攻撃は助けてのしるし 





本当の地獄は活かさず殺さずの状態を 

長続きさせること


本田○一郎は 

それを知っていた彼が

徳川のやり方を 非難したのは 

自分に思考は 似ていたけれど 

徳川の方が わかりやすい手段を取り過ぎたから 



活かさず殺さず 

その体制を支える為には 

ただ飼い殺しにするだけでは駄目 

飼い殺す者達を持ち上げることも 

大事なのを を知っていた



本田以外の同時代の吸血鬼達は 今振り返ると

わかりやす過ぎる位に あからさまな搾取をしている  

いつか時代が経てば反乱が起こるくらいに



凄腕のヘルクリエイターは 

それほど浅薄ではない


活かさず殺さずの状態を 

一日でも長く保ち続けようとする

あまり自分は表には出ない 


被害者面を装って

慎ましく暮らしながらも 

潜在的な指令を 他人にはわからないように出す

裏で 権力者達を操る 



閻魔大王には こう言うエピソードがある

彼は罪人を裁き 

地獄で罪人に苦しみを与えている存在

 


しかし罪人であっても 

人に苦しみを与える事は罪

だから閻魔は 

日に三度 自分に刑罰を課す

人を裁き 苦しめたことへの戒めを



紅く熱い鉄板の上に寝転がり 

鬼達に自分の口をこじ開けさせて 

溶けた銅を 自らの口に流し込ませる



地獄で受ける苦痛で 最も重い罰を自らに課すと言われている

しかし彼は 罰を自ら 課すことで 

地獄の使いや鬼達の想いを取りこんでるの  

恐怖だけで無く 

その行動で 想いを集めてる 



でもね 奴にとっては そんなの苦痛じゃないの 

価値観が違うんだから 

奴はただ人間を 

善悪という地獄に落とす為に  

罪という概念を護りたいが故に 

その行動をとってるに過ぎない 



銅を飲み込んでる間も

鬼達の敬意の眼差しを受けながら  

歓びを感じている筈   


地獄を引き伸ばせれるから  」 (Mちゃんの言葉)



こんなご相談が ありました


「ある本を買って 

その付録に入っていた祝詞を聴いています 

その祝詞を聴いてから 

主人が体調をおかしくしたりしました 


この祝詞には 

何か悪いものが入っているのでしょうか? 」 (某読者様からのメール)


このような 問い合わせが数人からありました

<(_ _)>



MAHAOは その相談を聴き 

胸が痛くなりました

(>_<)


その祝詞を広めていたのは 

MAHAOが面識のあった 

某呪術師の方でした 



その呪術師は 最近 本を出し

そこに自分の流派の祝詞の音声を載せていた様なのです 



さらに別の祝詞ですが船○研究所から 

薦められてる祝詞を 唱えて体調を崩しました

というご相談も受けました 



元々祝詞とは 

大祓祝詞もそうですが 

支配の為に 広めたものです

\(-o-)


原始日本の神への賛美 

祈りの歌は 自然な音に近かった

今で言う シャーマニズム的な 響きを発していたのですが 


それを彼らは改ざんし 

支配する為の 旋律に変えました


その後祝詞は 様々な宗教 

術師一門によりアレンジされ 

独特の意味も付け加えられました 


祝詞を唱えさせた人から 

教えた人に

運や気が流れる意味の 文言を付け加えたり 

気を吸いこむ様な 

響きを付け加えたりしたのです

(・・;)


件のその呪術師さんには 

熱心に通う女性信者の方が居ました



リストカットをしていたという

若く美しき某女性A子さん 


A子さんは 人の目を見て話せずに うつむいてしまう 

怖くて被害妄想になってしまうような

か弱い美人さんでした


A子さんはその呪術師さんに 会ってから

精神的に落ち着き 

リストカットもしなくなったそうです


そして人とも話せるようになって 

こう言っていました



「 先生のおかげです 」


MAHAOも最初 その話を聴いた時に

(・・;)

その呪術師の先生ってなんて優しくて 

人を救っているんだなぁッと想いました


しかしMちゃんに話をしたら 

こう言われました 

<(_ _)>



「 

彼女の状況は良くなっているわけじゃない

表面だけ行動を抑えるようになったのは 

生命力が落ちているから  



だってそれだけネガティブなことを考えられるって

想いの強い証じゃない 


想いを薄くされたのよ

彼女の念力と 黒い念を吸い取った 

使い方さえ知ってれば富も名誉も運んでくれる黒い想念を 



呪術者達にとって黒い念は 

昔から宝物以外の何物でもない

そして彼は それを自分の希薄な念と取り換えた 


本当に優しい人ならば

黒い念の使い方を教える筈 

少なくとも価値あるものと 教える筈


騙すように盗ったりはしない

無意識的に 生気を吸ってるのではない

お金を取り 人を集め

その想いの効用を 何も話さずに吸い取っている 」(Mちゃんの言葉)



MAHAOはその後 

呪符の一件があり 

その件の呪術師とは お会いしなくなったのですが 

Mちゃんの話では 

度々呪いをかけられていたとも

言われました

(ノ__)ノ


「 ただやられた分以上は 必ず戻ってくるから安心して 」と 

言われ

特に何もせずに過ごしていたら

いつの間にか呪いへの耐性もついてきました 


というか 

呪われること自体が 

エネルギーが入ると言う事に気がつきました

ワーイ(^◇^)ノシ))~♪


しかし最近 その呪術師や 

船○研究所関係の祝詞の

ご相談メールを受けるようになり

つくづく想いました


本当に彼らが地獄を続かせたいのなら 

セミナーや DVD 出版などをせずに

(・・;)

もっと影に回って 

もっとわかりづらく地獄を作るだろうなぁッと 


彼らが短絡的に 気を欲し 

人をわかりやすい形で 滅ぼしていくのは

実は自分の行動に早く気がついて欲しいからかもしれない  


攻撃を受ける事で滅ぼされて

自分の魂を救って ほしいのだなぁッと想いました


こはるちゃんはこう言っています  


攻撃は助けての印 

本当に地獄を作りたい人はわかりにくいようにするの

とても親切にするの 


その方が長く地獄を作れるから 


だから強く攻撃をする人は

川でおぼれた子供が 

バシャバシャ溺れてるのと一緒


助けてって言ってるの

本当は 

地獄を作らされる役目を終えたいの  

でも自分では 想いを支配されて 

どうにもできないから 


だから滅びるような行動を加速させ

周囲に滅ぼされたいと想ってる

魂的に 


わからない形で 恨みを買い続けると 

ばれた時 反動のエネルギーに耐えきれなくなってしまう  

魂が消えてしまうかもしれないの 


魂は追い詰められた状態でも 

生きのびることを欲している 」(こはるちゃんの言葉)



吸血鬼は元来 

受信タイプの魂が殆どです

(・ω・)/

その想いを集める性質を利用され

ヘルクリエイター達に狙われて 

染め上げられていきました

そしてこの世の地獄を作るお手伝いをさせられました  


ヘルクリエイター達は 

そうした吸血鬼達を 想いを集める係とし 

持ち上げるふりをしながら


彼らに憎まれ役 楯役を請け負わせ  

気がつかれた時には切り捨てて

恨みの反動を一手に押し付けていたのです 



MAHAOは 

上にあげた呪術師 船○研究所の船〇 


その二人を裏で操作してるとおぼしき 

某ヘルクリエイターに 目星をつけています

(-"-)


その人は余り有名になろうともせず  

慎ましやかに暮らし

自分の部下に会社を任せ

彼らに人を集めるやり方を指導して  

自分の所から独立するように  

教えを 広く人に説くように薦めました



でも彼こそが 真のヘルクリエイターです 

m9(・ω・)


地獄使いとは 一見 人から敬意を集める様な 

無私無欲に見える行動をとって 

地獄を一日でも 引き延ばそうとします 


地獄を作るのが彼らの望み  


自分達が産んだ吸血鬼達が 

地獄絵図を広げていく様に 

歓び 快感に打ち震えているのです



こんな人もいました

ある搾取系工場の御曹司Cさんに 

いたぶられていた某男性Pさん


MAHAOはPさんのことをいつも

Cさんに虐められていたので

(・・;)

つい最近まで可哀想だなぁッと想っていました 



でもよくよく考えると 

Pさんは夢殿では かなり上の階級 

そしていじめているCさんの方は

どう見てもPさんより 下の階級です


最初はそれに嫉妬して

Cさんが運を吸っていただけかなぁッと想っていました

(・・;)

Pさんと知り合ってから

Cさんはメキメキ資産が増えていったからです  



そんな時Mちゃんが 

Pさんのブログを見て 

こう言ったのです 



MAHAO 

このPさんって人のブログ・・・・ 

わかりにくいかもしれないけど

潜在意識言語で指令してるよ 」



(・・;)?・・・・・

潜在意識言語・・・・・?



「 

この画像を見て見た時に イメージで 

潜在意識に指令が伝わるように

画像を選んで 巧妙に組み合わせてる  


これはね ヘルクリエイターの潜在意識が 

配下の吸血鬼の意識に察知されないように伝達する手段なの

MAHAOはPさんが文才があると言っていたけど 

彼の望んでるのはそれじゃない


確かに何かを入れ込んでるけど

入れ込んでるのは 念ではなく 

引き落とす為の指令なの 」


φ(・・;)・・・・・・



「 

おそらくそのいじめっ子の息子Cさんって

P君からの潜在的指令を受けてたんじゃない? 


P君が被害者に見えるように  

敢えて叩かせながら 

被害を広げさせたんだと想う 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・



Mちゃんはこう結論付けていました

(ノ゚ο゚)ノ

夢殿では P君の階級の方が上

そしてC君にわざといじめられることで 

周囲からの同情を集め 

実はC君に 

次から次へと人々の運を吸わせていた 



P君は運を吸われていたわけでなく

C君に周囲から運を 集めさせる  

犬として使役していたのです

そして最後は集まった運で 

C君が滅びる様を見て喜ぶ  


集めてる運を見て 

C君の耐えきれる器じゃないの


そしてC君はメディアで 取りあげられた

C君は 人を巻き込む駒として使われたの 


P君は 運を吸われてない

ただ叩かれてるふりをしてただけ 


彼に叩かせながら引き落とされた振りをし続けながら 

周囲の運を喰わせてきた 

想いの力をテコにして

より大きな地獄を現出させる為に


P君は 

心理的に周囲をじわじわと締め付けられる

地獄を見るのが好きなタイプ


彼的には崇められるよりも 

いじめられっ子と馬鹿にされた方が 

仕事がやりやすかった 」



φ(・・;)))))))))


ヘルクリエイターとは かようなまでに 

存在がわかりづらいものだそうです 

<(_ _)>


一見人から見て 被害者の様に見えたり 

慎ましやかな暮らしをしているので 

すんごくわかりづらい (>ω<)/



でも共通する性質が在ります

地獄を現出させることに 歓びを感じている  



そしてそんなヘルクリエイターに動かされている 

一人の男性が 

今巷を騒がせて居ます

φ(・・;) 


某国首相

彼も ヘルクリエイターに操作され 

吸血鬼界 期待の星として 

嘱望され 

数ヶ月前 某国首相の座に就任しました 

(・・;)



彼が首相に着いた時の

吸血鬼達の有頂天ぶりは 

それは すごいものでした


これで時代の変化を止められる

自分達の主が産まれた

そんな歓びの声を高らかに あげていたのです


しかし彼は首相就任した直後

とんでもない行動をとりました  


選挙直前不利になるとわかってるのに

一年前の選挙公約を破棄 

増税発言を繰り返した 

(・・;)


こんな経済不況期に 

増税発言をすれば 

間違いなく負けることは 目に見えています


しかしこの一連の行動を見て 

MAHAOはこう結論付けました



彼も降りたがってる 

彼の魂は 助けを欲していると



地獄をこの世に続かせることよりも

今まで築き上げた 全てを失ってでも  

その魂の生を 繋げたいのだと感じました


こはるちゃんはこう言ってます



「 攻撃は助けてのしるし 」と


MAHAOは 地獄の基点を無くす事で 

夢殿を崩す事で 

彼らを助けたいと想いました  

\(^o^)/―☆☆☆



追伸


MAHAOは 以前幽魂安鎮の詞も 薦めました


でも最近 それを唱えていないです

(・・;)

あの幽魂安鎮の言葉 

唱えると 確かに 風が靡いたりするのですが 


あれはあの文言に 自然界の精霊の名が記されているからだと 

教わったからです


アマちゃんがこう言っていました 



自分の名前を呼んでもらうことは 嬉しいの

自分の名前を呼んでもらうのは好き 」と


なのでMAHAO 

最近 パワースポットや お墓参りに行っても

幽魂安鎮の言葉を 唱えずに 


その地の精霊さんの名前や 

自分の先祖の名前を 

直に呼ぶようにしています 

\(^o^)/―♪



するとやはり同じように 風が 靡いてきます


いつもお祈りする 

井の頭公園の木さんにも 

井の頭公園の木さん助けて下さいと

(―人―) 呼ぶと 

風がニギニギと 靡いてきます



お経もいらない

祝詞もいらない 

名前を呼んで 

想いを籠めて

自分の言葉で祈れば 

それでいい 



MAHAOはそう感じてきました







寺はもっと気を吸う その1




さくが 

東京結界巡りをしていた最中

こんなことをふいに 言ってきた   



「 

お寺 神社よりも 想念溜まってるね

お寺 想念いっぱいね 

神社お祭りのときだけ 想念いっぱいだけど 


お寺 想念 

いつもいつも いっぱいね 」


φ(・・;)・・・・・・・


毎日 想念集まってるね

街や家から いっぱい想念集まってるね

だから神社みたいに 

お祭りしょっちゅう開く必要ないね 」(さくらの言葉)



神社よりも寺に 想念が多くある

(・・;)?

その言葉やけに気になった 

私MAHAOは

早速  Mちゃんにその話をしてみると

m(・・;)ピポパポ

Mちゃんが こう言った  


そんなの当たり前じゃん 

だって神社にお参りに行く時って 

大抵は 初詣とか 祭りとか 特別な行事だけでしょ


でもね 寺は 毎日想念や気を集めれる

もっと巧妙にわかりにくい形でね 

全家庭に流布されている 仏壇


実はあれを通して 寺には運や気が 集まっている  

各家庭は 仏間を通し 

毎日線香をあげ 

故人をしのぶ祈りを捧げ 

先祖の成仏を願う 


でもその想いが イメージ的に 

仏教に集まる流れなの 

そして集まった想念は寺の血筋や 

一門で分け合う仕組み


 」


φ(・・;)!・・・・・・・


以前S学会が仏壇を通し

人から気を吸いこんでるという話をしたよね 


でもね ぶっちゃけ 仏壇自体が

気や 運を吸う為に作られているもの  

仏壇に手を合わせる時に 

潜在意識は 先祖よりも 

まず仏壇のイメージを想い 

寺や夢殿の仏的世界を イメージし

その象徴を 想いで支えているの 


先祖への供養をしてると想いきや 

その前に仏のイメージを繋げてる事で

その祈りを一カ所に集め 

巧妙に吸っている 


神社の御札と同じ仕組みだけど もっと悪質 


先祖供養という人々の純粋な想いを 利用して

徴収しているから 


私はおそらく寺系の血筋

だから彼らの醜悪な考え方が よくわかるの  」



φ(・・;)・・・・・


第一 疑問に想わなかった? 

産まれた時から常識と想いこまされてること 


なんで 仏教を信奉する事が 

先祖供養に繋がるの?


無宗教であっても 

先祖の事を想い 

その名を唱え

定期的に お墓参りを すれば 

故人に想いを馳せれば それでよいわけじゃない 


変なお経を 坊主に高額のお金を払って

立ててもらうより 

先祖の名前をひたすら叫んだ方が 

よっぽど故人は喜ぶと想うの   」


φ(・・;)・・・・・・・・・


それにね 

皆が高額のお布施を払って買わされてる戒名

あれにも実は意味がある


あれはまんま序列なの

死後の世界の序列を イメージさせている

しかもそれに高額のお金をつけて 

買わされてるようなもの 


序列を作らされた揚句 それを買わせるぼったくり商法なの 

勿論 どんなに大衆がお金を払っても

血筋の上位層以外は 

ある地位以上には 上にいけない仕組み



潜在意識の世界の序列は 

日本では仏教から伝来した

仏教自体が そういう意図で作られたから  」


φ(・・;)!!!!!


「 

釈迦は 当初

集合意識と繋がる事が 悟りであり 

修行も 何ら意味が無いと説いていたように想う 


でもいつの間にか 

あるイメージと繋がる事が

悟りとされた  

  

その後 輩出した者達により 

皆と繋がる教えを 

より 悪利用され  

それにより 

夢殿の原型が作られた 


人々のイメージを繋ぎ

ある特定のイメージを植え付ければ

夢の世界で そこに繋がる

すると夢の世界で 

潜在意識を支配することができる


夢の世界で 階層 序列を作らされたの 」 


φ(・・;)・・・・・・・・・・・


「 

日本の夢殿の基点は 仏教

夢の世界に 

階層を流布した


仏教はイスラム教 キリスト教より 

ある意味 あこぎで 性質の悪い連中が巣食っている


ただし 人々が 毎日 先祖供養という形で

祈りを捧げてる分 

集めてる想念は 

神社よりもはるかに膨大だけどね 


だって考えてみて 

神社より寺の方が裕福でしょ

想念が集えば 

その想いの力を利用して

信者から お金も奪っていける 」



φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MAHAOは衝撃を受けました

実は先祖供養で 

仏壇とかに手を合わせていましたし

お線香やお経もあげていたことがあったからです


(・・;)

でもよくよく考えてみると 

何故仏壇なのか

何故戒名に高いお金を払って 

お経をあげるのか  

その意味が イマイチ掴めてませんでした


もしMちゃんの言うとおり 

仏陀の言う 本来の悟りが 

みんなと繋がることならば 

お経をあげず 戒名もつけず 

御先祖様の名前を呼んで 

みんなと繋がりますように と言えば

それで良いのかなぁっ という気がしたからです 




まあそんな事を 想い張り巡らしている時に

((・・;)))

さくらが ルンルン♪と歩きながら 

こう口ずさんできました


「 

お寺 閻魔大王のこと

ちっとも怖がってないね 


お寺怖がってるの 

だつえば ね 」


(・・;)?ダツエバ?


奪衣婆ね 

地獄の入口に居る 老婆ね 

奪衣婆を お寺怖がってるね 」


φ(・・;)・・・・・


奪衣婆 閻魔大王のお母さんね 

だつえば エバと響き一緒ね 


息子の所に 想念いっぱい送って

地獄を作らせてる張本人ね  」 (さくらちゃんの言葉)


φ(・・;)!




Mちゃんはこう言った

地獄を作ることに無上の喜びを感じていた

四国の吉野川に縁の深い血筋の 女性が 

私に こんなことを言っていた


「高越○には触れないで

お遍路の他の寺のことには

触れても良いけれど

高○寺の事は 

誰にも言わないで 」と


実は四国お遍路88カ所で集められた

人々の想念は

吉野川を介し  

おそらく高〇寺に集められているの


あそこの想念量は 半端ないの

空を見て見ると わかる 

想念がまんま太い龍の形を為してるから


そして仏教の敵に 

攻撃を仕掛けてるのも

四国の地が 

その基点となっている 」(Mちゃんの言葉)











吉野川 地獄の構造



階級に仕えるものは 

例えどんなに高位であっても 

その本性は犬の性質に他ならない


序列にとりつかれてる時点で 

その魂は 犬と化す 」(Mちゃんの言葉)


こんなお便りを頂きました

(ノ゚ο゚)ノ 


「 

四国の吉野川も重要なのですが

奈良の吉野川に注目して下さい

血があそこに何かを感じます 」(某読者様A)


「 

吉野川と言えば、うちの子供は一度も行ったことがありません、

夢に良く出てくる川と言って 

とても気にしていた川です。

子供の夢の話なのですが、

本物の夢はおばあちゃんがいる川の水から鬼ごっこをしながら、

いろんな場所に入っていくとか、

それで陸地にあるお城は入口の偽物で、

本当の本物のお城は観音様が入口で水から中に潜って入って行くと言っていました。 」(某読者様B)



<(_ _)>


実は この吉野川 

Mちゃんも 幼い時から すごく反応した場所です

行った事が無いのに その夢を見て 

その先に地獄の王国を感じたのだとか


Mちゃんは生粋の血筋ちゃんです   


吉野川は別名 

紀の川とも 呼ばれています

(ノ゚ο゚)ノ

実は日本における地獄の起源は 

MAHAOはここだと 感じています


地獄とは魂が 痛みを感じる場所

そして仏教をはじめ 

様々な宗教は魂の供養の名のもと 

その魂に苦痛を感じさせる行状を

長年繰り返し続けてきました

m9(・ω・)



今回はそんな吉野川の話を 書いてみようかと想います



吉野川は 精霊流し発祥の地

盆に戻って来た魂を 冥界に送る為

川に和紙でできた船を作って

一斉に 紅い火を灯し 

川に流す


魂は その船に乗って冥界に帰り 

成仏するという話でもね 


これも長年 繰り返されてきた詐術

何故 魂が現世に戻ってくると想う?

それは魂が無念の想い 

この世に報われなかった未練を持っているから 

完全に成仏した魂なら 

戻ってくることはない 」


φ(・・;)・・・・・・・・



吉野川は 昔死体を流していた 



精霊流しの起源は 死者を海に流したことにはじまるの

吉野川の源流の先にある 奈良の王国の跡地には

やたら大きな墳墓大王の墓はあるけれど 

奴隷たちの墓はない 


奴隷 小作人 労働者

王国の為に無理矢理駆り出され 酷使された人は 

死ぬと死体を その地で埋められずに 

川に流された  


天皇家の祖先は 

神聖な自分の王国に彼らの墓を作ることを 嫌がったの 」


φ(・・;))))))))



しかしそうして異界に流された魂は 

またその地に戻ってくる

奪われ酷使されて 

それで未練を持たない魂などは居ない


昔の人々は 霊魂をより見えやすかった 

そして特に夏 

空気に湿度を含んだ時期にその想いは 表出されやすかった  

支配者は そんな彼らの魂を怖がった


そしてある者が 定期的に 彼らの魂をまた海に送りだす行事を考えた

魂が戻ってきたら また海に流す

また戻ってきたら 海に流そう 

それを際限なく続けようと 


それが精霊流しの起源 」


φ(・・;)!!!・・・・・・・・・


「 

でもね 精霊流しとは 

魂にとって地獄以外の何物でもない

だって報われなかった魂が 

その想いを認めてもらえずに

祓われ続けるんだから 


和紙の船に 字を書いて 

その中に 魂を封印する火をともし 

魂を送り出す  


その行事に 人の想念を集める

同時に願い事を書いたり

火祭りなども行う 


魂は 現世の時の記憶があるから

炎で燃やされるイメージをすると 

熱さを感じるの 


やめてやめてと 

火に追い立てられるように逃げていく


そして船が沈むと

その魂も 封印されているから 

共に海の中にもがき苦しむ様な感覚を得る


各々の魂が抱いたイメージで 

様々な苦しみの世界に行く 


それが地獄 


送り火とは 残酷な行事 

無理矢理 魂を追いたてて 

その魂に地獄を与え続けてるの   」



φ(・・;)・・・・・・


今まで成仏供養の名のもとに 

現世に未練を持つ人々の魂は 

無理矢理冥界へ追放されていった


でも現世に未練を持つことが何故 悪いのかしら? 


生きてる時に人々から奪い取った

搾取者が現世に未練を持つ魂を

怖がったからに 

他ならない


人生で 

誰にも奪われる事がなければ 

誰も恨んだりしない 

未練も残らない 


魂はエネルギーを取り返す為に 

この地に戻って来ている 


ならばその魂を 供養の名のもとに 

追い払うのではなく 

そのまま受けとめてあげればよいの


しかし強盗犯の血筋には そんなことはできない 

恨みの想念が溜まると 

自分らが取り返されるのがわかってるから 


だから夏の最も魂が 表出される時期

一斉に儀式をしたり 祭りを取りしきる


祭りとは 魂の封印の為に行われた  

この魂の苦しみを日本で最初に与えた地が吉野川 


そして支配層は恨みが余りにも 溜まり過ぎると

その土地から逃げ出すように 都を変え

そこでも 追い駆けて来た魂に 精霊流しをして 

さらに都を変え また精霊流しをして 

そんな行為をずっと続けて来た 」



φ(・・;))))))


封印 その事が 魂の苦しみ 

地獄を作り出す温床となっている


そして支配者は その封印を

さも極楽浄土に導くような独特の言い回しの呪術をして

人々を煽動し

自分らの祖先の魂に 苦しみを与える儀式を 

その子孫に執り行わせ続けて来た 


魂に苦痛を与える事は地獄

そしてそんな地獄を 

ヘルクリエイターは 裏で操り 

作り続けた   」



如何でしょう?

<(_ _)>

実はMちゃん曰く 

吉野川こそ 

日本の地獄の発祥の地なのだそうです


まあ確かに  Mちゃんの言うように

もしこの世に居る間 

超自由に 超楽しく 超ハッピーに生きていたなら(^◇^)ノシ))♪


誰にも酷使されることなく 生きていたら

おそらくその魂は 死後もハッピールンルン♪な状態でしょう


別に供養などせずとも こう考えるかもしれません

(≧▽≦)?

ツギハドコニウマレカワロウカナァ―?



でも支配者は 人々の自由を奪い 

奴隷として使役し さんざん奪った挙句遺体を 川に捨てました 

魂は海の底でもがき苦しむ

(・・;)


これでは確かに エネルギーを取り返すまで

無念の状態が続くでしょう 


俗に三途の川という イメージが在ります

死者を 地獄へ渡す川


実はMちゃん曰く

(ノ゚ο゚)ノ 

この三途の川の原点が 

古代王朝が死者を流した 吉野川なのだそうです

(・・;)


死者を三途の川から送り出す事で 

魂の地獄に魂が送られていることを指す


もし未練があるのなら

お経や呪文など 

音の呪法で 魂を 無理矢理祓わずに

そのまま未練を持った形で 受けとめればよいだけです

(・ω・)


でもそれを支配者の血筋の者達は為し得なかった


「 魂を 供養という名の 地獄へ 封印する 」


最初Mちゃんから 

この吉野川の話を聴いた時に

MAHAOも これ程酷い事はないのかなぁ 

と想いました

φ(・・;)



でも 様々な読者様 

知人から 同じような情報を頂き

中には 仏教が 霊的地獄を作り出す役割を 

果たしているという 指摘もありました 


「 霊的世界の構造を感知できるなら 

供養の欺瞞性については 実は見抜ける筈です 」


その様なお話しを聴き

Mちゃんが幼い時に 夢で見た情景は 

実は正しかったんだ と想いました

(ノ゚ο゚)ノ 


さらにどうしても許せないのが 

そうした魂の地獄を現出させてる ヘルクリエイター達

(-“-)


Mちゃんはこう言っています



ヘルクリエイター

彼女らは 吉野川に 惹かれるの 

魂の苦しみの響きを感じ   

そこに 歓びを見出すの


死者を送り出す三途の川には 

奪衣婆という醜い老女が居る


彼女は 死者から衣類を剥ぎとり 

地獄へ送り出す役目


奪衣婆が 衣服を剥ぐのは 

その魂に 獲るものがあることを暗示している

賽の河原も同じ 

死者たちが積み上げて来たエネルギーを奪う事を象徴している


だからこそ地獄に送り 魂に苦痛を与え 

そのエネルギーを盗ろうとする  


奪衣婆は 日本におけるヘルクリエイターの 象徴的な存在 

地獄の母で産みの親 」


φ(・・;))))))))・・・・・・・・


彼女は地獄に死者を送り 

地獄の大王達に 苦痛を与えるよう 誘導した  

そして魂のエネルギーを収奪し 付け替え続けた 


彼れらは死者の魂に 地獄をイメージさせ 

苦しみを与えることで取り返しの想いを 諦めさせようとするの


魂が受けた苦痛により 

取り返す想いを 放棄すれば  

彼らが本来 取り返せる筈だった エネルギーは行き場を失う


そしたらそれを諦めさせた者に エネルギーがまた 流れる仕組み 

そのエネルギーは 彼女らの手によって

また吸血鬼や 支配者達に付け替えられる


そうすればより多く この世に 地獄を産みださせるから 

冥界や地獄とは 実はこの世に地獄を作り出す為の 

エネルギー補給源の役目を果たしている 


地獄の概念を流布してるのは 

魂に 地獄の恐怖や罪の意識を 感じさせ 

魂からエネルギーを奪いやすくする為


地獄の概念の流布こそが 魂から エネルギーを収奪する 根本のシステムなの 

本来 魂に罪なんてものはない 

罪なんて存在しない 

やった事が やり返される

ただそれだけ 

その原理しか 宇宙には 働いていなかった


罪という概念は 

返ってくるという宇宙の法則を濁らせて

一方的に 奪いやすくする為にできたもの 」


φ(・・;)  


そして魂が 奪われたエネルギーは 

支配者達の 権力維持に使われて

現世で 多くの地獄を作り出した 


そのエネルギーで夢殿は編み出された


物部守屋公の魂が夢殿の基点なのは

彼の魂を封印し続けることで 

彼から奪ったエネルギーで 夢殿を維持させれるから


実は夢の序列世界 

夢殿と 魂の地獄は二重構造により支えられている

生きてる人の地獄の原因となっている夢殿を表出させてるのが 

実はこうした死者達の地獄なの 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・ 


魂の地獄はエネルギー源となり 

夢殿は築かれた  


そして夢殿にはもう一つ入り口があるの 


水場

井戸であったり

池であったり


実は夢の世界 

イメージの世界では 

そこから水脈を通じて地獄 黄泉の世界に繋がるの


そして夢殿は この地獄から さらに操作されるようになっていた 

だって夢殿のエネルギー源が 奪衣婆達が 与えてきた魂なんだもの

エネルギーを渡す者の意に 

エネルギーを受けるものは染まってしまうから 


地獄のヘルクリエイター達が 

序列に関係なく 夢殿を その意に染めあげられるのは 

実はエネルギーをあげ続ることで 

その行為は容易かったの 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ヘルクリエイター

その魂の基点は妬みだけ 

黒い想念や  人の苦しさを 美味しく感じている 

それだけを 食べて生きていける 

ヘルクリエイター 


そしてヘルクリエイターには掟があってね  

自分が 奪ったエネルギーを 自分にはつけてはならないという 掟

そのエネルギーをその身につけてしまうと 

元々苦痛を与え 亡者たちから奪ったエネルギーだから

そのエネルギーの形質に染め上げられ 

その後 もらった魂が 地獄に引きづられるようになるの 


吸血鬼が 自己破滅的になるのは 

付け替えたエネルギーに 

その魂が 染めあげられてるから


だから彼女らは 地獄を作る為には 

付け替えはするけれど

決して自分には 付けようとしないの 」


φ(・・;)


元々収奪が無ければ

地獄なんてこの世には起きなかった

魂に痛みを与え

それを見た人々に 罪の概念を植付け

そこからもエネルギーを吸い取り続けて 地獄を作り続けた 


でもそんな奴らの魂こそが 地獄そのものだった


でもね 地獄は もうおしまい 

私だけでなく 何人もの濃い血筋の者達が それを感じている

彼女らは多く 地獄を作り過ぎたの

というよりぶっちゃけ地獄に落とす魂を 量 多く集め過ぎた 


その量は地獄の許容量 限界点をはるかに超えてるの  

どんなエネルギーも その身に余るエネルギーを受け続ければ 

その世界自体が 崩壊する


地獄の母体自体が 崩れだしてるの 

木の反撃も起きている   

取り返しも方々で起こりだした  


それなのに祀り上げられて 上に居る 

愚か者は 未だに現世の地獄を 引き延ばしさせようと  

その場しのぎを続ける為に地獄を作り続けようとする 」


φ(・・;)・・・・・・・

吸血鬼の序列世界を 続ける為に

一気に何十億人殺す計画もあるそうだけど

もしも何十億人も殺したら


その魂のエネルギーで 

地獄は 一気に消滅しちゃうじゃない  


地獄の基点で コントロールできない位に 

ヘルクリエイターや吸血鬼達が増えすぎたの


だから地獄の本体は  

吸血鬼達の序列世界 

夢殿を切ることに決めたの


魂の地獄を温存すれば

また機会を見て 

現世に地獄を作り出せると 想っているから 


現世の吸血鬼ヘルクリエイター達の大半が 切り捨てられる事は もう定まっている  


だからこそ 夢殿の情報が 

広まり始めた


そうでなければ 映画で

あんな情報が 出てくると想う?


その前に潰されてる筈  」


~(ノ__)ノ

如何でしょう?


Mちゃん曰く 


もう地獄の創造者は 

現世の地獄

序列世界や階級世界 

夢殿等を切り捨てることに決定したそうです

(・・;)


確かに現世界での地獄の量は 半端ない位 拡散しました

しかし幾ら地獄とは言っても 

その起点は 人の想いや想念


それら被害者の人の魂を 一気に受け入れると 自壊してしまうのです


なので地獄世界は 

序列世界を 切り捨てることにした


それが故 今 地獄の血筋に近い上位層から 

様々な夢殿についての情報が発信されてきてるのだそうです


映画やアニメ 等で 夢の世界について伝わるのは 切り捨てる為の 布石なのだとか

サマー○ォーズも夢殿を崩せという指令なのだそうな

(・・;)



そうした作品が出る事は 

実はわかりにくい暗号の様なもので 

血筋の濃いものは 

それを見た瞬間に

地獄の真意を察知し

暗黙の了解で それを行うそうです  


そしてその構造を ばらしはじめる

φ(・・;)・・・・・・


Mちゃんはこう言っています  


逃げ遅れた奴は 生贄

生贄は多量 必要だから

反動のエネルギーが かなり溜まっているからね   


全員の血筋には

伝達されないのは

それが為 」

(Mちゃんの言葉)





追伸


ある方から こう言うお便りも頂きました

<(_ _)ノ


「 


四国88カ所のお遍路は

地図で見ると 

吉野川をはさんでいます


元々は吉野川を想念で封印する為に 集めているのです

それが為に 高越○が建てられました 」


吉野川の吉は 

大吉や 小吉の吉


吉とは 魂のエネルギーを取ることに 由来しています 

そして大吉は もらうもの 付け替えられるものが 最大限であるという状態を現します 


大吉を示されると これから先は 取り返される一方なのです 


そして大凶はどん底今まで とられ続けていた状態が マックスを現します  

これから 取り返しがはじまりよくなっていくことを示しています 」(読者C様)













ストロベリー


秘仏が人目に 

晒された時 

法隆寺は 崩壊するという 

伝承がある  


でもその真意を 

僧侶達御一行は  

余り気づいていないご様子だけど  


法隆寺と言えば 夢殿 」(Mちゃんの言葉)



さて某方から 

こう言うご質問がありました 

<(_ _)>


MAHAOさん 

地獄の本体に 

人間の夢の世界である 

夢殿世界も切られると仰っていましたが 


吸血鬼やヘルクリエイターの大半も 

切られるようなことをおっしゃっていましたが 


でもコメント欄で 

こうおっしゃっていました 

助かるのは手柄順と 


その様に書かれていたと想います 

手柄とはどのようなものでしょうか? 


これから先 生贄を多く捧げれる者でしょうか?

どうか お教えください  」


同様のご質問を 数名からいただきました

<(_ _)>



手柄・・・・・・

(・・;)

はっきり言って MAHAOは 

その概念や意味を余り掴んでいません


Mちゃんがそのようなことを口にしていたので  

同じような言葉で お答しただけです 


ただはっきりいって

(・・;) 意味ワカラン


なのでちょっと 

Mちゃんに手柄の意味について

詳しく聴いてみることにしました

m(・・;)ピッポッパッポ


(・・;)9)トゥルルルルルル―トゥルルルルルルルー


(・・;)9)!カチャ

あっ もしもしMちゃん? 

手柄の意味について 教えてほしいんだけど

ブログ読んだー?



そしてMちゃんから 

手柄の意味について

こんな回答が戻ってきました

<(_ _)>


あのさぁ

地獄が エネルギーがいっぱい入って 

パンクしそうな時に 

生贄を捧げるって 面白いアイデアね 



張り詰めた風船に空気を入れ続ければ 

風船が破裂しちゃうことは 

目に見えてるよね?


地獄が自分達の 危険性を感じてるから 

生贄を創り出している 集合世界を切るわけなのに

そこでまた生贄を送り続けたら 

真っ先に抹殺リストに 志願しちゃうことじゃない?


愚か者はね 

今まで自分が上手くいったやり方と同じ方法で 

続けようとするの


性懲りもなく 


主人の空気を読めない 

犬はね 

持ち上げられながら 

落っことされるの 」



(・・;)9)・・・・・・・・・・・・・


Mちゃん曰く こういう事だそうな

<(_ _)>


なんでも20世紀は 

(ノ゚ο゚)ノ

かつてない位に地獄が

この世に現出され

夥しい量の 供物とされた魂が 地獄に送られたとの事です


それと共に 吸血鬼や ヘルクリエイターの血筋達は

搾取的体制や 経済を世界中に広げ 

かつてない位に 繁栄を謳歌しました


そして30年くらい前から 

送られてるエネルギーは 溢れだしてきたそうです

(・・;)


怨念が地獄から 漏れ出してきた・・・ 

地獄は何回も シグナルを送ったのですが

その意味を取り違えたのか

吸血鬼 ヘルクリエイター達 犬達は 

地獄に よりお供えを続ける為

自分達の序列をあげる為にも 

地獄の増産を 

世界中で広げたのだそうな 


地獄は そうして流入する 

エネルギーに耐えきれなくなっているのだそうです 


Mちゃんの話では 

地獄は夢殿を含む 

多層構造になっているのだとか 


(・・;)

多層構造が よくわからないので 

詳しく説明してもらったら 

MAHAO的に チンプンカンプンでした

<(_ _)>


ただ夢殿の様な管理システムは 

世界中至る所にあるのだとか

そこから 一括して 地獄の基点に送られてるそうです 


しかしそのエネルギーが送られる量が 

地獄の処理能力では 追いつかなくなった

φ(・・;)・・・・・ 


そこで地獄の主は 

過剰に供給するポンプ世界  


夢殿もしくは夢殿に類した 

世界中の潜在意識の管理所

宗教組織 支配体制が作った

集合意識管理所と 

それに奉仕してる犬達を一度ばっさり 

首切りすることに決めたそうです

φ(・・;)



「 

10数年以上前から 警告は為されていた


地獄は破裂する 


幼い時の私はそれを 

敏感に感じ取っていた 

地獄の夢を見ていたし

地獄がどんな状態なのか 分かっていたから 


余り搾取をしなかったつもりだし 

人の想いや相談を叶えて 

生きる為の気や想いを対価の引き合う形で貰う 

そんな形式をとっていた 


獲り過ぎる事は 身の破滅に繋がるから

そのシグナルは 発されていたの 


そして去年 風が変わった 

風土が変わり 

様々な作品で 

あれだけくっきり世界中の夢殿の姿が表わされた 


私は一斉に血筋の者達に 

最終警告が 発せられたのを知り 

時が来たと想って 本格的に 行動を開始した 



集合意識の管理世界を 破壊するような 仕掛けを随所に行い 

夢の技法や エネルギーの術について

一年以上かけ 話したことも その一つ  



個人的には 様々なヘルクリエイター達が 

自爆するように誘導した  


最近吸血鬼キラーの女性達って増えているよね 

あれはね取り返しの怨念が 溢れだしてきてる事もあるんだけど


同時に 

地獄の指令を敏感に感じ取った 高位の血筋の者達が

社会の大ボス達を リストラしてる意味もある 



最大手派遣企業の倒産は早かったでしょ

最近になって護られていた政治家の血筋が 

次々と不慮の死を遂げてるよね 

芸能界にも 破滅の天使達が 一斉に降りて来たよね 



手柄とは 空気読まずに 

地獄に魂を送り続けた 

夢殿や ヘルクリエイターや 犬達を 

一匹でも多く滅ぼすこと 


お腹が満腹で 

王様の胃が痛いのに

その真意を理解せず 

王の口にひたすら

食べ物を運び続ける愚か者は 

処刑場の中に いるようなもの  」(Mちゃんの言葉)  



MAHAOは

Mちゃんの 話を聴いて

こんな事例を想いだしちゃいました

(^◇^)ノシ))ワーイ♪ 



去年面識を持った

件の呪術者


実は その呪術者一門は

自分達の伝承を数百年間 

血筋以外の者には 

門外不出としてきたそうです


そして自分達の血脈にだけ 

伝承の一端を教え続けました


しかし数年前 

その呪術師は 

このような夢を見るようになったのです


夢の世界で 

呪術師の先祖たちが 次々に出てきて 

彼に こう告げたのです 


「 世に広く知らしめよ 

早く 世に広く知らしめよ 」と 



伝承や秘伝を 世に広く知らしめよ 

その夢を 呪術師は 何度も見続けました 


呪術者は それを夢の世界からの指令と感じとり 

セミナーを開き 本を売り 

一般の人々にも 自分の伝承の一端を 売りはじめました

(・・;)・・・・・・・・


しかし哀しいかな 

その呪術師一門は 

数百年間 伝承を隠匿していた性質もあって

もったいぶり癖がつき 

肝心かなめの情報は 隠すように教え


逆に集まったセミナー受講者たちに 

呪法を仕掛け 

気を吸う養分として取り扱ったのです


さらに自分に腰巾着をしてくれた弟子にだけ

秘伝の一端をもらしている 

φ(・・;)・・・・・・・・


彼は養分達にセミナーを開き 

本を売って 忠実な数人の 下僕を作る事で 

世に広く知らしめよと言う夢を

遂行してるつもりでした



しかし彼は 夢の真意を取り違えていました 

世に広く知らしめよ というのは 

実は こういう意味だそうです


世に広く知らしめれば 

夢殿は 成り立たない 


つまり夢殿を破壊しろ 


夢殿は大半の人が まだ知らない情報です


Mちゃんが  MAHAOに 夢殿の情報を 詳細に 

明かすようになったのも 

それが広まれば広まるほど 

夢殿の破壊に最も効果的だと知っているからです 



「 

全ての人達が 夢で奪われてることを知ったら 

もしくはわからない形で 

吸血鬼達やヘルクリエイター達に 運や気を吸われてる事が明るみにでたら


彼らの作った夢の帝国なんて 

簡単に崩壊してしまうでしょ


その呪術師は  生贄にされたの 

地獄に対する生贄じゃなく 

溜まり過ぎた怨霊たち 

養分にしてきた者の取り返しの念を鎮める為の生贄


先祖たちは 自分らの魂が供物にされるのが嫌だから 

地獄の指令を忠実に実行しろと 

子孫に 最大限のシグナルを送ってたの


血筋の者達にも そのシグナルは出されていた 

だから吸血鬼キラーが増えたの 

ヘルクリエイターを倒す者も増えてきた 

映画(サマーウ○―ズ)では 長男の行動が引き金だった 」


φ(・・;)・・・・・・・・


奴は夢の世界からの信号を取り違えていた

大半のヘルクリエイターや犬達も 信号を取り違えている


まあわざと大半が気づかないように 信号を送ってるんだけどね 

血筋の生贄は必要だから


気づいた者の大半も 夢殿の一部を 維持しながら 

木端達を生贄にして その場しのぎでやり過ごそうとしてる


でもね

地獄からの指令をこいつらも読み違えてる 


夢殿をご破算にしろというお達しなの 

地獄は賢い血筋だけを 

残したい 


賢い血筋だけが 残ってさえいれば

夢殿よりも巧妙に 

よりバランスを崩さない形で

より管理された地獄を作り出せる


生き残る為のテストだったの

ただわかるのか 

わからないだけかの 


地獄の掟は 非情  」



φ(・・;)・・・・・・・




晩秋




ある日

さくらちゃんがこんなことを言ってきた


MAHAOちゃん

何故夢殿 

1000年以上も崩れてないね? 」


φ(・・;)何故?・・・・・・


だってエネルギー移ろいやすいね

人の心もエネルギーと同じね

1000年あったら 

夢の世界も構造も変わってるはずね

でも夢殿1000年以上崩れてないね

何故ね? 」


φ(・・;)・・・・・

えー・・・・

そっそれって・・・

文化とかに組み込まれてたからじゃない?

それに生命線の原理とか使って 

地位とか序列とか 餌にしてたから?


それ おかしいね

文化移ろいやすいね 

価値観 移ろいやすいね

人の想いもっと移ろいやすいね 


でも序列 移ろわなかったね

移ろうどころか

価値観 強化されてたね

何故ね? 」


(・・;)そっそういえば・・・・・

なんでだろう・・・・・・・・・・・・・


さく知ってるね 

そこにもう一つ鍵あるね

夢殿壊れてる 最大の秘密ね 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・



さくらちゃん曰く こう言う事だそうです


元来宇宙や自然エネルギーは 

移ろいやすく 変化しやすいもの

(ノ゚ο゚)ノ 

そこに派生する全ての想いも 

自然のエネルギーと 緩衝し合い 

どんな存在であっても 想いを変えやすいのだそうです


人間界を序列という構造で 支配管理していた 

想いの集合意識 夢殿 



そうした夢殿が 自然のエネルギーと違い 

その集合意識の想いは 全然移ろわずに

逆に どんどん固定化されていったのは 

宇宙エネルギーの構造的におかしいのだそうです


そしてさくらちゃんは 

長年 夢殿が崩れなかった理由を

こう結論付けていました


エネルギー 移ろわないのおかしいね

血筋守ってるからじゃないね

血は混ざるね 

血も移ろいやすいね


今まで移ろわなかったの 

自然のエネルギー抑えてたからね 


龍穴や水脈 

大地から湧く自然のエネルギー


そこに神社 寺

結界作って封印してたね 


神社自然守ってないね 

自然守るふりだけね 


自然エネルギーと 

人間 

緩衝するの抑えてるね 」



φ(・・;)・・・・・・・・・・


Mちゃんにも その話をしてみたら 

Mちゃんも そのようなことを言っていました


間を存在させ 

時間の流れを 狂わせると


気の流れは 

実は体感的な時間の進み方でもある


自然界の気の流れは 自然の時間の流れ 

人間界の気の流れは 人間の時間の流れ 

時間の感じ方は 違っているの  」


φ(・・;)・・・・・


人間だけ 自然界の気の流れから 取り残されている

自然の流れの速度にあっていないから 

自然から見ると 

人間の 時間が

止められてるような状態にも 見える



そして吸血鬼ヘルクリエイター達は 

それにより一方的な収奪を

可能にしてきた 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・ 


通常 誰かが 目の前の人間に気を与え続けると

段々 体感として 自分の気が少なくなる感じがする 

自然のメカニズムとして 

自分の気が 少なくなる体感を感じると


今度は 目の前の気の多い人間から 

気を吸いだすの

そうやって自然の循環が行われてる 



でもね 

自然の気の動きと違って 

人間界の気の動きが 

止まった感じになるとエネルギーが少なくなる 

体感もわかりづらくなるの


身体に自然の気を受けて 

気の体感を知ることができるから

気が少なくなることを感じなくなると 

一方的に捧げやすい存在ができあがる 」



φ(・・;)))))))


「 

序列が固定化されたのは 

それが為 


人々が自分らのエネルギーが

少なくなる体感を認知しづらくなったから 


想いの移ろいは 

自然エネルギーとの 緩衝によって起こる

言わば自然との響き合い 

それにより起こる


隔絶された状況ならば

想いの変化は起きにくい 


全ての想いは 周囲全てのエネルギーとの緩衝により 

想いのゆらぎを産むから


そして吸血鬼ヘルクリエイター達は 

その想いの揺らぎを止めようと 

揺らぎを与えてる自然界の気の噴出口 吸入口 

気穴を封じてきた


そこに神社や教会を建てて 

石を配置し 

効果的に 気穴を塞いだ  


自然界からの強いエネルギーが流入しづらくなって 

自然界と人間界に 間ができた



間は時間のとり方 感じ方を狂わせる

閉鎖した空間に居ると 

段々外の時間がわからなくなるでしょ 

あれと同じようなもの



結界を作る事で支配者は 自然の緩衝を止めて

時間の止まった王国を作らせたの 」


(((((((((φ(・・;))))))))))))))


Mちゃん曰く こういうことだそうです

<(_ _)>


本来地球には 気の流れを司る 気穴の様なものが随所に 

存在していました 

物理的に穴があいてるのは少ないのですが

そこから気が出たり 入ったりするそうです 


そしてそこから湧き出る気の揺らぎが 

人々の思考や 想いに 大きく影響を与えていた


しかし吸血鬼達は 

人間のいる地域の気穴を 結界で塞ぎ

人間界に本来入ってくる 

気の流れを

無理矢理抑えて

自然の流れ 自然な体感を感じないようにしてしまったそうです

(ノ゚ο゚)ノ


人間が実は自然と距離があるように感じるのは

世界中に作られた この結界のおかげだそうです

(-“-)



それにより吸血鬼達は 

夢殿など 支配の体制を 少しだけ姿を変えながら 

その本質を 続かせることができたのです


言わばエネルギーの流れを塞ぐ事で

エネルギー干渉を防ぐ術だとか 



Mちゃん曰く 

揺らぎの起源で 人の心が変わるのは

旧約聖書の一番最初に記されていると言ってました


それは アダムとイブの物語

(・・;)

イブが蛇の実を食べた事で 

善悪の概念を持ったという故事に見られるそうです


「 

イブが食べた 知恵の木の実 

後に知恵の木は 神の怒りにふれ 

蛇の姿に変えられてしまったけれど

あれは龍のエネルギー 


自然界の揺らぎを意味してる

自然界の揺らぎが

イブの想いに作用して 

妬みという想いを産み

それが故 

善悪という概念が産まれでた 


妬みに支配されたヘルクリエイター達は

自分達に妬みをもたらした 

龍のエネルギーを今度は 逆に恐れたの


人々に揺らぎを与えたら 

どのように想いが変わってしまうのか

わからないから


だから龍のエネルギーを次々と封印しはじめた 

世界中でね 」



φ(・・;)・・・・・・・・・


そうして自然のエネルギーを受け取りづらくなった人類は 

隔絶され 特定の血筋により 

傷つけられる 牢獄に入れられた  」


そっそうなんだー

φ(・・;))))・・・・・・・



でもねー 

風が変わったんだよねー


実はね あれって・・・・・

結界の大半が 

ほとんど要をなさなくなったってこと 」


φ(・・;)???・・・・・・・・


いってる意味 わからない?


木の反乱で 風も磁場も変わって来た

風土が変わったことを意味するの 


木達は何の為に風土を変えたんだと想う? 」


(・・;)

そっそれはみんなの嗜好とか 

好みを変える為?


まあ結論的には当たっているけれど

直接的にはこう言う事


世界的に磁場を変えて 

風土を変えて

気穴 龍穴の位置を 

一斉にずらしたの 


自然の気が人間界に流入するように果たした  

だから音の響き方が一斉に 変わった 」


φ(・・;)!!!!!!!!!


それは今まで気穴を塞いできた 

結界が全て要を為さなくなったことを意味する 


人々の想いに自然のエネルギーがじかに緩衝しはじめる


今まで気が溜められていた分 

溢れかえる 自然のエネルギーは

どれほどの多くの影響を 

人々の想いに与えるか

私自身も 計り知れないの 」


φ(・・;)!!!!!!!!


だから復讐が起こる事も 

あらかじめ予見されているの 


これだけ恨みの想念が溜まって

さらに人間達に 奪われてた事を実感させなかった結界が

全部 無効化したんだから 



人の想いが一斉に変わるのは 

もう時間の問題なの 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・


Mちゃん曰く 

なんと自然界の気を司る穴 

今まで神社や教会が

結界で塞いでいた気穴が

一斉にその場所を 変え始めたそうです


勿論気の噴出口が変わっただけなので 

実際に地面に穴が開いたわけではないのですが


敏感な者なら その地点に立つと

気の流れを確実に察知すると言ってました

φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・


そういえばさくらちゃんと

東京結界ツアーをした時

こんなことを言っていました


三つの鳥居に囲まれてる某神社があったのですが 

このようなことを 実は 言ってたのです


気の穴がずれている・・・と

(・・;)


何故鳥居ずれてるね 

気の穴開いてるね 

スースー スースーあそこから 気が抜けてるね


本当は 鳥居置いて塞ぐなら 

あそこに場所変えてないと駄目ね


意味無い所に 鳥居建ててるね 

気ダーダー 

抜けっぱなしね 」(さくらちゃんの言葉)


<(_ _)>



その時は 意味に気がつかなかったのですが

今想うとあれは 

結界が崩れたというより

φ(・・;)

結界を置く位置がずれてきた!!!



「 

呪術師や大ボス達は 

自然界の気の流入で 人々の想いが揺らいでいるのを感じてる


だから慌てて結界を張り直してるけど

気穴の位置が 全部変わった事には 気づいてないの


だから元ある気穴の場所を 

さらに強化する愚行を犯してる 


気の動きが無くなった場所を

何重にも何重にも 張り巡らしてる 」


φ(・・;)・・・・・・


呪術師達は 

伝承ばかり追い求め

感覚を磨くことをすっかり忘れてしまった


というか

結界造営に携わってる内に  

自然の流れに 鈍感になっていった


自然の気を塞ぐものを

古文書と公式計算だけで作ってきたわけだから 


でもね彼らが 

もし新しく移動した世界中の気穴を 

仮に特定できたとして

そこに結界を作る事ができるかしら?


時間もかかるし 予算もかかる 

新しい気穴が

別な者の土地だったら

その買収費用だって馬鹿にならない 


古屋に 虫食いの穴が

一斉に無数に 開きだしたら

それを一つ一つ補修するよりも

古屋全部を壊してしまい 

新しく家を建てた方が

費用対効果も良い


地獄が 夢殿を切ろうとするのには 

実は こう言うこともある 」


まあそんなこんなだそうです

<(_ _)>


世界中の気穴が

実は風と磁場が変わった事で 

全て移動していたという

衝撃的結末なのですが

(>ω<)/


まあそれを起こした木さんって 

やっぱりすごいんだなぁっ

(≧▽≦)


自然には勝てないなんだなぁっと

改めて 感じました♪ \(^o^)/



ちなみに

MAHAO 

昨日夢殿の操作権を 

そうした自然のある偉大な存在に委ねました


そしたら こんな綺麗な空が現れました





なんでも粒粒の様な雲は 

封印から解けた魂を現してるのだとか♪


一体 何が起こるんだろう

ドキドキ(≧▽≦)ノシ))ワクワク♪ 



どうして 神社 寺 穴づれたの 

気がつかないね


みんなで何もない所 お祭りしてるね 

想念集めてそこ塞ごうとしてるね


意味無いことね 

まるで賽の河原ね 

猫達 みんなで 不思議がってたね 」 (さくらちゃんの言葉) 









 

プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク