ケルベロス 第13話


ゾンビちゃんがトロル君の事を調べるきっかけはこう



Rちゃんが友人のモデルさんに 



ある企業のネットの人気投票で選考される キャンペーンガール一般公募のオーディションを教えられました 

「 私 このオーディションに応募してるんだ 」

Rちゃんはすかさず こう思いました 


「 これ 私 やるううううううううう 」

予感と思いつきだけで 行動するRちゃん  

早速そのCMオーディションに応募しました  

そんな時にあの ゾンビちゃんから電話がかかってきたのです  

Rちゃんは執拗なゾンビちゃんから逃れるため 電話番号を度々変えていました 

しかしいつもゾンビちゃんには通じず 必ずどこからか新しい携帯電話番号を調べてきて 

Rちゃんへの連絡を欠かしません

そういえば・・・・ 

Rちゃんはゾンビちゃんへの応対中

ふと自分がオーディションにでる事を唐突に思い出しました


「今 企業のCMガールオーディションに応募したんだあ 

インターネットで投票できるから 毎日投票しておいてねえ   」 

お気楽にいいガチャっときりました 

その翌日からです 

募集してる会社のホームページ上で

Rちゃんは自分の投票数と順位を確認していると 


あれれ? 不思議な現象が起こります   (・・;)

前日まで100票位しか投票が無かったのに この日は1000票を超えていた・・・・・

凄く凄く増えてるのです 

さらに翌日も1000票づつ増えている 毎日毎日1000票づつどんどん増えている  

ついには 末席からぐんぐん順位が上がり ついには4位の順位にまでなりました 

(?_?)何故順位が上がったの? 

そういえばゾンビちゃんに公募の事を話してからだ 

ぴーーーーーーんと感じたRちゃん 

ゾンビちゃんに順位が上がった事を電話で それとなく聞いてみました   


「プロキシーサーバー・・・・・・・ 投票はIPで管理してるよう だったから

海外プロキシーで一票一票IPアドレスを変えて 投票してみたんだ 

クッキーも変えようと思えば変えることも出来るけど・・・

上位に入れば最終選考に残るって書いてあったから 上位に食い込めば何とかなると思った 」

なんと毎日の1000票増し投票はほとんど全てゾンビちゃんによるものでした 

実は自前でパソコンも作れるゾンビちゃんでした 

横文字の専門用語の連発に 

何を言ってるのかわからない Rちゃんでしたが

超びっくらしました 

さらにゾンビちゃんはこう付け加えます 

「自分では1日1000票やってたけど 

順位が上の他の子も絶対やってるよ  

だって票の伸びるペースが一定だし この会社のセキュリティが甘いしね 」と


公募では4位に残り 見事最終選考に残ったRちゃん

規約により公募上位陣で会社の最終選考があり


お気楽さ加減が気に入られたのか Rちゃんは4位だったにも関わらず 見事グランプリを勝ち取りました 





そして この会社のイメージガールのお披露目イベントがありました 

イメージガールに選ばれたRちゃんの晴れの舞台です 

Rちゃんのグランプリ受賞を聞きつけたトロル君は ぞろぞろと自分の会社の社員と取引先を20人以上連れてきました 
連日の残業で社員さんたちは疲れきっている様子でしたが 

トロル君は自分の彼女がグランプリを取った事を社員や取引先とかに何気に自慢したかったのです

みんなスーツを着ていてまるで会社へ行くような格好でした。

大きなカメラを持った人達とはトロル君達の その空間だけが異質な感じでした。

そしてゾンビちゃんもまたRちゃんの晴れの舞台を見守るため
そっとイベント会場に現れていました 

物陰からRちゃんの様子を伺うゾンビちゃん 

そんな時です  

20人くらいの男たちを従えて 

Rちゃんに親しく話す中年男を怪訝に思いました 

Rちゃんの危機には敏感なゾンビちゃんは その中年男の事を注意深く観察する事にしました 

奴が新しいRの彼氏かもしれない 

ゾンビちゃんは注意深く注意深くチェックしました 

そして 

ある部分に目がつきました  

その中年男はいかにもお金のかかりそうなブランドスーツを着こなしています 

ばりっと綺麗にクリーニングされた状態で 持ち物もピカピカでいましたが 

テカテカに輝く靴と 折り目がぴったり入ったブランドズボンの隙間から 

かすかに見えた靴下が 

それはそれは毛玉がいっぱいついていて薄汚れていたのです   

敏感なゾンビちゃんは それを見逃しません!

「 この男はヤバい! 

Rちゃんにとって危険な男かもしれない 

人の目に付く部分に思いっきりお金をかけてるが 

普段人の気づかない 目に見えない部分は汚れたままの状態だ 

全部が汚い服装なら それはそれで飾りっ気の無い人柄を現すものとしては良い

全部が綺麗なブランド服で凝り固まっても それも本人の趣味の問題だからよしとしよう

でも人の目に付く部分だけは綺麗に着飾って 人の目につきそうにない部分は 

薄汚くしても良いと思ってる 

奴は きっと汚い事をやっている・・・・」 

そう直感したのです 

そこでゾンビちゃんはトロル君の後を追跡し 綿密に調査しました 

Rちゃんに電話した時  

Rちゃんから 新しい彼氏が自分とかつて同じ大学に行っていたと言う事を聞き 

うまくトロル君の名前を聞き出して   

母校名門高田馬場大学の図書館で 過去20年間分の卒業名簿を調べあげました    

トロル君の名前をひとつひとつ丹念に探しましたが でもその名前はありません 

念の為他の学部全ても20年分調べましたが 一向に見当たりません 



Rちゃんに学歴詐称をしている! 彼はこう結論づけました 



そしてRちゃんから トロル君は独立する前に超一流企業でSEをしていたという話も聞きだしました 

その超一流企業に在籍記録を問い合わせました  

しかしトロル君がその会社に勤めていた事を示す在籍記録はありません

実はその超一流企業 に在籍したわけでなく 中小SE企業からその会社で出向されていたにすぎなかったようで 

Rちゃんに経歴詐称もしている! 彼はこう結論づけました 

Rちゃんが騙されている 奴は嘘つき  

そんな奴がRちゃんの新しい彼氏だなんて これはRちゃんの危機だ 

何とかしなければ 

ゾンビちゃんはRちゃんに報告する事にしました  



「あいつは嘘つきだ 僕調べたんだけど あいつは僕と同じ大学じゃなかった 

彼がアメフトをやっていたことを聞いていたから それを伝に探ってみたら 

大日本大学に同じ名前の男がいる事を見つけたんだ 



大日本大学じゃ自分のステータスが 劣ると思って高田馬場大学卒業を詐称しているんだ 

彼はブランド好きなんだよ  気の毒な奴だよ Rちゃんには釣り合わないよ 」


それを聞いた脳天気なRちゃんには  学歴詐称など どうでも良い話でしたが 

それを聞き 逆にトロル君は学歴コンプレックスがあるんだなあっと感じて 少し切なくなりました

その為 トロル君と これからお話しするときには もっと凄い凄いってほめるようにしてあげなきゃ 

と考えたほどでした 


埒があかないゾンビちゃんは トロル君と電話上で直接対決する事にしました 

会社の電話番号を調べ トロル君に通してもらいました 


「僕はRちゃんと将来結婚する者です 

経歴詐称する貴方にRちゃんが付きまとわれて迷惑なのです 

もうこれ以上つきまとわないでください 」と

電話を取ったトロル君は声の主が一瞬でゾンビちゃんとわかりました

経歴詐称と言われたのは トロル君にとって痛いつぼでした 

でもその時のトロル君は凄く羽振りが良くなっていて経済力満タンでした 

その経済力が今のトロル君の自信の源 学歴で上回るゾンビちゃんにこう言い放ったのです

「迷惑なのはお前だ 一人前に稼げるようになってもないくせに そんな大口叩くな

少なくとも俺くらい稼げるようになってから つきまとえ  」

でもってトロル君はすぐに電話を切りました 

本音では ゾンビちゃんの事を怖かったからです 

実はこういうことがありました 

ストーカーの事件の時 Rちゃんのお母さんがゾンビちゃんへの訴えを取り下げてから 

トロル君は自分で会社の経費を使って私立探偵を雇って 

ゾンビちゃんを調査しようと Rちゃんに提案してみました 

ところがRちゃんからゾンビちゃんの親戚や友人さんには弁護士さんや議員秘書が多い話を聞いて 

こう思いとどまったのです 



「でも彼も将来ある身だから これ以上追求しちゃ可哀相だもんな・・・・・ 」


トロル君は明らかにゾンビちゃんの交友関係を聞いて 追求するとヤバいと思ったようでした 

トロル君のモットーは 強気を助け弱きを挫く 

逃げ腰気味になったのです 


ゾンビちゃんは電話で そんなトロル君に一人前に稼いでみろよといわれた事がよっぽど悔しかったようでした 

卒業が延びて留年してから新人就職したばかりのゾンビちゃんでしたが 

まだ初任給で トロル君ほどお金を稼げていなかったからです

よっぽど悔しかったのかゾンビちゃんは 恨みがましくトロル君の会社に無言電話をするようになりました

そしてRちゃんにはこう言いました 

「 僕 あいつよりお金持ちになるよ でもどうしても僕が駄目なら 

僕の先輩とかで あいつ以上に稼いでいて 人柄の良い人がもっと幾らでもいるから 

本当は嫌だけど・・・ あんな奴と付き合うくらいなら 

先輩を紹介するよ だからあいつとは付き合わないで 」 

ゾンビちゃんは Rちゃんの事を心のそこから心配していたのです
 

ケルベロス 第14話 トロル君の本業とゾンビちゃんの副業


トロル君の事をヤバいと言っていたのは ゾンビちゃんだけではありません


どきんちゃんは DQN上がりで 

ゾンビちゃんのように独特の動物的嗅覚が発達していました 

彼女もトロル君の危なさを一瞬で見抜いたようでした 



「R!  あいつと付き合ってるの? ヤバい! ヤバいって やめときな

前付き合ってたゾンビちゃんの方が稼げるようになるよ 

ゾンビちゃんの方がいい 」






さて そんなこんなですが

トロル君は Rちゃんとはそろそろ結婚したがっている様子でした 


ある日Rちゃんは トロル君からトロルのママを紹介されて トロルのママは

Rちゃんを一目で いたく気に入ったご様子で



「うん 合格ね 」と一言漏らしました


合格・・・・・ 何のことだろ・・・と (・・;) 最初は Rちゃんは思いました


その後 

トロルのママは 南の島の呪術師の占い師さんに

Rちゃんとトロル君の相性を見てもらい

トロル君にとってバッチグーと言われたことで 息子の嫁に相応しいと確信し

Rちゃんに やたら トロル君との結婚を せかすようになりました 


「孫が欲しいわ~~~ 早く孫の顔が見たいわあああああ  」

Rちゃん 貴方のこと占いで見たのだけど 

うちの息子とは 貴方とても相性が良いらしいのよ~  

貴方は引き立ててもらうタイプだから きっとトロルと相性が良いわよー

うちの息子は素晴らしいー 息子に引き合うのはブスじゃ駄目なのー 

うちの息子は頭が良くて とても優しい子 とってもモテモテだったのよ 」

トロルのママは その結婚がトロル君にとって良いものだとは言わず

あくまでRちゃんにとって 最高の選択である口ぶりをしました 


運 

トロルのママが トロル君のお嫁さんに求めるレベルは かなり高いのでした 


その後 トロル君の親戚の集まりにも呼ばれました 

皆口々にこう言いました 

「 Rちゃん 早く子供を生んだ方がよいわよ 」

と親戚中から子供プッシュされまくる様子 

さてその時期 

トロル君の会社は バブル景気に沸く不動産会社のように メキメキ成長しておりました

 




毎年会社の創立パーティーを都内の超高層有名ホテルで行いました 

社員旅行は毎年グアム島へいきました 

社員さん達をいっぱーい引き連れて 豪華に遊びを楽しんでいました 



RちゃんとRちゃんの友達(レースクイーンやミスコンモデルさんたち)

もトロル君に呼ばれて社員旅行や会社のパーティーに行っていました 


Rちゃんはトロル君の会社の従業員さん達とそういうところではじめてご対面しました 

どちらかと言うとおとなしくて無口な人が多かったです  

見るからにパソコンオタクそうな社員さんが多く居ました 


Rちゃんが美人さんの友達を連れてきても 

女性と対するのは 恥ずかしいのか まともに目をあわせません 


就職難の時代 面接試験でも 

あまり自己アピールができず 彼らの多くは能力はあっても

トロル君の会社に来るまで面接試験で落とされまくっていました 

だから皆雇ってくれたトロル君に感謝してるようでした 


でもトロル君は SEという職業が あまりコミュニケーション能力は必要ない事を知っていました 

それに面接試験で落ちまくってるから 給料安くしても 自分の会社でずっと一生懸命働いてくれると思っていました 




トロル君は お馬鹿なRちゃんにだけ 気を許してるのか こっそりこう口を滑らしました 

「あいつらなら転職される心配が無い 給料安くてもどこにも行き先が無いから 

うちでがんばって働いてくれるだろ 」


社員さんたちは 毎日残業の嵐で

ろくに家に帰れませんでしたが 残業代は法定どおりに支給されず 

速達代が出せないくらいの安い賃金でぎゅうぎゅうにこき使われていました


まさに現代の女工哀吏の世界でした 



でもトロル君は 

こき使ってる社員に自分が人柄の良い人間に見せるような工夫に長けていました

仕事が終わるとトロル君は会社の社員達によく寿司や焼肉を奢りました 

たまたま残業で来れない社員が居ると 料理の折り詰めを店員さんに頼んで


 「 これ残業をしてるあいつに持ってってやってくれよ 食べないと体が大変だろうから 」

と社員の一人に折り詰めを渡します 
もたされた社員さんも わたされた社員さんも そしてそれを眺めていた同席してた大半の社員も社長はなんて良い人なんだ・・・・・ と信じる始末です 


他にもこういう事が ありました  

社員の一人に 髪がぼさぼさの人が居ました 

「なんだお前  もっとさっぱりした髪型にしろよ 」と言うと

社員はこう言いました 「 髪を切るお金がもったいないんです 」


でもそれを聞いたトロル君は皆の前で財布から数千円を握らせ社員に言いました 

「 これで切って来いよ 」

社員さんは社長からそうした気配りを見せられ よりトロル君に傾倒していきます

しかしRちゃんは なんだかおかしいな・・・ときづきました 

そうです 社員さんは散髪代が出ないくらい 給料を安く抑えられていたからです 


トロル君は全社員さんのほとんどに意味不明な役職をつけて 

残業代を全然払っていませんでした  

トロル君のお友達の某IT企業社長から教えてもらった方法

役職をつければ 残業代を払わなくても良い と教えられたからです 


正当な報酬の対価を払わず 長時間労働させて

経済的に逼迫した状況に追い込んでおきます 

そして上前をはねた

数十分の1から数百分の1の僅かなお金で 社員さんにさも温情的にお食事やお酒を直接 奢ることが大好きでした 

社員さんから感謝と尊敬の念をいただいていました 


でも奢ることは好きでも 自分が奢られることは 良しとしませんでした






トロル君はRちゃんにこう言っていました



「食事を奢られると 人は

 

無意識的に 自分はそいつよりも格下だと言う事を植え付けられる



人間は猟をしていた 目上の者は目下の者に食べ物を分配していた


人間には遠い昔の本能が残ってるんだ 



だから俺は奢られるのを避けるんだ 


得意先に奢られそうな時も体調が悪いと言って帰るようにしてる


俺は昔会社に勤めていた時も 上司に奢ったことがあるんだ 」



そうトロル君は言っていました おそらく実業家だったトロル君のお父さまから聞いた知恵なのかもしれません 



ただしそれを聞いてるから 部下さんには徹底的に給料を絞りながら



感謝の念を抱かせるようにしたのか・・・と思い 


トロル君の狡猾な一面をみた気分でした



(・・;) 





さらにトロル君は自分が恨みを買う事を極端に恐れていました 

社員にすごくぶち切れる事があっても

(例えば社員のひとりが高熱を出し 休む届けをしたりした時)

下の専務や常務 子飼いの腹心に怒らせ役を任せ 

自分はそうした社員が怒られてるのを逆にやさしく庇う役目に徹しました 


恨みを買う事を恐れるといえば トロル君は独立する前 

世の中が不景気だった時 ある会社でリストラ役を仰せつかった事がありました

しかし敏感なトロル君は すぐに気づきました 

リストラ役をしたら  言い渡した社員から自分が凄く恨まれると 

さらにリストラ役が 最後にリストラの総仕上げとして首を切られる運命にあるのも承知してました 

だからリストラの命を出した上司ではなく さらにその上の上司に こう言ったのです

「リストラを言い渡すなんて この仕事は自分にはできません 

彼らの生活のことを思うと胸が痛くてできません 

どうしてもとおっしゃるなら まず俺から首にしてください 」


涙ながらに直談判しました

その件でトロル君は上司から 良い奴と思われ 取り立てられました

裏切ったりしない信用できる人間だと評価されたのです  

かように 機転が利き 計算高い面を持ち合わせてたトロル君でした


でも全ての社員がトロル君の術中にはまってたかと言うと と 

そうは問屋がおろさなかったようです 



ある日 Rちゃんは パーティーの時 こう言われました 


「 よく(トロルと)付き合ってますね 」

それはトロル君の腹心の専務でした 

Rちゃんは最初我が耳を疑いました 

普段トロル君に物凄く感謝を見せてる人で

最も彼を尊敬してるような振る舞いの重役さんだったからです 

でもそれを聞いた瞬間 実はこの人ってトロル君の事 嫌いなんだな と直感しました



もう一人トロル君には 腹心が居ました 

それが常務です 

社員旅行時 飲み会してるとき 彼はいきなり号泣しトロル君にこう告げました  

「 自分は社長に拾ってもらったおかげで 今の自分があります 社長に拾ってもらってなかったら

今頃 自分はどうなっていた事でしょう 全てトロル社長のおかげです 感謝してます 」

それを皆の前で発言しました  

それを聴いた瞬間 トロル君は驚いた表情を見せました 

でもその後 彼の肩に手を置き しだいに目に涙を浮かべてこう言いました

「お前 そんな事言うなよーーーー

俺の右腕となって手伝ってくれてる お前には感謝してるんだよ お前のおかげだよ 

そして皆にも感謝してるよ

皆のおかげだよ 俺がこうして仕事がやっていけるのは・・

でももう二度とこういう事言うなよな 胸が痛くなっちまうから・・・・・」 



皆トロル君の言葉と涙をみて 感動に浸っていました 涙ぐんでる人も居ました 

Rちゃんも いい人なんだなあ 優しく部下思いの人なんだなあ と思っちゃいました 





しかし二人になった時 トロル君はRちゃんに本音をつい漏らしちゃいました 

Rちゃんが 「常務ってできる人なんだね 」と言った瞬間

トロル君は こう言いました 

「 馬鹿! あいつが俺よりできるわけないだろ 

俺よりできるやつを選んだら いつ寝首をかかれるかわからないじゃないか

裏切ったら即効で踏み潰せるような奴だから 自分の部下に つけたんだ 」 

物凄く 驚きました 

でもRちゃんが後でよくよく思い出すと

皆の前で  涙を流しながら トロル君を持ち上げた重役さんも トロル君とどこか似ており

どっちもどっちという 印象を受けたのです 
(・・;)

トロル君は社員さんをぎゅうぎゅうに搾り取ったお金で 資産を作り上げました 

親族のために家を買ってあげたりもして 我が世の春を謳歌していたのです 



そんな時です ゾンビちゃんから一本の電話がかかってきたのは 


「俺 マンション買おうと思うんだ  

気がついたんだ お金が簡単に稼げるってことに 」

(?_?)ん? Rちゃんは何を言ってるかわかりませんでした

ゾンビちゃんは 入社しましたが まだ一介の新人社員です 

そんなにお給料も高くないはず


「愛する人達や周りの人を幸せにするために お金は必要だ 

トロルより絶対稼ぐって心に誓った

でも今の仕事をして お金を貯め込んで 節約しても

入ってくる上限は 限られる

そんな時 RちゃんのCMを毎日見ていて・・・ 」


モデルをしているRちゃんのCMは

テレビの経済ニュース番組のスポンサーになっていました


「Rちゃんの放送を見てるうち その番組で放送してる株とか投資とかにピンときたんだ

それで投資で増やそうとひらめいたんだ 

まず本を数百冊読んだ それからトレードをはじめたら 

毎日 毎日 月収くらいのお金が稼げてしまった 」

ゾンビちゃんはサラリーマンの身でありながら 

コツコツ貯めた貯金を元手に 僅か3年で株式長者さんになっていたのです 



ポエム 猫つつじ 

猫つつじ・・・・・・・







昔湧水がわいていたという 聖地に行った

腕の中で抱っこしてる縁ちゃんがしきりに 

車の外に行きたがります 



タイトル未設定

人気の無い緑のトンネルがあって 少し開けた静寂な空間には 

祠があって 小さな鳥居もありました  




タイトル未設定



でも人気がまったくありません 

鳥居の横に生えてる小樹には 

ピンクの艶やかな花が咲き乱れていました

つつじ 


タイトル未設定



縁ちゃん 匂い嗅ぐーーーー!!

と鼻をくんくん 

腕の中の縁ちゃんをそっと花に近づけて 

お花とお鼻がぴったんこ 

すると縁ちゃん口を大きくあけて 花びらをバクッと食べだした・・・






タイトル未設定


あらあらーーーーー 縁ちゃんーーー大丈夫? お腹壊さない?

ムシャムシャムシャ 

みると食べてる 部分はもっぱら花の蜜の部分 

さてはつつじの花は 猫にとって果物・・・・・?(・・;)

そう疑問を持っていると 

「ううん 違う 」と縁ちゃんが言った 

「お花のお蜜は お薬なの 綺麗で美味しいお薬なの 

食べると 

お花の妖精さんが 縁ちゃんをこのお花みたいにキレイキレイにしてくれるんだよ 」

・・・・・・・・・・・・

家に帰った縁ちゃんは 心なしか 可愛度が20%増していた・・・・・・






タイトル未設定



   

猫語について・・・

猫語について 幾つか質問を受けました 

猫語って何? どうしたら話せるようになるのですか? 

そこで

我が家の空ちゃん教授からわかりやすく説明してもらいました 

<(_ _)>



「猫は人間よりもコミュニーケーション能力が発達しています

人間は意志疎通の時に 言葉を交わします

でも猫は主にテレパシーを用いるのです 

だから遠くの猫さんともお話しすることだって可能なのです 」

そして猫語の話し方についてはこう教えてくれました


「もしも貴方が猫語を話せるようになりたいのなら 

まず呼吸のペースを話したい猫ちゃんに合わせてあげてください

大切なのは呼吸です 

呼吸って人間が思ってるよりもとっても影響力があって

例えば怒ってる人の呼吸を真似すると 次第に怒りが沸いてきたりしますよね? 

逆に怒ってる時に 落ち着いてる人の呼吸を真似させると 冷静になってきますよね?

それぐらい 呼吸は大事なのです 

呼吸を合わせてると 次第に猫ちゃんの気分と気持ちが伝わってきます

やればやるほどより細かくわかるようになってきます

後は目つきと仕草にも思ってることが現れてきます 

嬉しい時の目の表情 怒ってる時の目の表情 悲しい時の目の表情 皆違っています 

ちょっとした体の仕草にも 気持ちが現れています 

口では相手を受け入れていても 体の一部分が拒絶の仕草を示しているとか 

ちょっとした仕草で 相手の本意を汲み取れるのです 

観察すれば 段々見抜けるようになってきます

さあ これで猫ちゃんの気持ちがかなりわかるようになりますね 

ですが これよりももっともっと大切なのは 

猫ちゃんの気持ちをわかりたいという気持ち 

対等に会話したいという 願いです 

そして最も一番大事な事は 猫と会話できるんだと信じる心です 

もし心のそこから 猫と会話したいと願って 馬鹿なことと思わないで信ぜれるなら

頭の中にはどんどん猫の言葉が伝わって入ってきます それをそのまま受け取ってください 

空ちゃんに教えられるのはここまでです

後は感覚にしたがって 

やっていけば 

赤ちゃんが言葉を覚えるように

自然と猫とも会話できるようになってます 

よかったら 試してニャー 」


以上空ちゃんから猫語が話せるためのアドバイスでした 

最後に 空ちゃんによると 

テレパシーは昔の人間は普通に使えていたそうな 


<(_ _)>



タイトル未設定

休載のお知らせ 

唐突ですが 引越しの為 7月2-3日ゴロまで休載いたします


<(_ _)> ゴロゴロ・・・







タイトル未設定



けるべろすの続きと体験ブログは引越し後から連載たします♪ 



タイトル未設定



ちなみに写真は引越し先で・・・


お引越しバーガーを食べながら・・・


タイトル未設定



プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク