しーか













P7300011_R.jpg






P7300014_R.jpg




P7300023_R.jpg





昨日 
なーの谷へドライブに行き




その後 
鹿の山に行ったとき


こんな声が聞こえてきました





P7300038_R.jpg





しーか 


この山はしーか 


鹿野山(かのうやま)ではなく 
しーかの山 」










そして
この地に住んでいた
あくるーおうも
しーかと呼ばれていたことを感じ 
こんなことも 教えてもらいました





「 
あくるーおうは 
山のしーの系譜


おと と呼ばれた女の子は 海のしーの系譜


海のしーだから 山のしーの想念ものせられた 」



「 
しーかは 
しーのエネルギーを集約して飛ばせる系譜 


現実を呼ぶしーの系譜
海のしーの系譜とは少し違う 」 





そして99の谷では 
こんな事を言われました 





「 
とらちゃんを連れてきて


とらちゃんを連れてきて 」




P7300030_R.jpg






ちなみにその数日前
こくまちゃんに
こんな事を言われてました
(>ω<)/







こくまは 鹿の山(鹿野山)に行かないといけません 」



鹿の山
(・・;)?





こくまは呼ばれているのです 

あの山の頂上に行かねばならぬのです 」



(・・;)・・





呼んでいるのです

鹿の山が こくまを呼んでるのです


天才ですからね 」



(・・;)・・



というわけで
こくまちゃん達を連れて
しーかの山に行ってたのですが
(>ω<)/





99の谷に行ったら
何故だか 
山で
とらちゃんを連れてきてと言われたのです
(ノ__)ノ




P7300035_R.jpg





そこで
とらちゃんを取りに戻って
他の子達を部屋に置こうと想ったのですが
(ノ゜ο゜)ノ



でもやっぱり
こくまちゃんだけは
激しく行きたがり
(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパ




しかたなく
とらちゃんとこくまちゃん
二人を連れて 
しーかの山を登ることとなりました




P7310400_R.jpg








とらちゃんを連れて  
しーかの山の99の谷に戻った頃は 
雲のような霧のような
もわもわんとした大気が立ち込めていました
モワモワン~~(・・;) 




そして山頂の手前の 
神社近くで迎えられたのが
からすの集団
ガーガー ☆(>ω<)/



からすの集団に激しくガーガー追い回されながら 
かごを持って神社の裏手に回り
一路 山頂に向かいます
(・・;)。==3 ガーガー




しーかの山の山頂は
99の谷のように見晴らしがよいというわけではないので 
ほとんど観光客は来ないのですが
大きな溶岩で作った
ヤマトタケルの名を記したでっかい石碑が置いてあります
\(-o-) 







久しぶりに訪れた
しーかの山の頂(いただき)は
以前よりもはるかに幻想的な雰囲気で
見たこともないくらい膨大な想念が立ち込めていました 
(・・;)!




P7310396_R.jpg







それは
精霊さんや妖精さんのような自然の想念だけでなく
人の想念がものすごい凝縮したような感じで
木と人の想念が一緒になって集まってる感じがしました




P7310399_R.jpg








しかも山の中でこれだけの人の想念量が見られるのは
コミケ雲をはるかに凌駕するくらいの人の想念で 
あまりに濃厚な想念で
一瞬くらっとくるくらいの密度なのですが
(・・;)
でも何故かすがすがしい気も頂中に充満していました




P7310401_R.jpg




頂の石碑の前には
誰かが何かを埋めたような痕跡もありました
ジュジュツ?(・・;)?




そして神社のところからずっと
ガーガーと泣き叫び 追いかけてきたからすの集団は
頂の付近では 
何かの想念を恐れているのか 
遠巻きにしか寄ってこない感じでした
カーカー)))        (・・;)・・



P7310402_R.jpg







とらちゃんを連れてきましたー 」
\(^o^)
MAHAOが山頂でこう言ったところ



こんな声が聞こえてきました




とらちゃんを下ろしてあげて
一瞬でもよいから 山頂の土を直に踏ませて 」


(・・;)・・




声は石碑から
ちょっとはなれたポイントを指し示していました
なのでそこにとらちゃんをぽんと置きました
⊂(・・;)



P7310385_R.jpg


P7310384_R.jpg




するととらちゃんは
お腹を出してごろんごろんしはじめて
(・・;)!




P7310381_R.jpg





そして
そのとらちゃんの光景を見た瞬間

こくまちゃんが息を呑む声が聞こえました 





写真を撮ってください!
写真を撮ってください! 


今すぐ 
急いで
こくまを写真に撮ってください! 」



(・・;)




今想念が
こるーしてるのです

想念をバックに 
こくまの写真を撮ってください! 」



(・・;)・




想念は木の上から降ってきています

アングルが大切です

こくまを持ち上げて 下から見上げるように写真を撮ってください

写真を撮る角度には気をつけなければいけません 」




(・・;)・・




そんなわけでこくまちゃんに言われ
とらちゃんの写真はあまり撮れなかったのですが
<(_ _)>
代わりに こくまちゃんのアングル指定つきお写真を 




P7310409_R.jpg



P7310411_R.jpg








こくまちゃんを写真に撮った後
とらちゃんと山頂を後にするとき
こういわれた気がしました





(とらちゃんを)連れてきてくれて ありがとう 」






その声を聞いた時 
ひょっとするととらちゃんには
あくるおうの虎のひとりの想念が
のっているのかなーとも感じました
(・・;)





P7310407_R.jpg







そしてこくまちゃんは
帰ってからも 
頂の感動覚めやらぬようで
興奮まじりにずっとこうしゃべっていました 






こるーです こるーです 

こくまは頂点に上りました!


しーかの山で降ってくる想念と一体化したのです

写真を見れば明らかです

こくまはもしかして神話かもしれません

  」


P7310392_R.jpg



P7310395_R.jpg




(ノ__)ノ







ちくさあは想念の情報をくれて 
しーかの山は
エネルギーとワクワクした気分をくれてる気がしました





P7310379_R.jpg

(しーかの山頂のとらちゃん)







プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク