やたがらすはあそびめだった























この間
御巣鷹山事件の記事を書いた後
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1348.html

白昼夢のような
こんなあめ(夢)を見ました






それは
飛田新地の画像を見ていた時
目の前に 
やたがらすの提灯があらわれて



その時情報の渦が見えて
やたがらすの姿が見えました





今まで
やたがらすは
てっきり男の人だと想ってたのですが
 
多くの人がイメージしている男の姿と違い
やたがらすは女性の姿をしていました




小さくて 
鳥族の女性の頭と骨格をしているのが見えました




私はやたがらすの姿を見て
彼女がドールの系譜であること
そしてあそびめであることを 確信しました 



やたがらすは
神武が来る直前に 
何故かたまたまにしきさんの住む地域を訪れているのが見えました 




やたがらすが
にしきさんの住む地域に着いてからまもなく
神武が海から現れました





神武は海から侵攻して
そこで虐殺をして
山へにしきさん達の生き残りの系譜を追いつめて
焼き討ちにし
女性から子供にいたるまでことごとく 
惨殺しました



山で死んだにしきさんの系譜は 
520
そんなイメージの数が見えました


山は墓場のようでした 



でもそんな墓場の中から 
生き残った人の姿も何人か見えました




そのすべてが女性達で
そして
その中に やたがらすがいました




炎の中の 
奇跡のような生き残り




生き残った存在が鳥族の骨を持っていたことで 
山で死んだ
520人のにしきさんの系譜の大部分のエネルギーがその骨にのり 




それは
電気想念体の目から見ると
御巣鷹山で女性が救出されてる光景にも重なるように見えました


神武は
その後
やたがらすを軍に随行させました


やたがらすは
金色の装身具に身をまとった神武に協力をして



巫女となり道案内をして
戦いや呪の防御の指南をして
神武を勝利へと導きました



やたがらすは
褒美としてなくささんが住んでいた地域
にしきさんが住んでいた地域の大半を所領としてもらえることとなりました 




そして後年
神武の系譜の内部分裂で
大和が収まらなくなると 


豪族達は協議の末
やたがらすの系譜に近い
鳥族の女性の巫女を
大和の中心にすえることになったようでした


それが卑弥呼の祖のような女性で

その後大和は数百年以上もの間 
中心に主に鳥族の巫女の女性を置き 
各地の豪族が そのお告げに従う

そんなスタイルで統治されていたのが見えました



とり族は歴史の中で
何度も自動的に同じ事件を繰り返しているようでした 


世界はあそびめからはじまっていて


ヤマトタケルが
上総の地を襲ったのも 
神武の時と同じように
海から山へ侵攻して 
そこで殺した人のエネルギーを連れてきた卑弥呼の系譜にのせる


その為に侵攻した 
イメージが見えました



でも誤算がひとつありました

あくるーおうの魂は
卑弥呼の系譜に乗らず 
祟りが卑弥呼の系譜を襲いはじめたのです  


やむなく上総では 
海のしーの系譜 
おとを中心に据え
そこにあくるーおうの想念を宿らせ
その生命線となることで 
怨霊の祟りを鎮める

そんな対処法がとられたのが見えました  



鳥の巫女が大和の中心だった時代は
藤原が権力を握るまで
続いていたようでした 




私は一連の流れを見て想いました


藤原が古事記で
神武を国の最初に据えたのは 


神武がこの島で
鳥族の巫女が大和の中心になるきっかけを作ったから


藤原は
卑弥呼の系譜に被せることで力を得た一族


だから卑弥呼の系譜が
この島で中心となるきっかけを作った
神武を天皇の祖として置いたんだと



そしてあめ(夢)で見た卑弥呼の系譜は
ユダヤや レビのとり族 
古代バビロニア 
アトランティスのとり族達と ほぼ同じ骨格の形をしていました 


とり族は歴史の中で何度も何度も
このような犠牲者を多数出したエネルギーをのせられたことで
巫女となり 古代の王族となっていたこともわかりました 




でも
とり族が中心点になると
それ以前のしーの系譜が中心だった時代とは違い 



大きな都を建てさせたり 
貢物を持ってこさせたり 
墳墓を作らせたり 
金を掘る為 鉱山で人々を無理やり働かせてる

そんな人々が苦しめられていく情景も見えました



ねたみは
それを見たいが為に
本来運ぶ性質のとり族を
集合体の中心点に据えたんだなと想いました




そして時は流れ
御巣鷹山の情景が見えました


御巣鷹山の情景は
にしきさんの系譜が
山で焼き討ちをされた情景にそっくりでした



その情景を見て
御巣鷹山の事件は
歴史のリバイバルを起す為に仕組んだ事件だったんだと確信しました



それは
養分を持ち上げて
その後引き落とそうとした 
藤原達の計画とは一線を画していて



数とルートをあわせて
おおがかりに運ぶ想念に神話の復活が起きたと示す為に
仕組んだものであることがわかりました 



でもたった一つ
2000年前の
にしきさんの焼き討ちと大きく違う情景がありました



それは生き残ったのが
やたがらすの系譜ではなく 
小犬血筋だったこと


たまたま
おおいぬの系譜に
序列をあげようと想ってた小犬集合体が入り込み



ドールの気をつけかえたことで 
小犬系譜が御巣鷹山で生き残ったのです




それは表面の気や見た目で判断する
運ぶ想念の錯覚によって
起きた現象だと想いました



そしてこの事件がしるしとなり
事件以降 
情報やエネルギーが
おおいぬやドールから 小犬血筋に運ばれていき
たくさんの小犬達が運ばれたエネルギーで表の座につき 序列をあげていくのが見えました 



小犬血筋はもっと序列を上げようと 
運ばれた情報を元に 
ドールを使役して
様々な事件を起していましたが




でも司令塔に小犬達が多くついたことで 
御巣鷹山のように数もルートもぴったり揃うような事件は起せず 
秘められた神話を想起させるような事件は起せなかったようでした




私はあめで
御巣鷹山事件は小犬達が首謀したと言うよりも
ドールが
歴史のリバイバルを果たす為に 
発生させた事件だったと知りました 



でも
数字やルートが
完璧な計画でありすぎたが為に
ほんの少しのひづみが大きな狂いを生じさせたことがわかりました




このあめを見た後
 

はるちゃんが 
こう教えてくれました





「 
ドールはエネルギーを運ぶ性質

自動的にコンピューターのようにエネルギーを運ぶ




結界があると
結界を守る為に 
そうプログラムされるような存在



だから 
結界が壊れそうになると 
螺旋ループのように 歴史を繰り返すことで
結界を保ち続けてきた



御巣鷹山も自動的に数字をはじき出して
自動的にリバイバルを果たして 
事件を起した


ただそこにひづみが生じた

多分磁場で崩れてたせい 


小犬とドールを見間違えた 


ドールは何度も地獄のような情景を 
繰り返したけど 



でもはるちゃんはドールを憎む気にはなれない


だって悪意が無いから


ドールは磁場で動くだけの存在

磁場が自然に戻れば ドールも自然に戻る 




P8080125_R.jpg






それに
ドールに
嘘と言う概念は無かった


電気想念体と同じ
他人のふりという概念も無かったから


だから嘘をついた人にだまされた


嘘をついた人 それが悪い 」(はるちゃんの言葉)












プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク