FC2ブログ

動画でしゅ

ものすごい動画を発見しました


全部見るとかなり長いのですが


世の中の仕組みが 記されている動画です


この動画の中身には各論異論もあるでしょうが 


とりあえず見てみてください (トップページにも常に張っておきます)



そしてもしよかったら友人知人にもこの動画のリンクをお勧め下さい





<(_ _)>


まずこちら


http://video.google.com/videoplay?docid=-845461387975920288&hl=en



次いでこちら


http://video.google.com/googleplayer.swf?docid=3110632096599506988&hl=en




BINOJURYOKU(美の呪力) Yさんの主張 &lt;(_ _)&gt; 

ある方(仮名Yさん)が男性脳と女性脳の違いについてこういう説明をしてくれました


「女性は歴史的に家庭の中で 子供を育てる役割を担っていました  自分の子孫を様々な危険から守るために 子供を見ることに徹していました   対する男性は 子供は女性に任せ 主に外で狩猟をしたりして 獲物を捕る役割を担当していました


この両者の長年の役割分担から 今の男性脳 女性脳の嗜好の違いが表れだしてきたのだと思います 男性脳は 獲物を捕る為 広く視野を取ることにより 視界の中で 状況のちょっとした変化も見逃さないようにする能力を身につけました


逆に女性は 子供を守る為 ある意味 子供のみという 限定的な視界に狭めることにより 我が子の微妙な変化を察知したりする技術を身につけました 


よく女性が男性のちょっとした変化から浮気を見抜くというのは 女性脳の為せる賜物でしょう 



男性は必然的に視野を広く見なければならなかったし 女性は必然的に視野を狭く深く見なければなりませんでした  両者の間に ファッションの嗜好の差が出るのも この伝統的な役割分担が尾を引いていると思われます  男性は女性が気にしてるほど ファッションの一部分一部分に着目してるわけではありません 


基本的に見ているのは 大雑把な部分だけ 髪の色 髪が長いか短いか 服はシンプルか模様があるか  そんな大枠な所と立ち居振る舞いなどの雰囲気を見ているにすぎない 


女性が考えるほど メイクやアクセサリーや 服の模様色に反応してるわけではない いくら時間をかけてメイクやファッションに拘っても そういうものは男性脳ではひとくくりに 状況の変化を見る為に邪魔な存在 うるさいデザインとして脳内で処理されてしまう 


逆に女性は子供を着目してみる傾向が ついてしまった為部分部分に目がいきやすくなったその為 普段でも対峙している相手の肌のあらや 来ている服の一部分一部分 歯や目や鼻などの造作が否応なく目につくようになってしまったその為 あらが見える部分を誤魔化す為に 化粧が発達したりもした 


だから男性と女性の間で 何に美しさを感じるのかが分かれてしまうのも 致し方ないでしょう 


でも私が許せないと思っているのは ファッションメディアです 


特にいかがわしいと思ってるのは モテルファッションという特集です 



女性雑誌でもよく特集されているのは モテモテファッションとか究極のモテメイクとか  彼を悩殺するとか 虜にするとか書いてますよね でもそこに載っているファッションの殆どは どう見ても男性脳から見ると うるさい視覚物の集合体にしか見えません 


七色の顔料を施したメイクだったり 金属光が眩いアクセサリーだったり毒々しい迷彩の服だったりします  そういったファッションを 雑誌は 「彼を悩殺するファッション」とか「虜にするモード」って書いています


もちろん ああいう雑誌の企画をしてる方の何人かは 本当に男性からモテルと思って そういうファッションを薦めてるかもしれません 


でも大多数の男は ああいったファッションが実際に男心をそそらない事を知っているはずです 


男性にとってもしああいったファッションをした女性が魅力的に見えるなら 男性誌のグラビアアイドルは ああいったケバケバシイ姿の女性に占領されているはずです 


でもそうはなっていません 男性に人気のアイドルだって比較的シンプルな格好のアイドルタレントが多いです メディアはそれを知ってるのに いけしゃあしゃあと ああいった女性のファッションを男性からモテルと煽っているのです 


何故 本当に男好みにしないのかって ? それはあの特集の服の値段を見ていただければ わかると思います  そう言ってYさんは女性雑誌の一部を広げて見せてくれました 


「バッグ126000円 ワンピース68000円 コート220000円 アクセサリー24800円 商売になるんですよ この手の服は 言わばこの手のメーカーから広告代が入って それの宣伝誌なのです 


ファッション誌は しかもこの手の服はすぐに時代遅れになるように作っている  逆に本当に男性が好きそうなシンプルな服は 昔からあまりデザインが変わりません 


シンプルイズベスト 言わばあまり買い換える必要が無い服です  大部分の女性がファッションに大枚をはたく目的は 主に魅力的な異性の目をひきつけるためにあるという事を ファッションメディア関係の人間は知っているはずです なのになんで男好みのファッションを特集しようとしないのか 


基本的に多くのメディアがブランドと呼ばれるスポンサーの代弁機関となっているからです 


だって考えて見てください 男性ターゲットのメディアは グラビアアイドルやタレントに男性好みしているファッションを着せているんですよ なのに女性誌では 全然そういった傾向と違った服を着せているんです


これは言わば業界ぐるみで行っている詐欺のようなものです


いわば女性達をファッションと言うお金のかかるものに永遠にお金を放出させる為に 


ああいった洗脳戦略を行っているのです 現に見てください 彼女らの好むファッション誌には 


高価なアクセサリーや・・・ 界面活性剤入りのいかにも肌に悪そうな化粧品が 美人度をあげる商品として並べられています 


最近 キャバクラ嬢が女性の人気就職ランキングに入ったりそういうファッションやメイクがもてはやされていますでもあの恰好は 物凄く若い女性に経済的負担を強いるのです 


大体本当に キャバクラ嬢が人気職業なのでしょうか?まるでメディアが  女性達を高所得につながるような キャバクラなど水商売の世界にほうりこませて 


そのお金をさして男からモテないファッションに費やさせる為に誘導してるとしか思えません 


流行に乗せられやすい彼女らなら稼いだお金のほとんどを ブランド品やバッグに使ってくれると計算しているのでしょう またファッションだけでなく 


最近美人とされる女性の体形にも異論があります昔はややふっくらした 


肉付きのある中肉中背タイプが美人とされていましたしかし今は違います 女性誌で美人とされる女性はほとんどガリガリタイプの女性 不健康そうに見えるくらい痩せた女性がトレンドです でも男が本当にそういう女性を好きかどうかといえば やはり男性誌を見ていただければわかります  ガリガリのグラビアアイドルなんてほとんど居ません 



ガリガリの女性タレントなんてもてないのです  なのに何故ああした女性を美人と女性ファッション誌がするかといえば 二つのことが考えられます ひとつは痩せ形の女性は服を綺麗に見せるため もうひとつは80-90年代に急成長を遂げたエステ業界による喧伝でしょう 



ちょっと過激なYさんの意見ですが この意見が正しいかどうか 



私は何人かの男性の知人に モテファッション モテメイクと書かれた特集記事を見せてみました 


すると一様にこういう反応が返ってきました  (・・;)



「こっこれがモテルファッションか? これが男達が好きなファッションだって? こんなの好きな男なんて居ない!」 「化粧を塗りすぎです あれだけ塗りたくってる顔は お面のようにしか見えません 」



「キャバ嬢風だよね まあ中にはこういうお水風のファッションが好きな男も居るだろうけど  まともな男はこういう女と遊び相手にするにはともかく まともに付き合いたいとは思わないでしょ 」 <(_ _)>

BINOJURYOKU(美の呪力) 蛇足の章 

こういう事がありました あるセレブマダムの家で 


昔お茶しながらテレビを見ていた時 たまたま映っていたのが 

一時話題を博して 国会議員にもなったウーマンリブ活動で有名な大学教授某T先生でした 


そのT先生が


「私ってすごくモテテいたのよ 海外に行った時なんか 現地の貴族から求婚されていたんだから 」

と声高らかに発言していた時 


そのセレブマダムは 映し出された映像に向かって 一言こうつぶやいたのです

「気の毒な人よね 胸が痛いわ 」


(・・;)))えっ?

「それとあの人女性の自立自立って言って 既婚女性に仕切りに離婚を薦めてたけど 皆が自立して 一体何のメリットがあるのかしら? 世の中は助け合いでしょ皆が自立して 誰にも頼らないで そんなに社会を孤独に 突き進ませて 一体どうしようというのかしら?」






さて こんな私もテレビや映画の影響を受けて一時期 キャリアウーマンなるものに憧れていた事があります


それは 昔からの知人のT君とT君の知り合いだというOさんという赤毛でパーマをかけたロングヘアの女性に会った時の事でした


Oさんというが女子大生がタバコを吸いながら


「私の目標は  10年以内に 1000万プレーヤーになる事なの!」高らかに宣言していたのです 


(・・;)? 1000万プレーヤー?1000万プレーヤーって何だろう? スポーツ選手の事かしら?


「あの~1000万プレーヤーってなんなんですかぁ?」


そうおどおどと聞くと Oさんは煙を吐きながら 

「年収1000万って事よ 私はそれ位稼ぐ女になるの! 」と自信満々に答えてくれました 


なるほど1000万プレーヤーってキャリアウーマンの事だったんだ (-_-;)


そう納得した 私MAHAOは その後Oさんと別れ T君とふたりになった時 こう言いました 


「キャリアウーマンになりたい女性って多いんだね !私も1000万プレーヤーになったら モテモテになるかしら?それならOさんのように強い女になるじょ!\(^o^)/ 」


それを聞いたT君は 目をひんむいて こう言いました 


「MAHAOちゃんが? 一体?何のためになるの?」


「私 カッコ良い女になるの~♪\(^o^)/ そしたらモテモテになる~♪」



「ぶんぶんぶんぶん(首を振りながら) あれは駄目!絶対に駄目!あれは女性ファッション誌以上にヤバい!」

(・・;)えっ?やばい?


「あのねぇ 冷静に考えてみて さっきここに居たOさんが 1000万プレーヤーになったからと言って 男にモテルヨウニなると思う?」


(・・;)?エッ?モテモテになるんじゃないの・・・


「まあある程度経済力がつけば お金目当てのホストタイプの男ならついてくるかもしれないよ・・・


でもさっきOさん 僕たちと喋ってた時 足組んで タバコ吸いながら仰行に喋ってたよね 

それに髪なんか凄い色のパーマをしていた 


1000万プレーヤーになるよりも そういう仕草とか直した方が彼女はモテルようになると思うんだけど 」


(・・;)・・・・・・・


「大体メディアの言うように 自立した強い女って男からモテルと思う? まあキャリアウーマンという生き方は否定しないし それも立派な選択だと思うんだけどね


ただいかにも私 仕事できるのよ!とかいう感じで 突っ張った感じで コピーとかを頼んだ時でも  


「なんで私がコピーとらなきゃいけないの?女性差別です!セクハラです!」って噛みついてきたりする人って


男女関係なく 同僚としても 人としても相当ヤバいと思うんだよね 


勿論 仕事の主張はするべきだと思うんだでも言い方とか立ち振る舞いで 印象が全然変わってくるわけじゃない もっとしおらしくした方が・・・ 」


でも最近 強い女性の方がブームですよね(・・;) そういった女性がモテルって雑誌にも書いてありました  

映画でも「猟奇的な彼女」っていう映画があって強い女性に男性が憧れていたような・・・



「んなわけないって! その映画 俺も昔見たけど あの主人公の女の子って 外見的に かなりはかなげで清楚な美少女だったよね 


ああいう少女が強い性格っていうのは それはそれでありだとは思う 


でも想像してみて もしあの映画の主人公がケバケバシイ派手なファッションをしてたり


さっきのOさんのような身振りや髪型してたらどうよ? おそらく大部分の男性は予告だけ見たら 


本編は絶対に見ないと思うけど・・・

キャリアウーマンだってそれと同じ 言っている主張が同じでも 


言い方とか言ってる時の仕草で 相手に与える印象は違ってくる 



例えば同じ内容の主張をしても 

奥ゆかしくはかなげな少女のようにそれを言うのと 

威圧感のあるおばさん口調でまくしたてて 同じ事を主張するのでは相手に与える印象が全然違うんだよ


男だって同じことが言えるでしょのべつまくなしに早口で怒鳴る男の上司より 

静かにゆっくりと諭す上司の方が喋ってる内容が同じであっても 信頼感が増すでしょ 


人間は 特に男性は視覚的なイメージを大事にするからね 

別に差別する気はないけど その方が得じゃない  


人から好感を持たれることが 仕事の大きな要素じゃない」


(・・;)・・・・・


「 良くメディアで女性の自立自立って連呼してる コメンテーターがいるけど


お互いが完全に自立してたら 一緒に暮らす意味はないじゃないか 


そもそも人間は 助け合って存在するものなんだよ 」


(・・;)まあ確かに・・・ 


「 それにT先生はじめとするウーマンリブのコメンテーターは 


専業主婦がさもダサい生き方のように

露骨に見下してるよね 


経済界のトップの一部も 専業主婦も働いた方が良いような事を勧めていながら


自分の奥さんだけは専業主婦にしてるんだよ 


そんなに良いならば 自分の奥さんから働かせた方が良いじゃないか


明治時代の女性作家や働く女性の先駆けと言われた女性たちは


女性の自立なんて一言も言ってないし 

自分のやりたい事をただしていただけ 


ああいう風に他を引き込もうとするというのは 逆に恣意的なものを感じるんだよ 」


φ(・・;)



「それに某T先生って 


自立を選択したって言うより

単に自立しなければ生きていけなかっただけだと思うよ

それを恨んで 人に強制してるだけ 」



(・・;)そっそれはT君 余りに言い過ぎテジャ・・・






<(_ _)>  とT君との楽しい語らいがあってから 


MAHAOはキャリアウーマンの夢を打ち捨て  のんべんだらりと生きる道を選択するようになりまちた 





まあ賛否両論あるとは思いますが・・・ <(_ _)>



ところで 蛇足ですが 面白い動画を見つけました 下の動画の後半 10分30秒の所から 13分の部分までデシュ


http://video.google.com/videoplay?docid=-5219614342883260978



信じるも信じないもご自由に・・・ <(_ _)> 次回 美の呪力 肌のマジックに続きましゅ

BINOJURYOKU(美の呪力) お肌体験談 


タイトル未設定





「良かったら お肌のチェックをしましょうか? 今なら無料でお肌の状態をチェックしていますので 」


数年前 大きなデパートでひとりでうろうろとウインドウショッピングをしていた時のこと


化粧品売り場をたまたま通りかかると そこの可愛い売り子のお姉さんに 声をかけられました



お肌チェック・・・ そう言えばやってもらった事無かったな・・・・(・・;)


ちょっと興味がわいた私は お肌チェックというのをやってもらう事にしました 


何でも お肌に特殊な機械を当てて 水分油分ハリなどを測るというもの そこで出た結果は 

(-_-;)ドキドキ 


店員さん「 おおっこれは理想的な数値ですねー こんなに理想的な数値はなかなか出ないんですよ 」


(・・;)おおっ理想的とナ \(^o^)/これはうれぴい


店員さん「 こんなに理想的な数値なら これは維持しないといけませんよ そうだこの乳液と化粧水だったら いつまでもこのお肌を維持できますよ お手入れして維持しましょう♪」


そう言われ 店員さんが取り出したのは 一本五千円くらいする 化粧水とか乳液 

(・・;)あれ?私普段何も付けてないんですけど・・・


店員さん「 それはいけませんよ それでこうした数値が出るなんて奇跡的なことなんです 

これから季節も乾燥するし お肌の手入れは欠かせませんよ 

だったらこの理想的な肌質を維持し続けていただいた方が・・・」


数分後 店員さんのセールストークに押され つい化粧品を買ってしまった私でした・・・・・ <(_ _)>   


話は変わりまして  ある取材で銀座の高級クラブに行った時の事です


何人かのホステスさんに混ざりそこにお肌の綺麗なひとりの美しいお姉様が居ました


年の頃は見た目 20代中盤 肌が透き通るように白く もちもちとしていて   美しさが段違いに煌めいておりました  


おおおおっ (・・;) 周囲のホステスさんのお肌と比べても 圧倒的なまでの美しさ 


一体 どういうお肌の手入れをどのようにしてるのか 気になり 彼女に聞いてみました


「すごく綺麗なお肌ですね\(^o^)/ びっくりしました 普段どのようにお手入れなされてるのですか?」


「ん?これ 何にもつけてないわよ 化粧もしてないし 」


「ええええええええええええええええええええ そうなんですか?ヽ(*'0'*)ツ 」


その後話をして驚いたことに20代に見えた 彼女の年齢は  実は35歳との事 

でも肌はぴちぴちで 皺一つなく 張りがあって 色彩も美しいスノーグラデェーションで とても30代には見えません   

彼女はこう語ってくれました


「私 田舎育ちで 高校を卒業して 東京に出てきたとき 急に肌に湿疹が出てきたの 


それであちこちの皮膚科に行ったんだけど 何件も何件もいろんな病院を紹介されたんだけど 


全然治らなくて で段々めんどくさくなって  ある時から肌に薬も化粧品もつけないで放置したら 湿疹が治っちゃったのそれから肌には何もつけてないの 

あと睡眠を思いっきりとることも秘訣かもね  」


さてまたまた話は変わりまして<(_ _)> 

ここにお肌には食べられる物以外何もつけるなという 持論を持っている男性がいます 


Hさんという男性で 彼は テレビの現場に仕事で行き 女優さんや女子アナさんを現場で生で見ている内にブラウン管を通して見る彼女達と 生身で見る現実の彼女達のあまりの違いに戦慄を覚えたとの事・・・


Hさん「Sというその時代 超人気の女子アナウンサーがいたんですよ 


あるバラエティ番組の収録で現場に行った時 ノーメイクでリハーサルしてる彼女を見た瞬間 肌に寒イボが立ちました 


彼女の顔面に、ぶつぶつだらけで小さなクレーターのような粒穴が無数に浮かんでいたんですよ・・・・ 


本番の時には 仮面のような厚いファンデーションを塗って 顔の穴ぼこを隠していたんですけど それ見て実物は違うんだなって 知りまして その他の現場でも女優さんとか アイドルタレントさんとか見る機会に恵まれたんですけどいずれの現場も肌の疲れ方やつれ方を見て愕然としましてね


テレビでみる女優さんやタレントさんの肌の色って 実はメイクさんや照明さん カメラさんやスタッフさんの複合作品なんだなってその時理解できたんです 


それとああいうテレビ業界で実は本当に肌がきれいなのが 女性のADさんだったり 色気を売りにしていないお笑い女性タレントだったりするんですよ 


お笑い女性タレントさんって テレビに出てても余りメイクとか塗りたくらないんでそれを見て 化粧品やファンデーションって実は肌に悪いんじゃないかなって思って興味を持ったんですよね 」


へぇ~φ(・・;)そうなんですかぁ 


Hさん 「今の女子高生って 僕の若い時代から比べると 凄く肌が荒れてるんですよ 

渋谷のセンター街で歩いてる女子高生なんか まるで疲れたおばさんのような肌質じゃないですか 


僕田舎に行くことも多いんですけど 田舎の女子高生って僕らの若い時代の女子高生が肌質そのまんまで歩いてる子もいるんですよね


そういった子って全然化粧っけが無くて それで再確認したんです 

都心の女子高生って 若いうちから化粧をしているって 

それが実は女子高生から肌の綺麗さを奪ってきたんじゃないかって・・・」


(・・;)そうなんですか 


Hさん「調べてみると 古い時代から化粧って 白粉とか鉛が入っていて 鉛中毒とかで様々な障害を起こしてたんですよ 母体の胎児にも影響していて 上流階級で脳障害の子供が生まれたりしていたらしいです  


今の化粧品は昔より規制が厳しくなったっていうけど でも基本的にどの化粧品も洗剤に使われてるような合成界面活性剤が入っているしそういったものって口からは食べられないですよね? 

僕 口に入れて食べられないものを 肌に塗るって 実はあまり良くないことじゃないかって感じるんです 」


(・・;)Hさんの話を聞いて 思い出したのは! MAHAOが田舎の温泉に行くと いつもびっくりするのは仲居のおばさんの肌の美しさ


年を聞くと40歳とか50歳とかするのだけど 人によってはまるで10代のお肌にしか見えない


聞いてみると 化粧を全然つかってる風でもなく 生の素肌で 温泉に毎日浸かっているとの事  

山の中の名湯地の女性の肌は綺麗 これはMAHAOの体験から得た知識となりました


Hさん「おそらく田舎の山の中って空気とか水とか綺麗だし 食べ物等 そういうものも関係してるのかもしれないけど やはり自然のまま肌が女性は一番綺麗だって事ですよね 」 



ところで件の化粧品を買ったMAHAO・・・一応 ブランド品と言うので 使ってみたのですが数週間後 


ものの見事に 顔中ぶつぶつや湿疹ができて それが何か月もとれなくなって困ってしまいました <(_ _)>


その為 知人からお肌に良いとされる源泉かけながしの湯治宿を聞き

そこに通いながらほとんど何もつけず半年を経たら 見事に肌のぶつぶつや湿疹はなくなりました


MAHAOはどうも化粧品類が体質的に合わなかったようで  それ以来すっぴんをとおしておりますちょんまげ


と何故か湯治の薦めのような記事になったところで次回美の呪力 姉妹伝説に続きましゅ 


<(_ _)> 





タイトル未設定

BINOJURYOKU(美の呪力) 姉妹物語 

姉妹物語 


私の実家の近所に 一組の美人姉妹が住んでいます 


ここで仮に名前を紅姉妹と名付けましょう


彼女らは 造形的には二人とも甲乙つけがたい位 整った容姿でした


姉の名前は 聡美さん 妹の名前は百合さんと言います 

お姉さんの聡美さんはその麗しい外見に似合わず ずぼらで面倒くさがりで でもとても大らかな性格でした  朝起きる時は お寝坊さんなのでいつもぎりぎりまで寝てしまいます 


なので髪をとかしたりする手間がかからないように  手入れのいらないストレートヘアにしていました 


そしてメイクはせずにノーメイク状態のまま  服も選ぶのがめんどくさいのでいつもワイシャツにスカートといったシンプルな出で立ちで通学していました


対照的に妹の百合さんは しっかりもので 髪も服も身だしなみにも人並み以上に気を使っていました 


朝5-6時には起きて レイヤーした髪をブローして整えて 整髪料やオイルをつけていました その後ナチュラルメイクを丹念に決めて コーディネートしてから大学に行きました 


百合さんは女性の友達が多くいました 百合さんは同級生の女友達の姉御的存在として慕われていました


けれど男の人に慕われてたかと言うと・・・ 


例えば百合さんは同級生の男の子から話しかけられることもあったのですが 

相手の容姿が自分の趣味で無いと 嫌そうな顔をして 露骨に無視したり 


性格の良さそうなやさしい人でも 雑用を引き受けてくれる対象としか見ていませんでした


百合さんは相手がイケメンでないと 恋愛の対象として見れず 容姿の好みでない男の人から告白されると キモ悪がり 陰で馬鹿にしていました 


しかし百合さんが好みのイケメンさんと付き合えたかと言うと  百合さんも 性格の良い男の人を雑用係に使うが如く 


イケメンさんに貢がされたり いい様に使われたりしていました 

そして結局イケメンさんにいい様に使われたあと 振られたり無視されたりして 

結局彼らの愛を得ることは叶いませんでした 



聡美さんの方は 女性よりも 男の子に人気がありました


百合さんが 気味悪がって近づかない男の人にも普通に接し 友達として気さくに喋っていました 


美人なのに相手を選ばず気さくに語りかけてくれる それがより聡美さんの人気を高めていったようです 


百合さんは そんな姉の聡美さんのモテモテぶりを見て 納得がいかなかったようです  


「 聡美! あんた  男に媚びすぎじゃない? オタとも普通に話してるし 自分の価値が下がるだろ 普通はああいう輩はシカトするんだよ! あんなのに傍に寄りつかれたら迷惑なんだよ 」


「 そうなんだぁ 迷惑だったらごめんねー \(^o^)/」


姉の聡美さんは 百合さんに謝りはしたものの  それでも百合さんが 気持ち悪がる男性たちと 普段と変わらず接していました


それどころか こうして男性にいつも取り囲まれるようになった聡美さんは  


百合さんが密かに思いを抱くようなイケメンさんからも 追いかけられるようになりました


私は百合さんと話したときに 


「 聡美がモテルなんてあり得ない 服だってださいし 髪型だってイモ臭いし 田舎臭いし垢ぬけてない 


きっとオタに媚びてるから 男に気安く狙われるんだ 


オタ相手でも相手してもらえるなら 遊び相手に丁度良いと思われてるに違いない 」


と凄い剣幕で言われ・・・(・・;)


その話を家に帰ってから私の天才参謀であるYちゃんにしてみました 



「 聡美ちゃんがモテルのは当たり前だね   いくら百合ちゃんから見て 

魅力的で無い男の人が多数集まってるとはいっても


人は人が欲する物を自然と追いかける習性があるからね 人が人を呼ぶ現象っていうのかな 」


人が人を呼ぶ現象?(・・;)


「アイドルタレントもそうだよ 一見コンサートとかオタクっぽい人しか集まってないけど 

そう言ったオタクさん達が 何百人何千人集まると やがて最初彼女に関心のなかった人たちまでも 

自然に追いかけるようになるの あれだけ人の気が集まる所は魅力的なんだと思って 


その内百合ちゃんが欲するようなモテル男の人達も そういった存在を振り向かせようと思って追いかけだしてくるんだよ 


だってどんなものに限らず  人間は人が欲しがるものを自分が手にいれたくなる習性があるからさ


ブランド品だってそういうメカニズムでしょ  オークションだってそう どんな名品だろうとも 人が欲しがらなければ値段は下がるだけ 逆にどんな駄作でも 多数の人が欲しがれば価格は吊り上っていくんだよ 」


(・・;)そうなんだ


「結局百合ちゃんは 好みじゃない人をキモ悪がって寄せ付けないから 


自分も好みの男の人から相手にされなくなっちゃってるんだよ  モテル男の人って敏感だから 


自分と態度を変えてしまう所に 性格の悪さを見て取るんじゃない


やったことが自分に返ってきちゃってるだけだよ 」




そしてYちゃんはこうも言いました <(_ _)>



「 聡美ちゃんって 面倒くさがりかもしれないけど シンプルな格好をしてるんでしょ 


対する百合ちゃんは毎日メイクもヘアもバッチし決めてるんでしょ  百合ちゃんがいくらメイクとかヘアを決めれば決めすぎるほど 男の目から見るとそういうのって 威圧感を増す装置にしか見えないだけなんだよね


聡美ちゃんは逆にシンプルな髪に清楚な服装なんでしょ 無意識的かもしれないけど男の人が好むような行動様式をとってるじゃん 」


(・・;)むっ そういえば・・・



「 女性の多くが小じわを隠そうとメイクとかを頑張ってるけど 


男性の目から見たら 小じわなんか隠す事は無駄  だって男の人って昔から 大雑把にしか見ないじゃない 

小じわなんて最初から目に入っていないのよ 


それよりは手の動きを女の子らしくしたり 声を甘く囁くように喋ったり そういう面でアピールしないと


今の女性の多くが無駄な努力をして 肝心のそういう部分に気を使ってないの  同じ力を向けるなら そういう所に力を向けたほうが効果的だと思うよ 」


φ(・・;) やがて聡美さんには 超一流大学卒の超エリートで性格もやさしく人格者の頼もしい彼氏ができました


  ある日 聡美さんとその彼氏に同席する機会があったので  ものの試しに私が彼氏さんに JJやCANCANを見せてみると 彼氏さんはすかさずこう言いました


「この人たち ニューハーフ? 」


(・・;)エッ! 女の子の間で凄く人気のあるモデルさんなんですけど 凄く綺麗って評判の・・・


「 これは綺麗の域を通り越してるよ どちらかというとサイボーグと言うか 叶姉妹みたいに見えるけど・・・」



その後 聡美さんの彼氏さんは 大竹しのぶが魅力的で まるで乙女のように見えるとも言っていました



確かにYちゃんの言うとおり 男の目から見ると全然小じわが気にならないのかも



追伸


ちなみにこの彼氏さんが 聡美さんの妹さんの百合ちゃんを見た最初の感想は 聡美さんのお母さんと思ったとの事…


(・・;)




タイトル未設定



プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
6位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク