あめのおと








PA060096_R.jpg






最近
私は海で録音した
音をかけてから 
寝ます



海の音を聞きながら寝ると
あめをおぼえやすくなり 
海ともつながりやすくなり
守られてるような気分になる


そんな気がするからです  





この間
海の音を聞いて寝た後 
こんなあめ(夢)を見ました




私は
そのあめの中で
たくさんのねこたちに
ごはんをあげていました 





ねこたちに
ごはんをあげた帰り道



何人かの子猫ちゃんを見つけて
その子猫ちゃんたちにも
ごはんをあげようとしたのですが


ちょろちょろと
あっちに行ったり
こっちに行ったりしています



そこで車を
一回ぐるーと大回りして
もう一度 
子猫達を探そうとしたとき


いきなり
お面のような顔をかぶった
マジシャンと呼ばれた男の人が現れました 




そのマジシャンは
子猫達を追っているような感じでした




マジシャンは 
手に恐ろしげな武器をもって
子猫達を追い立てていました


子猫たちをいじめようとしたり
捕まえたら
殺そうともしているイメージでした



私はそのマジシャンから
さっき見た子猫ちゃん達を保護しようと
マジシャンから隠そうと
子猫を探しました




でも
マジシャンが通った後の道端には 
何人かの子猫ちゃんがぐったりと倒れてました 



小さな囲いの中で倒れたり
水場でくたっとしてたり


私が駆け寄って
慌てて拾うと 
ぶらーんと動かない子猫ちゃんもいたのですが


でも何人かは
抱き抱えると
ミーミーというかすかな声をあげ
手足をかすかに震わせ動かしていた子もいます





手当てをすれば
助かるかもしれない



私は探せるだけの子猫ちゃんたちを
抱えられるだけ抱えて
着ていた服のポッケに次々つめこみました 

子猫ちゃんたちを
入れるだけ入れました


そこにまた
お面のような顔をかぶった
マジシャンのような男があらわれました



マジシャンは怖そうなお面をかぶってましたが
その骨は 
生贄づくりの系譜に
ありがちのペナペナな骨をしていました


彼は舞台の上に立ち

子猫を出せ出せ と

ぎょろっとした目で
周囲に脅しをかけてるようでした


私は子猫ちゃんが見つからないように
子猫ちゃん達を 
服の奥 お腹の近くに入れた感じがします




そこで一旦
目が覚めました


目が覚めた時に
さっき見たあめの情景を想いだし
その時
誰かが 
かすかな響きのようなおとで
こんなイメージを見せてくれました  






さっき
あめ(夢)でみた
たくさんの子猫達 



あれは生贄づくりの血筋が 
厄を受け取らせるために行う時の
イメージ



想いがあるものは
大切なか弱き者が 
危機に瀕してることを知れば
救おうとする たすけようとする


でも生贄つくりの血筋は
常に
その感情を逆手にとって

か弱き者を 
窮地に追い込み
やさしきものにそれをたすけさせることで 
彼らに来ている呪や祟りを 
受け取らせていた


強きものほど弱きものを守る
ことが自己愛


古代よりもっと昔から
多くの強きものたちが
か弱き存在を守るという性質を
利用され
祟りや 怨霊 さまざまな厄を請け負わされた 

 

そして
彼らはあめで 
その技法をするために

現実で 
たくさんのか弱き者を殺し 
ベビーたち 子供たち 女性たち 子猫達をたくさん殺して
その気を運ばせ
想念の世界で 彼らの厄の上にまぶすようにつけていた


それはカモフラージュ 
やさしい人たちに
取り返しの厄を請け負わせるためのカモフラージュ 


そのために
たくさんのか弱き者たちも生贄にされて


あめで
か弱き姿のものを守ったものは

か弱き者が生贄にされたことで
怒りに震えた 
後ろの守りの祟りも請けおわされことにもなった  」(あめの後に聞いた ひらめきのような声)




私はその声を聴きながら

そういえば 
最近 
起きた後 妙に熱っぽさを感じたり 
しこりのような腹痛も感じていたことも想いだました





そして
7月から8月に
ねこの森やあちこちの道路で
子猫が殺されたりしていたのも
生贄づくりの系譜が
呪を受け取らせるためであったことも知りました



私は 
そのイメージを見せてもらいながら 
生贄づくりの系譜達をひどいと想いました


か弱い存在を助けようとするやさしい想いにつけこんで
厄を受け取らせるなんて 


でも 
そんなことをしていくから
彼らは
骨がペラペラになったんだとも想いました




そしてこうも言われました





妬みが終わりの時に
養分を持ち上げようとするのは


力ある想念が
か弱き存在を守る
その性質を知っているから 


か弱き養分にそれまでの厄を請け負わせれば
その後ろの守りも 
それを守ろうとするから


昔から 
彼らの術は
やさしい心に楔を打ち込む


そんな術の繰り返しだった 」


 


私は吸血鬼たちが
いつの時代も
やさしさにつけこんで 
厄を祓っていたことを教えてもらいました 


おそらく
これを教えてくれたのは
ちくさあの海さんです 


私は
ちくさあの海さんに教えてもらったこのことを


生贄づくりの手口を
多くの想念 多くの人たち 
多くの存在に知ってもらいたいと想い




今日 この記事を書きました



いじめられていた
か弱き存在が
自由になり永遠に楽しく暮らしますように


そして
か弱き存在を守っていた強き者たちが
想いを叶えることができますように









PA060099_R.jpg










プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク