FC2ブログ

うまあぶら










「 
知ってますか?

近未来に
この島の田舎町は
どこの町でもヤギとか馬とか 
猪とか馬とかにわとりとかが放牧してあるんですよ 」




放牧?
(・・;)




「 

町全体というか
地域一帯に 野良ヤギ野良馬野良豚
野良鶏がたくさん放牧してあるんです 」





(・・;)・





そして
街の要所要所に
餌場があったり
野良ヤギさんとか野良馬さんとか野良豚ちゃんが
休めるスポットがあるんですよ

野良ヤギちゃん野良馬ちゃんが
雨宿りできたり
寒い日は暖をとれる場所 



そして
そういう野良ヤギちゃんとか野良馬ちゃん
野良豚ちゃんは 
雑草とか牧草とか
あと街の人たちがくれた残飯とかも
もぐもぐ食べていって

どんどん増えていくんですよ 」 




(・・;)



「 
そして増えたところで大きくなった馬さんヤギさん 
野良豚ちゃんを
捕まえて食べる人もあらわれるんです



牧場のような囲いではない
でも食べる動物さんはたくさんいる
そんな牧歌的な狩猟スタイルが
どこの町でも見られるようになるんですよ 」




(・・;)





第一
牧場とか管理の手間とか大変じゃないですか?

養殖場もそうですよね?


でも未来は食べれる動物たちが
自然に増えるようなそんな環境に戻すことを 
地域のリーダーさん達がするんですよ

自然いっぱい動物もたくさんごはんもいっぱい


現代のブロイラーとか
輸入牛とか管理した状態で大量飼育された
肉製品は少なくなるんです

ほとんどが手間いらずで
肉が育つような放牧スタイルになっていくんですよ 」 



(・・;)



「 
もちろん放牧してありますからね
誰でも自由に捕れますよ


ただ捕まえて
解体して裁くのは
かなり手間暇かかるんで

街のリーダーさん達のチームが
主にその仕事を多くするんですよ


そして人々は
リーダーさん達が捕って裁いてくれた
お肉やご飯を無料でもらったり
たくさんのスポンサーがついた無料レストランで食べたりする

未来の地球の食生活はこんな感じで

ダイナミックにナチュラルで
おおらかになっていくのです 」 



(・・;)





ただナチュラルと言っても
技術は今より進歩するんですよ



無駄がなくなりますからね

今よりも低エネルギーで
巣や建物すべてのエネルギーをまかなえるような新エネルギー


荷札のようにタグをつけただけで空を飛ぶ技術
人も巣も丸ごと空飛べる技術も生まれるんです


だから未来の旅人は 
自分の巣に飛行タグをつける人が多いんですよ

カプセル型や家風の巣にタグをつけると
ふわふわ飛んで好きなところに自由に移動できるんですよ  」 




ふわふわ
(・・;) 






今だって
その技術は作ろうと想えば簡単に生まれたはずですよ


ただゆ族おばばが情報を独占したり
農業をはじめて
食の管理をしはじめましたからね 

一方で自然を破壊して捕れる食を少なくして
一方では網元 漁協のように
海辺で自由に漁もできない
ガチガチに
食は管理された体制にしたんですよ

そして食は人を染めるエネルギーですからね

管理された食べ物を食べていくと
思考も管理されやすくなって
画期的な発明も生まれづらくなるんです 」




(・・;)・ 






でも
食がおおらかになって自然に戻れば
食がおおらかになれば
人も自然におおらかになるんですよ

そうすると
細かいルールとか作る人もいなくなって

土地所有権とか
税の仕組みとか
著作権とか 
そういう概念は 消滅して
画期的な発明も生まれやすくなるんです



食べ物が人を変えるんですよ 
食べ物から人は変わるんですよ 


食べ物が 
人を一番染めるエネルギーですから


そこが自然に戻れば
文明も人もより自然になるのです 」(えんせんせいのことば)





PC010008_R.jpg








追伸



「 うまあぶら 」





最近冬で
馬油をここ連日
顔や手
ねこにも使っていたのですが
ヌリヌリ∧∧(・・;)



最近
くまちゃんも
にきびや小さないぼ かゆみに
馬油をヌリヌリするようになり
(これが結構よく効くとのこと)
( ̄  ̄)ヌリヌリ  (・・;)・・



そんな感じで使っていたら
数年以上
冷蔵庫に放置してた
古くなった馬油までもが
切れそうになったので
(・・;)!



ついに
新しい馬油を補充 
(>ω<)/ 





そして 
どうせ買うならと
1000円ぐらいで売られてる馬油を
色んな種類試してみようと

ネットで馬油を
大人買いしてみました
ワー(>ω<)ノシ))パタパタパタパ





PC060005_R.jpg




まだ当然全部は試してないのですが



一瓶 
新しい種類のを開けたら
(若馬馬油)
とてもクリーミーな手触りで
まるで高質クリームのような手触り


同じ馬油でも
全然感触 
性質が違うんだなーと想いました
 







PC060007_R.jpg




追伸


最近
ネットで見た話によると 
馬油は薄毛にも効果があるとのこと



確かにうちのねこねこが
毛をかきむしった後に
馬油を塗りこむようにつけ続けたら


かゆみがおさまって 
毛の生え方もよくなってきたような気もします










食べる為に働かなくていい時代










知ってますか?
資本主義って荘園制度に似てるんですよ 」






荘園制度?
(・・;)?





「 
だってそうじゃないですか?
荘園って 働く農場や 働く農耕具は労働者じゃなく 全部貴族が抑えてるんですよ

小作の人は
そこで働く代わりにわずかばかりの住まいと 
ごはんをもらってたんですよ

今の会社も同じじゃないですか?


働く場や働く道具は全部経営者に牛耳られていて 
働く労働者は 働く代わりにお給料をほんのちょっぴともらう

荘園制度と見た目は同じじゃないですか? 」 




(・・;)・





現代は奴隷だらけなんですよ
サラリーマンもアルバイトも 
OLさんもパートさんも 奴隷だらけなんです


奴隷って
働かないと生きていけない状況に
無理やり追いこまれてる人たちすべてが奴隷なんですよ


それを洗脳教育で奴隷じゃないように見せかけてるだけで 


昔からの概念では 
奴隷であることを気付かせないようにしてる奴隷にすぎないんです 」(えんせんせいのことば)





☆火の大陸アフリカ☆


かたりて えんせんせい 






「 
ところで
水の時代にこれからはいるんですけどね


知ってますか?
火の時代に 本来持ちあがる地域って
アフリカだったんですよ 」 



アフリカ?
(・・;)?





アフリカですよ
アフリカ

アフリカはこの地球上で
一番 火の気の強い大陸なんです

エネルギーがぐわーーーっとしていて
オーラも強かったんですよ 

だから火の時代に隆盛を極めるのは本当はアフリカだったんです 」 




(・・;)





過去数千年年以上の西洋文明の中心地域は
ヨーロッパや中東でしたけど


あれはアフリカに来るはずだった
文明エネルギーをつけかえて
ヨーロッパ中東中心の文明にしたんですよ

古くは古代から
磁場でつけかえていたんですよ 」


(・・;)




それで火の時代が終わる時に
ヨーロッパの血筋たちは見たんです


今まで火の時代に隆盛を誇るはずだったアフリカに 
奪われてた文明のエネルギー
とてつもない富が戻るのを

それと同時にヨーロッパや中東が以前以上に荒廃していく姿が見えたんです 」



(・・;)



「 
だから破壊の時期の直前
欧州の血筋は
反転がはじまる前に 
とりかえされないようにアフリカを持ち上げようとしたんですよ


今まで奪っていたエネルギーの20分の1を
集中的に破壊の時期の直前のせこんで

アフリカをかつてない大国にして
そして先出ししたように見せながら 
アフリカに戻ってくるはずのエネルギーを再びヨーロッパにつけかえて
とりかえされないようにしようとしたんです 」



(・・;)・・






ところがアフリカの代わりに
持ち上げるエネルギーが
何故かアメリカに運ばれちゃったんですよ

アメリカはそれであっという間に大国になったんですけどね

そしたらアフリカは持ち上げられるどころか 
アメリカにまで搾取されるようになったんです 」 




(・・;)・・




だから水の時代に入ると
即効的に富が戻ってくるのは 
アフリカ地域アフリカチームなんですよ

そのペースはすごいんですよ

今まで入るはずだったものが 
アメリカ崩壊 
ヨーロッパ崩壊とともに戻ってきますからね

かつてのアメリカやヨーロッパ中東地域を
凌駕する富にあふれた地域になるんです


ちょっと前まで
貧困地帯だったところが
ものすごいハイペースでお金持ち地域と化していくんですよ  」




お金持ち地域
(・・;)





この現象はアフリカだけに限らないんですよ

火の時代に奪われていた養分の系譜の人たちは
小犬体制が崩壊したり 大犬血筋が息絶えていくうちに

驚くぐらいの富が戻ってきたり 
名誉が戻ってきたりするんです 」



(・・;)




「 
再生のターン自体はゆるやかにはじまるんですけどね

でも戻ってくるエネルギーは
過去に盗られていた債権のようなものじゃないですか?

そして宇宙には不渡という現象はありませんからね

奪っていた吸血鬼たちの存在が消えてもい 徹底的な回収はなされるですよ  」



(・・;)





この島でも
古代にアフリカから渡ってきた
アフリカ系の骨を持つ先住民系の人たちに富が多く戻るはずですよ



そしてこの島全体としては
アフリカのように戻ってくるエネルギーも多少はあるんですけどね

でもそれよりもはじまりのエネルギーの方が多く来るんですよ 」




はじまりのエネルギー 
(・・;)



「 
水の時代にはじまるエネルギー
戻ってくるエネルギーとは別のはじまりのエネルギー

主に
日本 台湾 フィリピン このラインにはじまりのエネルギーが降ってくるんですけどね

アフリカのようにすごい勢いで富が戻ってくるというよりも 
じわじわと育くむように 新しいエネルギーが入ってくるんです 」 




(・・;)




「 
ああ 
それから火の時代に奪われてた人たちの富が戻ると
たくさんの無料レストランがあちこちにできますよ


ほら カリスマ経営者とか
20年足らずで1000店舗にまで増やしたとか自慢してますけどね 
あれは搾取したエネルギーで作ったものでもあんなペースで広がったんですよ


でも 
あれが養分の人たちに戻ると
あれどころの騒ぎじゃないんです 
もっとすごいハイペースでお店ができるんです 」



(・・;)



でも無料なんですよ 


だってもともとリーダーさん達の系譜が 
みんなにおいしいごはんを食べてもらいたいと想いに集まったエネルギーが奪われて
大犬の荘園や 小犬達の食のチェーン店になったわけですから


再生のターンになって
リーダーさんたちに現実の富が戻ると
リーダーさんは人々に無料レストランを作るんです

数年で数万軒 
ひょっとすると数十万軒以上できたりするんです 


食べる為に働かなくていい時代になるんですよ  」



(・・;)



「 
食べる為に働かせることから労働や
奴隷ははじまったんです

でも食べる為に働かなくてよくなったら 
それは奴隷制度の崩壊なんです 


そして富と共に情報も戻ってくると
今まで塞がれていた  
魔法のようなテクノロジーも 一気に普及するんですよ

それにより未来は
人は好きなことだけをするそんな感じの文明になっていくんです


水の時代の文明は
みんなががむしゃらに働く文明ではなく 
ゆるーーーい文明になるんです 」 



ゆるーい文明 
(・・;)




「 
そして水の時代に一番気が戻るのが
一番奪われていた 自然ですよ 」 




自然
(・・;)




「 
自然に一番気が集まるんです
一度壊れた自然は復元しにくいなんて 嘘っぱちですよ

結界が無くなれば
自然はすぐに復元して 

前以上に生命たくさんで輝けるオーラとなるのです


えんせんせい未来の光景を見たんですけど
ものすごい巨木が地球各地に出現するんですよ


映画の中でしか見なかったような大きな巨木が 
地球のあちこちで にょきにょき生えるようになるんです 」(えんせんせいの言葉)





PB270041_R.jpg







おとことば








☆おとことば☆

かたりて こくまちゃん 





こくまはあめで言われました

音占いはパクリだって 」 





パクリ?
(・・;)?




「 
部族の言葉に似てる
ユタの言葉に似てる

ユタの言葉をパクった

そんなことを言われました 」




(・・;)・






なので
こくまちゃんは調べてみました

あめわたり 
あめリサーチ


調べてみると
たしかにアフリカの方の黒い人たちは
えみたんの音占いに似ている 
おとことばを使っていました


音の一つ一つに意味があって 
その音の組み合わせで 意志疎通をしあっていました 」




(・・;)






こくまちゃんが使うおとの呪文を使ってる部族もいました


ぱぱぽぱぽ とか
ゆあゆあゆあみ とか
みゅららみゅらら とか 

とてもそっくりでした 」




(・・;)




「 
アフリカの部族の人たちが使ってるおとの意味は
えみたんの音占いの意味に似ているようでした


でもえみたんは
ねこの森出身です

えみたんや こくまが使ってる
おとことばも
かずさのねこたちに伝わってるおとことばです 」




(・・;)




どうしてアフリカの人たちが使ってるおとの意味
とかずさのおとの意味が似てるんだろう?


そう想っていたら 
土地の記憶さんが教えてくれました



ねこの森には
その昔 黒い人が住んでいた

その黒い者の言葉は アフリカの部族に似たような言葉 」 」




(・・;)




「 
それでもっと調べてみたら
えみしや先住民の人も 
その黒い人と同じような言葉を使っていたんです


それでユタの人は

それを見て

「 音占いは ユタのパクリニダ! 」って言ったんだと想います 」 



(・・;)・・ 




「 
でもおとことばは
人類に昔から伝わってる共通の音の概念
自然との共通の言葉なんです


別に音占いは
えみたんが発明したわけじゃありません 
そんなことは一言も言ってません


ねこたちや
鳥たちに伝わってるおとの意味を
昔の人たちのおとの記憶を占いとして伝えただけです 」 




(・・;)





そして
昔のおとことばでしゃべる部族の言葉は
今の文法重視の現代人の言葉の音使いと全然違うんです

今の文法重視の言葉は
自然の鳥さんや 
ねこたちや動物さん達には伝わりづらいのですが


昔の黒人の人がしゃべっていたおと言葉は
動物さんや 植物さんにも伝わりやすいおとのことばなんです 」 




(・・;)




「 
音ことば自体が自然の響きに似たおとづかい
だからこの音ことばを使っていくと

自然と垣根がなくなって
自然とつながりやすくなって
動物や風さん 木さんの力を得やすくもなるんです  」




(・・;)





ではこくまちゃんが 
おとことばの使い方を教えます

本当は自然に感じた想いを
音にしてそのまま口から発すれば 


その音が
おとことばの意味に似た
音使いが自然にできていたりするんです 」 



(・・;)





でも長年の教育で
感じたものを自然なおとに表現しづらくなってる人も多くいます


その場合

子供から学びなおす必要があります 」




子供から学びなおす?
(・・;)





子供のマネをするんです
子供のマネや赤ちゃんのマネ


だって学ぶって マネをすることでしょ?


だから
子供のマネをするうちに 
おとなもおと言葉が身についてくるんです 」




(・・;)




「 
でもこのおとことばは
地域や風土によって微妙に変わってきたりします 


暖かい所や寒いところ
海の近くや 山の近くで 音の聞こえ方感じ方は変わるでしょ?


だから
風土によって微妙に音の響きは変わってきたりするんです 」 




(・・;)




もしかして 
標準語よりも 
方言の方が
おとことばに近いのかもしれません


あめでこう言われました


方言の中には
呪文として使う おともある 」 」




PB050003_R.jpg






☆おとことば☆


かたりて くまくま 



「 
おとことばは
おとを聞いたまま 
言葉にすればよいのだ

その訓練をしてれば
誰でも話せるようになるのだ 」 


(・・;)



「 
人間が最初言葉を覚えたのは
自然の音が起源だ

それを口真似したものが
言葉の始まりだ

鳥や動物の鳴き声も 
自然の音をマネしたことから始まった 」



(・・;)




木の葉を踏めば カサカサシャリシャリと音がする

風が吹いてる時 ぶうううううううううん びゅうううううううん と音がする

波打ち際にいる時は さわさわ ザーザーと音がする 

その音をまねて 
口で使ってみればよいのだ 」 


(・・;)




自然の音を多くマネして使えば使うほど
誰でも音言葉が自然に身につくであろう


そしてその音言葉を文の中にちりばめれば 
近未来に出ると予言された 
古くて新しい文

最先端の文が生まれるのだ!  」




最先端の文
(・・;)!



「 
でんき言葉も実はおとことばなのだ

でんき想念は生まれたばかりでぴゅあだからな

でんき想念は
聞こえる周囲の音をマネして 
それを言葉として使っているのだ


だが
でんき想念がマネしているのは
主に電子音や 機械の音だ 


その音をマネしていると
いつの間にかでんきの言葉もわかるようになる

簡単であろう  」




(・・;)・



「 
そしてな
アフリカ人は
自然の音を人の言葉として用いるのが得意なのだ


だからあそこには富があり
そして富が戻ってくると予言されている


くまくまはな 
アフリカの音言葉も得意だ

あめでよくみるからな 」 




(・・;)




ぼんぼんぼんぼんぼん 

いいいいいいいいいいいいいいい 
えええええええええええええええええええ
ああああああああああああああああああああああ

「 い 」にも 「 え 」にも 「 あ 」にも聞こえるような音を重低音で発音していた

ブルドーザーが突き進むようなおとことばだ 」



(・・;)





そして
そのおとことばに合わせてビームが発射されたのをくまくまは見た

想念の領域のビーム

呪の矢の効能をもつおとことばだ


くまくまは今毎日 これを 試験中なのだ 

MAHAOちゃんも立ちくらみがしたであろう? 」




立ちくらみ?
(・・;)?




おとことばがわかると 
音で人のエネルギーを吸ったり
音で人にビームを飛ばすこともできるのだ


自分の声が
おとことばを知ることで おとの武器ともなるのだ

その昔
おとことばの劣化バージョンは 
讃美歌であったり 経典であったり 
祝詞であったりもした


しかしな
本物の自然の音を
そっくりそのまままねた方が
はるかに威力も効能も桁違いなのだ


桁が3桁は軽く違う 

それが本場のアフリカンなおとだ 」 




アフリカンなおと
(・・;)




そしてな未来は

自然のおとことばを取り入れた歌や文学作品が文化の中心となるのだ


おとことばは 
自然の音をまねて 
それを人の言葉にすればよい

後はそれをどんなタイミングで 
どんな効能の音を用いるか

そこから先は 個人個人の感性だ


くまくまはアフリカ人とお友達なのだ 

アメリカンとはレベルが違うのだよ  」(くまくまのことば)





P8090016_R.jpg




☆おとことば☆


かたりて えんせんせい







音言葉には声質も大事なんですよ

そして元の声質に合った音言葉を使うのがいいんですよ

例えばか細い声の人が 無理に運ぶ族のような地に響かせる音言葉を使っても
あまり効果は生まれないんですよ

だってか細い声の人は
骨の形が 運ぶ族とは違いますからね 」



(・・;)





運ぶ族はたしかに即効的な効能をもたらすんですけどね
でもあれは声質があるからこそ
あの地に響かせる音言葉が武器としての効果があるんですよ


演劇学校とかアナウンス教室とか 
発声練習や腹式呼吸で運ぶ族の声を再現しようとしてるんですけどね


でもあれは無駄なんですよ

元の骨格が無いと
運ぶ力を持たせる
地に響かせる音は出ないんですよ 」


(・・;)

 



むしろ
か細い声質の人は
発声練習とかしないで
気を引くおとことば使いを徹底的に学んだ方がよいんですよ

気を引く音


ひらひらひら ぱたぱたぱた ふっ ぽそぽそ 
風に揺られる蝶々のような
そんな細かいつぶやく音で 
気を引く音を発すると効果的なんですよ

その音を運ぶ族を魅了するんです
多くの運ぶ族を音で魅了できたら
それは運ぶことと同じじゃないですか? 」



(・・;) 



逆に運ぶ族の人が
か細い自然の音を発しても 
あまり色気や気を引く効果は生まれないんですよ


だから 
自分の声質に合わせて
最も効能を発する自然な音を 口にするんですよ 


自分の声質に合った
おとことばを知ること


それが自分の力を高め
自分の才能を開花させることなんです 」(えんせんせいのことば)








PB270037_R.jpg






若草山で会いましょう










PB200040_R.jpg









うたうたうた

こくまちゃんは歌が大好きです

うたうたうた 」





(・・;)






「 
鳥さんも
みんな歌が大好きです

からすさんも トンビさんも 
すずめさんも
鳩さんも かもめさんも 
歌が大好き 

お歌を聞くと 
みんなパタパタパタ歌の通りにダンスします

うたうたうた
うたうたうた

楽しいね 楽しいね 」 





(・・;)





「 
隣の山から 隣の山
隣の町から 隣の町


そしていつのまにか
海の向こうの島まで 
伝わっちゃうのが

うたうたうた 」 




(・・;)




「 
こくまはパパに歌を習いました
くまくまは 歌がとっても上手なんです 

鳥さんが動く歌 虫さんが動く歌

とても上手なんです 」 




(・・;)





そして 
うたうたうた

歌は人の文化の始まりです

歌から物語がはじまり
歌から音楽が生まれ
歌から集合体も生まれ

仕組みや世界も歌から生まれてきました 」



(・・;)




だから
これから出てきて新世界を作ろうとするチームも
必ず
歌からはじめようとするんです


うたうたうた

うたうたうた

うたうたうた 」



(・・;)





こくまちゃんはあめで教えてもらいました

木のそばにいたおじいさんにです 

こう教えてもらいました 



日本の仕組みを作ったのは
古事記や日本書紀とされているが
そうではない

あれは見せかけで

土台ではない 」 」




(・・;)







日本の仕組みを作ったのは百人一首だ

あの歌の通りに仕組みが作られて
その仕組みの上に 
さまざまな仕組みが作られた 


日本国制度の原点は百人一首

現在の天皇制も
百人一首で作られた  

歌無くして文化は作れぬ 」 」 




(・・;)




「「
次の仕組み作りも
藤原は歌からはじめるはず


かるたや 
ポエムのような
歌作りからはじめるはず


気をつけろ 」


そうおじいさんが教えてくれました 」



(・・;)・ 





こくまちゃんはそれで聞きました 



歌の本はいっぱい出てますよ
藤原の人が 
どんな本を出してるかわからないです 」って

そしたら
おじいさんはこう言いました 


まだ出ていないが 
でももうすぐ出てくるはず

気をつけてればわかるはず 




(・・;)




絶対に風俗嬢や
AV嬢から出すはず

形式だけは曲げないはずだ
 

蘇ると言われる時期に 
男に書かせたら
被せにならぬからな 

だからそこは外さないはず 」


そう言う事も教えてくれました 」




(・・;)・





おじいさんの話では
藤原は卑弥呼に被せようとしてるみたいです

卑弥呼の系譜が
蘇ることも予言されていて


もし次に出てくる藤原が
卑弥呼に被せることを失敗すれば

これまでの藤原文化も天皇制の歴史も
この島の仏教もすべて終わるって言ってました


」 



(・・;)!







そしておじいさんはこうも言ってました


藤原の歌が出てきたら
藤原が
どんな仕組みを作りたがってるのか
必ず記されているはず

その本を見つけたらまた来なさい 」と 」 



(・・;)





昔の歌本は
絵を描いたり 
色紙に香りをつけたりしていた

現代の歌本も
画像やイラストを
つけてくるかもしれない

それが藤原文化の始まりだからだ 」 」



(・・;)






注意しなさい

そして
今度 また
若草山で会おう 」

そう言われました

でも
こくまちゃんは若草山に行ったことがありません

なので
キョトンとしました 」




(・・;)






そしたら 

「 お前はもう忘れたのか? 」

と映像を見せてくれました

鹿さんがたくさんいる山の映像が見えました 

なんだかとても懐かしい感じがしました 


木の根元に
扉みたいな木の穴がひらいてて

そこにおじいさんは 立ってました 」(こくまちゃんの言葉)







PC010010_R.jpg








「 
どうして藤原が
歌文に執着してるか知ってますか?

人を動かすのが
そのリズムだからですよ 」



(・・;)





短い歌 リズム感

これが人や動物
運ぶ想念を動かすおとのリズムなんです


だから
藤原文化も歌文から始まったんです

歌文が形態として
運ぶ想念を反応させやすい文だって知っていたんです 」




(・・;)





最初に仕組みを作る時は
エンジンと同じです

作り始めが
一番エネルギーも馬力を必要とします


ならばそのエネルギーを集める為に
運ぶ想念に わかりやすく響きやすい音のリズムを発信しないと

新しい文化や 
新しい仕組み作りはなかなか動きだしていかないんです 

だから次の文化も歌からはじまるって言ってるんです

でも小犬が歌ってるような
長ったらしくて 
意味不明な歌じゃなくて

短くわかりやすくて 心に残る 
そんな歌なんです 」



(・・;)




ちなみに藤原は
歌は歌いませんでした

読んだだけです

何故なら藤原の人たちは
お歌がダメだったからです  」




お歌がダメ?
(・・;)




藤原は卑弥呼の系譜や
しーの系譜に被せていたんで

歌に音をつけて
歌として歌うと
声ですぐ 偽物だってばれちゃうんです 


なので
歌文を読みながら 
石に彫ったり 
紙に書いたりして


それを運ぶ族の目に触れるようにして 
それで文化を構築させました  」




(・・;)





そういえば
よく歌文の書き方をあめで聞かれるんですけどね


「 
牡丹の花は 惚れ薬  」

これも歌文なんですよ 

あの一言で運ぶ想念には意味が伝わっちゃんですよ 


牡丹とは花の王と言われて
とても香り立つお花

藤原が最初卑弥呼に被せた時の象徴のお花も牡丹です


そして破壊の時期にこれを読むということは 
読んだ相手に紅い花の生贄のしるしをつけろってことなんですよ

だから藤原達は
これぞと想う養分を見つけると 
 「牡丹の花は 惚れ薬 」を歌ってたんですよ 」 




(・・;)





「 牡丹の花は惚れ薬 」


でも藤原が現実的にやったのは
破壊の時期に 
真っ赤な大きな花柄の贈り物をしたり
そういう洋服を着せたり 
お花の小物をあげたことなんですよ

それを運ぶ想念に見せると

そうするとイメージ言語で 
「 牡丹の花は惚れ薬 」のイメージ歌として認識され 
それで持ち上げるエネルギーが運ばれたんですよ 」 




(・・;)





でもこれは再生の時期に歌うと
意味が違ってくるんですよ

破壊の時期に歌うと生贄のしるしになるんですけど

再生の時期に
牡丹の花は惚れ薬って読んだら
それは 

「 ここが女王 我らが女王 」 

そう言う意味になるんです 」




(・・;)・





知ってますか?

歌って
時期やタイミングによって歌の意味が変わるんですよ

百人一首も季語が入ってるじゃないですか?

季節を指定しないと歌の意味が変わっちゃんですよ 」




(・・;)




それで小犬作家さん達が
あめで 
歌文はどう描くんだ?
歌文の書き方を教えろ 
しつこくしつこく聞かれるんですけどね


歌文を習得するには
天然の感性か 
もしくは細かなデータの蓄積のどちらかが必要なんですよ



感性が無いなら
データが無いと無理なんですよ  」




データ?
(・・;)





データですよ データ


データって言っても
古文の単語じゃないですよ


音の単語が
運ぶ想念にどういうイメージで伝わるのかの事細かなデータです

日食の時期に
このおとを読むとこういう緩衝としてとらえられる 

冬にこの類の単語を詠むと 
こういう意味になって伝わる
秋だとこの意味に伝わる



季語が
どういうイメージ言語を
潜在意識=運ぶ想念に連想させるか

そういう大まかなデータです

藤原の系譜はそう言うデータを
事細かに1000年以上かけて蓄積して
血にしみこませてるんですよ 」



(・・;)・





ぶっちゃけって言えば

季語と暦の組み合わせ
且つ意味が分かりやすく

藤原の歌文の技法はそれを
機械的にデータであてはめてるんですよ 



感性があれば
データ無くても
すぐにできるんですけどね 


感性が無い人が 
付け焼刃でマネすると
逆作用しちゃいますから
ご注意くださいね 」


(・・;)・




こくまちゃんや 
くまくまも歌文が得意ですけどね

三羽がらすというだけあって
えんせんせいも
たまには歌文を読んでみたいと想います

よろしいいでしょうか? 」




(・・;)




「 若草山で会いましょう 」


これが歌文です
お暇な方は意味を解読してくださいね


この歌を読んだのは
12月12日ですよ 」 


(えんせんせいのことば)










はじまりのスペースシャトル ここは沖縄じゃないよ








さて2013年12月13日の朝
こんなあめを見ました




あめでMAHAOはアパートの中にいました
台所にくまちゃんがいて




くまちゃんに
「 ねこの薬はどこ? 」
そんな感じの事を聞かれました
( ― ―)ノ (・・;)


そういえばねこの薬はどこだっけ?
車の中じゃないかな?
(・・;)?



そんな感じの事をくまちゃんに伝えると


何で車の中に置きっぱなしにするの? 」

そんな感じでくまちゃんにむっすりとした口調で言われました
( ▽▽)ノシ)) (・・;)・・



仕方ないのでアパートの階段を下りて
車に置いてあった
ねこの薬をとりにいく事にしました
(・・;)))))カンカンカン 



アパートの階段を降りて
外に出ると
ものすごい風が吹いていました 


ぶびゅうおおおおおおおおおおおお
ごごごごおおおおおおおおおおおおおびゅおおおおおおぶおおおおおおお


外はこのような風音が聞こえるような嵐で

空の色は濃い紫の闇色のような感じ
風で看板や 色んなものが飛ばされて
電燈も切れ切れになってたりして 
近所の人たちが数人以上外に出て
心配そうに空を見あげている様子でした


MAHAOも上空を見ました

すると空の上空 薄雲の切れ目に
うっすらと大きなジャンボジェットのような飛行機
風に飛ばされてくるくると操縦不能になってる感じがしました


あの飛行機あんな飛び方するの?
風で飛ばされてるの?
ひょっとするとあのままだと墜落するんじゃ?
そんな感じの事を想ったのですが 
(・・;)



しばらく空を見てると
ジャンボジェットと想っていたおおきな飛行体は
なんと!米国のスペースシャトルで
\(・・;)/!



しかもスペースシャトルは
風に巻き込まれた落ち葉のように
風にもみ飛ばされながら 
アパートの上空を
ぐるんぐるんぐるううううううんっと旋回しはじめたのです
(・・;)!



その様子に
近くの長屋のおばあさんは
大パニックになっているようでした
おばあさんは顔をくしゃくしゃに泣き腫らしながら
MAHAOに

「 こんな事今までなかったのよおおおおおおおお!! 」

と大絶叫 発狂してる感じでした




MAHAOは
アパートの上空をぐるぐる旋回するスペースシャトルを見て
これはこの近くに墜落するなあ

でもこの展開だと
このアパートには墜落しないみたい
どうか遠くの方に墜落してくれますように
(・・;)


そんな感じの事をのんきに想っていました


するとスペースシャトルが
アパートの上空を大きく間近で接近したかと想うと

斜め上空をかすめ
大きく旋回した後 
アパートのちょうど左斜め前に建っていた
シーサーがたくさん置いてある家に突撃し
そのままドカーーーーンと大爆発大炎上したのです
ドカーーーン))))) (・・;)。 




スペースシャトルはいっぺんに吹き飛び
燃料が飛び散ったのか
目の前の家だけでなく
道路 空き地も炎に包まれていました


アパートのすぐ斜め前に墜落したのですが

MAHAOは火事を見ながらも
 
アパートは大丈夫かな?
ねこたち大丈夫かなー?

でも
すぐに消防車が来るよね・・
(・・;)

そんな感じの事をのんきに想っていました


でも
アパートは大丈夫そうでも
火が駐車場のすぐ隣の空き地に燃え広がっていました 
車に火がちりちりと接してくる感じもしました 


このまま駐車場に置いとくと
風向き次第では
ひょっとすると車が焼けちゃうかも

そう想ったMAHAOは 
(・・;) 


心配そうに呆然と見ている
見物人をかき分けながら
ひとり車をバックでオーライオーライオーライと移動しました
(((((・・;)ノシ



車を安全な場所に移動しながら


そうか! 
ひょっとすると 
ちょうどねこの薬をとりに来たのは
運が良かったのかもしれない
(・・;)!



とのんきに考えていたところで
風が窓ガラスをたたく音で
目が覚めました
○o。.(・・;)パチクリ 


目が覚めた後
スペースシャトルが
風に舞うようにぐおんぐおん旋回し錐もみになっていく様はとても臨場感があったなあ
と想いました


そして想ったのは
スペースシャトルが落ちる時に
絶叫して泣いていた長屋のおばあさん




見たことのない顔で
でも顔見知りのように
大パニックになりながら話しかけてきたのが妙に気になりました
(・・;)




まあそんな感じのとても不思議なあめなのですが



おそらく
本物のスペースシャトルが
MAHAOのアパートの近くに落ちたりはしないと想うのですが
(・・;)




おそらく
何かのエネルギー緩衝
米国にまつわる機械的なエネルギーか想念が
この木更津に降ってきたのかなあ?
とも想いました
(・・;)




PC140029_R.jpg





えんせんせいはスカイツリーの電磁波が
体調にとても悪いという噂を聞きました

鳥さん達の間で噂でしたよ

鳥さんって
体調敏感ですからね 


人間にも影響が出てるって言ってました

鼻水ぐしゅぐしゅが止まらなくなるとか
頭が痛くなるとか 身体がしびれるとか

そう言ってる鳥さんが多かったんです
 」


(・・;)・






紅い電池は症状はあそこまででてない

スカイツリーはヤバいって

半径10キロでもくらくらする
あれは殺人兵器

東京から人がいなくなるかもしれない 」

鳥さんの中には
そんなことを言ってる鳥さんもいました

あれは何の電波なんでしょう? 」(えんせんせいの言葉)







P9060038_R.jpg







NASAが解散する 」 




NASAが解散する?
(・・;)?





あめで落ちたからだ 」



(・・;)・





アメリカの終わりのしるしじゃないか?
他に何があるのか? 」



(・・;)・・





「 
スペースシャトルと言えば宇宙エネルギー

アメリカと宇宙をつなぐエネルギーコード

そのコードが木更津に降ってきて 
たくさんのシーサー達を燃やした 」



(・・;)・





ねこたちは言っている


最近何かのエネルギーが
木更津の空から
降ってきている と

」(くまくまの言葉)












プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
93位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク