FC2ブログ

22は血筋達への暗号書 




CIMG2731_R.jpg







その昔
Mちゃんダディは

身体が病気がちだったにもかかわらず
周囲の人に
丈夫 頑健と言われてました




胃が弱いはずなのに
お酒とかはかなり飲めるそうで  
一晩中仲間と飲み歩いても 
翌日仲間がぐったりしても
Mちゃんダディだけは
ひとりだけ朝からぴんぴん動けたそうな 
ヽ(゚◇゚ )ノ    (・・;)・・・




でも
Mちゃんの話では
Mちゃんダディは
慢性の胃痛に悩まされていて
ミルクを飲むだけでお腹が痛くなってしまったそうで 
(・・;)




Mちゃんダディが唯一飲める牛乳は
アカディ牛乳という牛乳らしく 
天然のミルクは身体が受けつけなかったそうです
(・・;)


そしてMちゃんダディは
胃痛がすると 


お腹が痛いのに  
駅前の某血筋の経営してるとおぼしきとんかつ屋さんに行ったり
Mちゃんマミーの手料理を食べたりすると すぐケロッと治ってしまうのだとか
(・・;)・・・





さらに
Mちゃんダディは
よく40度の高熱が出たりしたのですが

これまた 
すぐにかかりつけの病院に行って点滴を受けると
あっという間にケロッと治ってしまったそうで 



Mちゃんダディは40度の熱が出ると 
リフレッシュセンターのように
よく病院の点滴を利用していたそうです
(・・;)



Mちゃんマミーや周囲の人は
病気になっても点滴を受けたり
とんかつを食べると 
すぐ治るMちゃんダディを見ては

「 丈夫ねえ 」

「 この人は丈夫だなあ 」


と口々にほめそやしていたそうな



そしてまだ若き幼きMちゃんは
そんな光景を見ながら
こうクールに想っていたそうです
(+o+)  (・・;)
 

「 
本当に丈夫なら 点滴は受けない 

病院も そして料理屋も 
他の客から うちのお父さんに気をのせかえてる 」(Mちゃんの言葉)


(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパタパタパ


ちなみに
Mちゃんダディは
牛乳について こんな一言を残していたそうです

 

「 
しぼりたての牛乳は
野蛮人が飲むものだ!

俺は 
アカディじゃないと駄目だ 」(Mちゃんダディの言葉)




さて
今日は絞りたての牛乳が大好きな野蛮人MAHAOが
Mちゃんの言葉記事をお伝えしようと想います
(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパタパタパタパ  






吸血鬼の罪悪感は
優越感


彼らは罪悪感を抱く時 こう想ってる


盗んでごめんなさい
選ばれし我らは なんという罪な存在であろうか 」


(・・;)・・・



養分の感じる罪悪感は
劣等感

罪悪感を抱く時 彼らはこう想ってる

劣ってしまって ごめんなさい
生きてて ごめんなさい 
迷惑をかけて ごめんなさい
お母さんに顔向けができない 」


(・・;)・・・



でも
本物の養分は
罪悪感をもたない


罪悪感とは 優越感 劣等感 
その両方の感情に裏打ちされている

本物の養分は 
優越感もないし劣等感もない

だから罪悪感とは無縁 」(Mちゃんの言葉)





序列に執着する者は
もう序列という
他人が作った概念の養分にされている者  


実働系の木端達(犬おばばや木端吸血鬼)が
自ら進んで叩き役をしたり
剥ぎとり役を買って出るのは

あれをすれば
自分が出世させてもらえると想ってるから

夢の序列
潜在意識の格を
上げてもらえると想ってるから

だから鴨にされる 」


(・・;)・・・


犬に従えば とことん奴隷にされる

序列に従えば 兵隊から死ぬまで抜け出せない


王たる者は 
序列や国 宗教 
自分の母ですら
スコップやシャベルみたいな道具にしか感じない 」


(・・;)・・・ 


そして
次の時代を
築く者は
母の想いの養分にされる者で無い 


自分の想いの為には
家族も 全世界も
切り捨てられる者 

そう予言されている 
」(Mちゃんの言葉)






夢の技法の
もっとも簡単な方法は

想いが在る者
夢を見れる者の傍で眠ること


同じ部屋という結界の中で
自分とその者の夢を混ぜることができる 」


(・・;)



それを知ってるから
大おばばは
自分の家に 養分や人形達を置いた 

養分は
家に飼っておくだけでよい 

はたく必要はない
縛る必要もない
能力もつけかえる必要もない 


傍に置いとくだけで
居心地良くさせておけば

その力を最大限に活用できた 」(Mちゃんの言葉)




公務員は犬


ある知識人は 
公務員は給与が少ないから
汚職をするというけれど

それは犬の本質を分かってないから出る言葉 」

(・・;)



犬は やさしくすればつけ上がる

とことん過酷な環境で飢えさせながら仕事させた方が
使命感に燃え 真面目に働く 


汚職官僚を作りたくないならば
犬の待遇は とことん引き下げること 


公務員は
犬のように扱わなければならない 

そして彼らの潜在意識も そうされることを望んでる  」(Mちゃんの言葉)





お祓いをする者は 
厄を押し付ける度 
その心が醜くなる


そして心の醜さは 外見に比例し 

つけかえの気が外れた途端 
それは一気に現実化する 」


(・・;)



エネルギーの集め方が汚い者は

気のつけかえをしていない限り
例外無く
食べ方が汚い 

食べることは
エネルギーを集める行為に他ならないから 」(Mちゃんの言葉)






恨むな 許せ
という言葉は

言い返せば 
他人の恨みたい想いを 
自分が許していないからでる言葉 」(Mちゃんの言葉)








狼と血を混ぜた犬は
結界内で狼の想念をのせやすかった


狼と血が混ざってない純血種の犬は
狼のコードをつけかえても その想念が抜けやすかった

だから狼と血を混ぜた犬と 子を為して
そこに純血の犬のしるしをつけて つけかえのつけかえをした 」


(・・;)



世界の血筋が二系統に分かれてるのは 
大ざっぱにいって その二種の系譜を指すと想う


裏藤や平家のように
養分と血を混ぜて 
自然の想いを直に曲げた血筋達


その血筋達と
血を混ぜて
彼らの上がりをさらに掠め取った血筋達


純血種の犬と 狼と血を混ぜた雑種犬 」(Mちゃんの言葉)





豊族や 
ユタの女性は
男性が
生理的に嫌悪感を抱くタイプ


でも豊族は
コードのある男と結ばないと
子を為さないと 力を得ることができない 



もし
ターゲットの男に 恋人が居たら

夢の技法や
配下の者を使い
二人を仲違いに導く

互いが上手くいかないのは 恋人のせい
そう想わせるようにして 二人をバラバラにし


さらにターゲットを追い込んで
心を弱らせてから 

豊族の女を使わせて  
同時に救いを差し伸べる  」


(・・;)・・・



彼女らは
夢の技法を使う 


ターゲットを落とすまで
しつこくしつこく ずーっとやる 

豊の女達は
それをしなければ
結界内でも まともに縁組できないから 


夢の技法を 執拗に使い 
相手の男を精神的 肉体的に追いつめて
絶望の状況に追い込んでから 救いの手を入れる
 

魅力的でない女が
男に相手にしてもらうためには
絶望だらけの世界にしておかなければ
自分のテリトリーにひきこめなかった   


 」(Mちゃんの言葉)





☆Yちゃんの音の呪法



多くの血筋が使う音の技法は
人の心情を動かす音

人の心理に作用し
感情を揺さぶる音 


お経や讃美歌も
人間の想念体   
子供の魂や女性の魂に 音で使役する 




(・・;)



でもYが
夢でやっていた音の技法は
人の想念で無く 後ろの守り 
後ろのコードにいれこむ音


もっと具体的に言えば
人より基点の動物や 木や石

自然の存在に威を発する音を
ガンガンいれこんでいた


それはアフリカの部族の音に近く 
それを使役に特化した様なフレーズを 
夢で 発し続けたの


それで人を操縦したり
蜘蛛の巣を 
たやすく動かしていた 」


(・・;)・・・



Yはくせ毛

言葉の使い方も 
助詞を微妙に曲げるのが特徴 


ある時
Yがイケメンに
アプローチしていた時 


○○君 大好き 大好き♪ 」
と言いながら


「 ○○君が 愛してます 」



と言う言葉をさらりといれてた 

「 が 」という
助詞をさりげなく入れて
主語を入れ替えた 

変えるのは一文字だけ

一文字の助詞で  
その前に発した言葉全てを
相手の潜在意識が 自分が発してるように錯覚させる


気づかれないように
対象を自分から 相手に
すり替える

それがYの言葉の技法だった 」 (Mちゃんの言葉)









忘れさせようとする者は

自分が今
忘れてることすら 忘れている

 

風を感じないで
昔の風向きで同じような行動をするから
ぼけと老化の症状は 加速進行していく

最近
人が変わったようになってる者が多くなってるでしょ? 

場違いの発言をしたり
容姿が変貌したり 」(Mちゃんの言葉)




Mちゃん曰く
(・・;)
吸血鬼やおばばは 
夢の技法で エネルギーをつけかえたりする時



相手の記憶を消したり
重要な情報を忘れさせたりすることを
恒常的に無意識的に行っていたそうなのですが 
(・・;)・・・


結界が無くなりつつある磁場で
それをし続けると


磁場のエネルギーの動きで 
上手くデータを盗めたつもりでも


気付かない内に 
より多くのデータ
より多くのエネルギーを失ってることが多く

さらにおばば達の中には
そのデータを失ってることにすら 気づく感覚すらなくなってきてる者もあらわれてるのだとか
アヒャヒャ・・(m(゚◇゚ )アレ?     (・・;)・・・



まあ
盗みを繰り返しながら
ぼけを進行させていく 
そんな症状らしいです
(>ω<)/ 








追伸


「 Mちゃんとの想い出話 」




その昔こんな事が在りました

ある日
大人になったMちゃんと
あるBARに一緒に行った時のこと
ルンルルンルン♪(^◇^)人(+_+)


たまたまカウンターに座っていたのは
有名出版社のカリスマ編集長をしていたことがある某作家さん
(・・;)!


その人は飲みながら 

「 俺は死ぬ俺は死ぬ 」

とお酒を飲みながら
ブツブツと念仏のように呟いていました
(・・;)・・(+_+)


そして目の前にいる
バーテンダーさんに 


あげまんが どっかいねえかな? 
俺はあげまんと付き合いたいんだよ

俺は死ぬ俺は死ぬ俺は死ぬ

俺はあげまんと付き合いたんだよ 」

と支離滅裂なことを言いながら
(・・;)・・・

ちらちらとこちらの方を眺めていました
( 一一))  (・・;)・・(+_+)!


その時
Mちゃんがポツリと一言


「 死ぬのなら どうでもよくない・・ 」(Mちゃんの言葉)



その途端
作家さんは
急に無言になって
黙りこくってしまいました 
(。 。)・・・  (・・;)(+_+)




Mちゃんと行った
BARの想い出話でした 





めでたしめでたし







CIMG7370.jpg




プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク