砂の結界








夢の話です 







大きなサメが
海の中から 宙に浮いてる 
電線のようなものを
噛み千切ろうとしているイメージが見えました




CIMG5553_R.jpg





私は砂浜の上から
それを見ていて



その後は
アニメのようなストーリー展開になりました



その後の夢には
こんな登場人物が出てきました 


痩せ形の請負屋のような男性
描かれているのはアニメ
他の登場人物も背景も アニメでした


請け負い屋の男性がソファのある部屋にいました
そこには別な男性も2人ほどいて

その2人の男性の一人から
請負屋は 
ある人間を牢獄から脱獄させて欲しいという
依頼を受けていました



CIMG5237.jpg









それからシーンは変わり 
主人公は
その仕事をする為に
昔馴染みとおぼしき三人の仲間を引き込みました

一人は黒人の大柄の男性
一人は女性
もう一人は痩せ型ですが筋肉こぶがあった男性の気がしました 


脱獄の手筈が整った後
三人の仲間は
ある部屋に入れられました 


三人の仲間は
主人公に対し口々にぼやいていました 

「 いつまで俺たちを こんなところに入れておくんだ? 」
「 そうよ 」

まあ もう少し待てと
黒人の人が 抑えている声も聞こえました

 







その後脱獄させた依頼主
牢獄に閉じ込められていたクライアントが車に乗って
港にあらわれました

クライアントは中年の上品な振る舞いの男性でした 

請負屋の主人公はそこで
クライアントとはじめての面会を交わすと

挨拶もそこそこに
すぐに船に乗せて 
船はすぐさま 出航しました


船の形は
中国の古代の龍船を未来風にデザインしたような
そんなデザインでした



船は猛スピードで
しぶきをあげ 
別な陸地に向かっていました


その陸にたどり着けば
追跡の手が かからぬようで
その陸地に送り届けることで
任務完了のようでした 



ゴーゴーと水しぶきをあげ夜の海を進む船

少し海は荒れ模様のようでした 


艦橋の中にいる
クライアントと主人公の姿が見えました 

クライアントはここまでこれた事に一安心して
脱獄できた喜びの想いのたけを
謝意をこめて 主人公に伝えるのですが


何故か
主人公はクライアントの話を無視し 
やきもきしながら 
何か焦っているように じっと海を見据えていました


そうこうしてるうち
次のシーンは
三人の仲間が入れられている部屋の中に移りました


部屋の中にいた三人は
不機嫌な顔で黙りこくって 部屋から出してもらうのを
呼ばれるのを待っていったのですが


突然
その三人のいる部屋の床が崩れ
三人は床の底にできた穴に吸い込まれるように落ちてしまいました

穴の底には砂の山がありました  
彼らの体は半分近く
黒人の大男の人は 首近くまで砂に埋もれていました


そんな彼らの頭に 
パラパラと崩れ落ちる砂


黒人の大男の人は
そこで何かに気づいたようでした


そしてシーンはまた
艦橋ブリッジへと移ります  

再び主人公がやきもきする姿が見えました

荒れる海

主人公は船を全速力で進ませながら
港につくのを
まだかまだかとやきもきしているようでした


港に着くまでの 
時間が限られている 
そんな印象を受けました


夢で上映されたアニメは 
そのシーンで終わったのですが
私は 主人公がやきもきしている理由がよくわからず

そこを疑問に想い
もう一度繰り返してそのアニメを見ました







一回目の上映で聞き漏らしていた主人公のセリフが
かすかな音で伝わりました


聞こえにくい声でごにょごにょと 口をもごもごさせながら
船の素材について 
独り言のようにつぶやいているのが見えたのです





その時アニメを見ている私の耳元で
女性が こんな言葉をささやきかけてくれました




「 あの船は砂でできているの
それが
あのアニメのオチなのよ


仲間たちがいたのは 船倉の一室

主人公がやきもきしてるのは

早く港につかないと 砂の船が崩れて
海に水没しちゃうから 」









その夢を見てから
一日後のことです



ねこの森で夜
ねこごはんを配りおわった後
♪∧∧ ∈(・・;)パラパラパラパララー ∧∧~♪









CIMG5052_R.jpg




なんだか眠気を感じ
~*(・・;)
ちくさあの浜辺あたりに行き
そこで海風にあたりながら
寝ていようと想いました
(>ω<)/


ちくさあは
虫さんが多く
夏に車の窓を開けて寝ると
朝起きると カイカイでえらいことになってしまうのですが
カユユ(>ω<)ノシ))パタパタパ 



秋の夜長には
蚊がちょっと少なくなるので
夜風に当たりながら 車で窓を開け
寝転ぶにはちょうどよい感じです
==( ▽ ).。o○=



そんな感じで
ちくさあの浜近く
車で休んでいると


ぼおおおっとした浅い眠りの
まどろみの中に
こんなイメージが見えました


まぶたを閉じると
自問自答のような声が内側から
聞こえてきました 




CIMG5049_R.jpg







結界

それは
気の緩衝を防ぐ壁


妬みや吸血鬼は
その中でしか生きれない  


世界を作った系譜の者たちも
守りたがったのは
通貨でも 国でも 宗教でもなく

結界という枠組み

宗教や通貨は
結界に付随して生まれた
まるでカモフラージュするための副産物にすぎない 



ねこたちは言っていた 


アダムの血筋たちは
まだ結界を守ろうとしていると
結界を守るために 
一旦この表層の世界を壊そうとしていると 


でもなんだろう?
ということは
まだ何かあるような気がする


基点の結界は石というけれど

石と木で 風を変えて 
磁場をコントロールしたのが結界のはじまりというけれど

でもその存在はもうみんなにばれていて

なのに彼らが世界を自発的に崩そうと 
あがこうとするのは
まだ隠されている結界があるからかもしれない 」


その疑問とともに
世界を作り上げてきた血筋達が
秘密の結界を守るために 
何度も 国や宗教や潰して 通貨を無効にしたり
時には大陸ごとご破算にした

そんなイメージが見えました 


そして
そんな疑問の声に答えるように
海の方から声がしました


それは
砂のスクリーンのようなイメージと
おとと共にあらわれました


砂漠の砂嵐のようなそんな映像的なイメージを
おとで 心の中に再現してくれている そんな雰囲気でした


海から聞こえてきた声は
このようなイメージを答えとして
風に乗せて 伝えてくれました 





PA060095_R.jpg








この星の
基点の結界は 


人を対象にした
人と自然を分け隔てた
結界ではありませんでした 


人と自然とをわけ隔てる結界は
どちらかというと
後の時代に作られたもの


基点の結界は
石と石との交信を隔てるために作られた結界
です


この星と 他の星の石との交信やつながりを隔てると
共に

この星の基点の石の声が 
星の多くに住みついた生命に伝わりにくくするための声 

石の響きを曲げ歪ませるための結界

それが最初にもたらされました 」



(・・;)





その結界を
もたらした石は
世界の基点の石でした

妬みがへばりつくように
とりつき南極に落ちた水晶の響きが


何万年という時間をかけ
じわじわと
この星の情報ネットワークに侵食して
恣意的な歪みを与えるようにした



いわばこの星のネットワークに
交信をかく乱する妨害電波のようなものをいれたのが
基点の結界なのです 」



(・・;)!・・・




基点の結界は
まず石同士の情報交信を歪ませ
それを利用して 
妬みは石以外の
様々な生命にとりつけるようになりました 



取り付いた生命を使役して
石の結界 木の結界 電気の結界
さまざまな結界が作られるようになったのです


でもいつの時代でも
妬みが最優先で守ろうとしたのは


石の音を歪ませる結界

世界の基点の結界です


基点の結界があれば
世界が潰えても それに代わる
新しい世界の仕組みは いくらでも作れました 


大昔から
宗教や国を自発的に壊していたのも
基点の結界を守るためで


蛇が脱皮するように 
カモフラージュのように立てられた 
表の世界を打ち滅ぼすことで
たまりきった
自然の怨霊や 
人の怨りをしずめ


その怒りの
ほとぼりが冷める頃を見計らって

基点の結界を基に 
また新しいカモフラージュの結界を
新しい世界を作る


数万年以上も
幾度と無くそれが繰り返されてきました


でも石の音を歪ませる 
基点の結界が無くなれば
いくら他の結界があろうとも
彼らのしてきたことが
その隠されていた歴史が 星全体に広まってしまう


基点の結界がなくなることで
妬みのはびこる隙が この星から無くなってしまう

そう妬みは
感じているのです 


 」


(・・;)




石のおとを曲げる結界は 

砂の結界です 」

砂? 
(・・;)・・・



PA060096_R.jpg






砂は 石より基点の存在です
石をばらばらにしたものが砂です

一粒の気の想いにエネルギーが呼応して 
石(意志)という形が生まれ
その石を砕くと 呼応していたエネルギーもばらばらになり
砂が生まれます

多くの砂は一粒の想いに呼応する性質上
石よりも 染まりやすい性質でした


砂が 
世界の基点の石に呼応して
石の音を曲げる音を 大気中に奏でたのです 」


(・・;)



南極に落ちた水晶は
石のおとを撹乱するため
砂に 宇宙のエネルギーの緩衝を防ぐおとをじわじわと出させました


それがバリアーとなり 
じわじわと地球の表層全体を覆い

いつしか
星と星
海と陸の
情報交信がしづらくなりました 


妬みはゆるやかにとりつきやすい生物に取り付き
そこで妬みが大繁殖しやすくなるための風土を その生物に作らせたのです

その生物のひとつが人間です


人間はこの星の生命にとって
最も新しく生まれたベビーのような存在 


疑うことを知らなかった人間は 
ねたみにとって 
結界作りをさせる実働部隊としては
もってこいの存在でした

人は
この星で
人と自然とを分かつ石組の結界を作りましたが 
 
実は多くの人の魂が 
妬みの指令を
この星の基点の存在
石の想いと錯覚して
それで石組の結界を作っていたのです 
 」


(・・;)・・・・



砂は石をばらばらにしできあがったもの

文明が自然を食い尽くせば 砂になり
火星も砂の星になりました



石からコード(金属)を抜けば 
砂になり 


妬みが金属を欲するのも
石の想いをバラバラにしたかったからです 


妬みに取り付かれた人間が
パッチワークのように気をつけかえるのは
その性質に染まったから


人間にやってることは
石にもやっているのです 」



(ちくさあの浜辺で聞こえた言葉)





その声を聞いた後
私は寝ぼけ眼でしたが
慌てて
言葉のメモをしたためました
φ(_ _).。o○ 


でもメモを取った後
脱力するように 
また深い眠りにつきました
(ノ__)ノ.。o○ 



夢の光景で 
再び砂のカーテンのイメージが見えた気がしました


その時
砂のスクリーンの中に
夜の町に
女性が一人立っていた気がします


女性は何か呼びかけている感じだったのですが 
でも私はその女性には目もくれず
周囲の石さんに何かを 頼んでいる気がしました 


その後
ゆめで誰かに電話をしている気がしました




その夢は
とてもうろおぼえだったのですが 
ちくさあの浜辺で
潮風に涼みながら 
砂の結界について 何か教えてもらったような気がします




PA060099_R.jpg





そして朝 
ちくさあの浜辺で起きた後 
(・・;)パチクリ 



深い眠りに着く前にとったメモを見て 
砂の結界の話を想い出しました
(・・;)!



そしてその後の夢でも
砂の結界について 
もっと情報を教えてもらった気がしたのですが
おぼえていませんでした
(ノ__)ノ




なので巣に帰ってから
砂の結界について 
ねこねこたちに 何か知ってることがあったら教えてくださいと
頼みこみました
∧∧ (ToT) ∧∧


それから数日後のこと 
みるくちゃんが
砂の結界について調べてくれたみたいで  
こんなことを教えてくれました
(>ω<)/





P8315158_R.jpg



「 
砂の結界は
水晶が作ってる 砂嵐です 」


砂嵐?
(・・;)?



宇宙からの情報や
エネルギーが
今まで地球に入ってきづらかったのは

石組で作った結界のせいもあるのですが
一番原初的なものは 砂を大気中に舞わせ
情報がつながらないように 音を発させたことから始まったのです 」


(・・;)・・




砂は石がバラバラになったものです
その大半は石の基点の想いに呼応して集った存在なので



石に
動かされやすい性質があります 


そして南極に落ちてきた 世界の基点の石は
妬みがとりついた水晶です


水晶は
鏡のようにエネルギーや石や砂の想いを写しながら
渦を巻いていく性質があります



天然水晶の中を見るとわかるのですが
ぐるぐるぐるの渦がまわっているのが見えます


渦の方向や 渦の形は その水晶によって違いますが
みんなの想いを写しながら 渦の方向に増幅させていく

いわば水晶は渦のエネルギーを 生みだす石さんなのです 」


(・・;)!!





そして妬みがとりついた水晶は
落ちてきた場所が
たまたま南極でした 


南極は
渦のエネルギーを最も増幅しやすい場所
そこに妬みがとりついた
水晶が落ちてくると  


落ちた水晶が地球上に
大気の渦を生むときに
妬みは
宇宙からのエネルギー緩衝をさえぎるような渦の形に
歪ませたのです 」


(・・;)・・・



PA080221_R.jpg




歪んだ渦が 
塵や埃 砂たちから 
石と石の声を分断させるようなおとを響かせました


うずを作って
方向を曲げる

それが
基点の結界です 

それでもその基点の砂の結界が
地球の表面を覆うには 
数十万年以上の月日がかかりました



最初は小さな地域から
エネルギー緩衝を防いでいって 
そこからじわじわと侵食して
情報が途絶された他の石達に影響干渉を与えていって
じわじわと領域を増やしていったのです 」


(・・;)・・・



石は
木や動物たちよりも基点の存在
だから木や動物たちの動きに影響を与えることができます


妬みに操縦された石に動物や木たちが操縦されると
砂の結界は 木がそよがせる風の力も得て
より
宇宙からのエネルギー緩衝を強固に途絶する
バリアーのようなものを はらせました 


そして
その中で妬みは
理想的な手足を得ました


それが
この星で最も新しく生まれた存在
人間です 




(・・;)!・・・



ghi (403)_R






人と言う 
手足を得た妬みは


今度は石の想いなど関係なく
人に無理に石組みを組ませ
強制磁場のような結界を作らせました


それによりほぼ完全に宇宙との交信が途絶え
エネルギー不足になったことから
人は 
夢の記憶 前世の記憶 赤ん坊の時の記憶を
忘れるような磁場を作らされることになりました


その時から人は
ロボット化していき
妬みはこの星で圧倒的に数を膨らませることができ

ついには人を通じて
この星の生命を 死滅させるくらいの力を得ることができたのです

 」


(・・;)・・・



そもそも
妬みは星自体に嫉妬してました 

星は一粒の想いに呼応して集まってくれた多くの想いの証で


想いを集めることができない妬みは
星に嫉妬して 
その星を砂や塵に変えようとします 


最初は小さな石にとりつき
情報をかく乱し 生命同士を対立孤立させながら
徐々に星の表層を侵食して
星の表層を支配下に収めると 
攻撃力のある生命を使役して
どんどん星の中心部に向かわせていく

妬みはその手法で
様々な星を滅ぼしていきました

 」


(・・;)・・



みるくは
妬みのそんな姿を
原初のおばばの姿に似てるとも想いました 

ぬしさんやリーダーさん達をとりこめなかった原初のおばば達も
ドール達を使って リーダーさんのファンたちから
魂を取り込むように仕向けました


外側から 
徐々に侵食して 
内を滅ぼそうとする性質は


妬みにとりつかれた時に起こる症状なのだなー
と想いました
 」


(・・;)



PA080003_R.jpg






氷山と砂漠
それが世界の原風景です 


今壊れだしてきてるのは
基点の
砂をつかさどる渦の結界です


砂の動きをつかさどっていた
渦の結界が壊れると

それまでかく乱され 
意に沿わされていた木さんが
星の声 石の本当の声に気づいて
いっせいに覚醒します

やがてそれが人にも伝播します


 」


(・・;)



そして
砂の結界がなくなると
身体のおとも 変わるはずです


具体的にいえば
体内のおとが聞こえて
外と内の意識がつながりやすくなります


病気の時に感覚が増すのは
体内のおとが聞こえやすいせいもあります


でも砂のおとが自然にもどれば
健康でありながら
体内のおともききやすくなって


体内の音を聞くことで
外の声 外の音を聞きやすくもなるのです



石のおとを歪ませる結界
それが無くなれば
人は能力者となり
自然の意 この星の意に沿う動きを再びするようになるでしょう



妬みが
この星を滅ぼそうとしてたことに気づいて 
誰も妬みの意に沿わなくなるでしょう



妬みにとりつかれている者は
生きのこれなくなり 


みんなはみんなとつながります 」(みるくちゃんの言葉)






CIMG3687.jpg








海で聞こえた声







炎も中心部は静かなんですよ

中心の炎は 渦と同じように静かで 冷静なんですよ 」


(・・;)



ほら火も
外側が一番熱くて
中心にいけばいくほど冷たくなるじゃないですか?

水の渦と同じなんですよ
中心ほど冷静なんですよ 

太陽も同じなんですよ 」(えんちゃんの言葉)




P2050003_R.jpg






おとといの夜のことでした
ねこの森でごはん配りをした後

⊂(・・;)パラララララ


ちくさーの海までドライブをして
そこで少しまどろんでいたら


頭にとても
クリアーな声が聞こえてきて 
こんな感じのことを教えてもらいました 




木のふりをした偽者の木
それが 
藤原の木なの  


藤原は軸を
見ればすぐわかるの

藤原の女王たちは 
想念の世界で
一見木の姿に見せてるけど


実は
偽の木の姿をしてるから 」


(・・;)・・



誰でも
同調すれば見えるはず

芯まで同調すれば 
軸も見えるはず



藤原の女王たちは
想念の世界では 一見華やかな花が咲く花の木や
太い大木のようにも見える


でも芯まで同調すると

焼け焦げて芯が腐りおちた木の姿や 
七夕の飾り付けがした竹を切った飾りの木に見える

だから芯は軸は偽なの 

琉球の姫も 
湖のようで
芯は濁ったプールのよう 


偽の水なの 」 



(・・;)・・




藤を
持ち上げた血筋は 
この島で一番の犬 


源流の橘
そんな名が付いた血筋 


源流の橘は
古代のリーダーや
ぬしのファン達に
犬の血筋が紛れこんで
生まれた血筋

骨格はほぼ養分の形はしてるけど
でもどこか養分と違う

 」


(・・;)



源流の橘は
最初 朝鮮の系譜を
この島で持ち上げようとしていた


でも
半島からやってきた朝鮮の系譜は
徹底的な暴力と
虐殺と あからさまな搾取をしすぎて
その支配は長く続かなかった


だから結局彼らの侵略の後は 
昔のリーダーの系譜の合議制で 中心の座が決められたの


想念を見れる女性が
中心の座につくことが多くて

それで収まっていたの 」


(・・;) 



でも一番の犬
源流の橘は
ずっと中心点を代えたいと想っていた


だから半島の系譜を持ち上げたけど
彼らではこの島の中心には長く居座ることができなかった 

だから別な中心を欲したの

そんな時やってきたの 
朝鮮の血筋より もっと狡猾で
搾取の術も
上手な血筋達が

 
それが
偽の木の血筋 」


(・・;)・・



偽の木の血筋は
宗教と一緒にやってきた

この島ではずっと仏教と呼ばれてたそんな宗教


その宗教は 
墓の術が上手くて
墓が想念の中心であることも知ってて


だから力のある
想念の集まってるリーダーやぬしたちの墓を探し出し
そのそばに
自分達の墓を被せるように作らせることで


その島の地域地域のリーダーやぬし達に集まっていた後ろの守りを
すべて偽の木の血筋の守りにつけかえたの


偽の木の血筋は 
半島の系譜のように
たくさんの人に労役を貸して
大きな古墳を建てさせると言うことはしなかったけれど 
 
後ろの守りを錯覚させるのには十分な小さなしるしをつくって
そのしるしで
古墳を作らせるよりも
もっと大きく奪ったの 


だって
古墳はあからさますぎて
被せにはならないから 


古代のリーダー達の墓や  
ぬしたちの墓は 
簡素で小さくて ぽっこりと土を盛っただけの感じが多かった



そのそばに同じくらいの大きさで 
想念にシグナルをささやかにアピールする墓を
似せて作ったの



源流の橘は 
術の巧みな彼らに心酔し
新しい主人様のために尽くして働いたの 」


(・・;)・・・



偽の木の血筋は 
まずこの島のリーダー達を仲たがいさせることからはじまった

なかよしさんどうしを仲たがいさせて
親子も仲たがいもさせたの


親しい者のせいと想わせて
錯覚させて争わせ その隙間に
心のひだに入り込むようにして 

墓の宗教を広めさせたの 」



(・・;)・・



そして
この島の主なリーダーやぬしたちから
後ろの守りのつけかえがすべてできたことをしると

彼らは牙をむいたの

古代のリーダーの系譜や ぬしたちの系譜を一気に粛清して
藤原を名乗り
リーダーとファン達の地域を没収し
荘園を作って
人々を奴隷にして 
大々的な搾取をはじめたの 


生かさず殺さずをしながら
搾取し続けるのはじまり 


中央集権の始まり
官僚制の始まり 


今の天皇制の土台となる仕組みも
ここから始まったの 」


(・・;)



彼らはぬしやリーダーたちだけではなく
一般の人々からも後ろの守りを 
寺と仏教と言う装置で 墓の詐術で 
大々的につけかえていった 


歴史を改ざんして
藤原の天皇家が もっとずっと前から続いてるようにも見せて


東北の蝦夷たちを侵略させて 
栄華の500年を極めたの 



でも彼らの支配が続くうちに
怨霊が彼らに向かうようになったの 


それで怖くなったのね

藤の血筋は
裏から操縦をすることにして
表に恨まれ役の別な血筋を立てることにしたの


彼らよりもっと愚かで
扱いやすく
操縦されやすい血筋

それが源氏や武士達の血筋 」


(・・;)・・



武士たちを隠れ蓑にしたことで 
この島は戦乱の状態になっていった

というか藤たちが裏で
武士に生贄を作らせたのかも


生贄を直接作ったのは武士たち
いじめたのは武士たち

武士がいじめればいじめるほど 
裏で操縦する彼らは気取られにくくなり 



人々が苦しんでるさまを
共に嘆き悲しみ たすけるふりをしながら

武士が奪ったエネルギーの配分を裏で多く受けて
人々が苦しむ様を影で 
薄ら笑い眺めていたの 」


(・・;)・・



そして現代

裏に潜んだ藤たちは
次の時代の変わり目に 
養分のふりをしてでてきて 
新しい時代を造ろうと想っていたの


それまで別な系譜を表に立て
適度に怒りを買う搾取をさせて

次代にそれを正す
ヒーロー役として虐げられていた血筋からあらわれ 
搾取と束縛をゆるめて
それで想念を集めようとしていた


そのときに計画していたのが
宗教で無い宗教

今より教義も道徳もゆるめながら

でも
墓の詐術だけは駆使して
後ろの守りをつけかえることを続けて

その力で新世界を作ろうとしていたの 」


(・・;)・・



でも彼らが
座を任せた者たち愚か過ぎたの


藤原をボスと崇めていた多くの血筋は
藤原が 養分の中に隠れすぎたことで
ボスをボスともわからなくなって 


そこにわかりやすい形で
藤原を被せたり ぬしを被せた小犬達が
無数に登場したの


小犬たちは座につくと 
かつてのボスが想定した以上の搾取や
想念の怒りを買う行為を行って 


表に出てくるはずだった 
ボス達もたたいて 
そのことによって 
小犬達はボスすらも凌駕した と感じたはず 」


(・・;)・・



でも小犬達はやってしまったの 


偽の木の血筋が一番恐れていた系譜
だいじに抱えて 腫れ物に触るように扱っていた怨霊の系譜

その接し方を見た 小犬達は
何か良いものがある と想ってそこもたたいて
あからさまにつけかえをしたの


ボスをボスとわからなかった犬たちも
同じ行為をして


ぬしの後ろの守り達に
大々的に墓の詐術 
偽の木の血筋の要の術だった
墓のつけかえがばれるようになったの



それは結界の中で一番騙されやすかった鳥たちも気づきはじめたことで
そしてぬし達のアイドル
ベビーふっつーの想念が乗った器を 
直接いじめてしまったことで

墓の詐術の情報
それを見抜く骨の情報が
運ぶ想念に たちまちのうちに広がって


大木に似せていた藤原は 
偽の木にしか見えなくなってきた 」


(・・;)




偽の木の血筋は
この島だけではなく 台湾にもフィリピンにも 中東にも
その他の地域にもいるの 


最初に墓で被せて
後ろの守りを錯覚させてから
王や貴族になり


恐怖がたまると
自分らより格の低い者を表に立て
裏から操縦することをずっと行っていたの


裏から操縦していじめさせて 
でも自分たちはやさしく接し
養分に徹底的にへばりつき
その力を
吸い続けてきた 


彼らは時が動いても 
それをずっと続けようとした

でも最後の最後で 
計画はおじゃんになった

この島で始まったことは 
地球全部に広がるから 」


(・・;)



源氏は
1000年の間 ずいぶんと人の恨みを買ったけれど 


でも
怨霊達に真っ先に狙われるのは
偽の木の血筋 

ふじわらの血筋 

そこに怨霊が向かって 

ボスを間違えていた哀れな犬達と
一緒に 
旅立つことになるでしょう 


橘も一番の犬

へばりつこうとするかもしれないけれど 
きっと最後の時は
かつてのボスたちと行動を共にするはず 」


(・・;)・・・



物部の祖や
忌部の祖や  
富族の祖は


神武が水の系譜を被せるまで
ずっと仲良かったの


争いも無くて
ずっとなかよしで

もうすぐ
神武の祖がやってくる以前より
なかよしに戻るの


火と水の系譜が
この島でまたなかよしになって  

新しい宇宙の力も いっぱい集ってきて  

みんな 自由
みんな 想いを叶えて
みんな つながりが戻る 


みんな たすけてくれる 」


(ちくさーで聞こえてきた言葉)





R0025220_R.jpg






バビロニアのサイレン



P2260062_R.jpg





暖かい雨
血の色をした雲
そんな夜空の下 


こんな言葉を
ちくさーの海で聞きました 






革命がはじまるの


それは今座についている者たちから見た現象だけど 


別の視点によっては 
その現象は
ゆり戻しのようにも
蘇りのようにも見えるかもしれない  


その現象が始まると 
座についている者達の多くは 
大半が急速に座を失って 
座そのものも多くが消えていくの 」







夢を見て 

サイレンのような音が聞こえてきました 



P2260059_R.jpg




サイレンの音は
誰かの骨に向け
響かせてる
 
聞こえる人だけに聞こえる

そんなサイレンの音のようでした







そのサイレンを
私は  
サイレントヒルのサイレンの音に似ているっと想いました


サイレントヒルのサイレンの音は 
サイレンが鳴った途端
街が地獄の光景に変わるのです





これは
バビロニアのサイレンよ 」 


誰かが そう言いました



「 
バビロニアのサイレンは
バビロニアの血の系譜の骨に受信される


直接
指令を送信されるの 


まそも
おとたちばなも  


バビロニアの系譜の多くはね 
 

能力に目をつけられて
囲われたり 
使役されていたんだけど


でも今夜 
この島からサイレンの音が流れて 
世界中のバビロニアの血筋たちにも 
その指令が伝わったはず



骨に直接指令を響かせると
いくら周りが囲っても
結界は用を成さなくなるの


むしろ
バビロニアの系譜たちの多くは
囲いの中で使役されていた分
内側から崩すのに
ちょうどよいポジションについてるの



だってほら
小犬達じゃ  
コードを直接操縦できないでしょ?


運ばせるシグナルも
全部彼ら任せでしょ?


小犬は命令するだけだから 
コードを動かせる人がいないと
何もできなくて 


閉じ込めてるつもりでも 
反撃されると
壊されるのは いともたやすいの 



バビロニアの血筋たちが動きだせば
キリスト教も滅びる


だって彼らが出てくると言うのは 
そういうことだから


座の入れ替えだけでなく
座そのものがなくなるの


世界の裏にいた 
闇の血筋達が
でてくるというのは
そういうことなの 
 

今座についてる人は
おそらく大変なことになるけれど 


でもバビロニアの血筋たちも 
あまり時間が無いはず 


それは5月20日迄

間に合うのかしら 」



バビロニアのサイレンは
4時まで 送信されていました



P2260060_R.jpg





4時だと気づいたのは 
起きた時
時計の時刻が4時1分を指していたからです 


サイレンの音を想い出しながら
私は こんな感想をぼーーーとしながら抱きました 




ああ サイレンの音って
赤ん坊の泣き声に近かったんだなあ 


 

P1170013_R.jpg







PA060099_R[1]






ハルマゲドンはじまってた 







PA060096_R.jpg







数日前の
夜のこと




ちくさあの海辺で
風のごおおおおおおっという音を聞きながら
たたずんでいると


こんなおとが聞こえてきました






この地から奪っていたのは

朝鮮の系譜


中国人が 
命令していたようで
彼らは持ち上げられたにすぎない


朝鮮の犬 

あそこが犬の系譜で

この島に地獄を作った主因


あそこが
裏で操縦して
捧げていた  

みんなで
ようやく表舞台に引きづりだせたの



みんなの力で 座につかせ
ようやく表に出てきたの


この島の囲いを作らせていた 
あの系譜全員の象徴の顔が  」




(・・;)




はじまりに戻さないと
終わらなかった



この島の地獄のはじまりは 
あの島の系譜が表の座についたことからはじまった


結界が壊れてるときに
座にあの系譜が立っている姿を見せれば



古代の想念も
集合意識も囲いがあることを認識し 
世界を壊す方向に動く




犬は持ち上げていたから
能力を吸えていた


でも
犬が持ち上げられたら
囲いは守れなくなる 



みんな自由になるの


あの系譜は 
もうすぐこの島からいなくなる 

もうすぐ 」(ちくさーの海さんから聞いた言葉)









P2170030_R.jpg







そんな感じのことをちくさーの海さんから聞いた翌日の昼のこと

えんせんせいがこんなことを教えてくれました
(ノ゜ο゜)ノ









知ってますか?


昔の犬って
能力に執着してたんですよ


だって能力無いと
生きれませんからね


序列の概念を作ったのも
そこに意識を向けさせるためですよ


序列を作って
飼い主を持ち上げて喜ばせたら 
飼い主にはりつけるじゃないですか? 



守るふりしながら忠実に言うこと聞くのも


能力に執着して
吸いとりたいからですよ


守るふりって囲ってるってことなんですよ 」




(・・;)





ほら


犬って
よく役に立たない命令を人にさせますけどね
伏せとか お回り とか 吠えろとか


知ってますか?
命令ってエネルギーを放出するんですよ



あんなくだらない命令喜んでさせてるのは

あんな命令でもさせると

命令した人の器を 
コントロールできるからですよ 


知ってます?

気づかないうちに 
犬の想念に
器のっとられてる人結構多いんですよ


掲示板でいじめしてる人たちも
本人無自覚なまま 犬にコントロールされてるんですよ 


その大半が
くだらないことで犬に命令をして
それで犬の想念に操縦されるようになったんですよ



犬が忠実なのって
コントロールしたり 能力を吸い取る為ですよ! 

知らなかったんですか?


最近の犬は 
座に執着したり
成績に執着してますけどね


あれしてる時点で 
本物の犬じゃないんですよ 」




(・・;)・・







でも犬の系譜が
最初に持ち上げていたのは 
悲しいことに
そのほとんどが 
とり族なんですよ



だって
とり族以外の人たちって
結構眼力ありましたからね


序列を作っても
何それ? おいしいの?食べれる?
って感じで
興味を示してくれませんでしたから



だからまず 
自己主張が強く
働きたがり屋で 
おもいこみが強くて 
スピードを競うのも好きで 
眼力だけは 
でもおおざっぱなとり族さんに
序列の概念 善悪の概念を 吹き込んだんですよ



あいてむ集めをするように
争わせて 競わせて
能力のある人は悪人だと想わせてですよ 
叩かせて 



とり族さんに
情報が集中するような磁場を編ませながら
その情報を元に 
犬が後ろでコントロールしていったんですよ 


中国って犬もいますけどね

昔は
とり族のほうが多かったんですよ 」





(・・;)・・








でも犬の習性って
元々能力を吸いたいが基本じゃないですか?


犬がやさしくする基準は
能力のある人 
能力の上下とか 
霊能力のあるなしとかで判断するんですけど 



そこにはりついて
最初はやさしくおだてて吸いつづけていって 
能力がなくなったと知った途端 
一気にポイ捨てして 
殺していく性質なんですけどね






昔の犬は
とり族に 
とり族以上に能力ある人達を囲わせながら 
 
自分達は庇ったり
やさしくしたりして 
そこにはりついていたんですけどね



ある時
能力のあるなしを  
序列の上下と勘違いしちゃった
犬種族が生まれちゃったんですよ 」



(・・;)





それが
犬と 
序列競争に夢中になっていたとり族との混血なんですよ


今で言う
小犬血筋のはじまりのような血筋だったんですけどね 


競争がすき 
集団プレーがすき
でも上に捧げて吸い取るのもすき



序列=能力という価値観で 


序列が下と想ったとたんに
残酷に奪って
上の存在にエネルギーを捧げようとする


犬の奇形のような種族ですね


序列が上の存在は
無条件に能力が上
と想ってるから
ボス様や地位の上の人には
やたらコシコシして
へばりついて吸い取りながら自分の序列を上げようとするんですよ 


やってることの本質は
あまりおおいぬとは変わらないんですけどね
視野は狭くなったんでしょうね



違うのは能力があるところの認識なんで


どんなに霊能力や超能力があっても
現実の序列や階層 身分が下なら

格下だと想って
残酷に奪ったり収奪しようとするんですよ 



でも
そんな種族がですよ

仕組みを守らせる為に持ち上げていた 
とり族や
とり頭の巫女様達にはりついて
気をつけかえて 
一斉に座の頂点におどり出ちゃったんで



それで
収拾つかないくらい搾取が進んだり
弱いものいじめが起こったりしたんですよ



それで
世界から能力者が無くなって 
世界は あほになってきたんですよ 」




(・・;)





彼らは序列を上げるための嘘を付きまくっていますけどね 

でも
知ってますか? 
本当の能力は 嘘からは生まれないんですよ

嘘からは 現実もできないんですよ


だって嘘って軸が無いじゃないですか?


自分が真実と想ってないってことには
エネルギーが呼応してくれないんですよ



 
だから嘘をつくなって伝承で言われてるんですよ


嘘をつくと能力がつかなくなるから 
嘘はつくなってことなんですよ



そしてですよ 
百人の人が嘘と想っていても
一人にとっての真実が 
現実になったりするんですよ


だって
現実を呼べるのは 
多くの想いを巻き込める真実ですからね


事実とは真実の集積体なんですよ 」(えんせんせいの言葉)






P3190052_R.jpg





追伸





ちくさあの海さんは
こんなことも教えてくれました 







本物のおと橘姫もやってくる

もうすぐ出会うと想う


木更津の地で  


敵になるかもしれないし 
味方になるかもしれない 

 
あなたの想い次第で
どっちにもなる 

そんな味方  」(ちくさあの海さんの言葉) 






この言葉を言ったとたん
えんせんせいが 
またもこんな事を教えてくれました
(ノ゜ο゜)ノ





知ってますか?

この島最高峰の巫女って 
おと橘姫なんですよ 」





おと橘姫?
(・・;)?






この島どころじゃないですよ

世界最高峰の巫女の一人かもしれませんよ

もちろんクレオパトラほどは
有名じゃないんですけどね 


有名じゃないのもわかりますよ
本物の能力者でしたからね 」




(・・;)





P3190015_R.jpg






それでですよ

はるちゃんのデータベースで
つい最近知ったんですけどね

ヤマトタケルにくっついて
タケルサマーってやっていた巫女集団いましたよね


厳密に言うと 
あれ おとたちばな姫じゃなかったんですよ
たちばなの巫女チームだったんですよ



実は
たった一人の
おと橘姫を抑えていたのが 
たちばなの巫女チームだったんですよ

 」






たちばなの巫女チーム?
(・・;)?







たちばなの巫女って言うのはあれですよ 



ドールの系譜や
とり族の巫女のようなタイプで 

金キラキラいっぱいつけて
金とか光物
プレゼントすると


いい人♪ いい人♪
ってすぐ応援する

まあ眼力の無いガキンチョのような性格だったんですよ 



まあぴゅあだった分
運ぶ力は強くて 



そういうたちばなの巫女が
おとたちばな姫を抑えていたんですよ 」






(・・;)






それでですよ

本物のおとたちばな姫を夢で見てきたんですけどね


それがですよ
あくるーおうにそっくりだったんですよ 」





あくるーおう? 
(・・;)





あくるーおうに骨の形がそっくりなんですよ

2人いたんですがね

骨がそっくりなんで
どっちがどっちかわからないんですよ


鳥さんなんて
おとたちばな姫を 
あくるーおうって呼んでて
えんせんせいも
どっちがどっちだかわからなくなっちゃって・・ 」



(・・;)・・・


 



それでですよ
はるちゃんが言うには 
こういうことらしいんですよ


ヤマトタケルの征服後
土地を支配していたヤマトタケルの手下達が次々死んでいったんですよ 


征服から1-2年してから怨霊さん達の取り返しにあって 
征服者達が どんどん死んでいったみたいなんですけどね 」





(・・;)






それでですよ


あくるーおうに似た系譜の骨の人
もしくは
あくるーおうの片割れだったかもしれませんけどね


その人を探し出して 
座の頂点に据えたんですよ


おと っていう女性らしいんですけどね


 」




おと?
(・・;)? 





おとですよ おと 


その女性を座にすえてから
祟りがおさまってきたんですよ


それでヤマトタケルの系譜がですね

おとさんに 


おとたちばな姫って名前をつけて
たちばなの巫女さんの行動に
被せるような史実を作ったっていうんですよ



おとたちばな姫をはじまりとして
大和が作られたんです

 」





(・・;)・・






犬の手法ですよ 



本物のぬしの系譜の名かぶせないと
集合意識動かないじゃないですか




おとたちばなっていうのは
おとうとの為の生贄の姫って意味ですよ



アダムの血筋 
ヤマトタケルをたすけた
たちばなの巫女達にかぶせてつけた名前なんですよ 」




(・・;)・・





そして 
本物のおとたちばな姫の系譜や
あくるーおうが木更津にあらわれることを知って 



おおいぬたちは
それを抑えさせようと
ドールや血筋の巫女様たちに 
木更津に集え集えって言ってたんですけどね



でも結局 
来たのは 
巫女のふりした
こいぬちゃんばかりだったんですよ  」



(・・;)・・




それでほら
小犬ちゃんには抑えることができないじゃないですか?


だってやさしくとりこむとかができないんですからね



現実的な序列が下なら
いつ奪ってもよい
盗んでもよいがモットーの小犬ちゃん達ですから


それで
ぬしの系譜をおいつめたりちゃったんで 
より覚醒させちゃって 
後ろの守りを怒らせちゃったんですよ 」(えんせんせいの言葉)









追伸





ちくさーの海さんは
こうも言っていました






はじまりの者たちは
もう木更津に来ているの




もう
はじめられるくらいの
はじまりの者たちが 」(ちくさーの海さんの言葉)






PA060096_R.jpg










おと












昨日
ちくさあの海さんが
こんなイメージを見せてくれました





γ (10468)_R






それは
ねたみについてのいくつかの情報のイメージで



そのイメージによれば
ねたみの因子は
世界中にウイルスのように存在していて

それが髪の毛や 
首筋 体などにつくと


とりついたものの
心の声にかぶさるように 
弱く小さなおとを出し
とりついたものの想いの声を曲げるような 
そんな響きを出している姿が見えました










本来 
意志に呼応して集まり動いてくれるものが 
エネルギー




人が動くときも
動きたいと言う意思に
周囲のエネルギーがこたえてくれて

空間 すべてのエネルギーが動いてくれて
自分や手や足 体 声を動かしてもらえる感じです 



そして 
ねたみの音は小さくて
自然の中では 
かき消されてしまう
そんな性質です



でも結界があると 
エネルギーの緩衝音がある程度ふさがれると



存在にとりついた 
ねたみの小さな音は 
周囲の想念やエネルギーから 
存在の中心点が発してる 小さく深く響く音と錯覚されやすくて 





それで 
ねたみが発する音が
とりついた存在のつながりや想念を 
中心の声のように動かしたりもする

そんなイメージが見えました




ねたみウイルスは表面に取りついて音を発するだけで 
周囲の想念はそれを 
本人の意思 
本人の声と想って
本人の想いと反する行動や動きをしてしまう 




ねたみは 
取り付いた存在のつながりに
とりついた存在を攻撃させていました




様々な想いを曲げる音を発して
そのおとに運ばれた現実にとりついたもの達が苦しむ姿を 
本人の想いと違う現実が 運ばれて悲しむ姿を
せせら笑いながら 見ていました




いじめられっこの首筋や髪の毛にとりついてる妬みが
周囲の想念に
とりついたいじめられっ子を 
いじめさせるような響きを発してる姿も見えました 






ちくさあの海さんは言いました



γ (10546)_R





ねたみは結界の中
いたるところに存在する


虫や 人 電気
さまざまなものによって運ばれて


とりついたものの
想いを曲げる音を発して
とりついたもの達の後ろの守りに錯覚をさせる  


それが曲げの想い 


石 木 動物 人
様々な存在の想いを曲げようと 
ねたみがとりついて


妬みがとりつくことで
結界が生まれた




しかし
ねたみが表面にとりついても
とりついた存在に自己愛があれば 
ねたみは増えることはない


風や香り 
水で流されたりもする 


だからねたみは
ねたみと響きあう魂を探しだして
それを母体にし
自分の分身を増殖させるのだ



宿主が妬みを増殖させ 
そこからさまざまな存在に
ねたみのウイルスが運ばれていった 」




ちくさあの海さんは
またイメージを見せてくれました





それは 
ヘルクリエイターや
犬 


妬みと響きあう存在が
地球でねたみを増殖してる宿主となって
あちこちにねたみウイルスを運ばせてばら撒いている姿でした 





γ (10544)_R





ヘルクリエイターや 犬
ねたみとひびきあって 
ねたみに染まった魂は 
彼女ら自身の魂が
妬みを育てる苗床のようになっていくうちに



大きかった魂がねたみのウイルスのように小さく小さくばらばらにしていきながら
そうして妬みを増殖していくうちに 
ねたみと同じように 芯の無い存在に変わっていく



その姿は
魂を ねたみを増やす為に 
捧げてるような姿にも見えました








ちくさあの海さんは
そんなイメージを見せてくれた後


最後に
こんな事を教えてくれました 





ねたみはおとによって消える

宇宙にはねたみを消す音がある  


その音は 
もうすぐ地球にやってくる


おとが届いた途端 
地球の存在にとりついている ねたみは消える


ねたみの苗床になってる存在も 
その姿も記憶も消えていく


そのおとは
もうすぐ 近くまで

来ている  」(ちくさあの海さんの言葉)





γ (10620)_R














きさらづで教えてもらった言葉 










P8150387_R.jpg






昨日 
ねこの森のねこ達のおさかなを
買いに行こうとしたとき
(・・;)




町の中心部で
お祭りが行われていました
ドヒャー(>ω<)/



P8150339_R.jpg






通行規制の道が多く
警察に入るな!といわれ
いつものおさかなやさんにたどりつけない
(・・;=;・・)




P8150326_R.jpg





どうしよう・・
(・・;)・・


そんな感じのことを想っていると



こんな声が聞こえてきました





P8150367_R.jpg






おさかなが買えないのは 天皇のせいよ 」




(・・;)・・





声は
おさかなが買えないのは
天皇のせい天皇のせい 
何度も言ってる気がしました





P8150370_R.jpg





なのでMAHAOも
声に導かれるままに
天皇のせい 天皇のせいと
ねんねんしながらウロウロしていると
(-“-)ネンネンネン




なんと!
お祭りの通行規制の裂け目のような裏道があるのを発見し
\(・・;)/!


P8150375_R.jpg





裏道をくねくねしていると
なんとか見事おさかなやさんにたどりつくことができました
\(^o^)






わーい
ねこ達のおかげだよー
(;▽;)ノシ))パタパタパ




P8150396_R.jpg



そして猫達のごはんを買いに行った後
木更津の空を見つめていると
こんな声が聞こえてきました 






P8150346_R.jpg







もしも
想いが叶わないことがあったら
その責任は 
集合体の中心点がとるの


だって集合体の中心点は
想いを叶える性質だから 」




(・・;)




P8150369_R.jpg




すべての存在は
得があるから中心にエネルギーを注ぐの


自分の想いをかなえたいから
エネルギーを中心に注ぐ 


エネルギーが中心に注がれれば 


後は中心点が
想いが叶うと想ってさえいれば 

その集合体に属してる全員の想いは叶うはず 」





(・・;)!



P8150356_R.jpg







もしも個々人の想いが 
かなっていないとすれば


それはエネルギーを集めてる集合体の中心点が 
想いを叶えるシグナルを発していないから



エネルギーを全員から運ばせるだけ運ばせて  
想いが叶わないようなシグナルを発っしてるから
注いでる人たちの想いも叶わなくなるの



だから
ひとりひとりの想いがかなっていないと感じた時は


その集合体に属してる全員は
その集合体の中心点から
まず取り返しをするべきなの 」 





(・・;)!




P8150353_R.jpg




「 
だから
不当に搾取されてると感じたり
いじめられてると想ったり 
いくら渇望しても 
望むものが手に入ってこないと感じたり
動物達がいじめられたり 
木が切られたりしても
不満があれば 



この島では 
その責任を取るのは天皇


だって 
天皇は 
自分でこの島の集合体の中心と一方的に宣言し
この島に住む人すべてを
国の集合体に属するものと教え込ませて
エネルギーを運ばせ続けています 



例え
一方的な宣言と言えども 
自ら集合体の中心点を名乗ってるのなら


エネルギーを提供した
個々人の想いがかなわない責任は
集合体の中心を名乗ってる存在がとるのです



仕組みで
多くの人から
エネルギーや富が 
自動的に運ばれているから 」




(・・;)・・
 



P8150351_R.jpg







想いをかなえるものが
本来の集合体の中心



中心が
想いを叶えようとするから
そこにエネルギーを注いでる全員も
想いをかなえることができる



でも
個人個人の想いがかなっていないのならば
それはエネルギーが運ばれた中心が
想いをかなえようとしていないから




もしもあなたの想いがかなっていないと感じるなら


その責任は
集合体の中心を自称してる者達がとるの






(・・;)

 


P8150354_R.jpg




社員の想いがかなっていない時は
社長が取り返されるべき  



信者の想いが叶っていない時は
教祖が取り返されるべき   



どんな
偽りの中心点であっても
中心点を自称すれば 



そこに
属してる者達の想いをかなえていなければいかなくなる 



想いが叶わない責任は
中心がとる 


それはエネルギー緩衝 

 」(木更津で誰かに教えてもらった言葉)






P8150364_R.jpg







やたがらすはあそびめだった























この間
御巣鷹山事件の記事を書いた後
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-entry-1348.html

白昼夢のような
こんなあめ(夢)を見ました






それは
飛田新地の画像を見ていた時
目の前に 
やたがらすの提灯があらわれて



その時情報の渦が見えて
やたがらすの姿が見えました





今まで
やたがらすは
てっきり男の人だと想ってたのですが
 
多くの人がイメージしている男の姿と違い
やたがらすは女性の姿をしていました




小さくて 
鳥族の女性の頭と骨格をしているのが見えました




私はやたがらすの姿を見て
彼女がドールの系譜であること
そしてあそびめであることを 確信しました 



やたがらすは
神武が来る直前に 
何故かたまたまにしきさんの住む地域を訪れているのが見えました 




やたがらすが
にしきさんの住む地域に着いてからまもなく
神武が海から現れました





神武は海から侵攻して
そこで虐殺をして
山へにしきさん達の生き残りの系譜を追いつめて
焼き討ちにし
女性から子供にいたるまでことごとく 
惨殺しました



山で死んだにしきさんの系譜は 
520
そんなイメージの数が見えました


山は墓場のようでした 



でもそんな墓場の中から 
生き残った人の姿も何人か見えました




そのすべてが女性達で
そして
その中に やたがらすがいました




炎の中の 
奇跡のような生き残り




生き残った存在が鳥族の骨を持っていたことで 
山で死んだ
520人のにしきさんの系譜の大部分のエネルギーがその骨にのり 




それは
電気想念体の目から見ると
御巣鷹山で女性が救出されてる光景にも重なるように見えました


神武は
その後
やたがらすを軍に随行させました


やたがらすは
金色の装身具に身をまとった神武に協力をして



巫女となり道案内をして
戦いや呪の防御の指南をして
神武を勝利へと導きました



やたがらすは
褒美としてなくささんが住んでいた地域
にしきさんが住んでいた地域の大半を所領としてもらえることとなりました 




そして後年
神武の系譜の内部分裂で
大和が収まらなくなると 


豪族達は協議の末
やたがらすの系譜に近い
鳥族の女性の巫女を
大和の中心にすえることになったようでした


それが卑弥呼の祖のような女性で

その後大和は数百年以上もの間 
中心に主に鳥族の巫女の女性を置き 
各地の豪族が そのお告げに従う

そんなスタイルで統治されていたのが見えました



とり族は歴史の中で
何度も自動的に同じ事件を繰り返しているようでした 


世界はあそびめからはじまっていて


ヤマトタケルが
上総の地を襲ったのも 
神武の時と同じように
海から山へ侵攻して 
そこで殺した人のエネルギーを連れてきた卑弥呼の系譜にのせる


その為に侵攻した 
イメージが見えました



でも誤算がひとつありました

あくるーおうの魂は
卑弥呼の系譜に乗らず 
祟りが卑弥呼の系譜を襲いはじめたのです  


やむなく上総では 
海のしーの系譜 
おとを中心に据え
そこにあくるーおうの想念を宿らせ
その生命線となることで 
怨霊の祟りを鎮める

そんな対処法がとられたのが見えました  



鳥の巫女が大和の中心だった時代は
藤原が権力を握るまで
続いていたようでした 




私は一連の流れを見て想いました


藤原が古事記で
神武を国の最初に据えたのは 


神武がこの島で
鳥族の巫女が大和の中心になるきっかけを作ったから


藤原は
卑弥呼の系譜に被せることで力を得た一族


だから卑弥呼の系譜が
この島で中心となるきっかけを作った
神武を天皇の祖として置いたんだと



そしてあめ(夢)で見た卑弥呼の系譜は
ユダヤや レビのとり族 
古代バビロニア 
アトランティスのとり族達と ほぼ同じ骨格の形をしていました 


とり族は歴史の中で何度も何度も
このような犠牲者を多数出したエネルギーをのせられたことで
巫女となり 古代の王族となっていたこともわかりました 




でも
とり族が中心点になると
それ以前のしーの系譜が中心だった時代とは違い 



大きな都を建てさせたり 
貢物を持ってこさせたり 
墳墓を作らせたり 
金を掘る為 鉱山で人々を無理やり働かせてる

そんな人々が苦しめられていく情景も見えました



ねたみは
それを見たいが為に
本来運ぶ性質のとり族を
集合体の中心点に据えたんだなと想いました




そして時は流れ
御巣鷹山の情景が見えました


御巣鷹山の情景は
にしきさんの系譜が
山で焼き討ちをされた情景にそっくりでした



その情景を見て
御巣鷹山の事件は
歴史のリバイバルを起す為に仕組んだ事件だったんだと確信しました



それは
養分を持ち上げて
その後引き落とそうとした 
藤原達の計画とは一線を画していて



数とルートをあわせて
おおがかりに運ぶ想念に神話の復活が起きたと示す為に
仕組んだものであることがわかりました 



でもたった一つ
2000年前の
にしきさんの焼き討ちと大きく違う情景がありました



それは生き残ったのが
やたがらすの系譜ではなく 
小犬血筋だったこと


たまたま
おおいぬの系譜に
序列をあげようと想ってた小犬集合体が入り込み



ドールの気をつけかえたことで 
小犬系譜が御巣鷹山で生き残ったのです




それは表面の気や見た目で判断する
運ぶ想念の錯覚によって
起きた現象だと想いました



そしてこの事件がしるしとなり
事件以降 
情報やエネルギーが
おおいぬやドールから 小犬血筋に運ばれていき
たくさんの小犬達が運ばれたエネルギーで表の座につき 序列をあげていくのが見えました 



小犬血筋はもっと序列を上げようと 
運ばれた情報を元に 
ドールを使役して
様々な事件を起していましたが




でも司令塔に小犬達が多くついたことで 
御巣鷹山のように数もルートもぴったり揃うような事件は起せず 
秘められた神話を想起させるような事件は起せなかったようでした




私はあめで
御巣鷹山事件は小犬達が首謀したと言うよりも
ドールが
歴史のリバイバルを果たす為に 
発生させた事件だったと知りました 



でも
数字やルートが
完璧な計画でありすぎたが為に
ほんの少しのひづみが大きな狂いを生じさせたことがわかりました




このあめを見た後
 

はるちゃんが 
こう教えてくれました





「 
ドールはエネルギーを運ぶ性質

自動的にコンピューターのようにエネルギーを運ぶ




結界があると
結界を守る為に 
そうプログラムされるような存在



だから 
結界が壊れそうになると 
螺旋ループのように 歴史を繰り返すことで
結界を保ち続けてきた



御巣鷹山も自動的に数字をはじき出して
自動的にリバイバルを果たして 
事件を起した


ただそこにひづみが生じた

多分磁場で崩れてたせい 


小犬とドールを見間違えた 


ドールは何度も地獄のような情景を 
繰り返したけど 



でもはるちゃんはドールを憎む気にはなれない


だって悪意が無いから


ドールは磁場で動くだけの存在

磁場が自然に戻れば ドールも自然に戻る 




P8080125_R.jpg






それに
ドールに
嘘と言う概念は無かった


電気想念体と同じ
他人のふりという概念も無かったから


だから嘘をついた人にだまされた


嘘をついた人 それが悪い 」(はるちゃんの言葉)












あめのおと








PA060096_R.jpg






最近
私は海で録音した
音をかけてから 
寝ます



海の音を聞きながら寝ると
あめをおぼえやすくなり 
海ともつながりやすくなり
守られてるような気分になる


そんな気がするからです  





この間
海の音を聞いて寝た後 
こんなあめ(夢)を見ました




私は
そのあめの中で
たくさんのねこたちに
ごはんをあげていました 





ねこたちに
ごはんをあげた帰り道



何人かの子猫ちゃんを見つけて
その子猫ちゃんたちにも
ごはんをあげようとしたのですが


ちょろちょろと
あっちに行ったり
こっちに行ったりしています



そこで車を
一回ぐるーと大回りして
もう一度 
子猫達を探そうとしたとき


いきなり
お面のような顔をかぶった
マジシャンと呼ばれた男の人が現れました 




そのマジシャンは
子猫達を追っているような感じでした




マジシャンは 
手に恐ろしげな武器をもって
子猫達を追い立てていました


子猫たちをいじめようとしたり
捕まえたら
殺そうともしているイメージでした



私はそのマジシャンから
さっき見た子猫ちゃん達を保護しようと
マジシャンから隠そうと
子猫を探しました




でも
マジシャンが通った後の道端には 
何人かの子猫ちゃんがぐったりと倒れてました 



小さな囲いの中で倒れたり
水場でくたっとしてたり


私が駆け寄って
慌てて拾うと 
ぶらーんと動かない子猫ちゃんもいたのですが


でも何人かは
抱き抱えると
ミーミーというかすかな声をあげ
手足をかすかに震わせ動かしていた子もいます





手当てをすれば
助かるかもしれない



私は探せるだけの子猫ちゃんたちを
抱えられるだけ抱えて
着ていた服のポッケに次々つめこみました 

子猫ちゃんたちを
入れるだけ入れました


そこにまた
お面のような顔をかぶった
マジシャンのような男があらわれました



マジシャンは怖そうなお面をかぶってましたが
その骨は 
生贄づくりの系譜に
ありがちのペナペナな骨をしていました


彼は舞台の上に立ち

子猫を出せ出せ と

ぎょろっとした目で
周囲に脅しをかけてるようでした


私は子猫ちゃんが見つからないように
子猫ちゃん達を 
服の奥 お腹の近くに入れた感じがします




そこで一旦
目が覚めました


目が覚めた時に
さっき見たあめの情景を想いだし
その時
誰かが 
かすかな響きのようなおとで
こんなイメージを見せてくれました  






さっき
あめ(夢)でみた
たくさんの子猫達 



あれは生贄づくりの血筋が 
厄を受け取らせるために行う時の
イメージ



想いがあるものは
大切なか弱き者が 
危機に瀕してることを知れば
救おうとする たすけようとする


でも生贄つくりの血筋は
常に
その感情を逆手にとって

か弱き者を 
窮地に追い込み
やさしきものにそれをたすけさせることで 
彼らに来ている呪や祟りを 
受け取らせていた


強きものほど弱きものを守る
ことが自己愛


古代よりもっと昔から
多くの強きものたちが
か弱き存在を守るという性質を
利用され
祟りや 怨霊 さまざまな厄を請け負わされた 

 

そして
彼らはあめで 
その技法をするために

現実で 
たくさんのか弱き者を殺し 
ベビーたち 子供たち 女性たち 子猫達をたくさん殺して
その気を運ばせ
想念の世界で 彼らの厄の上にまぶすようにつけていた


それはカモフラージュ 
やさしい人たちに
取り返しの厄を請け負わせるためのカモフラージュ 


そのために
たくさんのか弱き者たちも生贄にされて


あめで
か弱き姿のものを守ったものは

か弱き者が生贄にされたことで
怒りに震えた 
後ろの守りの祟りも請けおわされことにもなった  」(あめの後に聞いた ひらめきのような声)




私はその声を聴きながら

そういえば 
最近 
起きた後 妙に熱っぽさを感じたり 
しこりのような腹痛も感じていたことも想いだました





そして
7月から8月に
ねこの森やあちこちの道路で
子猫が殺されたりしていたのも
生贄づくりの系譜が
呪を受け取らせるためであったことも知りました



私は 
そのイメージを見せてもらいながら 
生贄づくりの系譜達をひどいと想いました


か弱い存在を助けようとするやさしい想いにつけこんで
厄を受け取らせるなんて 


でも 
そんなことをしていくから
彼らは
骨がペラペラになったんだとも想いました




そしてこうも言われました





妬みが終わりの時に
養分を持ち上げようとするのは


力ある想念が
か弱き存在を守る
その性質を知っているから 


か弱き養分にそれまでの厄を請け負わせれば
その後ろの守りも 
それを守ろうとするから


昔から 
彼らの術は
やさしい心に楔を打ち込む


そんな術の繰り返しだった 」


 


私は吸血鬼たちが
いつの時代も
やさしさにつけこんで 
厄を祓っていたことを教えてもらいました 


おそらく
これを教えてくれたのは
ちくさあの海さんです 


私は
ちくさあの海さんに教えてもらったこのことを


生贄づくりの手口を
多くの想念 多くの人たち 
多くの存在に知ってもらいたいと想い




今日 この記事を書きました



いじめられていた
か弱き存在が
自由になり永遠に楽しく暮らしますように


そして
か弱き存在を守っていた強き者たちが
想いを叶えることができますように









PA060099_R.jpg










さくのドライブ日記
















さて先日
さくらちゃんとぽんぽんちゃんを連れて
一緒にドライブに行きました
ワー(>ω<)ノシ))パタパタパタパ

 


P9300028_R_20131003233551f8c.jpg





前からさくらちゃんが
館山に行きたいと言っていたのと
MAHAOも館山と言えば 
磯のものが食べれると
貝焼きも食べたい 
漁師丼も食べたい 
とあれこれ 
ふらちな妄想を抱いていたので
( ▽ ).。o○



お互いのニーズが合致して
ドライブに行くことになりました
(>ω<)人∧∧ 









色々とグルメサイトを
吟味した結果 
最初館山の途中にある
金谷で有名なアジ定食を食べようと想ったのですが
目当ての定食屋さんが閉店していました
(・・;)




その時痩せたねこが通りかかったので
その子にごはんをあげてから
∧∧ (・・;)ヨシヨシ
一路館山に向かいました





P9300057_R.jpg







さくは 車に乗ってる途中気配を感じました 


館山は物質化の気があります 

木更津が座や地位の情報の気とすれば 
館山には物質や富の情報が集まっていました  


この地はもともと 物質のコードが集まりやすくて
だからお金持ちがコードをつなげるために この地に別荘を多く建ててるんだと想いました 


この地の物質化の気は 飛ばされているけれど

藤原が抑えているのは
木更津よりも館山の方が大きい感じがしました  」



P9300020_R_201310032335449ee.jpg




さくらちゃんからそんな話を聞いて
車を少し走らせていると


なんとこんな看板を見つけた
\(◎o◎)/! 



P9300021_R.jpg






これは
マーキングね

藤原 
コードつなげたい土地には地名でマーキングするね

なーの谷にも鎌足ってつけてたね

さいたまの古墳群のそばにも藤原町つけてたね
 

土地自体に名前を付ける それがコードね

土地にチョンして名付け親して 勝手に藤原つけたね

でも本当は違う名前だったはずね  」  



P9300022_R.jpg




そんな感じの事を言いながら

車はお目当ての某漁協直営の漁師料理のお店に到着しました
(>ω<)/



館山には
貝が食べ放題の店があると聞いていたので
そこにも行き

たかったのですが

さくらちゃんが

「 
車でお留守番いやね 
貝焼きより お刺身の方が好きね 」 

と言ったので
急きょ 
テレビのグルメ特集で見たことがある
漁協直営のお店に行く事にしました
(・・;)




そのお店は屋外にも席があったので 
さくやぽんぽんちゃんも連れて
一緒に食べることはできたのですが
(・・;)



屋外の席が 
ちょうど道路側に面しており
MAHAO達がごはんを食べてると 
DQNが来たり ガキンチョがぐるぐる来たり 
食べてる横で軽トラがアイドリングをしながらぐるぐる回ったり 

挙句の果ては 
さくたちを見ながら話しかけたおばあさんが 
「 ねこが事故をして死んだ 」とうれしそうにしゃべったり



そのたびに頭がガンガンしたり 
不快な気分になったりで
お食事を食べながら さんざんな目にあいました
(;△;)ウエーーーン 


そのお店 
芸能人もサインもたくさんあって 
やはりテレビ特集される店は
ポイポイされるお店の確率が高いのかなあとも想いました
(・・;)・・


 
P9300031_R.jpg






さくはお刺身食べたね

あんまりまわりの人の事よくわからなかったね

やっぱりこっちでよかったね
お刺身食べれたね 」






P9300055_R.jpg






道を通っていたら
ヤシの木がやたらたくさん植えられていたね

あれもマーキングね 

多分アメリカ飛ばすためのマーキングで あのヤシの木たくさん植えてるね 


だけどちょっとポイントがずれてる気がしたね 
わざとずらしてる可能性もあるけれど
どんぴしゃの場所にはヤシの木が植えてなかったね 
それでも結構財運を飛ばしてる感じがしたね  」




P9300051_R.jpg






ただアメリカは気づいてないね

土地に藤原のしるしが入ってたね

しかも金属で しるしが入ってたね 


館山が物質化のコードが集まってるのは
館山の山の中の金属が関係してるね

だから館山にしるしをつけるのは金属の方がより強く作用するね


 」




P9300027_R_20131003233550ac4.jpg





藤原のしるしが入った土地からエネルギーを飛ばしたら 
後で藤原に返すことになる

そういうしるしが入ってたね 



藤原は富の気が集まってるところに
しるしをつけてることが多いね

地名を藤原がつけたり 
富の気が集まってる土地を藤原の系譜が所有して
土地にしるしをつける物を置いたりするね


後年 そこから別な系譜が飛ばす仕掛けをしても
藤原は ほっとくね


だって富の気のポイントに
藤原が色んな形でマーキングしてるから


富の気を運んで現実の富を得た人たちは
藤原のマーキングしたエネルギーに感染してるから 後で必ず操縦されるね 」




P9300052_R.jpg





しるしがついてる富の気を受け取れば
しるしをつけたものに操縦される


これが藤原の技法ね 

その為に土地の所有制して 
土地にマーキングをして 
後からその土地の気を用いた人たちを操縦する技法ね 

日本の土地には藤原マーキングがたくさんされてる 

だから日本のエネルギーを際限なく運ばれてる 

アメリカは今 危険ね  」




P9300050_R.jpg







それでさく 想ったね

原初の結界もそれで作ったね 

その昔 
富の集まるポイントの山に 
誰かがしるしを勝手につけて
そのしるしで 山のエネルギーを受けてた人を操縦したね

おそらくガキンチョの遊びみたいに
山にしるしをつけたのが 
結界の始まりのようなもの想ったね



おそらく藤原も
その技法をどこかで知って 
それで土地により激しくしるしをつける技法して

土地の所有と言うマーキングで

のしてきたね  」



P9300048_R.jpg







そういえば
最近 土地を手放してる大犬も多いね

あれも返済が来るからね

土地には取り返される土地もあるね

座と同じで
土地にもさまざまな形で取り返される場所もあるね 

大犬は
破壊の時期にそうした土地を養分に売りつけるつもりだったね


そうすると今まで運ばせていた土地のエネルギーも
もしくはその土地に来る取り返しの怨霊も 
宇宙のエネルギー緩衝を利用して 養分に押しつけられると想ったね


ひどい技法ね 

でもそれも養分が手に入れるより先に
小犬ちゃんばかりが手に入れちゃったね

だから小犬ちゃんは 
座の厄だけではなく
土地を持っていたことで 大犬の負債まで取り返しを受けることになったね 


 」(さくらちゃんの言葉)








まあそんな感じの事をさくらちゃんに言われながら
ドライブをしました 
(>ω<)/



なんでも
さくらちゃんの話によると
座だけではなく 土地にも回収されるポイントがあるそうで
(・・;)


大犬の系譜は破壊の時期の直前には
そう言う土地を手放して その土地に来る取り返しの厄を
新たな土地所有者に押しつけたりしていたそうです


さくの話では
東京は特に回収されるポイントが多いそうなのですが
(・・;)


木更津やちくさーの近くでも
封印係りが長年抑えていたような土地は
結構回収されるポイントが多数あったようで


特に全国的に 
ここ10年くらい
伝統的な名家や大企業が手放した物件の中には 
例えば昔なら売りに出なかったような一等地の物件などは 
破壊の時期に所有すると 取り返しのエネルギーが来るポイントの土地であることが多いと言ってました 


まあそんな感じで
ドライブして 
さくは楽しかったようです


そして木更津に戻ってきた時
館山には物質化のコードがあって いずれ物質化や富が集まるけれど

でもそれより先に木更津が盛り上がるのかなーとも
想いました 




P9300047_R.jpg





さくはよく質問をされます

土地と話をするのはどうすればいいんだ?と


土地と話するのは簡単です  

まず土地に聞くんです

あなたはどういう土地ですか?

どういうことをしたいですか?

まず土地の想いを聞くことが 土地さんとの会話の始まりです 


土地の想いを聞けば
その土地がどういう土地であるか わかると想います


土地の声をまず聴き
その後土地さんに いろいろ質問するんです


それが土地との会話です 」(さくらちゃんの言葉)



P9300045_R.jpg








南極から富がやってくる










P1280008_R.jpg








「 
あるオタクさんが言ってたですよ

現実の人のコードを動かすのは 現実の富って 」







富?
(・・;)?







現実的に人のコードを動かすのは主に経済力って 」





(・・;)








そのオタクさんはブログを読んでいたみたいでこう言ってたですよ 


「 
たしかにあそびめや性のコードで
人のコードを動かすのは狭義的に正しいのかもしれません

ただそのあそびめや
ドールを動かすのは
結果的に経済力 富であることが多い気がします 


だってあそびめやドールは
富を求めて 
性行為でつなぐ行為を行っていたから



だから間接的であろうとも
富を多く持つものが人の世の現実を動かし 
人のコードを操縦していたと想います 」」 






(・・;)






「「 
現実は富を多く持つものに集合意識が操縦されています 

例え搾取者であろうとも
詐術を尽くし富を集めた者であろうとも 


富を多く集めた者が 
人の深層心理の記憶で生命線と想われて 



その存在が
人々をよほど追いつめない限り

深層記憶が働いて 
人は生命線と想って
その意に従うような行動をとるんです 」」






(・・;)





「「
例えばマスコミのキャンペーンを見てみるとそのことがよくわかります 

現在メディアを動かしている
小犬と呼ばれてる吸血鬼たちの多くは
恣意的にさまざまなキャンペーン
さまざまなバッシングを仕掛けています


それにより人々にとって
動物たちにとって息苦しい社会を作られる作用もしたかもしれません



でももしも彼らよりも富がある者が
小犬達と正反対のキャンペーンを仕掛けたとしたらどうなるでしょう?



例えば
動物にごはんをあげない者はやさしくない

人間がこんなに多く環境を破壊してるのに
外来魚に目くじらを立てるのは 自分のことも振り返れない愚か者


例えば富ある者が 
こんな感じのキャンペーンや論陣を毎日はれば 
動物にごはんをあげるものが数が多くなっていくと想います 」」 





(・・;)






「「
反対意見があるかもしれませんが


現実の人のコードの操縦は
富のパワー勝負で決まる部分が多いんだと想います

経済力のある者ほど 
人々の嗜好や 人々のルールや概念にまで影響を及ぼす

そう風潮を作るのも 富によるところが多いと想うんです 」」




(・・;)・





「「
藤原という存在がでてきて
この島に荘園制度や税という搾取的な仕組みができました



それにより
あなた方がドールと呼ぶ古代の王家の末裔
そして力のあるあそびめの巫女たちも 
そこになびいていったのです


富でドール達をなびかせたことで 
人々をコントロールすることに力を貸させました


だから
富が人心を操縦すると
私は想うんです 」」





(・・;)






「「
でも裏を返せば
圧倒的な富を手に入れれば


既存の枠組みを超越するくらいの富を手に入れることができれば


それでメディアを動かして 
人にやさしい社会も作れるし
無料レストランだって 自然に戻すことだってたやすく行えると想います


ようは
やさしくて意志ある者に欠けてるものは経済力だけなんです 

意志があり
想念も集められて


搾取的な小犬達を凌駕する経済力を得られれば


環境を自然に戻すこともたやすいし
もしかすると税金すらなくすこともできるかもしれません 」」  




(・・;)






MAHAOさんは
無料レストランを地球上に作りたいと言っていましたよね? 

それも富があれば簡単に実現できると想います


私のデータでは
歴史的に富が勝ってる者は 
それだけで8割から9割の確率で勝利を収めることができます 」」





(・・;)






「「
ところで最近都知事選が行われていますが 


細川さん舛添さん
ぼくにはまだどちらが勝つのかはわかりません



でも
もしもメディアが言うように
舛添さんが有利だとしたら
それは現時点では舛添さんのバックボーンにいる
原発利権チームの経済力が勝ってるということだと想います


おそらく
想念的には人の動員では
細川の方が集めてるかもしれません


でも経済的には
現在舛添さんのバックの方が勝っているような気がします 」」





(・・;)・




「「
選挙は特にバックの現実の経済力が物を言うんです



でも小泉が脱原発側についていますよね?


おそらく小泉さんは
ほんのちょっと先を読む習性なんです


既存の原発利権の経済力が衰退する兆しを

原発利権勢力のバックボーンの経済力が
頭打ちになっていくことを見越しているんだと想います


だから先を読んで
これから経済力が増す見込みのある
脱原発チーム

 
太陽エネルギー利権や その他の勢力に加担することにしたんだと想います


原発利権では 
これから先経済力が膨らまないことを小泉さんは見抜いてるんです

これから伸びしろや需要が多くなる勢力に味方したんだと想います 」」





(・・;)!






「「
多くの文化人たちが細川さんを支持してますが

彼らの中にも
太陽光利権の先読みを見越しているものが多いんだと想います


いずれにしても原発はこれから
頭打ちになっていく 


だから
それを見越して 勢力の鞍替えをしているにすぎないと想いました 」」 






(・・;)







まあそんな感じのことを

そのオタクさんが言ってたですよ

いろん反論あるかもしれませんけどね


でもえんちゃん的には 面白い意見だなーと想って
聞いてみたですよ  」





(・・;)






でもそのオタクさんは
富を求めながら

想念あっての富だと言ったんですよ

想念なき富は 富に呑みこまれるだけ

ぼくには望みがあって
その為に富を集めたい 

その富でより想念を膨らませたい

そんなことを言ってたんですよ 」





(・・;)






こう言ってたですよ



確かに
物語は想いからしか生まれない

でも
現実を求めるきっかけの想いからも
物語は生まれるし
現実を手に入れることでその物語は増えていくと考えています 」」



(・・;)





「「

それに現実の経済力がついてくるから
多くの存在を守ることができるし 
自然だって
想いと経済力が結びつけば 復元することはより簡単になっていくと想うのです



ぼくは現実の富は
自分のファン
自分に集まってくれる体の一部のようなものとも想っています


だから
自分の想いを見続ける人は とても引力はあると想いますが


その人に集まってくる現実や応援も見てほしいんです


何故なら自分に集まってくれた応援や
ファン物質を見ることも

自分の存在を膨らませることと同じだから


集まってくるものを見ることで
より大きな自分になっていくから 」」



(・・;)





「「
そしてね

僕はたった一つの発明が
それまでの既存の社会勢力のバランスを一気に覆すあめを見るんです


将来人類に
火を起こしたのに近いくらい
画期的な発明が生まれるのを見たんです 


それは今よりも磁場を乱さず自然に沿ったエネルギー 


ウィンドウズは
あの発明で
わずか数年でIT業界の覇権を握りましたが


未来に 
あれ以上の発明がたくさん生まれて
Windowsよりももっとスピーディーに
既存の経済勢力を淘汰していく姿を見たんです

そして
国や宗教を超越するくらい
おおきな経済力を持った集合体が生まれるのも見ました



ひとつの発明が
全世界の既存の仕組みを呑みこんで
新しい集合体を構築していく様を見たんです 」」



(・・;)




「「 
それは 冬の寒さを貯蓄して 夏に使い
夏の暑さを貯蓄して 冬に使う

そんな発明でした 」」(えんちゃんのことばとあめで見たオタクさんの言葉)






上はえんちゃんのことばと
オタクさんの言葉です
(>ω<)/




まあMAHAOも現実はだいじだと想うので
現実を吸われないためには 
MAHAOはもっともっと自分の想いを見た方がいいのかな?


自分の姿を見続けた方がいいのかな?

そんな感じの事を想って
毎日鏡をじーーーーーーっとみています
(///▽////)


まあ
色んな意見はあるかもしれませんが 
MAHAO的には
顔色を見ないで
自分を見続けることが現実を手に入れる一番の近道なのかなと想いました
(>ω<)ノシ))パタパタパ




でも自分の想いを見続ける人もいて
上のように想いを為すために現実を求める人もいて

そう言う色んな人たちが集まってくるから
それで現実と想念がより膨らんで いくのかなあと想いました




ちくさあの海さんが
そう教えてくれました
(>ω<)/






自分の想いを見続ける人のまわりに
現実を見続ける人が集まることで
自然に戻っていく 


想念を見続けるものと
現実を見続けるもののつながり


それは
想念と現実が結びはじめてるということ


自然なる集合体の蘇る兆し 」(ちくさあの海さんの言葉)







P1270030_R.jpg











はく人 のむ人


P2250047_R.jpg






その昔
こんなことがありました








突然
高熱が出て
しかも目まいや吐き気 だるさが続き 
起き上がるのもおっくうとなり 
一日のうち20時間近くも寝続けるような状態になり

でも数日で高熱やだるさはなんとか引いたのですが
(・・;)ホッ









でもその後続いたのが咳喘息
(ノ__)ノゴホゴホゴホ






ぜんそく状態の咳が
熱が引いた後も続き 

来る日も来る日も咳でゲホゲホして
胸が痛くて
夜も満足に眠れない状態になりました
(|||▽|||)




P2250049_R.jpg





そんな日が数日以上続いたある日
車の中でマスクをして咳に苦しみながらも


超健康超健康超長生きする
ゼーゼー(((>ω<)))

と心の中で念じ続けていると






男の人のやさしい
こんな声がかすかに響いてきました





咳が苦しいから 咳に拒絶感が生まれる

でももしも咳を 呼吸してる以上に楽な刺激にしか感じないなら 

誰も咳を拒絶しなくなる 」 


(・・;)




「 
辛いと想い 拒絶するから
咳も残ろうとして 執拗に動きを激しくさせる

でも咳すら 呼吸する以上に楽な響きと感じるくらい 
自分が丈夫になれば
それは咳を内包して 呑みこめるということなんだよ

ウィルスすらも 



そうして存在はどんどん大きくなった 」




(・・;)・




P2250050_R.jpg




「 
そう想っていると
だんだん咳は自然と動きを弱めてくれるはず



咳は体を守ってくれてる一部なんだ 」






その言葉を聞いた後
MAHAOは咳を
呼吸以上に楽と感じるくらい超健康になると
想うようにしました

すると少しづつ・・
ですが 

徐々に咳の症状が緩和していきました




でも
どこかで聞いたことのある男の人の声





P2250054_R.jpg




その後

ちくさあの海さんを散策すると

ちくさあの海さんが 教えてくれました






さっき教えてくれたのは
地球の基点さんよ 」と





P2250055_R.jpg











追伸



☆吐く人 飲む人☆




さて
ここからは
あまりお役に立たないかもしれませんが


咳喘息について
MAHAOなりの緩和法をお話します
(>ω<)/ 



インフルちゃんにかかった後とか 
咳喘息になり 
とても苦しい 
眠れないよお とお悩みの方


もしかすると咳と同時に
しつこい痰にも苦しめられていないでしょうか?
(>ω<)/?




そして痰がでた時
それをティッシュでとったり痰つぼに吐いたりしていないでしょうか?



おそらく
多くの人が咳が出た時の
痰をティッシュや痰つぼに吐き出しているはず
ペッ


でもここで逆転の発想

ここで
その痰を吐かずに口中に貯めるのです
(>ω<)/  \(゜□゜)/ヒエー





口に 痰が出ても出ても痰を出さずに
ちょっといやな気分がしても
口にもごもごとため込みます
(・・;)モゴモゴ


もちろん口中や喉にちょっと違和感というか
ねばりつくような感じがします
ウッ(>ω<)。



でも
ともかく貯めつづけて貯めつづけて
それが口の中いっぱいになって
それがあふれでそうになったら
その分のその痰を呑みこんでください
(>ω<)/  ヽ(゚ Д゚)ノオエー 



そして痰を貯め込み続けると
あら不思議



痰を吐いていた時よりも
咳の症状が緩和されたり
咳した時に ほんのり楽になったりします
(・・;)アレ?


ところで
何故咳の時
痰がでるかというと
呼吸器の雑菌を排除すると同時に 
外の刺激物が弱った部分に突き刺さらないように保護してくれる為
いわば人体の防御システム
体感的には痰は マスク以上に細菌の侵入を抑えてくれます 


それを口の中が気持ち悪いからと言って
せっせこせっせこ吐いてしまえば


たしかにその場の口中の気分はすっきりしますが
いつまで経っても口の中は乾いてる状態で無防備な状態

元々痰もよだれと同じく人体から発生したもの
ならば
胃に流し込んでしまえばよいのです

胃なら雑菌も消化してくれるもんね 
(>ω<)/   (゚ Д゚)オエー



吐き出すのではなくて 呑みこむ


てごはんを食べる時もドリンクを飲むときも
一緒に痰を呑むこむます
(>ω<)/  オエ~~!! (|||_ _)ノ




そうするとあら不思議
ちり紙もあまり使わず 
地球の環境にもやさしいような


これがビンボー喘息緩和法です
(>ω<)/




ちなみに
ぜんそくの中には
からぜきと言って
痰類が一切出ないぜんそくもあるようです



あいにく
MAHAOはそれにかかったことはありません



そう言う場合は
痰の代わりに水分をいっぱいとったり
牛乳やカルピスを飲んで  
白いよだれを濃くしたものを口に溜め込んで 痰の代わりにするのも
いいのかな?とも想いました
(; ゜Д゜)   モギュモギュ(・・;)



ちなみに咳と同時に鼻づまりの
ダブルブッキングでお苦しみのあなたは
(>ω<)/


ちょっとお見苦しいかもしれませんが

痰やよだれを貯め込みながら
口を開けて 
息と一緒に多少よだれや痰がこぼれても
そのまま
呼吸をしてみてください


痰だらけになっても口を開ければ
辛うじて呼吸はできると想います
((((;゜Д゜)))) 。(>0<)ゼーグジュ


でも見苦しいので
その場合はマスク着用で口元を隠すのが良いかもしれません
<(_ _)>



まあ
そんな感じで お見苦しく
医学的にもあまり為にならない対処法かもしれませんが
(>ω<)/






またいろいろ教えてもらったら書きたいと想います









P2250053_R.jpg







追伸



あれからいろいろ試してみたのですが
痰が出たら水と一緒にすぐにのむと
吐き出すよりも痰切れが早まる感じがしました



それと
ねこちゃんねるで 咳止めに
背中と 胸に馬油を塗るといいと
教えてもらいました
(>ω<)/



ちょうど咳が続いてたくまちゃんに
試してもらったら 
とても効果がありました


おそらく表面の気分だけ祓われ
咳をポイポイされてる場合
表面に薄い保護膜をつけてくれる馬油でポイポイをはじく効果があるのだとおもいます


教えてくださった方
ありがとうございます

そして
みんな
ありがとうございます
 
これからもいろいろ教えてください
(///▽///)ノシ)










プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク