FC2ブログ

閑話休題 ケルベロス 外伝 Rちゃんのエピソード

こういう事がありました Rちゃんが高校時代の頃でした 



担任の先生の話を他所に  授業中お絵描きや 空想などぼーーーっと物思いにふけって


頭は別な世界に遠出する事が多いRちゃん


そんな呆けたRちゃんを見るなり 担任の先生は 


真面目にやれと 注意し  注意するたびに 必ずこのような言葉を付け加えていました 


「先生は超進学校に通っていたんだぞ Rちゃんはこんなんじゃ赤点だって取るし 良い学校に行けないからな」


何かと言うと 先生は二言目には  自分が高校時代に通っていた超進学学校のネタを披露していたのです


  そんな先生を見て Rちゃんはこう思いました  先生は超進学校に行っているのだから 


勿論大学は東大なんだろうなあっと 


ある日「 先生は 東大なんですかあ 」 Rちゃんが素朴な思いを素直に口に発した途端 


先生は急に不機嫌になりました あれ?違ってたのかしら でも超進学高校の事を自慢する位だから きっとエスカレーター式に東大に通っているんだよね 



その後 Rちゃんに友達が教えてくれました


「先生はM大学なんだよ  先生に東大って言ったらショック受けちゃうじゃん 」


そうなんだぁ と納得したRちゃん


この頃 丁度ゾンビちゃんが 家庭教師についてくれていた時でした 


ゾンビちゃんはIQ175の天才です  ゾンビちゃんのお母さんと一度会った時 ゾンビちゃんのお母さんは うちの息子は神童と呼ばれていたの と我が子の天才ぶりをIQテストで175を取ったエピソードを交えて話してくれたのです 


図書館でゾンビちゃんに 先生にいつも怒られてる事を言ったら  ゾンビちゃんは こう言いました 



「Rちゃん それはその先生がいっぱいいっぱいなんだよ 生徒に 自分の出身高校を自慢する時点でいっぱいいっぱいなんだよ 気の毒な人だからやさしくしてあげな あんまりそういう所に突っ込んじゃだめだよ 」


それからしばらくしたある日  Rちゃんが赤点を取った時 クラスのみんなの前で 


先生はRちゃんを怒っていた時 Rちゃんは腹の中で こんちくしょーーーーーっと思いましたが


その瞬間 ゾンビちゃんが話してくれた 先生は実は気の毒なんだよ と言う声が脳裏に聞こえてきました


先生は 実は気の毒な人 ・・・・・ そんな先生ならもっと優しくしなきゃ


そこでRちゃんは思いっきり優しい笑顔を作り 先生にこう言いました 


「Rの勉強を教えてくれる お友達が いて  その人が生徒に学校を自慢するいっぱいいっぱいの人は責めちゃいけないよ って言っていたから Rちゃんは先生の事責めない 先生は超進学校出身だったんだよね  凄いですね」


Rちゃんなりに精一杯の優しい言葉をかけたつもりでした 


しかしその言葉を聴いた先生は ぴくぴくと眉間に青い稲妻のような筋を立てているご様子 


あれ?先生 私の言葉に感動してくれたのかな もっと慰めなきゃ (・・;) と思ったRちゃんに 



先生はお母さんと三者面談を行います と冷たく告げました 


周囲と反比例して全然状況がつかめなくなるRちゃん・・・


これは先生の仕返しのつもりだったようです



脳天気なRちゃんをより脳天気にしたようなRちゃんのお母さんが 三者面談に呼び出されました


先生は開口一番 お母さんにこう告げました 


「Rちゃんは 赤点なんですけど ご家庭でも気をつけて指導してください 」


先生は感情的な口調でお母さんに怒りをぶつけているようでした


それに対するRちゃんのお母さんの返答は


「先生 Rちゃんはまずどういうところを間違えたんですか?」


先生はうまく答えられませんでした  その様子にRちゃんのお母さんは逆に怒りました 


「 この学校私立ですよね ちゃんと学費は払ってますよね 呼び出したのに どこをどういう風に間違えたかわからないって どういう教え方なんでしょうか? ひょっとすると教え方が悪いんじゃないんですか?うちのこ 馬鹿じゃないですので ちゃんと教えれば 覚えられます 」


先生は何も返す言葉がありませんでした  三者面談は即終了しました (・・;) 


ひとまずほっとしたRちゃんでした  


家に帰ってから 妹さんに Rちゃんは先生から怒られた事の経緯を何かの折に漏らしました 妹さんは その先生の話を聞くと ふーーーーーん 可愛そうだね 気の毒な人だね  と言い Rちゃんの前でこういう歌を歌いだしました



ちょっと足りない ちょっと足りない 足りないのは 明治ーーーーー♪


それは明治のチョコの替え歌でした  その歌詞が妙に耳にこびりついたRちゃん 


ある日 また担任の先生に 怒られた後 何故かその歌のフレーズを思い出して 口ずさんでいました



ちょっと足りない ちょっと足りない 足りないのは 明治ーーーーーー♪


先生はその歌を耳にしちゃいました 


歌を聞いた先生はより不機嫌になり Rちゃんはそれから卒業まで 先生により細々した事をあげつられて叱られるようになりました


でも天然ボケのRちゃんは歌っていたその歌の皮肉の意味もわかっていませんでした 


なのでRちゃんは 自分が先生に目をつけられるのかわかりませんでした


でも頻繁に怒られてるうちに逆にやがてこう思うようになりました




先生って これだけ私を怒るのだから  ひょっとして先生 私に期待してくれているのかなあ  っと

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク