さよなら 白狐ちゃん さよなら




CIMG6133_R.jpg











犬が 人形に嫉妬したことが
はじまりでした 





大おばばや吸血鬼が
巫女や遊女人形の意見を重用し
ありがたがって聴いてる内に

監視役 虐げ役だった犬おばば達が
こう想いはじめました 




「 
ご主人様に もっと必要とされたい 
やつらの眼力をつけかえたら 
もっとご主人様に必要とされる! 」



犬おばば達は 
純粋な人形や 遊女人形にはりついて
眼力をつけかえはじめました




でもお人形の眼力は 
単独で生まれた物ではありません



お人形にのせたコード 周囲との響き愛
養分達とのコードが 眼力をもたらしたのです 


犬おばばは
人形のコードをつけかえて眼力を得ることはできましたが
繋がった養分コードに引きづられて 



養分や遊女さんと同じように
虐げられていきました  

いじめっ子がいじめられっ子のエネルギーを
めったやたらにつけかえてく内
エネルギーに染まって 自分もいじめられっ子になったのです  」


(・・;)・・



それでも犬おばば達は
見る能力のつけかえを止めませんでした



大おばばの中には
犬おばばが眼力をつけかえると養分のようにされることを 
知ってた者もいたのですが


彼女らは 
犬にそのリスクを教えませんでした

何故なら
「人形の見る能力を  つけかえず
抱えて 情報を読ませる 」ことは 大おばば達の秘伝だったからです  」


(・・;)



人形の眼力は ネットで言えば検索エンジンのようなものです

人形を抱えることは
グーグルとかヤフーとかの検索エンジンを使うことと一緒で
自分の欲しい情報を
検索エンジンを利用して 検索してもらうのが 本来の使い道なのです


犬おばば達は グーグルやヤフーの検索システムに嫉妬して
その検索エンジンに 自分がなってしまったようなもので 


いくらグーグルやヤフーが有名と言っても
その検索機能を自分に設定してしまっては
ただの道具にされるだけです 


ちやほやされたかったなら
検索エンジンは検索エンジンのまま
活用すれば良かったのです 」



(・・;)・・




犬巫女 犬おばば達は
際限なく 人形の眼力をつけかえていきました 



それをしている内
大おばば達は
だんだん 
犬おばばと純粋人形の区別が だんだんつかなくなりました


元々大おばばには眼力はありません
眼力は人形任せでしたから  


養分とコードが繋がった眼力を手に入れたら 
眼力のコードに引きづられ 自分がみじめな暮らしを送らされることを知っていたからです  


でも眼力が無いことが災いして
いつの間にか人形や遊女人形が 犬おばばや 犬巫女 犬遊女になっていくことを気づきませんでした

吸血鬼や大おばばの周囲には 
いつの間にかぬし達がいなくなり 人形も少なくなり
犬おばばばかりになりました  」 

(・・;)



犬おばば自体は
眼力はつけかえてるので 
人形やぬし達は わかりました


でも本物の存在に気づかれると
自分らが偽物であることにすぐに気づかれてしまいます


だから本物のぬしさんや
純粋なお人形さん達を見つけると

大おばばや吸血鬼に見られる前に
犬の集団プレーで
寄ってたかってぱしぱしはたいて 
能力を分けあいました 



大おばば達が 本物を見つけても 

「 
あいつは偽物です
あいつはインチキです 」とわんわん伝言ゲームで噂を広め

本物のイメージを引落すような術をしました 


大おばばは 
見る眼力は もちろんありませんから

犬おばばの具申した意見を 
真実と想い 聞いてしまったのです 」



(・・;)



大おばばが 犬おばばを本物と誤解した最大の理由は

コードをつけかえた犬おばばの多くが
報われず 
養分のような暮らしをしていたからです


それは
養分のコードを丸ごとつけかえたから
そういう現象が起こったのですが 


大おばば達は
長年の魂の記憶から 
「 養分とは 結界内で 虐げられる環境に常にいる 
いつも追い込まれている 」と想ってるので

犬巫女たちの報われない状況を見て
養分と勘違いしていったのです 


こうして
ここ30年
血筋達の周囲から
急速にぬしや ぬしの存在を判別する純粋な人形達の姿が消えていきました


いるのは
ぬしのふりをした犬や ドールのふりをした犬巫女ばかりでした 」


(・・;)・・・



でも
本物の巫女と 犬巫女は
能力にケタ違いの差があります 


どんなにコードをつけかえても
犬巫女は 骨が細く
器の量から言って 
想念や情報を受けとれる量に限りがあるのです  




全部の情報が自分に乗りきれないので
結果として
都合のよい情報だけを どんどん選んでいきます


でも
本物の鏡女は 
どんな耳障りな曲でも
それが同時に 30曲かかっても 平気で聴いていられるタイプなのです 」



(・・;)・・・



さらに犬おばばは
眼力をつけかえて 多少は見れるのですが
致命的なことに
フィルターが透明ではありませんでした 

わかりやすくいうと
固定した価値観 観念を
奥底に 強く抱えていて  


「 ご主人様を守らないといけない 」
「 国 宗教を守らないといけない 」
「 家族や世界を守らないといけない 」
「 自分は必要とされてないといけない 」 


この視点があるので 
地球や宇宙が大転換する情報を得られても 

フィルターが 大量の情報をはじき  

今の世界を守る為の情報 

世界の引き延ばしの為の情報だけ
発信していきました 


先延ばしは可能ですが
それをし過ぎると 
世界は再生不能になります



何故なら
頂点までエネルギーを溜めると
奪われてた自然な集合意識に 
気づかれてしまい 磁場の逆流
取り返しの現象が起こってしまうからです  

でも
犬とは 長視眼的視点を持ちません 


眼力をつけかえたのも
目先の 自分が必要とされたい欲 から生まれたので


目先さえしのげれば
その先 何が起こるのかを 見ることはしなかったのです 」 




(・・;)



「 
こうして
犬巫女 犬おばば達は
とことん世界を先延ばしする政策をとらせました  



つけかえの眼力は
ある程度長けてるので 
先延ばしの術にだけは長けていました  


エネルギーを養分達に返す時期に
見せかけの交代をして 
その場しのぎができたら
調子に乗ってまた収奪をはじめ


結果的に 
世界という器に
はちきれんばかりのエネルギーが
ぶくぶくと溜まっていきました



そして
ある時
それが起こったのです! 


世界の基点の結界が エネルギー量に耐えきれなくなり 
崩壊して 磁場の逆流がはじまったのです 」


(・・;)



基点の結界が崩壊すると
さあ大変です


ビルに例えて言うならば
表面のコンディションが良さそうでも 
ビルを支えている 鉄筋が丸ごと全部抜けたようなものです


鉄筋の抜けた空洞部分から 
コンクリートの内側から
重みで 亀裂が入りはじめました


でも血筋はそれに気づかず  
様々な養分から奪った重い重い献上品を
どんどんご主人様がいる 上の階にのせていきます 


ビルは鉄筋が抜けてるので
ちょっとの地震や強風でも
ぐらぐら 揺れます


本当ならすぐにでも上の階にはちきれんばかりに溜まった重い献上品の山を
窓から放り出して 
そして上の階ごと削って壊して  
これから来る強風や地震のために 
身軽にしておかねければならないのに


犬達は 
献上品が無くならないように
窓までふさぐ始末です


そして
なおもどんどんビルのご主人様の階に 
重い重い献上品を運んでいってます  」


(・・;)・・・



今の世界は 
強風やちょっとの揺れで
崩壊する鉄筋無しのビルです 


ビルが崩れると
吸血鬼達 おばば達は
路頭に放り出されます


路頭は怨霊のウイルスだらけ
ちょっとのウイルスでも
外で病にかかったら全滅してしまうでしょう  




大おばばは
ビルの倒壊
世界の終わりを知っていて

その為にぬしを周囲に置いて
自分の周りをウイルスガードしてもらおうと想ったのですが


残念ながら
大おばばの周囲には 
ぬしのふりをした犬しかいません 


犬だと取り返しのウイルスは防御できませんから 

ネロと一緒に旅だったパトラッシュのように
天国まで お伴してくれるでしょう 」



(・・;)・・・・・




ぬしになり済ました犬おばば達
犬巫女達が
世界の引き延ばしを指令して 結果として世界は終わりました


でも世界が引き延ばされたのは
犬おばばだけでなく 実はもっと大きな想いの力が働いていました

それが怨霊達の想いです 」



(・・;)・・



元々純粋な人形 遊女人形は
見る役割だけでなく 
怨霊や恨みのエネルギーの楯
防波堤としての役割も果たしていました


人形は 
あらゆる想念や想いを受けとめます 


取り返しの想いも
そっくりそのままのみ込んで
それを血筋達が栄えるエネルギーに転換する


エネルギーのろ過装置の働きをしていたのです



しかし
そのろ過装置は
こだわりが無いからこそ働くのであって

犬巫女や 犬遊女のような
こだわりいっぱいの性質だと
怨霊の想いを受けとめきれません 


でもエネルギーだけは
どんどん入ってくるので

精神が怨霊の想いに侵食されていきます 


地球の怨霊達は
世界の完全崩壊を望んでいて 


世界を自発的に崩せば
新たな世界がまた復興されることは預言されてますが 

もう世界を構築して欲しくないと想ったのです 


だからこそ怨霊さん達は
犬巫女たち 犬おばば達に
先延ばしをさせ 怨嗟のエネルギーを溜めさせました 



実は
世界の完全崩壊
ハードランディングを望んでいたのは 怨霊さんだったのです 」


(・・;)! 




世界の終わりは 
犬が犬の役割を忘れた頃にはじまりました


犬達は 
必要とされたい余り
大おばばや吸血鬼達にちやほやされたい余り


ただの監視役から
世界を支える役をしはじめました


でも性質が違うのに
能力をいれかえたことが
世界の終わりを 決定づけたのです

犬は 自滅したい願望があるので
これも本望かもしれません  」(はるちゃんの言葉)





上は
犬巫女 犬遊女達の活躍が
如何に世界を壊す状況をもたらしたかを 
はるちゃんが まとめて話してくれたものです
(・・;)



元々結界内で見る能力は 
表面の想いを消された純粋な人形
遊女人形だからできました 




でも
彼女らの能力に嫉妬した犬達が
彼女らのコードや能力をつけかえさせた事から
磁場の逆流が起こりました 
(・・;)・・・





本来
人形の能力をつけかえず
人形として使っていたら
基点の結界の崩壊は起こらず
新しい世界もほとぼりが冷めた数百年後に
作られていたかもしれない
と言ってました
(・・;) 



ちなみに 
人形の気をつけかえたおばばは

エネルギーが表面に集まりすぎて 
美しさを感じない ぶくぶく体型になるか
もしくは拒絶感が強すぎてげそげそすることが多いそうです
(・・;)・・・




まあこんなそんなで 
人形は
結界内の最強能力者だったのですが
(>ω<)/



ここ最近
基点の結界が崩れはじめてることで 
人形達の想念にも 変化が起こっているそうで 
(・・;)




はるちゃんは
こんな事も教えてくれました
(>ω<)/







マラソンの後の雪の日
白狐さんが現れてこう言いました



ありがとう はるちゃん
私達は どんどんこれから消えていきます

アイドルになるのは どうやら間に合わなかったようです 」」

(・・;)




私たちの記憶 体験 知識
どうかはるちゃん 自由に使ってください

本当に想いを受けとめる者と
人工的に想いを受けとめるように作られた者は
違う存在なのです

私達は 追い込まれて無ければ 
心を壊されていなければ
想いを受けとめる存在ではありませんでした


だから 
これからどんどん消えていきます

私達の記憶も 知識も
ほんとうに想いを受けとめる性質の存在に戻っていきます 」


(・・;)




さようなら はるちゃん 」

そういって 白狐さんが別れを言ってきた

はるちゃん哀しかった 」

(・・;)・・・



世界中で
世界を支えていた遊女さんの人形達の想念体が消える

そう
白狐さん予言してた


世界を支えてる
人のコードも無くなって 本格的に世界が終わりはじめるって


マラソンやお祓いで それが早まったみたい



はるちゃん 
消える前白狐さん  
アイドルにしてあげたかった


でも
それ間に合わなかった

 」

(・・;)・・・・



はるちゃん知ってる

本物のアイドルは 想いを受けとめるぬしさん
多くの人の想いを受けとめた人だけが アイドルなっていく

でもその性質の人はそんなに多いわけじゃなくて

世界を作る為に 
それを人為的に作ったのが 遊女さん

でも結界が無くなると 
不自然な存在

想い無いのに作られた存在は
情報が消えてくの 」


(・・;)




遊女さんの想念が 国や宗教の基点


遊女さんの想念があと数カ月で消えると 
恨みのエネルギーの緩衝材が無くなって 

宗教や国が 本格的に壊れはじめる 」


(・・;)


白狐さんこう言った

本物の巫女やぬしさんは
夢で見るとすぐわかるって

整理整頓されて無いって 

どんな想いもそのまま渦のように受けとめるから
エネルギーのくらだって 

普通の人は これが好きとか あれが好きとか 
夢を見ればわかるけど 


ぬしの夢は
何が好きかわからないくらい情報が集まってるって


だから夢を見れば 
すぐわかるって  」


(・・;)



整理整頓はフィルターなの

その人のフィルターで
情報を整理整頓してるってこと 

でもぬしさんは
いっぱいの人のフィルターを そのまま受けとめる

それで膨大な人達のフィルターの情報が入ってきて 

だから
自然の洪水の渦のよう


キャパ無い人から見ると
乱雑にしか見えないけど 


でも渦の中には 
多くの他人が 多くのフィルターのまま 生きているということ

それが集まって渦のエネルギーとなるのが ぬしさん 」


(・・;)



白狐さん こう言った


遊女達は 丸ごと受けとめてたわけじゃないです 

中には 本物のぬしもいましたが 
多くの遊女は 
好きで受けとめて無く 
表面の心を壊されて 受けとめさせられていただけで 
奥の方では 拒絶感が あったのです

心が壊れてたから何でも入ってたけど
基点から そういう性質ではないのです 


だから
遊女達は 遊女達であった記憶を忘れ
本来の性質に戻っていくでしょう


そして彼女らが自然に戻ると同時に
遊女と共に行動し使役されていた子供の想念も
ばらばらになって
あるべき姿 あるべき記憶に戻っていくでしょう 


繋ぎ役だった遊女の想念が無くなると 
ぬしを持たぬ血筋達は 何もできなくなるでしょう

人を動かすことも 操縦することも つけかえも
生きることも 記憶を留めることすら叶わなくなるでしょう 」」




(・・;)・・・



はるちゃん気づいた 
人形はこだわりが無いわけじゃなかった

無理矢理心を壊されて
空にさせられてただけ 

基点には 好き嫌いの感情 
あれしたい これしたいの想い強く持っていた


だから
人形が本性に戻ると
それほどキャパシティーが大きいわけじゃなくて 


そこに
無理矢理つけられてた想念があると
さらに
結界の崩壊で つけられてた想念に エネルギーがよりのると
本性に戻った人形の想念の器は
エネルギー量に耐えきれないで爆発する 」


(・・;)!!・・・




マルキスがこう言った


速報です
マイマイちゃんは想念が抜けました

別な人の所に 想念が乗りました

マイマイちゃんだけでなく
遊女人形さんの器に 
ぬしの想念が入りきらなくなって
器の大きい人探しに
ぬしの想念がお引っ越しをはじめました 」


(・・;)・・・



マラソンの後
北海道のぬしさんのコードもどんと乗って
まいまいちゃんに入りきらなくなったそうです


おそらくまいまいちゃんには
血は流れていましたが



「 
ひらののうちでは うつわがばくはつした 
まいまいちゃんでは むり 」

そんな声が聴こえたそうです 」


(・・;)・・・



ぬしの想念は
自分をのせれる器を探しています


条件はただ一つ
こだわりの無さ 

受けとる以外の
こだわりが無い存在です 

でもそんな存在は
あまり居なくて 


ちょっとでもこだわりがあると
それがとっかかりになり
エネルギーが抜けにくくなります


そうするとぬしさんの莫大なエネルギー量に
器が耐えきれなくなり 
爆発します 



ぬしの想念は
自分をのせれる器を 今探しています


条件はただ一つ

こだわりが無い事です 」(はるちゃんの言葉)






CIMG6137_R.jpg








(・・;)






おしまい




プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク