんくの部屋で主に生活しています


だから
紺(黒)の部屋の物をすべて処分して 真ん中にソファーを置くのです 」


(・・;)・・






こくまちゃんはセンスがいいのです
任せてください 」(こくまちゃんのことば)





PA080063_R.jpg







そんな感じのことを
こくまちゃんに言われたのですが
紺の部屋に置いてあるものは 
それほど多いとは言えなくても
本棚や こたつ DVD CD そしてゲーム機 
大事なものばかり
(・・;)



もちろん処分などできるはずもなく 
とりあえず最初はスルーしていたのですが
(・・;)=




あまりにソファソファ
欲しい欲しいと
毎日連呼してくるのです
(>ω<)/ 







ソファーです! 

椅子がない部屋なんておかしいのです
常識を疑います 



まっさらの部屋の中に
椅子が一脚あるだけでも 
究極の部屋なのです 

それならできるでしょ!



椅子 
かわいいソファ!

一脚ゴン!
部屋の中心に置く! 

椅子は場と座の座 

椅子はママのお腹

特にソファはね

できればソファ 」(こくまちゃんのことば)


(・・;)・・





でも
かわいい椅子なんて
MAHAOにはよくわかりません 
しかもこくまが欲しがる革張りのソファとかはやたら高そう
(・・;)・・




なので
くまちゃんに相談しました


くまちゃんにソファーが欲しいとおねだりをすると


くまちゃんに

「 ソファ置き場所が無いじゃん 」
(― ― )ノ  (・・;)・・

と即却下されました





でも
こくまちゃんはなおも言いました
(>ω<)/





ソファがダメなら 椅子でもいいんです
でも椅子なら 公園にあるようなベンチがいいです 

公園は墓場なんです
ベンチは 木でできています

あの座は 人の座を超えた座 

木のママの座なんです 

だから公園にあるようなベンチを買ってきてください!


それに
公園のベンチなら
部屋を片さなくてもいいです

こたつも本棚も処分しなくていいです


公園っていろんな人が遊びに来る場だから 
ようするに公園のベンチは 
地域の一帯の集合意識の座なんです 

ひょっとするとこくまには 
その方が似合うかもしれません 


そうか! 
紅いソファが手に入らなかったのは
こくまのスケールが大きかったからなんだ!


物が呼んでいる!
ベンチを今すぐ探しだしてください! 」(こくまちゃんのことば)



(・・;)・・


そこでくまちゃんに 
今度は公園の木のベンチのような椅子が欲しい 
というようなことを言いました
( - -) \(・・;) 



すると
くまちゃんは 
木のベンチ―?と聞くと
いきなり目を光らせて 
パソコンをパチパチと打ちはじめました
((m(― - )パチパチパ  (・・;)






どうもくまちゃん的には 
ソファにはそれほど興味はなくても
木で作った椅子さんは好きみたいで
木の製品 木の物と聞くと つい興味がわくみたいです





くまちゃんはそうして  
しばらくいろんな木の椅子を探していました



木のソファや 
無垢材のベンチソファなど
さまざまな画像と業者さんをいくつも探してきて 



さらには
間伐材を使ったという 
遊園地や公園
保育園に卸しているという手作りのベンチを作ってる業者さんまで
あっという間に探しだしてくれました
(― ― ) (・・;)・・




そして中でも特にこくまちゃんが気に入ったのは
遊園地や保育園に卸しているという手作り業者さんが作ったベンチ
(>ω<)/



そのベンチを
特にかわいいと言っておおはしゃぎしていました



しかし調べてみると
ベンチだけあってサイズは2m近く
重さもかなりの重量になりそう
(・・;)・・




はたしてこれは部屋に入るのであろうか?
(・・;)?


そんな感じの事を想っていると 
くまちゃんが 
もうちょっと探してみるね
といってパチパチしていました
((m(- - )パチパチパ  (・・;) 









そしてそれから数日たった頃 
こくまちゃんはだんだん椅子のことを忘れていきました



部屋の飾りつけとか 
お部屋グランプリのことすら忘れてしまったようで
∧∧.。o○   (・・;)





結局MAHAOは
お部屋グランプリのエントリーは
ななが
締め切り間際教えてくれた
折り紙を貼った本箱を
お部屋グランプリのエントリーとして出品することにしました
⊂(・・;)。 




PA090005_R.jpg





そんな時
くまちゃんが 
こう言ってきました 





MAHAOちゃん

ちょっと
良さげな椅子を見つけたんだー

見て見てー 」

フッフッフ(- -)ノシ



ちょっと良さげな椅子・ 
(・・;)




「 
みや(なんとか)杉っていう国産杉を使っていて
すごく安かったんだ  



形もよさそうだったんで
問い合わせてみたら


そこの業者さんは
送ることはできないけど


取りに来てくれるなら 
ネットで出してる値段の半額でよいよって 
言ってくれたんだ 」
フッフッフッフ(― ―)ノシ))



半額・・
(・・;)・・





同じ木からできた椅子が
三脚あって
全部手作りで
 

ベンチみたいな長椅子は180cmくらいある
小さな椅子は80cmくらいのが 2脚あって



長椅子60000円
短い椅子は一脚40000円で普通に買えば計140000円なんだけど
取りに行けば半額で70000円にしてくれるって


これならレンタカー借りても
お得だと想うよ 」



3脚?  
(・・;)・・





だって3つ
同じ木で作ってあるんだよ


別々にも売ってたけれど
おそらくその3脚の椅子離れたがってないと想うよ


でも
3つ全部は入らないから
部屋にはとりあえず小さな椅子を置いてみて



長椅子は重いから
ぼくの資材置き場に借りてる倉庫に置いといて 
引っ越したら一緒に置こうよ

 」(くまちゃんのことば)

フッフッフッフッフ(- -)ノシ))  (・・;)・・





そういうかんじで 
くまちゃんに
言われたので



MAHAOも 
業者さんから送られたその椅子の詳細写真を
見てみました
(- - )(・・;)



すると 
さきほどまで興味なさそーにしていた
こくまちゃんがいきなり 
身を乗り出しました
\∧∧!(・・;)!




これ! これ!
これ!


おにあい! おにあい! おにあい!

これはこくまの為に作られた椅子です!

きっとこくまの所に来たいんです!

こくまに会いたかったのです


紅いソファが入らなかったのは
この椅子さんの意志です


ならば
こくまは意志を汲みとることにします!

これ!これ!これ!これ! 」(こくまちゃんのことば)


(・・;)・・





こくまちゃんは
目をキラキラさせて
かわいいいいいいい 
ともう椅子さんが来るものと想いこんで
すでに頭いっぱいになってしまったようでした 
\∧∧(・・;)・・





そんな感じで
結局 
その椅子を買いにいく事にしました
<(_ _)>








PA140002_R.jpg





 
10月14日
台風直前の日 

くまちゃんがレンタカーを借りて来て

朝早くから
その椅子が置いてある業者さんのある北関東のとある材木屋さんに行きました
(>ω<)/









木更津から3時間近くかけて 
材木屋さんにつくと
材木屋さんの女将さんが出て着ました




女将さんに
ネットで予約した
椅子を買いに来たものであることを告げると
女将さんは一瞬顔をゆがめました 



そしてその後
くまちゃんがレンタカーで借りてきたコンパクトバンを見た後 
開口一番 こう言いました



PA140017_R_20131017132442a2f.jpg




この車じゃ無理ですよー!

入りません 



第一 
椅子の大きさを理解なさっていません! 」(材木屋さんの女将さんの言葉)






なんでも
くまちゃんが借りてきた車は
おかみさんがイメージしていたよりコンパクトすぎたみたいで
\(◎o◎)/!



椅子を引き取ることは無理と
ダメ出しされたのです
(― ―  ) \(・・;)/



せっかくここまで来たのに
どうしようくまちゃん
(・・;)・・


でもくまちゃんは動じず



「 
あのーー
言われたサイズを測って
ギリギリ乗るサイズの車を借りてきたんですけど

 」
(- -;)ノシ)) 






女将さんは
そう言うくまちゃんをいぶかしげに見ていたのですが

 


そんな感じのやり取りをしていると 
奥から材木屋さんの社長さんが出て着ました





材木屋さんの社長さんは
女将さんが無理じゃない?
と言うのを 
「 大丈夫 何とか乗るんじゃない 」
(´・ω・`)




と言ってくださり
とりあえず 椅子の所まで
案内してもらえることになりました




椅子は材木屋さんから
100m位離れた国道沿いのショールームに置いてあるとのこと

100m先のショールームに車を止めて
古びた事務所のようなショールームの鍵を開けてもらうと

そこにはたくさんの一枚板のテーブルが

そして窓側に並んでる3脚の椅子と

はじめて対面した瞬間
こう 想いました



かわい・・


確かにこくまが言う通り 

かわいい 
こんなかわいいデザインのベンチ
見たことないかも・・
(・・;)



そして 
これがそのかわいい長椅子ベンチちゃんです
(>ω<)/





PA140003_R_201310171322474da.jpg




そしてこちらが小さな方の椅子2脚 



PA140004_R.jpg




PA140007_R.jpg



合わせて3脚70000
\(◎o◎)/! 



PA140006_R.jpg




くまちゃんも気に入ったみたいで
さっそくメールでやり取りした
お金の支払いをしようとしました



しかし女将さんは 
どうも くまちゃんの雰囲気が 
苦手だったようで
なかなかお金を受け取ろうとしません
⊂(- -;)  (・・;) 




「 車に入るかどうかわかりませんから 
とりあえず入れることができたらってことで・・ 」(女将さんの言葉)





そこで車の荷台にのせてみました

しかし長椅子を一つ乗せただけで
後ろのハッチバックが閉まらず
(>ω<)/




その時
女将さんは 
あらあら残念ね
みたいな感じのことを言いながら
なんとなくうれしそうな感じの笑みを浮かべていたような気がしました
(^ ^)♪  (・・;)・




PA140005_R.jpg




でも
それとは逆に材木屋さんの社長さんは
椅子をなんとか乗せたがってる感じがしました 
\(´・ω・`)。 (・・;)




是が非でも椅子を乗っけたい 
そんな感じで悪戦苦闘で
角度調整をしていると 

くまちゃんがふと言いました




運転席を前に出せば乗ると想いますよ 」
フッフッフ(- -)ノシ)) 




くまちゃんが運転席を最前列まで出したところ
ギリギリ椅子をのせることができました 





さらに短い椅子の方も 
長椅子を引き出しのようにして一旦出してから
パズルのように噛み合わせると
三つとも見事にのせれる感じがしました 
\(― ―)/\(^o^)/



PA140011_R.jpg




でものせてる最中に 
いきなり短い椅子の足がぽきっと折れました
バキッ (・・;)




それを見た女将さん



あらあら
これじゃ使い物にならないわね
ちょっとお売りするわけには・・ 」
(^^)




すると材木屋の社長さんが 

あー大丈夫ダイジョブ! 
すぐに直すからね!
\(´・ω・`)



と急いで
材木工場から
大工道具を持ってきて
あっという間に椅子の足にビスを止め
手早く直してくれました
(・・;)・・




まあそんな感じで 
上手く乗せることができた 
椅子さん達
(>ω<)/





PA140012_R.jpg





ところで材木屋さんが椅子をこんこん直している間
女将さんにちょっと聞いてみました






あのー これって
全部 
杉で作ってあるんですか? 」
(・・;)



そしたら女将さんが言いました





 
伊勢神宮の杉で作ったものなの!


これはね
本当はこんな値段で売る物じゃないのよ!


ただね もうすぐお店を閉めるから 
だからね



本当はこんな値段で出せる物じゃないのよ! 」






伊勢神宮の杉・・
(・・;)・・






何でも後で
くまちゃんに聞いた話では
その杉は 
どうも伊勢神宮の境内の森林に生えていた杉で
みや何とか杉とも呼ばれてる木さんだそうで




ただ伊勢神宮は敷地の杉は伐採禁止らしく
風など自然倒木をした以外
市場に出回ることがなく
出回っても一輪挿しや 
勾玉のような小物も多いとのこと




たまに一枚板のテーブルはあるのですが
神宮の杉が椅子に使われてるパターンは
くまちゃんが見た限り 
ほとんどないとのことです  
(・・;)




それから
MAHAOは閉店間際ということを聞いたので 
椅子の足を直してもらってる間
ショールームのあちこちを見学していました





屋久杉でできた分厚いテーブルや
屋久杉の破片のような板
そんなのがごろごろおいてあったのですが
ヽ(゜◇゜ )ノ



他にもとても高そうな某旧家から出て着たような
ふすま絵が置いてあったりもしたのですが



伊勢神宮の杉で作られたものは 
そのベンチだけだったようです
(・・;=;・・)




ショールームの一番奥には
たちばな家紋の置物が置いてありました

たちばな・・
家紋・・
(・・;)?



ひょっとすると
たちばな系譜?の店?
(・・;)





その後
おじさんの椅子の直し方とか
作り方を見てたのですが

その様子を見ていると
ひょっとすると この人は木の声が聞けるのかなー
そんな感じの雰囲気がしました
(・・;)






そしてやはりそれを見ている
材木屋さんの女将さんは
感じからして 
あの椅子をくまちゃんに
売りたくない感がひしひしと伝わってきました




でも
材木屋さんのおじさんは
ショールームから椅子を早く運びだそうとしていました
(・・;)





まあそんな感じで
何とかぎゅうぎゅうに詰め込んで
何とか車に乗せることはできたのですが




PA140010_R.jpg




運転席を一番前までスライドさせたので
ビッグ体形のくまちゃんは
運転席に入りづらく



ハンドルに胸を圧迫されながら
運転席に入るのに
とてもかなり苦労していました
ウオオオ。(― ―;)ノシ))パタパタパタパ  (・・;)・・


すかさず
材木屋さんのおかみさんは 
「 大丈夫ですか? 無理をなさらない方が 」





そんな感じのニュアンスで
引き止める感じをしてたのですが




くまちゃんはお金を払った後
「 大丈夫です 」と言って

 
慌てて逃げるように車を発進させてました
(- -;)==  (・・;)・




しかし
その後 
無理な体勢での高速運転
しかも渋滞に幾度となく巻き込まれ 
(>ω<)/



くまちゃんのお腹はハンドルに抑えられてサンドイッチされてるような状況で
ぐっと狭苦しい中 
しかもブレーキやアクセルがとても踏みづらくて
膝が随所に当たってとても痛いみたいで




行きよりもはるかにつらそうに
苦しそうに
時間のかかる運転をしていました
ウエー(|||||||||||)。 (・・;)・・




PA140001_R.jpg







そして
ようやく木更津に戻り 
アパートの部屋に ヨイショヨイショと椅子を一脚づつ運び


ついで
貸倉庫に 
長椅子を運び出しました 




PA140019_R.jpg





その時 
貸倉庫の傍にいる
普段だったら近づくと
すぐ逃げてしまう猫ちゃんが



くまちゃんとMAHAOが椅子を運んでる間
近づいても動かず
じーーーーーっと椅子を眺めていました





なんだか
椅子さんに
見惚れてる感じでした 



PA140021_R.jpg







その後
短い椅子を部屋に入れてフキフキした後




PA150039_R.jpg




最初に座るのはこくまちゃん?
とおもいきや
いきなり
飛び乗ってきたのがあらちゃんでした



PA150003_R.jpg



PA150049_R.jpg




その後 
他のねこたちも ぞろぞろ登りだし



PA150013_R.jpg



PA150018_R.jpg




PA150032_R.jpg




一番欲しがってた 
こくまちゃんはどうしたのだろう?
とキョロキョロ見渡すと
(・・;=;・・)



こくまちゃんはおどおどしながら
椅子にびくびくしながら近づいて  
みんなの後の方から
乗っていました




PA150037_R.jpg





PA150038_R.jpg






伊勢神宮って
木さんの中でも 運ぶ族の木さんが多く植わってるんですよ


そしてあの椅子は運ぶ族の形の椅子なんですよ

車輪みたいな感じの肘掛があるじゃないですか?

おそらく普通にはあんな形の椅子ではなく 製材して
がっちりした椅子の形にすると想うんですけどね

でも
きっと
あの木さんが椅子になるならあの形がいいと想ったんですよ

それで材木屋さんの人はおそらく木の想いを汲める人なんですよ
そういう形に作れる人なんです



それで一見華奢ですけど
車輪がついたような椅子のデザインになったんですよ

おそらく材木屋さんが
椅子を乗せたがったのも

おそらく椅子が
あそこから移動したかったんだと想うのですよ

 」(えんせんせいのことば)







まあそんな感じでお部屋に
新しい仲間 
椅子ちゃんが来ました
(>ω<)/




これからもインテリア記事
素敵なアイテムを見つけたら



またご報告したいと想います
ワーイ♪☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡ヘ(゜▽゜ヘ)☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡ワーイ♪



PA150035_R.jpg





こくまちゃんは

ウイナーなのです

伊勢神宮にねこは勝ったのです



木は 
神社の神様の神様です 

その伊勢神宮の神様の神様の木さんが 
社よりも 
ねこを選んで来てくれたのです 


だからあの椅子は
ねこのものなのです




あの木さんが教えてくれました



昔の神社はもっと子供好みだった



今はかわいくない


ぞろぞろぞろぞろ儀式してても
かわいくない


昔の神社は
からすや鳩や鳥がいっぱいいて 
ねこやうさぎ 鹿も来たりした 

子供が行くとそれだけで楽しかった



建物も真っ赤で 
飾りもきれいだった


今はうるさくて
かしこまって 
動物もあまり入れなくなって 
子供もいなくなって 想念が離れてる 

つまんない 」



昔の神社は
動物がたくさんいたそうです


動物にごはんを配ってたから
毎日動物が遊びに来てて

それで遊びに来た子供が楽しいって想うような

動物園とテーマパークが合体したような場所だったんです


昔はそういう場所だったって

木さんは言ってました  」(こくまちゃんのことば)



PA150041_R.jpg






木の椅子は神話の始まりなんですよ


社よりも より基点が
木の椅子なんですよ


建物は憩いの場で
木や石の方が神だったんです



だから
純粋な想念の目線ほど
総理大臣や天皇よりも
木の椅子の方がママなんですよ 


だから木の座なんですよ 


無能であってもパープリンでも
椅子があったら現実が動いたりするんですよ


えんせんせいは見たんです

その昔
山のしーは 木に座って
あーーーーって歌って 
山を動かしてたですよ 



木の椅子は
風を動かし
石の椅子は
地盤を動かす 


想念のイメージでは
そんな風景なんですよ


だから鳥族の姫は覚醒するほど
本物の母親より 
椅子が大事って
言うんです




そして
あの椅子は同調すると
伊勢神宮の木さんも動くのですよ


だってあそこに長いこといましたからね 


でもえんせんせいには
ちょっとパワーが強すぎるのですよ


おかしいですねー 
本当はえんせんせいに
ふさわしいということはわかってるんですけど
とっても不思議なんですよ 



神々しすぎて 
まだ乗れないですよ 




でも
はるちゃんには乗って欲しいんですよ!




はるちゃんがのれば
えんせんせいが乗ったことと一緒じゃないですか? 


 
でもなんだか
お日様みたいですね





お日様みたいって
見てるだけで
そこに存在してくれてるだけで
助けてもらえる感じなんですよ



えんせんせいも受け取り上手になります 

」(えんちゃんのことば)





PA150011_R.jpg










プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク