戦争は恋から起こる









「 
ドールが狂っちゃったみたいですよ 」



ドールが狂った?
(・・;)?










「 
神官達も 読み違えちゃったみたいですよ 」



読み違い?
(・・;)?









でも嘘をつく子じゃないんですよ 」




(・・;)??








いやですねー


話は 今日の朝 
からすさんから聞いたことからはじまるんですけどねー


人妻の時代らしいんですよ 人妻の 」


???(・・;)???




ほら
電脳巫女のコードが切れはじめたじゃないですか?


でもですよ
カラスさんの話だと 
ドールの系譜はその事は
ある程度想定していたみたいなんですよ 」



(・・;)・・




それでですよ

電脳巫女のコードが切れると

次は人妻って言うんですよ 」



人妻・・・
(・・;)・・・




からすさんが次は 
人妻って言ってたんですよ

それでドール系譜たちが 
今 慌てて結婚しようとしてるんですよ 」



(・・;)・・





ほら
アンナカレーニアですよ

人妻って 物語生むじゃないですか?

悲恋とか 不倫とか 諍いとか 道ならぬ恋とか 」



(・・;)




それでですよ
人妻ブームに合わせるために 

ドール系譜は
今結婚相手を探していましてね


ほらみづな女王様が 
最近
「 ファンの人と結婚したーい 」って言ってたじゃないですか?

それとGAGAも
結婚して 
いつ辞めてもよい報道されていたじゃないですか?



あれは
人妻ブームに合わせるために
結婚時期を見定めてるんですよ


ドールは流行に眼が無いですからね 」




(・・;)・・・




それでですよ


最近訃報も多いんですけどね
芸能界
やたらと結婚してる芸能人多いじゃないですか?



あれは
ドール達が結婚しようとしてるのを見て 

いち早くまねしようとしているんですよ



知ってますか?
今度の犬アイドルチーム 人妻でるんですよ 人妻!


出版不況なのに
こんな時期に
40代女性向けに
ゴージャス雑誌創刊してた人もいるんですよ 」



(・・;)





それで
えんせんせい
からすさんの情報聴いて
想ったんですけどね

ほら美魔女とかあったじゃないですか?


あれ人妻ブームの間違いじゃないのかな?って 」




(・・;)・・





その年代の人が来ると言う解釈が
犬の伝言ゲームで
何故か美魔女になったんじゃないかなあ?って


それでですよ
最近やたら結婚してる芸能人多いんで


はるちゃんに聞いてみたんですよ

はるちゃんって眼力ありますからね 」



(・・;)




P2260070_R.jpg





そしたらはるちゃんがこう言ったんですよ




「 

やりたかったら 
勝手にやればよいけれど 

人妻ブームはもう遅い 」って 」



(・・;)!








「「 
おそらく養分の情を引こうと想って
恋のブームを血筋と結婚した人妻たちで
仕掛けようと想っているのだけど


でもはるちゃんが見た感じでは


それを発信してる 
夢殿の情報が
古いのと新しい情報がこんがらがって


情報が情報として意味を成さなくなってる感じ


今 冷静に現在の状況を分析できる人が 夢殿にはいない 」」





(・・;) 





「「

電脳巫女の時代が終わって
遊女の時代も 
終わりつつあって

ぬしの時代に戻ろうとしてることだけは
うすうす感じているみたいだけど


それで
ぬしに被せる為に
大家族とかやったりしてたけど


ほら昔のぬしさんは 
動物や 
まわりの子供にごはんをあげていて



想念の世界で
一見大家族にも見えていた
」」



(・・;)





「「
それで 
神官たちは
ドール達にぬしにかぶせながら 養分と恋でつなげと言うことで 


血筋と結婚しつつ
養分と恋でつないで 
そのエネルギーを血筋に流して来い

って指令していた



ほら  
不倫はヨーロッパ貴族の文化だったから



貴族階級に
養分のエネルギーを持ってこさせるための文化 」」




(・・;)・・





「「

はるちゃんは
神官たちが
恋のブームを仕掛ける意図を
冷静に観察してみた


そしたら
恋のブームでエネルギーを血筋たちに集めて
それで戦争を起こそうとしているのが見えた



戦争を仕掛けるにも
恋のエネルギーが必要


というか
恋のエネルギーなしに戦争は起こせない 」」




(・・;)・・




「「
元々戦争は恋から始まった

競い合い 序列 所有権
すべて恋のエネルギーから派生したもの


だから戦争を起こす前には
必ず前段階として 
養分たちを恋で取り込んで
そのエネルギーで 戦争を起こした 」」





(・・;)





P2150018_R.jpg







でもはるちゃん想う

今仕掛けても 
おそらく時代が悪い


昔だったら
せいぜい10年くらい前だったら
ひょっとするとうまくいったかもしれない



食べ放題でお腹いっぱいの状況ならいざ知らず 
養分の人たちが日々暮らしに
追いつめられてる状況のときに


キャベツ一個買うのに
何十円も切りつめてるような状況のときに


この時期
こんな計画をしても
養分の集合意識に拒絶さる

養分の人は
今草食系って呼ばれてるけど
恋どころではないぐらいネガティブになっていて

おそらく意図も見破られて
返り討ちにあう


戦争を仕掛けるよりも先に
戦争を仕掛けようとしていた血筋たちは多く死ぬはず 」」




(・・;)





「「
それに
もうひとつ冷静に見てみると

今恋のエネルギーにひっかかってるのは
養分ではない 吸血鬼たち


 

ドールが今恋をしている
ダーリンやハニーたちは 
吸血鬼の中でもっとも小犬なタイプ

代々
犬をかわいがり
ねこいじめをしてきたような系譜で
ドールもそれに染まってねこをいじめだして

それでドールは能力も眼力も
鳥を動かす力も無くなって来た 」」





(・・;)




「「
血筋の姫様達は
まだドールよりも眼力があって

本物の養分を探そうとしているけれど


でも5年前ならいざ知らず
周囲に太い養分男性がいなくなっている


本来
血筋の姫様は 
もうとっくに養分男性達を恋でとりこんでるはずだったけれど


それを邪魔したのが小犬ちゃん


小犬ちゃん達はドールを使役して
血筋の姫様たちから
恋のエネルギーをつけかえて
序列の高い権力者やスポンサー達を
次々恋のエネルギーで巻き込んでいった 


ワクチンなしに
ウイルスがウイルスを呼んでいる状態で もう手遅れ 」」





(・・;)・・・





まあ 
はるちゃんが言っていたのはこんな感じだったんですけどね


そしたら
あーちゃんもこんな感じの事を教えてくれたんですよ 


人妻 不倫に
ドール達がこだわるのは
戦争起こすには 恋のエネルギーにいさかいのエネルギーも混ぜないとだめだからって 」




(・・;)





ほら

戦争って 
国と国の領土を争ったりするとき
いさかいをする時にはじまるでしょ


だから姫様が集める恋のエネルギーに 
所有権をめぐる
奪い合い いさかいを呼ぶ
不倫のエネルギーを混ぜないと
戦争は起こりづらいの


だから神官たちは
ドールに諍いの恋をさせようと 
嫁に行け 結婚しろって言ってるの


侵略をする時に
人妻がレイプされるのも


実は 
戦争や対立を
激しくする為の
エネルギーのシグナルなの 


戦争は
不倫を起こしたり
レイプをしたり
恋のエネルギーを煽ることで起こしていたの 」 


そう
言われたのですよ 」



(・・;)






まあそんな感じで

おそらく
からすさんがいっていたので

人妻ブームは起こるんですよ



養分の人の気持ちはわかりませんよ


でも恋のブームを仕掛けようと
小説が出たり 映画が出たり 舞台が出たり
ドール達が結婚して 不倫するじゃないですか?


それにドールって元々相手の気持ちなんか見ませんからね 


だから表面上は
人妻ブーム 恋のブームが起こるんですよ


鳥さん達は 間違っては無いんですよ

鳥さんは 嘘をつかないんですよ 」(えんせんせいの言葉)
 




以上
えんせんせいから聞いた
今日のうわさ話でした

ワー(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパ







P3190034_R.jpg





プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク