FC2ブログ

ケルベロス ・・・その10 ゾンビちゃん解決篇 


トップ内定まで反故にして 追いかけ続ける ゾンビちゃん 

Rちゃんは 怖くなりました 

このまんまでは本当に私 刺されるかもしれない 

はじめて 

トロル君に ゾンビちゃんについて どうしたら良いのかと相談しました 

「警察に相談すれば」 と言うのが彼の答えでした

「桶川の事件もあったし ちゃんと聞いてくれると思うよ 

俺が警察に連れてってあげるよ 大体 俺の女につきまとうなんて・・・・・ 」

俺の女と言っていましたが

Rちゃんは この時 トロル君と付き合ってる感覚はありませんでした 

それを聞いて 単にとっても親切な人だなぁ~Rって周りの人に恵まれているなぁ~と言うくらいの認識でした 

食事中 度々トロル君から付き合ってと 言われていましたが 

それは食事に付き合って欲しいという意味にしか捉えていなかったからです 



トロル君は Rちゃんを 学校の近所の警察署まで連れてっていきました

警察署の前に着くと


トロル君は 「 着いたよ  気をつけてね ここで待ってるから・・・」と

決して警察署の中に入ろうとはしませんでした

後になって考えると トロル君は自分が調書を取られるのが嫌だったのです

しかし人を疑うことを知らないRちゃんは ここまで連れてきてくれたトロル君を 本当にいい人だなあ 

と思っていたのです 


警察署では生活安全課に通されました 

Rちゃんは ゾンビちゃんから届いた メモリーいっぱいのメール や着信履歴 

そして留守電に吹き込まれてるメッセージの数々を聞かせました 

担当の刑事さんはそれを聞くとこう言いました 

「うわっ これは凄いですね コピー取らしてもらってもよいですか 」と

そしてひとしきり事情を聞くと こう言いました

「警察からは勧告をすることができるので何度か勧告します 

それで彼の行動が改まらなかったら こちらから彼の事を調査してみます 

もしまた何かあったらご相談ください」


これでひとまず終わりでした トロル君の言うとおり 桶川の事件もあったので 警察もすぐに対応ました

しかしその翌日 Rちゃんの留守電に ゾンビちゃんからメッセージが吹き込まれていました 

「何で警察なんて行くの!」

「仲直りしようよ 弁護士さんが一緒に同席しても良いからお話がしたい!」

それでも


Rちゃんは 警察に行ったのだから ゾンビちゃんの攻撃は すぐに収まるだろうと思っていました

しかし数日後 担当の刑事さんから連絡がありました 

「いやああああ 本当に凄いですね 本当にストーカーですねえ 

うちの署に彼から一日中電話があるんですよ 」

どうやら勧告をした日から 

警察署のほうにだいちゃんからひっきりなしに電話がかかってくるという事

その内容は Rちゃんと話したい ストーカーと言うのは単なる誤解で 

Rちゃんと仲直りしたい というものでした  

刑事さんが仕事が忙しいと切っても 

すぐにまた電話が鳴り響いてきます

「Rちゃんの事は刑事さんの誤解です 」

「刑事さん同席での良いので Rちゃんと仲直りしたいんです!」

「僕が居ないと Rちゃんは生きていけないんです Rちゃんを守る為なんです!」


この後 彼を捜査しようと思っています 

警察の人はRちゃんに淡々と同意を求めました
 
とりあえず頷いてみたものの 電話を切った後 Rちゃんの脳裏にふと浮かんだのは 

ゾンビちゃんって成功者の資質があるんだなあ という思いでした 

ゾンビちゃんは警察から電話がかかっても臆せず 一日中 生活安全課にかけ続けました 

彼の中では 警察権力と言うのが恐怖の眼中には入っていませんでした 

ただRちゃんを失うことだけが恐怖で 

それだけ純粋にRちゃんを求めていました 

彼は自分の信念のためなら 強大な権力にも 屈せずその意思を示す勇気がある 

これは Rちゃんがかつて読んだ偉人の伝記に共通する所でありました

ゾンビちゃんには 明らかにリーダーとしての素養があったのです


しかしそんなに強力な思いで これ以上追いかけられたらたまりません 

Rちゃんはゾンビちゃんの事は もう警察にお任せするつもりでした 



しかし 翌日 Rちゃんマミーのきくちゃんが その話を耳にし Rちゃんに こう言ったのです 

「 Rちゃん 可能性ある子の未来を潰しちゃだめよ 」

どうやらRちゃんの実家にゾンビちゃんから電話がかかってきたようでした そこでのやり取りでお母さんが 

Rちゃんが警察に行った事実をはじめて聞かされたようでした

「だって 怖いんだもん しつこいんだもん・・」

ワーワー 泣き喚くRちゃんでした 

しかし普段Rちゃんに甘いきくちゃんも  

この時生まれて初めて Rちゃんを強く叱りました 



「訴えを取り下げるのよ! 取り下げてらっしゃい 未来ある人の将来を潰しちゃいけないから」


さらにきくちゃんは トロル君にも電話しました 

「うちの娘を 警察署まで連れていってくださったそうなんですが 相手の方も将来ある若者ですし 

有能な方ですし 」

トロル君は「お母さん あいつは犯罪者なんですよ 断固戦ったほうが良いです」

こう抗弁したのですが 

「未来ある子なんで・・・ とりあえずRを警察署まで連れて行きますので」

とそそくさと切り 半べそかくRちゃんを警察署まで連行しました 



実は きくちゃんは 一目あった時から ゾンビ君が お気に入りでした 


「 ゾンビ君の DNAが欲しい 」 そう言って 
ゾンビ君を かばってもいました 

そうして
Rちゃんのような脳天気な子が一人で警察署に行くわけが無い 
人を疑うことを知らないRを煽り 

誰かが 警察に連れて行かせたはずと  

ゾンビちゃんを犯罪者にする流れの裏に 

トロル君が居る事を完全に見抜いていました



そしてきくちゃんはトロル君と違って 警察署の中にまで行き事情を説明しました 

「彼とはもう話し合ったので 大丈夫だと思います 訴えを取り下げたいと思います 」


渋々Rちゃんは きくちゃんの前で訴えを取り下げました 


刑事の方は 「もう本当に今捜査を始めるところだったんですよ 

一度捜査が始まったらもう訴えの取り下げがあっても 取り消すことはできなかったんですけど 

本当によろしいんですね?」

どうやら運の良いことに ゾンビちゃんにとっては前科のつく 危機一髪だったようです (・・;) 

Rちゃんはトロル君に電話をしました 

「 きくちゃんに 訴えを取り下げられちゃった 」

「失うものが何も無い奴は 何をするかわからないから怖いんだよ 」


いつものようにトロル君はまた恐怖をさりげなく吹き込みました  

でもその瞬間 Rちゃんは その言葉からこう感じました

・・・・そうか ゾンビちゃんは失うものが何もないから 私を追いかけるのかもしれない

逆に彼が出世したり  何か失うものができたら 私の事を諦めてくれるかもしれない ・・・・

トロル君の言葉を聴き Rちゃんは ゾンビちゃんを出世させれば 自分を追いかけなくなるかもしれない・・・

トロル君の言葉をそう解釈したのです

そうか それなら 私がゾンビちゃんの成功を念じればよい

Rちゃんは 生まれながらに欲しい物は大体 念じると手に入っていました  

ゾンビちゃんの成功を心から応援してあげようと思いました

それはゾンビちゃんの為ではなく 係わり合いになりたくない自分の為という動機でしたが 


翌日 ゾンビちゃんに電話しました 

「Rちゃんどうしたの!」ゾンビちゃんは泣きそうな驚きのような声を上げています 

「話したかったんでしょ 私仲直りは絶対にしない でも電話でなら話してあげる 応援もしてあげる 

でも会うことは無いから 」

これは Rちゃんの妥協点でした 

「ねえ ゾンビちゃんは才能があるんだから また今から就職活動はじめなよ 

あたしゾンビちゃんの才能は信じているから 

これからは電話では 良い報告しか聞かないからね 私 !」



この言葉を聞いて IQ175だけども 思考回路の実に単純なゾンビちゃんは 奮起しました 


・・・・・Rちゃんからでんわがかかってきたあああああああああ 

おっおれにさいのうがあるっていってくれたああああ

おれはさいのうがあるんだあああああああ ・・・・・・ 良い所みせなきゃあああああああ・・・・

会ってくれないとは言ったけど 才能があるっていってくれたんだから 

出世して立派になったら きっと会ってくれる筈 だあああああ・・・・・・・

こうして

Rちゃんの一言が 閉塞していたゾンビちゃんに新たな人生のステージをひらくきっかけとなりました 


それからゾンビちゃんからしつこく電話がかかることはなくなりました

やっぱり・・・・ 失うものができると 人はしつこくなくなるんだあ 

ゾンビちゃんは目標ができたから しつこくしなくなったんだなあ と

やっぱりトロル君の言ったとおりだあ ああよかったあ トロル君は大人で頭が良いなあ (^・^)♪ 

トロル君が誘導しようとした所とは ニュアンスがかなり違っていましたが

Rちゃんのポジティブシンキングの大海の中では かような変換が滞りなくなされていました 


トロル君と最初に会ってから 半年以上過ぎてからの事でした


続く 


プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク