22は血筋達への暗号書 




CIMG2731_R.jpg







その昔
Mちゃんダディは

身体が病気がちだったにもかかわらず
周囲の人に
丈夫 頑健と言われてました




胃が弱いはずなのに
お酒とかはかなり飲めるそうで  
一晩中仲間と飲み歩いても 
翌日仲間がぐったりしても
Mちゃんダディだけは
ひとりだけ朝からぴんぴん動けたそうな 
ヽ(゚◇゚ )ノ    (・・;)・・・




でも
Mちゃんの話では
Mちゃんダディは
慢性の胃痛に悩まされていて
ミルクを飲むだけでお腹が痛くなってしまったそうで 
(・・;)




Mちゃんダディが唯一飲める牛乳は
アカディ牛乳という牛乳らしく 
天然のミルクは身体が受けつけなかったそうです
(・・;)


そしてMちゃんダディは
胃痛がすると 


お腹が痛いのに  
駅前の某血筋の経営してるとおぼしきとんかつ屋さんに行ったり
Mちゃんマミーの手料理を食べたりすると すぐケロッと治ってしまうのだとか
(・・;)・・・





さらに
Mちゃんダディは
よく40度の高熱が出たりしたのですが

これまた 
すぐにかかりつけの病院に行って点滴を受けると
あっという間にケロッと治ってしまったそうで 



Mちゃんダディは40度の熱が出ると 
リフレッシュセンターのように
よく病院の点滴を利用していたそうです
(・・;)



Mちゃんマミーや周囲の人は
病気になっても点滴を受けたり
とんかつを食べると 
すぐ治るMちゃんダディを見ては

「 丈夫ねえ 」

「 この人は丈夫だなあ 」


と口々にほめそやしていたそうな



そしてまだ若き幼きMちゃんは
そんな光景を見ながら
こうクールに想っていたそうです
(+o+)  (・・;)
 

「 
本当に丈夫なら 点滴は受けない 

病院も そして料理屋も 
他の客から うちのお父さんに気をのせかえてる 」(Mちゃんの言葉)


(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパタパタパ


ちなみに
Mちゃんダディは
牛乳について こんな一言を残していたそうです

 

「 
しぼりたての牛乳は
野蛮人が飲むものだ!

俺は 
アカディじゃないと駄目だ 」(Mちゃんダディの言葉)




さて
今日は絞りたての牛乳が大好きな野蛮人MAHAOが
Mちゃんの言葉記事をお伝えしようと想います
(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパタパタパタパ  






吸血鬼の罪悪感は
優越感


彼らは罪悪感を抱く時 こう想ってる


盗んでごめんなさい
選ばれし我らは なんという罪な存在であろうか 」


(・・;)・・・



養分の感じる罪悪感は
劣等感

罪悪感を抱く時 彼らはこう想ってる

劣ってしまって ごめんなさい
生きてて ごめんなさい 
迷惑をかけて ごめんなさい
お母さんに顔向けができない 」


(・・;)・・・



でも
本物の養分は
罪悪感をもたない


罪悪感とは 優越感 劣等感 
その両方の感情に裏打ちされている

本物の養分は 
優越感もないし劣等感もない

だから罪悪感とは無縁 」(Mちゃんの言葉)





序列に執着する者は
もう序列という
他人が作った概念の養分にされている者  


実働系の木端達(犬おばばや木端吸血鬼)が
自ら進んで叩き役をしたり
剥ぎとり役を買って出るのは

あれをすれば
自分が出世させてもらえると想ってるから

夢の序列
潜在意識の格を
上げてもらえると想ってるから

だから鴨にされる 」


(・・;)・・・


犬に従えば とことん奴隷にされる

序列に従えば 兵隊から死ぬまで抜け出せない


王たる者は 
序列や国 宗教 
自分の母ですら
スコップやシャベルみたいな道具にしか感じない 」


(・・;)・・・ 


そして
次の時代を
築く者は
母の想いの養分にされる者で無い 


自分の想いの為には
家族も 全世界も
切り捨てられる者 

そう予言されている 
」(Mちゃんの言葉)






夢の技法の
もっとも簡単な方法は

想いが在る者
夢を見れる者の傍で眠ること


同じ部屋という結界の中で
自分とその者の夢を混ぜることができる 」


(・・;)



それを知ってるから
大おばばは
自分の家に 養分や人形達を置いた 

養分は
家に飼っておくだけでよい 

はたく必要はない
縛る必要もない
能力もつけかえる必要もない 


傍に置いとくだけで
居心地良くさせておけば

その力を最大限に活用できた 」(Mちゃんの言葉)




公務員は犬


ある知識人は 
公務員は給与が少ないから
汚職をするというけれど

それは犬の本質を分かってないから出る言葉 」

(・・;)



犬は やさしくすればつけ上がる

とことん過酷な環境で飢えさせながら仕事させた方が
使命感に燃え 真面目に働く 


汚職官僚を作りたくないならば
犬の待遇は とことん引き下げること 


公務員は
犬のように扱わなければならない 

そして彼らの潜在意識も そうされることを望んでる  」(Mちゃんの言葉)





お祓いをする者は 
厄を押し付ける度 
その心が醜くなる


そして心の醜さは 外見に比例し 

つけかえの気が外れた途端 
それは一気に現実化する 」


(・・;)



エネルギーの集め方が汚い者は

気のつけかえをしていない限り
例外無く
食べ方が汚い 

食べることは
エネルギーを集める行為に他ならないから 」(Mちゃんの言葉)






恨むな 許せ
という言葉は

言い返せば 
他人の恨みたい想いを 
自分が許していないからでる言葉 」(Mちゃんの言葉)








狼と血を混ぜた犬は
結界内で狼の想念をのせやすかった


狼と血が混ざってない純血種の犬は
狼のコードをつけかえても その想念が抜けやすかった

だから狼と血を混ぜた犬と 子を為して
そこに純血の犬のしるしをつけて つけかえのつけかえをした 」


(・・;)



世界の血筋が二系統に分かれてるのは 
大ざっぱにいって その二種の系譜を指すと想う


裏藤や平家のように
養分と血を混ぜて 
自然の想いを直に曲げた血筋達


その血筋達と
血を混ぜて
彼らの上がりをさらに掠め取った血筋達


純血種の犬と 狼と血を混ぜた雑種犬 」(Mちゃんの言葉)





豊族や 
ユタの女性は
男性が
生理的に嫌悪感を抱くタイプ


でも豊族は
コードのある男と結ばないと
子を為さないと 力を得ることができない 



もし
ターゲットの男に 恋人が居たら

夢の技法や
配下の者を使い
二人を仲違いに導く

互いが上手くいかないのは 恋人のせい
そう想わせるようにして 二人をバラバラにし


さらにターゲットを追い込んで
心を弱らせてから 

豊族の女を使わせて  
同時に救いを差し伸べる  」


(・・;)・・・



彼女らは
夢の技法を使う 


ターゲットを落とすまで
しつこくしつこく ずーっとやる 

豊の女達は
それをしなければ
結界内でも まともに縁組できないから 


夢の技法を 執拗に使い 
相手の男を精神的 肉体的に追いつめて
絶望の状況に追い込んでから 救いの手を入れる
 

魅力的でない女が
男に相手にしてもらうためには
絶望だらけの世界にしておかなければ
自分のテリトリーにひきこめなかった   


 」(Mちゃんの言葉)





☆Yちゃんの音の呪法



多くの血筋が使う音の技法は
人の心情を動かす音

人の心理に作用し
感情を揺さぶる音 


お経や讃美歌も
人間の想念体   
子供の魂や女性の魂に 音で使役する 




(・・;)



でもYが
夢でやっていた音の技法は
人の想念で無く 後ろの守り 
後ろのコードにいれこむ音


もっと具体的に言えば
人より基点の動物や 木や石

自然の存在に威を発する音を
ガンガンいれこんでいた


それはアフリカの部族の音に近く 
それを使役に特化した様なフレーズを 
夢で 発し続けたの


それで人を操縦したり
蜘蛛の巣を 
たやすく動かしていた 」


(・・;)・・・



Yはくせ毛

言葉の使い方も 
助詞を微妙に曲げるのが特徴 


ある時
Yがイケメンに
アプローチしていた時 


○○君 大好き 大好き♪ 」
と言いながら


「 ○○君が 愛してます 」



と言う言葉をさらりといれてた 

「 が 」という
助詞をさりげなく入れて
主語を入れ替えた 

変えるのは一文字だけ

一文字の助詞で  
その前に発した言葉全てを
相手の潜在意識が 自分が発してるように錯覚させる


気づかれないように
対象を自分から 相手に
すり替える

それがYの言葉の技法だった 」 (Mちゃんの言葉)









忘れさせようとする者は

自分が今
忘れてることすら 忘れている

 

風を感じないで
昔の風向きで同じような行動をするから
ぼけと老化の症状は 加速進行していく

最近
人が変わったようになってる者が多くなってるでしょ? 

場違いの発言をしたり
容姿が変貌したり 」(Mちゃんの言葉)




Mちゃん曰く
(・・;)
吸血鬼やおばばは 
夢の技法で エネルギーをつけかえたりする時



相手の記憶を消したり
重要な情報を忘れさせたりすることを
恒常的に無意識的に行っていたそうなのですが 
(・・;)・・・


結界が無くなりつつある磁場で
それをし続けると


磁場のエネルギーの動きで 
上手くデータを盗めたつもりでも


気付かない内に 
より多くのデータ
より多くのエネルギーを失ってることが多く

さらにおばば達の中には
そのデータを失ってることにすら 気づく感覚すらなくなってきてる者もあらわれてるのだとか
アヒャヒャ・・(m(゚◇゚ )アレ?     (・・;)・・・



まあ
盗みを繰り返しながら
ぼけを進行させていく 
そんな症状らしいです
(>ω<)/ 








追伸


「 Mちゃんとの想い出話 」




その昔こんな事が在りました

ある日
大人になったMちゃんと
あるBARに一緒に行った時のこと
ルンルルンルン♪(^◇^)人(+_+)


たまたまカウンターに座っていたのは
有名出版社のカリスマ編集長をしていたことがある某作家さん
(・・;)!


その人は飲みながら 

「 俺は死ぬ俺は死ぬ 」

とお酒を飲みながら
ブツブツと念仏のように呟いていました
(・・;)・・(+_+)


そして目の前にいる
バーテンダーさんに 


あげまんが どっかいねえかな? 
俺はあげまんと付き合いたいんだよ

俺は死ぬ俺は死ぬ俺は死ぬ

俺はあげまんと付き合いたんだよ 」

と支離滅裂なことを言いながら
(・・;)・・・

ちらちらとこちらの方を眺めていました
( 一一))  (・・;)・・(+_+)!


その時
Mちゃんがポツリと一言


「 死ぬのなら どうでもよくない・・ 」(Mちゃんの言葉)



その途端
作家さんは
急に無言になって
黙りこくってしまいました 
(。 。)・・・  (・・;)(+_+)




Mちゃんと行った
BARの想い出話でした 





めでたしめでたし







CIMG7370.jpg




さよなら 白狐ちゃん さよなら




CIMG6133_R.jpg











犬が 人形に嫉妬したことが
はじまりでした 





大おばばや吸血鬼が
巫女や遊女人形の意見を重用し
ありがたがって聴いてる内に

監視役 虐げ役だった犬おばば達が
こう想いはじめました 




「 
ご主人様に もっと必要とされたい 
やつらの眼力をつけかえたら 
もっとご主人様に必要とされる! 」



犬おばば達は 
純粋な人形や 遊女人形にはりついて
眼力をつけかえはじめました




でもお人形の眼力は 
単独で生まれた物ではありません



お人形にのせたコード 周囲との響き愛
養分達とのコードが 眼力をもたらしたのです 


犬おばばは
人形のコードをつけかえて眼力を得ることはできましたが
繋がった養分コードに引きづられて 



養分や遊女さんと同じように
虐げられていきました  

いじめっ子がいじめられっ子のエネルギーを
めったやたらにつけかえてく内
エネルギーに染まって 自分もいじめられっ子になったのです  」


(・・;)・・



それでも犬おばば達は
見る能力のつけかえを止めませんでした



大おばばの中には
犬おばばが眼力をつけかえると養分のようにされることを 
知ってた者もいたのですが


彼女らは 
犬にそのリスクを教えませんでした

何故なら
「人形の見る能力を  つけかえず
抱えて 情報を読ませる 」ことは 大おばば達の秘伝だったからです  」


(・・;)



人形の眼力は ネットで言えば検索エンジンのようなものです

人形を抱えることは
グーグルとかヤフーとかの検索エンジンを使うことと一緒で
自分の欲しい情報を
検索エンジンを利用して 検索してもらうのが 本来の使い道なのです


犬おばば達は グーグルやヤフーの検索システムに嫉妬して
その検索エンジンに 自分がなってしまったようなもので 


いくらグーグルやヤフーが有名と言っても
その検索機能を自分に設定してしまっては
ただの道具にされるだけです 


ちやほやされたかったなら
検索エンジンは検索エンジンのまま
活用すれば良かったのです 」



(・・;)・・




犬巫女 犬おばば達は
際限なく 人形の眼力をつけかえていきました 



それをしている内
大おばば達は
だんだん 
犬おばばと純粋人形の区別が だんだんつかなくなりました


元々大おばばには眼力はありません
眼力は人形任せでしたから  


養分とコードが繋がった眼力を手に入れたら 
眼力のコードに引きづられ 自分がみじめな暮らしを送らされることを知っていたからです  


でも眼力が無いことが災いして
いつの間にか人形や遊女人形が 犬おばばや 犬巫女 犬遊女になっていくことを気づきませんでした

吸血鬼や大おばばの周囲には 
いつの間にかぬし達がいなくなり 人形も少なくなり
犬おばばばかりになりました  」 

(・・;)



犬おばば自体は
眼力はつけかえてるので 
人形やぬし達は わかりました


でも本物の存在に気づかれると
自分らが偽物であることにすぐに気づかれてしまいます


だから本物のぬしさんや
純粋なお人形さん達を見つけると

大おばばや吸血鬼に見られる前に
犬の集団プレーで
寄ってたかってぱしぱしはたいて 
能力を分けあいました 



大おばば達が 本物を見つけても 

「 
あいつは偽物です
あいつはインチキです 」とわんわん伝言ゲームで噂を広め

本物のイメージを引落すような術をしました 


大おばばは 
見る眼力は もちろんありませんから

犬おばばの具申した意見を 
真実と想い 聞いてしまったのです 」



(・・;)



大おばばが 犬おばばを本物と誤解した最大の理由は

コードをつけかえた犬おばばの多くが
報われず 
養分のような暮らしをしていたからです


それは
養分のコードを丸ごとつけかえたから
そういう現象が起こったのですが 


大おばば達は
長年の魂の記憶から 
「 養分とは 結界内で 虐げられる環境に常にいる 
いつも追い込まれている 」と想ってるので

犬巫女たちの報われない状況を見て
養分と勘違いしていったのです 


こうして
ここ30年
血筋達の周囲から
急速にぬしや ぬしの存在を判別する純粋な人形達の姿が消えていきました


いるのは
ぬしのふりをした犬や ドールのふりをした犬巫女ばかりでした 」


(・・;)・・・



でも
本物の巫女と 犬巫女は
能力にケタ違いの差があります 


どんなにコードをつけかえても
犬巫女は 骨が細く
器の量から言って 
想念や情報を受けとれる量に限りがあるのです  




全部の情報が自分に乗りきれないので
結果として
都合のよい情報だけを どんどん選んでいきます


でも
本物の鏡女は 
どんな耳障りな曲でも
それが同時に 30曲かかっても 平気で聴いていられるタイプなのです 」



(・・;)・・・



さらに犬おばばは
眼力をつけかえて 多少は見れるのですが
致命的なことに
フィルターが透明ではありませんでした 

わかりやすくいうと
固定した価値観 観念を
奥底に 強く抱えていて  


「 ご主人様を守らないといけない 」
「 国 宗教を守らないといけない 」
「 家族や世界を守らないといけない 」
「 自分は必要とされてないといけない 」 


この視点があるので 
地球や宇宙が大転換する情報を得られても 

フィルターが 大量の情報をはじき  

今の世界を守る為の情報 

世界の引き延ばしの為の情報だけ
発信していきました 


先延ばしは可能ですが
それをし過ぎると 
世界は再生不能になります



何故なら
頂点までエネルギーを溜めると
奪われてた自然な集合意識に 
気づかれてしまい 磁場の逆流
取り返しの現象が起こってしまうからです  

でも
犬とは 長視眼的視点を持ちません 


眼力をつけかえたのも
目先の 自分が必要とされたい欲 から生まれたので


目先さえしのげれば
その先 何が起こるのかを 見ることはしなかったのです 」 




(・・;)



「 
こうして
犬巫女 犬おばば達は
とことん世界を先延ばしする政策をとらせました  



つけかえの眼力は
ある程度長けてるので 
先延ばしの術にだけは長けていました  


エネルギーを養分達に返す時期に
見せかけの交代をして 
その場しのぎができたら
調子に乗ってまた収奪をはじめ


結果的に 
世界という器に
はちきれんばかりのエネルギーが
ぶくぶくと溜まっていきました



そして
ある時
それが起こったのです! 


世界の基点の結界が エネルギー量に耐えきれなくなり 
崩壊して 磁場の逆流がはじまったのです 」


(・・;)



基点の結界が崩壊すると
さあ大変です


ビルに例えて言うならば
表面のコンディションが良さそうでも 
ビルを支えている 鉄筋が丸ごと全部抜けたようなものです


鉄筋の抜けた空洞部分から 
コンクリートの内側から
重みで 亀裂が入りはじめました


でも血筋はそれに気づかず  
様々な養分から奪った重い重い献上品を
どんどんご主人様がいる 上の階にのせていきます 


ビルは鉄筋が抜けてるので
ちょっとの地震や強風でも
ぐらぐら 揺れます


本当ならすぐにでも上の階にはちきれんばかりに溜まった重い献上品の山を
窓から放り出して 
そして上の階ごと削って壊して  
これから来る強風や地震のために 
身軽にしておかねければならないのに


犬達は 
献上品が無くならないように
窓までふさぐ始末です


そして
なおもどんどんビルのご主人様の階に 
重い重い献上品を運んでいってます  」


(・・;)・・・



今の世界は 
強風やちょっとの揺れで
崩壊する鉄筋無しのビルです 


ビルが崩れると
吸血鬼達 おばば達は
路頭に放り出されます


路頭は怨霊のウイルスだらけ
ちょっとのウイルスでも
外で病にかかったら全滅してしまうでしょう  




大おばばは
ビルの倒壊
世界の終わりを知っていて

その為にぬしを周囲に置いて
自分の周りをウイルスガードしてもらおうと想ったのですが


残念ながら
大おばばの周囲には 
ぬしのふりをした犬しかいません 


犬だと取り返しのウイルスは防御できませんから 

ネロと一緒に旅だったパトラッシュのように
天国まで お伴してくれるでしょう 」



(・・;)・・・・・




ぬしになり済ました犬おばば達
犬巫女達が
世界の引き延ばしを指令して 結果として世界は終わりました


でも世界が引き延ばされたのは
犬おばばだけでなく 実はもっと大きな想いの力が働いていました

それが怨霊達の想いです 」



(・・;)・・



元々純粋な人形 遊女人形は
見る役割だけでなく 
怨霊や恨みのエネルギーの楯
防波堤としての役割も果たしていました


人形は 
あらゆる想念や想いを受けとめます 


取り返しの想いも
そっくりそのままのみ込んで
それを血筋達が栄えるエネルギーに転換する


エネルギーのろ過装置の働きをしていたのです



しかし
そのろ過装置は
こだわりが無いからこそ働くのであって

犬巫女や 犬遊女のような
こだわりいっぱいの性質だと
怨霊の想いを受けとめきれません 


でもエネルギーだけは
どんどん入ってくるので

精神が怨霊の想いに侵食されていきます 


地球の怨霊達は
世界の完全崩壊を望んでいて 


世界を自発的に崩せば
新たな世界がまた復興されることは預言されてますが 

もう世界を構築して欲しくないと想ったのです 


だからこそ怨霊さん達は
犬巫女たち 犬おばば達に
先延ばしをさせ 怨嗟のエネルギーを溜めさせました 



実は
世界の完全崩壊
ハードランディングを望んでいたのは 怨霊さんだったのです 」


(・・;)! 




世界の終わりは 
犬が犬の役割を忘れた頃にはじまりました


犬達は 
必要とされたい余り
大おばばや吸血鬼達にちやほやされたい余り


ただの監視役から
世界を支える役をしはじめました


でも性質が違うのに
能力をいれかえたことが
世界の終わりを 決定づけたのです

犬は 自滅したい願望があるので
これも本望かもしれません  」(はるちゃんの言葉)





上は
犬巫女 犬遊女達の活躍が
如何に世界を壊す状況をもたらしたかを 
はるちゃんが まとめて話してくれたものです
(・・;)



元々結界内で見る能力は 
表面の想いを消された純粋な人形
遊女人形だからできました 




でも
彼女らの能力に嫉妬した犬達が
彼女らのコードや能力をつけかえさせた事から
磁場の逆流が起こりました 
(・・;)・・・





本来
人形の能力をつけかえず
人形として使っていたら
基点の結界の崩壊は起こらず
新しい世界もほとぼりが冷めた数百年後に
作られていたかもしれない
と言ってました
(・・;) 



ちなみに 
人形の気をつけかえたおばばは

エネルギーが表面に集まりすぎて 
美しさを感じない ぶくぶく体型になるか
もしくは拒絶感が強すぎてげそげそすることが多いそうです
(・・;)・・・




まあこんなそんなで 
人形は
結界内の最強能力者だったのですが
(>ω<)/



ここ最近
基点の結界が崩れはじめてることで 
人形達の想念にも 変化が起こっているそうで 
(・・;)




はるちゃんは
こんな事も教えてくれました
(>ω<)/







マラソンの後の雪の日
白狐さんが現れてこう言いました



ありがとう はるちゃん
私達は どんどんこれから消えていきます

アイドルになるのは どうやら間に合わなかったようです 」」

(・・;)




私たちの記憶 体験 知識
どうかはるちゃん 自由に使ってください

本当に想いを受けとめる者と
人工的に想いを受けとめるように作られた者は
違う存在なのです

私達は 追い込まれて無ければ 
心を壊されていなければ
想いを受けとめる存在ではありませんでした


だから 
これからどんどん消えていきます

私達の記憶も 知識も
ほんとうに想いを受けとめる性質の存在に戻っていきます 」


(・・;)




さようなら はるちゃん 」

そういって 白狐さんが別れを言ってきた

はるちゃん哀しかった 」

(・・;)・・・



世界中で
世界を支えていた遊女さんの人形達の想念体が消える

そう
白狐さん予言してた


世界を支えてる
人のコードも無くなって 本格的に世界が終わりはじめるって


マラソンやお祓いで それが早まったみたい



はるちゃん 
消える前白狐さん  
アイドルにしてあげたかった


でも
それ間に合わなかった

 」

(・・;)・・・・



はるちゃん知ってる

本物のアイドルは 想いを受けとめるぬしさん
多くの人の想いを受けとめた人だけが アイドルなっていく

でもその性質の人はそんなに多いわけじゃなくて

世界を作る為に 
それを人為的に作ったのが 遊女さん

でも結界が無くなると 
不自然な存在

想い無いのに作られた存在は
情報が消えてくの 」


(・・;)




遊女さんの想念が 国や宗教の基点


遊女さんの想念があと数カ月で消えると 
恨みのエネルギーの緩衝材が無くなって 

宗教や国が 本格的に壊れはじめる 」


(・・;)


白狐さんこう言った

本物の巫女やぬしさんは
夢で見るとすぐわかるって

整理整頓されて無いって 

どんな想いもそのまま渦のように受けとめるから
エネルギーのくらだって 

普通の人は これが好きとか あれが好きとか 
夢を見ればわかるけど 


ぬしの夢は
何が好きかわからないくらい情報が集まってるって


だから夢を見れば 
すぐわかるって  」


(・・;)



整理整頓はフィルターなの

その人のフィルターで
情報を整理整頓してるってこと 

でもぬしさんは
いっぱいの人のフィルターを そのまま受けとめる

それで膨大な人達のフィルターの情報が入ってきて 

だから
自然の洪水の渦のよう


キャパ無い人から見ると
乱雑にしか見えないけど 


でも渦の中には 
多くの他人が 多くのフィルターのまま 生きているということ

それが集まって渦のエネルギーとなるのが ぬしさん 」


(・・;)



白狐さん こう言った


遊女達は 丸ごと受けとめてたわけじゃないです 

中には 本物のぬしもいましたが 
多くの遊女は 
好きで受けとめて無く 
表面の心を壊されて 受けとめさせられていただけで 
奥の方では 拒絶感が あったのです

心が壊れてたから何でも入ってたけど
基点から そういう性質ではないのです 


だから
遊女達は 遊女達であった記憶を忘れ
本来の性質に戻っていくでしょう


そして彼女らが自然に戻ると同時に
遊女と共に行動し使役されていた子供の想念も
ばらばらになって
あるべき姿 あるべき記憶に戻っていくでしょう 


繋ぎ役だった遊女の想念が無くなると 
ぬしを持たぬ血筋達は 何もできなくなるでしょう

人を動かすことも 操縦することも つけかえも
生きることも 記憶を留めることすら叶わなくなるでしょう 」」




(・・;)・・・



はるちゃん気づいた 
人形はこだわりが無いわけじゃなかった

無理矢理心を壊されて
空にさせられてただけ 

基点には 好き嫌いの感情 
あれしたい これしたいの想い強く持っていた


だから
人形が本性に戻ると
それほどキャパシティーが大きいわけじゃなくて 


そこに
無理矢理つけられてた想念があると
さらに
結界の崩壊で つけられてた想念に エネルギーがよりのると
本性に戻った人形の想念の器は
エネルギー量に耐えきれないで爆発する 」


(・・;)!!・・・




マルキスがこう言った


速報です
マイマイちゃんは想念が抜けました

別な人の所に 想念が乗りました

マイマイちゃんだけでなく
遊女人形さんの器に 
ぬしの想念が入りきらなくなって
器の大きい人探しに
ぬしの想念がお引っ越しをはじめました 」


(・・;)・・・



マラソンの後
北海道のぬしさんのコードもどんと乗って
まいまいちゃんに入りきらなくなったそうです


おそらくまいまいちゃんには
血は流れていましたが



「 
ひらののうちでは うつわがばくはつした 
まいまいちゃんでは むり 」

そんな声が聴こえたそうです 」


(・・;)・・・



ぬしの想念は
自分をのせれる器を探しています


条件はただ一つ
こだわりの無さ 

受けとる以外の
こだわりが無い存在です 

でもそんな存在は
あまり居なくて 


ちょっとでもこだわりがあると
それがとっかかりになり
エネルギーが抜けにくくなります


そうするとぬしさんの莫大なエネルギー量に
器が耐えきれなくなり 
爆発します 



ぬしの想念は
自分をのせれる器を 今探しています


条件はただ一つ

こだわりが無い事です 」(はるちゃんの言葉)






CIMG6137_R.jpg








(・・;)






おしまい




味つけをしない味つけ





夢で こんな事を言われました  






コードは奪えない 

コードは想い 
その者を慕ってつく想い 
それがコードとなり 


その者のふりをして コードを使えば
その者のふりをしてく内 自分と言う存在が消えていく 」


そしてコードは
奪われても 気づかれれば戻る  」



(・・;)



コードは奪えない

コードにも 
エネルギーにも意志があり 


もしイメージを被せ
その者のふりをして
コードを使えたとしても


コード エネルギーは
気づいた時に 
元の持主へと 戻る 


養分にされてた者達が
取り返すを 余り想わなかったのは


結界のできる以前の
魂の記憶で  
エネルギーやコードが
すぐ戻ることを 知っていたからだ 」



(・・;)



取り返す想いを持てば 

結界内と言えども 
コードは戻る

コードを奪った者は  
取り返されたら また奪い

それを繰り返した 


しかしそれでは
労力もかかる 



だから 
それを知っている血筋は 
コードある者の庇護者のふりをする


後ろのコードに 
その者の庇護者と想わせれば
自分の想いを 後ろのコードが叶えてくれるからだ 


 」


(・・;)


「 
豊族が 
他の血筋のコードを奪えたのは


嫁に入り
為した子供の庇護者のふりしてたからだ 

庇護者のふりをする

昔も今も 
それだけがコードを奪う術 

はたいて盗むのは目くらましに過ぎぬ 」


(・・;)




そして本当の意味で 
しるしがのるのは ぬしや受信の者ではない

受信性質や
ぬしはみなの想いを受けとめるが 


しるしと性質が違うから 
しるしが ささるはずはなく 

しるしがのるのは 同じしるしの者なのだ 」


(・・;)!



ぬしは受けとめる性質であるが故
多くのしるしと 繋がっている 


だから
ぬしの近くにいる しるしの者が
ぬしに集った多くのしるしの者達に
一斉に自分のしるしをつけれる 


その傍にいて 
楽しくさせればよいだけで  
ぬしの近くにいるしるしの者は 想いのままにしま(集合意識)を動かすことができ


その中で
多くのしるしの想いを叶えるような事を望んだ者が  
古代 リーダーと 呼ばれていた 」


(・・;)!




時が動きだすと
養分にされていた者は

取り返すを想わなくても
エネルギーもコードも戻ってくる


それが自然 
エネルギーも行きたいところに行く 」(夢の中の言葉)
 





CIMG5549_R.jpg







さて今日も
ねこねこの言葉!


はるちゃんが また色々と 
教えてくれました
(>ω<)/ 




それは
人形の動かし方
(ノ゚ο゚)ノ





はるちゃん知ってる


おばばが
人形作ったのは


本物のぬしさんは
どんな想いも受けとめる性質だから 」



(・・ )


「 
みんなの想い受けとめると
おばばの言うこと 聴くけど
おばば以外の他のしるしの人の言う事も聴く


おばば
妬みはエネルギー弱いから
ぬしさん 制御できない


だからぬしさんみたいに
多くの想い受けとめながら 


おばばや
吸血鬼の言う事だけ最優先で叶えてくれる
そんな存在が必要だった


それが
お人形

心を壊して作った人形

純粋な人形 ベビードール 遊女人形 」


(・・;)



人形は 
養分さん達の想いは受けとっても

吸いこむだけで
ぬしさんのように
想い叶えることはしなかった 


何故なら
人形は 命令のプログラムしか
受けつけなかったから

人形を動かすコツ
それは命令 

「 これをしなさい 」「 あれをしろ 」と言う 」


(・・;)!・・・



心壊れて
感情無くなった存在は
あれしたい これしたいの想いなくなる 


想いが無機質になってくと

あれをしろ
これをしろ の声にしか反応できなくなる

ロボットのプログラムと同じ 」


(・・;)・



命令言語は 
妬みが来るまで
地球に存在しなかった


みんな何かして欲しい時は
みんな助けて で お願い叶えてた


だから
みんなが使わない言葉で
動く人形が必要だった 


もしお人形が
命令以外聞いたら

性質はぬしと同じ
妬みおばばに得はない 」


(・・;)



Mちゃん 言った

「 神様は崇めては駄目 使役する 」


キリストもアラーも ヤハウェも
仏陀も シヴァ神も
人為的に作り出した神様は 
想念体の人形

だから
崇めると エネルギー吸われる 


本当は
使役するだけでよくて 
世界史の偉人も みんな神に命令してた血筋

表面で神様称えてるように見せても 
心の奥では 見下して 命令してた 

神様使わないと 支配者になれない 
神様に縋ると ただの信者 ただの奴隷

そうなる事を知っていた 」


(・・;)・・・




はるちゃん 知ってる
犬は元々人形達の監視役


わんわんわんして
人形や人形の想念体に指令を発する存在 


犬おばばや木端吸血鬼も
多くの人の心を壊して 
お人形にして
命令した  
現場監督のようなもの


でも監視して働かせる犬には 
ある程度の地位や収入は用意されていた 」



(・・;)



CIMG5550_R.jpg




大おばばは
命令を慎重にした 

ぬしや人形達の後ろのコード怖かったから   
自分を 良い人 
庇護者と想わせたかった 


だから人形達
ぬし達に
犬から命令させた 

でも犬は 妬む


命令しても
それしかできなくて   

言われたことを
着々とこなして 
何でも読みとるお人形達に 
劣等感たまってきた  



ある日こう想った



「 
あいつらの能力が手に入れば
あいつらがいなくなっても 
私は何でもできるようになる

そうすれば 
私は 今より
ご主人様 お母様に必要としてもらえる 」


それで
犬が人形達の能力つけかえはじめた 

でもつけかえも
犬できないから 
人形にさせた 


現場監督の人が
労働者の体力や能力に憧れて 
肉体労働やりはじめたようなもの 」



(・・;)・・・




大おばば
最初何人かの犬が 
人形の気をつけかえてることを気づいてた


でも敢えて何も言わなかった
人形の使い方は 気づいた者の秘伝だったから

それに人形の気をつけかえた犬は
人形より読む力は弱くても 養分達の動きの内通者になってくれた


そもそも大おばばや王様の感性では 
「 霊能力者は 奴隷 」だった

抱えることは力でも



それなりの地位と裕福さを 与えられてる現場監督が
いくら霊能力がつくといっても
進んで奴隷になりたがる者は 
そう多くはないと想っていた 」


(・・;)



でも最近
犬が人形の見る能力やぬしの能力つけかえはじめた


理由は 
覚醒者があらわれる
それが次代を築くという予言出てたから
それ聞いて 一斉につけかえした 


最初
大おばば達は
日本に覚醒者が近く現れることを聴いて


まずそれを防ごうと想って
オウム事件を起こした


あれでオカルト危ない怪しいの印象つけたけど


また能力者が現れる預言出た

そしたらお人形の気をつけかえた犬巫女が
大おばばの傍にいて
まだ大丈夫です大丈夫です言って
先延ばしさせた 


今度は
胡散臭い血筋に 
お人形の読む能力つけかえて
メディアに大々的に持ちあげさせることにした   


カリスマ霊能者とか 
地獄に落ちるわよ占い師とか
うさんくさいくさい人達 毎日テレビに顔を出すようになった


まともな感性の人が見ると
余りにうさんくさくて   
オカルトのイメージ悪くしようとしてただけ


でも
何故か他の犬達が
メディアで持て囃されてるカリスマ霊能者に憧れて


 
「 我こそは覚醒者 」「 俺が能力者 」「 私が覚醒者 」って 
手近にいたお人形達から
見る能力 読む能力つけかえはじめた 」


(・・;)・・・





犬が一匹
能力つけかえると
高性能レーダー 一人無くすのと同じ


能力つけかえると
犬は ちょっと
見れるようになる



大おばばや吸血鬼に 
ぬしやお人形と勘違いされて
重宝されるようになったけど 


カリスマ霊能者や 地獄に落ちるわよ占い師みたいに
持ち上げる段取りされてたわけじゃなかった


だから大半は養分のように囲われるだけで
前より 貧窮に陥った 」


(・・;)



犬が犬の役割を忘れて 世界は終わり



犬がどんどん人形や ぬし達から見る能力つけかえたことで 
ぬしの傍にいた監視役の犬が いなくなってきた


囲われなくなったぬしさんの末裔は
色んな物を見るようになって
色んな場所に行くようになって


ぬしさん達のネットワークが水面下で繋がりはじめてきた

夢渡りもできるようになって


夢の病院にぬしさん達の代わりに
多くの犬が 囲われるようになった





最近ようやく
大おばばの一部が 
ぬしや人形の代わりに
つけかえ巫女や 犬人形しか囲っていないこと 
気づいてきた 
慌ててた  



でもまだ
大おばばの大半は
気づいてない 


大おばばは眼力ない 
生活的にも きらびやかな暮らししてるから 

犬巫女をまだ人形や巫女と想ってるのも多い  」


(・・;)・・・




はるちゃん 知ってる 

(宗教の)
神は使役するもの
国も使役するもの


国や宗教は
もともと世界を守る楯に過ぎなかった  

だから
世界が崩れそうになると

その前に神(宗教)と国を崩す役割の者があらわれて
それで 世界守ってきた


でも犬が
神と国を崩す役割の者に取って代わって 

そして
宗教と国をひたすら守ろうとして  
世界の基点の磁場 壊れた 



もうひとつ 


精霊は人形と違う
精霊を使役した存在は 終わる 」(はるちゃんの言葉)





CIMG5561_R.jpg






もてもてせんせーしょなぶる



CIMG7361.jpg






えみたんが
古代のもてもてウーマンについて
こんな事を教えてくれました
(>ω<)ノシ))パタパタパ






えみたんは知っています


もてもての女の人は
いっぱいいっぱいいちゃいちゃして 


エネルギーやコードが集中していきました

   」


(・・;)・・・



もてもての女の人のところは 
いつも男の人が行列してました 


基本スタンスは 
くる者拒まず 
去る者追わずのような感じです


いつも温かく受けとめてくれるので
去る者は ほとんどいませんでした 」


(・・;)・




みんなといちゃいちゃしてる内
その内 
男の人から 富が集まってきました

おさかなさんや お肉 作物や資材です

また男の人達は
力仕事を助けてくれるようになりました


たくさんの男の人から富がいっぱい集まってきたので
もてもての女の人は
それでみんなにごはんを配ったりしました 


もてもての女の人は みんなの彼女で
みんなのママになりました


富もエネルギーも
もてもての女の子の所に集まってきたのです

それが古代のぬしさん

遊女の原形となって 肉体派の女性ぬしさんです 」


(・・;)!!・・・





美は気です

もてもての女の子はいっぱいコードが集まることで
美しくなります


みんな自分好きです
だから自分の想いを受けとめてくれた存在を美しいと感じます

そのコードがいっぱい集まり
もてもての女の子は 神々しいまでの美人さんになるのです


そして
コードがいっぱい集まる事で 
そこから産まれた子供は スーパースペシャルな子供にもなります   

男の子はリーダーに
女の子はやはりコードいっぱいで生まれながらに美貌のぬしさん候補になります 」


(・・;)



対する
おばばタレント 
おばば女優はどうでしょうか?


美の気はぬしさん達からつけかえていて 
その美を目当てに
男性達は昔のように行列をして
ファンが並んでプレゼントやお金を支払いますが


おばばタレント女優は並ばせることに
優越感を感じてるだけで
想いを受けとめてくれるわけではありません


ただ貢がせるだけです 


そして 
好みにはうるさくて 
特に男性の好みは 

こういう収入で
こういうステータスがあって
お洒落でイケメンで無いと駄目

まさに拒絶感の権化です


どんなに豊かでも
みんなにごはんや富をあげることは決してしません


それどころか
みんなから富を奪うスポンサー達に
みんなのエネルギーをつけかえていくのです


みんなが想いを踏みにじられ
苦しみ足掻く姿を悦に浸る

こんな人がモテモテのわけはありません

気はつけかえて
綺麗に見せてますが


本性の姿は 
心も魂も外見も醜い 

それがおばばです 」


(・・;)・・・・・



美は気です


肉体以上にエネルギー集まるのが
みんなの音を聞いてくれる人
みんなの話を聞いてくれる人です 


どんな存在も自分好きです
そして多くの存在は 
自分の夢 自分の想いを聴いて欲しいと想っています 


それは男性だけじゃなく
女性も 子供も 動物も同じです 」


(・・;)



そして
みんなの話を うんうん言って
ずっと聞いてくれた人

聞き上手さん
それがもうモテモテの精神的なぬしさんなのです


もともと人の話を黙って聞ける人は 
そう多くありません

一方的に話しをする人は 相手のことを考えないで
ずっと勝手にしゃべる性質です  


大半の人は 
人の自慢話を 延々と聞かされると
あきちゃいますし 
我慢できない人もいるでしょう


特に
おばばは 到底我慢できません
おばばは いつも自慢してるようで
実は心底自慢できるものを何も持っていません

自慢してるのは他の人のエネルギーのつけかえで
自分が自慢するものが何もないから
人の自慢話を魂で 攻撃と感じてしまうのです 」


(・・;) 




言葉には出さなくても
みんなテレパシィを使えてた頃は
心でつまんないと想うと それが伝わってしまっていました


だから心底人の話を楽しく聞いてくれる人は少なくて

でも精神的な聞き上手ぬしさんは
人がどんなにくだらないと想ったことでも
子供の支離滅裂な探検話でも 
うんうんうんうん言って 
相手に同調して
楽しく 聞いてくれます


子供も大人も 
そんな人には いっぱいお話をしたくなります 

自然とエネルギーも情報も集まります 」


(・・;)・・ 



はるちゃんが言ってました 


ホステスさんの中で 人気なのは美人よりも聴き上手で 

本当にお客さんが言った事を
嫌な想いをさせないで 聴いてくれる人だった と


老人が繰り返し同じ話をするのを
心から楽しく聞いていられる人はそうあまり居ません 


繰り返しお話をするのを聞いて 
聞き上手さんは 

この人は同じ話を何度も繰り返ししている
きっとこの話をするのがとても好きなタイプなんだろう

と感じて
聞いた情報をデータベース化していきます 

自慢話の時でも 
虚言や嘘とわかっても 面白く聞いて

それをどんどんデータベース化していきます


それが巫女のぬし 
想いを受けとめる精神的なぬしさんなのです 」



(・・;)



基点から話を聞きたい存在には
多くのおと 
声が集まっていきます


音は基点

どんな声も聞きたい性質は 
石や 木さん 動物さんの声も当然聞けて 
想念体の想いの声も聞けるようになります


当然
想いを受けとめてもらいたい存在は 
人間だけでなく 

それは
動物や木さん そして石さん 想念体も同じです

話を聞きたい聞き上手ぬしさんは

みんなの声を受けとめて
自然から もてもてになり
美しくなっていきます 

 
自然のコードと情報が集まっていくことで 
そのコードで
天候を動かしたり 

自然の情報をみんなに伝えることで 
みんなに富をもたらします


聞くことで みんなと繋がる
それが音の巫女なのです 」


(・・;)!!! 






そして
古代のぬしさんが見てた夢は
音の夢が多いです 


もともと音の夢は
受信系の性質しか聞けません 


夢は潜在意識です 

修行や仕事ではなく
潜在意識の奥から
みんなの声 みんなの想いを聞きたいと想うから 
そこに一極集中して
多くのおと 多くの声が集まって
音の夢を見るのです 


口コミが最大の広告と言うのも
それが人の声だからです


音の夢は
多くの存在の声が
何万以上も同時に聴こえます 



つけかえ霊能者や犬巫女は
こう言う風景を見た 
こう言う夢の光景を見たとか
誇らしげに語りますが 


音の夢の意味を知ってたら
そんなことは自慢したりしません   


超格上の血筋や
王族達も音の夢を見ますが

それは
使役してる人形達に
ぬし達から得た広大な音の夢の情報庫をそのまま見させて
そこからピックアップした情報を 
聞かせてもらうからです 


皇族や王様に映像イメージを見せると
独特の吸血鬼フィルターで 
とんちんかんな解釈をします


でも言葉で伝えてもらうと
ゆらぎの無い情報が 得られ
それが故 王族達は 音の夢を持って来させるのです 」(えみたんの言葉)




CIMG7353.jpg





まあそんなこんなで
最後
ちょっともてもて女性の話から脱線しましたが 
<(_ _)ノ




えみたん曰く
古代のもてもての女性ぬしさんは
身体で 男性女性を受けとめて それでエネルギーが集まっていたタイプ
想いで あらゆる存在の声を受けとめて それでエネルギーが集まっていたタイプ 



系統として2タイプ居て
その両方が混ざった存在もいたそうです 
(>ω<)/ 


まあ昔の女性ぬしさんは
恋人のように接してくれ  
ママのようにごはんをくれて
みんなの話を暖かく受けとめてくれた 
そんな存在だったようで
(^o^)/  ☆~☆(≧▽≦)ノシ☆☆  \(^o^)



まあ当然
みんな受けとめてくれた存在に想いを寄せます

当然結果としてぬしさんには 
情報もエネルギーも集まり 
ぬしさんは超絶美人に
どんどん賢くなっていったそうです
!(◎o◎)/  ☆☆☆\(≧▽≦)/☆☆☆




しかし
結界ができてから
もてもてのぬしさん達は 
エネルギーを 吸われていき
白痴のような状態になり 
外見もおばばのような気をポイポイされていきました
(・・;)・・・


代わりに
拒絶感いっぱいの吸血鬼達
おばば達が美人美男子と崇められていきました  


俗に
平安時代 
観音様のような顔の女性が美人と想われていたのも
結界で ぬしさん達の美の気が 
当時流行のおばば達につけかえられていたからだそうな 
(☆(▼~▼)ノシ☆~●   (・・;)・・・


でもここ最近
結界が無くなってきて
古代のぬしさんの性質のような
繋がる性質 みんなの想いを受けとめる性質の人が
少しづつ美人の気も能力も復活していってるそうです
キャー(≧▽≦)ノシ))☆☆パタパタパタパタパタパ





はるちゃんは色々見てきた

もてについて書いてる人は色々いた 

ブサイクな人からモテても
それはもてる女と言わない 

誰からも声をかけられる女の人は
もてる女でない と書いてあったけど

そもそも
「 もてもて 」の定義が間違ってる 

もてとは コードを持っていること

多くの存在から好かれて
多くの存在とコード繋いでることをもてもて という 
 
特定条件の男の人から好かれたとしても
数多くとつながってないなら 
それはもてもての女性じゃなく

それは男性も同じ 」(はるちゃんの言葉) 











追伸




そういえば
昔Mちゃんに
聞いたことが在ります
(・・;)


どうしたらMちゃんのように
色々わかるようになるの?
何か特別な修行とかしてるの?っと
(+_+) \(^o^)?


そしたら
Mちゃんの答え
こうでした 
<(_ _)> 




私は聴くだけでいい 

修行するの大変でしょ 
聴くだけでいいの  」(Mちゃんの言葉)




CIMG7363.jpg


地獄生物ケルベロス




CIMG3207_R_20120310213252.jpg








犬は命令以外何もできない 

犬にわんわん吠えられて
不快を感じるのは 



犬がわんわん吠えながら 
潜在意識が命令してると 
感じてるから



わんわんわん 」


(・・;)・・・





でも犬のわんわん命令の相手は
吠えた相手というより


周囲に漂う想念体
遊女さんの想念体 赤ん坊の想念体
精霊さんや 
他の動物さん達に向けて発している


犬が
わんわんわんして命令して
エネルギーを盗ませたり
厄をポイポイさせたり 

マーキングつけさせたりする 」

(・・;)



はる 知ってる

犬はエネルギー曲げるけど

厳密に言うと
犬やおばばは 
エネルギーを曲げろ と命令してるだけ


そしえ
実際に曲げてるのは 
命令されて使役されてる存在

王様がお城作れないのと同じ
お城作ってるのは労働者達
王様は命令するだけ 」 

(・・;)



そして
犬が他の存在に命令できるのは

犬は 
犬以外のふりをするから 


赤ん坊にはママのふりをして
動物達には動物のぬしのふり木のぬしのふりをして
木には石のぬしのふりをする  


ともかく命令できそうな存在
コードを動かせそうな存在

あらゆる存在のふりをして
それに被せて色んな命令する


血筋おばばも
ぬしのふりしたり
ママのふりしたり
先住民のふりをする


両方性質は同じ

わんわんわんして命令する 」



(・・;)



はるちゃん
ねこの森で聴いた

犬の原初の技法


犬は
ぬしさんに被せて
鳥や ねずみ達に命令した


でもやってる方法は簡単で
石のぬしさん 木のぬしさんが
いる土地
もしくは人のぬしさんが埋まってる土地に
じっと座って その気を纏う


動物は 気が見える
だからその性質を利用して
ぬしに繋がりのある気を纏って命令する 


動物さん達は
犬が気を纏ってる間は
ぬしさんと想って 
命令に従う 


ぬしの地点に
じっと座って気を纏って
ぬしに被せて命令する


誰でもできる方法だけど
でも
それをするなんて発想
犬以外想わなかった

それが犬の術
原初の犬の技法 」


(・・;)!・・・



そして
犬達は座ってる間
逆に石のぬしさん 木のぬしさんの所に
自分の匂い マーキングいっぱいつける



そうすると本物のぬしさんから
犬のポイポイの香りして
全然わからなくなっていく 




吸血鬼が養分さんに
自分の厄ポイポイするのと同じ原理  


よく犬おばばが
養分の姉妹の服や下着を勝手に着たり借りたりするけど
あれも服や下着についた養分姉妹の気を纏う為にする 」



(・・;)・・・





いぬはそうして
ぬしや
ママに通ずるエネルギーを纏って
わんわんする 


犬が
ターゲットにわんわんすると


犬をぬしさんやママと感じた 
想念体や虫さん達は 一斉に犬のマーキングお手伝いする



犬達の指令

「 こいつは敵 」 「 こいつは味方 」「 これはご主人様 」
「 あいつは養分 」「 あいつは奴隷  」「 あいつ ゴミ箱 」

と言う感じに
マーキングをつけさせる 


もし
「 ゴミ箱 」の
マーキングつけられると


血筋達が
ゴミ箱のマーキングつけられた人を 
そのマーキング目印にして  
街中ですれ違っただけで 
厄を勝手にポイポイしてく 


血筋のゴミ箱にされてるしるしだから 」



(・・;)・・・





犬は 
被せて命令する以外 
何もできない


犬は実際持ち上げる力無くて

血筋スターを持ち上げさせる命令はするけど

実際に想いを動かして 血筋を持ち上げてるのは
遊女さんや 子供の想念 他の動物達 



わんわんわんわんわん わんわんわん 」


(・・;)



そして格上の犬は
命令もしない 


命令すると
ママのふり ぬしのふりしてるの
ばれると 後で怖いから


だから格下の犬達に
やらせる 




もし子分が気付かれて 
取り返されそうになったら

大おばば達大犬達は
自分らに危害が及ぶ前に 


子分の犬を 
他の犬達に抹殺させる 」(はるちゃんの言葉)



CIMG0383_R_20120402004350.jpg



上の画像は
はるちゃんが言っていた

犬がぬしの埋まってる古墳にのって気を被せている瞬間の画像です
<(_ _)>



CIMG0384_R_20120402004347.jpg





最初に見た時3匹のってたのですが
カメラを向けて写した時は
1匹だけになってしまいました
(・・;)




CIMG0385_R.jpg







と言う感じで
今日は
まずは
「 犬の原初の術 原初の技法 」
についてお伝えしました
が!(>ω<)ノシ))パタパタパタパタパタパ 





昨日はるちゃんが 
それに合わせて
犬神についても 重要情報を教えてくれました




なんでも
はるちゃんの話では
犬神の世界にも 序列があるのだとか
(・・;)


それでははるちゃんの話です
題して
(>ω<)/ 




「 犬の格が家の格 」









はる 知ってる


犬神の呪いは
はねかえされると
自分が喰われる可能性が在る 
だから昔はやたらしなかった 

相手の序列とか後ろの守りとか
きちんと見極めてそれをしてた


でも最近の犬おばば達は
それ見極めないで めったやたらとしてる



それも犬おばば達を
大おばば達が 巫女と想ってるから  」


(・・;)



もともと
犬の世界には序列がある


小犬 中犬 大犬
生きている犬の格は大犬が上


でもさらに大犬よりも格の高い犬がいて
それが犬の神様 犬神 」


(・・;)



犬神は犬の神様

だから犬神がついてる家には
他の家で飼われてる犬達は 怖くて従う 


飼い犬は
飼主に気をつけかえて 飼主を操縦してることが多いから
だから犬神持ちの家にあうと 
犬を飼ってる家が養分にされたりする


飼い犬が 犬神のついてる家見ると
自分の飼い主のエネルギーや富を わんわんわん 言って進んで献上する感じ


わんわんわん 」


(・・;)・・・





そして
犬神は
周辺の犬達に命令させる


鳥に命令して 調査させろ
とか
ベビードールに命令して 攻撃させろ
とか
お前の飼い主を こう動かせ
とか

犬神自身は余り想念体や動物や他の飼主に 
直に命令しない
直接命令すると 気づかれた時
怖いから 


だから
犬神つきの家は 
飼い犬を使って使役する


犬神は犬の神様
飼い犬達は 犬の神様の指令に逆らえない


時には飼主を操縦して 
犬神の家の指令通りに動かして飼主を破滅させたりする 

犬にとっては
犬の序列が一番


だから犬の格が 家の格 」



(・・;)!!!




そして
犬神の中にも格がある

大きく分けて
二種の犬神


人為的に作った犬神
代々血に継承されている犬神


人為的に作った犬神は 
呪術師や血筋が 
首切りしたり 餓死させたり 拷問したり
農薬食べさせたりして作った犬神
人為的に作った犬神は数を増やせるから 
一人で数種類の犬神をのせたり
家族全員に犬神をつけることも可能  」


(・・;)



そして人為的に作った犬神より
格が高いのが
代々血に継承された犬神


あるひとつの血筋がいると
その血筋の中で最も相応しいよりしろの一人にしか 
その犬神はのらない

よりしろは女性 


たった一匹の犬神が乗った女性が 
多くの飼い犬達を使役して
一族全部を操縦する 


血に継承されてる犬神は
犬の基点に近い犬神

犬神の中では最高序列


その犬神が乗った女性は
地獄で 大おばばと呼ばれるようになる 」


(・・;)!・・・



血脈を伝わってくる犬神つきは数は少ないけど
本当の意味での格が高い超裏セレブが多い

日本では
旧家の血筋に特に 多い 

上品に良い人ぶって
そんな派手には暮らさない
ある程度豊かな資産持ってて 

一族全部を牛耳って 
国や宗教を陰で操縦してる大おばば


でもその大おばばを裏でコントロールしてるのは
それにのった犬の基点の一族 血の犬神たち


木端でも 
血脈を通じて降りる犬神つきの家がバックにつくと

人為的に作った犬神を多数抱えてる家や 
どんなに資産あっても飼い犬の想念しか持ってない犬では太刀打ちできなくなる 


ある豊族の系譜に近いある有名人が
呪術師頼んで犬神いっぱいこさえて 
自分でも犬を使役して 飛ぶ鳥を落とす勢いだった


でも
自分より木端と想って
抱えてた子飼いの部下に食べられた 


でも木端に食べられた理由は
木端ではなく
木端の奥さんの後ろの犬の格が高かったから


木端の奥さんは 地味に暮らしてたけど 
血脈を通じて降りてくる犬神が降りていて 


奥さんの犬神に有名人の犬神達がしっぽフリフリして
有名人のエネルギーを差し出した

犬の格が 
人間の序列 決めた 
  」


(・・;)・・・




はるちゃん 昔言った

犬が世界を作らせて
地獄を作らせてるって


その時ははるちゃんも情報不足で
MAHAOちゃんも 半信半疑で信じてくれなかったけど


本当に
犬が人間の格や序列を 決めてるの 


犬の指令通りに 血筋達はマリオネットされてるの 」


(・・;)・・・




そして生粋の犬神がついてる女性
大おばばクラスは 
犬を余り飼わない


子分の家や養分達に犬を飼わせても
自分らは
ねこを飼ったり ねずみを飼ったり 鳥を飼ったりする


犬は命令するだけで
家の中にいてもあまり役に立たないと知ってるから

だから特別な場合を除いては
犬を飼わない 」(はるちゃんの言葉)





なんと!
はるちゃんの話では
(・・;)


現実の血筋の格は
実はその家に乗ってる
犬の格によって決まっているのだとか


例えば
犬神つきと犬を飼う家が戦うと
生きている犬は 犬神を恐れ 犬の序列には逆らえず 

なので飼い犬に誘導されるように
犬神の家に 滅ぼされてしまうのだとか
(・・;)



そして
人為的な犬神も 生粋の犬神の前には
太刀打ちできないそうで 


それが故人為的に犬神を作った家が
生粋の犬神の家を食べようとして
逆に返り打ちにされてしまったことも多々あったそうです



そのように
最強無比を誇っていた生粋の犬神つきの家
(・・;)・・・


しかしはるちゃんの話では
最近生粋の犬神つきの家が 
大犬よりもはるかに弱い小犬達にしてやられてることが多くなってるそうで



その理由が
先にあげた犬巫女様だとか
<(_ _)ノシ))☆パンパンパン




はるちゃん知ってる

生粋の犬神も 
大おばばのように眼力ない
だから大おばばが巫女や遊女人形を利用するように
ねずみの想念に情報を読ませてた 


ねずみ達の情報を元に世界を作らせてた 」


(・・;)



でも最近 
昔は監視役ばかりしてた犬達が 
犬神様に重宝されてる ねずみ達の力に憧れて 


ねずみの眼力つけるようになった
ねずみのコード付け替えてる内に
犬の中にはねずみみたいに小さくなった犬も生まれた

ねずみコードに引きづられて ねずみの大きさに戻った感じ 」


(・・;)・・・



眼力をつけかえた小犬は昔は数少なかった

でも
最近数がやたら増えて小犬達は
使役されてる動物達の能力をめったやたらにつけかえた


生粋の犬の神も眼力なくて 



小犬達が ねずみの気をつけかえると
判別できなくなる


生粋の犬神たちは 
だからつけかえた情報で
小犬をねずみ巫女と勘違いした 



そして小犬フィルターの指示どおりに動いて
生粋の犬神達が
あの手この手で世界を拡大させたり
世界の延命 引き延ばしをさせていった 


犬達のその動きが
人間世界に影響して
犬おばばが 巫女の能力を自分につけかえて
世界を先延ばしさせる現象が生まれた

 」



(・・;)




はるちゃんしってる 


昔は
犬おばばの巫女や遊女は
ほとんどいなかった

犬達が貧しい境遇に追い込んでいたから

監視係や女将さんの手下して いじめても
遊女自体はしなかった



でも
犬おばばは 
本物巫女の眼力 情報をつけかえてる内に
 
いつの間にか
血筋達の関心を得られるようになった 


生贄市長も
奥さんは 
生粋の犬神つきだけど
木端の生贄市長を持ち上げてるのは
ある犬おばばが
生贄市長を重要な養分と勘違いさせたから


勘違いさせたのが
犬おばば


犬おばばは
自分の発した情報や つけかえた気で 
国を動かせて 世界の引き延ばしもできて
多くの人達をお人形のように操縦して 


それが楽しくて 
見る力無いのに どんどん情報をつけかえたり
木端に 養分の気をのせ変えさせた 」



(・・;)・・・・


小犬達も
身体が小さい分
操縦する歓びが 生粋の犬神よりも快楽だった

自分が
自分より多くの大きな犬達を動かせることに陶酔して 
むやみやたらに気や情報をつけかえて 
小犬をアイドルみたいにしたり 指令を発した


でも小犬達が
気や情報をつけかえると
世界を支えてるねずみ巫女達 他の動物達が どんどん姿消していく

想念を無理につけかえようと
しるしいれるから 
使役されてる動物の想念 遊女さんの想念がぼんぼん爆発した  



そして
小犬達は情報つけかえても
ねずみのように適確な情報発せなくて 

とんちんかんな情報ばかりだす   



力のある養分や
怒らせてはいけないコード持った養分を

自分がそのコード欲しい余りに
犬神や大おばばに あいつが泥棒木端犬です

って言って攻撃させた

それでぬしさん達を
際限なく追いつめて
逆にぬしさん達を覚醒させてしまう


臆病で慎重な
生粋の犬神達が 
小犬巫女たちの指令聴いてる内に
小犬のように愚かな行動するようになった 」


(・・;)・・・・



はるちゃん知ってる


大おばば 犬神
犬おばばや小犬を生贄にして
自分達は次の世界を立て直すつもりだった


でも
いつのまにかやったことが返って
鴨にされた 」(はるちゃんの言葉)



なのだそうな
(>ω<)ノシ))パタパタパタパパタパ



はるちゃん曰く
やはり犬が血筋の人間を動かしていて


最近
犬巫女が大おばばにとんちんかんな指令をしてるのも
(・・;)
元は
小犬達がねずみの能力をつけかえて 犬神に指令してることに連動した現象なのだとか


ちなみに
はるちゃんの話では
最近起きた東京湾の女神様の爆発も
犬巫女達 小犬達が 遊女ぬしさんの想念をつけかえて
「 我こそは 能力者なり 」と寄ってたかってしまったが故に爆発してしまったのが原因だそうで 
(・・;)・・・



まあそんなわけで
ねずみではなく
犬巫女や小犬達が 情報を見て指令するようになって 
世界が
自滅することになってしまったということは 

犬が世界を作らせましたが
世界を滅ぼしたのも 
また犬と呼べるのかもしれません
(・・;)



最後にはるちゃんは
犬神について こう言ってました
\(^o^)/ ∧∧~♪ 




生粋の犬神は 
犬の序列で恐れられてるけど
でもそんなに怖くない

だって
犬神は普通の犬より
もっともっと臆病で 
犬達に命令させることしかできないから 


生粋の犬神は
正体がばれると
集合意識に気づかれて取り返される 



だから
裏からわからないように操縦した 

 
犬神つきの家系から取り返す場合
指令してる生粋の犬神自体から取り返す

そうすると家系の後ろの守りも消える 」(はるちゃんの言葉)










CIMG6103_R.jpg





犬は消える







プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク