AGEMAN伝説 ・・・お触り編・・・

タイトル未設定

東北の某座敷わらし伝説の宿で撮った幽霊のように映るわたし・・・・・・







あげまんについて 


幻の桜がまだ 閉店する前の事です

(幻の桜について知りたい方 詳しくは タイトルの由来から を参照してください)


いつものように

そこでぐーたらぐーたら 生ジュースカクテルを 飲んでいると 

(^o^)□ プハー ウメエ


カウンター 横に居たどこかの経営者さんらしき男性達(おそらく飲食店経営者の人?)

の会話が漏れ聞こえてきました 


ヤバイ ヤバイ っていう声を仕切りにあげていたのが気になって・・・

うさぎのように聞き耳を立てて 会話の声を拾ってみると・・・



「 俺は敏感だし すぐ気づいたんだけど  

あの子はヤバイよ 

その子とデートした翌日なんだけど

金曜日に お店がガラスキになったんだよね 


たまたまかなあ・・・・・・と思って 

また別な日にその子と会ったんだけど

その翌日も 店ががらがらになってさあ 

美人で魅力的な女の子だったけど」

横に居た羽振りの良さそうな実業家風の人も

「うん わかるわかるよ でもサゲって魅力的な人が多いんですよね・・・ 」

と頷いていて


そうだろ 

なんかヤバイって ワケわからないけど 

やばさに気づいたんで

逃げる事にしたんだよ

そしたら売り上げも以前の調子に戻ってきた・・・・・ 」

 



(・・;) 

へーーーー 男の人ってこういうの気になるのかあ 


と思いながら 興味深く 聞いておりました 

<(_ _)>



その後  

別な日に またまぼさく(幻の桜)を某友人と訪れた時の事です  

店でくだを巻いてる おじさんが居ました

「俺は死ぬんだよ 俺は生きてても仕方ない・・・・・・ 」


と自暴自棄な事を念仏のように唱えながら

こっちに気づいて・・・目が合って・・・・・・・


(・・;)・・・・・・

絡まれました・・・・・



「でもやっぱ運だよな 運をあげる あげまんっているんだよな あげまんがあると・・・」

(・・;)))))))))))))) 

酔ってて脈絡が無かったのか 

呂律が回らず  そんな感じのことを盛んに喋りかけてきました 

あれ ついさっき死ぬって言ってませんでしたっけ?

(・・;)?

と想っていると
「 死ぬんだったら あげまんなんて 気にしなくてもよくねえべか?・・・」


なんてことを某友人は ひそひそと囁いてたら

その後 その人は ふらふらの足取りで 帰っていきました
(・・;)・・・・・・・



後でマスターが言うには 

その方は 私も知ってる某有名雑誌の創業を立ち上げた方で 業界では伝説的なカリスマ編集長と言われ

今は作家さんをなさっているとの事 


ただの酔っ払い親父さんにしか見えなかった その姿に唖然としました

(・・;)

そういえば 今の人 あげまんとか酔っ払いながら気にしていたなあ・・


こないだの実業家風と思しき人たちの会話もあった事もあり 

マスターに聞きました

「すみません ああいう偉い人って ひょっとして ・・・・

運とか あげまんさんとか って気にしてる人いるんですかあ」


「ええ

皆さん 気になさっていますよ

僕 実際に 女性と付き合って 仕事が伸びていったり

逆に会社が倒産したり 夜逃げしたりとかっていう例 お客さんでいっぱい見ていますから

成功してる人ほど 実は気にしてると思いますよ 」


続きます・・・




タイトル BY MAHAO





Image019.jpg






その宿の近所の渓流で撮ったわたし・・・・(去年秋)



続 AGEMAN伝説 

ある夕方 テレビを見ていた時のこと

たまたまやっていた特集が セレブ婚を狙う女性達の玉の輿の特集番組でした

高年収の男性や 医者との結婚を夢見る女性達の姿が

写っていて

その気合のかけ方を見ながら 

(・・;)・・・・・ 気迫凄い ちょっと怖い・・・

と思いながら

横で お菓子を食べてた 母がぽつりと

こう呟いた 


「MAHAOちゃん 運なのよ  

男の人の職業や条件って言うよりも 最終的には自分の運なのよ 


金運のある女の人って 例え結婚相手が

無職であっても ほとんど無収入であっても 

必ず 資産家になっていくの

そういう運命なのよ 

でも金運がない女性って

どんなお金持ちの男性や条件の良い男性 と結婚しても その逆になっていっちゃうし 

結婚相手の条件なんか気にしなくても良いのよ 

金運のある女性って

どんな人と結婚しても 結局お金持ちになっちゃうのだから  」



いつもながらマイマミー ネジの飛んでる発言だなあ

(・・;)

と聞き流していたら


「MAHAOちゃんは 運が良いわよ 財運あるのよ

だって人相がそうなってるんだもん 


口がでかいし 

鼻もでかいし 

顔もでかいし・・・・・・・」



・ちょっ・・おっお母さん・・・・それ 全然 褒め言葉になっていないれすけど・・・・・・


。・゚゚・(≧△≦)・゚゚・。






前回の続き・・・

幻の桜のマスターとの会話


「 皆 あげまんって気にしてると思いますよ

仲間内で話す人もいますけど 

口に出さないでも 見るからに凄く気にしてる人も居ますからね 」


マスターも気にしてるんですか・・・(・・;)




「長い事店をやってると 様々な男女模様を見ますからね

はっきり言って 店やる前には そんなの気にしたことは無かったですけど

漠然と綺麗な女性と付き合いたいなあとか 性格がよくて相性が良ければ良いなあ とかそんな事ぐらいで・・・ 

気になりだしたのは 


ある放送作家さんが 自分の付き合ってた女性のことを さげまん

って言ってたのを聞いた時からですね 」

・・・・・・・・(・・;) ・・・・・さげまん

「その放送作家さん 飲み友達の凄く

美人な女性と一緒に来ていたんですよ 

名前をA子ちゃんと言っていたんですが 



そのA子ちゃん 放送作家さんの親友で若手実業家のSさんという方がいて

その彼女だったんですよ

Sさんって 僕も飲食店の繋がりで何回か顔を知っていて 業界人の間で有名な飲食店を経営していました 

彼女のA子ちゃんは 物凄くスタイリッシュで 色気に溢れていて

髪が長くて 綺麗だったんですよ Sさんも自慢の彼女だったと思います 

顎が少しとんがっていて でも笑うと妙にコケティッシュな笑みが凄く魅力的で 

僕なんかも憧れていましたしね  


でですね そのA子さんなんですが  その放送作家さんと

親友が彼氏であったにも関わらずなんですが 

浮気していたんですよ 

内緒で・・・二人で旅行もしていたようで 」



おっと  物凄くヘビーな展開じゃまいか・・・ (・・;)


「で A子ちゃんと別れてから 放送作家さんが 言ってたんですけど

Aちゃんって 一緒に居て凄く楽しいし 女性として魅力的だったけど

Hも楽しかったけど

Aちゃんと付き合ってた頃って 仕事がどん底状態

いくら頑張っても 収入も低かったんだよね って 

A子ちゃんってきっとさげまんだよって 」


(・・;)・・・・・さっさげまん 


「でそれ言われてから気づいたんですが

A子ちゃんの彼氏のSさん 


その頃には 経営不振でお店潰しちゃっていたんです
 

で今は行方知らずで 

その放送作家さん A子ちゃんと 会わなくなってから

メキメキ 仕事も収入も鰻上りになっていったんですよね


服装とか 趣味の楽器とか どんどん身に着けていたものや 所持品が

高価になっていったのわかりましたから 




それからかな 少しづつカップルのお客様とかを注意深く  

気にとめるようになったのは  

そうして見ていくと ああこれが所謂あげまんなのかな っていう例もみましてね

無論その逆もいっぱいありました 」


(・・) なるほろ 



「ところで 奈美さん あげまんって聞くと

どういった女性を連想しますか? 」


「えっと あげまん・・・・・・・ですか (・・;)

うーーーーん

えーーーーーーーっと

男の人が苦しい時とか まだ無名な時期から 

甲斐甲斐しく尽くしたり


文句も言わずに 男性を支えてくれる女性とか


映画とかドラマであったけど

「やりたい事やりなさい 貴方ならできるわよ 

もし駄目だったら 貴方一人くらい 私が食べさせてあげるわよ 」

なんてセリフを言う綺麗な女性 ・・・\(^o^)/ 」



「そうですよね 世間的に見ると そういう女性が あげまんのイメージ像かもしれません

でも 僕が見てきた限りを言えばなんですが  

あげまんの女性って 性格が良くて 

内助の功を尽くす女性が多いかって言うと

どちらかというとそうではないような女性の方が多かったような気がします・・・・ 」



(・・;) えっ?


「 だって 考えてみてください

MAHAOさんの知ってる方でも おそらく 性格が良くて 甲斐甲斐しく尽くす

旦那さんを陰で支えてる 奥さんっていると思うんですけど

そういう女性に支えられてる旦那さんって 

出世してるかと言うと 

そうでない例のほうが多い気がしませんか? 



どっちかと言うと うだつが上がってなくて はしにも棒にもかからないどうしようもないみたいに言われる男の人が 

なんでああいう良い奥さんにもらっているんだ?って 言われてるご夫婦が多い気がしませんか? 」


(・・;) そういえば・・・居たかも・・・


「僕の知っているジャズクラブにOさんというオーナーさんがいて

そのOさんって才色兼備の奥さんが居るんですけど 絶世の美人なのに 気取りも無くて 

お店で接客をしたりして 旦那さんの事を支えてるんですよ

その店では昔から 旦那さんよりも奥さんの方にファンが多かったくらいで

でも旦那さんは そういう奥さんを持てて 成功したかというと

バブル時代に 無理な出店をして 事業を縮小したり 

浮気相手を作って店で トラブルを起こしたりして

結局 奥さんがついてなければどうしようもない 旦那さんみたいに見られてるんですよ  



続く・・・



タイトル未設定




タイトル BY 口がでかくて 鼻がでかくて 顔がでかい・・・・・



AGEMAN伝説 第三章  美人とあげまん どちらがお好き?




「さげまんって魅力的な女性が多いって

他のあるお客さんも言っていましたね  


今時のファッション誌のグラビア飾るモデルさんみたいな体形は 大体 さげまんの体形だって 

痩せぎすで スリムで 肉がなくて 足が細い女性にサゲマンが多いって  

人相的には

顔に余分な肉がまったくついてない

顎がとんがっている 様な事を言っていました 

切れ長の目の人も多いって言ってたかな

アーモンド形の瞳とか 」


うわああ 理想的な体形で 粋な女性の顔ジャマイカ

まさに

エビちゃんとかモエチャンとか

私の憧れの

スマート体形・・・・・

(・・;) 


「さっき作家さん(前章の酔っ払いのおじさん)も

色んな女性をとっかえひっかえ 連れてきていました

でもある時 ふと

八頭身美人は駄目だってこぼしていましたね

連れて自慢するには良いみたいですけど

付き合ってて良い事とかは余り無かったみたいですよ 」


へーーー ・・・・・・

(・・;)

待てよ・・・・・

そういう美人さんタイプがさげまんって事は

っていうと逆にあげまんって 容姿的には・・・

・・・・・・・ 

「そうですねえ あげまんって言われるタイプの女性って 色々タイプはいるんですが


全体からすれば 現代風のポキポキ骨が折れそうな体形の美人では余りお見かけした事が無いですね

付き合っていくうちに 男をあげていく女の人は

顔には 肉付きが適度にあって 骨ばっていない丸みを帯びた顔が多かったし

目も丸かった人が多かったです 瞳の黒い部分が大きいですね 」

へーーーーーー ( ..)φメモメモ

「眼光も強めかな 光と言うか 

ギラギラとか ガツガツした感じと違う 柔らかで暖かな目力を持ってた人が多かった

あと余り小顔じゃない人


顔に存在感ある人が多かったですよ 」


マスター詳しいっすね 


φ(・・;)・・・・・ でもなんかうちの母親と言ってる事同じだあ・・・・



「それから 

笑うと口が大きくなる人 口は大きくても 

普段 口角が垂れ下がってる女性は駄目ですね 

口角があがっている(口の切れ尻の角度)女性は絶対条件です 

鼻も顔全体からすれば やや大きくて 

体形は 中肉中背以上からややふっくら体形までかなあ 

ふっくらか ぽっちゃりが 多いっすね 

MAHAOさんみたいに 顔にきちっと肉がのってる感じですかね 」



肉がついてる~・・・・・(・・;)

「あっ 相撲取りほどは肉はついていませんから ハハハ 」


おい フォローになってないよ~~~~ ヽ(TДT)ノ ・・・・・・


「でも本当 スレンダーな人って居ないですね 

あげまんでやや痩せ気味な人って

限度は サザンの桑田さんの奥さんとか それ位じゃないですかね 」


やっぱ(>ω<) あんまり 外観的には・・・・・・



「 まあ 中には美人も居ると思いますけど

特徴的には 

今の時代センスや好みには合わないかもしれませんね

どちらかと言うと 昔好まれてた美人 古くは平安美人 江戸時代の美人顔とか 新しくても女優若尾文子さんとか 

でも

今のタレントさんでも S崎さんなんかは 感じぴったしの顔ですよ

知人で

Uちゃんって言う女性が居たんですが

そのUちゃんも 

あげまんの特長を備えながら モデルを時々やってたくらい かなり綺麗でした 」

そう言って マスターは 手元のノーパソを取り出し

画像を開いてくれた 

「昔  Uちゃんと 今の旦那さんと一緒に

イタリアレストランにいった時の写真を保存してるんですがね

3-4年前位の写真なんですけど 」

そう言って見せてくれた Uちゃんの顔は 

確かに

黒目が大きく 肉付きが良くふっくらしてる  

健康的そうで

顎もとんがってない 

けど 確かに綺麗 w(゚O゚;)w 

絶妙なバランスってこういうのを言うのだろう

この特徴で美人な女性って余り見たこと無いからなあ 

(・・;) 


「このUさんが凄かったんです

男の人が 放したがらなくて 付き合ってた男の人皆ストーカー化しちゃうんです 」

と ここからUさんの凄いエピソード話がはじまります


「元々 中小の出版社に勤めていた編集者Kさん

(前章の酔っ払い編集長さんと違う方です)

が連れてきてくれたんです

割とスタイリッシュな身のこなし

アパレル会社の広告担当をやっていましたね 仕事の関係で知り合ったらしいんですが 

雰囲気は つんとした美人と言うより どことなくユーモラスで 可愛い雰囲気をかもし出していた気がします


で付き合ってるうちに Kさんは どこどこ出世していったんです

平の編集部員だったのに 

30代なる頃には お洒落な映画雑誌の副編集長さん までなっていきました 」 


へ~~~~~ (・・) 凄いですね 

「でもKさんは自分の実力と思っちゃったみたいですね 

どっちかというとUちゃんを精神的に押さえつけていたような感じかな 

でも業界関係でそこそこの地位になっていくと  段々 もてていくじゃないですか

Kさんって 顔もそんなに悪くなかったし 

女性の作家さんやモデルさん女優さん?みたいな女性とも同時並行で付き合いだしたんですよね 

で他の女性とのゴタゴタとかあって 結局 破局したんですよ 」


そうなんですか (・・;)


「 でUさんはその後 アパレル会社を辞めて 

たまたまバイトしていた飲食店で知り合った 男の人と付き合いだし

すぐに婚約しました

UさんはKさんと別れた後も店に来てくれて 婚約する事を教えてもらったんですが 

ある日 Kさんが来たときに 僕 ついうっかり Uさんが結婚するような事もらしちゃったんですよ

そしたらKさんは その時は 普通に 「幸せになってくれて良かった」

みたいに 冷静に言ってたんですけど・・・

でもその後 Kさん

Uさんに急遽 連絡を取りだして 結婚式間近なのに 復縁を求めてアタックして

結局 付き合い復活しちゃったんです

でもその男の人とも結婚は止めれなかったし 

所謂 二股状態っていうやつですかね そういうのがはじまっちゃたんです 」

これまたえらく 濃ゆい話になってきたなあ 

(・・;)・・・・・・・・・・ 


「 で結婚してから 旦那さんはどんどん出世していくんですよ 

旦那さんは勤めていた会社の社長に気に入られるようになって 収入は鰻上りに上がっていく 

同時並行で付き合っていた

Kさんも遂に 編集長に登り詰めて マイナー雑誌だったその映画雑誌を どこの書店でも見かけるくらいの

雑誌にまでしたんですよね

映画関係者の間でも一目置かれる存在になった 

売れっ子俳優さんとかと平気で普通にお友達でしたから 」


Uさんってすっすごいパワー (・・)


「Uさん でも二人の間で 心揺れ動いていってたんですよね 

どっちつかずの関係に悩んでたらしくて  そんな関係が2年くらい続いた頃でしょうか 

遂に旦那さんと別れる決意を決めたんですよ

子供もできてなかったし 向こうの家族とも折が合わなかったみたいで

でも旦那さん UさんとKさんとの仲を気づいてたんですが

やはりUさんとは別れたくなくて 泥沼化

1年間 もめにもめた挙句 

Uさんが旦那さんに慰謝料を払う事で ようやく離婚が成立したんです 


でもその後が 凄かったですよ Uさんと別れてまもなく 

旦那さんが勤めていた会社が倒産しましたから

一気に失業者になってしまった 」


・・・・・・・・・・・(||||▽||||)・・・~・・・・・・・・・・・



「で旦那さんと別れた後 KさんはUさんを独占したかったんでしょうかね

段々Uさんの仕事の事とか 快く思わないようになって  

Uさんの仕事で会えない時とかは


たいした仕事じゃないんだから辞めちゃえよ それ位 食わしてやるから 」

みたいな事を言っちゃったんですよね

それにUさん カチンときちゃって

旦那さんと別れてから 3ヶ月もおかずに Kさんと別れる事を決めたんです

でもKさんと別れるときが また旦那さん以上に大変だった


とUさんの身の上話が続き 夜が更けていく 




タイトル BY MAHAOMAHAO

AGEMAN伝説 あげまんとハイエナの匂い

「女性だけじゃないですよ

男の人でも 付き合ってる女性の仕事運をあげるタイプの男の人っていますよ 

見聞きした類ですが ある芸能関係で働いてる女性の 昔付き合ってた彼氏は

そのタイプだと思いましたね 

その女性

仕事的には 30になるまで鳴かず飛ばずだったのに

ある無職の彼氏と同棲してから ブレイクしたんですよ 

仕事的に ひっぱりだこになったけど 周囲が彼氏の事を聞いて 無職ってはやすようになったり

段々彼女の方も成功して それ目当てに男が寄ってきだすと 

自分に無職の彼氏なんか引き合わないって思ったんじゃないですかね

彼と別れて 今は別な男の人と結婚しましたけど

その女性 かつて程 仕事で目立たなくなってきてますよ」


とUちゃんの話の合間に こう話してくれたマスター 


「あっごめん 話がそれましたね

Uちゃん Kさんと別れるって決めたわけなんですが

別れる際が 旦那さん以上にもめました 

Kさんって 周囲の人に接するとき

穏やかで 知的さを漂わせながら 時には辛らつな皮肉口調を交える

鮮やかなくらい スマートな対応で接していた印象があったんですよ 

知識や人生哲学も並々ならぬこだわりを持っていて

連れてきてる周囲の方も いつもKさんの話を一目置きながら聞いてた感じでした 」


へええええ(゜o゜) 


「 Kさん 業界でもその頃は有名で飛ぶ鳥を落とす勢いみたいな存在になっていましたしね

かなりもてましたし

実際 凄く綺麗な女優さん風の人と歩いてるのも見かけましたから 

Uちゃん以上の美人さんと付き合ってたとも思いますよ


女性には不自由しない環境なのに

Uさんが別れを決めた事を伝えた途端


取り乱したように Kさん 追いかけまくったそうです

Uさんがノイローゼになる位 


だって Kさんの事 凄く怖がってましたから 」 


・・・・・・・・・・・・・・(・・;))))))))))))


「余り詳しく喋ってくれなかったけど 

何ヶ月も メールや電話はしつこく鳴りっぱなしだし 

暗闇の中で 待ち伏せされたりとか

脅し口調もあったみたいで 

とてもそれまで 上品に能弁を振るっていたSさんと思えない行動を見せたみたいですよ 


それでもUさん 何ヶ月も逃げ続けてたんです 

Uさんが逃げ出してから

3ヶ月後くらい Kさん 

閑職に回されたんですよ

何故そうなったか社内的な事情はわからないんですが

映画雑誌の編集長の座を追われてしまったようで 

さらにその数ヵ月後 Kさん 会社も辞めて 

今は外国住みながら フリーライターみたいな事を

細々とやっていますね 

もう半分隠居状態みたいな事 自分で言っていました




Uさんは凄い・・・・

(・・;)


「Uさんもその後 たまたま当時の職場で知り合った 

年下のヒラ社員の男の人と 再婚しましたね

さっき見せた写真 今の旦那さんですけど WEBデザイナーをやってたんですが 

収入が凄く上がって 

結婚1年目には 山の手の高台にマンション買って 

子供もできたし ようやく幸せになれたかなと思いきや 

旦那さん  仕事が忙しくなりだして 

全然家に帰ってこないようになったんですって

大きなプロジェクトを任されるようになったりとか

収入はやはりメキメキ上がって 経済的には何不自由無いそうなんですが 

「籠の鳥」状態で 家庭生活は寂しそうで 

Uさん 今 離婚を考えてるらしいんですよね

こないだ そういう事もらしてましたもん


男の人は次々 あげて 経済的には過不足無い生活ですけど

家庭運が ・・・悪いのかな・・・ 

まあ彼女の事 僕 茶化して 現代の座敷わらしって呼んでいますけど 」


確かに 座敷わらしみたいだあ 

居る間は 繁栄していなくなると 急に衰退していく

そう言えば Kさんこないだ久々に店に来たんですよ

でも当分日本には帰ってこない事を言っていました

でもたまたま店にその時 Uちゃんに良く似たあげまんタイプの女性が居たんですが

その女性を3分くらい 

嘗め回すように見ていましたね

でその後 

僕に 

「 マスター こういう女性 好きなタイプじゃない?」

なんてその女性に話しかけてましたけど

僕は逆にKさんの好みだろうなあ と思いましたよ

なんか無意識的かもしれないですが

あげまん好きな人って 外観を確認するように 見るんですよね

Kさんって ひょっとしてUさんがあげまんだったの 口に出さなかったけれど

出会った時から気づいてたかもしれませんね 」


確認するように 舐め回すようにみる・・・


そのキーワードに反応してしまった私

私生活でも そういえば経験があった 

(・・;) 

まあその私の体験談は 後に話すこととして ・・・



後日  某霊感美少女ちゃんに 

この日聞いたあげまんの事とか話しました


霊感美少女ちゃん 曰く 


「なるほどね 

でも付き合った男の人の運気があがるからといっても

あげまんって幸せとは限らないの

そういう人もいるだろうとは思うのだけど 

まだアゲマンで幸福な人を見たことがないの

何故なら嗅覚の鋭いハイエナが群がってくるの 

とても美味しそうだから 

そして ハイエナは容赦無く 奪いに奪っていくの 


成功者で普段モデルや女優さんを連れて歩いている人が

綺麗で優しいからってだけで 30代バツイチで 自分のこと振ったUさんを

そこまで ストーカーしてまで 必死に追いかけるかなぁ

それは 愛じゃなくて 彼女が あげまんだからじゃないの


あげまんの女性って 一見大事にされるし 本命扱いされるけど


その人を好きというより 運だけを欲しい男の人が寄ってくるのかもしれない



逆にサゲマンの人って 女性として 魅力的なのは 当たり前

上がっている人 地位や権力がある人を虜にするんだもの

歴史をみても地位のある人が 国を傾けたり 滅ぼすくらい

男性を虜にするのが さげまんなんだもの

そして 自分がどんどん 運気を貰って

成功したり裕福になっていったりするの

勿論 さげまんでも様々なタイプはいるけれどね 

でも
何をもって幸せって言うのか わからない

どっちが良いのだろうね 」


(・・;)


本命の彼女や奥さんはあげまんを選び ぎゅうぎゅうに 籠の鳥状態にして 

美女のお友達をたくさん作る成功者さんって多いのかも・・・



そういえば 私の周りにも ちょっと奇妙なあげまんタイプの女性が居たなあ

次回はちょっとその女性の話をします

<(_ _)>


AGEMAN伝説外伝 ・・・みーちゃんの笑顔・・・

某霊感美少女は あげまんのことを こう言っていました



「 みんな勘違いしているけど あげまんは 性格では無いの

性格の良し悪し関わらず 男を出世させる人があげまん

一緒にいた時の 「運」のみに焦点を当てて考えれば 本物は見抜けるはずだよ


傍目からみて 性格が無茶苦茶であろうが 性悪であろうが 浪費家であっても

ともかく一緒に居て男の人が結果的に出世していく女性が あげまん

逆に どんなに尽くしてくれても 優しくっても 適格なアドバイスをくれても

下げる人は サゲマンなの 運気を必ず下げる人だよ 


それに尽くす人は 心理学的には 支配欲が強い裏返しでもある場合も多いんだよ

潜在意識では 男の人にあがってもらいたくないタイプもいるよ

出世したら 自分が支配できなくなっちゃうから 世話を焼けなくなっちゃうじゃない 


で あげまんかどうか 見抜くのは実は簡単で

一見 関係ないようかもしれないんだけど 

その女性と知り合ったり 付き合ったりしてるうちに 

自分が出世したり 周囲の状況が好転したりしていけば あげまん 



逆にどんなに 楽しく時間を過ごせたり どんなに自分に優しくしてくれても 

一緒に居て 自分がさがるような事が続けばさげまん

あげまんって 数は少ないよ さげまんの方が絶対数的には多いと思う 

でもどっちでもない人のほうがもっと多いけど 」


そんな希少価値が高い あげまんさん  

さぞかし 貴重な存在だから目ざとい男性方には常に追いかけられてる とお思いでしょう 

<(_ _)>

でも全てのあげまんが もてるわけではありません 

何故ならあげまんを見抜く目ざとい男性も 絶対数的には少ないからです 

前にも書いたように 容姿的には・・・・・な女性が多いですし

一緒に付き合って どんどん出世していっても 

自分の力だと過信してしまう 男の人も多いので



私の周りで あげまんなのに 付き合ってる男の人に 

そうと気づかれないちょっぴり かなぴい女の子達が居ます

そのうちのひとりの名前をみーちゃん(仮名)と言います 

華原朋美似の可愛いくて 真面目な女の子です 

みーちゃん にはロミオ君(仮名)と言う彼氏が居ました 


ロミオ君は超イケメンで モテモテでした

みーちゃんの他にも 彼女が何人も居たようで

高校卒業してからもずっと働かず 

おそらく その間


他の彼女達 に養われていたと思います

貢がれタイプのイケメン君でした 

 



仕事はまったく やる気がないのに 

俺は実業家になる ビッグになる っていうのが口癖でした  


ロミオ君の元彼女の一人 某美人さんは

外見的にはロミオ君が好きだったけど そんなロミオ君にその先 人生を預ける気になれず 

さっさとお金持ちの人と結婚してしまいました



「でも本当に好きなのは ロミオなのよ だから結婚してからも時々会って 」

とせがまれたそうです・・・・・


(・・;) 


でもロミオ君的には 他にも彼女は居るし まあ良いかあ~ みたいな感じで 会わなくなったそうです  


そんなロミオ君が 友人の紹介で みーちゃんと出会いました


すぐにロミオ君の美貌にメロメロになったみーちゃん 


ぞっこんになり ロミオ君に貢ぐようになりました 

ロミオ君は みーちゃんにもいつもの調子で 

「俺はビッグになる 」

と言いました

でもここからの対応が みーちゃんと他の女性の一味違う所でした


みーちゃんにとっては ロミオ君が幸福になる事が 

夢であり 希望であり 愛であったんです 

みーちゃんは 毎日毎日 昼も夜も お風呂でもトイレでも 

ロミオ君と一緒に撮った プリクラや写真を見ながら 

ロミオ君の 夢が叶いますように と一心不乱に念じ続けました


ちなみにそのプリクラ

見せてもらったら 不思議とロミオ君は 顔を横にそらしています・・・・・・

(・・;)

その事を指摘しても

みーちゃんは ロミオ君って 照れ屋さんなの~と 

(///▽///)と ポジティブに・・・・


ロミオ君ロミオ君ロミオ君ロミオ君ロミオ君ロミオ君ロミオ君の夢が叶いますように

ロミオ君はきっとうんとうんと偉くなるの
きっとうんとうんと偉くなるの 
きっとうんとうんと偉くなるの
きっとうんとうんと偉くなるの

ロミオ君ロミオ君ロミオ君ロミオ君ロミオ君ロミオ君ロミオ君の夢が叶いますように

暇さえあれば ずっと唱え続けていました

まるで教祖様を信ずる信者のように 目をキラリンコとさせて

愛に満ち ピュアで純真 

執念すらも感じるくらいでした 


ちなみに みーちゃんには元から 連呼癖がありました  

所謂みーちゃんは Uちゃんのような 一緒に居るだけで あげていくタイプの女性とは少し違うかもしれません

相手の幸せや出世をひたすら念じ続ける

念力タイプのあげまんです 

念をこめる時は 思いっきり感情を入れ込みます 


でも凄まじき威力でした

∑o(*'o'*)o ウオオォォォォ


 
みーちゃんは ロミオ君ノートと言う物を作り

そこに 身長 足のサイズはもとより

その日 ロミオ君と目を合わせた回数とか 

話したすべての内容 まばたきの回数とか 

そういったものまで克明に記していきました


みーちゃんと付き合ってから 程なくして ロミオ君はガソリンスタンドでバイトをはじめます

みーちゃんは 学校をサボり 

ガソリンスタンドが見える物陰から じっとロミオ君を見つめ続けていました

ちなみに みーちゃん曰く 

「学校に行くつもりがロミオ君に偶然会ったんだ~」

(///▽///)


と・・・・


でもガソリンスタンドと学校 全然 方向違うじゃないか~~~~


(>ω<)/


「昨日もロミオ君と6回目が合ったの ロミオ君は気がつかなかったかもしれないけれど 

でも本当に幸せ 好きな人のことは何でも知りたいじゃない 」

(///▽///)


次回 ロミオ君のサクセスストーリーと ロミオ君に下る天罰の巻 に続く

AGEMAN伝説  柱の抜けた清水寺 




みーちゃんは ロミオ君にお金をあげ続けた

でもみーちゃんは学生の身 当然 自分のお小遣いだけではお金が足りません 

まるで 口を大きくあけ餌をせがむひな鳥の為に 駆け回る親つばめのように

ロミオ君にお金を運び続けました

ロミオ君の夢は

実業家になる事から 

「俺は 将来飲食店をやる その為にフランスに行って 料理の修業をしたい 」

という具体的な形になっていきました

何気なくみーちゃんに フランスへの留学費を無心しているようなんですが・・・

(・・;)

そこまでの資力はみーちゃんにはありません

「ロミオ君・・・ そうなんだ 

私フランス留学のお金は ちょっと持ち合わせが(>_<)・・・・・

そうだ!

(*゜▽゜ノノ゛☆

ロミオ君 ガソリンスタンド辞めて 飲食店でバイトしなよ

そして料理の勉強もして 接客のノウハウを身に着ければ

ロミオ君才能あるし 必ず できるよ

皆に好かれて すぐに偉くなっちゃうよ  」

みーちゃんは そうロミオ君に勧めました


みーちゃんの薦めにしたがい 早速地元の田舎フランスレストランにバイト

でもレストランの朝は早い 

起きれないロミオ君を 毎朝みーちゃんは 五時に電話をかけ 

起こします 出るまで何度も何度も鳴らします 

「おはよう ロミオ君 今日もお仕事頑張ってね ロミオ君は絶対偉くなるから

貴方は絶対出世するから 信じてる 」

毎朝 寝起きのぼーーっとした夢うつつの状態のロミオ君に この言葉を吹き込み続けました 

そしてみーちゃんは 

ロミオ君に 朝早く来て 夜は一番遅くに帰るようにと アドバイスしました 

 

店のオーナーは ロミオ君を 物凄く気に入りました 

色々な知識 店のノウハウを懇切丁寧に 教えてくれて

みーちゃんは

「ロミオ君 最近難しい漢字を読めるようになったんだよ 

すごいのよー 鮪とか 鯛とか 読めるのよ~~~・・・・・」

(^▽^)ノシ

と誇らしげに語っていました 



鮪ぐらいよめねえべか?とちょっと疑問に思いつつも・・

(・・;)・・・・ 


さらに英語とフランス語の区別のつかないロミオ君に

みーちゃんは メニューを訳してあげたり 教えていました

ひとえにロミオ君に出世してもらいたい ロミオ君に成功してもらいたい 

その苔の様な一念が岩を通したのだと思います


ロミオ君は収入がめきめき上がっていきました

しかも驚く事に ロミオ君がいつか お店をやりたいんです

と言う夢を 周りに語っていたら

自然と出資者が三人も集まったのです

\(@0@)/

勤めだして まだ一年と言う ほとんど駆け出しの状態なのに・・・

店を出してくれるパトロンが見つかり 

唐突に

ロミオ君は 店のオーナーになりました



私が最も不思議だったのは 

シェフとして経験豊富ではなく 味が美味しいと思えない ロミオ君の店が 

開店してから 常に盛業状態になってた事です


はっきり言って修行先のレストランも フレンチとは言っても 田舎の場末料理店で

そんなに技術レベルが高いとは思えません 


でもロミオ君の店は繁盛し続けました 

そして開店して一年足らずで 

飲食店3軒まで広げる 言葉通りの実業家になっていったのです


しかもたまたまはじめた株式投資も 物凄くうまくいき 経済的に羽振りが良くなっていきました

もう女性から貢がれる必要も無くなったのです
 

みーちゃんは

「私が思ったとおり ロミオ君は こんなものじゃないわ もっともっと偉くなるもの 」

と嬉しそうに喋っていました


だけど彼は 

元々 イケメンだった容姿の上に

名実共に実業家としても成功していました 

そんな彼を他の女性がほっておくわけが無く

かつてと比べられないくらい 高品質な女性さんたち(モデルさんやレースクイーンスチュワーデス等)に囲まれ

文字通り 美女をはべらす極上の生活を満喫するようになりました



そんな中 段々横で ブツブツ 成功の呪文を唱えるみーちゃんの存在が うざく邪魔だと思ってきた ロミオ君

対応も冷たくなり 別れを一方的に言い渡されました

。゚(T^T)゚。


でも振られてもみーちゃんは ロミオ君の成功を祈り続けました 信じ続けました

何故 捨てられたのに そこまでロミオ君の為に祈れるの? と聞いたら


「 一緒にいる事が愛じゃないの

相手の幸せを願う事が愛なの

あたしは一緒には過ごせないけど 彼には幸せになってほしい

だから彼の幸福と成功を毎日祈り願っているの 」


ピュッピュアすぎる 

(ノ◇≦。)


そんなある日 みーちゃんは 

彼の仕事の邪魔にならないように 

いつものように

彼のレストランの見える 物陰から そっと彼の姿を見に行きました

(///▽///)~♪ ロミオ君 ロミオ君~♪

そして彼の繁盛している店と 凛々しくなった彼の姿を見て 

その日も 彼がもっとうまくいきますように 

(-人-)パンパン 

と願ってから

帰ろうとした所です


みーちゃんが 物陰から見ていたことに気がついた ロミオ君

つかつかとみーちゃんに近づいてきました 

そして

開口一番 こう告げました 

「お前うざいんだよ ストーカーじゃねえの? 

迷惑だから うろうろするな 

二度と俺の前に現れるな! 」


((((((((((((((Σ(|||▽||| ))))))))))




「大体 お前の ブツブツ言ってるのがとっても 気色悪いんだよ

ロミオ君はうまくいく?

当たり前の事言ってるんじゃねえよ !

うまくいってるだろ!

気持ち悪いから よせよ もう姿も見せるな 近寄るなあ 



みーちゃんは涙が出るというよりも 

愛しい彼から言われた この言葉にショックで呆然としました



そしてその日から学校を3週間くらい休みました

余りの落ち込みで何もできなかったらしいです 


私は ロミオ君の対応が酷すぎる と今度ばかりは本当に憤慨しました 

(>ω<)/



でも心配した私に 

みーちゃんはこう言いました


「彼が良くなる事が 夢だったし 私の愛だったけれど

でも 彼が迷惑がっているなら やめなきゃ・・・

彼にこれ以上 迷惑をかけちゃいけないから・・・」


みーちゃんは 彼との思い出の写真を処分し 

日課だったお祈りも止めました





そして半年くらい過ぎた頃です 

みーちゃんの友人のSちゃんが ロミオ君を見かけたそうです

町の片隅の 工事 

そこで下っ端として

バイトをしていたと 


(・・;) 

あれ 三軒のお店のオーナーじゃなかったの?

株で儲かってたんじゃなかったっけ?

それから 美女の取り巻きたちは・・・・・・?




でも考えてみたら当然かなあっと 

もともと目的意識の希薄な ロミオ君の「運」がそこまであったとは ととても思えなかったし 

清水寺を支えてる下の柱を 一気に抜き取ったら どうなるか 


おそらくがらがらがらっ~~~っと崩れ去るのじゃないかなあっと 


(_人_)


最初はたまたまかな???と思ったんだけど 

見ているとみーちゃんっって付き合った人はすべて ロミオ君のように「運」が急上昇してどんどんどんどん出世していくのです。

彼氏だけじゃなくて みーちゃんの周りの人々も

お父さんの仕事も順調だし みんなみんなうまくいってます

そして私もこないだ みーちゃんに会ってすぐに

先に記したように 株で儲かりました

どうしちゃったの???ってくらい トントン拍子にです(現在進行形・・・)


まるで仙台四郎さんみたいです

みーちゃんは華原朋美に似ていて 

顔だけじゃなく 話し方や仕草も(同じ事を何回も何回も繰り返し言うところとか)そっくりです

この事から


私は 華原朋美もあげまんじゃないかなっと推察しました 


華原さんと別れてから 小室さんは泣かず飛ばずになったし

彼女がでるCM商品は 結構な確率でブレイクしてるからです

(桃の天然水とか一番売れたのは朋ちゃんがCMしてた時代です 

ちなみにAUも朋ちゃんがCMから出なくなってから ソフトバンクに抜かされています

キティちゃんブームも朋ちゃんが発信源でした)

彼女のお母様の事業も大成功し

小料理屋から ビル何軒も持つ オーナー会社にまで成長しました


何故小室さんは 華原さんと別れたのか不思議でしょうがありません

逆にその後付き合った女性は・・・・・・・



ちなみにみーちゃん ロミオ君がバイトしてるって言う事を聞いて

「助けなきゃ ロミオは偉い人になるのだから 」

(>_<)!

とすぐに駆けつけようとしました

でも もしまたロミオ君と出会ったら


同じことの繰り返しだろうなあ っと思い

「ロミオ君に 迷惑がられるよ やめときな 」

と 言い みーちゃんの駆け付けを制止しました 



やはりみーちゃんの将来を考え

そして 

ロミオ君には

心を地獄の閻魔さまにして

愛の天罰を下そう

そう思ったMAHAOでありました



<(_ _)>





今度は みーちゃんに 心清き彼氏ができますように ・・・

AGEMAN伝説 みーちゃんの魔法と人魚姫



うちのマミーは よくこう口ずさんでいました 

「人に贈れる最大のプレゼントは その人を信用して 

その人の成功を期待する事なの 

それが最高のプレゼントなのよ・・・」と


みーちゃんが使っていた 魔法は 

心理学的に言うピグマリオン効果 じゃないかと思いました 

これは 過去記事に書いた 歌の魔法 や口癖の時の話にやや共通するところがあるかもしれないですが 

誰かが 心から期待したり 信用したりすると

相手も期待されてる事 信用されてる事を意識するため

その期待に自然に沿うようになるという 現象を指しています 


まとめると

1964年 サンフランシスコで こういう実験が行われました 

<(_ _)>

ある学識的に権威を持った人が 無作為に選んだ小学生を 

この子達は 成績が将来上がる子供だ 

将来上がるというテスト結果が出てる と担任教師に言ってきかせました 

担任の先生も 期待を持って

その子供たちを見つめていたそうです 

そうしたら その無作為に選ばれた小学生は どんどん 学力が向上していきました  

期待の言葉や視線が 如何に 期待された対象の能力を上げるのかを示した実験です 




みーちゃんは もうひとつ 魔法があって 何度も何度も ロミオ君に 

貴方は成功する と言い続けていて

毎朝 ロミオ君が寝起きでぼーーーっとした状態のときから 夜寝るときまで 成功の言葉を吹き込んでいました 

朝の寝起きの時とお休み前は 心理学的には 言葉が潜在意識に届きやすい時間と言われています 




みーちゃんと遊んでいる時 合間合間を見ては 凄いペースでロミオ君に電話かけていたのを覚えています

出ないときは留守電にまで いれていました

「貴方は成功する 偉い人になると 信じてるから 」

そうして 一日に2-30回以上も電話していました

何度も何度も 聞かされて成功の呪文が 潜在意識や 心の奥底まで 刷り込まれていったのでしょう



みーちゃんの最も凄いところは

ロミオ君が 例え 世間的に見たら 無職で女性に食べさせてもらっているという状況であっても

ロミオ君を心から信用し続けれた事です

これは凄い事なんです 


\(@□@)/


例えば 自分の子供が ニートの状態である時

いきなり 

「俺はノーベル賞を取る 大実業家になる」

と言ったとき どれ位の親が その子供を

信用できるでしょうか?

ひょっとすると そう言った途端

「んな 馬鹿な事を・・・」と否定する親も多く居るかもしれません

長田さんみたいな矯正機関に 子供のしつけを頼む親も居るかもしれません 



でもみーちゃんは 

ロミオ君がどんな状態であれ 心底 彼を信じ続けました

これこそがみーちゃんの最も凄い所だと思っています


みーちゃんは 無意識で成功の催眠をロミオ君にかけ続ける催眠術師だったのです



でもロミオ君は 自分の目の前に成功の架け橋がかけられた瞬間 

自分で その橋を支えてるのが何かを

認識する事無く 橋の支柱を取り去ってしまいました

みーちゃんがいなくなり ピグマリオン効果を発する人も居なくなりました 

後に残ったのは ロミオ君の成功目当てに近寄る女性たち 

耳障りの 良い事を言うような 女性たちです 

推測ですが その中にはおそらく

さげまん と呼ばれる人種の方々が 付いていらしたのかと思います

後でさげまんの章で 詳しく話しますが

<(_ _)> 

成功目当ての女性とわかると 人は無意識的に不安に駆られていきます 

何故なら失敗した時にその魅力的な女性たちがいなくなってしまう事を恐れるから 

自分で失敗のイメージを植えつけちゃうのです


あとさげまんの女性は 奥底で憎悪の念をお持ちの女性も多いです 



あげまんと出会い 成功し そしてその成功につられ さげまんが寄ってくる

そしてあげまんを疎んじるようになり やがて追い払い 楽しませてくれるさげまんばかりを身の回りに置くようになる 

そして没落していく 

これは歴史的にみて 何度となく繰り返されてきていた事だと

歴史好きの友人も言っていました 


みーちゃんにとって運が良いのは 

ロミオ君が鈍感だった事


もしもロミオ君が 勘が鋭い男の子だったら

他に浮気相手を作っていても 決して みーちゃんを手放さなかったろうと思います




「 残っているタレントや実業家 有名人達の中には 

遊んでいたり愛人とかいっぱい作っても 

昔から付き合ってる本妻さんを決して手放そうとしない 

狡猾な男は 本能的に 出世の力が 自分の運だけでない事を知っている 

運を与えてくれる 女性を探して その運を吸って 野望を成し遂げるタイプの男も大勢居る


成功を求める非情な男ほど 

運を与える 女性を放さない

その女性の運が 自分の防護壁の役割を果たしてくれる時までは

運を吸い尽くすまで 


その女を 囲い込み 飼い殺しにする

そして 自分らはどんどん恐ろしい悪事 愚かな行為を繰り返す 

非情な男は 運を与えてくれる女性を 女性として見てるわけでも 愛してるわけでない

自分の野望の栄養源として 欲しいだけ 

運の良い女性と結婚したがる男には そういうハイエナタイプの男が近寄るの 

気をつけましょう 

みーちゃんは まだそういう男の人に出会わなかっただけ 運が良かったかもしれない 」


霊感美少女が 私にそう話してくれました ・・・・・・

実は 私は 昔 飼い殺しタイプの男性と知り合った事があって・・・・・・・



・・・・・・・・。(ノ◇≦。)。・・・・・・・・



まあ その事は いずれ後に話します









次回 マスターから聞いた通過型タイプの珍しいあげまん女性の話に続きますね~~~☆☆☆

<(_ _)ノシ









AGEMAN伝説 純粋同盟 

小さい苗木の頃から 丹精こめて育て

大きな果実を実らせるようになった樹を持っていたとします 

それだけ大きな果実が成るまでに育てたのだから

いつまでも大事に持っていたいと思うのが人の心情だと思いますが

でもそれだけ大きな樹に育った事に満足して 

その樹を他の人に託し 

別な苗木を探しにまた旅路に向かうタイプの人も居ます

次はそんなタイプのあげまん女性の話

<(_ _)>



語り部 マスター 

聞き手 MAHAO 


「 その女性が最初にうちの店に来たのはもう かれこれ 10年以上前でしょうか

最初

CMのADさんの仕事をしている彼氏の方が連れて来ました 

名を富さん(仮名)と言いました


北国の出身のかたで

肌が透き通るように白く しゃぶりつきたくなるような餅肌でした 」


しゃっしゃぶりつきたくなる・・・・・(・・;)))))))))) 


「 顔は森三中の大島さんを凄く整えてスマートにした感じ 

はかなさをほのかに匂わせた感じで それが何ともいえない色気を漂わせていましてね 

ちょっとアパホテルの女性社長さんにも似てたかな?

あの女社長さんを凄く綺麗にした感じでした 」


φ(・・;)))))))) 顔のとっ特徴が掴みづらい・・・・


「富さんが以前付き合っていた人の中に 今でも 有名なミュージシャンがいます 


彼がミュージシャンとして食べていけずに 別な仕事をしていた時代から


ぐだぐだに酔っ払ってる彼を介抱したり 励ましたりしながら

お付き合いしていましたね 

そのミュージシャンさん 

所属してるバンドごと 一世を風靡する位売れだして 

街角でも そのバンドの大きな看板を次々見かけるようになりました

CMにも出演するようになって

そんな彼が成功しはじめた矢先に  富さん 彼と別れて



ADさんをやってる新しい彼氏さんと付き合いだしたんですよ 

別に そのミュージシャンさんが 有名になったから彼女の事を振ったというわけではなくて 

そのミュージシャンさん 事あるごとに彼女と連絡を取って

よりを戻したがっていましたね 

店で富さんがひとりで飲んでいる時に 彼からよく誘いの連絡が着ていて 

近所の店で食事してるから おいでよって

頻繁に誘っていましたからね 

でも彼女は 頑として彼の誘いにのろうとはしませんでしたけど



でその新しく付き合った ADさんは 

1年足らずでメキメキ出世して いつの間にかCMプロデューサーの地位にまで登り詰めました

で 彼がそういう立場になった時  富さんは彼と別れました 

詳しい経緯は教えてくれなかったけど 富さんが自分から去っていった感じで


富さんが僕が見た 他のあげまんさんとやや違う所は

別れてからも 急に落ちるわけでなく ずっとそのポジションに留まる事ですね

男の人が まだ不遇な時期から傍にいて

で出世しだしてから 身を引き 新しい彼氏を作る  


僕はそんな富さんを通過型タイプのあげまんって勝手に命名したんですけど 


「過去に付き合った男の人が 皆出世していくの 」と

富さんも言っていましたね 


僕もそんな彼女の運気にあやかりたくなって

恥ずかしながら 富さんにさりげなくモーションをかけだしたんですよ

(///▽///)9ポリポリ 」


φ(・・;) おお マスターもハイエナさんだったかあ???


「近所に美味しいレストランがあるんですけど

今度一緒に行きませんかって

そのADさんと別れた頃にお誘いしたんですが


ある日  また新しい彼氏らしい男性を連れてきて

こう言ったんです 

「マスターに 美味しいレストランを 聞いたの

今度一緒に行こう 」

って・・・・・・言われまして

それ目の前で言われたら 涙が出てきて・・・ 」


(ToT。)ヾ(・・;))))))))ヨシヨシ


先日霊感美少女に 連絡を取ったとき

その通過型タイプの富さんの話をしたら

こう言っていました


「 彼に迷惑をかけたくないからないじゃない

偉くなった彼に自分が居なければ もっと良い女性が見つかるって思って

自分から身を引くんだよ 

でも付き合った人達の男性を 別れてからも信じ続けてるんだと思うよ

だからきっとうまくいってるんだよ 

本当に心から好きだったと思うよ 

みーちゃんも別れた後 祈り続けていた間はうまくいっていたでしょ 」


・・・・・・・・・・


さて あげまんの話題が ひとしきり続いた所で

<(_ _)> 

そろそろ

皆様 お待ちかね

恐怖のサゲマンの話に移りたいと思います 


ある知人のモデルの女の子が とても明るく こう語っていました 


「わたし 付き合ってた男性が 皆 職を失ったり 破産しちゃうの

でもわかる だって この私の美貌だもん~♪ 」



(*゜▽゜)゛ノ~♪ 


次回から その女性はじめ ガラスキ女 等 サゲマン女性ネタに突入します <(_ _)>


タイトル BY MAHAO

AGEMAN伝説 さげまんと魔性の香り・・・・・ の触り 


「さげまんって 魅力的な女性が多い」


かつてサゲマンの女性と付き合った男性は そう言われてる方が多かった


何故 さげまんなのに そんなに魅力的に見えるのだろう


と霊感美少女に話をしていた時 こう言っていました



「当たり前じゃん さげまんって 獲物をハントしようと待ち構えているんだよ 


鴨を常に引き寄せなきゃいけないわけじゃない 


美しくて 一緒に居て楽しく過ごせるよ


見せ方(魅せ方)も上手だし。 



でも鴨は骨だけになったらいらないの もっと美味しそうな獲物がいっぱい寄ってくるんだもん 

外見は見目麗しい女性であろうが その本性はハイエナ男と大差が無い


あげまんが どんなに男の人に尽くしたとしても さげまんは その溜まったエネルギーを


ブランド品や化粧品 宝飾品 洋服 


自分の周りの人や付き合った 男性を陥れる事に 振り向けるから


あと自分の出世にそのエネルギーを使う女性も居る 」




芸能人の「あげまん」のお話を書いてみます



代表格として 私が思い浮かべる存在は



南果歩さん



余り目立たない存在なのですが 黒目が大きくて 


優しそうな目力を漂わせています 


顔の肉付きもふっくらしてて 


見るからにあげまんの特徴を備えている 



南果歩さんは 皆様もご存知


今や超国際スーパースターの渡辺謙さんの奥様です


2005年 ラストサムライで大ブレイクする少し前から


渡辺謙さんと交際していました 





実はラストサムライのオファーがきた時 謙さんは 


作品にでようかどうしようか 迷っていました 


そんな時 南果歩さんは その背中を後押ししたそうです


「大丈夫よ 貴方は才能があるからうまくいく 」




南果歩さんは その昔 別な男性と結婚していました


その男性が 売れない物書きをしていた時代 知り合い 結婚する時に 


「婚約指輪はいらないの その分 貴方の作品を作るために少しでも使って 」


こう呟いたそうです


そして


「貴方は才能があるの 大丈夫 うまくいくわ 」


事あるごとに こう勇気付け 


彼の成功を確信していたそうです


結婚後2年で 彼は「芥川賞を受賞」



さらにその2年後 フランスの五大文学賞である 「フェミナ賞」を日本人で初めて受賞すると言う快挙を成し遂げました



彼の書く作品は映画化され ドラマ化され 


新進気鋭の人気作家として 時代の寵児として持て囃され 


大御所作家入りするのも最早 時間の問題と思われていました



そんな彼のニュースが テレビで飛び込んできました 



南果歩さんと離婚  そして某美人女優さんと結婚と



そのニュースを聞いたとき 某実業家さんが こう漏らしていたのを耳にしました 



「勿体ねえなぁ 俺だったらあげまんの奥さん 家に囲っといて 美人の愛人作るだけにしとくのに 」




その後の作家さんのご活躍は・・・・・・・


前ほど 本は売れなくなり 映画ドラマ化もお呼びがかからなくなった 



(・・;)・・・・・


こないだホームページをみたら 


なんだか前の輝かしき作品郡と違って ぱっとしないようなローカルな活動を・・・・






ちなみに渡辺謙さんの その後の活躍は皆様の 広く知るところと思います 


<(_ _)> 



人生って ひょんな出会いから 大きく変わるものなんですね 



次回 私のサゲマン見聞録 に 続きます







AGEMAN伝説 代理店とクライアント


最近 ポッキーの数が減った・・・


箱を開けるたびに みーちゃんは

ポッキーの数を数えていて 


食料品が高くなったから ポッキーの数が少なくなったのよ

とぼやいていました 



そういえば みーちゃんは数年前 農家良いよねって 言っていました


今 農家の人は食料品の値上がりにより 結構収入も高くなってきているようです


最近知ったのですが 


ある京野菜のブランド化に成功した町の農家は 皆高級外車に乗っていて 羽振りが良いとの事




今更ながらみーちゃんの慧眼には 感服させられます


(・・;)



数年前の農家は 嫁不足が深刻でした   


農家の青年に お嫁さんをあてがう お見合い番組がテレビで流れていました


面白楽しく描かれていましたが その裏では問題の深さを伺わせられました 








「あげまんのじょせいは 誰も見向きもしない時に 良い会社の株を 底値買いする投資家のようだ 」 



そう言っておられた 資産家の投資家の方がおられます 名前をAさんと言います 



「僕の見ていた限り さげまんの女性ほど 相手の条件や収入を凄く気にするね 


特に流行の仕事や 就職ランキングで 高順位の企業の名刺を見た途端 


色目を使い出したりするような女性は さげまんの香りがぷんぷん漂うんだよね 」


みーちゃんやSちゃんもそうだけど


あげまんって 


付き合う人の職業や収入は 全然気にならないようでした 



「無職? 気にならないよ だって数年で出世するし 


付き合った人は皆 今まですぐに出世したから 


愛があれば出世するなんて簡単だよ 


愛よ~♪愛せるほうが大事だの~♪ 」


(///▽///)



愛があれば出世する


愛こそ出世の原動力 


これこそみーちゃんの真理なのかもしれない 



みーちゃんの意見が正しいなら 


逆にさげまんという女性は


条件次第で 愛してない男性と付き合えたり 結婚できる女性こそが そうなのかもしれません


好きでない男性 精神的に尊敬できたり愛せれないタイプの男性を 


自分に与えてくれる何かしらの特権や対価


具体的には 理想的な収入や権威 学歴 ステータス 等の付随条件があれば 

結婚できる女性が 


さげまん女性 になるかもしれない


私つくづく思っていたのです  好きでないタイプ 人間として魅力を感じない男性と結婚する女性を 

もし自分が嫌いな男と結婚したら 


毎朝顔を合わせたり 晩御飯を一緒に食べてるうちに  潜在的に嫌気がさしていくんじゃないかな~と 


長い年月の果てに それがつもりつもれば  心の奥底が


嫌いな人と居なきゃならない 状況を破壊したい衝動に駆られるのかもしれないのじゃないかと  


それこそが さげまんの資質かも 


(・・;) 



投資家Aさんは こう続けます




「 今の人気的には テレビ局 広告代理店 外資系の企業マンに 猫なで声をあげながら


擦り寄っていくタイプの女性かな



そういう女性って 投資的に 高値だから買うタイプの投資家にみえるんだよね 


割安で株が転がってる時は ほっぽって一瞥もしないんだけど  


会社の株式が世間で評価され  高騰し 徹底的に割高水準と思える頃に 


こぞって争うように大量買いするんだ 


自分の判断基準よりも 世間でどれだけ注目されてるかを基準にして銘柄を選ぶタイプの投資家だよね 
 



90年代の銀行破綻の時代もそうだった


バブル時期 銀行や証券会社の景気が良くて 銀行マン証券マンというステータスに憧れて結婚した女性が大量

にいたけど  


不良債権や株式不況で銀行や証券会社が倒産して 夫がリストラされた直後 


次々離婚した夫婦も多いって聞いたよ 


何年暮らしても 愛着が湧かなかったんじゃないかな 


その男性の利用価値や残高がなくなった途端 ぽいと逃げ出しちゃうタイプだよね 


最初から人からの評価や物的利用のみで選んでたのがその女性の 行動哲学だったろうし


愛の結婚と言うより 商人の契約に近いよね 


価値が下がれば とっとと損切りする位の覚悟しか 持ってなかったんじゃないかな 


株にそっくりなんだよね 


株もそうだけど 愛せる企業を買っている株主さんが 莫大な利益を得やすいしね  」



高値掴みをするのがさげまんの特徴だって資産家Aさんは言っています


さげまんにも色んなタイプの女性が居ますし



一概にAさんの言ってる事がさげまんの全てとは思えませんが 


確かに Aさんの 言ってるタイプの女性のさげまんっぽい子も会ったことがあります 



あるモデルをしていたMちゃんは 


「結婚するならD通 お坊ちゃま多いし ステータスあるし


私 お金があっても 絶対に個人企業とか嫌なんだよね 


結婚するなら ステータスのある企業じゃないと嫌なの 」


とおっしゃっていました

ちなみにD通は 企業経営者の子弟がコネ入社でてんこもりいる状態だそうです 





Mちゃんは ミスタイトルを幾つも持つ容姿端麗な女性


料理もうまく 家事は完璧にこなせます 


まさに男の人が求める お嫁さんにしたい女の子の理想のタイプ 




彼女は様々な男性から 求婚されます 


弁護士や お医者さん からも でも彼女の中の結婚相手のステータスとしては合格しなかったようで


普通の会社のサラリーマンさんから追いかけられた時は


彼をパシリ扱いとしか見ていませんでした 



彼女はその後 超人気有名企業の 重役クラスの男性と結婚しました


年の差は 20近く


彼女は 私に 


「ねえ見て 彼 不細工でしょう 」 と馬鹿にしながら 結婚式の彼の写真を見せてくれました

(・・;) 


「でも彼 アメックスのブラックカードを持っていて 私の家族カードも作ってくれったんだ~♪ 


彼にとっては あたしって最高だと思うの


あたし以上の女性と(ミスコンタイトルを持ち学歴も在り 家事もこなせる)結婚できなかったと思うよ 」


「 偉いねー Mちゃん 掃除とか家事とか 毎日やってるんでしょ 

私 家事が不得意だし (>_<) 凄いと思う 」


と言ったら 





「当たり前じゃん だって大切なクライアントだもん 」







(・・;) えっ・・・? お仕事なの・・・?クライアントって お客・・・・



会社や実家の話だけで 彼の人柄の話がまったく出てこないので ちょっと質問してみました

もし左遷とかされたらどうするの? と聞いたら

「 即 別れるよ あたし美人だし 」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(・・;)))))))))))))



ちなみにMちゃん 結婚した事を あまり人に話していませんでした


私にも結婚した事を共通の知人に言わないでねと念を押されました 

何故なら 結婚後 合コンに誘われにくくなるから 

と言う理由で 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(・・;))))))))))))))




ちなみに彼が浮気しても 

どうでもいいそうです

それより それをネタにケリーバッグを買ってくれればうれしいかな  みたいな事を言っていました



Mちゃんのような女性って


男性からみたら 理想的な好条件女性であると思います


ミスコンでタイトルを取るモデルって


男の人達からすれば一度は憧れた事があると思いますし  


そのうえ 家事もできて


教養も在り 浮気しても怒らない 



いつも笑顔で 話もあわせてくれて 仕事の話には口をはさまないし 余計なこともいわなくて 

居心地いいんだろうなぁ


みーちゃんみたいに 「貴方は才能あるから絶対に成功する」と1日中言い続けたり祈り続けたり 

眠いところを 仕事にいかなきゃと起こしたり 口うるさくアドバイスしたり 

ひたすら連絡をとりたがる女性より 居心地が良いかもしれません




ですが不思議なことに Mちゃんが過去に仲良くしていた男性は 何故かみんな じわじわと 不運が重なり  

仕事がうまくいかなくなっていきます


果たして Mちゃんの結婚相手は どうなるのでしょうか・・・ 




ちなみに資産家で投資家のAさんは 職業的にさげまんの割合の多い職業を こう言っていました


「 スッチー 女子アナ レースクイーン モデル・・・・・・ 」


AGEMAN伝説 愛の生涯賃金と縁ちゃんのビックリ・・・





「彼が左遷されたら 即効離婚する 


だって私ならすぐに結婚相手見つかるもん」


この自信満々のKちゃんの言葉に 男性諸氏は 少なからず反感や異論を持つかもしれません


<(_ _)>


離婚したらバツイチになるし その頃には年齢だって若くなくなるかもしれない 


そんなに簡単にまた好条件の男性が見つかるはずは無いんじゃないかと 


でもKちゃんは勝利の方程式がありました  Kちゃんは もし仮に旦那の仕事がうまくいかなくなり


離婚したとしても  超一流人気企業の元重役夫人と言う肩書きが 残る事がわかっています


超一流人気会社の元重役夫人 そのネームバリューと美貌があれば 


それよりちょっと格下の相手なら不自由する事は無い 


また  前の旦那さんよりネームバリューは無くても  より資産家の男性だって狙えるかもしれない 


彼女は思っていました  男だってブランドが好きなはずよと 



前回 お話をしてくれた資産家で投資家のAさんにそうしたMさんの話をしたら 



「結婚相手に ブランドを求めるのは女性だけじゃなく男性もそうかもしれませんね


さっき言ったさげまんに多い職業って 一般的に男の人が結婚相手に求める人気の職業だと思いますよ


僕 実は 10年近く前 彼女とかがいなかった頃 よくお見合いパーティーに行ってたんですよ 」


・・・・・・・・・・φ(・・;)おっお見合いパーティーすか・・・


「一回5000円くらい会費払って 行くんだけど 女の子は参加費無料で 


それでも女の子が集まらずサクラの女の子が大半なんですよ 


男性陣は 何喋っても 全然相手してもらえなかったんですよ 行ってもカップルなんて


ほとんどできていなかったし  でもカップルが一組もできないと一般男性の参加者も減るから   


主催者がさくら同士を結びつかせて 


カップルが成立した振りを装わせてたりしてるのに気がついたんだよね 


こうして一般の女性からほとんど相手にされてないのがお見合いパーティーってわかったんだけど


そうした女の子が 俄然本気モードで 行きたがるお見合いパーティーもあってさ 


それが参加男性は お医者さん 弁護士 超一流企業限定のお見合いパーティー


そうしたパーティだと男性はほとんど無料の参加費で  女性は 何万円 


会によっては何十万円という出費を払わされるんだけど 


女性の応募者は多かったみたいだよ サクラの女性なんか仕込む必要ないんだよね 」


・・・・・・・・・・・・・(・・;)・・・・そっそうなんですか 


「うん 僕らの行っていたお見合いパーティーとはまったく逆だよね


ただ さらにその上のお見合いパーティーがあってさ


そうした医者や超一流企業のサラリーマンが高額な会費を払って 女性との出会いを求めるパーティーが 


それが 参加女性は モデルさん スチュワーデス限定という 


超ハイレベルお見合いパーティーなんだよね


男性は そうした女性と知り合いたい為に 大枚を払って 縁を得ようとするんだよね


スチュワーデスやモデルを医者やエリートサラリーマンが追いかけ 


さらにそれを普通の女性が追いかける


さらにその普通の女性を 僕ら一般の男が追いかける仕組みと・・・・ 」


すごい まるで まるでスチュワーデスを頂点として お見合いパーティーのピラミッド構造ができあがってるようですね 


φ(・・;) ・・・・・


「さっき モデル ミスコン レースクイーン スチュワーデスにさげまんが多いって言ってたけど 


ひょっとして彼女たちって  男がそうした肩書きに弱いのを見抜いてるのかもしれない  


だからそういった職業に多くつくのかもしれないね でも後になって 


モデルさんやスチュワーデスさんと 個人的に知り合うようになって気がついたんだけど 


彼女たちって  確かに一般女性より綺麗かもしれないけど 


よくよく見ると 町のレストランに勤める給仕の女の子でも 彼女らくらいの容姿のレベルの女性って


ざらにいるよね ただ肩書きがついていないだけ 


勿論性格だって そういう所に勤める女性たちのほうが堅実だしね 


ブランド好きの人間って 肩書きのイメージだけで 満足しちゃってるところがあって


中には どう見ても レースクイーンのコスチュームが無ければ どうなの?みたいな容姿の女性も居てさ


そんな女性をただレースクイーンっていう箔があるが故に 


追い掛け回してる男たちって  実際その物とか 人間の良さを 計れない 


本当に綺麗かどうかも判別できる目も持ち合わせてないんじゃないかって思うんだよね


昔ある医者の知人が モデルさんの奥さんをもらったんだけど 


余りの性格の悪さに 辟易し すぐに離婚したと言っていたね 


今度は性格の良い女性を選びたいって 」


・・・・・・・・・・・・・・・・(・・;))))))))) 



「著名人で そういうブランド女性が好きな男の代表格は  ギリシャの海運王と言われた オナシスかな


彼は60年代を代表する 世界有数の大富豪だった 


ある種のステータスを持つ女性たちを 追いかけ続けた男としても有名で


マリアカラスとも交際していたし 


暗殺された元米国大統領ケネディの未亡人ジャクリーン夫人と結婚したんだよね


散々アプローチをして 貢いで ジャクリーンを妻にする事ができたんだけど 


彼にとっては ケネディ大統領の未亡人が 自分の妻になってるという事実に


この上ないステータスと喜びを感じていたと思う 


ただし ジャクリーンはオナシスと結婚したものの 


実際は夫婦生活はほとんど無いに等しくて オナシスのお金を使って毎日ブランド品を買ったり 


旅行をしたりして散財する毎日だったらしい 


買い物と旅行 ひたすらそれに明け暮れたんだよね 


段々オナシスもジャックリーンに辟易するようになって 


晩年 オナシスが病気になり 床に伏すようになっても 


ジャクリーンはそんなオナシスの病室をほとんど訪れる事はなかった


彼は孤独に 死んでいったよ


有名人の元妻と言うネームバリューに惹かれて 


そういった女性と再婚したがる 男性もいるけど


そういった男性に言いたいのは その女性の本質を見ろって事だね


僕からすれば逆にそう言った 男性も高値掴みの投資家と同じ行動じゃないかなって 思う 


ちょっと話題が逸れたかもしれないね 


僕なりにあげまんとさげまんの違いを一言で言うなら


さげまんは今ある利益しか見えていない


あげまんは将来の利益を確信している  この差かな 」



このさかな~~~~~~?(・・;))))))


>゜))))彡>゜))))彡>゜))))彡~~~~




私も 最初 前の結婚相手のネームバリューだけに惹かれて 


その女性と結婚するなんて ありえない発想だし そんな人居るの?って思っていました


でもある事を思い出しました 




数年前 某企業の社長と テレビのニュース話をしていたときです


彼が好きだった ある女優さんが 彼女より格下とされるイケメン俳優と交際したニュースが


テレビのワイドショーで取り上げられました  それを聞いた途端  こう漏らしてたのです 


「女を下げたよな 彼女なら 財界の子弟と結婚できただろうに


俺 もうあいつに(その女優さん)興味失ったよ 」


おそらくその女優さんが 国民的英雄の有名なJリーガーと交際していれば そのIT社長も興味を失わなかったと思います 


そういう考え方の男性も居るのなら 前の結婚相手がどんな仕事をしていたか 


それが結婚理由になる男が居たとしても  さもありなんと・・・ (・・;) 


私的にはややドン引きしましたが・・・・





あと


ブランド好きといえば 私が知ってる女の子でも居ました

   


元ミス○○の女の子のYちゃんは  同時に4人の男性と付き合っていました


毎日日替わりで 4人の男性の家に行っていて 彼女は  その中で 一番 裕福な彼氏 


親御さんが町の大実業家をしている 息子さんとの結婚を選びました 


結婚しても 彼女は他の彼氏たちに 結婚した事実を明かしませんでした



そんな彼氏のひとりが 

彼女が他の彼氏たちとの写真を整理していた場面に居合わせてしまった事があり 


彼女は ・・・・・まっまずい・・・・と少し感じたそうです 


でもその彼は


「Yちゃんは美人だから 僕一人で独占できる女性じゃ無いってわかっている 」


と悲しげに呟き 彼女の同時重複で付き合っていた他の彼氏の写真を一緒になって整理し始めました




おぼっちゃまに対して 彼女の提示した結婚条件は少し 手厳しいものでした



「結婚しても絶対に貴方の親の仕事は手伝わない 


家事をするのもいや 折角エステで綺麗になるのに 


手が荒れちゃうしババくさくなるじゃない


子供を作るのも当分嫌 」



彼は彼女のその条件を全て快諾しました


結婚してからも Yちゃんは 夫の目を盗んでは合コンに行きまくる日々だったそうです


彼が 婚約する時のエピソードが振るっていて  彼は 婚約指輪に良い物をプレゼントしようと 


ハワイの運を 呼ぶと言う言い伝えのあるジュエリーを 特別にオーダーメイドで作ろうとしたら 


彼女はダイヤじゃないと嫌だと難色を示しました  それを聞いて彼は 


「じゃあダイヤの指輪と その縁起の良いハワイの指輪のふたつを作ろう  」


他の友人がいた席でそう提案した所 Yちゃんは激昂して   


「私にダイヤ以外の指輪を付けさせようっていうの?  私はそんなに安い女じゃないのよ 


ダイヤ以外似合わないの 」 


彼を友人たちの前で罵倒し  謝らせたとか 



どうみても私的には ダイヤモンドの指輪よりも そのハワイの指輪の方が 


はるかに縁起良さそうと思うのですが・・・ (・・;)・・・・・


元々 ダイヤモンドは独占企業の価格統制によって 不当に高く釣り上げられて 


高い宝石のようなイメージが付けられているだけですし  実際は 値崩れが激しく 


例えば100万で買ったダイヤが 数年後質屋で売るときは4-5万円にしかならず


金のように安定した価値が保障されてるものではないのです 


そんなにダイヤに価値があると思えないけどなあ 






ちなみに先にあげた  Kちゃん OLさんとお話をした時に 


自分たちと 価値観が違いすぎるって驚いていました 



「OLの子に どんな人と結婚したい?って聞いたのよ そしたら 


好きになった人って言ったの


それだけ?って感じよね だってどんなに好きになっても 


年収500万や600万じゃ 年のエステ代にもならないじゃない 」



・・・・・・・・(・・;))))))))) 好きな人と結婚するのは普通じゃないすか・・・・・・ 


こう内心思ってた私に 率直な意見を伝えてくれるMちゃん 



「男の人の生涯賃金って3億円って言われてるじゃない 単純計算すると 


夫婦で割ると1億5000万じゃない それが100億の人だと 自分は50億もらえるのよ



1億の人なら5000万じゃない 結婚する男によって 


自分のレートが変わるのよ 時給が大きく違うのよ



だって同じ結婚するなら 時給800円しかくれない旦那より 5万も10万もくれる旦那の方が良いじゃない 」


上品な口調でそう話す姿に ちょっとどことない不気味さも感じます・・・


勿論 男の人達の前では  話してる内容も変わりますが・・・・ 


ある会社の社員旅行に誘われた時   その会社の社長と物腰柔らかに喋るMちゃんでしたが  そ


この社員さん達には話す内容はとてもぞんざいで


「ねえ 荷物持って あれも これも」と 指示していた 


・・・・・・・・・(・・;)・・・・  余りに違いすぎるのでは無いかと思って・・・



  



         ↓



      タイトル未設定



    縁ちゃんも ビックリ・・・・・・・・・・・・





プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク