そうよ みんなママのふり















「 
あるガキンチョがこんなことを言ってたんですよ




紅いお布団で寝ると 
その人の子供になっちゃうんだよー 」 」って


(・・;)





そしたら別なガキンチョもこう言いましてね 


あたしそれ知ってるーーーー!
それは究極奥義 


紅いお布団で 遊女さんと一緒に寝ると
その男の人は 遊女(あそびめ)さんの子供になっちゃうの 」 」




(・・;)


 


その男の人が
その遊女さんを好きか嫌いかなんて関係ないの


だって真っ赤な御布団で
2人でダンスしたんでしょ?


紅いお布団で一緒にダンスをすると 
七年間は その遊女さんが 
その男の人の生命線に見られるんだよ 


そうするとその男の人が 
働いたり 想いを持って集まったエネルギーは
一旦 ママの下に集まるの


そしてママが 
いいよと言った物だけ
許可したものだけ 
その男の人に還流されるんだよ 」」



(・・;)!・・ 




あるガキンチョ女の子が
そうお話をしたら
別な女の子たちも 

紅い布団欲しい欲しい欲しいって
一斉に 言い出したんですよ


紅い布団 
女の子達の専売特許ですね 」



(・・;)・・




そしてそのガキンチョは
こうも言ってたんですよ


「 
これはからす族の究極奥義なのよ 

あそびめさんは
自分の部屋を持たなきゃいけないの 


自分の部屋を持たない遊女(あそびめ)さんは

部屋にたまったエネルギーを 
部屋もちの女将(おかみ)さんに運ばれちゃうの


運もエネルギーも 
その遊び女さんへの応援も
部屋もちの女将さんに運ばれちゃうのよ  


からす族は七歳までに 
その情報を夢で語り継がれるの 」 


そう得意げに 話してましたよ 」


(・・;)・・




まあ話によるとですよ 

紅いお布団で 男性とHすると


その男性がその女性を好きか嫌いかは関係なく
運ぶ想念が7年間 
毎日 その男性からエネルギーを運んじゃうらしいんですよ


そして遊女(あそびめ)さんは 男の人からエネルギーを運ばれても
遊郭を管理してたり 風俗店のオーナーに 
つないだエネルギーを吸い上げられちゃうらしいんですよ


だから国は
フリーの遊女さんを禁止して
管理された場所で つながせようとするんですよ 」



(・・;)・・






そしてそのガキンチョはこうもいってたんですよ




神社の鳥居は
紅い二本橋 

そして建物は真っ赤  


だから紅い鳥居をくぐると
それで神社がママになる 


そうすると神社に行った人は

その神社の子供になって 
一旦神社にエネルギーを吸われるの  


そしてそこから許可された分だけもらえるの  」」



(・・;)!・




「「 
だってそこがママだから


でもほら 
神社は御布団とかと違うでしょ 

だから吸われても 
せいぜい3日ぐらい


でも遊女さんは実際に紅い御布団の上でダンスするでしょ? 


だから7年 
3回以上すると 20年


それが決まりなの

あたし風水詳しいのよ 」


そうガキンチョが 言ってたんですよ 」



(・・;)・・





「 
まあそんな感じなんですけど


宗教とか
風水の多くで 
ママを模してるものが多いのは 

結界では
母親やママだと想わせると
その人の想いはどうであれ

そこに自動的にエネルギーを運んじゃうシステムがあるからなんですよ 」



(・・;) 




世界は 
母親に流す磁場ができているんですよ


母親だと想わせれば
大人の子供からでも
自動的にエネルギーを運べる 


だからママに被せる風水をするんですよ


生命線であろうがなかろうが関係ないんです
周囲の想念にその人のママだと想わせれば


周囲の運ぶ想念は 
その人のエネルギーを 
母親やママと認知したものに運び献上するんですよ


そして
母親と想われた人が
OKを出したものだけがその人に還流される


おばばが
養分との間に子を作るのは 
母親に自動的にエネルギーが流れてくる磁場があるからですよ


だからねたみはママのふりをしようとするんです

宗教が聖母とか 
観音様とか作るのも 
信者のママのふりする為ですよ 」



(・・;)・ 






でもこれって不自然なんですよ

だって現実に
生命線じゃない状態の大人の時でも

運ぶ想念に その人のママと想わせれば
エネルギーが運ばれるわけじゃないですか?

それっておかしい現象なんですよ


それに幼稚園生でも建物でも
その人のママだと想わせれば 
その人からエネルギーを吸えるんですよ

ようは
運ぶ想念の眼力って 
結界ではないに等しいんですよ


まともな眼力がないんです 
でも想いこみと 運ぶ力だけは強いから
ママだと想うと 本人の意志関係無く
勝手に がんがんそこにエネルギーを運んじゃうんです  」


(・・;)・・




神社に参拝しろ参拝しろって言うのも 

あれ参拝させればさせるほど 
行った人のママは神社っていうイメージが
運ぶ想念につくからですよ


国会も紅い絨毯のところで
よくテレビ中継してますけど 

汚いオジサンだらけなのに
紅い絨毯なのは

あれで 
国民のママって想わせてるんですよ


国民目線なんて関係ないんです
運ぶ想念に反応させる風水であれやってるだけなんです 
 」


(・・;)・・






そして大人になっても
ママママ教になってる人が多いのは


世界が母親とか
ママにエネルギーが自動的に運ばれる磁場になっているからなんですよ


子のエネルギーは自動的にママに運ばれて 
生きた母親が許可したエネルギーじゃないと手に入らない


だから子供はママに喜んでもらおうと
序列競争にまい進したり
ママが喜ぶ行動を 無意識的にとろうとするんです 」



(・・;)




「 
そして本物のママよりも
ママのふりがうまい人は
本物のママよりもエネルギーが運ばれるんですよ


スナックとか高級クラブとか 
ママとか言わせてますけど

あれママと言わせることで 
それで政治家や財界人を操縦してるんですよ


別に飲み屋のおばさんなんで 
たいした力なんて無いんです


ただママと言った瞬間 
お得意さんの情報が運ばれて
それでお得意さんにエネルギーをいくばくか返すから 
それでうまくいったのを 
ママのおかげだ
ママのおかげだ
って想ったりするんですよ

ぼったくりの術なんですよ

第一 あれのどこがママですか? 」



(・・;)・・
 



自然の中では
生みの母親だからといって
自動的にそこにエネルギーが運ばれることは無いんですよ



だって生みの母親は
自分が生まれたいという想いに
呼応してくれた
ひとつの存在にすぎないじゃないですか?


生まれるためには
生みの母親だけでなく
自分とつながりのあるすべての存在 すべての想念 
すべてのエネルギーがたすけてくれるから
生まれてくるんですよ


おばばはそこに割り込んで
生まれたのはママのおかげ 言ってるだけなんですよ 


生まれたのは
自分が生まれたいと想ったから
エネルギーがたすけてくれて生まれたんであって


生みの母親だからといって
本人の想い関係なしに
エネルギーが自動的に運ばれるなんて
ありえないですよ 」



(・・;)





そういえばちょっと話は変わりますけど

さっきのガキンチョが
こう言ってたんですよ


「 
これから遊女(あそびめ)の時代が来る 

からすさんがそう言ってた

我らが時代が来る 
我らが時代が来る 

ひっくりかえった
ひっくりかえった 

皇后様がそうお認めになった

そう大合唱してたのよ 」って 」




(・・;)




皇后様って
この島で一番ママのふりをしてるお方なんですよ



だからあの人が認めると

運ぶ想念が


リョウカイシマシター  」

って一斉に
動くんですよ 」



(・・;)




そして
あそびめさんは 
ママに見えるんです

だって男の人が裸で泣きながら
抱きつくんですよ

ママ以外の何に見えるんですか?


あそびめさんが
肉体でつないで男性のエネルギーを運ぶって

ママのふりで 運んでるだけですよ


」 (えんせんせいの言葉)
 











P7010059_R.jpg





えんままです 」(かたりて えんせんせいでした ) 












プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク