BINOJURYOKU(美の呪力) Ⅰ君の話


「 美人ほどシンプルな服を着るべきだ 


と言うのが僕の主張です 


女性から好まれる女性服 格好良い お洒落と思っている服の9割は 


時代が経つと 見れないくらいに 女性をダサくしている事が多いです 


何故多くの女性は その事実に気づかないのでしょうか 」



こう話してくれたのは 知人で映画に詳しいI君であった 


「女性からイケてないと思われている女優アイドル達がどの時代にも居ました


彼女らは芋くさいと言われてるファッションに身を包んで 


女性達から ぶりっこと呼ばれたり 男に媚びていると言われていました 



でも男性達から人気がありました


当時の女性達は 彼女らが人気があるのを 


「 何で? あんな子が ? 男達は見る目がない 」 とぼやいていたのをよく耳にしました



で そういった女性アイドル達の映像を今見てみます



すると 全然色褪せていない事に気づかされます 


10年以上前 中には50年以上前の女性達がいるのに 


その美しい仕草 可憐な声 清楚な雰囲気



彼女達は日本の男性ばかりではなく 日本の女性の美をあらわすものとして



世界の男性達からも崇敬されてるように思われます 





逆に当時の女性達がかっこよいと思い 憧れるファッションリーダーと言われるタレントや女優歌手は


逆に時代が経つと チンドン屋さんやおばちゃん臭さ いかめしさ古臭さの象徴に見えます 
 
例えば 80年代や90年代のファッションリーダー達の映像を今改めてみかえしてみます 

すると 女性から見ても こんな服いま着て歩けない!何でこんな恥ずかしい格好をしてるの? と思うはずでしょう 

男から見ても まるでチンドン屋さんのような衣装を着てるような印象です  」




そうのたまった I君がまず例としてとりあげてくれたのは 


笠置シヅ子という 女性シンガーさんでした  


「この女性は戦後ブレイクした歌手で 東京ブギウギを大ヒットさせた事で有名な人です 


あの美空ひばりがまだ駆け出しの頃に 彼女のモノマネをして人気が出たという逸話が残っていて  


当時の日本女性の常識を打ち壊すような 活発な踊りを披露し 


西洋ミュージカル映画のエッセンスを取り入れた ハイカラなファッションに身を包み 
 

最先端的なシンガーでした 


一昔前の浜崎あゆみとか倖田來未 以上の存在だったのかもしれません



でも今見てみると 

巣鴨の街でたまに こういうフラダンス風の格好をしている70歳位の派手なおばあちゃんを見ますが

あんな感じを彷彿とさせませんか?」



(・・;)))))))) 



「えっ?例えが古すぎるって?


ではこういうのはどうでしょう



いずれも10年前から20年前位


バブル時代以後ファッショナブルと言われた人の服装です 」



といいつつI君はインターネット上に保存されていた90年代半ばから後半にかけて

活躍していた女性タレント達の
ナツカシ動画を見せてくれました 




プロ野球の試合で大きなオレンジ色のだふっとしたパンツに身を包んだ飯島直子さん 


ファッション誌でファッションリーダーとして特集されていたバブル時代直後の梅宮アンナさん 





(・・;) ナッナツカシイ・・・ 子供時代にどっかで見たような覚えが・・・・



「どうでしょうかねえ? 今でもこのような格好をしている女性は居ますか?

ちょっと恥ずかしい画像だと思いませんか?

こんな格好を今着て歩けますか?」



(・・;) 確かに居ないかも・・・・・・


「もう誰も愛せない なんていうドラマもありましたけど

その時の田中美奈子さんって 女性から美しい・・・って言われてましたよね?

どうでしょう?今見ても美しいですか? 僕にはメイクとか含めても

まるで妖怪のようなコスプレしてるように見えるんですけど 

おそらくエビちゃんファッションや 女性誌で取り上げられてるモードファッションも10年くらいすると

これ以上に 悪い意味でインパクトを与えちゃうんでしょうね 

本人達も なんでこんな格好を私していたんだろうと・・・後々思うかもしれませんね 



でもひょっとするとそのままずっと着続けていれば 

今でも聖子ちゃんカットで決めてる片山さつきさんのようなタイプの人も居ますけど

あの人威圧感ありまくりだし 


時代が経ても 巣鴨辺りで見る淡谷のりこさん風のど派手なファッションに身を包むおばあさんみたいに 

見られるだけですよね 



自分らの若い時代に流行したヘアースタイル ファッションをいつまでも後生大事に守っていく人は  

決して男性から見て 美しい印象は持ちえないってことです 」




。(・・;)いっいつもながらに手厳しいご意見ですぅ・・・・・・




「時代のファッションリーダーと言われている服は 当時最先端と言われている分



ちょっと年月が経つだけで古臭味が際立つんですよ 


威圧感があって 空間の中で恥ずかしい雰囲気をかもしだすんです


バブル時代の女性達がハマったボディコンシャスなんかがそうですよね 


まあ一部女性の中には懐かしいという感傷を抱かせるかもしれませんが・・・・



僕からすればそんなすぐに古くなるいわゆる流行物と言われる服で 女性達を固めるのは



折角の上質な素材を 

例えば極上の本マグロに例えるなら

そうした本マグロを醤油と砂糖でゴテゴテ煮付けてウスターソースを掛けて 

皿にドンと出された位の印象しか持ちえません


本マグロは 素材が良ければ良いほど 刺身にして食べるのが一番うまいんです 」




凄い長い話なので・・・

つぢゅく・・・・・・・<(_ _)>




(BINOJURYOKU)I君の長いお話・・・

I君のありがたいお話のお続き


<(_ _)>



「流行とは流れて行くと書きます


流れて行く 言い換えると残らないって事なんですよ 


僕の知人である賢明な女性がこう言っていました


ファッション雑誌で 洋服とかを紹介する時 今年の流行って言葉を良く使っていて 


最初にファッション雑誌を手に取ったときの事


ページを広げて 今年の流行と言う言葉を 眺めた瞬間に 


・・・・今年の流行っていう事は 来年は着れないって事じゃないのって・・


それは売る側にとっては良いけど 買った側としてはどうなの?・・・・


という事に気がついたんですって 


僕のその意見に同意見です 


ほとんどの場合ですが 


流行を追い求める行為は お金の浪費とセンチメンタルな思い以外 何も残さないと思いますよ 」






φ(・・;)ほっほうですか・・・ でっではどんな服を着れば残るんですかぁ? 



「なんだか普段から女性陣の会話を聞いてると感じるんですよ 


女性陣って 職場とか学校とかで最新の流行服や奇抜なバッグを持ったファッションを褒めあってるけど


あれってよくよく見てみると 女性達が 


男性から見て お互い 醜く見えるような服を勧めあっているように見えるんですよ




なんだかお互いに足を引っ張り合ってる感じなのかなあって・・・」


(・・;) 足を引っ張り合っている・・・・

 

「時代を問わず残っていく服でしたよね 


永久に美しい服の典型と言えば まずオーソドックス過ぎるくらいオーソドックスな衣装をあげられると思いますよ 


笠置シズコと同じ時代に 男性から人気を博したスターで 原節子という女優が居ます 」


こっここでもマダムの話に続き 原節子さんの話が出た・・・・・(・・;)))))) 



「1949年ごろの小津安二郎の映画や青い山脈に出ていた頃の


彼女の服は まさに本物の美人にとっては理想的な服であると思います 


白シャツに紺のロングスカート 


地味かもしれないけど 今街を歩いていても全然おかしくないファッションですよ


美人ほど妙なアクセサリーや変てこな柄物なんか一切つけていません


美人にはそんなものは邪魔なだけなんです 


そんなものをゴテゴテつけるって事は


美味しい葡萄に ベリーソースをかけてるようなものなんです 


このようなシンプルなファッションだから 素材の良さ 彼女の美しさ 仕草の芳しさがとてもよく引き立つのです 


男性が永遠に求める女性は


いわば映画のヒロインとして 適している女性なんですよ


華美な服すぎると 映画のヒロインとしてはうるさすぎるんです 


だから美人ほどシンプルな服を着るべきだ というのが僕の持論なんです 


40年代後半から50年代初頭までの原節子さんの衣装は 


まさに日本女性としては完璧の部類に入るでしょう


もうちょっと声が細ければ より良かったですけどね 

 

同様にローマの休日の頃のオードリーヘプパーンさんも凄く素敵です


この作品の大部分で彼女は シンプルなワンピースに身を包んでいて 


それが彼女の可憐さをさらに強調しています 


よく女性誌でオードリーは物凄くファッショナブルだったと言って


ローマの休日以後の作品でのモダンな形の服をあげつらう記事も見るのですが 



(「麗しのサブリナ 」「ティファニーで朝食を」等 )


大多数の男から見ると 彼女に最も魅力を感じるのはローマの休日の清楚なイメージです 


あれこそが男性にとっての オードリーの美の極みというべきでしょう 


それからオードリーは 痩せぎすで細身の体形をしていたんです 


通常の女性が オードリーを気取ってあんなアバンギャルドなファッションをしても似合うわけありません 」


(・・;)でっでも原節子さんやオードリーは女性だって綺麗と思っていますよ ! 


それにマリリンモンローみたいな派手なスターも居るじゃないですかあ 




「それは彼女らが美のスタンダードになったからです 


男性が長い年月彼女らの美を誉めそやし 


それに女性が年月を経て同意してきたんです


女性が求める女性美は 時代が経つと風化して 男性が求める女性美は 永続的である 


これも僕の持論です 



それにモンローの例をあげてくれましたが そんなに彼女はゴテゴテ飾り付けてたわけじゃないですよ


どちらかと言うとラインや身体の線が強調されるようなシンプルな服を着てたんです


モンローは金髪だから派手に見えるんであって 実際 そこまで派手な格好をしていたわけではありません 」


そっそうなんですかあ(T∀T∩)・・・・・





I君の長い薀蓄話 裕木奈江篇に続く・・・・・

悲しい画像(`・ω・´)

ネットで見つけたちょっぴし悲しい画像




        (´・ω・`)



          ↓


タイトル未設定









(`・ω・´)


最近私は思ふ 


愛って ただ単に 


相手をあるがままに


自分の傍で生きる事を許す 


事だけじゃないかって・・・ 



プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク